2020年10月31日土曜日

『まんがタイムきららキャラット』2020年12月号

 『まんがタイムきららキャラット』2020年12月号、先日の続きです。

『まちカドまぞく』

これは核心に近づきつつあるのかな? 桃の記憶にはいり、かつてこの町に起こったことを知ろうという試み。姉、桜の家に住んでいる那由多誰何なる人物。この人、実にほがらか、明るく、チャーミングなんだけど、どことなく不穏さにじませてくる。あたかも桜の理想、魔族と魔法少女が一緒に暮らす秘匿された町というコンセプトに共感しているように見せているけれど、欲してるのは魔族の戸籍だよね? それ、魔族を根絶やしにしようとしてるんじゃないの?

この疑問、おそらく誰もが感じてることなのではないかと思う。そして、当時の桃はこの人の裏に気づかなかったんだろう。それでグシオンにであって、名簿を手にいれて……。

どんどん不穏さ、危機感が増大していくこの状況。なんとかこの危機を回避しとほしい、そうは思うけれど、もうこれは確定してしまった過去なのでしょう? ということは桃にしてもシャミ子にしても介入などできようもない。ああ、おそらくは酷いことがおこるのだろうなあ! ちょっと気持ちが落ち着かない。次回起こるだろうこと、それを思うとちょっとハラハラしてきます。

『RPG不動産』

琴音を訪ねてきた妹ふたり、鼓と響。琴音にいうんですよ、一回死んで生き返ったってどういうこと!? ああー、そうだ、そうだよ、琴音、一度死んで生き返ってた。しかもそれ、結構な時間差があったから、家族にはまず死んだって連絡があって、数日してから生き返りましたって……。これ、感情が追いつかんよな。というか、家族皆が寄り集まって涙に暮れているその場面見せられたら、こちらも気持ちが落ち着かない。うん、これはつらい。泣けてこようというものでした。

姉が死んで生き返ったというのも驚きだけど、改めて知らされたドラゴンとの争いの仲裁をしたという事実。しかも英雄扱いされてるっていうのね、これ、またも驚きですよね。しかも復活できたのはたまたまっていうの。身内の、家族の話として聞くにはちょっとスリリングすぎますね。

今回、妹たちにいろいろしてあげたい琴音の気持ちと、なんだかんだいって姉のこと大好き、喜ばせたいし見守りたいし、でもちょっと素直にはなれないそんな年頃? そんな妹ふたりの心遣いが嬉しいエピソードでした。そっと残していった見守り精霊。またいつか琴音にピンチがあった時には、このふたりも駆けつけてきてくれそうです。

『あやしびと』

みぞれの姉、ふぶきが登場。生徒会長でひとり生徒会。あまりに優秀すぎるため、すべての役職をひとりでこなしてしまう。そんな彼女の秘密……。もしやみぞれのことを嫌っているのかい!? 冷たい表情、あからさまに妹の存在を無視していて、みぞれと二人で生徒会? そんなの耐えられないとの言葉に傷つくみぞれが悲しい。

ここで生徒会室にひとり乗り込んでいくアヤがいいですよね。本当に腹を立ててるってのがわかるその横顔。でもふぶきの秘密、その本当のところを知ることになってしまって、それで命狙われることに!?

あのアヤの驚き顔、前代未聞の表情でしたよね。すごかった。さらには自分がふぶきの、いつか殺すリストにはいってると知らされるのな、やべえ。でもってここからですよ。アヤのピンチにサトリ校長が介入。待って? 突然のバトル展開なの? 校長ロリかっこいい……。

しかし、これ、どう収束させるんでしょう。とりあえずアヤはこの姉をいなさないといかん感じしますよね。うまいこと乗り切って、この姉と仲よくなってほしい。そうしないとふぶきの出番が少なくなっちゃう! ええ、いいキャラだと思うんですね。もっとどんどん出て欲しい、そんなキャラですよね。

『恋する小惑星』

文化祭シーズンを迎えて、今年のジオカフェはどうしよう。その会議でどんどこアイデア出していくみら。次々却下されるんだけど、なにかこうして面白そうな発想出してくるのは頼もしいですよね。なんせ、こういうで一番こわいのは、なにもアイデアが出ないってやつですから。

そんなみらのやりたいこと。班ごとにバラバラにやるのではなく、皆で一緒にやりたい。そのアイデア出しに桜先輩とモンロー先輩の助けも借りて、おぼろげだったやりたいことがだんだん明確になっていく。そしてきら星チャレンジでの経験から導かれてアイデアが具体的にかたちを成すところ。ああ、ただみらひとりがやりたいことをやるんじゃない。部の皆の気持ちがひとつになる、その意味がくっきりと輪郭を持ったように感じた瞬間でした。そして多様な分野、多彩な興味をまとめるよすがとなるもの、それが地図。ああ、ここにイノ先輩がその存在感を増すというの、感動的でありましたよ。

冒頭の会議では主に聞き役にまわって、自分の思うところを主張しなかったイノ先輩が、その興味、発想をとめどなくほとばしらせる。これ、本当に素晴しい変化だったと思う。みらの発想、みらの望んだことというのは、誰もが主役である、そんな場、そんな活動だったのかもなって思わされたのですね。ああ、イノ先輩、輝いています。眩しさに目がくらみそうですよ。

2020年10月30日金曜日

『まんがタイムオリジナル』2020年12月号

 『まんがタイムオリジナル』2020年12月号、先日の続きです。

『敷金礼金ヤンキー付き』

今回はえらい物騒な話。サンライズ荘に存在する通称仕置き部屋。なんせ大家があの調子だものなあ! という納得感と、警察沙汰だけは勘弁してくださいよ! ってなヤバげな雰囲気。悪いことすると放り込まれて閉じ込められるという証言からすると、お利口にしてると問題ないってことでいいのかな? いや、でもなあ、大家が率先して悪いことしたりするからな。ええ、今回もやらんでいいことやって警察に追われてるし、というか、姫子なんだけど、これ、本当にかまってほしいからとかじゃないんですよね?

しかし今回、仕置き部屋の隣に住む佳の被害がすごい! 大家の特訓で響く、揺れるはいいとして、壁ぶちやぶってくるんだ! というか、その部屋、コンクリの壁ってわけじゃないのか。てっきりコンクリだとばかり……。そりゃそうだよな、このタイプのアパートでコンクリ壁はないよな。

わりとというか相当に酷い住環境なんだけど、その分家賃が安くすんだりするんだろうか。この漫画のタイトル、敷金礼金っていってますけど、少なくとも101号室は敷金全部戻ってくるんじゃないか。だって壁ぶち抜いてるの居住者じゃないもんな、と思ったら、今回ラストにものすごいぶち破り方してて、これじゃ通り抜けできますだよ。ほんと、101号室あまりに過酷すぎて気の毒なんだけど笑っちゃいました。

カントリー少女は都会をめざす!?

八重ちゃん、可愛いよな。のっけからトリックオアトリートですよ。でも仕掛けた相手、大河さんから、お菓子がないからいたずらしてええよ、予想外の反応もらって困りはてる八重。ほんと、この子、基本ノープランであかんたれだ。

田舎におけるハロウィン事情、面白かったです。コンビニとかにコーナーできたりはするけど、それほど知名度ないし全然浸透してないしというの。うん、うちのまわりなんかもそんな感じかも知れん。子供のいる家庭とかだったら違うのかなあ。飾りつけてる家とかちらほら見るけど、あんまり浸透してない印象。でも、さすがに野菜はもらえんよな! このへん、八重の人徳なのかどうか、あるいはこの地域のご近所さんの距離の近さかい? 全然ハロウィンではないけれど、それはそれでよさそうかもって思いましたよ。

一番ハロウィンに親しんでいたのが亜紀だったのは、なるほど納得でした。そうか、ゲームとかのイベントでやるもんなあ。自分にとってもハロウィンといったらゲームのミニイベントとかだわ。と、そんなことで不思議と共感したり。でもって八重はまったくそのへんには疎いんですな。このギャップよ。距離関係なく全国一斉のイベントに親しむ亜紀と、都会への距離ゆえか幻想に中にたゆたう八重。どちらが都会に接近しているのか、そんな疑問? も生じてきました。

『とびだせT.O.Z』

マナ、なんだかんだいって素直なのかノリがいいのか、どっちなんでしょうね。母から兄の確保を依頼され、託された装備を身につけ兄を追う! のはいいとして、学校で仮面、ろうそく、ムチって、近所でおかしな噂がたちます! 不要といいきっておきながら、なんだかんだで身につけて、でっかい声でハンター・マナ爆誕とかいっちゃって、それでもなんだかクラスの男子に好評っぽいの、これ普段のマナのふるまいあってのことなんだろうなあ。

兄を確保する理由は、放っておくと翌日の都大会を前に無茶してしまいかねないから。ああ、これも親心ですね。でもこの親心、まるで通じない! むしろ怖れられてしまっていて、おお、これもこれまでの母との関係あってのことなのでしょう。

マナにウサミと、全力疾走チェイスの果てに母に確保された兄。ここでようやっと母の気持ちを知って、そして実家でくつろいでと、この兄の姿、なんかよかったなって兄貴にいってやりたいような気持ちになって、陸上をはじめて以来こんなに安らいだことはないとかいっちゃってるじゃないですか。どれほど過酷な日々を過ごしてきたんだあんた。その時感じた気持ち、マナも同様に思っていたというところ、不思議としんみりした気持ちになったのでした。

兄貴さん、リフレッシュして、大会でいい記録出せるといいですね。応援したくなるんですね。

『大奥より愛をこめて』

蒔乃の脱出ですよ。これまで蒔乃が関係してきた人たちの手引きによって牢から出ることのできた蒔乃。そこには御台様の助力があり、そしてさらには菜々緒の嘆願があったとの話。これ、菜々緒自身も危ないんじゃ? スパイとして入り込んでいた蒔乃をかばいだてする、それだけでも危険なのに、その上、御台様に直談判。やばい。でも、そこまでしてでも助けたかったのでしょう。ここには居ない菜々緒殿の心情がひしひしと迫ってたまらないものがありました。

しかし、本当にこれまでの総決算ですよ。本堂殿、二ノ丸殿、御台様 — 。蒔乃の感謝の気持ちがしみじみ沁みて、それだけに最後の最後まで菜々緒殿とまみえることのできなかったというのが切なくて、蒔乃のギリギリのピンチに助け船を出してくれた菜々緒、本当に蒔乃のことを守って大切にしてくれていた。この人と蒔乃の気持ちの、近くて、遠くて、いや、けれどやっぱり近かったというそのことがわかる、菜々緒のぽつりともらした言葉。

泣けますね。菜々緒殿。切ないですね。

2020年10月29日木曜日

2020年10月28日水曜日

『まんがタイムきららキャラット』2020年12月号

 『まんがタイムきららキャラット』2020年12月号、発売されました。表紙は『おちこぼれフルーツタルト』。熱いブロ子推しでありますか!? と思ったら、なんか違うね? 衣乃と仁菜の着ぐるみ、これ、ゾンビ仕様だね! ということは、これハロウィーン表紙だ。見れば背景もカボチャカラーのオレンジ色……。いや、なんかカボチャというにも禍々しいというか、サイケデリックなデンデロ感ありますなあ。前面に不機嫌そうなロコを配置して、その後ろにはゾンビ着ぐるみから飛び出す水着姿の衣乃と仁菜。対照的なその様子? とりあえず衣乃がめっちゃ目立っていていい感じです。

今月は新作ゲストが3本です。

『死神ドットコム』

扉絵見るに、死神にとっつかれて困惑するOLさんとかの話? とか予想して読み進めてみれば、むしろ苦労人は死神の方なのか。見た目にも可愛い死神。けど、所属してるのがブラック企業。というか、死神の世界にも株式会社とかあって、ヒラ社員とかいて、上司から激詰めされたりするんか……。大変だな、死神も。

とにかく不幸な人間の魂を回収してこないといけない。そのターゲットになってしまったのが扉のOLっぽいお姉さんで、これが見事なろくでなし。すげえな。金がないのはいいとして、食い逃げ上等、たかりだって躊躇しない。この女、東京霊。ええと、死んでないんだよね? 多額の借金抱えて大変なんだけど、わりと意に介していないというか開きなおってるというか。魂とってくるまで帰れない死神、メルメルはそんな常識外れのろくでなしと同居することになって……。いや、屋外から聞こえてきた断末魔、そいつの魂を回収しちゃいかんのですかい? 事前に契約してないから駄目なんですかい?

魔法使えたり、そこそこ便利そうなメルメルと、とんでもないろくでなしの霊。このふたりの同居。いわゆるドラえもん的関係になったりするんでしょうか。でも、メルメル、ドラえもんよりかかなりハードステージに突入してる感あって、いやはやただではすまなそうなのが気の毒でありますな。

『ぴぼあらふぃごれ!!』

タイトルが意味不明! と思ったら、Pivo-Ala-Fi-Gole!! うーん、何語だろう。調べてみれば、Pivoがフォワード? Alaはサイド、といった具合にフットサルのポジションを示しているわけですか。

というわけでフットサル漫画です。おお、珍しい。ギャルギャルしい友人、はるこから声をかけられるひな。なにかと思ったらフットサルに誘われているんですね。見た目ギャルだけど運動得意なのかい、はるこさん。最近、サッカーからフットサルに転向した。反面、ひなはというと、眼鏡、髪形もっさり、制服も着崩したりしていない真面目さん? いや、オタク女子なのか。ポイント高いな。運動は苦手。でもはるこに気にいられていて、こうしてちょくちょく誘われたり、アニメの円盤買うのに誘ったりと、互いに仲良くしているみたいなんですね。

そのふたりがともに取り組むフットサル。いや、ひなは半ば強引につきあわされてるですけども、運動苦手なひなの、うまく蹴れなくて笑われたりからかわれたりして嫌気さしながらも、だんだんにできるようになって、そうしたら面白い! っていうの。その上達して面白いが描かれるのはよいものだなあって思ったのですね。

フットサルを経験するもへばってしまったひな。もうやらないとかいってますけど、ひなと遊ぶのが一番楽しい、はるこの言葉にほだされて、ええ、ひなもはるこのこと好きなんですね。この関係と、フットサルへの取り組み。双方、どんな具合に深まっていくものか。見どころでありますね。

『きゃんでぃ!』

SJKってなんだろう? 調べてみたら、セカンドJK、高校2年生ってことなのか。でも、この漫画の主人公、丸井めらは見るからにちんまりとした女の子。中学生かと見紛うほど。朝、家を出るときに姉からあめを口にいれてもらったりね、こうしたところも幼く見えます。だもんだから、スモールJKとかそういうやつ? と思ったりしていたんですね。

暑い夏の日。道端で溶けるように倒れてる女子と遭遇。その名はきゃんでぃというのですが、新たにオープンしたキャンディショップの店主だったんですね。倒れてるのを助けたお礼にもらったキャンディ。きれいな子だったと思い出してぽーっとして倒れためら。これは暑さのせいなのか、あるいはまた違った感情の芽生えのためなのか。ただ暑さのせいとするのは惜しい、そんな出会いでありました。

2020年10月27日火曜日

『まんがタイムオリジナル』2020年12月号

 『まんがタイムオリジナル』2020年12月号、発売されました。表紙は『ラディカル・ホスピタル』。これは芸術の秋ですか? 同時に食欲も満たしているようにも思うのですが、ほんのり柔らかタッチで描かれたふくよかモナ・リザ山下ナースでありますよ。でも本家モナ・リザと違って、手には焼き芋、口元に芋がついてましてよ? お嬢さん。『らいか・デイズ』らいかは画板を首にさげて、構図をどうするか試行錯誤中。『小森さんは断れない!』しゅりはというと彫刻で大谷の裸像を掘っている。おお、際どい! モーレツ! でありますよ。

今月は新作ゲストが1本です。

『オネェの恋のはじめかた』

友人男子から、好きな人ができたわ! と相談されて、相手は男と思うってのもなかなかの理解者なんじゃないでしょうか。けれど実際には女の子で、あら、本当に可愛い。短い髪に大きな目。少年っぽさ感じさせるけれど、女子らしい表情も見せる、ちょっと中性的な雰囲気ある子。その子に、トキメキを覚えたというわけですか。わかる。わかります。

その彼、胡桃沢時宗。タイトルにもあるけどオネェなのか。格好こそは学ランきっちり着て男子そのものなんだけど、しゃべりかたとかにその傾向が見てとれる。で、実際に男子も好きでいらっしゃるのね? うん、時代だ。こういうあり方が普通になってる社会というのはいいものだな。なんてこと思っていたら、時宗、男子に告白して冷たくフラれた経験があるのか。しかもそれで、時宗のこと白眼視する連中も多いのか。すっかり心のキズになっちゃってるじゃん。時宗相手に恋愛とその対象について軽口たたける翔人、こいつは時宗にとって本当によい友人なのかもな。わりとズケズケいってるように見えた翔人だけど、それができるだけの信頼を相互に築けているのか。

時宗の恋した女の子、八神桜子。この子が時宗にとっての翔人のように、信頼を築いていけそうな子だというの、偏見とかなしにまっすぐに見てくれる、そうした子であるというのがわかる終盤。ああ、この子となら、時宗は心のキズに囚われることなく、自分の気持ちを自由にしてあげられるんじゃないかなって思われて、ええ、いいじゃないかって。

最初に好きになったのは顔。それから気さくさと飾らなずまっすぐな気持ち。知るほどに恋の深まる時宗のその様子。見ていて応援したくなる恋でありますね。

『ネコがOLに見えて困ります』

動物が人の姿に見えてしまうミコト。なので身近な動物たち、自分の飼ってる猫でさえも、実際の姿はわからずにいて……、という彼にとっての朗報ですよ。友達から教えてもらったスマートフォンアプリ。動物の写真を加工してイラストにしてくれるっていうんです。おかげでミコトも、猫のベンジャミンの本当の姿を知ることができた。電線にとまるモヒカンたちも、本来のスズメの姿に戻った。お爺ちゃんと一緒に散歩する、ベレー帽にポンチョの可愛い子が実は柴犬? っていうのもわかった。

ええ、猫のOLさんの本来の姿をついにミコトも知ることができるようになったっていうんですよ。

ああ、ITというのは素晴しいものだなあ。問題を見事に解決してくれる!

でも今回の騒動は、スマートフォンごしに猫の自分を愛でるんじゃなくて、すぐそこにいる自分を見てほしい。一緒に遊んでほしい。そんなOLさんの気持ちがばんばん出てきたところに見どころありでした。ムスーってして、スマートフォン叩き落としたかと思ったら、抗議の表情で猫パンチ。いやもう、OLさんのミコトが大好きって気持ちが、スマートフォンじゃなくて自分をかまってという気持ちがほんとうによく見えたのがよかったです。

でもって、兄貴さんが撮影してくれた写真です。ああ、イラストタッチにしたら、かわいいネコちゃんとのほのぼのコミュニケーションですね。というか、劇画タッチにされてるミコトがものすごいんだけど……。なんか、スタンドとか呼び出しそうよ? ともあれ、自分たちの関係を客観視できたミコト。まだ照れがあるけど、それもまたチャーミングでよかったです。

『となりのフィギュア原型師』

フィギュア、造形の展示会。いつになく気合いのはいっている半藤とはぐちゃん。それぞれに気合いの向かう先が違うのが面白いですよ。そうか、半藤は心が折れないよう体を仕上げてくるのか……。それ、効く?

会場での様子も面白かったですよ。やけに怪しい原型師どもがぞろぞろ出てきて、いやいや、いやいや、さすがにこんなの現実はいないでしょう! いないですよね? でもって、展示されている原型への姿勢? 関わり方見れば隠れ原型師がわかるっていうの、落ちが、落ちが酷くてそして切なかった……。

今回のエピソードは、おこめ代表の造形と半藤のデジタル造形、その共作の結果、お披露目の様子描いたものだったんですね。いい仕事にいい評価が返ってくる。倉田のいい表情。まんざらでもない代表。そして折れた心を回復させた半藤。ああ、仕事を仕上げる、そしてレベルアップしていく、その瞬間を見たように思いました。なんだろう、こういう報われた瞬間見せられると心が豊かになる気がします。

『おしかけツインテール』

花梨がMMORPGはじめるんですってよ。なんでまた? そう思ったら、俊郎の策略に見事にハメられてしまったんか。無料とか有効期限とかチラつかされるとモッタイナイ意識が勝ってしまう。というか、自分でも乗せられてしまったってわかってるんですね。あのちょっとしおれてる花梨が可愛かったです。

しかし、このゲーム面白いな。ベテランプレイヤーによるニュービー狩りどころか、有志による新人歓待が横行しとるのか。まあなあ、花梨のキャラクター、カリーナは可愛いから、それでチヤホヤしちゃうやつが出るのもまあわかるかな、とか思ってたら、これ、違うな、可愛い女子キャラとかじゃなく、新人とみると見境なしに過剰サポートしにいくんだ! すまぬ……。すまぬ。君たちを誤解してしまっていた……。

過剰な歓待を受けて、ちょっとスレてしまってる花梨の葛藤が面白かった。と同時に、花梨を助けようと頑張る俊郎の後ろめたさからくる不信と迷い。めちゃくちゃ面白い。なるほどなあ、これ、俊郎、花梨に擬態した魔物に騙されてしまっとるのか。確かに落ちてきてるものが違う。花梨には大石、俊郎が騙されたニセ花梨には鉄球。これ、最初よくわからなくて混乱しながら読んでたんですけど、だんだんわかってきて、あー、すれ違いだー! って気づくと本当に面白い。というかヤバい。プレイヤー間の不和を引き起こしかねない要素があるMMOって怖いよ! ソーシャルエンジニアリング、ソーシャルハッキング系の罠じゃないっすか。

すっかり罠にハマってしまってどんどん墓穴を掘っていく俊郎。冷たく見下ろす花梨さん。うん、最高だったと思う。花梨さんのよさ、怜悧で鋭利な美しさ、際立ってましたね! ええ、俊郎さん、グッジョブですよ。

2020年10月26日月曜日

『まんがタイムきららフォワード』2020年12月号

 『まんがタイムきららフォワード』2020年12月号、昨日の続きです。

『おにのこひとのこ』

鬼の子を自室に住まわせている人の子、小森優。今回はこの子のバックグラウンドが描かれたのですが、大学では友達もいない、高校の頃の思い出もどこか無気力で、覇気がない? 感情のベクトルが外側に向いていない、そんな様子なんですね。

その子が、鬼の子、九華帳夢咲の前ではありのままの自分でいられるところ。いや、本当にそうなのかな? 自分の部屋の扉を開こうという時に、頬をぺちっと軽く叩いて、自分自身に活を入れるじゃないですか。これ、もしかしたら夢咲の前での自分を演じる準備だったりするんじゃないかなって、だとしたらこの子のくつろげる場所や時間ってあるのだろうか。そんなこと思わされて、ちょっと心配になったんですね。

だものだから、今回のクライマックスですよね。夢咲と一緒の晩ご飯クッキング。ここで夢咲が披露してみせた自慢の一品、地獄名物のオニにぎり。ヤバいブツなんですけれどもさ、強い感情を増幅させるというこのオニにぎり、いや、なにか薬物的な、ドラッグ的な効用だったりしないか、それ? みたいな不安もほとばしる一品なんですけれどもさ、これをちょびっと口にした優がその気持ちを吐き出すじゃないですか。あれがね、ちょっと心配してたこと、夢咲の前でも演技したりしてるんじゃってこと、それの答になってくれていて、ああ、ちょっとは演技してましたね。大丈夫な自分を演じてたんですね。でも、夢咲の前で見せていた自分はこの子の本当だったんだろうなって思わせてくれたところ、ええ、安心させてくれました。

これ、オニにぎりセラピー? 毒出しみたいなん? なんて思いながらね、優のことそっと抱きしめて、だいじょうぶ、だいじょうぶって背を優しく叩いてくれている夢咲がですね、普段は頼りないやつだなあって思ってたのが、実はそうでもないんだなって頼もしくも思えたものでした。ええ、最後に目を覚ました優の言葉。それがなんだかさっぱりしていて、夢咲のこと気ぃ利くなって、そんな関係、いいじゃんかって思わせられて、いい話でした。大人になると本音ってなかなか出せないじゃん。そういうところもいい話で、気持ちが軽くなりました。

『観音寺睡蓮の苦悩』

バスで酔う椿、可愛い。いや、自分も酷く乗り物酔いする子供だったので、椿のつらさよくわかる。

さて、林間学校ものっけから佳境。自分たちで作る夕食のカレーライス。そしてキャンプファイヤーに入浴からの就寝前の枕投げ。そのどこでも、椿と紫陽花のイチャイチャが炸裂。翌日のオリエンテーションにおいても同様で、といいたいけれど、睡蓮たち一行を監視する謎の影。

いったい誰? 紫陽花、椿の作ったカレーに激辛スパイスを投入し、さらにはオリエンテーションの会場、森林を一周する順路の看板を掛け替えたりと、結構な殺意を感じさせる行動の数々。まあ、睡蓮は大丈夫だったんですけどね。椿、紫陽花のイチャイチャを前にすると料理の味とかもうどうでもよくなるし、森の中で迷ってもヘリに迎えにこさせるしで、いやもう、シャイニング早乙女なのか!

睡蓮たちにいろいろ工作していた女生徒が気になりますよね。前回のラストで、睡蓮たちの行動計画を目にして誰かに連絡いれていた子ですよね? その連絡した相手って誰なのだろう。林間学校運営委員会に介入してきた睡蓮の真意を気にしていた第1学年主任の東郷教員? いや違いましたよ。

前回、ほぼ明確な意思表示をしていなかった生徒会長、六本木四葉。この人が黒幕だったんですね。この子にとって睡蓮は邪魔な存在なんでしょうか。いきなりといっていいのか、不穏な要素をどかんとぶちこんできて、はたしてどうなる。

しかし、六本木四葉。可愛いのにな。この子、手下の二子玉川鈴とペアで、睡蓮ビジョンにからめとられてしまわないものでしょうか。そのへんも期待したいところです。

『ねことちよ』

ちよの不在時、ねこの世話頼まれたまきですよ。茶碗蒸し作ろうと提案して、あら、ねこは茶碗蒸しを知りませんか。茶碗についた虫じゃろかい? ともあれ、まずは作ってみようと台所に立つまきと、椎茸をがんとして拒否するねことの攻防とか、卵を割るのが大仕事? 最悪の展開予想してエプロン装備を求めるくだりとか、ただこれだけのことがこんなにもほほえましくて面白い。いい漫画ですよね。

とか思ってたら、まきさん、ふみさんと遭遇しちゃいましたよ。いつものようにあがってきて、ちよと思って話しかけたら知らない人だった! この、知らない相手同士が向かいあって瞬間固まる緊迫の時間、それが面白くって、でもって段々に知りあっていく? ほら、ふみのお腹とかね、食べる量とかね、そういうの、ねこがうまく仲介してくれたからスムーズにことが運んだみたいなところもまたよくて、なんだかほのぼのと、にやにやと? してしまいましたよ。

しかし、卵を割らせるくだり。あれ、ハラハラするな。まきさん、大変だ。

『あいらいく俳句』

嬉しそうにしている演劇部を見ると不思議と私も嬉しくなってくるんだ。

暇をもてあましているわびさび部に、演劇部が一緒に舞台見にいかないかって誘いにくるんですよ。ええと、羅夢な。ちゃんと友達認定されてるところ、親しく話せるようになったこと、本当によかったねえと、なんだか妙に親心。このちょっと不器用な羅夢のキャラクター、好きなんですよ。

さて、いきなりの観劇だけど、この子たち大丈夫なんかな? と思ったら、いきなりうさこがトラブル!? なんと、盗撮目的でぬいぐるみにカメラ隠したりのがいたりするんか。それで疑われたというんだけど、ショック受けてるというより、いいこと知ったみたいなうさこがやばいよ?

おにぎりはおにぎりで、すっかり映画館気分。ポップコーン買ってくるとかいってるけど、演劇は基本飲食禁止ですと羅夢から知らされて、あー、こっちはショック受けてますね。どっからどう見てもショック受けてます。

しかし今回、羅夢が大変でしたね。わびさび部、マナーもなにもあったもんじゃない! ああー、しゃべっちゃうんだ。それを注意したら、今度はおなかにくしゃみと、ほんと羅夢の心労よ! いやいやあかんって! そう思ったことを羅夢が全部代弁してくれる。その頼もしさというかなんというか。うん、羅夢さん、今回は大変でした。

中盤あたりまでは観劇初心者と取りまとめるのに苦労する羅夢みたいな感じだったのが、演劇も佳境に入ると気持ちがひとつになっちゃったっての、あれがよかったんですよね。ほんと、みんな純粋だ。でもって、この後の展開にも驚かされて、羅夢の兄貴さん、すっかり美人が板についちゃってるじゃん! しかも焼肉屋店長とデート!? やったあ! やるじゃん! と思ったら、兄貴さん失恋ですの!?

このふたり、私の一推しカップルなので、いつか紆余曲折の果てにでも一緒になれるといいですね。ぜひとも成就してもらいたい、そんな素敵カップルなのですよ。

2020年10月25日日曜日

『まんがタイムきららフォワード』2020年12月号

 『まんがタイムきららフォワード』2020年12月号、昨日の続きです。

夢喰いメリー

大団円を迎えようとしています。銘無しに襲われる現界にて、戦い続ける夢魔たちの疲労も濃く、いよいよ押し切られるのではないか。そんな瀬戸際に、夢路とメリーが白儀「理性」に打ち勝って、いやむしろ、白儀「理性」とともに、世界をもとのあり方に戻すことができた。次々と消えていく銘無しを前に、なにが起こったのかを察する夢魔に人、夢路とともに戦いその絆を育んできた者たち。離れていようとも、その気持ちは、思いは繋がっているんだ。そう思わせる描写、これは胸が熱くなりますね。

幻界ではメリーの開いた扉を背に立つ白儀響ですよ。ああ、この穏やかな表情。学校にて出会った時の親しみ感じさせた響、あの時の響が戻ってきたように思われて、これもまたいいシーン。もしこの響が「本能」に抵抗して、こっそりと策をこらさなければ、夢路もメリーも、なにもわからないまま銘無しの群れに圧倒されてしまっていた。打開の可能性を作ったのはまさしく響であり、その策を成功に導くための鍵が夢路とメリーだった。

この種明かし。なんかね、くったくなく笑う響がとてもいいの。ずっと謎めいた敵と思ってた響だけど、夢路、メリーを自分の策に引き込むために演技して、焚き付けて、必死だったんだなって、ほんと、彼の戦いの過程。それがうかがえたのは収穫だったと思います。

そしてここからはエピローグ。世界が目を覚ませば響が文化祭で校内放送をした、あの時間に戻る。夢の影響もきれいさっぱり消えさって、さらには出会ったことも戦ってきたことも消える……。って、え? そうなの? 出会ってから文化祭までの記憶は残るんじゃないの!?

戸惑いながらも、描かれていく別れの情景。ジョンと勇魚、マスターとの、エンギと由衣との、イチマちゃんとみなととのお別れの様子は、見るだに涙のこみあげるもので、ああ、いよいよ終わるのだと、その感慨で胸がいっぱいになって、たまりませんでした。この別れの挨拶の連続は、この漫画を何年読んできたのだろう、この10年ほどに知りあった人たちが去っていく、その挨拶の場に私自身も立ちあっている、そんな気持ちにさせてまたたまらない感情込み上げたのですね。

『夢喰いメリー』、次号最終回。いよいよメリーと夢路の別れが描かれます。ああ、寂しくなりますね。私にとってこの10年ほどの『フォワード』誌は『メリー』の載っている雑誌でありました。それが変わってしまうんだなって、これもまた感慨です。最終回、見ないわけにはいかないけれど、いよいよ終わる、その時をちょっと引き伸ばしたくなる、未練ですね、そんな思いもちょっとあったりするのです。

『ちょっといっぱい!』

エリカ、台風の目ですねえ! 頑張りが評価されてついにフロアデビュー。でも、やる気というかが暴走して、お客さんを戸惑わせるほどの踏み込み!? もちろんちゆりに叱られるわけですけれど、まあ女性のふたり客、店員とわいわいコミュニケーションとろうとか、そういう感じじゃないですよね。

自重を求められたエリカだけど、男性のひとり客、見るからに孤独を好みそう? そんな男性への接客でね、まーたぐいぐいいっちゃうの。そうか、カバンにつけてたキャラクター、それでスイッチはいっちゃったかー。これね、ズカズカと踏み込んでいくと見るか、それとも語りたくても語れる相手のいない人にベストマッチしちゃったと見るか、どちらかで評価変わりますよね。今回はまさに後者だったわけですけど、お客さんへのサービス、ウサパニモチーフの卵焼きね、それ見て嬉しそうなお客さん。撮影しようとするそのスマートフォンを借りて、エリカ渾身の撮影! その本気度100%の頼もしさ! すげえ、これはなんか感動する。

受け入れられているエリカの接客に迷いを感じるちゆりと、そんなちゆりのこともちゃんと評価しているという店長と、そうしたいろいろな幅が描かれたの、大変よかったなって思ったんですね。居酒屋になにを求めて来店するか。親しい人と食事をしながら語らう場所を求めている人がいれば、人恋しさから訪れる人もあるだろう。ほら、居酒屋って店主とおしゃべりしながら夕食あるいはちょっといっぱいやりたい人がくる一面とかあるじゃないですか。エリカは、そうした場をこのお客さんに提供できたんですね。ええ、なにか懐かしく思える、そんな昔訪れた居酒屋の一時思い出させるようなエピソード。いや、まあ、エリカみたいな元気そのもののコミュニケーションはちょっと経験ないですけどね!

『スローループ』

紅葉狩りも兼ねた釣りキャンプ。小春、ひより、恋の3人に加え、二葉と藍子が合流。釣りをする自分を、藍子の前でも隠さなくてよくなった二葉は、ひよりと一緒にのびのびと釣りに取り組んでもうキラキラ! 対照的に、やる気いっぱい、元気いっぱいだけどいろいろ至らない小春は、恋先生に教わりながら道具の準備にてんてこ舞い。

このわたわたしている小春の様子を、興味ありそうに見てる藍子がよかったですよ。お? 釣りに興味持っちゃった? え? そうでもない? そうかあ、ちょっと残念かも知れん……。

釣りには参加しない恋と藍子。釣り組の様子を遠くから眺めながら話していること。友達との距離感とかね、その内容がよかったんですよ。藍子は二葉の一番でいたくって、二葉が誰かと一緒に楽しそうにしてるとモヤモヤしてしまうっていうの。それを受けた恋の答。それは藍子を安心させるものではあったのだけど、その言葉、本当は自分自身に向けたものだったりしたんじゃないのかい? そんな恋の憂いを帯びた横顔に、本当は自分でもわかっている、そんな気持ちにじませる独言がしみて、ええ、気持ちというのはうらはらだ。恋のうちにある、重くはなりたくないと自重する思いとか、わかっててもとめられない気持ちとか、そうそうわりきれるものではないこと。しみじみと感じ入るものあったのです。

2020年10月24日土曜日

『まんがタイムきららフォワード』2020年12月号

 『まんがタイムきららフォワード』2020年12月号、発売されました。表紙は『中央線沿線少女』。表紙には今号のヒロイン、あきと聖がふたり並んで立つ昌平橋の情景。でも、なんか違和感が。というのも、今号のヒロイン? いや、あれ? なんか記憶のどこかに……。デジャブを疑いながらも過去を探ってみましたら、そうか、そうでした、2019年8月号にゲスト掲載された御茶ノ水万世橋編。あきと聖は、その時のヒロインでもありましたね。ゲスト回では違う学校に進学することになったふたりが、今号は同じ学校で部活をめぐるすれ違いを経てふたたび気持ちを擦りあわせてと、また違う展開を見せているのですね。いわば語りなおし。違った可能性を見ようとするような物語に、なにか思いの果てに世界の違ってくるような感触覚えたのでした。

今月は新作ゲストが5本です。

『機械少女と吸血鬼』

夜の街にて出会った美少女に、吸血欲求を高まらせる吸血鬼ローズ。急速に接近、血を渡しなさいと迫るのですが、その様、まさしく変質者。けれど、その美少女、小森春には血が流れておらず — 。というミスマッチな出会いからはじまるガール・ミーツ・ガール? 血が欲しいのではなく、悲しそうなあなたを放っておきたくなかった! ローズの告白からのより相手を知っていこうとする後半の展開など、冒頭に感じた勢いから、しっかりとその気持ち、心情を描こうとするものにシフトしたと感じさせて好感触でした。

四コマなんですね。人の姿をしながらも、周囲の皆とは違っているふたりだからこそわかりあえる、そうした気持ちのやり取り? 機械の羽根にコウモリの羽根で対抗するところとか勢い際立って面白かったのですが、そうした勢い、インパクトがあったからこそ、ただ面白いだけではない終盤の対話、そのしっとりとした雰囲気もより印象的になったと感じたのでした。

『欲望の味を教えて』

おおう、ガチ百合だ。フォワードは急速に百合雑誌に接近していこうとしているのですか!?

真面目委員長、清澄さんと、校則違反の目立つおしゃれさん、更科さん。ふたりの相性は最悪? 更科を見れば注意せざるを得ない清澄に、清澄をからかってくる更科。そのふたりの気持ち? それが現れる夢の中の世界。夢に介入してくる不思議な少女(?)、夢乃李々の導きで清澄が知る自分の願望。そして、更科の自分に向けた気持ち。この欲望が露になる夢の描写が艶かしくて、ドキドキさせる — 。

それどころか、夢で見た更科の欲望を受けて、少し自分から変わっていく清澄の感情の変化や、変わった清澄を見て思いをほころばせる更科のその表情など、見どころを細かにそっと要所要所に配置していくところ。キラキラとした感情? 晴れ晴れとした表情? 憂鬱に曇らせた憂いさえも美しいと感じさせて、大変に魅力的。すっかり魅入られた、そんな思いでありますよ。

『花咲かわん子ちゃん』

おおう、ギャグ百合だ。フォワードは急速に百合雑誌に接近していこうとしているのですか!?

姉の暮らす下宿先、きみかげ荘に入ることになった花咲湾。湾と書いていりえと読ませるのか! でも、そのままだと湾だから、姉、千波からはわん子って呼ばれてるんですね。

このわん子がとんでもない。女子校の生徒のために用意されている下宿と聞いて、ついに自分の夢が叶うと意気込むその夢というのが、百合の園!? そんな夢、捨ててしまえっ! いや、だってそんなのそうそう叶わないよ? というのは現実の話で、けれど漫画の世界なら叶うのかも知れない。そう思ったら、やっぱ叶わないのか! というか、管理人さん、いきなりビジュアルがヤバいな! 血まみれならぬケチャップまみれはいいとして、包丁はやめよう? 包丁持ってお出迎えはやめましょう?

わん子にとって悪いことに、姉以外の先輩は卒業してしまって、この家には管理人さんと姉千波のふたりきり。ここにわん子が暮らすことになったとして、百合の園にはなりやしない。うう…ひどいよお姉ちゃん…、って、ショックのあまり駆け出すわん子さん。ショックはいいんだけど、モノローグちょっとおかしいよな。というか、言動全体的におかしいよな。でもこの子が、花瓶に鈴蘭を生けている管理人と対話していく中で、ふたりの気持ちの寄り添うように柔らいで、通じあっていく様、丁寧な筆致でもって伝わる気持ちの行き交い、交流はとても素敵なものでした。

いや、それだけにページめくったところで固まってるわん子の姿、そのギャップも引き立とうというものなのですが!

しかし、わん子の欲望、姉に筒抜けになって、でもそれを受け入れてもらえてよかったですね。しかもその企てを手伝ってくれるん!? 理解者あってよかったね、わん子。全般に思い込みの強い? ちょっと変な子? ですが、わん子、可愛かったです。百合を前にして見せる緩んだ顔、これ、いいな。その表情をもっと見せてくれ! そんなよさありますね。

『晴れた天使のうたドルチェ』

聖歌隊で歌っていたななみ。けれど中学を卒業と同時に聖歌隊からも卒業。歌うの好きなのにね。来年からどこで歌えばいいのかな。そう思って悩んでいる姉を支える、いやハメる妹? ウィンド系妹かざみの手腕が光っていました。いや、だってね、テレビでアイドル見てさ、その気になって歌って踊って、七つの海から逢いにきたオーシャン系アイドルななみんだぞ♪ なんていってる姉に、隣の部屋から逢いにきたウィンド系妹かざみだけどかまわず続けていいよ。この対応! 最高やん。一発でウィンド系妹のこと好きになりました。

この妹の見せ場はここから。翌日、聖歌隊の発表会だと思い込ませて姉をアイドル科のある高校の試験会場に連れていく。願書は妹が出した。一次試験も通過済み。って、どんな手を使ったんですか、かざみん。

妹の見せ場はここまで。ここからはななみのターン。試験控え室で出会った美少女、水依との交流。ピリピリしてる会場の雰囲気とはかけはなれた、ふたりだけのやわらかで穏やかな世界を作り出していた。その果てに辿り着いた境地とでもいえばいいのでしょうか。ふたりともに、いつものようにを大切に臨んだステージ審査。水依をずっと勇気づけてきたななみに、ステージを終えて駆けてきた水依が返してくれたその思いの結晶。いい展開、いい場面だった。ええ、試験とか合格とか、そういうのを超えた先にふたりは向かっていった、そんなこと思わせてくれたのですね。

しかし、ラストの1本、かざみに抱きついたななみに目を丸くしている水依がちょっとツボでした。水依の真意やいかに! なんか可愛くてよかったですよ。

『現代魔女』

クリーニング店を切り盛りするシモナは魔女なのですか。指先ひとつで衣類をあちらこちらへ移動させて、というのですが、秘密にしているその魔法を、お客のマロカに見られてしまった! というか、魔法を暴発させてしまったっぽいですね。

特に魔女だからと排斥されたりはないみたいですね。シモナの秘密を知ったマロカも興味津々ではありませんか。どんな魔法が使えるのか? 時間制限あるけれどいろんな衣装を作り出せるシモナの魔法でファッションショーならぬコスプレ大会開いたり、でもってそれをSNSに公開? 恥ずかしいといいながらも、自分の祖母にはコスプレ写真送っちゃうシモナとか、ふたり楽しそうにしてるところがとりわけよかったですよ。

しかしそんなふたりの最後の誤解? これ、後々なにかの展開に繋がるんでしょうか。なるなら見てみたい。というか、魔女のシモナも謎ですが、マロカもなかなか謎ですよね。気になるふたりです。

2020年10月23日金曜日

2020年10月22日木曜日

Oculus Quest 2

 Oculus Quest 2をビューアとして使えないだろうか。そう思って、手持ちの環境で試せるもの、いろいろ見てみました。動画はNetflix。電子書籍はブラウザからアクセスできるBookwalkerとDLsite Play、Komiflo。主に漫画ですね。メインに使っている電子書籍ストアは紀伊國屋書店なのですが、ここはブラウザ視聴に対応していないのが残念。Kinoppy for Oculus Questは出ないだろうなあ。あと出てくれると嬉しいのはHuluとdアニメストア。このふたつもOculus Quest 2から利用するなら現状ブラウザ視聴となりますね。

Oculus Quest 2発売直後、AmazonのPrime Video VRがさながら映画館! と話題になりました。これだ! これだよ! そういう声も多く聞かれたわけですが、実際VRヘッドセットで映画を見るなら、観客席とかシアターとか、そういうのは不要かなあと思っています。

Netflixでは映画館ではなくリビング、別荘かなんかの豪華なホームシアターみたいなヴィジュアルが用意されているのですが、下を向いたらローテーブルに雑誌が置かれていたりね、雰囲気たっぷり! というべきか、むしろ映画見るのに不要な情報は邪魔! というべきか。私は後者のゆとりもうるおいもない実質主義者なので、スクリーン左上にあるVoid Theaterでもってリビング表示をオフ、スクリーンのみにして見ています。

というか、まだそんなにがっつりとは見ていないんですけどね。

リビング表示をオフにすると、スクリーンサイズを変更したり表示位置も変更できたりします。これ、スクリーンサイズというのはちょっと説明と実態が違ってて、スクリーン表示位置を前後方向に動かせる機能だと思った方がいいです。小さくしたら遠く、大きくしたら近くなる。スクリーンはちょっと遠めの方が見やすいのですが、結果画面が小さくなるのは残念。スクリーンサイズを大きくしつつ遠くに配置とかできたらよかったのになあ、なんて思っています。

スクリーンの位置変更は、椅子の背もたれにどっさり体をあずけた状態でも目の前にスクリーンを置けるのがすごく楽。ゆったりリラックスして見られるから、これはきっと寝るな……。うん、きっと寝ると思う。

昨日はQuest 2の音質はそんなに悪くないといってましたが、やっぱり低音とかはしっかり出ないので、ホームシアターシステムみたいなの使ってる人にはものたりないと思います。そういう場合は素直にインナーイヤーヘッドホンを使うってことになるんでしょうね。となると、いいヘッドホン探しも重要になりそうです。

さて、ブラウザで電子書籍ですが、これ思ったよりもいい感じです。目の前いっぱいにドーンと電子書籍が広がる! といいたいですが、本音をいうともっと大きくできんもんかなと思ってます。でっかい書見台気分、手で支えなくてもいいというところは、iPadでの閲覧よりも良好かも。ただ、これだけだとiMacでの閲覧に勝てない。解像度とか考えると、現状iMacの方がはるかに上なので、またコントローラーを使うにせよハンドトラッキングで操作するにせよ、トラックパッドやキーボードを使って操作した方がスムーズ。

ただ、好きな場所で閲覧できるというのは、デスクトップのiMacに勝るところでありますね。それぞれよいところを見出していきましょう。

BookwalkerとDLsite Playはページ送りをタップでできるので、Quest 2ブラウザでも良好に操作できます。トリガーでクリックしやすいコントローラーと、親指ピンチで送りにくいけど手ぶらでいけるハンドトラッキング、それぞれによいところがあります。

Komifloは、用意されている画像は大きいのだけどブラウザの解像度が実は低いので、表示の際に縮小された画像にモアレが出ます。残念。また、なぜかタブレットやQuest 2ブラウザではタップでページを送れないので、若干スワイプする必要がある。うん、Quest 2でのスワイプはちょっとやりにくい。このサイトに関してはPCやタブレットで見た方が快適ですね。

専用アプリが用意されていなくてもブラウザから利用できるサービスはたくさんありそうで、そういうのを開拓していくのも楽しそうです。いずれはQuest 2向けに最適化されたり、あるいは快適に利用するためのノウハウなど蓄積されていったらよくなるな、みんなノウハウを公開、共有してくれんものかなと思っています。

2020年10月21日水曜日

Oculus Quest 2

 Oculus Quest 2、まだアカウントは死んでいません! 時間がなかなか作れない中、積んでしまってはもったいないと、ちまちまヘッドセットをかぶってはVRを体験する日々でありますよ。VRタイトルとしては『Kizuna AI - Touch the Beat!』とか、それから『Anne Frank House VR』を体験して、いやあ、なかなか有料のものに踏み込みにくいのはやっぱりBAN騒動のせいなのでしょうか? また昨日からは『VRChat』に参加しまして、いやあ、これ、めっちゃ酔う。ともあれ、手探りながらいろいろ試しているところです。

さて、ヘッドセットについてです。最初はよくわからなくて瞳孔間距離を一番狭くしていた(58mm)のですが、その後定規でちゃんと計ってみたところ、初期設定の真ん中(63mm)がよさそうと変更。その後2日ほど経過しましたが現状良好です。

当初、ベルトの調整がちゃんとできなかったので、ヘッドセットの上部の締め付けが相当強くてしんどかったのですが、頭頂のベルトを短かくしてやることで改善しました。ただ全体に緩くはなっているので、激しく動くようなのやると危ないかも。今のところは運動系、アクション系のものを体験するつもりではないので、もし問題になるとしてもかなり先のことだろうと思います。

気になっていた音質はとりあえず問題なし。正直、ぜんぜん期待していなかったんですが、『シン・ゴジラ』の火炎放射能のシーンを見てみたところ、普通に鑑賞できそうでした。もし、どうしてもものたりないとなったら、ヘッドセット左にミニジャックがあるので、インナーイヤーヘッドホンを使うのがよさそうです。

以前、Chromecastに対応しているといってましたね。これ、セットアップ時にキャスト可能なデバイスを見つけると、ミラーリングするか聞いてくれるようになってるんでしょうか。もしあのタイミングであのダイアログを出してくれなかったら、いまだにミラーリングできることに気づかないままだったかも知れません。

ミラーリングは『Kizuna AI - Touch the Beat!』で試してみましたが、やっぱり遅延がありますね。遅れてくる音が耳に入るとプレイに支障があります。これは友達と一緒に遊んでいる時とかに使うものでしょうかね。ひとり孤独にVRを楽しんでいる自分には今のところ使い道のなさそうな機能でした。

設定しておいた方がよさそうな機能としては、ますはパススルーショートカットでしょうか。設定のテスト機能内に入っているのですが、これをオンにしていると、ヘッドセットの左右どちらかをダブルタップすることで、白黒ですがカメラがとらえた外界の景色を見られるようになります。これがあると、コントローラーを探す時とかちょっと移動したい時とかに大変便利。また、立った姿勢から、座ったり、座椅子を使ったりと頭の高さが変わった時に、一度パススルーして戻すことで視点の高さをリセットできる模様。これは便利なので、最初にオンにしておくのがいいと思います。

次にオンにしておいた方がいいのがハンドトラッキングです。これをオンにすると、コントローラーを使わなくてもメニューの選択、スクロールが可能になります。コントローラーを使った方が快適ではあるのですが、常に両手がふさがってるというのも不便です。それほど細かい動きが必要でない場合には、コントローラーなしで用がすむハンドトラッキングがかなり便利。ちょっとヘッドセットを使いたいって時にも、コントローラーを探す必要がないので大変便利です。

最初から入っているアプリであるHandsというのを起動すると、ハンドトラッキングがオンになり、また使い方についてのレクチャーを受けることができます。これも途中で気づけてよかった。

こういう気づくと便利な機能、まだまだありそうにも思うのですが、気づかないことには知りようがないので、どこかにまとまってるとありがたいのになあって思います。公式にあったりするのかな?

2020年10月20日火曜日

『まんがタイムきららMAX』2020年12月号

 『まんがタイムきららMAX』2020年12月号、昨日の続きです。

『みわくの魔かぞく』

ああ、扉のまいが実に可愛い。しかしなぜ眼鏡なの? 今回のお話は年度当初の一大イベント、クラス替え。わりとポジティブなミラと違い、もう死にそうに落ち込んでるまいのその様子、ものすごい落差を見せています。

結局、クラス替えはなんの心配もなく、というか代わり映えもなく、これまでどおり。なんとまあ、ミラの父、魔王と沙夜香の介入あってのことなんだ。いったいなにをどうなさったというのだろう。謎です。

初日日直のまいと、裏門でまいのこと待ってるというミラ。このちょっと特別感ある待ち合わせ。まいなんかはちょっと嬉しくなっちゃってるの、可愛いよねえ。そしてちょっとしたすれ違い。でも、待たせて、待ってのその様子。ぎこちないながらも、どこか気持ちの通いあってる、そんな風もあって、悪くないなあって思ったんですね。

今では携帯電話で簡単に連絡も取りあえてなんて時代ですが、まいがスマートフォンを忘れていたり、ミラのかばんにそっと置いたメモが風に吹かれてなくなってしまったりと、こうしたすれ違いのもどかしさ。こういうちょっとスローなやりとり、便利すぎないままならなさも、物語にはスパイスになるのだと再確認する思いでありました。

『ぼっち・ざ・ろっく!』

雑なブッキングでまったくのアウェーのステージに立つことになったぼっちたち。はたして受け入れられるのか、パフォーマンスはうまくいくのか。心配したけど、実際に音を出してみたらなんとかなりそうですよね、これ! と思ったら、ぼっち! 途中までよかったのに、なんでちょっとやりすぎちゃうのん!? でも、それでこそぼっちって気もしますよね。

そんなぼっちたち、結束バンドのステージを見守る佐藤愛子(23)と店長星歌の存在がよかったです。客観的な評価をくだす定点観測する目としても、そして発展途上の彼女らを案ずる近しい年長者としても、重要なポジション、役割を担っていたと思ったんですね。

だものだから、愛子が評価した虹夏のドラム、この子の音楽のルーツに焦点の当たったラストは感動的でもあったと思ったんですね。ええ、いい姉妹ではないですか。ステージの盛り上がりをしっかり描いたからこそ、対照的に穏やかな場面も引き立つ。ええ、そのどちらもが光ったエピソードだったと思います。

『旅する海とアトリエ』

海とりえの再会。これまでの旅を少し振り返ったりしながらも、主題はあの旅を通じてりえが出した答、りえの出した画集であったのですね。そのタイトルが『旅する海とアトリエ』。海と安藤りえ、あとりえ、ふたりの旅を一冊の本とした、その本に海が自分のあり方を確かなものと感じたのがよかった。

旅から帰って以来、悩みを抱いていた海。自分のなにも手にしていなかったこと、その実感に苦しんだ海。けれど、りえの画集は、そんなことはなかったのだと、確かに海はあの時、あの風景とともにあって、見て、聞いて、知って、感じたこと、それらは間違いなく海のなかにあったのだと、それをりえが知っているということもあわせて気づかされたのかも知れませんね。

前回、自分の夢中になれるものを探そうと思いはじめた海、それがなにになるかはまだわからないものの、再びはじまるりえとの旅、そこで出会うだろう人、こと、そこになにをか見出していくのだろうか。あるいはこの旅そのものに見出されるものもあろうというのでしょうか。ええ、変わっていく、広がっていく、そんな晴れ晴れとした明るさを感じさせる終わりに、なにか希望のようなもの感じたのです。

2020年10月19日月曜日

『まんがタイムきららMAX』2020年12月号

 『まんがタイムきららMAX』2020年12月号、昨日の続きです。

『いのち短し善せよ乙女』

今回は体育祭ですよ。この舞台はどこなんでしょう。赤組とかじゃなくて赤団っていうんですね。ちょっと新鮮な響きでした。

さて、今回の一日一善アイテムはというとジェットブーツ! ブラックスライム2体倒したら出てくるやつだ……。というのはいいとして、この漫画では韋駄天ブーツといわれてますね。とてつもない速さで走れるようになるのだけど、体育祭でズルをするのはよろしくない。ということは、これ、どの局面で活用するんですかね?

今回の体育祭、なんというか、怨嗟に似た感情がにじみ出てはいませんか? 今回ゲストのサブヒロイン、亀野歩美さん。気弱で運動苦手。もちろん体育祭なんて関わらずにいられるものならそうしたいというタイプで、そんな彼女のネガティブ思考。できるだけ目立たない、勝敗に関係しなさそうな借り物競争に出ることになってた彼女に襲い掛かる理不尽な配点3倍の恐怖! そこで亀野に投げつけられる酷い言葉!

なんだろうこれ、心が痛いよ? なんだろう、体育祭というか運動得意野郎どもへの不信みたいなのがにじんでないですか!? あー、つらい。ほんと、乙女よ、亀野さんをこの苦境から救い出しておくれ!

なんて思わずにおられなかっただけに、今回の善行、これは光ってましたね。ええ、乙女はサブヒロイン亀野とともに過去に苦しむ私をも救ってくれたのです! おお、乙女、そなたこそまことの勇者。というのはいいとして、理不尽な扱いされてた子が報われたの、本当にほっとさせられる顛末でした。

『150の恋事情』

これ、めちゃくちゃ面白いな。コマ割りもめちゃくちゃ自由。コマ割り漫画っぽくはじまったかと思ったら、無事四コマのフォーマットにて進行していくんですが、その途中で巻き込まれた男子、蓮華が自分でページをめくったりするのな。こういうメタい表現、うまく使うの結構難しいと思うんだけど、この漫画のテンション、ノリ、勢いが見事にこれを受け入れさせて、いやあ、面白かった。

というか、依恋がいいよな。なんだかんだと酷いの。基本沸点低いよね。でもって言動にデリカシーが欠けている。一緒にいるつつじなんかは、ちらっとときめきポイント見せたりするのにな、依恋にはそれがまるでない。ゲームや漫画の定番展開やってみようってときも、どう考えてもやりすぎ演技がオーバーキル。冷静沈着なつつじも取り乱してますがな。最高や、最高でした。

またラストがすごかった。つつじの警戒する定番展開が発生したのまではいいんだけど、蓮くんとどういう関係? その問に、蓮くんって誰だろう…? ふたりとも、ほんと酷い! 依恋は自分のことしか興味ないし、つつじも依恋しか眼中にないっぽいもんなあ! いや、でも、しかし、こういう奔放なキャラクターはかなり好きなので、もう最高でした。

『ホレンテ島の魔法使い』

あむの語るホレンテ島の島起こしプラン。おお、なかなかにシリアス、真面目な感じじゃん? と思ったら、いきなりメッキがはがれたよ!?

公会堂のイベントで、島の伝承をもとにした創作舞台をやりたいという。うん、これ自体はわりかしちゃんとしたプランなんじゃないかな。この島の歴史や伝承をもとにアレンジした、わかりやすい物語でアピールしていきましょう。いわば新たな伝統の創出といった感じなんですが、こうなると当然反対も出るわけで、ユシャがいうんですね、きっとジさまが許してくれねぇ。

これ、てっきりユシャの祖父が墨守派なのだろうと思ったら、違うのか。あむの作った物語、それが核心に迫っちゃってるのか。魔法使いの伝承で島を売り出しながら、魔法が本当に存在することは隠さないといけない。あむの提案は、前者にとってはよいけれど、後者には抵触しちまうんだな。こういう、表向きには明らかにしない裏事情が見え隠れするホレンテ島の不穏さ。いい味出していますよね。

舞台の用意するところなんかは部活っぽくって、あるいは普通に文化祭ノリで面白い、楽しいと、とてもポジティブ。そう思っていたら、その裏側で魔法の力をめぐる不穏なやりとりが見られたりと、これ、無事に大団円迎えられるのかい!? そんな不安含みの展開。表向きは平穏そのものなのにな! なかなかに穏やかでないその状況に引き込まれるんですよ。

『のむラリアット!』

もうめちゃくちゃ面白いよ、これ。いきなり味方同士の場外乱闘で負けそうになってる桃からスタート。で、無防備に戻るとボコボコにやられます。って、星さん、わかってるんならくるみにではなく桃にアドバイスしてあげてーっ!

でも、ほんと、よく動きますよね。逆エビからのロープエスケープの流れ。桃のポテンシャルを引き出すくるみの秘策が光ったと思えば、その後のやる気のない逆水平チョップ。なんだこのメリハリ! いや、メリハリって表現でいいのか? 相手選手が戸惑ってるやんか。もうめっちゃくちゃに面白いですよ。

みるくが出てからの応酬、これもすごい。ほんと、基本、四コマのフォーマットを守りながら、コマの割り方の工夫が光る。コマ割りの配分を変えてみたり、さらに細かく割ってみたりと、キャラクターの動きや反応をクイックに、そして決めゴマはダイナミックに、魅せる、映える、そんな誌面から受ける印象、鮮烈そのものでありました。

チームワークに優れる対戦相手に比べ、こちらはどうも分断されがち、試合運びのイニシアチブをとれずに苦戦している。そんな場面で見せた星の一連の動き。どうすべきか躊躇した星が指示一発で一気に迷いを吹っ切って飛び出していくその切り替わりの鮮やかさから、あわや2対1と苦境に立った星に加勢すべくリングによじのぼってくる桃の頼もしさ!

いやもう、感動しちゃいましたよ。桃ってどこかコメディリリーフ的な役どころが多かったですけど、やる時にはやる、魅せる時には魅せますねえ! このふたり、はたしてどのように立ち回る? もう続きが待ち切れませんって、これ。

2020年10月18日日曜日

『まんがタイムきららMAX』2020年12月号

 『まんがタイムきららMAX』2020年12月号、昨日の続きです。

『こみっくがーるず』

翼さんがお悩みです。アニメの脚本、チェックしないといけないのに、文字ばっかりは苦手なんですって。全然読めない。音読しようとすると、途中から脚本離れて自由にやっちゃう。それで琉姫やら小夢、かおすにまで頼んで読んでもらうんだけど、そうか……、かおすちゃん、読むのうまいのか。さらにはアニメ制作の流れ? 現場について詳しくて、翼にびしばしアドバイスするどころか、悪夢のせいで怖れを抱いてしまってる翼に、そんなことない、大丈夫と、じゃんじゃんアニメ関係者の過去インタビューやら記事やら映像やら出してきて背を押しちゃうってわけですよ。

いや、いやいや、かおすちゃん、自分のことでなかったらやたら有能なのね!? ほんと、今回はまるであばあばすることなく、適切、的確、前向き、有能。なんで、それを自分の時にも発揮できんの!?

でも、こうしてそれぞれが苦手持ってて、得意持ってて、時に助けあえるというのはいいですね。かおすもいつまでも助けてもらってるばっかりじゃないんだっての心底よくわかって、この子の成長、喜ばしいかぎりでした。

『エンとゆかり』

ゆかりの決断、それが周囲にじわじわと影響を与えていっているんですね。冒険者の道を選んだゆかり。対しチリは迷いを抱えていて、ああ、ゆかりの向かう先には今の自分はいない。その切なさをしみじみ感じているあのシーン、静かでしみる。素敵な情景でありました。

この漫画はなんか不思議ですね。異世界の、まるで私たちの暮らす現実とは違う、そんな社会、背景、文化、テクノロジー。かと思ったら、リングなんかがそうですが、私たちの世界の実感と重なるものも多く描かれていて、今回のチリの悩みなどもそうなのでしょう。

残念ながら私たちの世界では、そうそう冒険者の道を選ぶという機会はありません。ですが、大好きな友達とまったく違う進路を選んで、就職とかね進学とかね、それで疎遠になってしまうのではという寂しさ、不安を感じることはあるわけです。今回のチリなどはまさしくそれなんだろうなあ。だから、異世界とはいえ、ファンタジーの世界のこととはいえ、彼女らの感じていることを、どこか自分に身近なものとして受け取ることができる。共感ってやつですか? 親しみといえるかも知れませんね。ええ、チリの悩み、迷い、その思いに共感したのです。

『ななどなどなど』

ヤバい女、高山萌。偶然を装って、気のある子、るるに接近を繰り返す。バイト先、るるとの遭遇可能性が高くなる立地が理由で選んだのか。さらにはさりげなくまちぶせ。うひー! でも、この熱意、思い、るるに通じてないのは悲しいよねえ。萌のバイト先にいってみようか。そう思いながらも、いったら迷惑にならないかとかいろいろ、るるが悩むわけですよ。ほんと気持ちが通じていない! このコミュニケーションロス、この漫画のテーマのひとつなんかもですね。

バイト中の萌、これいいですね! クレープ屋さんの制服、めちゃくちゃ可愛いじゃん。でもってここからのやりとりいろいろ、萌、しあわせなのはいいんだけど、やっぱり根本的に気持ちが通じあっていないよ? ポジティブ萌とネガティブるる。今のところるるのネガティブが勝ってように感じる。というか、萌のポジティブは萌ひとりで完結しちゃって、るるに届いてない! ああー、ディスコミュニケーション、コミュニケーションロスですわ、これは。

今回ラストで、小町ちゃんに萌が電話してるときの様子ね。ふたりともに、もう完全に地のまましゃべってますよね。むしろこっちのふたりの方がわかりあってるというか、通じてるんですよね。おおお、萌よ、それでよいのか? いや、萌は小町に対する気持ち、それも隠してしまってたな。明るい、ポジティブ、だけどどこか不器用。それが萌なのだとしたら、本当に、この漫画のメインの娘たちは皆それぞれにどこか不足を抱えてしまっているのですね。

『私を球場に連れてって!』

キャッツ、マジック9になりました。けれどファルコンズの調子がいいので、ふたつ減らして一気に引き離すみたいなことができなくてやきもき。それはいいんだけど、まさかここでもう逆転の目がないどころかBクラス確定しているアルバトロスファンの先生が煽ってくる。

ほんと、この漫画、見た目は可愛いが、やりとりギスギス! いや、なんだかんだで喧嘩にもならず、このやりあい、煽りあいを楽しんでる節がありますよね。これも高度な野球の楽しみなんでしょうか。

でも今回は煽りあいというよりも、優勝目前にしてハラハラしながらもひとつひとつマジックが減っていくのを楽しんでいるファンたちの様子と、そして願掛けするみたいにしながら逆転の可能性に賭けるファル子の情念、その接触しては炎のあがるような熱気こそが見どころになっていたと思うんですね。というか、レオナはいつもどおりとはいえ、わりと穏やかなタマが実は結構ギリギリっぽいのが面白い。いや、あれは違うのか? キャッツのマジック関係なく、体重のことからかわれたらああなるのか? わからんけど、とにかく面白かったです。

2020年10月17日土曜日

『まんがタイムきららMAX』2020年12月号

 『まんがタイムきららMAX』2020年12月号、発売されました。表紙は『ご注文はうさぎですか?』。ぱっと鮮烈に怪盗ラパンと魔法少女チノが登場。夜景の街を遠く背景に、空から登場。動きがあっていいイラストだと思いますよ。しかし、シャロ、ラパンになると印象ががらりと変わりますね! というか、ラパン=シャロという認識でいいんか? ちゃうよね。ラパンはラパン、劇中作の小説の人物でしたね! 魔法で飛んでるチノと違い華麗に飛び降りている途中のラパン? その浮遊感、実にいいですよ。

今月は新規ゲスト、読み切りが3本です。

『今日の授業は恋愛です!』

国家レベルで恋愛が推奨される社会到来。そんな世相に背を向けて、恋愛なんかには興味がない! そう明言していたクール系女子高生、右京さがりは、なんの因果か恋愛科に進学することとなってしまって、おお、その資質が見出されたというわけですか。この才能、普通科に埋もれさせるには惜しい!

この才能の片鱗、教師、綴喜あやせから説明させるその前に、校内、廊下で出会ってしまった女子とのコミュニケーション。そこでこれでもかと見せつけたのは本当、うまかったと思いましたよ。恋愛なんてくそくらえだなんて思ってるこの子が、実は王子様系女子。偶然の出会いからの天然口説きテクニック連続コンボでキメていくところなど、もうばっちりでした。

その後の余り者が5人集まる流れも、わりと手早くさっささっさと展開していくのに、ちゃんとキャラクターが見えるの、これ見せ方がうまいのだと思います。最後に、さがりに完落ちしちゃってるあの子が出てくるところ、ここであの子がくるんだなと予想はしてたのに、予測を超えた表情見せられて、そこまで好きになっちゃってますか! あまりの落ちっぷりが最高でした。

恋愛推奨だ恋愛科だと、ちょっと突飛な前提を知らず受け入れさせるような説得力、うまさ? 引き込む力があったと思いました。

『メイドはお嬢様がお好き』

お嬢様大好きなメイドのるいす。けど、脚立から落ちちゃったか。負傷したので代打がきます。それが方波見つばめ。元気な子。やたらアクティブ、フィジカル面での強さをこれでもかと見せつけて、そんなつばめのこと、らいむお嬢様はかっこいいって気にいっちゃったみたいで!

ああ、るいすはピンチなのですか? このまま、お嬢様の気持ちがつばめにうつってしまうのではないかと、やたらつばめを警戒視して牽制、介入、無理をするるいす。その空回り、面白く読みましたよ。

つばめが全然るいすのこと敵視してないどころか、むしろフレンドリーなのもよかったところです。ちょっとやりすぎるきらいのあるるいすのこと、心配したり時には制止したり、この個性のまるで違うふたりのコンビネーションもうまく生きていたと思うのです。

つばめの雇用も継続となって、これ、るいすにとってはピンチ継続なの? それとも、つばめとの距離の縮まることもある? るいすの一人相撲が続くのか、あるいはいい仲間となっていくのか、そうした未来におこること、気になる漫画でありましたよ。

『ゆうちゃんねる』

高校進学を機になにかはじめたいと思った中部ゆうの選んだものがユーチューバー。この子が中学の部活仲間の夏樹ひなた、幼馴染みの蒼井しおり、同級生の嬉乃るる、それぞれにユーチューバーやってみたいと話した時の反応、それぞれの違いが本当に面白かったんです。

ひなたは普通というかあんまり動画配信に興味がない。で、続くしおりがすごいのね。変に詳しいかと思ったら、ゆうの性格熟知して、あの手この手で退路を断っていくのか。すごいよね、しおりさん。だんだん不安になってきたゆうだけど、機材調達でしおりに借金しちゃったからもう後戻りできない! このくだり、もう本当に最高でした。何度見てもふふって笑う。どんだけやり手なのかしおりさん。見るほどに面白いから素晴しい。

続くるるも、これまでのふたりとまるで違う個性押し出してきて、と思ったら、最後にゆうのこと気づかってくれている? いや、あるいはそのままゆうの前途多難が暗示されてるって思っていいのん?

この全員が集まって同好会を始めることになるの。なるほど。いい展開だと思いました。でもって、みんな仲が悪い? いや、ゆうの争奪戦はじまる!? と思ったらそんな感じではなくて安心? ひなたとしおりのるるに対する印象、ふたりともに変な子だったのがおかしかった。で、るるの思ってること見たら、確かに変な子なのかもなあ!

いいキャラクターが揃ったなと思います。したたか? 策士? のしおりが好みです。

2020年10月16日金曜日

Oculus Quest 2

 Oculus Quest 2、届きました。はやる気持ちを抑え、日課の運動終了後、ざっとセットアップ。箱はずいぶん気合いはいってますよね。Apple製品みたい。きちんときれいにセットされたコントローラーにヘッドセットを、箱のふた内側の指示にしたがい取り出し、コントローラーから電池の絶縁を除去、ゴーグル横の電源ボタンを押して起動していよいよ装着です。最初にアップデートがあるというのは聞いていたので、ヘッドセット内の映像見ながら指示のとおりにWi-Fiの設定をすませたら充電しながら放置。ここまで15分かかってないのはすごいですよ。

夕食後、アップデートが完了しているので続きにとりかかります。アプリでログインする必要があるらしく、OculusのアプリをAppStoreからダウンロード。Facebookアカウントでログインしたら勝手にヘッドセットを見つけてくれて、もうこれで使いはじめられたんじゃなかったかな。あ、プライバシー設定? アクティビティや名前の公開範囲を設定するくだりもありました。けど、これも簡単ですぐに終わります。

あまりのスムーズさにびっくりしたわけですが、これ、Facebookアカウントをすでに持ってたからってのもあったのかも知れませんね。手間取ったといえばゴーグルの鼻のところの隙間からWi-Fiのパスワードを覗いて入力するとか、そういうところくらい? あとアプリの検索とかもそうか。面倒くさがらずちゃんとヘッドセットをはずしてやればいいんですけどね、横着だとそういう覗き見しながらみたいなことをやっちゃいます。

Quest 2用のアプリは、とりあえず無料のものをいれてみました。

このみっつです。

VR体験は、まずはチュートリアルから。このチュートリアルが面白いと聞いていたのですが、実際、よくできていますよ。コントローラーの使い方、グリップのトリガーの押し方によって、ものをつかんだり、人差し指で仮想のボタンを押したりと、基本の操作を覚えることができます。さらには簡単なゲームも用意されていて、銃で動く3Dオブジェクトを撃ったり、ロボットとダンスをしているうちに、VR空間での動き方がわかるといった具合でした。

VRは、かなり広い空間がないと楽しめないのではないかと思っていたのですが、1.5m四方くらいの空間があったら充分いけないかな。いや、もうちょい広い方がいろいろうろうろできていいとは思いますけどね。最初にガーディアン設定っていうのやるんです。といっても、これも簡単。床をゴーグルに認識させて、その後、動ける範囲をコントローラーでぐりーんと線引いて設定してやると、それが動ける範囲として認識されるんです。

VR空間だと外が見えないじゃないですか。なので、壁とか物にぶつかったりする心配がある。それを避けるのがさっき説明したガーディアンなのですが、設定した範囲から出そうになると赤いグリッドが表示されて境界を表示してくれる。さらには範囲から出てしまうと、パススルーといって、ゴーグルに搭載されたカメラでもって室内が見えるモードに切り替わる。そのおかげで、ゴーグルつけたままトイレにいくのも大丈夫。よくできてますよね。正直、もっと不自由なものだと思っていました。

とりあえずはこんなところでしょうか。数日したら、体験してみた『Kizuna AI - Touch the Beat!』と『Netflix』についても書いてみようと思います。

あ、そうだ。Chromecastにも対応してるんですよ。正直、これは驚きでした。

2020年10月15日木曜日

Oculus Quest 2

 Oculus Quest 2、注文してしまいました。買うだけ買って積んでしまったらどうしよう。楽しむ以前の問題としてアカウントがBANされてしまったらどうしよう。二重の意味で置物になる不安を抱えてしまって散々いろいろ心配していたわけですが、新たな可能性が開けるのではないだろうか、ならそれを目撃したい、体験したいという気持ちに抗うことができませんでした。いや、実際のところ、それは君、期待しすぎやで? とは自分でも思っとるんです。それでもね、かつてパソコン通信が、インターネットが、webが見せてくれた夢、それが再び、みたいなことを思ってしまうのですね。

時が過ぎて、パソコン通信は老人会の思い出語り、インターネットもwebも、夢見られたような理想郷ではないことを実感させられるばかりとなった現在ですが、それでもネットがない生活はもはや想像することも難しいほどに日常に、生活に浸透して、それが夢見られたとおりだったかどうかは別としても、やはりネットに未来の可能性を感じたあの頃の予感というのは正しかったのか。だとしたら、今、VRに感じるこの気持ちは、あのころ感じたものに通じたりはしないだろうか。

ええ、いつか当たり前になり、夢見たようなものではなかったねと振り返るだろう日に、けれどあの時感じた予感は、それはそれで正しかったのかも知れないね。そう思うかも知れない日のために私はOculus Quest 2を体験してみようというのかも知れません。

いや、同時にSecond Lifeなんかも思い出すんですけどね。いや、ちょっと待って? Second Lifeって、今も健在なのか。これ、VRとかと繋がったりはせんのかい? これはこれでまた新たな可能性が出てきたりするんかな。

とりあえず、現状のVRはゲームかチャットですよって話です。まずは、おそらくゲームを遊ぶことになるのだと思うのですが、そのうちにチャットなんかも体験することになるのだろうかなあ。

まだなんもわからんので、まずは到着してからですね。トラブルなくスタートきれたらいいなあ!

2020年10月14日水曜日

Oculus Quest 2、このへんに興味あり

 Oculus Quest 2、まだ在庫のあるショップが! 今すぐ注文したら週末には届くぞ! というのでまた、どうしようかなあモードにはまりこんでしまっているんですが、ほんと、どうしよう。

さて、仮に買うとなったらなにをして遊ぼうか。どんなソフトがあるかってことですが、Oculusのストアをざっと見回しましたらね、あ、これ面白いんじゃないかな? と思うようなものもちらほら見つかるわけですよ。ということで、Oculus Quest 2、このへんに興味あり。気になるソフトをピックアップしてみました。

リトルウィッチアカデミアVR ほうき星に願いを

ストアに入った時、最初に表示されたバナーがこれだったんですね。ご存じ、『リトルウィッチアカデミア』。文化庁の若手アニメーター等人材育成事業アニメミライに参加したアニメにして、続編が作られ、さらにテレビシリーズ化したという大人気タイトルでありますよ。

これがクラウドファンディングやってたのは知ってました。VRタイトルになるってやつね。それがこの『ほうき星に願いを』。そうか、PS VRで出るのだとばっかり思ってた。それがまさにここに実現していて、わあ、面白そう! ホウキレースに参加するだけでなく、ゴーストハント、さらにはストーリーパートもあるのですか。というか、VR空間でロッテとおしゃべりできるというの、それだけでもう欲しくなっちゃうよな! ならん? なるよね?

というわけで、これ、結構なキラータイトルになるのでは? 期待の一本だと思います。

Kizuna AI - Touch the Beat!

これ、リズムゲームですね。ペンライトを振る要領で、すっとんでくるノーツを打ち返して云々って説明にありますけど、いやあ、こんなこといったらあかんのやけど、ただ静かにキズナアイさんのパフォーマンスを鑑賞してるだけじゃ駄目ですか? あ、やっぱりそういうモードもあるっぽいですね。だよねえ。

基本無料というのも手伝って、まずこれを体験するっていうプレイヤーは多いんじゃないかなあ。正直、私はこれから目をそらせる気がしません。

VRChat

VirtualCast

VRゆうたらゲームかチャットやで、というので、じゃあどのへんが人気なんすかね。

というので有名どころというか名前を聞いたことがあるっぽいのピックアップしてみました。多分、日本だとVirtualCastが人気なんかな。このあたりはよくわからないけど、多分長続きしない気もするけど、ちょっと興味ある。

Netflix

YouTube VR

昼間にTwitterで、Prime Video VRがすごいぞ、お家が映画館そのものに! ってのが話題になってましてね、そうそう、これだよ、これ、VRで動画というの、こういうの期待してるですよ! ってなってました。

私はAmazon Primeは利用していないので、使うとしたらNetflixですね。こちらは映画館というより、豪華なリビングでホームシアター、みたいなシチュエーションなんでしょうか。正直、背景はどうでもいいかな? みたいにも思う。見た目よりもUI、使いやすさが大事よな。でもなあ、正直Netflixは主題歌飛ばす? って聞いてきたり、まだエンディングの最中なのに、次の動画見る? とか聞いてきて鬱陶しい。VRでも正直あんまり期待できないんじゃないかなあ。Netflixの中に、本当に映像が好きって人いるん? みたいな不信感もあるのがつらいところです。

Netflixの他にHuluもこういうアプリ出してくれたらいいなあ。

YouTubeは2D動画だけでなくVR動画もたくさんあったりするでしょう? そういうのも体験してみたいと思います。以前ちょっと見たダイビングの映像とか見直してみたい。

ホームスターVR SPECIAL EDITION

熱心ではないけど実は天体が好きです。というので、ホームスターVR、これにはおおいに興味あり。引っかかるところがないでもないんですが、それはこのソフトの瑕疵ではないから、もやもやはするけどまあいいのかな、と飲み込めるかなあ、ちょっと心配やな。

と、それはいいんです。スペシャルエディションではプラネタリウムのプログラムが収録されていたり、いろんな場所、時間の星空を鑑賞できたりと、いろいろ遊べそうなところが嬉しかったりするんじゃないかな、なんて思うんですね。 

National Geographic Explore VR

現時点の私の大本命がこれです。

National Geographic のスタッフとなって、世界で最も有名なスポット 2 か所を探索しましょう!

マジかーっ! 訪れることのできるのは南極とマチュ・ピチュ。そうそういくことのできなさそうな場所に、バーチャルなカメラマンとなって訪れ、動植物に接し、自然に触れ、そして遺跡を探索する。

わーお、アルバート・リン気分で探検できるってわけかい!? これ最高じゃない!?

私はNational Geographicのドキュメンタリーが好きでして、Huluはナショジオのために入ってるみたいになってしまっています。でですね、つい先日見たプログラム、『古代遺跡と太陽の神秘』、最初、あー、知ってる知ってるわ、有名なやつやん、とか思いながら見はじめたら、知らないものをこれでもかこれでもかと畳み込まれて、すっかりまいってしまったプログラム。

春分、秋分の日の出、日没の太陽が見せるスペクタクル。その日、その瞬間だけ太陽の光が差し込む通路や祭壇、落とす影が見せるかたち、などなど、などなど。

その番組を見ながら、ああ、これをVRで体験できたら最高だのになあって思っていたんです。

遺跡を訪れ、自由にウォークスルーしながら、特別な日の特別な情景に立ち会うことができる。そんなやつ! さらに加えて、遺跡を在りし日の姿に巻き戻して見ることができたりしたら最高じゃない!?

そう、最高なんですよ。このプログラム、ストアのプレビュー動画のマチュ・ピチュのシーンでね、遺跡に屋根がかかっていくのが描かれてるの! これがただ屋根を復元してるだけなのか、往時の姿を再現しているのか、それはわからないけれど、こういうの見たかった、体験してみたかったというの、かなりいいところ突いてるんじゃないかなって期待がふくらむわけですよ。

でもって、これが人気になったら他のシリーズも出るかも知れんでしょ? いやもう、期待がふくらむわけですよ!

みんな、アルバート・リンになろう! 君も、私も、アルバート・リンになろう!

2020年10月13日火曜日

Oculus Quest 2

 ここのところ、Oculus Quest 2に関する情報ばかり探しています。この機械でいったいなにができるのか。皆はこいつになにを求めているのか。そして数日前から俄然盛り上がっている話題、Facebookアカウントの永久BAN。うひー! これ、怖いな! Facebookアカウントは一応は持っていて、非アクティブではあるのだけど、友人知人その他いろいろ、人間関係のグラフもできてるし、過去にいろいろやりとりしたログも残したりはしているのだけど、それでもいきなりBANされるのでは? そんな怖れがあるものだから、どうにも手を出しにくい。いや、最悪Facebookアカウントを失ってもまあいいかなとは思ってるんですよ。問題はOculus Quest 2の方。せっかく買って、ろくに使わないうちから使用不可にされてはかないません。ええ、これを怖れてる人、結構いると思うんですよね。

Oculus Quest 2が発表された時から興味は持っていました。スタンドアロン型VRヘッドセットが、かなり入手しやすい価格になった。性能も充分。VRには以前から興味があったし、さあ、これを機会にVRとやらをはじめてみようか!

となってふと思うわけです。VRヘッドセットってなにができるの? 調べたらゲームとか出る。あとVRChat。うーん、どうにも持て余しそうな気がする。VRという響きからは、もっとなにか世界が一変するような、新たな価値観に直面させられるような、そんな体験があるんじゃないかって期待をさせるなにかがある。

でも、現状できることったらゲームかチャットですよっていわれて、そうかあ、そうなのかあ。ちょっともやもやしながら予約はしないと決めた経緯があるのでした。

今日が発売日ですね。皆さんどうですか。アカウントのBANをかいくぐり、VR空間にダイブできてますか? なにか面白そうなものはありますか。これは! という体験はありますか。

どうせならそういう話を聞きたいところ。アカウントまわりのごたごた、はやく収束に向かってほしいですよ。

2020年10月12日月曜日

2020年10月11日日曜日

『まんがタイムきらら』2020年11月号

 『まんがタイムきらら』2020年11月号、昨日の続きです。

『さかさまロリポップ』

柚希の赤ちゃん返りですよ。妹や弟が生まれると上の子がなりがち。テレビでそういってるのを聞いて、詩月が強引に赤ちゃん返りを要求するっていうんですね。姉としては戸惑うばかりだよなあ。妹が心配してくれているのはわかった。成長の証と聞かされてね、でももう普通に成長しちゃってるもんな、お姉さん。でもここで押し切られてしまうのが柚希なのだと思います。

明るいうちからパジャマに着替えさせられて、それも自分でじゃなくて詩月が着替えさせるのな。そのもどかしさから、やらんといかんこと、やりたいこと沢山あるというのに、妹と一緒にお昼寝せざるを得なくなる。さらには夕食も、当然ひとりで食べられるのに、赤ちゃんだからと詩月に食べさせてもらうことになって、逆に大変やん! というのだけど、これも詩月の姉への愛、感謝の気持ちといわれては、柚希も折れるしかないよねえ。

なんだかんだで癒されたっぽいですよね、柚希。赤ちゃん返りセラピー? いや、むしろ妹からの気持ちが確認されたこと、それが大きかったように感じます。宿題できなかったりと弊害もあったけど、それを上まわる喜びのあったこと、よくよくわかるところがいいですよね。

『下を向いて歩こう』

あれあれ、なんだなんだ、ちょっとした山場なのかい? あるいはもうじきグランドフィナーレなのかい? おおう、そうだったらつらい。

ちょっと危険なので軽々しく人に教えられない浜にて硝子が拾ったレアなもの。オレンジ色のシーグラスにイルカの背骨。あまりの収穫にハイになっちゃってる硝子だけど、ああ、好事魔多しというやつなのですかい!? あるいは、いつもならなんでもなくいなせることでも、どこか気持ちが浮ついてしまってるせいでやらかしてしまう? ほんと、こういう現象なんなんでしょうね。ぞんざいに扱ってるものだとなんでもないのに、大事にしてるものにかぎって、落としたり傷つけたり、どこにいったかわからなくなったりしてしまう現象。

今回の硝子の身に起こったこと。カドミウムガラスなのではないか? かつてシエルが拾ったウランガラスと比べてみたい……。なんでもない石だったらこんなことにはならなかったのかも知れない。はやく確認したいからと借りたのが悪かった? イルカの椎骨、シエルの飛行機に例えたその言葉、ロマンチックに心が浮きたったのが悪かった? ほんと、突然の突風に、手にしていたそれらをすべて海に取り落としてしまって、これ、衝撃だった。胸が詰まりそう。自分のシーグラスだけならまだしも、シエルの思い出の宝物まで失くしてしまって、その胸の内、いかほどだろう。あまりにつらいので、共感する気持ちを押しとどめながら読むしかない、そんな展開に、さらにシエルの母の言葉が追い討ちですよ。

シエル、白浜を離れるの?

取り落としたシエルの宝物、どうにかして探そうと夜も眠れずにいる硝子。大切なお友達と別れるつらさに眠れないシエル。このふたりの置かれた様子。ええ、共感する気持ちにブレーキかけずにはおられませんでした。

My Private D☆V

『私を球場に連れてって!』原作担当のスーパーまさらです。

わかりやすくポイントをキメてきましたね。「コテコテのセーラー服にゴテゴテした装備が好き」。

かくして、これはバッティングセンターかな? 金網を背にして立つセーラー服姿の女の子。頭にはヘルメット、しかも頬までカバーするやつ。バット持つ手にはグローブ、肘にもしっかりプロテクターでありますよ。

女の子のちんまりとした体躯におとなしそうなイメージ、なのにこうしたがっちり装備は確かに映えて、これはいわゆるガチなのか、あるいは心配性で防備万全にしたかったのか。どちらで捉えてもそれぞれによさがある、そんなイメージ。悪くないですよ!

2020年10月10日土曜日

『まんがタイムきらら』2020年11月号

 『まんがタイムきらら』2020年11月号、昨日の続きです。

『そらコミュニケーション』

ソラを取り戻すため、せんりの命を狙うテンペスタ。いよいよせんりの身に危険が! となった時になにを察知したのか突撃してくるせんりガチ勢、璃乃。微妙にしまらないやりとりが続きますが、これ、明らかにテンペスタと敵対する流れですよね? 圧倒的な力を持ったテンペストを璃乃ははたしてとめることができるのか!? と思ったら、まさかのマジックアイテム!? じゃないね、これ。女児アニメの変身ステッキだね?

以前、ソラの母が出てくるものと思ってたみたいにいってましたけど、なるほどこの時、この瞬間のための振りだったわけですね。もうほんと、どこもかしこもしまらない、そんなドタバタではあったんですけど、それでも母の声に素直な反省を見せるソラの言葉は神妙にしていじらしく、そしてソラの母からせんりの両親生存の可能性が伝えられるときましたよ。

今回、これまで匂わされてはいたものの、これとはっきり語られなかったことが一度に明確になってきた感ありますね。せんりにとっては本当に嬉しい情報だったのではないでしょうか。ええ、今後の進展が気になる展開。しかし、たびたびやんわり嫌味いわれるアトリアです。その有能さ、これからばっちり発揮していただけると、せんりも喜ぶ! そんなことにもなりそうですね!

『夢見る!ルネサンス』

いよいよ体育祭当日ですね。パン食い競争にやる気を見せるリーチャですよ。と、それはいいんだけど、パン食い競争、朝一番なの!? 朝食食べてすぐだったら入らなくない!? と思ったのだけど、リーチャに関してはその心配はなさそうですね。いつにないやる気、いつにないダッシュ。そしてパンをゲットしたら、その場で完食。この競技の趣旨を理解してないのがいいですよね。ほんと、リーチャにとってはパンが一番大事。競争は二の次ってのがよくよく出ていましたよ。

ダンシング玉入れというの、この漫画のオリジナルじゃなくて本当にあるんですね! 時代の変化に取り残されてるわあ、と実感させられつつも、皆それぞれが見せるダンス、そのおかしさ、意外さ、ミスマッチからのキャルーン! 面白かったです。

そして最後に決勝のリレー。レンがアンカーを任されて、そのプレッシャーに押し潰されそう? 懸命に走るも、まさかの転倒。くじけそうになったレンをリーチャが旗振って声援を送るその場面、素直にいいシーンだったと思います。

それでも勝てはしなかったんですけどね。でも負けてもみんなの気持ちがひとつになってた。頑張りが報われたこと、その頑張りが認められ、受け入れられているところ。それがほんとよかったです。

『はなまるスキップ』

思いもしない展開、何度も何度も重ねてきて、いやはや、途中理解を振り切っていってしまったりして、あれ? ああ、そういうこと!? 混乱したりなんぞしましたよ。

生徒会長に立候補した委員長。その対抗馬としてはるがたちはだかる! というんですが、委員長の演説がね、本当によかったんです。なぜ自分が会長選に出ようと思ったか。そして会長になったらなにをしたいか。それが本当にきれいにまとまってて、ああー、これは心打たれるわ。はるの演説が酷かったのもあるけどさ、そんなん抜きにして委員長を支持したくなる。その演説の内容も漫画としての見せ方も、すごくよくできていた。もう、ほとほと感心したのです。

だから、最初2%って数字を見た時、はるのあの酷い演説聞いて投票した2%ってどんなやねん! と思ったんですよ。で、コマを読み進めたら、あれ? なんか変やぞ? 確認したら、ああ、ちゃうやん、委員長が2%やんか! どうなってんのこれ!?

人間って、きっとこうなるんだって思い込んだら、目の前に明記されてることでさえ誤って受け取るんだなあって心底実感させられました。いやほんと、これはすごかったな。なんでこんな勘違いしたんだろう。

結果ははるの反則負け、委員長勝利に終わるんですけどね。でも、まさかそれでこの漫画の主人公、委員長サイドに切り替わるの!? いや、これは嘘やな。でもこの自由さ、やりたい放題ともいう、この漫画のらしさだよなあ。ええ、次回本当に藤原あやめ生徒会長編がはじまっても驚きません。

『トールさんの通り道』

いやあ、驚きました。漆黒の原石を手に入れるべく鉱山地帯に向かおうとするケイト。管理しているドワーフを警戒させないよう鎧を脱いで普段着? なんか、ハイカーみたいな格好してるんですけど、これが可愛くてほんとに素晴しい。

というのは置いておいて、ケイトとライムの邂逅ですよ。ライムがケイトを挑発して戦うことになるんですけど、ライム、本当にただの憂さ晴らし? なにか別の目的などあったりしないの? と思ったけど、とりあえずライムに裏の意図はなかった模様。というか、ケイト、めちゃくちゃ強いのね? なんか天変地異レベルで強いんだけど、ほんと、予想外の展開。そしてさらに予想外だったのは、ライムの口から語られる魔族の起源ですよ。

この世界、思った以上にシリアスな背景持っていたことがわかって、となると、これを知ったケイト、ライムのいうことを信じるならですが、なんらか彼女の行動原理にも影響があるのでは? それくらいの展開みせてきましたよ。

2020年10月9日金曜日

『まんがタイムきらら』2020年11月号

 『まんがタイムきらら』2020年11月号、発売されました。表紙は『スロウスタート』の面々でハロウィンでありますよ。はいいんだけど、かむちゃん、なんかエアバルーンみたいなんだけど!? と思ったら、なるほど、これ、皆、フィギュアやぬいぐるみになってるんですね。ちょっとキマったたまてのポーズ。足元見れば透明パーツで浮いた足が固定されていて、おお、この子はフィギュアなのですね。栄依子はアクリルフィギュアで、刺股持ってるちんまり花名はねんどろいどなのかな? 後ろで異様を放っているかむりはぬいぐるみなんでしょうな。この、デフォルメの具合が違うまま勢揃いしてるの、その面白さ、ギミック含めて、なるほど! でした。

『星屑テレパス』

うおお、扉絵が素晴しい! はいいとして、部長会に臨む海果です。同好会長として、活動の内容を説明する必要がある。しかし海果はどうにもこうにも自信なげで、そんなんじゃ駄目だと海果のノートに加筆しはじめる瞬にユウに遥乃まで! この書き込みがのちに海果に働きかけることになったの、ほんと、じんわりと胸が熱くなる、そんな感動覚えさせて、ええ、とてもよかったのです。

部長会に参加するのは海果ひとりだけど、ノートの書き込みを通じて皆が海果とともにいると実感させてくれた。それまでずっと緊張していた海果が、このノートに勇気づけられて、仲間の存在に元気づけられて、落ち着きを取り戻していく。

ああ、一山乗り越えましたね、海果! 乗り切ったこと報告する海果の笑顔よ、これが素晴しい。海果を迎えた皆の喜ぶ様もとても魅力的で、ああー、瞬は素直じゃないですねー! そして勢いがつきすぎちゃったんですね、海果の優勝宣言! それを受けての皆の反応! ほんと、頼もしい仲間たちだと思いますよ。海果もさぞや心強いことでしょう。ええ、強く、しなやかに伸びていこう、海果!

『しあわせ鳥見んぐ』

おお、鳥見の仲間が増えました。翼の幼馴染みの今泉ひな。動画のトリさんの中身バレの危機から翼を救った功労者。いや、あの介入で危機回避できたのかな? すず、中身が翼と知りつつ、あえて追求はしない、態度の緩和で手を打ったって感じですよね。

さて、今回の鳥はセキレイの仲間ですよ。キセキレイにはじまり、ハクセキレイ、セグロセキレイと三種のセキレイにフォーカスしていく。炸裂する翼の鳥知識。3人で連れだってセキレイを探しに向かう途上、その様子なども実にチャーミングで、鳥を見る、知る楽しみがあり、ハイキング? 気のあう仲間と一緒に出かける楽しさなんかも描かれて、魅力的な場面の連続、充実でした。

しかし、翼、鳥となると歯止めがなくなるタイプですね! 朝5時集合提案で、せっかくできた鳥見仲間がちょっとくじけそうになってる! なんかひなが都合いい解釈してるっていわれてますけど、無理しないのが長く続けるコツですよ! ええ、自分のペースで楽しんでいきましょう。

『むすんで、つないで。』

皆それぞれの夏休みの情景が描かれて、花ノ子、白百合の海でのやりとり! かつて白百合が小さかった頃の思い出、いや、花ノ子にとっては去年のことか。ともあれ、白百合自身忘れてしまっていたことが恐怖とともに思い出されてきて、花ノ子は素直で真っ直ぐでポジティブな子だなあ! その怖さが花ノ子の言葉でやわらげられたんですね、白百合。白百合の記憶にうっすらと残る誰かの思い出。今では同い年になっちゃったけど、頼もしいお姉ちゃんだった花ノ子の姿を思う、そんな場面、これじんわりきますよね。うん、ブクブクする白百合も可愛かった。怖いこと思い出して花ノ子にピタッとくっつく白百合も最高でした。

今回はつなぐと鳥居、このふたりの関係の深まっていくところ、いや? 深まってる? うん、深まってる! 深まってますよね? それが見ていて素敵でね、つなぐのバイトしてるパン屋に日参してるのね、鳥居さん! 毎日パンを買っては食べるから、どんどんふくよかになっていく……。うん、無理するな、無理しちゃいかんよ、鳥居さん。

頑張ってるつなぐの笑顔、キラキラで、ほんと魅力的ですよね。鳥居と一緒にお昼を食べることになって、ドキドキあわあわする鳥居の可愛さよ! さらにはパンを褒められて輝くつなぐのその表情。最高じゃ……。最高じゃ……。輝きにアテられる鳥居! でも、つなぐと一緒にいられて嬉しい鳥居がねまた可愛いの。このふたり、もっともっと仲良くなっていったらいいなあ! ほんと、花ノ子たちと一緒にいる時とはまた違うつなぐの魅力が出ています。まだちょっと憧れフィルターがかかってるけど、いつか自然体のつなぐと鳥居と、ふたり無理せずコミュニケーションとれるようになるのかな? うん、なんか楽しみです。

そして薗部。触れずにすませようかと思った薗部。でも可愛いと思う。その踊りとか意味不明だけど可愛いと思う。うん、可愛いと思いました。

『ぎんしお少々』

鈴とまほろ、すっかり仲良くなりましたねえ! と思ったら、まだ全然時間たってないのか! 鈴の作った夕食をふたり一緒に食べる。はじめて会った日に撮影した写真、それができあがったのでふたりで一緒に見てというの、ちょっとフィルム写真のことわかってない鈴が面白い。そうか、フィルム写真で自撮りかあ。できなくもないけど、すぐにできが確認できないから、フレームにちゃんとおさまってるかさえあやしいんですよね。難しい。レンズ付きフィルムの末期には、自撮り用のミラーがついたモデルもあったけど、あれでもノウハウを掴めていないときっちりフレームインさせられないよね? いずれにしても、このあたり、懐かしい話であります。

まほろの考えてること、フィルムカメラは焦ってる人には調度いい、けれどお金に余裕がない人には勧めにくい。ええ、そうでした、フィルムカメラ、お金がかかります。今どきだとフィルム1本600円とかなのか。もう長いこと買ってないなあ。昔、デジカメが出始めたころ、フィルムの全盛期だと1本300円くらいで買えなかったっけ? で、現像が同時プリント1枚10円で900円くらいでできてたんじゃなかったっけ。これが24枚撮りの話。36枚だと当然もっと高くなるんだけど、ちょっとまとまった量撮ろうとすると、旅行いって何本もみたいな場合ね、5千円とか6千円、熱心な人なら万超え当たり前みたいな世界だったと記憶しています。

めちゃくちゃ話がそれてしまった。けど、なんかそんなこと思い出させるみたいな力がありますな、この漫画。

鈴の妹、しろからは、姉の鈴は自信たっぷりでなにをするにも迷いも揺るぎもしない、そんな風に映っていたわけですが、鈴は鈴で迷いもすれば揺らぎ焦りもするというのですね。しろに、今楽しいということをわかって欲しい。それを伝える手段として写真に期待を寄せている。うまく伝えられるかどうか、わかってもらえるかどうか、ええ、ちょっと揺らいでいるんですね。

とはいえ、鈴がしろに比べて前向き? どーんと踏み切って前に進むことのできるタイプってのは本当ですよね。まほろとの距離、もうほんと近い! ええ、しろとは違う距離の詰めかた。一気にいきます!

2020年10月8日木曜日

『まんがタイム』2020年11月号

 『まんがタイム』2020年11月号、昨日の続きです。

『六畳一間の憑き物石』

瞬の譲れない気持ちと、鬼気迫るこいしの思いつめた表情! 今回は、こいしと瞬の間に割ってはいろうとする太助、彼の介入あって銭湯へいくことになるんですが、そこでまさか瞬が意地を張り通そうとするんですね。

太助に持ち掛けた長湯勝負。これ、もとより瞬に勝ち目なんてないんですけど、それでも受けずにはおられなかった。負けたらこいしを諦める。そんな同意もなにもとれていない勝負なのに、茹で上がりそうになりながらも湯からあがろうとしない。ああ、自分のいったこと、それに殉じようとするのか。いや、もとより死ぬつもりなんかなく、ただずっとこいしとともにいたいだけ。その思いの強さと、その姿を変えて瞬をかばい、太助に立ちはだかるこいしの気迫!

なんでもない冗談みたいな勝負だったのが、思いもかけずふたりの気持ちの揺るぎなさ描き出して、思わぬ緊迫感にすっかりしてやられました。しかし、普段はセーラー服を着ているこいしがですよ、瞬のピンチに着物姿になったの、これ、こいしの中でなにかが変わったのかな? まるで覚えていない太助のこと。けれど彼とともにあった頃、生前のことを思い出そうとする兆しだったりするのでしょうか。

いずれにしてもこいしもややこしい立場ですよね。いわばこいしは記憶のかけら、本体となった人柱のあの人は今も祠にいるのでしょうから。太助の求める姉ちゃんははたしてどちらなのでしょうか。こいしもそうなのでしょうか。このあたりがいまだはっきりしないところ。ここに気持ちがざわめくのです。

『茨城ってどこにあるんですか?』

おおー、森戸感激! 森戸の描いた漫画、関東擬人化が好評でありますか。顔には出さず、心で嬉し泣きする森戸の姿、いやもう最高。もう今回は序盤からマスターピースのかおりがしましたよ。

多恵と話してる時のちょっと調子にのってる森戸とか、おお、なんかめずらしい! というか、やっぱりこの子可愛いな! 最高じゃん、と思ったら、挑発まじりの森戸の発言を満面の笑顔で受けちゃうのな、多恵。この子にとって森戸が自慢の友達であるっていうの、めちゃくちゃよくわかるこのやりとり。これもまた最高だったと思います。

今回も関東擬人化なんですが、以前は女子で構成されていたのを、今度は男子で! 設定をやたら盛っていく森戸がいい。ストーリーがもうできてるのもあって、森戸さん、ノリノリやね? いつになく表情豊かじゃない? ドヤ顔も超チャーミング。最高でした。

でもって面白かったの、多恵のピンチに現れる森戸! 私の出番かな。なんという頼もしさ! ほんと面白かった。生き生き森戸。最高でした。

『ハニトラなんか怖くない!』

山田さんのこと、いまだに思い出せない綾小路。頼みの綱の同窓会でついに判明ですよ! というか、普通にみんな覚えてるのね。ひと夏だけ遊んだ女の子。小4の夏。綾小路いわく、その頃はやっちゃんとばかり遊んでた。その山田のやっちゃんが山田さんだっていうんです。

ついに明らかになる真実ですよ。これまで綾小路の回想に出てきてたあの子。やっぱりその子が山田さん。まさか昔は男の子だったけど、綾小路のために女の子になったのかい!? なんて可能性まで思っていましたが、普通に最初から女の子でした。赤い帽子の友達。赤い帽子だからって女の子とは限らないよなあ! と綾小路に同情的な私ではありますが、カープファンだと思ってた! って、そっちなの!? シャツのボタンが女子用の左前。って、マジ!? ちょっと過去の登場場面、見直してみないと!

ともあれ、山田さんとのいろいろ思い出した綾小路。優しいやっちゃんに、大人になってもずっと一緒にいてよ。似合ってない名前を気にするやっちゃんに、じゃあやっちゃんも綾小路の名字になろう!

綾小路、なにも考えてない、大好きな友達に思ったことそのまま口にしてただけだけど、やっちゃん、山田さんからしたら、さながらプロポーズじゃん! そうかあ、山田さん、この時からずっと綾小路への思いを大切に温めてきたんだな。それで、綾小路になっても名前負けしない自分になって、約束を果たしに現れたんだ。これは純愛なのかい。それだけに、すべてがしっかり繋がった綾小路が山田さんの名を呼んだあの場面、もう感動しちゃって、泣けてきちゃいました。

山田さんの一途な思い、ここにこうして成就することになるのでしょうか。次回、最終回。マジかーっ! でも、これまでが充実していたから、なんだろう、あんまりショックじゃないや。むしろ、山田さんの報われること、それが嬉しく思われる。いや、ほんと、めでたしめでたしでお願いしますよ、綾小路くん。

『テレパス皆葉と読めない彼女』

新しく加わった超能力者仲間の桐谷。猫飼ってるんだ、ということで皆で桐谷の家にいきます。というのはいいんだけど、玄関前に立たされてる男子ふたりがおかしいな。男子陣にはまだ心を開ききっていない、そんな桐谷の心情が感じられる? いや、あるいは澄花だけが特別なのかな? ええ、その澄花に向けられた桐谷の特別、それを猫のエリザベートも感じ取っちゃったみたいですよ?

桐谷が人を呼んだのははじめて。それで嫉妬したというのですか。エリザベートがなにに怒ってるか、それを確認しようと澄花の手をとる桐谷、あのコマ、よかったですね!

今回描かれたこと。皆葉はテレパシーで人の考えを読めるけれど、他の皆はそんなものなくても相手の気持ちがわかったりする。桐谷はエリザベートの気持ちを察するし、澄花の気持ちも理解してみせた。素直にお礼をいえない桐谷の気持ちを、澄花も笹本も自然に理解して、このわかるということ、ただテレパシーで読めるのとは違う、そんな繋がりを感じさせると思わせて、ええ、それを皆葉も感じとってるみたいですね。

こうしたところに、皆葉の成長の芽があるように思われて、その芽が芽吹き育てばいつか澄花の思いにも届くのかな? なんだかロマンチックに思います。

2020年10月7日水曜日

『まんがタイム』2020年11月号

 『まんがタイム』2020年11月号、発売されました。表紙は『おとぼけ部長代理』。大鍋に煮られた料理を、えーいと取り分けている部長代理であります。みんなで食べると美味しいなー!! ああ、今はなかなかこういう機会を持てない、そんな世の中になってますよね。またふたたび、こうして大勢とともに食事をとれるようになればいいなと思える表紙でした。『軍神ちゃんとよばないで』は芋煮だそうですよ。『六畳一間の憑き物石』こいしはおにぎり飛ばして、手にしてるのはおみそしる? 『花丸町の花むすび』花子は、お店の品かい? たくさんのおにぎりでありますよ。

『良倉先生の承認欲求』

あいかわらず面白いですよ。写真部に新人を迎えて、またこれまでとは違う活動になっていくのかな? と思ったら、家庭科室を借りて調理実習? な、なんでまた……、と思ったら、さすが星畑! 御見通しか。先生、自分の誕生日を祝ってほしい、ケーキを作ってほしいっていうんですか。

どんだけ寂しがりやなんですか。

この漫画、星畑の重要度がすごい。今、写真部の中で良倉の秘密を知っているのは星畑ひとり。それはいいのだけど、良倉の気持ち、考え、見事にずばっ! と読んでくれるよね。適切な対応、適切なつっこみ。あまりに適切に理解を示すその様、まるで保護者みたいだよ!? って、先生、生徒にお世話になりっぱなしじゃいけませんよ! でも、ほんと、いろいろめんどくさい人だけど、嬉しい感情とかダダ漏れにするところとか、なんというか、可愛げがあるんですよね。おっさんなんだけどさあ!

わりと辛辣な水元の評価とか面白かった。思ったこと、そのままにいう。良倉にはかまっておじさん。古岩には星畑とのツーショットたくさん撮るって、うん、素直ないい子ですね!

今回のハイライトはサプライズのプレゼントに嬉し涙をこぼす良倉とか、作ってもらったケーキが嬉しくて、上枝に自慢のメッセージ送りまくるところ。うん、可愛げがあるんだよ。おっさんなのにな! しかしこの可愛げ、上枝も女性化イラストがさぞやはかどったことでしょうな!

『お天気おねえさんの晴れ舞台』

いよいよ気象予報士試験の結果発表の日ですよ。はたして琴音は合格しているのか!? 緊張とともにウェブ発表を確認するも、ああ、残念、落ちてましたかー! 正直、今回こそは受かってるんじゃないかと思ったのですが、甘かった。これ、もしかしたらこの漫画の最終回まで受かることはないのかも知れませんね!

今回、落ち込みを隠せない琴音だけど、憧れの予報士、沖友さんのサポートの仕事が入ったの、これで一気に元気が回復したの、いいタイミングでしたね。試験を受ける前、ずいぶん追い込まれてた琴音でしたから、そのまま深く落ち込んだらつらいなって思ってた。その心配がなくなったの、さらにはより一層にやる気いっぱいになったの、これは本当に嬉しい展開で、次こそは沖友さんにいわれたように、日々の空に季節を感じながら、のびのびとゆったりと、自分のペースで気象の仕事に取り組んでいけるといいなって思ったのでした。

しかし、琴音の芸達者、その根本が垣間見えた回でもありましたね。そうか、田舎の寄り合いの出し物……。この子もまた底知れないものありますよ。

『午前0時のおねだりごはん』

米沢の家に米沢兄とともに向かった牛喰。部屋着の米沢、その生足? にえらいことドギマギしてるのがおかしくて、というか、そんなに? そんなにも? チラッ きゃっ チラッって、その反応、女子同士でもそんな感じなんですか!?

本とかぬいぐるみ、あとトレーニンググッズなどからうかがう米沢の私生活。普段、人に見せない、そんな側面がうかがえるのはいいですね。実際、当初の部屋着? 飾らない、シンプル、そんなスタイルがさっぱりとしたよさあって魅力的でした。表情も、職場と違ってどこかやわらかくって、お店でリラックスした時の様子、それがプライベート空間で見せるそれに通じるものあるんだなって思ったりしたのですね。

牛喰の知る米沢のプライベート。キッチンがきれいというの、それあんまり使ってないからでは!? という疑問を裏づけていくかのような品の数々。こうしたところにも、今後、牛喰が関与していくことも増えていくのかな? 今回は、食事を作って、皆で食卓囲って、それだけで満足した、いや違うな、キャパオーバーぎりぎりまでいっちゃった牛喰ですけど、ちょっとずつ慣れて、もっと親密になっていけたらよさそうですね。

牛喰だけでなく、米沢の食生活的にもよさそうです。

『瀬戸際女優!白石さん』

白石さん、声優に挑戦ですか! 動きあり表情ありのいつもの仕事とは勝手の違う仕事。声だけの演技は難しいと話してる白石と鬼瓦の会話、なるほど、表情筋! おかしかった! というのはいいとして、演じる役というのが白菜っていうのもまたなんか難しそう。人気の漫画だというんだけど、擬人化までいってない! ほんとに野菜キャラクターまんまなんですな。

どう演じればいいか、模索する白石が子供のいる仲間を頼って、自分を知らない子供の反応に演技の方向性を探ろうとするのがいいですよね。とことん演技には真摯なのがいい。そして母子の対話にヒントを得て、キャラクターを掴むところ。さらにオーディションに臨むにあたり、白菜っぽい服をチョイス!? こういういろいろ、ちょっとズレてるところもあるのかも知れないけれど、やるとなったら全力投球。すべてのチャンスに手を抜かない姿勢、これが間違いなく白石のかっこよさなんだと思わされました。

ところで、声優の仕事、さらにはその演じた結果などなど、ちょっとどんな風になるんだろう、興味がありますよね。今後、描かれることがあったら嬉しいなあ、なんてことも思いましたよ。

2020年10月6日火曜日

『まんがタウン』2020年11月号

 『まんがタウン』2020年11月号、昨日の続きです。

『部長と2LDK』

今回、素晴しいですね。浴衣でふたりお祭りにいきます。浴衣なんてはじめてという部長のその可憐さよ! ほんと、一番年上なんですか? そして、ふたりといっていましたね、それは嘘でした。菜々の妹、葉子が加わりますよ! 菜々と似てたら手がつけられない! と警戒する部長だけど、葉子はむしろ部長タイプ。ちんまり可愛いながらもしっかりもので、部長への挨拶なんかもほんとそつなくきっちり、しっかり。あの、すご〜〜〜〜〜くって伸ばすところ。京都銀行のCM!? ってくらいの流さ。そんなに? っていってる菜々がやけに可愛かったです。

いつもどおりといっていいんでしょうか、羽目をはずす? やたら元気でテンションハイな菜々。妹はそんな姉のこと、いろいろ注意して……。けれど、ちょっとした失敗でもさっとフォローしてくれる部長に、なんだかどぎまぎしてしまっていますか!? 菜々が、見たことない可愛い顔してるだの、私にはそんなデレ顔したことないとか、えらい目つきしていっちゃうんだけど、妹とられてなんかくやしいのかい?

会社の同僚に会った時、お面で顔を隠して菜々の姉とごまかした部長。ここからが面白かった。腕にまつわりついて妹ぶる菜々! と思ったら、葉子もだよ! っていうか、葉子はただならぬもの感じさせるな。今回の部長は、ここ最近では一番しっかりしてましたよね。それこそ、葉子にとっての理想の姉像体現して見せて、葉子甘える甘える! かと思ったら、菜々がめちゃくちゃ嫉妬してくる! ああ、お揃いのブローチな! 自分だけ外されてると思っちゃったか! それだけに、部長のはからい、ぎゃーん! ときましたねこれ。ほんと、お姉ちゃん大好きって、今回のなんだかいつになく素直な菜々、またちょっと見せない表情とかもね、素晴しかったと思います。

『立ち呑み布袋でもう一杯』

今回は舘さんがヒロインポジションか! ふらっと布袋に立ち寄れば、店長は食事で外しているという。なので、白瀬、舘とサシで話をすることになって、いいねえ、ナイスカップリング反応ですよ、これ。

ここに龍泉寺が加わって、男3人での会話、なんか下品な話題になりそうとかいってますが、舘の圧がすごい。しかも下品って、そんなダイレクト下ネタ! 女性がらみの話になるのかと覚悟する白瀬の予測を外してくるのもうまい。それで焦って自分から話題を振ったのに、そこでもしっかり舘にアドバンテージとられて、この白瀬のもてあそばれてる感、この余裕のなさ? もう見事に面白がられちゃって、その様子、なんだか見てたらニヤニヤしてしまう。

しかし、白瀬の気持ち、下心? すっかりバレバレなんですなあ。これ、店長にとってもどうなんでしょう。後ろでこっそり話を聞いていた店長。わかってやってるのか、それとも素なのか、すごく意味深な笑顔でね白瀬に話しかける。この底知れない感! うん、余裕のない白瀬にはいなせないものありますよね。いや、それでも頑張るんですよ!

『平日休みの堀出さん』

日本最北端の宗谷岬から最南端波照間島を目指して移動中。三連休の中日をまるまる移動に使ってるの、贅沢といっていいのか、休みを無駄にしてない!? というか、その無茶さがたまらんですね。普通、こういう弾丸旅行みたいのは、大学生くらいで卒業しておくものだと思うのですが、この夫婦はエバーグリーン、いつまでもそうした若さ? を忘れないんですなあ。

波照間島での移動中、うっかり最南端に辿り着いてしまうのが本当におかしくて、寄り道気分で入った原っぱが最南端。もし寄り道しようっていわなかったら、そのまま通り過ぎてたかも知れないってこと!? でもって最南端での会話ですよ。21時間後にはあなたは職場にいるなんて……。って、いやっ! やめてっ! ほんと、休みの最中に休みの終わりを実感させることいわないでっ! 夫のあの表情、なんともいえない苦味? ありゃあおかしかったけど、ちょっと気の毒だよな。共感するものあったんですね。

波照間島をくつろいで歩く、そんな様子にちょっと余裕を感じさせたところがよかったです。これまで、慌ただしかったりすることばっかりじゃないですか。だから、こういうゆったりした姿、ふたりで過ごす気負いのない時間、それがいいなと思ったら、おお、ついにこういう弾丸旅行、卒業ですか!

いやいや、駄目でした! ほんと、このふたりエバーグリーンだよ!

次号、最終回だそうです。ああ、最終回なにやるんだろ。こんな無茶やってみせた後に、いったいどんなのをぶちこんでくるんだろう。なんか思いもしない方向からやってきそうな気がします。

2020年10月5日月曜日

『まんがタウン』2020年11月号

 『まんがタウン』2020年11月号、発売されました。表紙は『かりあげクン』40周年! ということで、かりあげ正太がドーンと前面どころか全面に出てきて、これ、インパクトあるな。かりあげくんの顔がドーン! めっちゃわかりやすい。国民的といっていいくらいのキャラクターだと思う。それがドーン! 背景の黄色と白の旭光がなんだか妙にめでたくて、これ、ほんと、インパクトあっていい表紙だと思います。

『新婚のいろはさん』

部屋の模様替えに取り組むふたりですよ。今はソファでくつろいでるけど、低いテーブルが床に座るとベストマッチ。冬のコタツからの発想だったんですが、ここから自分たちにとって過ごしやすい部屋を作っていこうと話しあって、工夫していくその様子が実によかったですね。

というか、そのたびに散らかり放題の独身時代を何度も何度も蒸し返されるはじめですよ。ほんと、おかしかったです。

ゲーム内のコーディネートの話もおかしくて、和風で揃えるいろはと、やたらめったらカオスなはじめ。いや、はじめよ、室内にドラム缶と落石注意標識があるのはいったいどういうことなんですか!? このゲーム内のセンスが現実に漏れ出さなくってよかったですね。

このふたりのやりとりがいいなと思うのは、模様替えするにせよ、ただその目的のために動いている様子のみを描くのではなく、そこにまつわる思い出だとか、ふたりの歴史、そういうものを見せてくれるからなのだと思います。ただ模様替えのイベントが発生するのではない。ふたりを知り、またこのイベントを通じ互いを知るふたりを発見することができる。この、より深まっていくということ。それが魅力だなあ! と実感させられるエピソードでした。

『夜明けのふたりごはん』

夜に働き昼に眠るふたり。そうなると悩みもあって、なるほど周囲との生活リズムの違い。日中に出る騒音。上階から響く音に悩まされるんですが、引っ越しかな? ともあれなかなか文句もいいにくい。耳栓使って、体に響く方は酒でまぎらわせるぜ! これで見事熟睡できたっていうの、そんなに効果抜群ですか!

今回のできごと。騒音問題? 上階に引っ越してきた人との出会い? そういうのがあるのかと思ったら、まさかの『意味がわかると怖い4コマ』!?

いやいや、よかったよかった。ひとしきりビビらせて、けれどちゃんと真実がわかると怖くなくなる四コマでした。そうか、2階上の工事音かあ! でも、そんなにも響くもんなんですね。集合住宅って大変だ!

『君と銀木犀に』

前回知り合って話すようになったふたり。もうこんなにも打ち解けているんだ! 登校中にいきなり水鉄砲で打たれてるのな。なんか叙情的な漫画だぞ!? とか思ってたのに、2話目にしてやんちゃさを表に出してきて、これ、男の子ふたりの気の置けない関係描いて、よくその雰囲気? 距離感? 感じさせてくれるのがいいですね。

いきなり打ち解けたみたいにも感じたけど、はじめて話したのが春。そして今はもう夏休みを前にしてというのですから、何ヶ月かは経過しているんですね。途中に差し挟まれた、出会った頃のふたりのやりとり。そしてすぐさま今のやりとりに戻ってきた、そこにですね、ほんと打ち解けたんだね! その当たりの違い、表情もね言葉づかいもね、やっぱり違うの。これ、印象的だった。

いつしか互いにバカをやって笑いあえる。そんな関係になったふたりの、明るくて楽しくて、そしてどこか叙情的でもあるという、そのバランス感、とてもいい。魅力的だと思います。

『私たち同じ人を好きになりました』

仲良くしていたみっちゃんが自分の会社の社長と知ってしまった敦子。それですっかり混乱して、取り乱して、妹に電話かけてきて、その様子、やりとり、いやほんとこの人にしっかりした妹さんがいてよかったな! そう思わされるくだりでありましたよ。

だってね、みっちゃんが社長だったってわかって、じゃあなんで会社やめるって話になるの? 社長だったらもう会ったり話したりできないの? これまで、あんなにも楽しそうにしてたのに。あんなにも意気投合して、仲を深めてきたというのに。なのに自分のことばかり考えて、いや、違うな、妹さん、さすがですよ。社長さんと友達やめたいの? えっ、やだという言葉引き出して、なら自分の好きにしなよ。うん、敦子、相手の気持ちどころか自分の気持ちさえないがしろにしていたんだ。ほんと、この妹さんがいてよかった、そう思わされたんですよ。

みっちゃんはみっちゃんの方で、敦子からの返信がないのに焦れてしまっていて、どうしたのかな、なにかあったのかな、あたふたしまくってるわけですが、ああ、ここで秘書をしている姪御さんの出番ですな。この人がどういう役割演じることになるんだろう。これ、敦子の決断で翌朝に会って話すことになりますよね。そこになんらかの介入してくるのかな?

とりあえず悪いことになるまい! 期待しましたからね。

2020年10月4日日曜日

2020年10月3日土曜日

『まんがホーム』2020年11月号

 『まんがホーム』2020年11月号、昨日の続きです。

『恋はリベンジのあとで』

花が花屋の店頭に並ぶまでには、苗の段階から幾度もの選別を経て、寄りに寄られているのだということが冒頭にて語られて、花卉市場の競りの情景、売れるのかどうか、見届けるのもこわいと先に帰る泉です。このくだりに、選別されるということも漫画のテーマのひとつなのかも知れないなあ、なんて感じさせられたりしたのです。ええ、泉は選ばれなかったものの代表として描かれている。本当に? それはわからないけれど、なにかそういうこと思わせられるような印象を強く受けたんですね。

さて、市場の競りに出なかった花も廃棄されるのではなく、直売所に並ぶなど、まだ活躍できる可能性が残されたりもしています。直売所に出していた花が平日なのに完売との報をうけ、補充に向かう泉たち。この完売の理由が石田の上司の専務っていうの、ほんと嬉しそうないい笑顔見せて石田に報告してる様子もおかしかったんですが、こうした描写もまたテーマに通じるのかな? 選ばれしものにはなれなくとも、こうして見つけてくれる誰かはいますよという。

だとしたら、選ばれなかった人代表の泉? この人もいずれ誰かが見出してくれるのだろう。そうした暗示も感じて、ちょっと安心したりするのでした。

『座敷童子あんこ』

今回は父上と一緒だというのに、めずらしくあんこが大変じゃない。むしろ大変なのは父上で、いきなり額にペン突き刺して登場ですよ。これ、母上が刺したのか。母上との記念日を忘れて、趣味の妖怪探しに出かけようとした、それが逆鱗に触れたというのですが、母上、母上、この父上でなかったらあなた大事件よ!?

今回、なんの記念日か思い出そうとするくだりもおかしかったんですが、泣いて苦しむ結婚記念日とか、およそ発想が普通ではない。でもそれ以上に、父上の本音というか、価値観の序列というか、どれほど家庭内でゴタゴタしたとしても、興味の最上位は妖怪、タイのガスーだというのがね、ほんと困った男ですよ。で、見事にそれを母上に露呈させてしまうっていうんだから、どうしようもないよなあ。二度目のペンアタックを受けた父に、あれは父さんが悪いと冷静にいってる幸太とか、本当におかしかったです。

『歌詠みもみじ』

秋の夜長で寝不足でというの、まりなは寝不足どころか不眠症でありますか。酷い顔で登校してきて、それでもみじが一句詠む。それでドタバタするところ、ふたりの互いに気を許してる感があっていいというか、容赦のなさがすごいというか。なんかかんだでまりなも元気ですよね。

今回の話、これ、すごいなというか、はっと我がことのように感じられたポイントといいましょうか、あれですよ、ブロロロ。新聞配達のバイクの音を聞いたらもう駄目ってやつ、ほんとすごくよくわかります。不眠ではないけれど、だらだらと夜を過ごして、明け方、まだ暗いうちに聞こえてくるバイクのエンジン音。はっ、もうこんな時間!? そのやってしまった感をリアルに思い出して、まさしく実感をともなう共感でありました。

布団に入っても眠れない、これがまりなの不眠で、でもだらだらと夜を過ごしてなかなか眠らないっていうのも睡眠障害の一カテゴリーではあるんですよね。それだけに、今回のまりなのエピソードは共感を覚える人も多かったりするのでは? なんて思ったりもしましたよ。でもそれだけに、あの斬新な解決方法! ほんと、そんなのでいけるんか! いやもう、この発想が素晴しかったです。

『うちの秘書さま』

今回は身近な災害、火災がテーマ。はじめがやかんを焦がしちゃって、火災報知器が発報。ベルが鳴れば即座にはじめの部屋になだれ込んで、ファイヤーマンズキャリーにてはじめを連れ出す七瀬でありますよ。

すごい。

それだけはじめのことが大切なんだね!? というか、仕事に忠実な人だな! というか。うん、どうも後者の割合が大きいような気もするのですが、それでも頼もしい秘書であることには違いありませんよね。

はじめのおこしたボヤ騷ぎを受けての避難訓練、これがもうどうにもおかしくて、はじめに見立てたクマのぬいぐるみ、この子の負傷度合いが酷い! いったいどんな状況を想定なさってるの!? と思ったら、火災が原因じゃなくて七瀬のスローが原因じゃんか! 窓から逃がすというよりも、投げ落とす、それも相当な勢いで! という乱暴さが実に見事で、それははじめが我が身を案じ戦慄するほど!

真面目、忠実はいいけど加減がない、これも七瀬なのでありますなあ。

2020年10月2日金曜日

『まんがホーム』2020年11月号

 『まんがホーム』2020年11月号、発売されました。表紙は『らいか・デイズ』らいかをメインに、秋の味覚でしょうな! それも果物なのかな? 焼き芋を、いきなり果物っぽくないわけですが、半分にしてこちらにぐいっと勧めてくれている、その近しさ、親しみが実にいい表紙です。他に、リンゴに恋する『2年B組オネェ先生』、同じくリンゴにくちづけ『ぼくの上目遣い』。『孔明のヨメ。』はカゴいっぱいにアケビです。そして『ちっちゃい彼女先輩と同棲します。』、新連載告知のカットもございます。

『ちっちゃい彼女先輩と同棲します。』

帰ってきての新連載です。今度はコマ割りの漫画なんですね。以前の連載は職場で知り合ってつきあうにいたるまでを描いて、そしてWeb連載でつきあってからが描かれて、そして再び雑誌に戻って今度はふたりの同棲の様子を描こうというのですね。

とりあえず初回は、ふたりが同棲を決めていよいよこれから新居を入ろうという段。なるほど、なかなか進展しない、そんなふたりだったけれど、それなりにしっかり進んでいるのだなあ。そう思ってたらですよ、ですよ。ちゃうんか! いやもう、チーフもそう思ったよな。自分もそう思ったよ。けれど紗和がですな、なんらそれらしい進展がないっていってて、それ、結構な悩みっぽいよな。さてさて、この状況でいきなりの同棲。はたしてどうなりますやら。乞うご期待ですね。

『孔明のヨメ。』

関羽とともに江夏へと向かった月英。さっそく船を調達し、しかもその船、孔明の策を得て守られたものだという。この縁、感謝があってこそ、こうして協力もしてもらえるというのですね。これまでやってきたことのむくわれる時がきている。素直にそう考えていいのでしょうか。

ここからの展開、とてもよかった。関羽が月英に江陵攻略の策を求めるのですね。いきなりの大役に当惑する月英だけど、関羽のはげましもあり、遠くにある孔明のことを思いながら情報を集め、策を練る。まさか月英がこんなかたちで活躍する日がこようとは思わなかった。おそらく、この時代に女性が軍師のような役割を果たすことなど考えられないことだったでしょう。ですが月英は今その大役を担い、小さいとはいえ軍を率いる将軍に重用されている。その才を評価されている。いやもう、感動的といわずしてなんといいましょうか。素晴しかったです。

さて、一方孔明ですよ。劉備の本隊にて策を練ってはいるのですが、十万の民を守りながら曹操を迎え撃てるような策などあるわけがない。しかも曹操の電撃戦! 騎馬をとばして、劉備の軍の追撃に全力をもって臨もうというその気迫です。ほんと、こんな状況でいかに戦う、いかに動く。なにせ相手は曹操。劉備の動きを予測し、文遠の隊を劉備を押さえんがため差し向けようとするその手腕。

はたしてどう出るか、どう受けるか。この緊迫のなか次号へと続く。将軍それぞれが、やるべきことを成そうと動く、その鬼気迫る表情もまた読み手の気持ちを高揚させていこうというものです。

『天国のススメ!』

毎回登場するゲストのもののけたち。その意外性というの、本当に毎回見事に機能して、今回は見るからに怪しい橘君登場ですよ。ハロウィーンの日に、その気にあてられて迷い出たというのか。あからさまに普通でない。どう考えても異形。橘本人は家族とともに親戚の家にいっているという情報もあらば、偽物への接触は避けるべき……。と、そこで草間がハァハァいいながら迎え入れるのな! やったぜ、草間! やっぱ草間はそうでなくっちゃなあ。ほんと、太一がいなかったら怪異にとりつかれて命の危険があるんじゃないか、草間。

今回の異形も根は悪いやつじゃないというのがいいですよね。稀代の霊能力者、太一に自分の半分、対となる掛け軸、右近の橘を探して欲しいというのですね。さすが太一、話がはやい。こうして左近の桜が目覚めたからには右近の橘も目覚めているはずと探す、その流れ。その途中途中に差し挟まれる左近の桜と橘との縁のくだりとか、こういう人の情の描写にやっぱりやられてしまいます。こういうのが本当にうまいって思うんですね。

お話としてはシンプルでした。でもそれを単純なものと感じないのは、そこに感情の動きがあるからだと思います。今回も、面白みをまぶしながらしっかりした感情の動きを見せてくれて、ええ、充実があったと思います。

『ちくちく推して』

今回の話、面白いなあ。恋人から別れを切り出されてショックな妹、さくら。姉の部屋に飛び込んでみたら、そこには見るも麗しいイケメン男子が!? そのイケメン男子、見た目だけじゃなくいうことなすことかっこよくって、さくら、心打ち抜かれっぱなしじゃん! この人、姉、えりかの彼氏なのかい? いやいや、実は女性です。コスプレでした。えりかの友人、陽菜さん。面白がってか、さくらにぐいっと迫って、いい声でもって、さくらのことドキドキさせまくるの。

最高や……、最高やん。

今回、えりかがはじめて知った妹から自分がどう思われるかっていうの。そうか、憧れてましたか。でも、なんか腑に落ちてない感じがよかったですよね。姉の妹の恋愛事情についての評などもなかなかしっかりとしたもので、こういうのもよかった。と思ったら、妹ちゃん、聞いちゃってましたか。でも、本気で人を好きになったことがないっていうの、今日の出会いで違ってきちゃったりするのん?

ええ、なんだかさくらから目が離せなくなりそう。応援しますよ。ほんと、さくらよ、どんどんいくがいいですよ。

2020年10月1日木曜日

『まんがタイムきららキャラット』2020年11月号

 『まんがタイムきららキャラット』2020年11月号、昨日の続きです。

『あやしびと』

アヤの真実が判明するなど、一時はかなり動揺もあった彼女たちですが、以前どおりの日常に戻った感じでしょうか。けれど、アヤがカバネの口調に違和感感じていて、ああ、口癖にしてたフレーズ、「死ぬほど」っていうのを以前のように使わなくなっていたのですね。

死人と判明したアヤの前で口にするのは不謹慎なのではないか、いろいろ気を使ってくれているカバネさんです。そしてこの口調の由来、カバネとみぞれの友情の物語が語られて……、いや語ってないな、カバネがひとり回想しているだけだ! でもって、サカサに見事見透かされている! いやもう、サカサ、なんだろう、この子、いいなあ。

ともあれ、みぞれとカバネの出会いの頃。孤立していたカバネに転校してきたみぞれが声をかけてからのいろいろ。物怖じしないみぞれの、明るくて、どこか噛みあわなくって、けれどそこに根っからの優しさ、親しみやすさが溢れているエピソード。それが実にいい話でして、なるほど、アヤを助けてくれたのも、助けるとか親切とか以前に、こうして人に寄り添おうとするみぞれの性格、そのよさの現れだったのだなあと思わされたのでした。

しかし、みぞれ、いいやつ! 無理してないというのが、さらにいいです。

『しずねちゃんは今日も眠れない』

しずねとあかり。どうもうまく接点ができていかない感じではあるのですが、預っているあかりの抱き枕のせいでしずねの身が危ない? あかりの勘違いが発生したり、しずねの身を案じたあかりが、いったんは気味悪がったあの抱き枕を回収しようと動いたり、ええ、ともないいろいろ人間関係にもさざなみが立とうとして、少々不穏な雰囲気でありますよ。

学校ではいろいろ悪い噂を立てられているしずねです。あかりと親しく接すれば、あかりもその噂に巻き込まれてしまう。本当は友達が欲しい、そう思っているのにね、悪い噂がその願望に水をさして、ああ、このもどかしさ。なかなかにことはうまく運ばず、また眠れぬ夜を過ごすしずね。あかりの抱き枕、黒うさがなにか転機を作ってくれるのか。あるいは違うところにこの状況を打開させるなにかがあるのか……。

沈んでいるしずねを見れば見るほど、うまくいってくれればいいと、思わないではいられないのですね。

『かぐらまいまい!』

えらいこと頼まれましたね、舞姫部。呪いをといてほしい、バスケ部から頼まれて、聞けば舞姫部には呪いをといた実績があるという。無人の音楽室から聞こえるピアノの演奏。それを美夜のお祓いが解決した……。美夜は偶然では? といってます。実際そのとおりだったんだけど、美夜のお祓いは本物と、まことしやかに語られてしまっているというのですね。

呪い、霊能者、そうしたことに逐一否定していく美夜の真面目さがいいですよね。そして、こふくのやる気も加わって依頼を受けると決定。さらにはバスケ部の欠員をミコトが埋めるなど、うん、確かに舞姫部、困りごとの解決に大活躍。美夜の祈祷で気持ちを支え、フィジカル面ではミコトがサポート。って、実際バスケもうまいのか! 決勝点に繋がるパスがミコトから出て、バスケ部部長の橘、見事に逆転!

それはいいのだけど、思わぬ成果を出してしまったおかけで、舞姫部、祈祷部というかお助け部というか、本来の目的である舞以外での活躍が増えてしまいそう。でもこうしたちょっとした番外編的エピソードも魅力的ですよね。

『魔王の娘からは逃がれられない』

めちゃくちゃ面白いなあ。写生大会の途中で召喚されてしまったショーコ。ショーコの絵に興味を持ったルルが、ショーコの色鉛筆でお絵描きに挑戦するっていうんですよ。

これがもうね、思いもしないにぎやかな事態引き起こしちゃいまして、ルルの描いたショーコにザレハレ、その他がスケッチブックから抜け出して、もう大暴れですよ。城を壊したかと思ったら、ああっ、コマ外に出てページのはじっこやぶいてる! その自由闊達さったら! コマの枠線壊して脱出したり、枠線の角を使って縄跳びしてたり、気付けば人物紹介もルルの絵になってるーっ! 最高じゃない? なにこの楽しいの。ほんと、見ていて実にほほえましい。いや、城の被害は甚大なんですけどさ、ほんと、いつになくメルヘン感じさせる回でしたよ。

でも、ルルはせっかく描いた絵が抜け出ちゃうもんだからつまらなくって不機嫌で、そんなルルにかけたショーコの言葉、さらにはその言葉を受けてルルのためにスケッチブックに帰ってくれたショーコとザルハレの絵。皆の見せた共感と、ルルのために優しくあろうとしたその気持ちがたまらなく素敵でした。

嬉々として自分の絵を見せてまわるルルがすごく楽しそう! ルルが描いてくれた自分の絵に喜んでるザルハレもすごくいい。そして、また一悶着あった後に残ったあの絵、ほんと、素晴しくない? 気持ちがあたたかくなる、見ている自分も嬉しくなるようなエピソード。ルルの描いた絵のほのぼのとした愛らしさと、添えられた締めの言葉のやわらかく残した余韻。ルルにショーコ、ザルハレの、互いに向けた気持ちの伝わる、実にチャーミングな掌編でありました。