2020年9月30日水曜日

『まんがタイムきららキャラット』2020年11月号

 『まんがタイムきららキャラット』2020年11月号、一昨日の続きです。

『紡ぐ乙女と大正の月』

唯月の前に現れた女性。雪佳と呼ばれたそのお嬢さんは、唯月のかつての友人で、そして仲違いをした相手であるようですよ。男爵家の娘ごときが……。自重? いや、これは皮肉ですね。おそらく、かつて、伯爵家の娘が男爵家の娘とつきあうなど云々、家格を理由に仲を割かれたとかあったのでしょう。唯月の父が以前そんなことをいっていましたね。今では家格など気にせず旭や初野と親しくしている唯月ですが、かつては距離があった。父のいいつけに従順であろうとした、そのしこりが今も残っていたりするのかも知れません。

雪佳にこそその傷は深く、むしろ唯月は雪佳のことを変わらず友達と思っている。今からでも仲を修復したい……。ええ、この避暑地での目的、それが定まってきた感がありますよ。見掛けはもう大丈夫みたいに装っていた唯月も、紡の問いかけにいろいろ話してくれる気になった。かつてふたりの間になにがあったのか、それは次号としても、今の唯月ならたいていのことは乗り越えられそうに思えるんですね。紡もいるし、旭も初野もいます。以前の唯月とはもう違うというの、伝えられるといいですね。

と、それはそうと、お風呂で飲酒ーっ!? そう、そうなの、当時は合法だったの。いやもう、今ではなんでもないことがとがめられるかと思えば、今だと絶対駄目! なことが普通、当たり前だったりするこのギャップ! 感覚の違いにまったくもってしてやられます。

『RPG不動産』

ファーを探す不審者が城に侵入。ファーをはじめRPG不動産の面々を遠く辺鄙な島に転居させたのは成功だったのですね。

さて、島での仕事ですよ。前回見つけた状態異常やステータスアップをもたらす温泉は、猫さんに紹介することで温泉場として商業利用。とりわけ人気は回復の泉。けれど一時的なステータスアップに悪臭やらただれ、感電のリスクを負おうという人は少なくて、これら不人気の泉を当初は負債と感じていたものの、新たなアイデアの持ち込まれたことで商売として成功させる。こうしたくだり、この漫画のお仕事ものとしての持ち味、ふたたび取り戻させて、ああ、いいですね。この感触、ちょっと大変なことがいっぱいあったので随分久しぶりと感じます。

しかし今回面白かったの、あまりにも自由すぎる琴音たちですよ。ケーキを食べたら眠くなりました。お昼寝していいですか? からの、ここは幼稚園なの!? 職場!! 職場ですー!!!

ルフリアさん、大変だ。ほんと、大変。けど、ほんと、こんな自由な職場。うらやましい。こんな職場だと仕事も楽しそうだよなあ。なんて思っちゃうんですね。

『恋する小惑星』

地震に豪雨、続く災害に自分の無力を痛く実感させられるナナ。そうでした、この子が気象に興味を持ったのは、伯母が被災したことがきっかけでした。一時のかたくなさはとれたものの、それでも真面目な性分は変わらないわけで、ええ、思いますよね、なにかできないかって、でもそうそうなにかできることも見つからなくって、落ち込んだり気鬱になるのもわかります。

元気のないナナのこと、心配しているチカとメグ。ナナちゃん結構頭でっかちだから……。チカの評が面白い。この物言いに、ふたりの距離の近さっていうの感じさせられたように思ったんですね。そしてナナを元気づけるべく、メグ発案で公園にてピクニック。この、それぞれがそれぞれの考えで、問題抱えてそうな仲間に手を差し延べようというその姿。ええ、1年生組の交流のスタイル、見えてきて、ああ、なんか安心できますね。いい友達に、仲間になれたんだなって思ったのでした。

みらやあお、イノに桜に、モンロー先輩たちともまた違う、彼女ららしいやり方で、互いを思いやる、その姿がよかった。ダイレクトそのもののメグ。そっと見守るチカ。でも、チカもずいぶんくだけましたよね。今回のことでさらに仲を深めた3人。この子たちの物語も、また広がっていきそうで期待がふくらみます。

2020年9月29日火曜日

『まんがタイムオリジナル』2020年11月号

 『まんがタイムオリジナル』2020年11月号、先日の続きです。

『カントリー少女は都会をめざす!?』

都会出身というだけでやたらと大河を神格化している八重。今回も、中学生と話している大河を見て、サイン求められてるんだ! と、普通に考えてありえないこといって、しかしこの自信満々の八重ですよ。この子の根拠があるかどうかわからん自信、すごいよなあ。ポジティブのかたまりだよ、この人。

さてさて、今回はいつになくシリアスなニュアンスにじませて、よかったですよ。大河がね、ちょっと悩んでるんですな。皆と仲良くなれたのは自分が大阪出身だったからじゃないかって。自分の価値って出身地なのかみたいなことね、亜紀が相談にのってくれて、微妙にズレてる? でもどこかしら本質をついてる? そんな亜紀の言葉が頼もしくって、ええ、大河は最後にちょっと不完全燃焼みたいになってましたけど、でもちゃんと解決に向かったんですから、やっぱり大河、この相談はよかったんですよ。

明るさ取り戻した大河と、大河のいないうちにやたら迷走していた八重の再会。大河の悩みも雲散霧消ですね! ほんと、いつもどおりといったらいいのかな、そんなやりとり、ほほえましくて実によかったです。

『通勤通学クエスト』

同じ漫画が好きというので知りあった柏木と松島。社会人と女子高生という間柄ながら、友達のようなふたりの距離感は魅力的。と、そこへ割ってはいった新たな女子高生。ああ、柏木、ちょっと苦手なタイプですか? 学生のころ、キモチワルイといわれて傷ついてきた。その記憶がよみがえりつつあるというのですか。けど、ここでちゃんとクエスト発動させて、キモチワルイと言われない! 苦手克服しようとしたの、立派ですよね。

この漫画のいいところ、こうやって前向きに問題解決していこうとするその姿勢だと思うんです。今回も、カッシー、苦手と思いながらもぐいぐいくるのをしっかり受け止めて、会話を返して、ちゃんと仲良くなっていく。というか、この子、めちゃくちゃ余裕あって、年上みたいよ? ほんと、今回のやりとり。最後にマッツがカッシーにいうじゃない。気持ち悪がられた自分だけどそういわない最近の子は優しいっていうカッシーに、柏木君が成長したんだって。この認めてもらえたということ、評価してもらえるということ、その重み、もうたまらなかったです。ラストのコマなんかも最高でしたよ。もう、泣きそうになりますよ。

『とびだせT.O.Z』

宇佐美さん、可愛い期間は続く。今回はテストの結果が奮わなかった宇佐美。陸上に打ち込みすぎて勉強をサボってしまった……! でもスポーツ推薦組は成績なんかまるで頓着してなくて、一度はそんな風潮に流されそうになるものの、ちゃんと踏み止まったの、エラい! でも、おバカ系アイドルなんて望んでない! って。その方向性もまた面白可愛かったです。

先輩はどうしてるんだろう、聞きにいくのがいいですよね。でもまるで参考にならん! 20分の瞑想で完全回復する浅葉。そして阿部先輩、すなわちマナの兄! ほんと、なんで兄貴に聞きにいこうと思ったの!? 兄貴も兄貴で、後輩女子にいきなりしばってくれと要求! 事件になるよ!?

ここからのふたりの対話が非常にあかん感じで、きもっ、アブナイ人、正直引く。まあ、兄貴にはそういわれるだけの根拠はあると思うんですが、それにしても言葉に容赦がない。でも、そんな言葉に快感を覚えちゃうのん、兄貴!? いやもう、この苛烈に求める兄貴と、いくらなんでももう口を閉じようと必死に自重する宇佐美との白熱する対面! いやもう、ほんと、なにしとるのか。

宇佐美、兄貴に気にいられてしまいましたね。でもそれが原因で、兄貴のあのトレーニング、やめさせる同志になるという。うん、マナと宇佐美、さらに仲を深める、そんな流れができましたね。素晴しいです。

『大奥より愛をこめて』

スパイ疑惑で囚われの身となった蒔乃。間者ではないか? 疑われながらもその証拠は出ず、御台所からの助言もあって、ああいずれは無罪放免か? と思いきや、高橋は毒を盛れとご命令! いやもう、蒔乃、大ピンチじゃん。しかも悪いことに面会にきた菜々緒に、この人なら信じてくれるのではないか、自分のこと、間者であると、ロシアのスパイであると、その目的含め話してしまった。ああ、菜々緒殿、この言葉をどう受け取られた。険しい表情で去っていくその背はなにも語らず、見捨てた? 見限った? いや、あるいはなにかまた違う可能性を探そうと? ほんと、緊迫する展開に踏み込んでいきます。

蒔乃、この人、日本育ちでさえなかったのですね。ロシアはイルクーツクにて育った、その名もマキアベル。日本からの漂流民を父に持つマキは、漂流民の光太夫と知りあったことをきっかけに、より深く日本への関わりを深めていこうとする。で、その果てが、大奥に潜り込んで日本の内情を探ろうということだったというのですかー!

うん、無茶すぎる。バレたらそれこそ打ち首コースやん。

蒔乃の目的からバックグラウンドまで判明して、これからいよいよ佳境でありますね。ふさ姫の好プレーで牢を抜けられそうな蒔乃。でも、牢抜けはより立場を悪くしない? ともあれ、光太夫に菜々緒殿にと思惑の交錯する大奥に、蒔乃はなんらかの光明を見出すことがかなうのか。風雲急を告げる、ってな状況でありますね。

2020年9月28日月曜日

『まんがタイムきららキャラット』2020年11月号

 『まんがタイムきららキャラット』2020年11月号、発売されました。表紙は『おちこぼれフルーツタルト』。10月からのテレビアニメ放送開始を受けて、表紙をイノ、ロコのふたりが飾ります。ふたりの衣装、細やか華やか絢爛で、これ本当に素晴しい。こちらに視線を向けながら、ひとつのフルーツタルトをふたり一緒に食べようとしている、普通ではちょっとないような状況、これ、グラビア撮影かなにかなのかい!? まさに、この表紙のために撮影された写真、そんな印象がアイドルとしての彼女らにはよくよくマッチしていて素晴しいです。

今月は新作ゲストが2本です。

『星夢細工のシュトーレン』

本の世界に憧れて、その舞台となった街を訪れたりんご。この街にくればファンタジー世界の断片に出会えるのではないか、そう思っていたのだけれど、残念ながら現実には妖精も天使もおらず、かくして一週間の滞在は空振りのまま今日がもう最終日。そんなりんごがたまたま訪れたパン屋、そこで出会ったテンション高い女の子、ラズリィ。相当な変わり者? りんごとはまた違った方向に振り切れてる感あるこの子とりんご。天候の悪化で、この街でのもう一日をふたり一緒に過ごすこととなったっていうんですね。

そこで出会った星降りの街の情景。これはりんごひとりが見た夢なのか。あるいは、目覚めてすぐに報告にやってきたラズ、この子も一緒に見た夢なのか。そしてりんごに生えた猫耳。ここにきて唐突にファンタジー世界の断片に触れることとなったっていうのですね。

これ、りんごはしばらくこの街から離れられないのでは? だとしたら、ラズと一緒に星降りの街を旅したりなどするのでしょうか。いよいよ物語の動き出そうとして、そのうずうずする感じ。じわっとにじんでいい感じです。

『アニメのお仕事』

今日からアニメーターとして働くことになった橘優佳。アニメ会社SEALにいけば、先輩の高橋みのりから数日で消えないでねと釘を刺される……。教育係が厳しかったのだそうだけど、実際、こうやってすぐやめてしまうっていうの、よくあったりするのでしょうか。

優佳と同期になる新人、相川凪。なるほど、ふたりともに絵はうまいのか。むしろみのりがダメージ受けてるのだけど、ともあれ凪の実力は確かなもののようで、そんな凪のコンプレックス? この会社に所属するトップアニメーター、相川藍、姉に技量で上回りたい、そんな気持ちがあるのでしょうか。

仕事の前に課された課題。絵は描ける優佳だけど、トレスに40分かかってしまったというの、求められる技量が違うっていうことなのだろうなあ。そして、姉を意識するあまり描けなくなってしまっている凪の気持ちをほぐして、無事課題をクリアできたふたり。こうやって仕事を通じて、仲を深めていったり、切磋琢磨? 刺激しあって、支え、助けあって、そんな関係が描かれそうでありますね。

『精霊さまの難儀な日常』

最終回を迎えました。

光の力の影響から人間界を守るべく、海底へと身を投じたサラたち。危機に挑む過程で、4人の精霊たちの結束もより強くなり、またサラのともりへの気持ちもより一層鮮明になっていくそのくだり。大変充実して見事引き込まれるものありました。

封印の布をはずして能力を解放するシィル。対となる人間、ともりの大事なものを奪うなんて考えられない、自分の試練の成否よりもともりのことを大切に思い、問題解決に全力を尽くすサラ。この鬼気迫る感じ素晴しく、それだけに皆の到達した状況、大きなことを成した! そんな実感与えてくれるその後の描写も充実していたように思います。

しかし驚きました。対の人間から奪ってくる大事なもの。それってなんだろう。一緒に過ごした記憶なのかな? 大切な存在となっていた精霊との別れなのかな? そんなことをずっと考えていました。けど、それが思いっきり違っていて、というか、むしろそれ対の人間についてよく考えさせるための方便だったんですか、女王様!? びっくりしましたよ。けど、それぞれにちゃんと人より贈られたものを身につけていたこと、それが大事なものであるということ、ああ、この場面などしっくりときて納得感あって、そうか、そういうことだったんですね女王様!

まさかこれでともりとサラ、お別れになってしまうのかな? そう思ったものですから、数ヶ月を経て春の日、再会を果たすふたり。あの場面、本当に感動的でした。ショートカットのサラもまた素敵ですね!

『NEW GAME!』

素晴しい扉絵だ! というのはいいとして、コウ不在で急遽採用面接の面接官に抜擢された青葉です。ひふみとゆんも巻き込まれていて、と、なるほど扉の3人は急造面接官ってわけですな。りんも面接に立ち会うのかな? と思ったら、本当に青葉、ひふみ、ゆんの3人だけっぽくて、怖ろしいな! 青葉、ちゃんとできる?

ここからの展開。面接を受けにきた学生に、青葉、思いっきり就活生と間違えられてるじゃん! 学生さん、やたら青葉への距離が近くって、肝っ玉の太い子だとか青葉思ってますけど、いやいや、違う違う。この掛け違いが掛け違いのまま進行していくくだり面白かった。

このやりとり、意図せず面接みたいになっているのがね、悪くないなあって思ったんですね。ツインテールはないんじゃないか? ってことで髪を結ってもらってる青葉が、この会社を受けようと思った動機を問うてみたら、涼風青葉の名があがるんですね。それだけに、目の前の元ツインテールが青葉当人と判明するくだり。緊張しながら面接会場の扉を開いたら、そこにさっきまで髪を作っていた青葉が座っている! まさかの土下座! ツインテールをバカにして申し訳ありませんでした!!

自分のやったこと、その軽はずみに後悔する青葉の、きちんと詫びて、そして続けた言葉。その態度に余裕と自信を感じさせたこと。青葉の真っ直ぐに向けてくる落ち着いた視線に、就活生、水野あやも動揺から立ち直り、自分を取り戻していった、その呼応する様など、短いやりとりにピリッとした緊張と、伸びゆく強さ、瑞々しさ感じて、背筋のあらたまる、そんな感触覚えて刺激的でした。

この面接、青葉たちにしても好感触だったようですが、ということは今後、水野あやも仲間として一緒に働くことになるのでしょうか。だとしたら、どんなやりとり見られるのかな。なんか楽しみになってきましたよ。そんな好奇心もちょっと意地悪みたいですけれど。

2020年9月27日日曜日

『まんがタイムきららフォワード』2020年11月号

 『まんがタイムきららフォワード』2020年11月号、一昨日の続きです。

『観音寺睡蓮の苦悩』

林間学校の行き先を決めようという委員会に介入を試みた睡蓮。全学年同じ行き先にすべく策を弄したその目的はというと、ただ紫陽花、椿のカップリングを愛でたい、眺めたい、それだけなんだけど、まさかそんなこと誰にもいえるわけがない。というわけで、第1学年主任の東郷和代からやたら警戒されてしまって……、これは今後、後を引きますかね? 今回のラストの不穏な動き。あれなんかもここに繋がったりするんでしょうかね? とはいうものの、後輩の女子ふたりとその身内と、ファミレスで食事しながら林間学校の班行動について打ち合わせしていただけ。なにも後ろ暗いことはしてないわけで、これがなにか睡蓮に不利益に働いたりするのかな?

いやはや、さっぱりわかりません。

さてさて、今回はそうした不穏な動き、いったいなにに関わるのかもさだかでない動きが見え隠れしたりしているものの、新たな登場人物として椿にべったりの紫陽花妹、林檎が登場。これが重大トピックでありました。

このちんまり可愛い、やたら行動力ある系のお邪魔キャラの介入に、やたら振り回される睡蓮ですよ。というか、あんた、めちゃくちゃ打たれ弱いよな! 紫陽花、椿のカップリングに対し絶大な支持を見せるのはいいとして、なんらの介入があるたびにめちゃくちゃ動揺する! 牡丹の時もそうだったけど、今回もなのか。しかも今回は牡丹の時より問題? いやいや、そうなの!? ほんと、お姉ちゃんの友達大好き妹と普通に仲良し姉妹じゃあきませんのん!?

ひとり内心でうろたえて勝利宣言してまた狼狽してと、睡蓮の一人相撲。紫陽花のささやかな傷心と、しかし友情を知ってほころぶ気持ちの揺れ動き、デリケートでナイーブな描写を前にして、副音声で大騒ぎして七転八倒、盛り上げるというか力強くコメディに邁進するというか、その勢いったらありませんでした。

『桃ノ木家の四姉妹』

外出したい、遊びにいきたい。そういって騒ぐニノの訴えが功を奏して? 甚平さんの新車で紅葉狩りにいくことになりました。山ではニノの無謀さが光ったり、一葉の巻き込まれ体質も光ったりして、実に生き生き、楽しそうにしていたのですが、そんな中、甚平さんと、ええと、小白井由紀さんよね? ふたりの関係が気になったりと、いろいろ見どころ? 引っ掛るところがあったんですが、いやいや、もっともっと意味深なことになってるよ? ええっ、これ初出情報じゃない? 甚平さん、桃ノ木家の管理人、いわゆる大家だと思っとったら、四姉妹の叔父なの!? いやもう、ラストに驚きの情報? しかも、これを一葉は知らなかったというのだけど、いや、一葉だからなあ。もしやドバイのくだり、甚平さんとシキの反応など見れば、四女はなにか知っとるのか!?

などなど、思いもしない情報受けて、ざっと1巻から読み直してしまいました。ちょっと急ぎ足だったからだいぶすっとばしてしまってるけどさ、ほんと、かなり初期の頃から仕込まれていた人間関係みたいなのも見えてきて、この漫画、ぱっと見以上に入り組んで、込み入って、手が込んでるね? ほんと、ここからまさかラストに向かうのでは? なんて心配もしちゃったりして、いや、ほんと、もっとこの四姉妹の様子、読みたいですよ。だから、なんだろう、なにかしら動きがあるのは間違いないとして、その先も続いてくれたらいいなあ!

『限界ゲーム飯』

会社の同僚、佐藤さん。あさぎの仕事ぶり、華麗なタイピングに憧れなど覚えたりして、その目に映るあさぎの姿、花を背負ったりして、見事に美化されているというんですね。お話してみたい。お近づきになりたい。意を決して話しかけてみたら、あらあ、あさぎったら勘違いしちゃいましたね。自分の秘密、自分がゲーマーであるということ、バレてしまったのではないか!? あまりのあまりに気に病むあまり、自爆するかたちで白状してしまった……。

なんで、なんでそんなことに……。

と思ったけど、佐藤さん、ゲームに理解があってよかったじゃないですか。むしろ、佐藤さん自身がゲーマー。コンシューマーゲーじゃなくスマホゲーメインのゲーマーだというんですね。

でもコンシューマーにも興味があったんですっていうの、それ聞いて、早速佐藤さんのことお招きして、センちゃんにも紹介。ええ、ゲーム仲間が増えましたね。

今回は紹介って感じで、打ち解けるのはこれからでしょう。そんな彼女らのゲーム生活、それからゲーム飯。どんなのが出てくるのか、本当に楽しみ。とりあえず、佐藤さんもごはん食べながらゲームしてること判明して、ほんと、ゲーマー、食よりゲーム優先感がありますね。うん、ゲーム飯なんてテーマが成立するわけだ……。

『あいらいく俳句』

めちゃくちゃ面白い……。やたら憔悴しているおにぎりですよ。なにか悩んでいる? とりあえず保健室に向かったおにぎり。残されたカバンからは意味深なウィッグが出てきて、ああ、なにか病気なのだろうか……。心配するわびさび部面々なんですが、これ……、これ……、おにぎりが隠してるグラビアアイドルのあれだ……。

今回、最終的におにぎりの秘密が明かされることになるんですけど、それまでのやりとりがもう本当におかしくって、おにぎり、いやさグラビアアイドル三浦ななこの写真を見るたび、おにぎりじゃね? 指摘していくりんに、都度否定していくうさこ。このやり取り、何度も繰り返していくのが最高で、そしてここにおにぎりの悩みがある。仕事が落ち目で、このところつまらない仕事ばかり。そのしょうもない仕事というのが、おにぎりを励ますためにアメリカンドッグを作るわびさび部の前にちらほら出てくるんですよ! で、そのたびに、おにぎりじゃね? ってなる。というか、おにぎりさん、仕事は選ぼうよ! 本当に酷いのばっかりで、悩むのもわかるわ!

この写真、おにぎりじゃね? のくだりで、毎回否定しながら写真をコレクションに加えていくうさこも本当に面白くって、その写真がカムアウトしたおにぎりの前に陳列されるのも! ああ、おにぎりにしたら結構な恥ずかしめじゃなくって!? ともあれ、ちゃんと受け入れられて安心のおにぎり。すかさず抱き付いて欲望満足させるうさこ。あちらもこちらもきれいに決着見せて、一件落着、一安心のくだりでしたよ。

2020年9月26日土曜日

『まんがタイムオリジナル』2020年11月号

 『まんがタイムオリジナル』2020年11月号、発売されました。表紙は『ラディカル・ホスピタル』。テーマがナース? 医療? もう、山下さん、ベテランナースの貫禄たっぷりじゃないですか。そのポーズもかっこいい。その表情に余裕感じさせてかっこいいんですね。他にはドクターやってる『小森さんは断れない!』しゅりに、注射器持ったナース『可愛い上司を困らせたい』めぐみ。そしてちょっと昔風のナーススタイル『らいか・デイズ』らいかであります。しかし、今回の表紙、スタイリッシュ。単行本35巻の表紙の対になってるんですね、これ!

今月は新作ゲストが1本です。

『止まった世界の歩き方』

突然、時間の止まってしまったことに気づいた少年、山本圭太。時計も動かない。水道から水も出ない。外に出れば、塀から飛び降りた猫が空中に静止していて、まったくもって異常事態。

この状況、止まった時間の中で出会った女性、夜長香苗が引き起こしているというんですね。充実しない毎日が嫌になってタイムと夜空に叫んでみたら時が止まった。それ以来、ひとりで時間の止まった世界を楽しんでいたのだけど、ひとりだけではどうにも寂しい。それで友達を求めたところ、圭太がチョイスされた、ってことなんですね。

今回は、とりあえず状況の説明、シチュエーションを提示する導入といった感じ。これ、実際に時間の止まった世界でどのように遊ぶか、なにをするのか、どう楽しむのか、それが描かれると感じもぐっと変わってきそうですよね。

『おしかけツインテール』

昨今の事情を反映して? 今回、花梨たちはリモートでの勉強会にチャレンジするっていうんですよ。めちゃくちゃ緊張して照れている瑠璃がいいですね。どんだけ花梨のこと好きなのか。

これ、途中で気づいたんですけど、冒頭の四コマ、田の字に区切られたやつね、なるほどリモートの画面分割そのものなんだ! おおー、これはいいねえ。不思議と臨場感。花梨が見ている画面、そのものを見せてくれてるっていうの、なんかわくわくするものありますね。

さて、勉強会をやるの、集まってやるのとは勝手が違ってうまくいかないのかな? とか思ってたら逆なのか! むしろ集中しすぎる? 由利の感じてるツラさっていうのがおかしくって、そうか、真面目に頑張ってるんだな。できなくてつらいっていうけど、頑張ってるのはえらいと思うよ!

しかし、時間を忘れて取り組むものなんですね。門限とかない、バスの時間もない。それでやめ時を見失う。それを冷静に指摘する杏夏のクールさがよかったです。そして勉強明けの息抜き風景。由利はお菓子、瑠璃は入浴、っていうんだけど画面に映っとるとこで脱ぐのか! いやもう、大騒ぎ! こうした緊張が緩んでからの会話がまた見ていて面白かったです。

今回はリモートということで、コマに映る姿、それがリモートの画面そのものという工夫も普段の四コマとまた違うニュアンスあって面白かった。ちょっとした特別感があってよかったです。

『ネコがOLに見えて困ります』

ギャルネコから挑戦を叩き付けられるOLさん。テンションあげるギャルネコに対しクールに対処、回避するのかな? と思ったら、おおう、無言で家から抜け出す方策探してるぞ。

ミコト、いい飼い主ですよね。最近は家猫を外に出さないようにって意識が浸透してますけど、事故にあったりしたら大変でしょう? だからフェンスをつけたりして、脱走できないよう対策しているんですね。でも諦めない。考え込んで、脱出不能な状況にむーってしてるOLさんの可愛いこと。でもって、ついに脱出成功、はいいんだけど、ミコトが怒ることちゃんとわかってるよね? 悪いことしてるって理解してるよね? それでもやっちゃうところ、これがネコってやつなんだろうなあ、なんて思わされたのでした。

ギャルネコとの対決、これもネコならではの気まぐれさ発揮されて、ご飯の匂いにギャルネコへの興味まるで失っちゃってるじゃん! ぷらっと帰る気になったんだけど、脱出よりも帰宅の方が難しい。ほんと、兄貴の隙を見て滑り込むのな。このちょっとした冒険感が楽しいエピソード。ケンカも発生せず、平和に決着。いい結末でした。

『となりのフィギュア原型師』

めちゃくちゃ面白いな。原型が滝舘おこめ、デジタル原型は半藤! こっそり準備してたのか!? ともあれ、敬愛する滝舘おこめとともに作業できるの、半藤には超プレミアムだよな! 作業用のPCも、自宅から工房に移動させて、おお、桐山代表と半藤、ほぼ同居じゃんよ。もう代表が喜んじゃって、テンションあがっちゃって、君、小学生ですか! ってくらい半藤にかまってくる。ほんと、めちゃくちゃな喜びよう、小動物系のはしゃぎ方だよ。

この現場、斉藤がいるの、大きいですよね。ちょっと危険な匂いのする大人ではありますけど、プロとしての常識? 厳しさ? 社会人としての良識? みたいなの、一番しっかりしてるのも斉藤だと思う。今回も、半藤との関係考慮して厳しくあれない代表に苦言をいれて、ほんと、こういうシビアさ、いうべきことをいうべき時にちゃんというというその姿勢、かっこよかったですよ。そして代表も斉藤にいわれて考えなおすの、きちんと全ボツ伝えて、よりよいもの作っていこうっていい笑顔見せるの、すごくいいなあ、この流れ! ええ、仕事四コマであり、ちょっとした成長もの? っぽいニュアンスもあるという、この展開、この流れ。ほんと、魅力的でありました。

あと、それと、最後の意味深トーク! あらー、代表。いつもとはちょっと違った表情に、やっぱり大人なのだねえ、そんな気持ちになりました。

2020年9月25日金曜日

『まんがタイムきららフォワード』2020年11月号

 『まんがタイムきららフォワード』2020年11月号、昨日の続きです。

『球詠』

ヨミのホームランを受けての皆の反応。もう、誰もがあっけにとられてる、というか、魂抜けてない? ダイヤモンドを一周して、ベンチに帰ってきたヨミを無言で迎え、というか、迎えてもいないよね? 白菊とかあらぬ表情よ? でもって、球姫が動きだしたらみんながうわーってくるのね。めちゃくちゃ面白い。ヘルメットかぶせてべしべし叩いて、打率1割に乗ったんじゃないのか!? この発言に、ピッチャー日高凪が傷つく!

そして凪、バッターボックスの希に意識を向けると、そこには涙目の希が! ほんと、この反応、めちゃくちゃ面白い。なんともわからんお祭り騒ぎ感があって、これも練習試合ならではなのかなあ。思いもしないイレギュラーが招く動揺、狼狽、そのわいわいとした賑やかさが最高に面白かったです。

と、ただ面白いだけでなく、凪と希の対話とかね。おお、凪さん、希に名前を覚えてもらえましたね。嬉しそうにしてるその表情がもうおかしい。さらに、いってみたかったセリフ、全国で会いましょう。おお、クールぶってるよ! めちゃくちゃ可愛いな。この約束、果たされるといいですね。その時には双方万全の態勢でもって勝負できるといいですね。ええ、いいライバル関係が生じました。

後半の、白菊の家に集まっての勉強会。ここでの情景も面白かった。というか、ヨミさん、優等生だな、キミ! そんなヨミの打撃練習。そこでの球姫との会話も、野球のこと、ふたりの関係のこと、含蓄あって本当に魅力的。光のこと気にしてるヨミ、いいよねえ。それから、球姫が見せたヨミの顔真似! ほんと、予想もしないところに、想像もしない面白み放り込んでくるの、最高だったと思います。

夢喰いメリー

今回、大増量56ページですか!? 無茶するなあ! と思いながらも、白儀「本能」を倒したメリーからその後を託された夢路の逆転劇、そして決着までを途切れることなく一気に読むことのできるという格別のはからいではないですか! ほんと、ゆるむことなく、たるむことなく、夢路の、そしてメリーの活躍を堪能して、ああ、ふたりの戦いがいよいよ終わろうというのですよ。

正直、どういう気持ちになるのだろうと思っていました。思いもしないものを幾度も見せてくれたこの漫画。だから白儀との決着においても、きっとあっと思わされるようなことあるのだろう。そう思っていたのですが、意外やむしろ驚きよりも納得の気持ちが大きくて、そうだ、そうだった、今まで語られてきたことからすればこうなるのが当たり前だなって、すとんと落ちるものでした。これまで必死に戦ってきた夢路も、ただ目の前の相手をぶちのめして、ぶっ倒して、退場させてはい終わりなんてやつじゃないってこと、改めて思い知らされて、そうだ、ずっと夢路はそうだったじゃないか。あるべきものをあるべきところへ返して、暴力や力で物事を押し通すのではなく、とても穏かに、悔いも憤りもわだかまりもすべて押し流された美しさのうちに、そっとすべてを決着させた。そこには、なにか相互の信頼さえあった、そんな確かさが感じられて、清々しい思いのうちに読み終えたのでした。

しかし、あの見開きの2連続とか、渾身でしたよね、ぐっとくるなんてもんじゃすまなかった。力強く揺るぎない。そんなふたりの関係が、その絵でもっても伝えられてくるようで、ほんと夢路は、『夢喰いメリー』は信頼を裏切らないわ。ここからの展開、見せ方も本当に爽快で、読み進めればこれまでの鬱屈が押し流されていくかのよう。そうか、これがカタルシスか。もう本当にしてやられた感! あっぱれってやつですかこれ。この時の感覚、最後に白儀の辿り着いたのも、こういうものだったらいいよな! そんな感触。ええ、それくらいラストの白儀、いい表情していました。

『ちょっといっぱい!』

やっぱりエリカ、面白い。いままでこはる屋にはいなかったタイプ。給金もらって、喜んで、そして気持ちはどんどん前向きになっていくんですよ。

今回はもみじに弟子入り志願? 料理にチャレンジしたいっていうんですが、普段料理は? と問われて、全然! おおう、キミのやる気はいいとして、その自信みたいな向こう見ずはどこからくるんですか。でもすごく気持ちがいいですよね。店長からイモを託されてからも、できないなりに頑張って、失敗してちょっとくじけたりもしたけれど、それでも最後には頑張ろうという気持ちを復活させる。そこでもみじが見せたもの。エリカのこと励まして、その気持ちを後押しするの、ああ、これまでもみじが失敗したり迷ったりしてきた、そのたびに皆の助けを受け乗り越え、成長してきた。その成長の様が、先輩となったシチュエーションに発揮されるというのですか。エリカの登場、それがもたらすもの、その意図するところが端的、明確にされた、そんな描写でありましたよ。

タイプの違うふたり。でも、ほんとにいいコンビになりそう。そんな予感させる描写の連続。あのエリカの手をとるところなんて、最高でしたよね。

『スローループ』

今回、すごくいい。作文コンクールで入賞したふたば。けれど全校集会で発表するのはこわい……。迷いの消せないふたばのこと、知らず励ましていたというひより。その組み立て方がすごくうまくって、自分のやったことのない釣りに挑戦しているひよりが語ったこと。その思うところがふたばに響いていたんですね。いろいろ経験し、見聞広めて、新たな地平を開いていきたい。そうした姿勢、それこそは勇気であるのかも知れません。

文化祭でのいろいろ。小春の展示のヤバさもなかなかに面白いんですが、その隣りで喫茶店やってるひよりの思ってること、それがまた面白くて、だよねえ、サバサンドを売りにしてるのに、隣にはアニサキスの模型が展示されてるんだよ!? 営業妨害すぎる……。って、ほんと、確かにそのとおりですよね。

この喫茶店に、ふたばがやってきて、すごくいい笑顔でがんばれましたって報告してくれるの。もう、それだけでなにがあったかわかるじゃないですか。しかも、いい結果を出したんだろうなあ! 手応えもあったんだろうなあ! 描かれていないことさえも、ありあり目に浮かぶかのよう! ほんと、これは組み立ての勝利ですよ。すぐれた描写で、絵にして描かれていないこと、ふたばの気持ちの変化、迷いを抜けた時の晴れやかな表情、そして頑張りの果てに得たもの。それらが本当に雄弁! ええ、いい物語でありました。充実。

ひよりの和装給仕姿が可愛いとか、藍子さん大ピンチとか、ちょっと書く隙がなかったので、最後に無理矢理書きました。最高です。

2020年9月24日木曜日

『まんがタイムきららフォワード』2020年11月号

 『まんがタイムきららフォワード』2020年11月号、発売されました。表紙は『はるかなレシーブ』。最終話を迎えて、堂々の表紙登場でありますね。描かれるのは、はるかとかなた、主役のふたり。ひとつのチームとして戦ってきた、ふたりの絆を感じさせるといいましょうか。揃いの水着、そして手と手をとって、ぱっと笑顔を見せるはるかに、ちょっと戸惑い? 虚をつかれたみたいな? そんな表情見せているかなたが対照的であります。

今月は新作ゲストが2本です。

『おにのこひとのこ』

面白いですね。びっくりするほど緩い絵柄で、人と鬼の同居コメディを展開していくんですが、その鬼ってのがいいキャラしていて実にいい。帰ってきたばかりの主人公、憂に、あと1勝で5連勝! とかいきなりいってくるこのテンション! なんか、お母ちゃんに嬉しそうに今日のこと報告する子供みたいな感じがあるな。

ネット対戦しているの、ヒトの子を蹴落すのが楽しいとか、24時間誰かをいたぶれるとか、不穏なこといってますけど、まあ、こういう感じでプレイしてるの、わりといると思いますよ? でもって、自分以外にも駄目人間がいっぱいいるって安心している憂、こういうプレイしてる人間も、まあいるんじゃないかなあとは思う……。うん、どっちかというと鬼の方が健全ですね!

しかし、鬼の子、愉快というか茶目っ気があるというか、明るい楽しい、いいやつですよ。ちょっとわがまま、けど根っから悪いとかそういう感じでもない、愛玩系鬼だよなあ、とか思ってたら、憂はそれ以上の暴走的感情を鬼に対して抱いてたーっ! やべえ!

ふと覗いた憂の感情の闇にビビる鬼がおかしくて、けどなんだかんだでわかりあえてる風もあって、いい感じに落ち着いたじゃんとか思ってたら落ちに角煮! 思いもしない終わり方、これ、意外性も勢いもあって面白かった。憂の不穏な内心、それが見事に効いていましたよ。

『姉妹を卒業して恋人になります』

おお、姉妹百合というやつですか。中学の卒業式で、妹から告白された姉。なんとまあ、姉自身は満更でもないどころか、むしろ願ったり叶ったり。自分の願望が向こうからやってきた、ってなもんで、いわゆる鴨葱シチュエーションみたいですね。でも、私達は姉妹だと、人からどう思われるか、そうしたことを気にして一旦は断わって、でも、妹の押しの強さに負けたって感じですね。

積極的にイチャイチャしようとする妹と、及び腰の姉。基本、他から変と思われたくない、常識の枠内にあろうとしている、そんな感じですよね、姉。そんな姉が、妹にまたまた押し切られて、そして母に現場を目撃されたもののやたらと理解のある母ですよ! 今はそういう時代なの? あなたたちがしあわせならオールオッケー!

めっちゃものわかりがいい!

母に認められたのが大きかったんでしょうね。自分を縛る外聞というのがひとつなくなったものだから、もう躊躇する必要もない!? 自分の感情、思いをこれでもかと押し出して、主導権逆転させる姉ですよ。この、イニシアティブの移行、優勢劣勢の転換にこそ、この漫画の見せたいものはあったのだろうな。そう思わせる姉の表情。逆に戸惑いを見せる妹という、この転換。こここそが山場、見せ場でありますね。

2020年9月23日水曜日

Fit Boxing 2 —リズム&エクササイズ

 先日のNintendo Direct miniで発表されるやいなや話題騒然! モンハンですか? いえいえ、違いますよ。おうちで爽快エクササイズ、『Fit Boxing 2』であります。正直、私も驚きました。まさか続編がリリースされるとは! そういえば先日、『Fit Boxing』についてアンケートとかとっていました。今から思えば、続編をリリースするにあたって、重点の置きどころを探り、また改善点を知ろうという試みだったのでしょうね。そのためあってか、新作に対する不安が出るたびに、公式情報から不安が打ち消されるという好プレーが見られて、ええ、発売される12月がもはや楽しみとなっています。

前作、『Fit Boxing』、今も継続しています。もう500日になるくらいでしょうか。それだけの期間、どれだけパンチを打ってきたか、どれだけカロリーを消費したか、そして3日ごとの計測による体重の記録……。正直、それらを失うのは惜しい。はたして記録の継続はできるのか!?

おそらくFit Boxerが最初に気にしたのは、このデータの継承だったのではないかと思います。2が出るのは嬉しい。けれどデータの持ち越しができなかったら残念……、そう思うプレイヤーに対する答えがすでに紹介ムービー中に用意されていたものですから、本当にイマジニアはわかってるな! そう思わせるに充分で、ええ、前作のプレイデータを引き継ぐことができる! もう、これがわかった時点で購入決定でしたよね。

嬉しい機能は他にもあって、苦手なアクションを除外できるの、これ地味にありがたい。というのも、ちょっと膝が痛くなることがありまして、ダッキングやウィービングの負担でしょうね、それで痛みがなくなるまで10分コースで回復をはかったりしていたのですが、新作だとダッキング、ウィービングをオフにすることで、いつものとおり25分コースをプレイすることが可能です。

また、この除外機能、集合住宅で夜間にしか運動できないという人にとっても有効で、ステップを除外してしまえば常に足が接地するようになるわけですから、騒音問題も解決だ!

その人の置かれている状況、環境に対応できるのは本当に嬉しい。これ、おおいに期待している機能です。

他にはデイリーで、いつも通り、軽め、重めから選んでプレイできるようになるのもありがたい。毎日やるとなったら疲れてるとかそんな日もあるじゃないですか。そういう時に軽いを選べるのはいいですよね。これまでは、軽いの出てくれよーって祈って、それで上級とか出たら天を仰いでプレイするか、デイリーの目的変更でメニューがリセットされるのを利用して軽いメニューセットにするとかしていました。2ではそういう姑息な手段がいらなくなる! 今日は疲れてるから軽めにする。今日はがっつり運動したいから重めでいく。そうしたリクエストができるのは本当に便利だと思います。

後はどんな曲が入ってるか、それが楽しみですね。一応、収録曲リストも公開されてるのですが、タイトルだけ書かれてもまあ知らない曲の方が多いわけで! ええ、実際にプレイしてみるその時を楽しみにしたいと思います。

2020年9月22日火曜日

『まんがタイムきららMAX』2020年11月号

 『まんがタイムきららMAX』2020年11月号、昨日の続きです。

『旅する海とアトリエ』

日本に帰ってきた海。日本にきていたエマとマリアを招いて久しぶりの日本の日常を満喫しているのですが、その表情はどこか憂いを帯びていて……。というの、そうですか、写真の海を探していたこと、その根本に疑問を抱いてしまった。写真の場所が見つかれば退屈な人生が変わるかも知れない。なにも自分から変えようとしてもいないのにと、そんな思いを抱えてしまっていたというんですね。

そんな海に答えたエマとマリアの言葉にほっとさせられたのは、どこか海の悩みに共感するところがあったからかも知れません。自身抱えている虚無に、それを成長と呼んでもいいですか……? エマの答はどこか慰撫してくれる響きがあり、けれどこれはただ慰めとして受け取って、そこに安穏とすればよいというのではなく、続くマリアのいうように、自分から夢中になれることを探さなければ意味がない。

ええ、慰撫し、そして前向きになれる、そんな言葉。海にとっていい贈り物になったのだと思います。だからこそ、海が見つけるだろう夢中になれるなにか、それがどういうものになるのか、見届けたい、そんな思いにもなるのでしょうね。

『みわくの魔かぞく』

ミラの母の記憶。夢に見る母の姿、その声に、はたしてミラはなにを思うのだろう。

そう思っていたらですよ、ああ、これこそが母が愛娘に残したメッセージ、そのものだと判明するそのくだり。感傷的で、また感動的で、カセットテープから再生される母の姿、その声に、ミラはどんな思いを抱いたのだろう。はっきりとわかるようには描かれなかったけれど、それだけに広く、深く、幅も奥行もある、そんな受け取り方ができたように思うのです。

ミラとともにあって、涙を零したまい。そんなまいにお礼の言葉を口にしたミラ。しんみりとしながらも、カラリと明るさをもって日常に戻っていくそのふたりの様子を見れば、これまでどれほどにミラが母のことを思ってきたか、どれだけ考えてきたのか、それもわかるように思われて、ええ、今回描かれた一連のこと、思い出、祖母ミサとのやりとりも、最後のミラの感情の落ち着く先へと流れつくように思われたのですね。

そしてミサの感傷についても思わされて、孫娘が見る映像に、もう会うこともかなわないありし日の娘の姿を見て、その時見せた表情。ああ、これもまた切なさ感じさせて、娘のミラとはまた違う、そんな思いを抱くのだろう。私にはついぞ思いも届かない母の胸中、その深淵にしみじみ感じいるものありました。

『私を球場に連れてって!』

ホワイトキャッツにマジックナンバーが点灯。マジック11となって浮かれるレオナと猫子。口では、かつてマジック点灯後に逆転されたトラウマがみたいなこといってるのに、どうしても浮かれる、調子にのる。ほんと、今回はレオナのあかんところがてんこ盛り。ファル子にもアルバトロスファンの先生にも、これでもかと煽っていくのな。クラスの黒板にマジック11と書いてみて、ファル子と低レベルの争いしてみたり、小学生でもしませんよ、タマがそういってたしなめるんですけど、小学生の猫子も同じことして照といがみあってたり、ほんと、マジック点灯はこんなにも野球ファンの心を乱すものなのでしょうか。

猫子ですよ、猫子。8年前のキャッツの悲劇。それを回想するくだりで、当時1歳の私は憎みました…、この世の全てを…、って嘘だろお前! でも、こうやってしれっと記憶改竄しながらしゃべるの、実に熱狂的ファンらしいしぐさとも思われて、面白かったです。

面白かったといえば、油性ペンで顔にM11と書かれたファル子ですよ。レオナ、ひでえことするな! ってなもんですが、怒るファル子が方言丸出しで、これがまた可愛い。人の不幸を喜ぶのはよろしくないけど、可愛いのはしかたなかった。しかたなかったのです。

2020年9月21日月曜日

『まんがタイムきららMAX』2020年11月号

 『まんがタイムきららMAX』2020年11月号、昨日の続きです。

『妖こそ怪異戸籍課へ』

怪異戸籍課の仕事は危険と隣り合わせ、とは初回からいわれてたことでしたが、今回、のっけから危機的状況ですよ。手術台? にのせられて、脳を引っこ抜かれようとしている山本睦子。手足も拘束されているこの危機をいかにして脱するのか? 仲間の帝華はネズミに夢中で役立たず。いよいよ極まったこの状況。さて、睦子、どう切り抜ける!?

まさかでしたよ。フランケンさんと呼ばれたモノクル無表情系お姉さん。マッドな眼鏡女子サイエンティストいわく、私の命令しか聞かないという彼女が、戸籍と聞いてあっさり博士を裏切るのな。というか、全然いうこと聞かんじゃないの。その後も何度も博士、昏倒させられて、フランケンさん、それ生みの親ではありませんの!? あんまりの粗末な扱いがもうめちゃくちゃ面白かったです。

このマッド眼鏡幼女サイエンティスト、シュタイン博士、この人も普通の人間ではないのか。肉体改造で200歳を超える長寿命、まだまだ生きそうな勢いですが、いや、ちょっと待って? 博士、見た目ほど若くないのはわかったけど、まさか女子の見た目で中身は男とかじゃないよね? いや、それはともかく、戸籍登録と平穏な暮らし、それが彼ら怪異の者にとってどれほどに価値のあるものなのか、フランケンの反応、その言葉からもよくよく感じられたエピソードでした。

しかし、相棒の帝華、守り刀の骨食、どちらも睦子の危機に駆け付けることなく、もしあそこでフランケンの介入がなかったらどうなっていたのか? フランケンの予測では、戦えばどちらも無事ではすまなかった……。ということは、本当の本当の危機だったら、あそこからでも逆転の目があったのでしょうか。だとしたら、睦子、ほんとはほんとにすごい人なのかもですなあ。

『こみっくがーるず』

琉姫さん、学内でえらい噂になっとるんですな。美人だ、素敵だ、憧れる。そうしたポジティブな噂の影に、いやらしい言葉を発しながら校内を練り歩く……。えらい噂があって、それを聞く美姫も即座に否定はできないっての、姉として、いやさうら若いお嬢さんとしてはいかがなものでしょう……。

噂の真偽を確かめようと、上級生の校舎に向かった美姫とくりすが面白かったです。くりすに目立たないでとジャージ押しつけてる美姫を見つけたかおすと、そんなかおすを逆に見つけた美姫、くりす。お互いにかわいいかわいい思ってるのが面白かわいかった。

でもって、るきさんをのぞく会! 美姫、かおすペアがリンクしていて、ほんとに可愛い。そして琉姫の真実がついに露となったあの瞬間! 噂、根も葉もあるじゃん! とりわけ誇張もされてないじゃん! ほんと、琉姫さん、大丈夫なのか。いやほんと、あらぬ姉の行状を見て、美姫が心配するのもわかります。

でも、ちゃんと寮の皆も、妹の美姫も琉姫のこと、理解しようとつとめて、心配して、いたわって、そしてなにより翼がよく琉姫のこと見ていてくれてというのもわかった今回。美姫、くりすの、琉姫にかけた言葉、完璧じゃない琉姫でもいい、そんな言葉もとてもよかった。無理して作られた琉姫を、憧れのフィルター越しに見るのではなく、ありのままに見て知って近くあろうとする下級生のその気持ちがよかったですよね。

2020年9月20日日曜日

『まんがタイムきららMAX』2020年11月号

 『まんがタイムきららMAX』2020年11月号、昨日の続きです。

『エンとゆかり』

エンが弟子入りすることとなった剣の教師。見た目にも普通ではなく、これ、鍵の魔物とかの同種だよねえ? 実際、途中、エンの剣の強さを目の当たりにして、こんなの受けたらコインになってしまうところだったなんていっちゃってますよね。なるほど、無害な魔物もいるのだなあ。

教えるまでもなく滅茶苦茶に強いエンを前にして、剣を手にした場合のみ強さが発揮されるという特色を逆に活用して、なるほど剣に似て剣ではない、そうエンに思わせる得物を出してきたというのですね。はいいとして、チキンブレイドとはなんなのか。実にわからん物品で、なるほど宴会用の盛り上げアイテムなんですな。ともあれ、これでエンの能力は封じることができた。あとは普通に教えていくだけ、というのですが、剣の師匠もいろいろ探り探りでありますね。

今回のエン、持ち前の天真爛漫をこれでもかと押し出してきて、めちゃくちゃに可愛いわけですが、過去の記憶がないということにまるで頓着しない、その彼女の思っていること、それが言葉になるその時の持っていきかた、エンの脳裏に浮かんだいろいろ。それがもう素敵でね、ええ、エンさん、いい縁のもとにいらっしゃるんですな。屈託なく笑い、今が楽しいというその様子、素晴しかった。

『のむラリアット』

顧問が約束していた練習試合。本当に組んできた。しかも結構な名門、宿新高校。約束を守ってくれたというので一年からの支持は爆上がりしてるわけですが、なにか企みがあるはずと警戒している部長。ああー、なるほどなあ、つきあいが長いというのはこういうことだな。

宿新高校、ここもまた個性的な選手が揃ってて、なるほどこれが部のカラーか。見た目にも力を入れていて、練習に全力、おしゃれにも全力。興行的要素も大きなプロレスにおいて、この両立は結構な力となるのだろうなあ。また宿新高校の先輩? 指導力も優れてて、翼以外は初心者だろうと気の緩んでる一年生に、叱りつけるでもなく気を引き締めるのな。これ、すごいと思う。あくまでもなごやかに、当たりも柔らかく、それでいてしっかり真剣にさせる。こういう指導が当たり前になってるところは、そりゃ強くなるんじゃないか。萎縮とかないんだよ? 理想的環境の一旦を見せられた気がしました。

対して梟池はヤバいな。緊張している桃に青井がしたアドバイス。桃は根が素直だから、喜んじゃって、いわれたとおりのことやって、みんなはポカン、青井だけが大笑い。酷い……、酷い先輩があったもんだ。宿新のスマートさがあっただけに酷さが極まってる! と思ったら、ここからまさかの場外乱闘の同士打ち! ほんと、この展開、めちゃくちゃ面白いんだけど、青井先輩は自重してください! 先輩なんですから、もうちょっと普通にしてください! 恵の心労、いかばかりか、でありますよ。

『初恋*れ〜るとりっぷ』

そら、ついに新たな局面へと進むことができましたね。

先生からもらった思い出の切符をなくしてしまったことにショックを受けて、落ち込んで、取り乱して、そしてひとり俯いて、それがよくないとはわかってるんだけど、気持ちの整理がつかないっていうのもよくわかるんです。でも、たとえそれが大切な思い出のものだとしても、今一緒にいる時間をこうして台無しにしてしまうのはよくないんじゃないかな。そう思っていたものですから、猫の島をめぐって、自分ひとりの時間を持って、泣いて迷って考えて、その果てにそらの辿り着いた結論。それが本当によかったって思ったんですね。

切符は使ったら回収されるもの。そらの中でついに、先生の切符がきっかけとなってはじまった旅は終わったんですね。そして今度は自分のうちから生まれた気持ちを切符にかえて、新しい旅に向かおうとする。ええ、いい境涯に辿り着かれましたね。かつて先生から受け取ったものを、今度はそらから先生へとお返ししていこうという、そうした新しい関係のベクトルの発露も感じさせて、ええ、新たな旅路、そこで見る光景、そこで出会えるものはいったいどういうものとなるのか。

期待もまたふくらんでいくのです。

2020年9月19日土曜日

『まんがタイムきららMAX』2020年11月号

 『まんがタイムきららMAX』2020年11月号、昨日の続きです。

『いのち短し善せよ乙女』

今回、杏エリカはお休みなのか。しかし、エリカがいなくても普通に話進むな。乙女はエリカなしでも善行アイテム呼び出せるし、むしろエリカの干渉? 横槍? がないおかげでスムーズでさえある? いや、違うな。いつも別にエリカは邪魔はしてなかった! 特になにもしていなかっただけの気がする!

エリカ不在の中、乙女のミスで記憶なくした婆さんを助けることになるんですが、途中警察でデモニカと遭遇。というか、デモニカ、警官のおっちゃんにメシたかってるの!? しかもなにかしら展開に影響するのかな? と思ったら、ほぼなんも関与しないしー! この漫画、天使だ悪魔だと、それなりに対立する勢力が表に出てきとるのに、ふたりともなんかいなくても普通に話進むんだな。これ、杏エリカのピンチじゃないのか? 君がいなくても、乙女、ちゃんとやっていけそうやぞ?

この漫画のいいところといいますか、これまでに登場した人たちが、それなりに薄く関わりながら物語の展開に力を貸してくれるところですよね。デモニカもそうだったのかも知れん。石谷さんは間違いなくそうですよね。そしてポリスのおっちゃん! この人、有能やな……。ほんと、皆の力が乙女のもとに集まっていい話で終わろうというその瞬間、エリカがぶち壊しにしていく! ほんと、エリカ、君、存在のピンチやで!

『瑠東さんには敵いません!』

うぬぼれメガネ、めちゃくちゃ可愛いな……。基本可愛くて、デフォルメ可愛くて、そして表情豊か可愛い。和村千紘のそうした表情を引き出すのが瑠東さんってわけですが、秘密の関係、皆には内緒の交友関係、というのだけど、なになに? なんか、瑠東さん、訳有りなのか? なぜ千紘に興味を持つにいたったのか。ただ、飾らなくてよさそうな相手として選ばれただけじゃないんじゃないか? そんなこと思わせること多々あって、だって、自分が自然体でいたいだけじゃなく、千紘のこと観察しまくりじゃない!? さらにはやりすぎちゃって、千紘のこと怒らせちゃった? そう思って、しょんぼりしたの、なかったことにしたかったみたいだけど、違うじゃん! 絶対、ほんとは動揺してたじゃん!

この漫画、瑠東に振り回されて、気持ち揺れ揺れの千紘というのを押し出しながらも、実は必死なのはしれっと余裕見せてる瑠東の方じゃないのか!? そうした笑顔の奥に隠された気持ち。それがすごく気になるんですね。ええ、すごく気にさせるんですよ。

『ぬるめた』

うでマシンガン! くるみの趣味がわからない! いや、小学生男子みたいなもんか。そうだな、小学生男子みたいなもんだ。けど、くるみさん、たとえ弾が出ないとしても、銃器のかたちをしたものを人に向けてはいけませんよ。

なのでさきなの動揺は正しい。けど、やっちゃいけないことだったって後からちゃんとくるみが気づくの、それで泣いちゃうの、うん、さきなのいうようにメンド臭いんだけれど、考えたらちゃんとわかるのがいい感じ。考えなしに動いて、後から気づいて、それで気持ちが右往左往するみたいな、浮いて沈んでの緩急。空回りではあるんだけど、それでこんだけ漫画が展開していくの、キャラクターの個性もしっかり出るとこをもっても、コメディのよりよい見せ方って感じがして好感触であるんですね。

そしてちあきとしゆきの側もなんか面白い。しゆきさん、名前をちゃんと覚えられてないこと発覚ですよ。ショック! でも、その後のしゆきのアプローチ! 互いに微妙にブレーキかからんふたりですよね。ほんと、序盤ではなんか優位的状況にあると見えたちあきが、ことしゆきとなると情勢が変わる。というか、しゆきの関わり方、それがアレすぎんだな。いやもう、漫画じゃわりとアリに描かれるようなことがここまで拒絶されるの。うん、いいな。なんかちあきの人のありようがわかる感じで、しゆきに関してはやりすぎない程度にやらかしてくれるといい感じです。

『ななどなどなど』

そうか、小町ちゃん、補習なんか。つうか、テストあんなに駄目だったのに、ばあやさんにもあんなに怒られたのに、全然勉強してへんかったんか。あの、学校で床に転がってダダこねてるの、めちゃくちゃ可愛いんやけど、ほんと、なんか感情自由に表せるようになったねえ、小町ちゃん。友達ができたの、ほんとよかったなあって思うわけですよ。

でも、補習にはその友達がいない! ほら、だから勉強したらよかったんやん。補習には球技大会で登場してきた、なにやら小町ちゃんと因縁ありそうな彼女もいて、この子、宮前このみ、なるほど、小3の頃のご学友。500円玉に目がくらんで小町の家来にされていいように使われてたのを恨みに思っているのかな? これ、小町ちゃんのことずっと見てきた今だからこそわかるけど、小町にとっては愛情表現で、ほんと歪んでるなこの子、でも一般的にはこれイジメみたいに思われてもおかしかないし、調子にのってると思われてもおかしくない。そうか、これが小町ちゃんの人生の転換点でもあったんだねえ。

今回、このみと小町、結構いい感じにやりあえてたと思ったんですけど、小町にとってはもう本当に必死だったんですね。それだけこのみの言葉が効いていた、ってわけでもあるんですけど、これでこれからの2週間、小町は大丈夫なのかなあ。とか思ってたら、このみ、むしろ小町ちゃんのこと大好きじゃんか。小町が金の力とかでしか人間関係を構築できなかったように、この子にはリア充という価値観がいびつに絡みついて、普通にやればいいことを迂遠にしかできないっていうんですね。

思えば、小町の周囲にいる子たち、みなどこか不器用で、るるはともかく、萌もでしょう? 自分の本心、歪んだかたちでしか小町には伝えられていない。ええ、この子たち、いつか皆がそれぞれに素直な自分をあらわせるようになったらいいですね。そうしたら、きっともっと簡単に、スムーズにものごとは運ぶんですよ。ななどがいい取り持ちしてくれるの、そこに期待したくなりますね。

いや、このみについては、小町もこのみも、自分で頑張らんといかん気がするよ?

2020年9月18日金曜日

『まんがタイムきららMAX』2020年11月号

 『まんがタイムきららMAX』2020年11月号、発売されました。表紙は『ご注文はうさぎですか?』。10月からアニメ第3期がはじまるということで、表紙&関東カラー。花咲く庭? 散る花びらを纏うように踊るメインの5人の姿であります。いや、踊ってるのはもしやシャロだけ? でも、両手でちょいと持ち上げられたスカートに、それぞれのイメージカラーの花びらが彩りを添えて鮮やか。ハイキー気味の画面が、これから彼女らが向かう先の明るさ、光に溢れる様を強調して、またこれも鮮烈です。

今月は新規ゲスト、読み切りが3本です。

『150の恋事情』

めちゃくちゃ面白いぞ、これ。ゲスト1話目で主要登場人物の紹介ばっちり片づけて、その関係性、やらねばならないことなどなど、きれいに整理しつつただの説明になっていないその見せ方。うっまいなあ。絵もきれい。コマの割り方、うまく工夫して、見せるところはよりよく見せる。キャラクターも、主要人物は3人かな、それぞれ個性をきっちり押し出して、とりわけ主人公のダメキューピッド、150号の天ノ矢依恋、この人のアカンところもばっちりばっちり描かれて、あれ? いや、でもおかしいな。なんか、依恋のいってること、わりと共感できてしまう……。これ、駄目な流れ?

これ、チャラ男と呼ばれてる彼の扱い、それがどんな風になっていくのかも気になりますけど、お堅い優等生、222号の白兎つつじ、この子の動向、これが気になります。だいたい今回ですでにだいぶ崩れてきてる。その崩れっぷり、人間臭さ? いや人間じゃないけど、そういうのがどんどん出てきそうなのが楽しみで、あとこの人、人じゃないけど、おつじが依恋のことどう思ってるかなどなど。見どころいっぱいですよ。

『おしかけリブート』

将来、世界の存亡に関わる存在になってしまう主人公、不動エイに関与し、未来を変えるべく現代に送り込まれてきたキュウ。え? エイが命を狙われるのかな? と思ったら、そうではなくて結婚するのだそうでして、なんで? キュウがエイと結婚することでなにがどう変わるというのだろう。疑問に思っていたら、結婚という行為がそのまま人類滅亡の未来を回避させるというわけではないのですね。いずれバケモノになってしまうエイの、その変質のきっかけとなった薬品、それを飲むことのないよう一生つきっきりで守るというキュウ。それほどまでに人類の未来を考えて……、と思ったら、なんかこれ違うな? なんか違うぞ?

ちょこちょこ肩透かしがはいるところ、これが面白かったですよ。

こうくるだろうなと思ったら、なんか違うことになるの、その差し込みが面白かった。足をくじいたキュウをおぶるというエイに、ありがとうと感涙しながらのパロスペシャル。なんで!? 絵柄もまたコミカルなテイストにマッチしてますよね。でもって終盤、エイの人生の岐路にかかる開発中の薬品の出どころ、それがあからさまに提示されてきて、ああ、これは確かにキュウがエイにつきっきりになる必要あるわ! 納得させられたところでさらなる展開を積んでくる?

ええ、思ったような結果となるのか、あるいはここでも肩透かしが発動するのか。その答は次回を待たないといけない。ええ、なんかひどい目にあわせてくれそうでわくわくします。

『なぎさメロウ』

人の世界と出会いに夢見る人魚の娘、深海。16歳となって、陸へと向かった彼女を待っていた光景は……、船に酔った女子高生、みなとが盛大に戻しているところでありました……。

出会いとしては最悪でしょうか? よりにもよって、美しさに欠ける方向からアプローチしてしまった深海。しかも船に乗っていた女子ふたり、凪とみなと、ふたりともにわりと普通でない子たちで、そんな子らに姿を見られてしまった。さあどうなる!? と思ったら、当たり前みたいに受け入れてもらえて、しかも学校とか案内してもらえて、ふたりともいいやつ? と思ったら、なんかあかん感じや! 深海のこと海洋生物部の目玉にしようとしてるだけだ!

わりかし酷いコミュニケーションが繰り広げられるの、そうか、人魚は魚を食べないのか……。このへんは異文化ゆえの摩擦って感じなのですが、いやさともあれ、深海のこと、半ば脅しで確保してしまって、というか深海の父、あかんたれやな! これ、娘からの信頼ゼロになるやつやで!? ほんと、この子たちのコミュニケーション、なんだかんだで仲良くやってはいけそうですけど、結構ゴタゴタしそうなやつでして、そのゴタゴタによっては面白みも積み増しになりそうと思わせるところありました。

2020年9月17日木曜日

2020年9月16日水曜日

2020年9月15日火曜日

U・ボート ディレクターズ・カット

 やっとこさ見ました『U・ボート ディレクターズ・カット』。利用しているサブスクリプションに入っているのは知っていて、いつか見たいと思ってマイリストに登録していたのですが、なんといってもその時間。なんと怒涛の3時間28分! って、長いわ! 興味はあれどそうそう見られるものではなく、ずっと、ずっと寝かしたままになっていたのですが、ついに見る気になったのは、アズレンにヤツがやってきたから! この映画の主人公たる潜水艦、U-96が実装されたからでありました。

アズレンでU-96が登場するイベントやってた時に、たまたまGYAO! でこの映画を無料公開していたんです。この機会にせっかくだから見てと熱心におっしゃる方がいらっしゃって、あー、じゃあ見るかあ、とその熱意に押されて見ようということになったのでした。

しかし、すごい地味な映画! 冒頭とラストこそは陸にあがりますが、基本は海、U・ボートの艦内で話が進むものですから、情景は変わらないわ、男どもはどんどんむさ苦しくなっていくわと、目にも麗しい映像美とかを望む人にはちょっと勧めづらいかなあと思う。ですが、見ていて飽きることがありませんでした。

3時間半という長尺を感じさせなかった。ストーリーとしてはそこまで込み入ったものではなく、ですがそれでもあれだけしっかり引き込まれたのは、任務に勤しむ潜水艦クルーたちの置かれた状況。その過酷さ、戦闘の苛烈なる様相に、鬼気迫るクルーの表情、言動があったからだろうと思うのです。ほんと、敵駆逐艦からの爆雷に晒されるシーンなど、実際に映像として描かれない駆逐艦を、ソナー手の報告をクルーとともに聞きながら、想像に描いていくそのスリル。固唾をのみ、ただただ待つ時間の緊迫感。じりじりと引き伸ばされるかのような時間に、焦れる思いはいつしかクルーのそれと重なっていき、そして爆雷の衝撃に緊張感が一気に破断してパニックに移る、この静と動のメリハリ。もうたまりませんでしたね。

戦闘状況と日常の緩急、これも大きかったのだと思います。陸での馬鹿騒ぎ。艦内でもぶつくさ文句いいながらも、それなりに楽しみを見出してみたり、あるいはみんなでシラミに悩んでみたりみたいな、そんな様に彼らの人間臭さを感じて、そうすればいつしか気持ちも移っていく。だからこそ、過酷な任務、息詰まる危機にハラハラと絶望と希望のないまぜになったような苦しさも覚えることとなったのでしょう。

ラストについて、以前見た映画を思い出したりもしたのですが、それはちょっとネタバレがすぎると思ったので書かずにおきます。まずは見ていただきたい、そんな映画であります。

prime video

2020年9月14日月曜日

『まんがタイムきらら』2020年10月号

 『まんがタイムきらら』2020年10月号、先日の続きです。

『ゆえにアイドル革命』

CHU♥IN GAMのゲリラライブ。急にうまくなったとざわめいてるファンの反応が面白いですよね。CHU♥IN GAMの面々が異世界に渡って、結構な期間、逆境そのものといえる状況で頑張っていたことなんて、この世界の人たちは知らない。だから、突然一足飛びに上達したみたいに見えるんでしょうね。しかし、ダサさがなくなったって、それはそれで失礼なのでは!? いや、そういう未完成さもまた魅力として支えてきたファンたちなのでしょうね。

そうそう、当然予測しておくべきことでした。ファンのひとりが伝えたいことがあるというんです。なんだろう? そう思ったら、ああー、トップオタのもっさんが事故で亡くなったということ。これ、ユメのことなんだけど、当然事故死した彼が異世界にて元気にやってるだなんて誰も思わない。ファンたちからは慕われていたらしいもっさん。ファンたちは喪失感など抱いていたりするのでしょう。なんだか切ないなあ。

日本でのできごと、経験。それを持ち帰って再び異世界へ。ユメ、いやさもっさんとも再会。ここでのやりとり、ユーモラスではあるんだけど、本来なら亡くなった人がここにこうして生きている。それはなんだか奇跡のようで、もっさんよかったなあ、そんなこと思わないではおられませんでした。

なんか、もっさんに感情移入してしまってるな。不思議なものです。

『夢見るルネサンス』

新学期、再来週には体育祭。どんなお祭りなのかと知らないことに興味津々のリーチャがいいですよ。パン食い競争を頑張る! とすごく前向きですが、いやいや、リーチャさん、想像してるようなのじゃないよ!? それじゃパンの大食いだよ?

リーチャの友達が、皆それぞれに体育祭に向けて取り組んで忙しそう。それでひとりあぶれてしまっているリーチャが、自分にできることはなにかないかと探して、その果てに新しい友達ができるという、この展開が嬉しいじゃありませんか。自分の得意を活かせるリーチャ。リーチャの助けを得て、一緒に頑張ることとなるアンナにくるみ。この結果を導いたのはなにより前向きなリーチャの姿勢だったというのがいい。レンもいうように、素敵だなって思ったのでした。

『さかさまロリポップ』

シンプルな話だったけど、いい話でしたよ。マネージャーの中村さん、この人のマネージャーという仕事を目指して夢を叶えたというお話。中学の時にマネージャーになりたいと思った、その直接の理由こそは語られませんでしたが、はじめて詩月と出会った時のこと。自己紹介する中村に、きょとんとした表情を向ける詩月。そのいたいけさに真正面から射貫かれたのですなあ!

そこからの観葉植物論。以前にもこういうこといってましたよね。詩月はいまいちピンとはきていないみたいなんですが、それでも自分なりに中村の思いを受け止めようとしているのがわかるラスト。あれ、詩月の言葉もまたよかったんですね。詩月の中村に向ける思いというのが、よくよく表されていた、それがよかったんですね。

『下を向いて歩こう』

すさみん! 隠されていた魅力が今あらわに!

それはさておいて、今回、ちょっと怖いビーチコーミングといいましょうか、ビーチコーミングに潜む危険! といいましょうか、ほんと、すさみん好プレーでしたよ。浜を歩くシエルが見つけたもの。プラスチック? と近づこうとするシエルを全力でとめてくれて、いや、ほんと、これ危険! カツオノエボシですよ。有毒クラゲ。浜に打ち上げられてるの、見た目がキレイだからっていじったりすると、刺胞に刺されてえらい目にあう。ええ、シエルあぶないところでした。すさみん、よくとめてくれました。

しかし、シエル、うかっと危ないものでも触ってしまいそうでほんとに怖いですよ。まずはカツオノエボシ。続いてアカクラゲ? 今日の浜は危ないから帰ろうって硝子がゆうとんのに、まだ遊びたいって。でもって、知らないってことは怖いなあ、有毒クラゲにも物怖じしない! いや、知らんから仕方ないっちゃあ仕方ないのかも知れんけど、ほんと、すさみん、好プレーの連続でしたよ。

しかし、今回のすさみん、めちゃくちゃ可愛い。似合わないですって? いやいや、いやいや、過去最高に可愛いすさみんでしたよ。

My Private D☆V

『エンとゆかり』のしろううらやまです。

今回のD☆V、なんともいえないものあるなあ!

「楽しみにしていたソフトクリームを落っことしてしまったかわいそうな子… です!」

長い! シチェーション限定されすぎ! でも、この衝撃の表情! いや、なんかわかる、わかりますよ? ストーリー仕立てのイラスト。チャーミングで、大丈夫か? お嬢ちゃん? なんかついつい世話焼きたくなるような、そんな放っておけなさみたいのありますよね。

しかし、やっぱりちょっと面白いシチュエーション。この子の不器用ながらも一生懸命な人柄、そんなのも感じられるようです。

2020年9月13日日曜日

昨日と同じ理由で今日も休みます

昨日と同じ理由で今日も休みます。

2020年9月12日土曜日

アズレン特番見てしまったので今日は休みます

アズレン特番見てしまったので今日は休みます。

2020年9月11日金曜日

『まんがタイムきらら』2020年10月号

 『まんがタイムきらら』2020年10月号、昨日の続きです。

『奥さまは新妻ちゃん』

妻の誕生日になにを贈ったものか。悩んだ末に会社の先輩に相談したのはいいけれど、てんで頼りにならないってのがおかしいよな。というか、今回先輩はだーくんと対比されるのが仕事? 同僚の女子社員からアドバイス受けるんですけど、先輩の扱いがとにかく粗雑で! 女子ふたりの向けてくる目からしてもう全然違うっていうんだから、先輩はどれほどの業を抱えているというのでしょう。というか、結構無神経な発言咎められたりしてるから、いわばこれまでの貯金があったりするのかも知れませんね。

しかし、休みをプレゼントしましょう、アドバイスを受けただーくんの、サプライズではなく、ちゃんと相談してから決めようという姿勢、その評価! いや実際、この人の、ひとりよがりでなく、ちゃんと相手に、この場合は新妻ちゃんに向きあおうというスタンス、それが好感というのは読者である私にもよく感じられて、ええ、だーくんの愛される所以か! 旅行に向けて話すふたりの様子など、実にチャーミングな時間、よい描写だったと思います。

『ぎんしお少々』

なんと、銀の姉の側もこうして語られるのですね。今回は姉、鈴の日常が描かれるのですが、学校の友人から何度も気をつけるよう釘刺されていたというのに、時間1本の電車を逃がしてしまった! ひとり駅に向かう途上、妹銀のこと考えて、なんてメッセージ送ってやろうかなあとかいろいろ思い描いとったら、ああー、歩速がゆっくりになってましたか。改札前で見送る列車! あまりの衝撃に立ち尽す鈴のとなりには、同じくショックでうろたえるお姉さんが!

ええ、こうしてふたり出会ったというのですね。

この漫画は写真、それもフィルム写真を扱っているわけですが、それはしろ、もゆる側だけでなく、すず、まほろの側でも同様で、たまたま出会って、一緒に暇をつぶすこととなったふたりのしたこと、それがフィルムカメラでの撮影だったっていうんです。

トイカメラ手に河辺、街並みなど撮影している塩原まほろ。ん? ちょっと待ってくれ。塩原ってことは、もゆるにカメラのアドバイスしていた姉さんじゃないか! なんとまあ、妹しろがそうだったように、姉すずも塩原の者と知り合ってしまったいうのですか。そしてフィルムカメラの楽しみを伝えられて、貸してもらったレンズ付きフィルム、その写真をしろに見せたらどうだろう。ああ、こういうのも素敵ですね。レンズを通して自分の見たもの、被写体に向けた興味を誰かに伝えられる。それが写真というものかも知れない。思いがけない出会いが、すずのうちに新しい興味、感心を引き起こして、それがしろへと伝えられる、その広がり、すごくわくわくさせられるものがありますよ。

『そらコミュニケーション』

せんりの家を伺う怪しい円盤。あ、これ、ドローンみたいなものか。前回、なにかしらの介入を予感させる描写がありましたよね。それがこの人? てっきり女王様かと思ったら、なんか違うっぽい。ソラのライバルを自称する新たな宇宙人、テンペスタ・デ・トワール・スピカ。惑星スピカの第一王女なのだそうですよ。

ソラを追ってやってきたテンペスタ、乗ってきた宇宙船が大破して帰る手段がありません! って、あかんやん! 二次遭難しとるやん! ソラを奪った憎いせんりの命を狙って、なんてえらく物騒なこといってるけれど、ソラがどうにも緊張感を維持させてくれないもんだから、せんりのピンチは継続中であるものの、とりあえずなんとかなりそうな予感? 今回登場の宇宙人マニア、小宮望の果たす役割やいかに!? いや、思いっきり排除されてますけどさ! そして最後に現れたせんり大好き璃乃さんですよ。

璃乃がせんりの危機を知ったらテンペスタの身が危ない! 次回は璃乃無双が見られるかも知れません。うん、テンペスタ、いのちを大事に! 多分、望もなんらかの役割があると思うんですけど、今のところはなんのために出てきたのとかさっぱりわからないですよね。見た目は普通っぽいのに、中身はかなりいっちゃってるこの子。どうにも好みなので、活躍ないし定着してくれたら嬉しいですよ。

『トールさんの通り道』

アーティの祖母のところでやっかいになることになったリセ。けれどいたれりつくせりとはいかなくて、今回はベッドの確保のために原石を採集しに森へとやってきましたよ。

ピー太の中で、絶対ここから出ないといいはってるリセですよ。いや、その気持ちめっちゃわかる。だって、魔物やら徘徊しとる森やろう? そら表になんて出たくない。トールの策にはめられて、引きずり出されちゃうんですけどね?

しかしこの漫画、時にぞっとさせられることありますけど、今回もそうですよ。リセが岩肌に露出している原石に興味ひかれて手を伸ばしたらですよ、石に擬態していたスライムがわーって出てきて! ヤベえ! これ、下手したら捕食コースじゃん! いや、スライムがリモだったから問題にはならなかったんですけどね、リモの母、ライムがはじめて登場してきた時のピンチ感とか思い出されてしまいましたよ。ほんと、この森、ピー太から出たくないと駄々をこねたリセですけど、やっぱりその警戒心、正しかったと心底思わされた瞬間でした。

2020年9月10日木曜日

『まんがタイムきらら』2020年10月号

 『まんがタイムきらら』2020年10月号、昨日の続きです。

『けいおん!Shuffle』

おお、楓、一念発起でしょうか。メンバーが全員揃った2年生。しなのはいまいち距離感掴みあぐねているみたいですけど、夏音はというと特に気にはしていないみたい。むしろしなのと一緒に話したい。距離置かれてちょっと寂しそうにしている。

そんな2年生たちの和解と一緒に揃っての演奏。楓がたまたま立ち合うことになったのですね。その出音に圧倒されて、ああ、ほんと、魂持っていかれてるじゃん! ちょっとぎくしゃくしていたしなのと夏音も和解、というか、その演奏で通じあうものあったんですね。しなの、夏音に抱き付いて、その気持ちを熱くぶつける。そうした様にも、楓、すっかりあてられてしまったようですよ。

ということで、花凛からまた飲み物を大量獲得してきた紫。突如楓に抱きつかれて頑張ろうねっていわれて、もうまったく状況がつかめてないのな。あのあまりに予想外な楓の動きに度肝抜かれていた紫の表情が最高でしたよ。

『スロウスタート』

花名のカムアウトの締め括りといったエピソード。榎並先生が、ひとり生徒会室にて休んでいた栄依子に、それとなく花名のことを聞き出しにいくんですね。というか、栄依子がすごいな。どうにも話を切り出しにくい榎並に、さあお膝どうぞって、いやいや、しれっとわかってないふりするんじゃありませんよ。

栄依子、やっぱりわかってるんですね。花名のことを聞きにきた。そしてふたりの会話が、花名もそこまで気負う必要なかったのにという方向に流れていくの、そしてそれでも話したいと思った花名の気持ちにまで触れて、その細やかさはほっと安心させられるものあったのでした。

ところでここからの情景ですが? 榎並、栄依子の膝枕で休みますか! と、そこに冠が戻ってきて、やばい! 一触即発!? かと思ったら、仲良くダブル膝枕!? で、そこに踏み込むたまてですよ。なんじゃその顔は! すごい。これ、笑わないではおられなかった。あんたら、なになさってるの? みたいな表情ですよね。最高だったと思います。アクキーにして読プレにしませんか?

ともあれ、ここからの皆の、というかたまての? 大暴走。ももちたまてのもちもちハーレム! 最高だな! めちゃくちゃ面白い。絵面だけで笑う。と、そこに億さんが入室ですよ。なんと、今回の一連のいろいろ、まさに導入でありましたか!

『星屑テレパス』

ロケット研究同好会の皆。モデルロケットの大会の見学にやってきたのですが、ああしっかりこの子たちの目標定まりましたよ。

会場で再会したペットボトルロケット勝負の時に知り合ったお姉さん。科学技術高校に通う秋月彗。この人の、どこかおっとりして、ひょうひょうとしながらもロケットとなると紅潮し熱を帯びるその情熱など、とても魅力的でありました。そしてこの人のチームが、前年度の優勝者。打ち上げイベントの開会に、前年度優勝者代表として挨拶する彼女の姿。空へと昇っていくロケットの軌跡。ああ、海果には驚きで、憧れで、気持ちを高揚させてくれる、そんな出来事でありましたね。ロケットを見守るその時の表情。心の開いてどんどん感情が溢れてくる、そんな様に瞬にも思うところありましたか。

次は私たちだと彗に挑戦状叩きつけるようなこといっちゃうですよ!

いやもう、熱いですね。青春ですね。瞬はクールぶってるけど、こういう時、気持ちが発火するよね。自分たちにもできるだろうかと俯き加減の海果にも、普段の瞬なら気恥かしくていえないようなセリフ、堂々真っ向からいってのけてね、ああ、すごく頼もしい。受ける海果の気持ちにも火が灯りましたね。ほんと、その輝き、まぶしいばかりでしたよ。

『むすんで、つないで。』

夏休みの過ごし方について話しあういつもの面々ですよ。と、それはいいんですが、つなぐさん、バイトをなさるんですか! それね、確かに驚きのアクティブさかも知れないけども、苺よ、それはさすがに驚きすぎ! ひとりでセリフをいくつにも割って、大げさにOMG! って、君、映画『プラトーン』ですか。

前回和解した鳥居さん、早速関係してきましたよ。夏なのに真っ黒ドレスで外出中。夏の私服のつなぐと出会って、そうか、鳥居の目にはつなぐがそんなに眩しく映りますか! ついさっきまで年下(?)の子らに散々ないわれようしてたのに、受け取る人が違えばこんなにも違って見えますか! いや、まあ、つなぐ確かに美少女だよなあ。

鳥居の真っ黒スタイル。ここで白百合がまさかの共感!? 鳥居の気持ちをそのままに言い表して、わかってるじゃん女児ー! はいいけど、残念、白百合はちょっと違う方面から見てるっぽいな。でも、なんか褒められたようで嬉しい鳥居、あれは可愛かったなあ。

でもって、つなぐにバイト先にきてねっていわれた鳥居。すごいよな、美少女だよな、ポテンシャルあるよな。この子、内気? ネガティブ? それがなんとかなればきっともっと魅力的になりそう! とは思ったけど、無理かな? このネガティブスタイル、ここにこそこの子の魅力? 個性を押し出していこうって、そんな意図が濃厚です。

ところで、やっぱりなんですが、苺、この子の言動が読めない! あのやんちゃのふり、なんだったの!? どういう意図があったの!? ほんと、薗部は一筋縄ではいかないですね。

2020年9月9日水曜日

『まんがタイムきらら』2020年10月号

 『まんがタイムきらら』2020年10月号、発売されました。表紙は『ゆゆ式』。これは体育祭のひとカット? 唯と相川さん、ふたり一緒に写真に収まって、といった雰囲気感じさせるイラストなんですけど、相川さん、唯ばっかり見てるやん! なるほど、気になるあの娘とぴーす、その感情の向かい先があの視線ってわけですね。しかし、唯のあの笑顔ね、ちょっとよそゆきっぽいというか、笑みがぎこちないのね! ほんと、こういう機微の見えるところ、すごくいいなって思います。

今月は新規ゲストが4本です。

『しすぱら!』

アイドル真白みみに憧れる女の子、ココ。まさか、そのアイドルが自分の妹になるというのですから驚いた。突然のことに、いかにも状況飲み込めていないココ。しかもみみから自分のこと認知されてるとわかってさらに舞い上がるなどね、長姉が説明してくれていても、まるで耳に入っちゃあいない。それほどの愛のほとばしり。でも、みみも結構そんなココのこと受け入れてくれていて、覚えのある熱心なファンだからでしょうかね。いや、みみ自身おっとりした人みたい。その鷹揚さ、それがココのテンションもやわらかく受け止めさせてるのかも知れませんね。

ココが、みみに少しでも近づきたいと髪飾りやら小物やら、似たもの、同じもの集めてるってくだり、これも面白かった。SNSにあがった写真一枚から推定してとかやってるわけですが、さすがにみみたんも引いちゃった!? でもって長姉がファンとストーカーの線引きとかね、そんなこと思っていたの面白かったです。

今回はココのみみに対する愛情、そのほとばしりが全面に出ていた、そんな印象。だとしたら次回はみみのいろいろが語られたりするのでしょうか。妹大好きっぽい長姉のことも知りたい、なんて思った初回でした。

『探偵夢宮さくらの完全敗北』

きららで探偵ものとなるとコメディ色強めになる傾向があるのかい!? この漫画もそんな感じみたいですよ。テレビの探偵ものに憧れて、高校の探偵部に入ると決めた夢宮さくら。しかしそこは個性的なのばっかり集まってるようで、ここを闇の組織といいはる部長のナナオ。そして座敷童子と誤認されていたちぃ。このちぃって子が一番謎ですね! 2年のサニャが唯一まともな人なのかな? 探偵部についても、高校の部活だから事件なんて扱わないしって、暇つぶし部みたいなもんだよというそういうところはなかなかにいい感じかもって思いました。

謎の部員、ちぃ。ちー、ちーとしかしゃべらないこの子。飛び級で入学して留年している10歳児なのだそう。話している言葉がわからんでコミュニケーションに難があったけれど、さくらはなぜかわかるらしい。そんな探偵部でのさくらの活躍。まずはちーの通訳? でも、どんなかたちでも活躍のチャンスができたのはいいこと……。いや、このポジションならではの面白さがあるかもって思わされますね、これ。

『ポンコツあくてん日和』

主人公の女の子、いきなり今日も一日つまんなかった! からはじまるの、なかなかですよね。でもわかるわ。自分もわりかし今日も一日つまんなかった! って思っとるからね。実際、毎日なにかしら盛り上がるような事件があったりはしないわけで。と、そんなこんなで刺激的なできごとを求めてるその子のもとに天使と悪魔が降ってきました。これ、天使がえらい食わせものですね。そもそも天使って人の価値観と相容れる存在なんかではないから、人にとって友好的で親切で優しいみたいな存在ではないわけですけど、ここの天使はというと、またそういうのともちょっと違う感じしますよね。

めっちゃやさぐれてる! って感じ。トレードマークの輪も脱落しかかっとるのか。というか、もうアホ毛にひっかかってるだけじゃん! 朝起きたら落ちてた、ついに! って、いずれ落ちるだろうって思ってた、その発言の不穏さよ。そうそう、その直前に天使、悪魔ひとまとめに落ちこぼれ呼ばわりされた時ですよ、ぶちのめすぞっていってるの、これ天使だ。むしろ悪魔は涙目になっとるだけじゃん。

過激な天使、優しい悪魔というのはよくあるパターンではありますけど、天使のキャラクターが振り切れてるのがいい感じです。でもって主人公、この人もわりかしまともじゃないのな。スリルを求めてます! みたいなのはあるけど、ほんと、どこかネジがはずれてる感があるの、ナチュラルテンションハイ? それがまた面白いと思われて、ええ、いいキャラクターしています。

『サキュバスちゃんの攻略術』

これも天使と悪魔もの? と思って読み始めたのだけど、あれれ、主人公の真白、この人が天使なのか。訳あって人として生活しています。そういうのだけど、え? 本当は人間なの? 終盤、真白と友人のかなめの会話で天使というのが設定っぽいとわかってきて、正直ちょっと混乱しました。え? え? 天使ではない? 最初のうち、呼び出してしまったサキュバスのミアにテレパシーで考えが筒抜けとかいって牽制していたではありませんか。あれ、もしかして真白のはったり!? だとしたらすごいな。ほんと、終盤まで真白が天使であること疑っていなかった。というか、今でも、人でした、自称天使ですといいながら、実は本当に天使だったんですよーって引っくり返しがあるんじゃないかと疑っているくらい。

ええ、うまいこと翻弄されています。いい感じです。

最初、惹句にどきどきえろえろゲストとかあったから、どんなの見せられるのだろう!? とか思ったのですが、ゆうほどエロくはなくてちょっと安心しましたよ。いや、エロくてもいいんですけど、それよりも真白の人を食ったキャラクター? ただの中二病なのかそれとも本当になにか秘密を隠しているのか!? そうした底の見えない感じが面白かったです。ミアとの同居もはじまりますけど、ミア、絶対に真白に太刀打ちできないですよね。その真白の圧倒感。なかなかのものでしたよ。

2020年9月8日火曜日

『まんがタイム』2020年10月号

 『まんがタイム』2020年10月号、昨日の続きです。

『テレパス皆葉と読めない彼女』

ああ、念動能力者との攻防、まさにクライマックスですよ! と思ったら、すごいな澄花さん! 声かけて、引き込んで、それで能力の乱用、ストップさせたんですよ。ああ、ほんと、このちゃんと気持ちが通じあうというの、この漫画の美点だと思います。

しかし、この念動能力の彼女、やったことはともかくその動機は切実で、運動苦手なメンバーたちの頑張りを無駄にしたくなかったんですね。しかし、超能力者の特定から決着までのスピーディーさにはやられまくりですよ。そりゃそうか。他に超能力者がいるなんて普通想定しない。だから、見事に皆葉に考えてること読まれて即バレ。澄花がコンタクトして、そして皆葉と笹本で決着。あの能力勝負で不正をやめさせられたところ。そして、運動苦手なチームメイトたちの頑張り、それがちゃんと報われてるところ。ええ、負けてもやるだけのことができた、ちょっとずつでも皆が納得いくプレイをできたことに喜んでる様が素晴しかった。ええ、桐谷まつり、この子もこうしたメンバーの喜びに触れて、きっと報われたんだと思うのですね。

かくして秘密の仲間が増えました。かっこいい系女子のまつりさん。思いっきり澄花にほだされてるのがいいですね。ところで、トランプやってる皆葉たち。また超能力ババ抜きやってるんでしょうか。本気全開のゲームにハマってるのかな。楽しそうでいい一コマでした。

『良倉先生の承認欲求』

ぶんちょー紳士を知る水元さんが写真部に入りました。なので、部室の改装をします! いや、まあ、そのままだったらOLさんの正体バレますもんね。とはいえ、良倉の秘密を知るばかりに作業に駆り出されてしまう星畑に上枝、夏休みなのに大変です。

片付けの風景。先生がわりと役にたたないのは想定内として、飾られていた可愛い小物たちに心奪われてる星畑とか、なかなかにチャーミング。なんだかんだで楽しんでる感出ていてよかったです。そしてケーキのくだり! これが面白い。どうせSNS映えだろうってツッコまれて、良倉ショック! ちょっと涙目!? 星畑に謝らせちゃったのに、やっぱり写真は撮っちゃうんだ! ええ、星畑のツッコみ、冴えまくりでした。

今回に限ったことではないんですけど、星畑、ほんとすごくいい子ですよね。ウソつきにならない程度に話をあわせてくれるという星畑の、アタシもぶんちょー紳士のファンだしねってコマのあの表情! うわあ、めちゃくちゃチャーミングだよ、この人。そして、部屋に残した小物がぶんちょー紳士の画像のそれと気づく水元さん! おおう、見る見る青くなる良倉と星畑。ほんと、そう遠くないうちに身バレしそうで良倉先生は怖いでしょうな!

『ハニトラなんか怖くない!』

めちゃくちゃ面白い! 山田さん、イメチェンですよ! がっかりしたから!? 怒ったから!? 綾小路にはまるで伝わってないですけど、違うよ! あの時の山田さんに寄せてきてるんだよ。ちょっと男の子っぽかった少女時代。話しぶりもざっくばらんにして、差し入れのお菓子も思い出の駄菓子という周到さ! いやあ、でもこういう山田さんも魅力的だよなあ。今ではどちらの山田さんが自然体なんだろう。

綾小路はいつもながらといいましょうか、どこかピントはずれなんですけどね、それであんなに大仰な謝りかたしちゃって、部長まで混乱させちゃって、トラブルにはならなかったんですけどね、でも山田さんにあんな悲しそうな表情させてしまった……。と思ったら、今度は怒り顔なの!? なんか、きょとんとした、そんな顔。今回はちょっと常には見られない、そんな山田さんを沢山見られて、なんだか嬉しかったです。いや、でもやっぱりこの人には笑顔でいてほしいですけどね!

さて、綾小路、地元の同窓会に誘われました。小学生時代の友人から山田さんのことを聞けるかも! ええ、ちょっと進展などあるでしょうか。いや、なかなかそうそう簡単にはいきそうにない、そんな予感もしますよね。

『お天気おねえさんの晴れ舞台』

琴音の長所は頑張り屋なところ。でも今回は頑張りすぎてしまいましたね。

エアコンが壊れちゃったというので牧の部屋に転がりこみます! それで牧の姪っ子の芽衣ちゃんと一緒に、牧の部屋にいくんですが、料理作ったりね、琴音、リラックスしてるように見えて、いいじゃないかって思ったんですね。でも、仕事している牧を見て、芽衣からも応援されて、さらに他の人からの応援もうけて、ああ、絶対に受からないとって思っちゃったんだ。それで無理しちゃってる。睡眠も削ってるんだろうなあ。倒れそうになって、牧からも叱られて、強制的に休まされて、それでようやく落ち着けたんですね。

ちょっと思いつめてしまっていた。それを自覚して、反省して、ちゃんと休息とること意識するようになった琴音。これが彼女の勉強、試験によい作用してくれるといいなあって思います。

2020年9月7日月曜日

『まんがタイム』2020年10月号

 『まんがタイム』2020年10月号、発売されました。表紙は『おとぼけ部長代理』。秋の味覚でありますね。七輪でサンマを焼く部長代理ですよ。煙に目をしょぼしょぼさせながら、でもこうして食べるのおいしいんですよね。同じくサンマ? を食べてるのが『花丸町の花むすび』花子なんですけど、串刺して丸焼き!? ほんとに、それ、サンマ!? サンマっぽいフォルムだけど、なかなかに珍しい焼き方では!? 『レーカン!』天海さんは焼き芋でありますね。ええ、これも秋の味覚。そして『茨城ってどこにあるんですか?』多恵は栗ごはんですよ! 栗が多い! それに大きい! 栗も茨城の名産ですね。ええ、茨城の魅力、しっかり押し出しています。

『瀬戸際女優!白石さん』

いつまで芸能界で仕事ができるかわからない。そういっていろいろ資格をとってるという新人みて、しっかりしてると焦る白石だけど、この人はこの人でちょっとすごいな。大型特殊に牽引免許。乗り物関係の資格充実してるの、実にこの人らしく感じられてよかったですよ。

さて、次のドラマでマッサージ師の役をやることになりました。けれどマッサージの経験がない。それで真島監督の紹介で、おすすめというマッサージ店にいくんですね。美人の店長さんに優しくされて、なんかときめいちゃってる白石が面白い。でもって、今夜は飲酒を控えてください、そういわれて大ショック! ほんと反応がいちいち面白いです。しかし、マッサージ受けてよほどリラックスしたか、険のとれたその表情、とてもいいですね。よほどの感覚だったのでしょう。

そしてドラマにて、苦労がばっちり報われるのがいいじゃありませんか。というか、頑張りすぎて役者さん寝ちゃったよ! っていうのね、このなにごとにも妥協を知らない、そんな白石のよさが出ていたエピソードだと思いました。

『ご主人様!確保します♡』

メイドカフェでのダンスイベントに向けて頑張っている心子。それ見て張り切りだす愛未のなにがおかしいって、いきなりフラメンコ衣装、踊れないのに! さらにはレオタード! すわ『キャッツアイ』!? それとも『フラッシュダンス』なのか!? いずれにせよ、ダンスといわれてレオタード出してくるその感覚の昭和感。ものすごいな。想像以上でした。

ダンスレッスンの絵も面白いですよね。綺麗にワンテンポ遅れてるっていうのがしっかり表現されてて、めちゃくちゃその絵が面白い。でもってライブでのピンチでも、スピーカーから音が出ない! 叩けば直るわ! って、いやいや、それは昭和でもかなり前の昭和ですよ! ほんと、愛未さん、いくつなのか。34なら、そこまで昔の作法が身についてないでしょ!?

音楽が鳴らせない! そこからの展開、ホイッスルでリズムをとるっていう、あの表現。ダンスしているあの雰囲気、めちゃくちゃいいですよね。残念ならが万全とはいえなかったステージだけど、この状況でよりよいものができた。その、あらゆる状況でベストを尽くそうとする姿勢が評価されているのでしょうね。ポイ捨て男への対応も、ちょっとやりすぎ感あるけど! しっかり少年に伝わるものがありましたね。ええ、少年、立派なメイドになるのですよ。

『午前0時のおねだりごはん』

米沢からお願いされる牛喰です。なにごとかと思ったら、休日に自宅で料理を作って欲しい。例の小説家の兄が家にくるのだそうですが、疎遠だっただけにまだ距離感が掴めない? ふたりきりは気まずいからと牛喰にもきてもらおうというのですね。

突然のお家デート!? ここでえらいこと浮き足だつ牛喰がおかしいんですよね。そこまで妄想はかどりますか!? ってくらい心ここにあらずで、仕事にも手がつかないってのは、そりゃちょっとまずいなあ。でも、米沢にもしわ寄せいくよっていわれて一気に冷めて、そして米沢からの激励で一気にスイッチが入るっていうの、ほんと、どんだけ米沢のことが好きなのだろう。あらゆる方面に、がーっと一気に気持ちが振り切れちゃうんですね。

料理の研究風景も面白い。お母さん、めっちゃくちゃやる気じゃん! 彼氏? とかいってますけど、女性ですから。ほんと、メニューに悩む娘を見守って、裏声でそっとアドバイス! お茶目なお母さんですよ。でも勝負下着って! ちょっと先走り気味のお母さん。でも、こうやって気持ちがいっぱいになってぐいぐいいっちゃうの、娘もちょっと受け継いでますよね。

『茨城ってどこにあるんですか?』

牛久シャトーで食事ですよ。築117年のワイン貯蔵庫。その建物がそのままレストランになってるというの、多恵ちゃんドヤ顔、鈴子もすごくテンション高くなってるの。こんな鈴子、ちょっと珍しいかもですね。ほんと、思いがけないご馳走に皆いつも以上に気持ちがあがってる感じがしますね。あ、森戸はマイペースかな?

今回は森戸と多恵の出会いについて語られました。文化祭がきっかけで仲良くなった、というか、転校生森戸に興味を持っていた多恵が、文化祭をきっかけに距離と詰めていったわけですね。当初の森戸の多恵評が面白い。ヤンキーが来た…!! って、めっちゃ警戒されてるやん! でも多恵に誘われて、文化祭で漫才やることになって、海なし県であることネタにされそうになって、抵抗した結果コンビ名がなっとう巻とかんぴょう巻。面白いな。かんぴょう巻森戸がハリセン持ってるの、どつき漫才か! ほぼ初対面やのに、いきなりハードなことやりますな。

しかし、森戸、多恵大好きですよね。ステージ前日に緊張で落ち込んでたところにお守りを買ってきてくれた! その思い出にうっとりとする森戸ですよ! さらには、ブドウ育てたいとい多恵の言葉、ウチのブドウでワイン作って、二十歳になったら森戸とお祝いしたい! うおー、すごい殺し文句! ほんと、森戸泣くほどなんですか!

今回の食事は加藤がご馳走してくれました。それにそれなりに長くつきあってきて、そろそろもう大丈夫かなってSNSの連絡先を教える多恵ですけど、かーちゃんに聞き出したりしなくてもいいって、直接連絡くれればいいからって、そういわれて喜ぶ加藤! ああ、これでこの人も少しは落ち着くかな? って思ったら、まるで落ち着かねえ! いやもう、さすがの多恵も見誤りましたね! はやまったかなあとか思ってそうなラストの多恵が、もう最高でした。

2020年9月6日日曜日

『まんがタウン』2020年10月号

 『まんがタウン』2020年10月号、昨日の続きです。

『私たち同じ人を好きになりました』

あっちゃんが、みっちゃんを呼んでお泊まり会をしないかっていったじゃないですか。これ、いよいよ身バレするのかなって。だってあっちゃんの住んでるの、社が借り上げてるマンションなんでしょう? いくらなんでもバレる。でも、そうなったら今とはまた違った関係性が生じて、なにか動きが出てくるな。それはそれで面白そうだな、って思っていたら、なるほどホテルの推し会プランを利用してみないかっていうんです。

映像鑑賞に必要な機材は揃ってるし、ペンライトも借りられて、ちょっとくらい騒いでも近隣住民に迷惑がかからない。あっちゃんの心配してたこと全部クリアした上で、ふたりの身バレリスクもなくなって、なるほどなあ、こうきたのかあ。盛り上がるふたりの様子を見ていたら、その推し会、お泊まり会がどうなるか、楽しみになろうというものですよね。ええ、すっかり安心したわけですよ。

正直驚きました。こうやって身バレのピンチを回避しましたよ! そういう話なんだと思ったら、今回のラストにて、あっちゃん、みっちゃんの背景、思いがけず知っちゃった! ああ、社長の出社に立ち合ってしまって、だってそうだよなあ、ついさっきまで会って話してたんだから、社に着く時間もまあ同じくらいになる。でもって、聞こえてきた声に顔をあげてみたら、そこには眼鏡をはずしたみっちゃんが!

身バレの予想をさせておいて、回避したよと安心させてからの身バレ! ああ、この手腕にしてやられました。次号、これはほんと見逃せない。頭なでなでとか、そんなのもうできなくなっちゃう!? これ、あっちゃんにとっても驚きだったろうけど、みっちゃんにとってもショックだろうな。絶対、みっちゃん、なにがあってもあっちゃんが敦子になること、絶対受け入れないだろうなあ。

『平日休みの堀出さん』

連休がとれたふたり。平日三日の休み、さあなにをしようかといったら、なるほど遠出ですか。でも夫は沖縄、妻は北海道を望んで、さあどうする!? といった局面で、両方選ぶってんだからそれがわからない! しかもより濃厚にというリクエストを受けて、最北端と最南端、そのどちらもにいこう。たった三日で、日本最北端から最南端への弾丸ツアー。うん、確かに面白いかもしれん。でも、そういうのは若いうちに勢いでやったりすることなんじゃーっ!? このふたり、気持ちはいつまでも若いんですな。羨ましいことかも知れません。

これ、北海道への旅というのに、旅感がすごく薄い! だって稚内に到着したら、もう速攻で宗谷岬に向かって、日本最北端の地の碑文の前で最北端感を満喫したと思ったら稚内にとんぼ返り。宿もとらず夜行バスで札幌、翌朝着でLCC使って伊丹経由の石垣到着。って、北海道満喫時間よりも移動の方がみっちり充実しとる!

LCCを利用するから大阪での乗り換えが大阪空港から関西空港になるという。これ地味にしんどいよね。かくして苦労の果てに石垣島に到着して、ここで次回に続きます。おお、この漫画で二号続きとかまったくの予想外。連休で超長距離移動、二号続きと、今回は大ボリュームです。

2020年9月5日土曜日

『まんがタウン』2020年10月号

 『まんがタウン』2020年10月号、昨日の続きです。

『あの世で猫になる』

マンションの部屋についてる地縛霊。事故物件と知られれば入居者が限られてしまう、というので無害そうな愛されキャラ、猫として紹介されてしまってからの生活。なんとなく猫という設定に、あと扱いにも慣れて、猫らしさをを強めていってる感ありますよね。その扱われ方、人としての尊厳は……? みたいにも思うのだけど、あの人でなし不動産屋のろくでもなさ! ほんと、その悪辣さに触れるにつれ、ああこの作者の持ち味がよく出ている……。いい……。なんて思ってしまうから、この漫画、私には大当たりです。

人なのに猫扱いされてもやもやしてる霊のタマちゃんの奮闘? 人としての自分をアピールしようとして失敗したり、あと詐欺まがい不動産屋にだまされないよう注意しようとして失敗したり、その健気さ? これもいい感じ。そして部屋のオーナー朝倉の猫と暮らせて嬉しい理由。その理由を知って思いに応えようとしたタマ。そうしたくだりも素晴しかったです。

『部長と2LDK』

部長、意外と流され体質? スーパーで突如はじまったタイムセール。殺到する主婦を見て、思わず一緒に駆け出してしまう! その成果がエビでした。650円って安いんですか? 菜々からの問いに、相場がわからないと応える。うん、ほんとに勢いだけだったんですね。

これ、部長には珍しいことだったんでしょうね。急遽作ることになったえび天。勢いでどんどんアレンジしていくアドリブ系女子菜々と、実践前に下調べしてシミュレーションしてと段取りが必要な計画立案型女子の部長。その差がよくよく表されていた揚げ物調理風景。どんだけ部長はビビりなの? みたいにも思わされて、面白いなあ、可愛いよ。ほんと、トラブル、アクシデントに弱い。でも、菜々のリカバー案を受けて、そこに道理があるとわかりさえすれば、ちゃんと問題解決していける。なんだかんだいって、ふたりはいいペア。互いの短所と長所が噛み合って、うまく物事運べる、そんな協力体制築けてますよね。

えび天は成功。残った揚げ油でコロッケも作りましょう。その過程で、主婦はコロッケを作りませんよ、無情な現実を告げる菜々がすごくよかった。この子、わりといろいろ世情知ってるタイプですよね。でもコロッケについては部長の意気を挫いちゃったか! そこから励ましてリカバーして、いろいろ具材盛り込んで、そしてできあがった大量のコロッケ。最後にはコロッケサンドになりましたという、あのなりゆき。ほんと、菜々さんアドリブの人。状況うまく受け入れて、うまく乗り切っていく、そんなスタイル、清々しさあって魅力です。

『立ち呑み布袋でもう一杯』

おおう、白瀬ったら思いっきり空回りしましたな。大阪からきたという女性客。布袋で隣り合わせて、話すようになって、その謎めいた色気とノリのよい明るさのギャップ? いや、なにもかもがないまぜになったその感覚に思いっきり翻弄されてるっていうんですよ。

漫画家と知られてその手を触れられてドギマギしたりな、それからスッキリしたいと、ふたりでカラオケいかないかと誘われて気持ちがグラグラ揺れたりな、ほんと、その度々にまるで店長が白瀬に気がないって駄目押しされていくのも面白かった。いやもう、今回は白瀬ひとり負け! その傷心を知るのは舘さんひとり。ええ、白瀬よ、舘さんの胸で泣くといいよ。

2020年9月4日金曜日

『まんがタウン』2020年10月号

 『まんがタウン』2020年10月号、発売されました。表紙は『部長と2LDK』。菜々と部長が手に手をとってジャンプでありますよ。いや、手に手をとってない。部長の手首、菜々が一方的につかんでるんだこれ! しかし、ふたりのその様子。思いっきりのびのびしてる菜々のはじけるような笑顔と、ちょっと戸惑いながらも菜々につきあってる部長の不思議とあどけなさ感じさせるその表情、それがいい感じにマッチしてまして、これめちゃくちゃ可愛いですよね。というか、どんどん部長が可愛くなっていってませんか? なんか、菜々の上司どころか同期、いやさ妹みたいに見えるほどの愛らしさですよ。いったいどうなってるのか。責任者はどこか。

今月は新連載が1本です。

『君と銀木犀に』

ああ、猫と珈琲の人か! こうして新連載がくるってことは『珈琲と猫の隠れ家』、好評だったのかもですね。

さて、新連載は中学生の男子が主人公。中学が統廃合したせいで、遠くの学校に通うことになったのだけど、定期代着服して毎日2時間歩いてるっていうんか! これ、若いうちしかできんことよな。でもわかるわ。自分も基本徒歩移動。バスが苦手だったこともあるけど、普通ならバスなり地下鉄なり使う距離でも、平気で歩いてた。これ、今となってはかかる時間とか疲労とか考えて、金払った方が得という判断しちゃうわけですけど、昔は、それこそ学生時分はまとまった収入なんてなかったわけでね、となるとこの漫画の主人公みたく、遠かろうが暑かろうが歩くわけです。彼は半年分の定期代、3万を着服してる。ということはひと月5千円か。学生にとっては結構な額だな。CDでもゲームでも、あ、いや、最近の中学生はCDなんか買わんか。ともあれ、なにか好きなものひとつふたつ余計に買えるだけの額ですよね。

と、こんなことでいきなり親近感といいますか感じまして、そんな彼が同じようにふうふう汗をかきながら歩いてくる違う学校の生徒、毎朝すれ違うその彼と、ふと目があって、そして自分でも思いもかけず話しかけてしまって、そしていつもの当たり前の田舎の光景が、ちょっと違って見えたっていうね、その情景。ああ、これは魅力的。

この漫画、この名前も知らない彼と一緒に過ごす時間、見る風景、そこに特別ななにかを見出していこう、そんなことになりそうですね。期待させられます。

『新婚のいろはさん』

テーマパークにいきました。魔法使いがテーマのウィザードランド。いろんなライドに乗って、苦手なジェットコースターも勢いでこなし、テーマパークのキャラクター眺めながら食事をしたり、ぱっと見わかりにくいキャラクターを探してみたりもしながら、時間を過ごしていくその一日の流れ。今回はできごと、ネタで駆動するというよりも、時系列、いつなにをしたか、そのふたりで過ごす時間というのを際立たせる、そんな見せ方しているんですね。

これ、どういう趣旨なのか、それが最後にわかる。魔法のテーマパークというのも、はじめにとっての魔法のようなできごと、それがいろは来訪と突然のプロポーズ、結婚だったという。その突然の魔法を、今度は自分からかけにいこうとするはじめ。いろはからのアプローチを受けるばかりでなく、自ら能動的に結婚申し込みをしたいと、いろはの茶目っけに、いわばドのつくくらいのシリアスで応えてみせたっていうんですね。

ある意味しきりなおし? いや、違うよね。自分の気持ちをより明確に示していきたい。そんなはじめのいろはに対する思いがばっちり押し出された今回。なにかいつもとは違う、そんなピリっとした張り詰めたもの感じさせるところなどありました。

『勇者様!?こ…これってそういう意味ですかっ?!♡』

この漫画は、朴念仁の勇者と色ボケ? 妄想過多の僧侶ソーニャがRPG的お約束踏まえながら冒険する様を見せるというのですが、タイトルからするとソーニャの妄想とか暴走とか、あとお色気描写? が売りになるんですよね? でも、むしろ、勇者の発想に見え隠れするプレイヤーの発想が面白くてですね、ああ、『レトロゲーとかマジウケる!』の作者だけあります。RPGで遊ぶプレイヤーのせせこましい節約発想がいいところ突いてまして、わかる! わかるわー! ってな具合にめっちゃハマってたまらんのですよ。

今回のダンジョン探索も、正しいルートを進んでたのに、あえて分岐まで戻って違うルートも確認したい。さらに落とし穴があったら落ちてみようかなんて考える。だって、そこに宝箱があるかも知れないから! って、これ、わかる。ほんと、絶対やる! っていうのが描かれて、さらに宝箱の中身、さっきの町で買わなくてよかった、ゴールドの節約できて喜ぶところとかもね、もうほんとめっちゃわかるの。

極めつけは、強敵相手に苦戦強いられている時の勇者が発したかっこいい台詞! 2人で生きるか2人で死ぬかだ。ソーニャを決して死なせはしない! そんな意思を感じさせるセリフにきゅんときてるソーニャだけど、その本心がもう最高。経験値の効率かよ! って、わかる、わかるわ。ボス戦の経験値、大量獲得が期待されるのに無駄にしてなるものかって気持ちね。せせこましいんだけどさ! でも、プレイヤーっていうのはそういうもんなんだよ!

この漫画の本筋、見せたいものはむしろこちらなのではないか? そんなこと思わされて、いやもう、わかる、わかる、そうそうそう! の連続でした。

2020年9月3日木曜日

『まんがホーム』2020年10月号

 『まんがホーム』2020年10月号、昨日の続きです。

『座敷童子あんこ』

DIYにハマる座敷童子、とかいってますが、とにかく無目的にただ作るという行為に夢中ってやつなんでしょうか。棚を作ったまではいいけど、続いて三角木馬っぽいオブジェとか、殺人パンダのライド? 他には拷問具の数々!? 実にわからぬあんこの趣味嗜好。こんなの家の中にあっても、場所をふさぐだけでなんの役にも立たないじゃん! と思った瞬間に、あ、今まさに会話しているあの父が使うのでは……。うーん、あんこ、それじゃ自滅ですよ。

このDIYかぶれ、なんとか映えみたいなやつなんでしょうか。オシャレな生活に憧れてとかいってますけど、それでいきついたのが木馬? わからぬ……。ランチプレートも憧れとかいってるんですが、最初こそは憧れをかたちにできてあんこもほくほくってな表情だったのに、すぐに飽きた? ただの大皿扱い! この興味が失われる? 水が低きに流れた感、これは面白かった。けどちょっと他人事でない感じもして、ええ、誰しもが経験することみたいにも感じたのですね。

そして最後の父からのリクエスト。座敷童子捕獲器。逃げ道作ったから大丈夫とかいってるあんこですが、あんこの気づかぬうちに逃げ道ふさがれてるし! これ、あんこ、わりとピンチなのでは? 油断して捕まってしまうのでは!? それはそれで面白そうだな、みたいにも思えるのがこの漫画ですよね。ちょっとそんな展開あってもよさそうです。

『歌詠みもみじ』

そうでした、もみじの父は大学教員。昨今の状況をうけて講義もリモート。仕事に出ず、在宅でいろいろやるから、母にとっては手のかかるのがひとり増えた! ってな状況で、あの母の鬼気迫る表情。ああ、きっとこういうの全国的に見られた光景なんでしょうなあ。

ママさん、夏休みのもみじに、リモートで家でごろごろしてる父と、そのどちらもに手をとられてこれは確かに大変そう! 洗濯だ掃除だと忙しいのに、なんだかんだと構ってもらいにくる! これも世のママさんの日常だったりしたのかなあ。いやもう、パパさん、しっかりしましょう。パパさんはパパさんであまった時間を持て余し気味? ごろごろしながら動画を見たり、オンデマンドで映画をザッピングしたりと、どうにも落ち着かない。うん、10分でぱちぽち切り替えてたら、そりゃあどんな映画も面白くありませんぜ。でもって、読書もスマホゲームのスタミナ回復アラートに集中力削がれてと、うん、このへんも現代人あるあるなのではないかと思う。

今回はいいことなしのパパさんだったけど、最後のカレーのくだりもね、いろいろ残念な結果になっちゃってますけど、それでもママさん、娘も手伝ってくれて、この一緒に作りましょうってなるところ、山城家は仲良し家族だなあって、ママさん、いいなあって思わずにはおられなかったんですね。

『うちの秘書さま』

七瀬が大旦那様から呼び出しなのだそうですよ。内容ははじめの件。はじめがなにかやらかしたのか? 心当たりがそれなりにあるっぽいのがはじめらしいですよね。しかも本人に自覚がないの、それもはじめらしいと感じます。

憂鬱そうに屋敷に向かう七瀬を、はじめ、メイドのふたりが追うんですね。黒服黒眼鏡のメイドさん! 素晴しいわ……。さらには本家のメイドたちも! 素晴しいわ。しかしどんだけはじめはメイドたちから愛されているのか。メイド長よね、あの貫禄? 落ち着きある人もはじめへのラブをあらわにして! いやもう、それだけに袖にされたのがショックだったのか。かつてのはじめの思い出が走馬灯のように駆け巡る! 大丈夫? ほんと、なんかえらいダメージでいらっしゃってよ?

結局大旦那様の用事、はじめに、孫にあいたいってことだったんですね。なので今回のはじめの尾行、結果よければすべてよし、なんだかんだで丸くおさまってよかった。手間もはぶけましたしね。しかし、孫から面倒くさいって思われたくない、そういって泣く爺さんと、その爺さんに共感してもらい泣きしてるメイドたち。あの図、素晴しかった。ほんと、この家ははじめラブで溢れかえってますね。

2020年9月2日水曜日

『まんがホーム』2020年10月号

 『まんがホーム』2020年10月号、発売されました。表紙は『らいか・デイズ』、らいかが猫スタイルで登場ですよ。三毛の衣装に、猫耳、猫手、猫尻尾装備して、こういう姿はめずらしい! そんなレアらいかであります。『河原課長とギャル部下ちゃん』レナが黒猫っぽく着飾って、猫耳、猫手装備だけれど、黒のドレスがポップでシックです。『ヲトメは義母に恋してる』鈴と寿々、ふたり猫耳と猫尻尾装備。触れ合う手がいいですね。そして『孔明のヨメ。』月英は、その膝に猫をのせてあわあわしている。その姿、素朴なよさに溢れて、とてもいいですよ。

『孔明のヨメ。』

曹操の手腕がものすごい。荊州を降伏させ、その手中に収めたと思ったら、さっそくバリバリ人事を行って、蔡瑁こそは重用してみせたものの、劉琮は荊州刺史のポジションを得ることはかなわず、それどころか刺史として青州に赴任させられる。これ、左遷だよな! これまでの積み重ねがまったく無意味となる遠隔地。地位こそは保証されたものの、荊州に留まれないではまったく意味がない。劉琮からはその立場を支える基盤を奪い、そして荊州に残る有力者からも後ろ盾を失わせるという人事の苛烈さ。もうまったくの完敗といった様相であります。

曹操の手腕、抱える部下の能力の高さといってもいいのでしょうか、それらがこれでもかと語られた今回。劉備についても、注意をおこたることなく、情報を集め、目的地が読めれば即座に騎馬隊をもって追撃に移ると、その速度感。ほんと、曹操という人はやり手もやり手で、情けも容赦もなくすべきことをなす、そんな男だったのだということ、よくよく感じさせる描写の数々でした。

その点、劉備は民の扱いなど見ても、どこかにおっとりとしたものがある。油断にも見えるから怖いよね。ほんと、ここからの展開、いかなるものとなるのか。関羽と月英の別働隊、その活躍、果たす役割に期待がつのります。

『天国のススメ!』

もうえらいこっちゃですな。よく当たると評判のペンデュラム。草間が買ったというのですが、こいつを太一が手にしたらどれほどの能力を発揮するというのか……。うん、生き物のようにうねうねと動き出して、あたかも会話するかのように持ち手を目的地へと導くというのですね。

このペンデュラム、草間が手を出すと全力で拒否するのもものすごいのですが、完全に草間と太一の会話しているその内容を理解しているというのもすごい。これはペンデュラムの力がすごいのか、それとも太一が規格外すぎるのか、どちらなんでしょうね。両方なんでしょうけど、どうも太一の割合の方がずっと大きいような気もするんです。

今回の話は、不思議な力を持ったペンデュラム。その水晶の意思、思いが太一の力でもって成就した、そんな話でしたね。石であってもそこには思いがある。母への思慕がある。まさかこんな展開になろうとは予想もしない人情ものとしての仕上りがあって、いやもう見事に油断ですよ、やられたっ! ってなる、そんなエピソードでした。

『スナックあけみでしかられて』

おおう、内容がタイムリー。台風がくるよ! おおう、台風は怖いよ……。なんとかマイルドであってほしい。そんなこと思わずにはおられないほどなんですが、だってね、このところの台風、数十年に一度級の規模のものが毎年のようにくるんだものなあ。いやほんと、なんとか直撃は避けてほしい。できれば上陸せず、海を通ってほしいなあ。

というので、今回は防災の話なんかも出てきましてね、物を置かない、避難ルートや避難場所の確認するとか、そういうの、大切だと思います。あけみさんの防災はというと、店の設備がわりとしっかりしてるから大丈夫そう。むしろ自宅があかんのか。それでお店で台風を待ち受けるというのですね。

そこからの、停電、冷蔵庫の鶏肉がピンチ! からあげありますまでの流れが面白かったんですよ。停電したから傷む前にとかいってますけど、冷蔵庫を開けなかったら大丈夫だろうって予測しながらも、空腹に負けたんですな! その気持ちの素直さ、鈴木先生にも伝染するなどね、これがおかしかったなあって思うんですね。

この山のようなからあげ、まさかふたりで!? ってことはないでしょうから、たまたま訪れた人も一緒に、みたいなこともあったのかも知れませんね。いや、ないかな? ふたりの特別な時間でしたか?

『恋はリベンジのあとで』

泉、ショックなことを知ってしまいましたね。梅ちゃん、恋人がいました! あー、ショックーッ! さらには竹ちゃん、既婚で子供がふたり。身のまわりにそういう話がないの、泉ひとりということをこれでもかと思い知らされて、ああ、すっかりヘコんでしまいましたね。吾亦紅をくれた専務も既婚。もちろん石田にも恋人があってと、ほんと、泉だけがポカンと恋愛の空白地にいるみたいになってるんですね。

そして恋愛以外の動き! 農地収用の話、少し事態が動いて、ああー、収用される土地の分、隣りの土地を買ったっていうんですね。水田の土を園芸用にしないといけない、それで心底浮き浮きしてる社長! でも、この土地の購入で借金できたのか! それを姪の泉に頼んじゃうのか! 俺になにかあったら会社を頼む。最初は会社だけが任されるもんかと思ったのに、借金つきとか予想外! 泉の絶叫、人生の悲哀が感じられますね。

2020年9月1日火曜日

『まんがタイムきららキャラット』2020年10月号

 『まんがタイムきららキャラット』2020年10月号、昨日の続きです。

『かぐらまいまい!』

いよいよ文化祭当日。呼び込みして、他クラスの出店や展示を見てまわって、そして舞姫部の展示で頑張って。そのたびたびに見える個性などなど面白い。お化け屋敷で鈴を鳴らしまくったり、御朱印で神社の名前と間違えて自分の名前書いちゃったり。おみくじのくだりも面白かった。カンナのいい仕事。円野がたまにはすなおになりましょうを引いちゃうっていうの、ナイス引きでした。

そして舞台です。校歌のアレンジで舞い、早着替えなど派手な見せ場も用意して、そしてこふく発案の追加演出。大福を撒くの!? 餅撒きだな。ステージから撒かれる大福。確かに神社とか、餅撒きするよなあ、なんて思いながら、舞のステージがちょっとしたお祭りに変わったような感触に面白みなど感じました。

ちょっとトラブルもあったりして、主に美夜ですけど、それでもうまくいった舞台。やるだけやりきって、いい顔してるラストのこふくが可愛いです。

『魔王の娘からは逃れられない』

めちゃくちゃ面白い。学校で、クラスの友達から吹き掛けられた香水。今流行のものだっていうんですけど、魔界に召喚されてルルの魔力に当てられたら、ただの香水だったものが強烈なホレ薬に! 周囲のものを魅了しまくるっていうんですね。

ザルハレの目に映るショーコのその姿! おおう、漫画のジャンルが変わったかのような可憐さ発揮して、ニアを強烈に魅了! さらには、あの自制の人ザルハレさえも誘惑して、どれほどの効力なのだろう。ニアのアプローチに、ルルの妨害、その爆発から逃げたショーコが出会ったものを次々籠絡していくくだりも最高で、アクエの目に映るショーコ! 上気し紅潮した頬、荒い息の色っぽさ! もうほんと、めちゃくちゃ面白い。アクエ×ショーコの決めゴマの大威力! 素晴しい、と思ったら、まさかここから四天王巻き込んでの大騒動に発展して、私のために争わないでー!! これで笑わないというのは無理です。

この騒動、ルルが収拾をつけちゃうんですけど、当のルルはというといつになくショーコに甘えちゃって、こうした子供っぽさ見せるところ、日頃のルルとはまた違う側面が垣間見えたようで、ちょっといいシーンになっていましたよ。

そしてオチが素晴しい。人間界に帰還したショーコですよ。おおう、香水の魔力、解けとらんのかい! 強烈な美少女になったショーコ! 群がる女生徒たち! もうほんと、これで笑わないっていうのは無理です。今回の面白さ、トップギアにはいってました。

『より撮りみどり』

今回はちょっと落ち着いた写真部活動ですよ。お菓子を作って、光の加減を工夫して写真を撮るみどりの様子。そうか、ここにきてようやく写真部を実感しましたか! というか、こないだまで登山部だったもんなあ。

ケーキを作ってたの、陸上部記録会を明日に控えた湊のためだったんですね。でも、やたらと作ってしまって、湊、みどりじゃ片付けられないからと、写真部のふたりも呼びました。景気づけのケーキだったはずが、ケーキパーティに発展しちゃってますね。

明日の湊の写真、一眼レフを貸そうかという美鈴の申し出を断って、自分のカメラを買うことにするんですね。約10万、結構頑張りましたね。とか思ってたら、美鈴がレンズを衝動買い……。値段は聞かないほうがとかいってますけど、1本数十万とかいくやつだなきっと……。未来を前に目をそらしている美鈴が笑いを誘います。

陸上部の記録会での様子。湊、みどりの期待に見事応えてくれましたね。けど、湊の勇姿を撮影するはずが、応援に夢中で撮るの忘れてたって。ええ、これちょっとわかる。撮影するって、ちょっとモードが違いますよね。なんてこと思わされたりしたのでした。

最後には、偶然に撮れていた湊の写真、ああ、オートフォーカスって素晴しい! 湊にもみどりにも嬉しい、そんな一枚になりましたね。しかしみどりがスポーツ写真に取り組むことになるとしたら、明るい望遠レンズが欲しくなるから……、出費が厳しくなりそうです!