2020年8月31日月曜日

『まんがタイムきららキャラット』2020年10月号

 『まんがタイムきららキャラット』2020年10月号、昨日の続きです。

『アニマエール!』

いい最終回だったと思います。これまで誰かを応援したいという気持ちを大切に取り組んできたこはねたちのチア。その活動が、思いが、こんなにも多くの人を結びつけて、ここに実を結ばせた。

明日体育館が全面使えるから大会用のプログラムを記録しよう。部活激戦区の体育館がまるまるあいているという不自然。これ、たまたまなんかではなく、これまでチア部に応援されてきた皆が、今こそそのお返しをする時と、示しあわせて場所を提供してくれたんですね。

おひろめ会の横断幕まで用意して、チア部のくるのを待っていてくれた。応援された、その気持ちが、今ここにチア部を応援したいという気持ちになって返ってきたというのが嬉しくて、この子たちにとっては、大会で結果を出すよりももっと価値のある成果であったのではないかなんて思わされて、ええ、いい最終回でしたよ。これまでの、誰かのためにという気持ちが、まわりまわって自分たちを支えてくれるにいたった。その皆への感謝の気持ちと、よりふくらんでいくチアへの思い。広がりある、そんないい終わり方だったと思ったのでした。

『あやしびと』

自分がすでに人ではないと知ったアヤ。その翌日、ふたたび校長にあって、気になっているということを聞いてみるんですね。人間の世界で知られる妖怪たち。誰がその存在を人に知らせたのか。そこから、アヤにとってひとつの希望となりうる情報を得るためのやり取り、退屈そうな風でいて、突如核心に迫るべく校長にくいついていくサカサがすごい。相手の気持ちまでは読めないものの、相手の言葉の真偽を見抜くことができる。その能力をもって、校長の巧妙に濁している事実を引き出していくくだり、実にスリリング。でもって、サカサのアヤに対する気持ちのまっすぐにあらわされるそのシリアスさ。素晴しかったです。

しかし、この展開も校長の掌の上なのか。というか、そういうことも見抜けちゃうんだね、サカサ。そしてここからちょこちょこいじられていくサカサ、その可愛さが実によかったです。ダイレクトにほめられたり感謝されたりするとここまで照れるのか。ほんと、皆が皆、いやみぞれだけノーダメージだけど、ちょっと気恥ずかしい思いをした今回の騒動。でも、この気恥ずかしさもまたいい経験だと思わされた好エピソードでした。

『またぞろ。』

中間試験を翌週にひかえ、緊張を隠せない一年生の教室です。そんな中、余裕を見せているのが留年組。一年生にとってははじめての高校のテストだが自分たちは昨年すでに経験している! と思ったら、あれーっ!? 去年一度も受けてないのん? こと、一学期の中間試験の時期にはすでに不登校だったのか。結構なハードモードだな。とりあえず2周目のアドバンテージがないってのはことにとってはかなりまずそう。いや、普通どおりといえば普通どおりか。でも、ただでさえ留年を気にしているこの子ですよ、余計に気に病みそうで心配です。

というか、 留年組も3人いるし、仲良くしてる非留年生もいるし、それなりに乗り越えていけそうなんですけどね、と思ったら、さっそく自尊心削られたりして、ほんと、あの見る見る表情を失っていくところなど、いやはや心配心配。先生も気にしてくれているわけですが、うん、心配になる気持ちもわかります。

メインの4人以外の一年生との交流もちらほら描かれたところ。これ、部活組がテストで暇ができたからこその光景なのか。こうやっていろんな人とのやりとり見られるの面白いので、またいろいろ見せてもらえると嬉しいです。

『しずねちゃんは今日も眠れない』

しずねの部屋に居着いているマシュマロおばけさん(仮)。夜寝る時にしずねのベッドに、ねねと黒うさも入り込むもんだから、ベッドはぎゅうぎゅう詰め。なんとか快適な睡眠をと考えたしずねのアイデア、ふたりにぬいぐるみに戻ってもらうってわけですか。というか、これが本来の姿だよな。ぬいぐるみ2体に挟まれて眠るしずねの怪しげな笑い。なるほど、こうしてまた眠れなかったりするんでしょうか。

今回は、しずねとしずね母が出掛けた留守宅での抱き枕たちの過ごし方が描かれまして、自堕落なのかな? 好き放題なのかな? と思ったら、しずねの快眠のために部屋の掃除をしてくれていたりと想像以上に献身的。でも、それなりに自分たちの楽しみも追求していて、リビングでテレビ見たりね、そしてそのまま眠ってしまったりと、この危機意識のなさ! でも、このふわふわこそが彼女らの持ち味でありますよね。その分、しずねがしっかり注意してくれているから安心なんですが、でもそう遠くないうちにバレそうな予感もしますよね。

2020年8月30日日曜日

『まんがタイムきららキャラット』2020年10月号

 『まんがタイムきららキャラット』2020年10月号、一昨日の続きです。

『まちカドまぞく』

うどんを持って桃の部屋を訪れたシャミ子。昔のことを話そう。桃のことをより深く知る機会が! と思って喜んだら、なんとまあ、桃の部屋、全員集合してるじゃん。これ、桃が呼んだの? とか思ったら、なりゆきで合流なのか。まさかここから皆が桃の部屋に集まるまでの状況が語られるとは予想外。本編、桃の過去話までもう少しかかるっていうんですから、贅沢というかなんというかでありましたよ。

しかしこの集合のくだり、皆が桃のことを心配してるってよくわかる。面白がってるみたいな人もいるけど、それでも桃のこと思ってくれている人がいっぱいで、そして桃もこの人たちのこと、そしてこの町についても大切に思ってることが描かれて、ああ、それもこれもシャミ子と出会ったのが大きなきっかけだったというのですか。

桃の過去にあったこと。姉との別れ? 作りなおされた世界? 命を失いかねないほどに負傷したこと? それらがついに語られるのでしょう。シャミ子が桃の夢に入り、その記憶を邪神像経由で映像出力する。って、HDMIポートつけられてるん!? ほんと、小倉、どういう技術力なのか。

ともあれ、シャミ子が桃の夢に入って、そこで見る、知ることとはいかなるものか。父の封印など、そうした状況も語られることとなるのでしょうか。ちょっとした正念場? わりと安心はしていますけど、結構ショックな展開もあるかも知れませんね。

『RPG不動産』

人のいない島。けれど昔はそれなりに住人はいたというのですね。ただ、交通の便が悪かったりして、だんだんに人がいなくなっちゃった。ワープ装置が移動も輸送も担ってるこの世界。便利な場所に人は集まって、ここみたいな孤島は自然過疎化していって……。こうした事情、どこか現実味あって面白いんですね。

今回は島の物件を見にいきます。入居者のいないアパート。その管理を任されることになったというのですが、荒れ放題の庭には尋常でなく危なそうな植物がたくさん生えていて、食虫植物とかいわれてたの、いきなりアリスをぱくりと一口にいくってね。尋常じゃない。命がいくつあっても足らん世界ですよ、ここ。

物件の近くで見つけた温泉。これがこの島の発展のきっかけになりそうですよね。アリスが入ったしびれる温泉は敏捷性をあげる効能があって、さらには力や魔力の強化、傷怪我体力の回復をしてくれる泉もあってと、とりわけ回復の泉は即効性ある湯治場ですよね、多少不便でも需要が見込めそう! 今後の展望に算段がつくんですね。

この漫画、状態異常やステータスアップなど、RPG的お約束を盛り込みながらも、どこか現実的な問題設定があったりと、こういうバランスが面白い。今回の島を取り巻く状況なんかがそんな感じ。今後への期待も高まろうというものです。

『精霊さまの難儀な日常』

海底火山をしずめるためにサラを海中へと向かわせる。そのための作戦を練る精霊たち。一発勝負は危ないとリハーサルをしてみたところ、思った以上に氷の溶けるのがはやい。予想もしないトラブルが発生して……、とここで人間たちの介入があるというのが実にいい。ええ、人の世界の大ピンチに、精霊たちと人がともに持てる力、知恵を出しあって取り組もうという。そのともに手をとる関係のできているということがとても素敵だと思ったのでした。

ともりのスタンスがいいですよ。氷の溶けるのがはやいのは塩分濃度と不純物の影響と、やっぱりこの子は知恵の子だな! 解決案を提示して、でもって無茶はしないよって、沖になんていかないよって、こういうクールなところ? 割り切ってるところ? 合理性だよなあ。そういうの、ともりの魅力だと思う。対してルカによりそうすみの、ノムをいたわるいろは。それぞれに違ったやりかた、異なる関係性でもって精霊と人とが助けあう情景が描かれる。その多様さがまたよかったんですね。

合理的なともり。クールなともり。いつもどこか本心を隠している、そんな風だったともりが、サラに怒ってるんだって素直な気持ち表して、そして、無事に戻ってきてくれたら全部……許すよ、目に涙を浮かべていうんです。この場面、静かだけれど、大きな感情の動きがある。いよいよ次回、最終回とのことですが、その直前に大きくステップするための溜めが作られたようにも思われて、それだけに今回サラが最後に見せた選択。その行方が気になってしまうのです。

2020年8月29日土曜日

『まんがタイムオリジナル』2020年10月号

 『まんがタイムオリジナル』2020年10月号、一昨日の続きです。

『ネコがOLに見えて困ります』

動物をたくさん飼ってるユラちゃんの家に遊びにいきました。動物が人に見えるミコトの前に広がる光景、それがもうおかしくって、うさぎにハムスターまではいいとして、たくさんのワンちゃん。これ、すごいインパクトあるよな。それにヘビ、ウマとくるんですが、ウマの絵面、これがヤバいな。ほんと、もとの動物の雰囲気を感じさせる風貌。ヒトの見た目と動物の行動のギャップがおかしくって、ミコトが疲れはてるのもわかるわって感じ。今回は描かれなかったけれど、鳥とか本当にこの世のものじゃないもの見られそうですよ。

今回、ハムスターのコーちゃんがミコトについてきてしまうんですね。ポケットから出てくる幼児! その絵面がすごい! 以前の箱に入ってたOLさんもそうですけど、小さな動物が一部でも姿を見せたらヒトのサイズに早変りする。その見た目のインパクト! ポケットから首! いやもう、ものすごい。

ネコとハムスター、一緒にして大丈夫なのか? ミコトが心配するのもわかります。しかしOLさん、狩りはしないタイプ。むしろ積極的に遊んでくれてて、この絵が可愛くてよかったです。そしてラスト! あの緊迫の数コマですよ。

兄貴がいうんです。ハムスターならOLさんのお腹の中にいるよって! 食っちゃった!? いや、お腹に抱いてたんですね。OLさんのお腹から飛び出る顔! いやもう、見た目のインパクトですよ。見た目で笑わせてくる。またコーちゃんがいい表情していますよね。

『敷金礼金ヤンキー付き』

大家の母が送ってきた犬。アパートで飼うというの、やっぱ世話は店子なんですね。当番表ができていて、持ち回りで面倒を見る。それはいいんだけど、たえの日は安心。七恵のときは不安。ちゃんと長く面倒見られるか心配になる態勢ですよ。だって、大家から支給された犬のエサ代、さっそく着服しようとしている。いや、それはいいんですけど、バレたらえらいことになるよ? ほんと、七恵さん、命知らずが過ぎます。

犬の散歩中、ヤンキーと一触即発、ケンカ寸前までいったくだりですよ。はたして七恵は勝てるのか? いや、そういや大家が犬にストレートを教え込んでたな。しかも結構いいパンチを見せてたな。もしやって思ったんですよ。やられた七恵のかたきを犬がとるのか!? とりませんでした。というか、そんなシリアスなケンカにはならなくて、そうでした、この漫画、基本そんな感じです。安心して読めるから美点ですな!

真夜のよくわからないこだわり、憧れのシチュエーション? これも面白かった。とりあえず、七恵は心配だけど、店子に受け入れられてるようで、犬の今後も安泰そうですね、と思ったところでこのアパート、ペット禁止なの? そのへん、大家の一存でどうにでもなりませんの?

『とびだせT.O.Z』

そういえば、部活以外の様子が描かれるの、レアな感じがしますね。昼の学食。宇佐美と柳、マナが出会うんですけど、柳、普段はこんな感じなんですね。こうして部活以外の日常が描かれると、それぞれのキャラクターがよく出てきて、なにか幅が広がるように感じますね。これまではドMの兄貴と、ツッコミの妹。妹をしごく先輩とか、そういう感じの関係性が表立っていたわけですが、今回はビビリの柳、人気者になりたい、愛されたい宇佐美といった、これまで描かれながらもそれぞれ個人のうちにとどまっていた感のある要素が、この3人の間で共有されるにいたった。なんか、彼女らの相互理解、ひいては仲を深めていく第一歩がこの日だった、そんな感じがして、いいなって思ったんですね。

しかしクールに見えるその見た目から、つきあいにくそう、なんか怖いと敬遠されがちな宇佐美がですね、どうしたら愛されキャラになれるのか、そんなことばっかり考えてるのがおかしくて、でもって柳にキツくいっちゃった後に落ち込んでしまってたりするのがすごくチャーミングでよかったです。で、隠されていたこの側面、ついにマナ、柳にバレちゃって、まさかの土下座! しかも敬語キャラにイメージチェンジ!? これ、愛されキャラへの第一歩なのでは? ええ、すごくいい感じでしたよ。これを機に、皆、仲良くなっていきそうで、わくわくさせられるものありました。

2020年8月28日金曜日

『まんがタイムきららキャラット』2020年10月号

 『まんがタイムきららキャラット』2020年10月号、発売されました。表紙は『まちカドまぞく』。魔族と魔法少女、4人が揃っていい表情見せていまして、皆でそろってブイサイン? いえ、数字の2ですよ。TVアニメ『まちカドまぞく』の第2期が制作決定したのだそうですよ。だからせーので指で2を作ってるんですね。しかしにぎやかな表紙。背景が真っ赤なのがすごいですよね。強烈な赤、けれどその赤に負けてない4人が力強いです。

今月は新規ゲストが3本です。

『キャットアンドチョコレート』

理由をつけて学校をサボりたい女子高生、千夜子。気持ちはよくわかる。けれど、この駄目人間まっしぐらの千夜子を正道に戻そうとするものがいたというんですね。猫のにゃー子。長く人に飼われて、ついに人の姿に化けられるようにまでなったというんです。ご主人様思いのいい子なんですが、手厳しさがちらほら垣間見えますな。長年生きて化け猫に進化したんだそうでして、その話を聞いてる千夜子の想像していた進化の図式。ケモがレア度星2で美少女化すると星4にあがるってやつ、こういうの、見せ方含めて面白かったです。

話が展開するにつれて面白みも増していったと感じるのは、千夜子とにゃー子のやりとり、それがどんどんはずみをつけていくからでしょうか。にゃー子がいいですよね。間違いなく千夜子のことを考えてくれていて、でもそれが千夜子にはわずらわしい。なんだかんだと理由つけて楽な方、楽な方へいきたいところが、にゃー子がとにかく手厳しい。ほんと、このにゃー子のキビキビとして、言葉も達者、明るく元気でほがらかな様、とてもいい。目的のためには手段を選ばないところとかもね! 千夜子を逃がさないために首輪つけるとか、人の社会の常識がないからなのかな? そのへんはよくわからないけど、悪気がないというのはよくわかる。善意100%で動いてるにゃー子の魅力がよく感じられたのでした。

『くぅべるちゅうる』

先輩みるくと、自分に自信がいまいち持てないチョコのやりとり。皆には模範的なみるくなのに、チョコ相手となると途端に気持ち悪くなるという。そのみるくの欲望最前面の言動がなかなかに面白い。チョコの肌にさわりたいというの、なぜかと聞いた時の受け答えとかね、語らずにはいられないみたいなそんな切迫した情念の高ぶりみたいなの感じさせたんですね。

チョコが自信をいまいち持てていないというのはもういいましたね。着たいと思った服でも、似合わないんじゃないかって思うと手が出ない。そんなチョコに、なかば無理矢理に白いニーソックスを履かせて、しかも似合ってるといったみるく。みるくは自分の欲望に忠実なだけなのかも知れないけれど、結果的にチョコに自信を与え、好きなものは好きといっていい、その勇気を与えてみせたところ、とてもよかったと思うんです。そして、みるくのチョコに与えた勇気が、真正面からみるくに返ってくるところね。ええ、いい打ち返し。きっかけが与えられて動き出した感情が再びきっかけに帰っていく。いい展開の流れができていたと思います。

『ちぐはぐ*るーむしぇあ』

高校生でルームシェア、ふたりで暮らしてるまひるとあさひ。名前があさひなのに朝起きられないとか、そこもまたちぐはぐなんでしょうか。一緒に暮らして、けれど一緒には起きられない。起こしても起こしても起きてこないあさひに手を焼いて、しかたないからそのままひとりで登校するまひる。なんかここだけ見ると、あさひがどうしようもない子に見えちゃうけど、お昼のお弁当はあさひが用意してるんですね。朝は起きられないので、前日夜に用意してる。その間まひるはなにをしてるかというと、FPSやって遊んでるんですね。

この、ちゃんとしてるようでどこかちゃんとできないふたりの、それもまたちぐはぐなのでしょう。互いにできることをやり、できないことを助けてもらい、でも完全にはサポートしきれてないんだけどさ、でも一緒に暮らすその空気感はなかなかにいい感じ。学校が終わって帰宅する時の会話とかね、一緒に帰ってこれるのっていいね、そんなあさひに、朝は一人で登校だけどね、こういうちょっと皮肉まじりの応答できるのも、ふたりの気の置けない距離感思わせてくれるのです。

そして夜の情景。はやく寝ないといけないなとか、こんな時間にお菓子食べると太るとか、わかっていながらもふたりして楽しいことに流れていっちゃう、その感覚がまた悪くなかった。どうしよっかなあって悩んでるあさひが、駄目なことだってわかってるから、まひるを誘って罪悪感の軽減をはかってるよね! でもってまひるも、その誘いにのって同じく罪悪感を軽減してる! ちょっとした共犯関係、それが魅力的。でもって、きっとあさひは明日も起きられないのでしょう。

2020年8月27日木曜日

『まんがタイムオリジナル』2020年10月号

 『まんがタイムオリジナル』2020年10月号、発売されました。表紙は『ラディカル・ホスピタル』。テーマは夏祭り? あるいは浴衣でしょうか。りんごあめ両手持ちの山下ナース。しっとりとした浴衣姿に、なんだかアクティブ? おっちょこちょい感あるそのポーズ。いいですね。山下さんぽさあります。『小森さんは断れない!』しゅりも浴衣。これはヨーグルト? アイス? ちょっと胸元がえらいことになってます。『らいか・デイズ』らいかはちょこんと座ってチョコバナナ食べてる、そのちんまり感、いい感じです。『わさんぼん』牡丹は、その手に和菓子を持ちまして、これは草太の菓子なのでしょうなあ。

今月は新作ゲストが1本です。

『駄目吸血鬼とチグハグ少女』

夜、突然自室に現れた吸血鬼。血を吸うのか!? と思ったら、いきなりフライパンで殴打されるというのね、それ、フライパン、手元に常備なの!? いや、それはつっこみとしてはおかしいか。

突然部屋に入りこんできた。それすなわち不審者として警察、救急に通報する。そんな小春咲のクールな振る舞い。いいじゃん! と思ってたら、表情に出ないだけで怖がりなのか。実際にはかなり怯えていた。でも、それがノータイム殴打に直結するって、ある意味頼もしい人だと思いました。危機に直面すると考えるより先に体が動く。生き残るには適した性格なのではないいか。だって、フライパンで殴打はとりあえず正しい行動でしょう?

吸血鬼、アルク=シルフィは牙を失って血を飲まない、ある種安全な吸血鬼なんですな。牙が削れた理由は微妙なんですが、この特性のおかげで主食がオレンジジュース。あれ? トマトジュースじゃないのか。しかし、この人、人じゃないけど、一日の食事がオレンジジュース3本でいいって、めちゃくちゃコストパフォーマンスいいじゃありませんか。

この部屋にわんさといる霊も祓ってくれて、咲にとってもありがたい? そんな関係になっていきそうですが、一日360円で食費が足りるなら、なんとなく夜勤のバイトでもしたら自活できそうなシルフィ氏です。

『となりのフィギュア原型師』

今回はフリーランスの厳しい現実描かれて、いつ仕事がなくなるかわからない、だから経費もろもろにはシビアに対応、とかいってた矢先に、半藤、仕事がなくなったっていうんですよ。版権元と色々あって、三ヶ月の仕事が消失。半藤の落ち込みようがものすごい。そうかあ、大変なんだねえ。

今回、代表のいっていた、三ヶ月の仕事を一ヶ月でやると収入三倍、同時に二件回せば二倍という理屈。これ、できる人はできちゃうんだろうなあ。きっとこの代表はできちゃう側の人なんだろうな。こういう手の速さっていうのも才能なのだろうなあ。

今回の嬉しいこと。ワンコの飼い主さん、リョウタロウのママさん再登場ですよ! やったーっ! 八重樫野路子さん。この子、めちゃくちゃいいですよね。真面目そうな子。で、口癖はいかがわしいやつですかなんですか!? せつかの自己紹介に、いかがわしいやつですか? 半藤の助け船に、いかがわしいやつ…ですか…!? いいなあ、この子、いいキャラクターしています。

リョウタロウのフィギュアを作ってほしいっていうんですね。それも半藤に依頼したいと。感動する半藤! 報酬はきっちり払いますって、ネットの知識ですけどとかいってますけど、いやあ、これほんといいお嬢さんだ。でもって、代表のいう報酬も締め切りもないと完成しないっていうの、代表の実体験なのかも知れないけれど、報酬が発生すれば責任も生じるってことでもありますよね。これもまたいい話だったのかも知れません。

斉藤の出した見積り、予想外の高さにくじけそうになる野路子ですけど、半藤の助け船で表情ががらっと明るくなるの、これほんと魅力的でした。完成品手にした時の表情も素晴しい。ええ、いいキャラクター。いいレギュラー追加ですね。え? レギュラーですよね? そうだといってくれ。

『僕は女心なんて知りたくない』

最終回でした。望美に能力を知られてしまった春喜。それでいったいどうなるのかと思ったら、望美さん、ノリノリだね? 自分も加えた超能力バトル展開を夢想して、キャラ案提出してきたり、さらにはお金稼ごうって! うん、この素直さ! これは望美の魅力だと思います。ほら、春喜も裏表がないって褒めてますしね。

春喜の能力を悪用、いやさ活用しようとする望美ですけど、制約いっぱいだからどうにも活用しづらいときた。結構強力な能力だと思うんですけど、それをこうまで腐らせてるのは、ひとえに春喜の人のよさがためだよなあ。でもってこの能力、樹里に夢乃に佐藤たちにも知られることとなって、おおっとピンチか!? と思ったら、わりと問題ないようで安心でした。

しかしこの漫画、いつか春喜に婚約者が! みたいになるのかなって思っていたんですけど、残念、そこまではいけませんでしたね。しかたないから、春喜は佐藤君と一緒になればいいと思います。

『カントリー少女は都会をめざす!?』

千秋と椎奈が八重の家で勉強をしてるというのですが、夏休みの宿題なのかな? 八重が以前やった宿題を見せて? とかいわれてますけど、そんなの残してないよねえ。と思ったら、絵日記は残してるんだ。ほんと、八重さん、自分大好きだよな。椎奈から黒歴史ノートとかいわれてますけど、八重にとっては黒歴史なんてことはまったくないんだろうなあ。半端じゃないポジティブ女子ですよ、八重さんは。

しかし、この絵日記、最初に紹介されたトピックが、電車に乗りました。そんな普通のこと? と思ったら、そうでした、ここではレアでした。千秋が心底驚いてるんですよ。対して椎奈の反応、ちょっと八重、千秋とは違うんですね。世間的には椎奈が標準だと思うんですが、ここではむしろ少数派。この常識がねじまがる感じがいいですよね。

常識がねじまがるといえば千秋の絵日記がまたすごい。毎日畑で遊んだが続くっていうんですけど、その絵、ちょっとずつ持ち物とか違うんよな。せめてものこだわりなのか、あるいはなにも考えてないのか。うん、多分考えてないんだと思う。だって、他になにがあっても畑で遊んだで描いちゃうんだもん。八重渾身のコンビニアイスも畑で遊んだに上書きされちゃうんだものな。ほんと、八重の都会愛もよっぽどですけど、千秋の畑愛も相当です。

2020年8月26日水曜日

『まんがタイムきららフォワード』2020年10月号

 『まんがタイムきららフォワード』2020年10月号、昨日の続きです。

『桃ノ木家の四姉妹』

本屋のちびっ子店長、留美に誘われてミツが漫画を描くことになりました。同人誌のゲスト原稿。けれどなにをどう描いたらいいかわからない。手持ちの漫画を参考にしてみてもぱっとしない。すっかりいきづまっていたのだけれど、瑞穂からのアドバイス? 興味のあるもの描いたらいいんだっていわれて、方向性が定まったみたいですね。

ここからのミツのイベント体験が面白かったんですね。ゲストとはいえ、同人誌とはいえ、自分の描いた漫画が本になった。それを見てくれる人がいる、評価を直に耳にすることができる。その高揚感? 気持ちの高ぶり? すごく伝わってくるわけですよ。

本屋のお姉さん、漫画家なんじゃないかと思ってた、以前そんなこといってましたが、ああ、やっぱりそうだったんですね。サイン頼まれてるお姉さん、ミツの好きで買っている漫画の単行本にサインしているっていうんですよ。この時のミツの驚く様子もまたよかった。その反応に、なにか思うところのある留美もよかった。ええ、なにかふたりの関係、ちょっと特別感出ていて、じんわりといい。すごく惹かれるのです。

『限界ゲーム飯』

全然限界じゃないよ! 今回は、パズルゲームがテーマです。落ちてくるクッキーの種類をあわせて、連鎖なんか組みながらどんどん消していく。まよがとにかく強いというんですね。そんなまよがいうんです。パズルゲームしてるとおかしたべたくなる。モチーフのクッキーに食欲刺激されてるんですね。

そんなまよの夢を叶えようという今回。皆でクッキー焼くんですよ! ほら、全然限界なんかじゃないじゃん。材料揃えて、アメを砕いて、バター練って生地をこさえて、そして焼く。すごくちゃんとしてる! しかもプレーン一色じゃなくて、プレーンとココア生地を市松にしてみたり、さらにはクッキーの真ん中に砕いたアメ入れてみたりと、凝ってるんですよ。過去最高にしっかりしたゲーム飯じゃない? ほんと、全然限界なんかじゃないですよ。

できあがったクッキーがくっついちゃってるの見て、連鎖できてるって喜ぶまよ、これがほんと面白かった。そして気になるカロリー。クッキー消すと増える数字、あれはカロリーなのか!? って、その発想も面白い。ええ、ゲームとクッキーが相互に作用しあって、ナイス連鎖でしたよ。

『あいらいく俳句』

体育祭にやる気を見せるわびさび部。目立つんだ、人気になるぞってたいした意気込みなんですが、準備体操だけでもう限界とか、活躍できそうな気がまるでしない……。実際競技がはじまってみても、あらぬところ見て競技を忘れるうさことか、頑張るものの結果がついてこないどころかホラー寄りになっちゃうあいとか、なんだろうこの空回り感。というか、空回りは予想できたけど、こんな情景、まるで思いもしなかった。軽く想像を上回ってきますなあ。ほんと、尋常でない発想です。

とか思ってたら、いつぞやのお金持ちですよ! 肉山歩豪。なんでも金で解決しようとするカオスな人物。しかし、しかってくれるあいにママ味を見出して……。この強烈なキャラクター、きっとまた出てくるぞ、そう思っていたら、きました! きましたよ! 地域代表、来賓としてやってきた歩豪。あいママを見て、赤組勝たせようと大金を振り回す! またもあいにしかられることになるんですけど、大金ふいにした校長がえらい表情してみせるっていうんですね。この俗物感。けど、あれだけの大金前にすれば、人は誰しも俗物になるのかも知れません。

ラストがよかったんですよ。演劇部、一条羅夢とわびさび部の一騎討ち! そこでね、羅夢とあい達わびさび部の友情確認イベント発生ですよ! これ、素晴しいな。代価なく遊ぶからこそお友達。実に感動的。ええいああ、羅夢からもらい泣きでした。

2020年8月25日火曜日

『まんがタイムきららフォワード』2020年10月号

 『まんがタイムきららフォワード』2020年10月号、昨日の続きです。

『ちょっといっぱい!』

これ、ちょっとしたカオス回ですね。エリカがバイト仲間に加わり、これまでにないテンション、これまでにない展開が見られるようになった。きっと今回もエリカがなにかやらかすんだな……、とか思ってたら、違いました、やらかしたの真澄でした。これも現実逃避の一環なのでしょうか。高校生たちに触れて、自分も高校生になりたいと。そういって制服持ってきて着てるっていうんですよ!

めちゃくちゃなハイテンション! けど困ったな、めちゃくちゃ可愛いな。わりと乱暴狼藉、結構なやりたい放題。ここで明かされる真澄と店長の長いつきあい。ということは、人に知られたくないようなこと、いわゆる黒歴史も熟知している仲というわけで、店長の隠したい過去をバラすぞと脅して、無理矢理に中学の頃の制服を店長に着せるっていうんだから真澄さんったらもう鬼畜。さすがの店長も涙目、というか、やっぱりサイズに無理がありすぎっすよ!? とか思ったら、真澄にエリカが超のつくくらいのハイテンションだーっ!

なんだろう。今回、いつにないカオス回だったと思う。

けれどこの騒動。ちゆりの制服から、自分の意思をもって将来を選んでいこうという話に展開していったところ、さすがだと思いました。なにかね、やりたい放題真澄さんの笑顔が安心させてくれる、そんなところあって、ええ、やっぱり人生の先輩として見せられるもの、語れるものがあるのだなって思ったりなんかして、いやわりと反面教師だったりする? ともあれ、この年長者ふたりの辿ってきただろう道のり、それがこれから将来に向けて歩みを進める若い人たちに感じさせるものあるというの、いいなあって思えるもの多々ありましたよ。

『スローループ』

ちょっとした番外編ですね。今回はひよりたちから離れて、大人組? 宮野楓と一花がカワハギを釣りにいくっていうショートエピソードだったのですが、気の置けない仲? それだけにちょっとずけずけいっちゃうみたいな距離感が新鮮? 面白くて、釣り人の習性みたいにいわれていたマウントとりたがる? 負けず嫌い? そういう側面を押し出してくるところとか本当におかしかったです。

一緒に釣りして、数で、大きさで相手を上回ろうって躍起になってるのがね、意外なもの見せられた! って感じがあったんです。楓がとりわけそうでしたね。あんなにムキになるって、思いもしない要素でした。

釣りあげたあとは、ふたりで一緒に調理してというのですが、このノーサイド感がまた面白い。おいしいもの食べると気持ちが落ち着く? ふたりしてニコニコしながら食べてるのがすごく魅力的な情景で、さらにはお酒の力ですか? 歴史的和解をしてみせるっていうんですね。

この、仲がいいから競ったり、どこかわかりあってるような様子見せてくれたりというのが面白く、そしてなにか羨ましくも思える関係でありました。

『観音寺睡蓮の苦悩』

前回からの続きだ! 風邪をひいておかしくなった睡蓮。あの事件が椿と紫陽花を仲違いさせてしまっていたというのですか。学校に復帰した睡蓮の前に広がる凄凄とした情景。椿を避ける紫陽花に、紫陽花をこばむ椿ですよ! 自分が引き起こしてしまった事態に怖れおののき、その罪に身をふるわせる睡蓮。というか、このタイミングで煽りにやってくる牡丹がすごいな。でも全然睡蓮にダメージ与えてないのもすごいな。うん、牡丹さんが一生懸命話してるんだから、せめて話だけでも聞いてさしあげて、睡蓮さん?

今回のわりとやりたい放題な感じも面白かったです。なんかいろいろおかしくなってるよね? 途中、睡蓮の絶望が連載を終わらせそうになってしまっていたり、そして睡蓮の介入が椿、紫陽花をふたたびもとのとおりに仲直りさせてめでたしかと思ったら、果てがあの大ゴマからのSSR表示で駄目押しの大ゴマ本性睡蓮か! この勢い? ドライブ感? は、かなりノッて描かれた結果なのではないか、そんな仕上がってる感ありました。

ところで、SSRコマのふたり、椿、紫陽花のカップリングが表紙イラストのそれと逆になってるんですな。おお、おお、リバだ……。ええ、睡蓮さん、いい仕事をなさいました。

夢喰いメリー

いやもう、これまでずっと見せられてきた絶望的な状況。なにをやっても白儀「本能」には敵わないのか? 幻界、現界にわかれて白儀と戦うメリー、夢路のふたり。そのふたりがともに白儀「本能」に圧倒されて、まるで攻撃の通らないメリーに、攻撃する暇さえ与えられないままいいように弄ばれる夢路。これ、どこに逆転の目があるのか?

と、そう思ったところに差し挟まれたエンギと由衣の関係を描いた描写。夢魔と人、異なる世界に住まう、そんな存在が今こうしてともにあるということ、それがふたりを強くしているということ、これが続く展開を導くことになろうというのですね。

ふたりの言葉を受けたかのように先を続けるメリーですよ。そうか、これ、白儀「本能」の失策だな。「理性」を失ってるから自身の気持ちの昂り、それを抑えられないのか。自分が徐々に窮地に追い込まれつつあることに気づいていない。いわばその隙をメリーに付け込まれて、あの逆転に繋がった。メリーの渾身の一撃からの乱打、そして人と夢魔のこれからを占うかのような前向きに開かれた言葉。これまでのメリーの経験し積み上げてきたものすべてがここに結実したのだと、そう実感させられた瞬間でした。

そして夢路に託されるキボー。ええ、いよいよ正念場ですね。

2020年8月24日月曜日

『まんがタイムきららフォワード』2020年10月号

 『まんがタイムきららフォワード』2020年10月号、発売されました。表紙は『観音寺睡蓮の苦悩』。メインどころ4人が揃って登場、なのですが、紫陽花、椿がイチャイチャしてる、それが睡蓮的にはなにより重要といった表紙にしあがっておりますよ。手前に椿、紫陽花。その後ろで振り返ろうとしている睡蓮。一番奥に、ちょっとふくれて丸まってる牡丹。これが手前から奥に螺旋描くようにぐるりと視線誘導していくのが実にいい。椿に抱き付こうとする紫陽花の動きを起点に、伸ばされた手が椿を経由し睡蓮に繋がり、睡蓮の回転を加えた動き、髪の流れが、手前と奥を分割しつつ、紫陽花からの流れを受けとり背後の牡丹へと向かわせるのですね。

今月は新作ゲストが1本です。

『仕事ができない彼女の理由』

お嬢様づきメイドとして令嬢の日常の世話をしている主人公。けれどその正体は、お嬢様を始末するべく雇われた殺し屋で、日々お嬢様の命を狙うものの、どうしてもその仕事が果たせない。なぜか? お嬢様を前にすると手が震える、動悸がはげしく打つ。これは精神攻撃!? とかいってますが、そこまで非現実的な言い訳しないといけないほど、好きになったこと自覚したくないのですか。

しかしなぜこの令嬢が狙われるのか。その理由が思いもしないものでしたよ。最初、依頼主が命を狙われるターゲットである令嬢本人と明かされた時は、これを一番最後に持ってきた方が落ちとして強かったんじゃないかななんて思ったものですが、むしろ仕掛けはここからで、なぜ命を狙わせるかというその理由。人を食ってみたいからなのか! お嬢様、妖怪の類なんですな。人の世界で暮らすために正体を隠し、人に害をなさないよういましめられている。けれど正当防衛なら話は別……、というので命を狙わせておいて、正当防衛成立からの返り討ちを狙ってるのか。迂遠な……、とはいうものの制度の穴を突くというのはこういうものなのかもですね。

この罠のような状況下で、なお令嬢の命を狙い、それでいて害することのできないメイドの最終的な開き直り。なかなかによかったと思っています。途中途中に状況を説明するキャプションについては、もうちょっと読者に判断を委ねる、信じて描写で伝えてくださってもよかったのではないかと思いました。きっとちゃんと伝わるものがあった、そんな感触ありますよ。

『球詠』

今回、めちゃくちゃ面白いですね。対外試合にて、これまでの練習の成果を確かめていくって趣向ですよ。熱の入った投球を見せる光。光の真価を引き出そうとするかのようなタマの要求に応えていくのもまた気持ちいい。返球でもわかるタマのすごさ。そうなんだ、返球が確かだとピッチャーの疲労をおさえられるんだ。すごいな。そんなこと、考えたこともありませんでした。

出塁のために左打ちを試してみている稜もまたいい感じ。出塁はできなかったものの、粘りに粘って8球投げさせた。選球眼がよくなってきているんですね。こうしてだんだんに成長の見える新越谷メンバーですが、そんな中、苦しんでいるのが希。左投手への苦手意識が拭えない。柳大戦を引きずっているのではないか、芳乃が見守っているその様子に、心配と信頼したい気持ちがうらはらに同居しているのを感じました。

希をライバル視する大分から遠征してきた夜明林工の先発ピッチャー、日高凪。この人が左投げなんですね。希へのリベンジを誓う凪ですが、精彩を欠く希に失望を隠せない。希の不調に凪の失望、そこにヨミがホームラン打っちゃうっていうのがほんと面白い。凪は大焦り、希は涙目っていうんですよ。ほんと、これがいいショック療法になるといいですね。ここで凪が登場してきたの、希の現状打破への布石だと思いたいんですよ!

『はるかなレシーブ』

決着しました。なるあやを相手に、1点差にまで追い上げるはるかな。このセット、絶対とると気迫も充分なふたり。この勝負の行方やいかに。続くラリーに、ページをめくる手は一瞬もとまらず、ぐいぐいと引っぱられるままに読み進めてしまいました。

それだけに、あの決着。一瞬、時間がとまったかのような感覚でした。

勝者、なるあや。正直、この展開もあるだろうと、予感? 覚悟? はしていたのですが、こうして実際に見せられると、こうきたかー! という感想よりも、ああー、負けるのかー、そうした気持ちの方が強く出てしまって、これは私自身意外でありました。それだけ、はるかなの勝ちを確信していたのかも知れませんね。

しかしこうして負けてなおはるかなには得るものがあるはずで、むしろ負けたからこそはるか、かなたふたりの得たもの、その意味はより際だつものと思うのですね。試合を終えて互いにかわしたありがとうの言葉。その意味するところは明確と思うのですが、次回、最終回にてより深まるなにか、感情、思いなどなど、あるのではないかと期待させられます。

2020年8月23日日曜日

『まんがタイムきららMAX』2020年10月号

 『まんがタイムきららMAX』2020年10月号、昨日の続きです。

『のむラリアット!』

顧問登場だ! 元プロレスラー、というんだけど今はアル中なの? 朝練しようと部室にいったら、リングのど真ん中で空き缶に囲まれて寝てるっていうんですよ。いきなり不審者扱い。目を覚ませば不穏な発言。三週間くらいずっとふつか酔いしてたという発言に入ったつっこみに、なんと答えるかと思ったら、依存症なんだよ仕方ないだろ。もう駄目だ……。朝めしまで部員にたかる始末。部活ものの顧問は度を過ごした酒飲みがもはや定番って具合でありますが、依存症を自覚しているわ、酒につぎ込んでるんだろうなあ、食費も交通費もないわと、かなりのハイレベル顧問であります。

しかしハイレベルなの、人としての駄目さだけじゃないんですね。なりゆきで一年生たちの練習を見てくれることになった。技の威力は抜群。指導にも熱が入って、なんだ、ただの駄目な人じゃなかったんだ。と、ここでちょっと見直したわけなんですが、いや、ちょっと待って? 試合とかこれまた悪いこと考えてるのでは?

今回は一年生たちとの初顔合わせとなった顧問。今後、上級生のいる時に出てきたら、また違った表情? 言動など見せるのでしょうか。上級生はなにかしら顧問のあしらい方などわかってそうでありますね。

『ぬるめた』

またよくわからない導入だ! いきなりのもつ鍋。なぜ? 鍋の季節じゃないよ? いや、夏にもつ鍋を食べたら駄目って話もないな。しかしこれがただの導入にしかならない。本編は銭湯だ! というので、ちあきがすごく嫌そうにしていて、くるみとはたまに入ってるじゃないか、さきなとは昔入ったじゃないか。で、しゆきがすねるのな。この展開。うまいですよね。にやりとさせられるものありましたよ。

銭湯での情景、まるで色気もないっていうのですが、そうかちあきは大きいのか。しゆきのあの執着っぷりがものすごくて、抵抗するちあきの言葉の数々がもうほんとおかしい。今回はちあきが真っ当だったな。で、ここからのくるみの介入、これがもうまったく予想もさせないもので、いやはやおかしい。なんでもないようなことでも大笑いする、そんな年頃の娘たちの馬鹿笑い。その果てに、なんだか肩の荷が降りたちあき? かたくなだった気持ちがほころぶところなど、実にいいシーンだったと思います。

『初恋*れ〜るとりっぷ』

猫島にいきます。田代島。列車とフェリーを乗り継いでいくの? 鉄道が東北本線から仙石線に接続するというの、なるほど、こんな繋がりかたしてるんですね。分岐、仙石線に乗り入れる線路の様子あり、そして車両がハイブリットディーゼル。鉄道情景、その描写も充実ですね。面白かったです。

目的地は石巻駅。そうか、仙台と石巻をむすぶから仙石線か。ここでフェリーに乗り換えて、船上の情景なども描かれるのですが、ちょっとした事件が発生、それどころではなくなっちゃうんですね。そらが思い出の切符をなくしたことに気づいた。落としたのは改札を出たところ。ああ、これあとで拾えるのかな。そのままゴミとして捨てられてしまわないかな。ハサミの入った硬券だから拾っておいてもらえるかな。

切符が落ちる描写にそんなこと思っていたのですが、切符をなくして取り乱すそら。フェリーから海に飛び込みそうな勢い。どれだけ大事にしていたかがわかろうもので、それだけ切符のお姉さん、まひろ先生との思い出が大切だったんですね。それだけに、そらの落ち込みよう。心配になるばかりです。

『みわくの魔かぞく』

今回はビーに制服を着せる話でしたね。ミラから、ビーにも似合うよなんていわれて、照れ隠し? 思いのほかキツくいいかえしちゃってね、それでちょっと自己嫌悪してるんですね。そんなビーが制服を着ます。どうして? いったいなにがあって?

いやもうすごい力技だと思いましたよ。なんと、ミラとビーが入れ替わってるーっ!

悪夢と思って処理しようとするビーの冷静さが光ってましたね。でもって、学校休むのまずいから代わりに学校いってと懇願するミラ。楽しんでるだろうとビーからつっこまれてましたけど、本当に楽しんでましたね。その後、中身ミラのビーが制服着て学校にやってくるんですよ。おお、確かに似合ってる。クールで素敵な感じですよ。

ビーの中身がミラと知らないまいが抱きつきにいったりしてね、それでミラが赤面したりね、こうしたところも魅力的。入れ替わりはすぐに解決するんだけど、その後の始末がまたチャーミングな展開見せて、ミラ、まい、ふたりともに満面の笑み! 素晴しいな。

ちょっとした不思議なできごと。その顛末がすごく愛らしく描写されていたと思います。ミラもまいも、もちろんビーも、皆がもう魅力的だったのですよ。

2020年8月22日土曜日

『まんがタイムきららMAX』2020年10月号

 『まんがタイムきららMAX』2020年10月号、昨日の続きです。

『旅する海とアトリエ』

中間ポイントですね。りえが日本に帰ると聞いて自分も帰国すると決めた海。自分自身を振り返るきっかけができたんですね。写真の海を見つけることができればきっとなにかが得られる、そう思っていたけれど、実際には違うのではないか。むしろ今なにも持たず、なにも知らずにいる自分自身について気づかされることとなって、ああ、海にとってこの旅は自分という人間を知るための大切な機会と時間になっていたのですね。訪れた街、出会った人たち。そして経験したできごと。それらが海に多くを語りかけていた。私はその語りかけに応えるなにかを手にしていない……。

海は、そう思ったのかも知れませんね。

いつも明るく、能天気でさえある海の内心のモノローグが沁みる。そんな回になりました。そしてふたりは日本の地を踏み、空港でお別れ。しばらくは、それぞれひとり自分の時間を過ごすことになるのでしょう。その時間が育むもの、それはなんなのか……、なんてしみじみ思ってたら、あれー!? なんか思いがけないことになっとるよ!?

エマとマリア? あれ? 日本で落ち合う約束とかしとったっけ!? 驚く海と、海の様子に疑問感じてるエマ、マリア。その反応の違いに、え!? どういうこと!? 私もまた驚きでありますよ。

『社畜さんと家出少女』

おおう、タイムリーな時事ネタかと思って警戒しちゃいました。ナルさん、体調不良ですよ。悪酔いしたっていうんです。でも、今は飲んでないですよね? 真っ赤な顔したナルの体温計ってみたら、あれまあ、熱があるではありませんか。この人、発熱あって、くらくらしてと、そんな症状出ればすぐさま悪酔い、ふつか酔いを疑うっていうの、どんだけ酒に親しんでいるのでしょう。

冷蔵庫の臭いに苦しむアイス枕のくだり。あれ、面白かったですよ。というのも、暑さに耐えるため夏場はアイス枕使ってるんですが、冷蔵庫臭いといって毎年使いはじめはヘコむんですよね。まあ、自分は体調に問題ないからいいものの、これが風邪だのなんだので弱ってるときなら、なおさらの打撃でありますよ。うん、ナルさん、その苦しむ気持ちはよくわかる。

弱ってるナルと、かいがいしく看病するユキ。ひとり苦しんでるナルを見過ごせなかったか、ぬいぐるみのキューちゃんをそっと添い寝させるところ、あれよかったなあ。弱ってはじめて素直に出せる感情もあるのでしょうか。ユキの手を求めて眠るナルのその心情やいかに。この人の、誰かを、ユキを頼りにしたい、そんな気持ちなど感じとれるように思われたのですね。

『ななどなどなど』

小町ちゃんがえらいことに……。最近、ずっと美少女度高めだったのに、今回はすっかりこの世のものではなくなってしまっていて、そうか、そうですか、球技大会にプール、リア充イベントが小町の生命のエネルギーを消費させつくしてしまいましたか。でも、この気持ちはわかる気がする。自分も自宅にこもる、休息? 充電? そんな時間が必要なタイプ。きっと小町もそうなんでしょうなあ。

と思ったら、るるもこの世のものではなくなってるし! ほうほう、全種コンプリートしていたカード、イベント限定品を取り逃がしてしまいましたか。わかる。めっちゃわかる。これ、ヘコむだろうなあ。自分も今やってるゲーム、コンプリート状態を維持してるのですが、もし復刻なしイベントとかの限定ユニット取り逃がしたりしたら立ち直れないかも知らん。うん、このるるの深い失望? 落胆? これは共感できるって人、多いのではないでしょうか。

さて、今回、皆でゲームをやりますよ。MMORPG。いろいろゆがんでる小町ちゃんの発想は置いておいて、オンラインだとやたら活発になる小町、るるペアが素晴しい。でもって小町を置き去りにしてしまうるる、それから萌もか、ふたりの熱中度? 入れ込みようがすごい。というか、小町ちゃん、ゲームとかやっても金で解決したいタイプ、スキル高めたり周回したりあくせくするのは嫌って感じなんですね。うん、いろんなプレイスタイルがあっていいと思うんですよ。だから小町ちゃんも元気になってほしい。

今回のエピソード。ただ皆で一緒にオンラインゲームして遊ぶだけかと思いきや、けっこう重要なイベントだったりしますよね。萌にしてもるるにしても、この人たちのことなにも知らないって小町が気づくんです。これ、ふたりのことをもっと知りたい、そんな気持ちに繋がるんでしょうか。距離を縮めたい。もっとより深く知り合いたい、そんなことになれば素敵だなって思ったんですね。

ああ、そうそう。やたら貢がれてるruru*さん。名前から女の子と思われて……、みたいなこと描かれてましたけど、姫貴族は、これ、絶対中身おっさんだと思われてるな! その自意識の見え隠れするところ、ちょっと遠巻きにされているんじゃ? なんて思われて、だとしたらMMOの世界も小町ちゃんには軽くハードモードなんかも知れませんね。うん、小町ちゃん、強く生きて……。

『妖こそ怪異戸籍課』

妖怪の戸籍を管理する怪異戸籍課で働く山本睦子。この仕事の難しさが描かれた今回。だってのっぺらぼうの見分けとか、なんというハードミッションなのか……。体つきとか雰囲気とか、あと声? そういうので見分けたらいいんですかね? 目鼻がついてても判別あやしい自分のような人間には、到底つとまらない仕事なのではないか。そんなこと思わされる導入でした。

今回は大きな事件などは起こらず、怪異戸籍課の仕事について、ざっくり知らせてくれる。そんな雰囲気ありました。なんといいますか、お仕事日常回みたいな感じ。昼食につらら女のお店にいくんですが、なるほど、この店、熱いメニューがないのか。基本、麺類のお店なのかな? そばもうどんも冷たいメニューに変更されるというの、うん、夏じゃなきゃきつい。冬場は確かに不入りになりますな。こうした妖怪の性質によって生じる大変さ? 生き方のスタイルみたいにいってもいいのかな、そういうの描くことで、彼らの暮らしぶりや個性の現れよう、そうしたものが見えてくるの、面白くて魅力的と感じます。

そして、そうした妖怪たちの暮らしを支える戸籍課の仕事。睦子への感謝などなど、そうしたものも描かれて、ええ、仕事で失敗してヘコんでた睦子ですけど、こうして報われることがあるというの、実にいいなあって思ったのでした。仕事と人と社会、それらが関わりあい、繋がりができることで生まれたり、動いたりするものがあるということ、それがなによりの魅力になっていると感じる漫画です。

2020年8月21日金曜日

『まんがタイムきららMAX』2020年10月号

 『まんがタイムきららMAX』2020年10月号、一昨日の続きです。

『エンとゆかり』

ゆかり、盗賊のスキルを取ると決めたんですね。まずはギルドに入って、というんだけど、ゆかりの盗賊イメージってそういうの!? なんともいえないコスプレで、似合ってないのがまたすごい。このデザイン、見事でしたね。秀逸ですよ。ゆかりの力のいれ加減、そのあさってぶりがばっちり表現されていました。

盗賊ギルドの入会の試練。カシラから腕輪を奪うことというのですが、その試練、カシラからの本気のにじむ反撃にくじける人間も多いというのに、やたらやる気になってるゆかりがらしいですよね。そして魔力を必要としない職なら盗賊以外にもある、剣術などは選ばなかったのか。そう問われたゆかりの笑顔、これが実に魅力的。ええ、もうエンと組むことは決まってますからね。

そしてエンの状況。剣の師匠との顔見せなんですが、ええと、この人、人? が剣術の師匠なのでしょうか。鍵の魔物のご親戚? なんか、またひとすじなわではいかなさそうな展開待ってそうですよ。

『私を球場に連れてって!』

3.5ゲーム差で首位のホワイトキャッツと2位のファルコンズがここ埼玉で3連戦ですって! 8ゲーム差がここまで詰められて結構なピンチ感もあるわけですが、リードしてることには違いない。レオナの気合い? 試合に向けた盛り上がりと、いやこの子は観戦するだけなんですけどさ、そして不安。胃を痛めるほどですか! いや、ファンの心理というのはこういうものなんでしょうなあ。

今回はファル子も観戦ですよ。でも一緒には見られない。離れた場所で同じ試合を、敵味方にわかれて観戦する。そこで見え隠れする余裕と不安。レオナさん、すごいな……。3点差に調子にのってたかと思ったら、1点返されてもう泣き言。ああ、ファンの心理というのはこういうものなんでしょうなあ。

負けて悔しいファル子のやけ食い。すっかりやさぐれて、お姉ちゃんビールって! 売り子さん、バイト仲間だから、ファル子のことよく知ってる。さすがに売ってはくれませんでした。

優勝マジック点灯を目前にして、またちょっと調子にのってるレオナですが、ファル子のあおり、留年マジックを受けてですよ、そっちはもう点灯済みだぜ! って、あかん! ほんま、レオナ、あかんすぎる。せめて進級は確定させましょうよ。お父ちゃん、泣いちゃうよ?

『こみっくがーるず』

めちゃくちゃ面白い。連載している漫画のネーム監修。リアクションがワンパターン気味と指摘されて、その解決をにゃおす先生に見出そうというの。ああ、にゃおす先生、頼りにされているのだなあ。と思ってたら、それどころじゃなかった。にゃおす先生、予防接種受けるのか。病院が嫌で逃げまわってるのか。そんなにゃおす先生を病院に連れていくと自らその役割を買って出たかおすですけど、おおお、おそろしい、はたして無事にミッションクリアできるのでしょうか。

なんて失礼なこと思ったりしてたんですが、めちゃくちゃ面白い、劇中でも琉姫からえらいこといわれてて、近所でも迷いますか!? いやもう、ネガティブ方面だけどすごい信頼感だなかおすちゃん。でも、かおすちゃん、ミッションクリアはしたものの帰還まではいたらなかった……。かおすちゃん、帰るまでが遠足ならぬ、帰るまでがおつかいですよ。

注射を怖がるにゃおす先生を見て、そこに多彩なリアクションの発想を得たかおすがいいですね。実際今回のにゃおす先生はリアクションの振り幅がすごくて、にゃばばばから褒められてノーブルな雰囲気さえ見せるまで、その間わずか2コマですよ。実に魅力的な表情の数々。ほんと、頼りになるにゃおす先生です。

『ホレンテ島の魔法使い』

魔法使いを売りにしている島のお酒。これがまさかの日本酒。いや、この島の流儀、なんかわかってきた気がする……。というか、名前が酷いな! 島流しって、なんでまたこんな名前に……。

今回、新商品を売り出すにあたり、いかにアピールしていくかを皆で考えることになるんですけど、その一案がプロモ映像づくり。あむが知り合いの魔法使い全員を巻き込んだというのですが、これがまた面白いことになりましてね、それぞれに個性がたってる、そんなキャラクターが集まって、ごちゃごちゃ話して、動いて、なんかやる。それが実に面白くって、楽しかったのでした。

今回のMVPは詠。本屋の娘。酒に弱い家系で匂いだけで酔っぱらってしまう。下戸の本質みたいな語り口で、寝るのだってなったくだり、あれは面白かったなあ。そして眠った詠に着物を着せて、無理矢理演歌を歌わせる! って、すごいな、どんな対応力なのか。ほぼ、っていうか丸ごとアドリブで一曲歌いきってるし。途中でわけわかんなくなってきて、また酔いもさめてのへんてこ路線。これ、本人たちは納得いってないみたいですけど、いやいや、いいよ、ギッチョンチョンのグータララ。意味わからんけど。

この、意味わからんけどなんだかやけに面白い。そのノリ、勢い、劇中に描かれた面白さが、この漫画の魅力に重なるところあって、とてもよかったです。いい感じにまわってる、そんな感触があるんですね。

2020年8月20日木曜日

アズレンイベントに全力投球のため休みます

アズレンイベントに全力投球のため休みます。

2020年8月19日水曜日

『まんがタイムきららMAX』2020年10月号

 『まんがタイムきららMAX』2020年10月号、発売されました。表紙は『いのち短し善せよ乙女』。うちでのおおきづちを奮う乙女をまんなかに、夏芽、デモニカ、杏エリカがどどんと飛び出してくるかのような元気いっぱいの愉快なイラストにしあがっています。これ、実際におおきづちから飛び出してきたんだな? ちょっと驚いてるっぽい夏芽、デモニカもそうかな? でも、杏エリカだけは無邪気に笑っていて、みたいなその表情のギャップよ。しかし、この一番笑顔で罪のなさそうなやつが、本編だと一番悪辣……。集中線もダイナミックなこの勢い。本編にも通じるものあっていいですよね。ええ、コミックスももうじき発売。勢いつけてどかんといってほしいですね。

今月は新規ゲストが1本です。

『瑠東さんには敵いません!』

主人公、和村千紘が可愛いですね。最初、可愛い系男子? と思ったら、あ、スカートはいてるね? この子が、前の席の人気者、なんでもできて明るくほがらか、友達いっぱいの瑠東から、なんだかんだとアプローチ受けている。いきなり授業中にツーショット写真とられたり、さらには落としたペンをかどかわされたりと、いったいなにごと? なにか悪いことしましたか!?

と思っていたら、この瑠東さんって人、本当はお茶目で、イタズラ大好き、ふざけたこと大好き、やたらとおちゃらけた性格で、普段はそれを隠している。しかし和村の前だと本当の自分でいられそう! というので、飾らなくていい友達になって欲しいと懇願されたんですね。

秘密の友達? 本当の瑠東を知るのは私だけ? なんだか特別感ある関係になったわけですが、これ、絶対に振り回されるやつじゃないですか!? いやもう、翻弄される和村ちゃん、きっと絶対可愛いだろうと期待させられます。

『いのち短し善せよ乙女』

見せ方の工夫、展開の意外性、今回も思いがけないもの見せられて、いやあ面白かったです。夏の日、買い物から帰ってきたら乙女の家の前でデモニカが倒れていた。なのでさっそくデモニカを介抱するんですが、目覚めたデモニカにめちゃくちゃ警戒されててね、善行するつもりだろう! 最初はあっけにとられてた杏エリカが瞬間悪い顔見せるんですね。あれ、最初はさ、その手があったか! とか思ってると思うじゃん? でも違うよね。あとからわかる杏の魂胆。こ、こいつ。ただデモニカからかって遊びたかっただけだ!

ほんと、この漫画は天使が一番悪辣にできています。

アイスキャンディーにかき氷、冷たくおいしい夏の楽しみを前にして強がってみせるデモニカですよ。素直になればいいのに、なにが善行アイテムかわからんからおちおち手も出せない。この葛藤。挑発する杏のあの表情! やっぱ悪いやつだわ。

今回の善行、デモニカが目覚めた時にはとっくに完了していたというのが面白い。ちょっとバツ悪そうに笑う乙女が可愛いですよね。とか思ってたら、BLノート発見されて読まれちゃって! って、今回は乙女がわり食って終わるオチ。でも、あのちょっと焦って怒ってる乙女、これも可愛かったんですよね。いいヒロインです。

『ぼっち・ざ・ろっく!』

お、おおう、つらい。今回はつらい。進級しました、クラス替えです。新たな人間関係を一から築きなおさなければならない、トラウマ学校イベント第3位! とかいってますけど、トラウマを刺激するのはクラス替えよりもぼっちのひとりよがり自己紹介だよ!

なんとか人から興味もってもらいたい、その一心からヒッピースタイルで登校。って、なんでそんなの持ってるの? さいわい喜多と同じクラスになって、喜多、後藤と席順が前後ろになったのも僥倖。クラスの自己紹介では、コミュニケーション強者の喜多ちゃんがぼっちのためにお膳立てしてくれて、ああ、ぼっちよ、もう普通に、無難に自己紹介するだけで大丈夫だぞ? そう思っていたら、あのひとりよがり自己紹介を、キャラも作りきれてないくせにしどろもどろで敢行しちゃって、つらい! ほんとにつらい。見てていたたまれない。死んでしまいそう!

ああ、これが共感性羞恥というやつなのか。本当につらい。読者にダメージ入りまくりやんけ。いやもう、おそろしいエピソードでした。

しかし、ぼっち、失敗はしたもののなんだかんだで人間関係広げていけそうですね。ぼっちのステージを覚えていてくれていた佐々木次子。喜多の友人。なんだかぼっちの今後にもよい展望が!? うん、無理して受けをとろうとか考えず地道に、普通にいこう! 喜多ちゃん、ぼっちのこと頼んだよ!

2020年8月18日火曜日

2020年8月17日月曜日

ハコスコ タタミ2眼

 まともなVRゴーグルが欲しいのです。とりあえず、Oculus Questみたいな本格的なやつではなくて、スマートフォンをセットして簡易的にVR体験できる! みたいなやつ。私の持ってるやつはハコスコというダンボールでできた簡単なもので、当座VRを体験はできるけれど、ちょっとでもまともに体験したいとなると途端に不足になるすごく残念なやつです。レンズがね……、悪いんですよ……、すごく……。

そんなハコスコでも持っててよかったー、っていうことはあったんです。ほら、デレステのエイプリルフール企画で、ゲームセンターのやつね? 最後にコミュをVRで体験できる仕様になっていたでしょう。いや、これ、デレステというよりデレスポか。ともあれ唐突に、VRですよプロデューサーさん! といわれた時に、ハコスコの出番だ! 即座に対応できたのはとてもよかった。ないよりもあるほうがずっとマシ! って心底実感させられました。

でも、レンズが、レンズが悪いんです。正直、これを長く使いたいとは思えないんです。

というわけで、ちょっとでもまともなVRゴーグルが欲しいなと。ほら、こないだサービス終了したラブプラス EVERY。ゲームとしては終了したのですが、撮影やらVRが楽しめるというカノジョプラス Liteは継続して使えるようになっていて、これをちょっと試してみたわけですよ。もちろんVRも試したみたわけですよ。当然ハコスコです。正直、ないよりもあるほうがずっとマシ! またも心底思わされたわけですが、いや、でも、やっぱりこれを長く使いたいとは思わない……。

レンズが、レンズが悪いんです……。

調べてみたら、3千円くらいで各社がVRゴーグルを出してますね。しかしはたしてどれがよいものやら、使ってみんことにはわからんのが難しい。Amazonで見ると正規出品なのか転売なのかなんなのかよくわからんのがいっぱい出てきて、ちょっと手出ししたいとは思えないカオスな状況になっとるのですが、他の通販サイトで見てみたら、エレコムとかでいいんかいな……。わからんのですが、だって、レビューとかもあんまり参考にならんしなあ。

もしこれがいいよというおすすめありましたら、教えてくださると助かります。

2020年8月16日日曜日

2020年8月15日土曜日

SPY×FAMILY

 買いました、『SPY×FAMILY』。最初はなにで見たんだったかなあ。この漫画面白いよ、みたいな感じでちらほら流れてくるおすすめを見て聞いて知っていた、みたいな具合で知らぬあいだに覚えていたタイトル。どこかしら気になる設定で、いつしか興味もわいて読んでみたいと思っていた。そんな時に試し読みする機会があったんですね。ちょっと多めの試し読み。と思ったけど、普通の試し読みだったのかな? 読んだのは1巻冒頭のエピソード、第1話分だけでしたね。けれど、これでよし買おうという気になったのでした。

買ったのは先月。読んだのは今日です。とりあえず第1巻だけ。ほんとはもっとはやく読みたかったのだけど、なかなか読みはじめる暇がとれなくて、今日の今日まで置かれてしまっていました。しかし、ジャンプの漫画ってびゅんびゅん読めるって印象があって、4巻くらいなら一瞬だぜ! みたいに読み進められるかなあと予想していたのですが、意外や時間がかかって、つまりそれだけの読み応えがあるといった感触です。

内容に極力触れないようにどういう漫画か紹介すると、スパイやってる男が任務遂行のために子供と妻を調達しないといけなくなり即席でできあがった疑似家族もの、であります。父が訳有りなら娘も訳有り、さらには妻も訳有りでという、一見してそうとはわからないけどバリバリの訳有り一家。当座の利害関係にもとづいてでっちあげられたみたいな3人が、互いにその情をもって思いやる様子を見せたり、さらにはその思いをくんで義憤にかられてみせたりと、そうした嘘だったはずの関係が本当のものに転じていくといったところは見ていてすごく気持ちがいい。それに、さすがは少年ジャンプ、ではないな? どこで連載されてるの? ともあれ、わかりやすく割り切られた勧善懲悪的な見せ場。それもカタルシスありますよね。

スカッとするのです!

訳有り人物いっぱいで、というか物騒すぎて普段の行動もろもろに若干モヤることがあったりしても、たいがいタガが外れてる人たちですよ。いろいろやりすぎで、なのになにかしら隙もあったりして、そうしたところから漏れでる人柄に面白みがあったりチャーミングと感じさせたりするものがあったりするのです。また、主要人物は基本的に善人ばかりで — 、いや、善を成してると思ってやっていることがそれって、やっぱ歪んでるよな!? みたいな感じでもあるのですが、そうしたいびつさに取り巻かれた状況において、最後に残る正しさが家族の情みたいな構造になっているのを見るに、これらは全部計算された上でのことなのでしょうね。

ところで、これを書き出した時にはまだ1巻しか読めてなかったのに、書き終えようとしている今は3巻まで読み終えて残るは第4巻のみという状況です。不思議です。不思議ですね。ええ、とても不思議です。

  • 遠藤達哉『SPY×FAMILY』第1巻 (ジャンプコミックス) 集英社,2019年。
  • 遠藤達哉『SPY×FAMILY』第2巻 (ジャンプコミックス) 集英社,2019年。
  • 遠藤達哉『SPY×FAMILY』第3巻 (ジャンプコミックス) 集英社,2020年。
  • 遠藤達哉『SPY×FAMILY』第4巻 (ジャンプコミックス) 集英社,2020年。
  • 以下続刊

2020年8月14日金曜日

雀魂 -じゃんたま-

雀魂 -じゃんたま-って、ついこのあいだサービス開始されたところみたいな気持ちでいたんですが、もう一年以上もサービス継続しているんですね! 私はというと、遊んだり遊ばなかったり、どうにもムラがあるんですが、最近は大会戦の試練の道というのをやっています。あんまり難しくない課題3種をクリアすることで昇級していく、長時間かけてのイベントなのですが、とりあえずレベル20を目指そうかなと。現在はレベル10なので、そこそこ頑張れば10月25日までの期間内に達成できるだろうと踏んでいます。

普段は段位戦の銀の間で打っていた私ですが、試練の道に挑んでみて、いやあ、銀の間ではどんだけ考えなしに打っていたのだろうってことを嫌というほど知らされましたよ。だって、みんな全然振り込んでくれないんですよ。また結構長考する人もあって、なるほどー、麻雀といはこういうものであるのかー! すごくためになる環境であります。まあ、実際これで上達に繋がってるかというと疑問ではあるのですが、少なくとも、考えなしにポンポン牌を切っていく蛮勇は影を潜めつつあるのではないかなと。あと、テンパイ即リーにゃ! という姿勢から、ちょっとでも高めの手を作る工夫を考えるようにもなりました。ほら、タンヤオをひとつ足すようにするとかそういうの。

残念ながら、麻雀の強さというのはどういうことなのだろうという答には辿り着けていないのですが、勝ったり負けたりしながら、より効率のいい打ちまわしを覚えていきたいと思います。とりあえずは防御をかためていきたいところです。

2020年8月13日木曜日

2020年8月12日水曜日

『まんがタイムきらら』2020年9月号

 『まんがタイムきらら』2020年9月号、一昨日の続きです。

『ゆえに、アイドル革命!』

突如、日本に帰ってきたアイドル、CHU♥IN GAM。目標は達成できていないのになぜ!? と思ったら、ああー、ファン人数500人達成の中間報酬だったのか。日本にいられるのは72時間。ということで、久々のオフをそれぞれ友達や家族と過ごして楽しむこととなるのですが、本来の日常だったいろいろに非日常を感じてみたり、アイドルについてより一層の決意を固くしてみたりと、この時間が自分たちの今を再確認するいい機会になっているんですね。

ここからの展開ですよ。いてもたってもいられず向かった先がよく利用していたライブハウス。思いがけず3人がここに集まるというのがなによりよくって、そしてゲリラライブを開きたい。城戸Pも巻き込んで、日本での貴重な72時間を自分たちの夢実現のために使うっていうんです。成長した姿を見せたい。ちょっと妄想的楽観を語ってる人もいますけど、腕試しでもありますよね。ああ、これがこの子たちの確かな一歩になったらいい。そう思わせる展開。ライブの成否も気になります。

『下を向いて歩こう』

母が外食するというので今夜のシエルはゆっくりできそう。とか思ってたら、魂抜けたようになって浜をさまよう母の姿を発見。なんと、財布を落としたという。

大事件! いつにない展開じゃないですか。レアリティ5に設定された財布がおかしい。足取りを辿ろうにも、満ち潮で足跡が消えてしまってる。ということは財布も海のなかーっ!? すごいよ、シエルがすごく頼れるしっかりお姉さんになってる! でもって、母、さらに悪いことにスマートフォンまでなくしてて、おおう、致命的アンド致命的。これどうなるんだ。

とか思ってたら最後の落ち! うおーっ、なにごともなくてよかったーっ! とは思うものの、カード止めちゃってたよね!? こういう場合どうなるのー!?

ともあれ、母の財布を探すその途中、予定外のビーチコーミングでちょっとした宝物みつけてみたり、お友達が宝物と再確認させてくれる問答あったりなど、シエルの今の楽しみ、喜びが母の目前にありありと提示されていくのは素敵な展開だったと思います。ただうちひしがれての浜歩きにならなかったところ、ほんと、なによりでした。

My Private D☆V

『いのち短し善せよ乙女』の土管です。

「女の子の照れ顔が好きです」。力強いおことば、いただきました。かくしてイラストは照れ顔女の子の喜怒哀楽がこれでもかと描かれて、いやもうこれ可愛いな、おい。笑って可愛い、焦って可愛いは当たり前。怒ってもすねても可愛いとくるのですから、これはもう本物でありますよ。

こうした表情、『善せよ』でも見ているようにも思うのですが、こうして一度にまとめて見せられるとかなりの威力でありますよ。しかも照れてる照れてない以前にイラストの女の子が可愛くて、マスコットっぽい? ちんまり小柄な感じとかね、表情、感情の振り幅大きめな様子、真面目? まっすぐ? そう感じさせてくれるところもまたチャーミングさに拍車かけてると思うんですね。

連載の登場人物よろしく、こう見せてヤバい要素をあわせもった人材であるのかも知れません。でも素直な正統派的よさ感じさせるイラスト、実に素晴しいです。

2020年8月11日火曜日

『まんがタイム』2020年9月号

 『まんがタイム』2020年9月号、一昨日の続きです。

『ご主人様!確保します♡』

唐突な警察ネタ、本当に面白い。お客さんからのフルーツの差し入れ。その中に入っていた白い粉! そこでおもむろに押収品よろしく並べはじめるのね。ほんと、おかしくって、以前の職業病だって愛未はいってますけど、ほんとその突発的な職業病披露の意外性が楽しみになっています。今回はもうひとつ、スイカの種とばし勝負の目印ですよ。AとかBとか、事件現場にある札だこれ!

今回、個人的に大ヒットだったのは、オフ会ですよ。季節の果物を持ち込んだお客さん。なぜ果物持ってきたのかという、その理由が切ない! オフ会で出会ったゲーム内の友達。お互い女の子アバターだったけど、実際にあってみれば職場の上司でって、おっさんふたりのたたずむ姿と美少女アバターの対比がものすごいのね。現実っていうのは、ここでおっさんふたりがゲーム内よろしく手をとりあってイチャイチャとはいかないのだね。勉強になりました。

心子のスイカの種のくだりも面白かったです。長いスパンかけてじわじわ育てたその先に、あの落ちを持ってきたところ。おお、いい駄目押しでした。ばっちりきましたよ。

『お天気お姉さんの晴れ舞台』

気象予報士の試験に向けて勉強頑張りつつ、天気予報の仕事にも打ち込む琴音です。マネージャーの牧は仕事量を減らした方がいいんじゃないか、琴音のことを気づかって、けれど琴音は気迫たっぷり。両立させると新しい仕事を受けるのですね。

大人のチア部の取材。一緒に練習に参加する琴音の様子が面白い。ギブギブギブ〜っ、っていうのが可愛くてね、いやいやなかなか真似できるものではないですよね。

今回、琴音の負傷からの牧そして奥田の反省。そしてしっかり天気予報の仕事を完遂させてみた琴音。頑張った皆の出した結果が実によくって、そこにチア部からの応援でしょう。ええ、琴音、試験でもいい結果出してほしいですね。むくわれてほしいお嬢さんです。

『テレパス皆葉と読めない彼女』

球技大会ですよ。生徒たちには、怪我しないようにとあたりさわりないこという先生ですが、その本音は優勝して欲しい! 皆葉の読んだ先生の本音を受けて、気合いいれていく澄花がいいですね。一丸となるクラスの皆もすごいですよ。かっこいい! 澄花も可愛く決まっています。

スポーツには能力を使わない。正々堂々をモットーとするふたりの心意気、これがいいですね。でも笹本のよこしまなる考え! 追求する皆葉が面白い。皆葉もだんだん砕けてきましたよね。本当のこと話せる友達が増えたのも大きいのかもなあ。

今回、新たな超能力者の存在が示唆されて、バスケの試合で不自然なシュートが! ボールの軌道の異質さに気づいた笹本からはスマートフォンを取り落とさせて、ああー、画面割れちゃった! 笹本、かわいそう!

このまま順当にいけば、皆葉のチームがサイコキネシスを使う相手と戦うことになる。それまでに能力者を見つけて、やめさせないと! 澄花の洞察、そして犯人の影! この漫画でこういうスリリングな展開、なかなかなかったですよね。思いもしなかった展開に、ハラハラわくわくさせられていますよ。

2020年8月10日月曜日

『まんがタイムきらら』2020年9月号

 『まんがタイムきらら』2020年9月号、一昨日の続きです。

『夢見るルネサンス』

これも夏の風物詩なのでしょうか。今夜は嵐。強風、大雨が吹き荒れて、16世紀イタリアからやってきたリーチャにとっては、なかなかに馴染めない天候のようですよ。といいたいけれど、生まれてこのかた日本に暮らしてる自分にとっても、ここ数年の気候について馴染めないです……。台風怖いですよね。昔と違って最近は停電とかなくていいなあ、とか思ってたら、また停電上等、風水害上等みたいな時代になってきて、落ちのエマではないけれど、もう気持ちがくじけそうです。

今回は停電なんですね。電気に依存している現代では停電がおこるとあれもこれもできなくなって、PC使えない、風呂の湯も出ない、テレビも駄目なら灯りがないのでトランプもできない。いつもとは違う状況にハイになってた気持ちが一気にしぼむの、がっかりしたとこ見せられるわけですけどね? その落差がおかしかったんです。

リーチャの話す16世紀の暮らし。夜になると真っ暗だった。火事を避けるために火を灯すのもはばかられて、そんな中、リーチャは月をたよりに絵を描いてた! 熱心な人ですよリーチャ!

今夜ははやめの就寝。泊まることになったひよりと一緒に恋ばなでも! とはいうものの、聞こえるのは吹く風の音ばかり……。このがっかり感から、立て続けに就寝していく子たちの様子が、素朴? 素直な感じして、とてもほほえましかったです。

『そらコミュニケーション』

宇宙船をちょっとだけ修理することとなりました。地球の部品で代用できるかも、というので電気街へと向かうのですが、同行した璃乃が現地ですっかり買い物の罠にハマっちゃうのがおかしくって、限定フィギュアにレア物ポスター、さらには速攻完売の初回限定盤に幻のSSRカード! 目的とは違う散財だったみたいですが、充実しきっているその様子は見ているだけでもなにか心あたたまるものありました。

宇宙船の通信装置をなおすつもりが、宇宙インターネットの接続までしかできなくて、連絡はメールでとあいなりました。そうか、メールだと3年くらいかかるのか。ということは少なくとも3年はこの家に住むのかな? なんて思っていたら、向こうからやってきましたね。ソラの精神を探してついに見つけた女王様。地球への交信準備をはじめたのだけど、受信できる機材あるのかい? いや、あるいはせんりのお守り? いや、違うか。

なにかちょっとひとすじなわではいかないやり方で介入してきそうな予感もする女王様。きっと、多分、面白いことになりそうですよ。

『トールさんの通り道』

アーティの祖母! お客さんつれてきたらおしおきするんだ! 人嫌いだからっていうんだけど、あんまりだ。しかしこれはなかなか簡単にことは運ばなさそうだぞ。そう思ったら、エルフのケイトを見て、受け入れてくれたというのですね。

とりあえず人間サイドの情報収集は大成功ですね。リセがこの世界にくるきっかけとなった魔法、その古文書を書いたのが他ならぬアーティの祖母だった。大前進じゃないですか。リセを帰すのにも協力してくれるという。祖母のいう条件、とりわけ二つ目ですよね、魔術に必要な漆黒の原石の調達。これさえ手にはいればなんとかなりそうだったりするのかな。とんとん拍子にものごとが進むのを見て、楽観的な気持ちにさせられたものでした。

でも、魔物サイドは大変なことになりそうですね。魔王代理のサイドにコンタクトしたライム。人間たちが大きな魔術を使用していることに気づいて、調査を開始していたんですね。人が魔術を使うことを許さないというサイド。これは一悶着ありそうです。というか、返還魔法を使うの阻止されそうな感じがしますよね。

2020年8月9日日曜日

『まんがタイム』2020年9月号

 『まんがタイム』2020年9月号、一昨日の続きです。

『茨城ってどこにあるんですか?』

さすがの多恵も怒りましたか! バイトしているスーパーに加藤がやってきてアホなことゆうたら、ストーカー行為で一発アウトか! 無言でこのレジは停止中です看板出して拒絶ですよ。かーちゃん情報だろうと冷えきった目でつげる多恵が新鮮! でも、かーちゃんの娘自慢を知って嬉しさに涙するとか、そういうところはやっぱりいつもの多恵だなあって思わされて、いやいや、それはそれとして加藤さんはいろいろヤバいと思いますよ。なんかちょろく納得させられてますけどさ!

今回は皆で牛久シャトーにいくんですね。へー、もともとはワイナリー。茨城民にはよく知られたところなの? 日本初のワイン醸造場でバーベキューガーデンとか最高。うきうきと語る多恵だけど、そうか……、営業終了してたのか。それが県民の署名をうけて復活。すごいな、こういう情熱はすごいな。

シャトー前でたまたまやってきた鈴子とも合流。一緒に見学して、そし次回はレストラン!? なにかこれはまた楽しそうなことになりそうです。

『瀬戸際女優!白石さん』

ホラードラマの撮影で向かった田舎。怖いの苦手だから全力で現実逃避してる白石が最高ですよね。ずっとビクビクして、呪われたらどうしよう、そんな白石の様子が新鮮なんだけど、共演の黒川くんね、白石さんを守るといってくれてるその後ろで、姐さんなら余裕で君のアバラ折るぜとか物騒なこと思ってる鬼瓦が本当におかしい。幽霊には弱いが物理的な喧嘩には強いんだよな。

古い民家に泊まることになるんですが、恐縮する家主さんに大丈夫という白石の普段の行状。いやいや、路上はあかんだろ!? まだそんなことやってるの!? そして地域の人たちと夜遅くまでいろいろ話して、それが演技に生きてくる!? そして体当たり演技ですよ。どさっと肩から落ちて脱臼! でも、それを自分でいれちゃうっていうのね、いくらなんでもやんちゃすぎますよ! めちゃくちゃ面白いです。

都会っぽさが抜けなくて苦労している黒川と、なんだかんだでうまいこと馴染んじゃった白石。幽霊役の役者さんと一緒におにぎり食べてるところ、あれ可愛いよなあ。白石、黒川の撮影前と撮影後の空気、雰囲気の違いも本当におかしかった。ええ、黒川くん、発展途上、これからまだまだ伸びますよ、くじけないで!

『六畳一間の憑き物石』

こいし、亜依から同棲だ結婚秒読みだとからかわれて、意識はしてなかったわけじゃないけど、さすがにやりすぎ、怒っちゃいましたね。

さて、今回はそんな瞬とこいしのラブラブ関係に割って入る新人物登場ですか!? 一緒に銭湯にいくというので待ちあわせすることになってた亜依の妹、一番ちいさな光がどっかにいっちゃって、もう大変、大騒ぎ。手分けして探すことになって、こいしは空から探す係。かくして光を見つけたこいしだけど、光からしたらやっとこいしを見つけたってことになるのか。

光とともにいた少年。その人もこいしが見える人。この人がこいしを探していた。しかもこいしに一緒になってほしいという! その真意やいかに!? 突然のライバル登場なのか、あるいはこいしと見た目同じの巫女装束のあの人と取り違えてる? いずれにせよ、新展開。これはちょいと一波乱ありそうです。

2020年8月8日土曜日

『まんがタイムきらら』2020年9月号

 『まんがタイムきらら』2020年9月号、発売されています。表紙は『むすんで、つないで。』。小学4年生組3人が可愛く揃っての表紙。素直さ無垢さが持ち味の花ノ子、元気いっぱい無邪気に見える白百合、そしてなんだかやたらと品をつくって媚々しい薗部苺ですよ! ああ、薗部、可愛いなあ! 史上最高に可愛い薗部なのではなかろうか。輝かしい小4トリオが可愛い表紙、その片隅には陰キャのキャプションとともに顔がはめこまれているつなぐさん。あ、あなた……、主役なのでは? あの、微妙に魂抜けてるみたいな表情も素敵です。

『むすんで、つないで。』

クラスの人の顔と名前が一致しないまま夏休みに突入するというつなぐ。すごく気にしていますけど、それって普通なのでは……? みんな、そんなにクラス全員の顔と名前を一致させてるものなんですか? そんなつなぐを見つめるお嬢さんがひとり。なんと、つなぐの認識していない同じ中学からの進学者。けれど私は影が薄い、知られてなくても気づかれなくとも不思議じゃない。そんなこと思って納得してる不思議な子ではあるんですけど、その自意識、つなぐのそれとそんなに変わらないんですよね。ところが、つなぐはなぜか人気者。自分と他人の評価が大きく食い違ってる、それはそれで不思議な子。ちょっとベクトルの違う不思議少女が出会ってしまう物語。ええ、いっそ恋がはじまってしまえばいい……。

鳥居七色。それが件の子の名前。顔も存在もあやふやながら、その名前だけは覚えていたか、つなぐさん。なんと、中一で同じクラスだった! 覚えてもらっていて感動ですか、七色ちゃん! 対してつなぐはすごく気まずくって、いやまあ気持ちはわかる……。そんなつなぐの小4トリオにはげまされる様子とかね、いや、苺ははげましちゃあいないな。わりと辛辣、けどそれがいい。そして白百合は苺のこと思いっきり粗雑に扱ってて、でもそれでも特に角がたたないっぽいの、いい感じだなあ。

七色、前髪で目を隠してますけど、髪をあげたら結構美少女とかはないんですか? ほら、つなぐが自分のこと、笑顔もぎこちない背景キャラとかいってるのに、七色はじめクラスの皆からはクールでミステリアスな笑顔が素敵な憧れの美少女扱いされてるみたいにさ。と、そのあたりは今んところわかりませんけど、つなぐと七色がこうして互いに認識しあって、これは、これは、これから仲を深めていくことに!? ええ、いっそ恋がはじまってしまえばいいんです……。

『スロウスタート』

浪人していたことがバレたりして、心身ともに疲弊して、けれど少し楽になったりして、ええ、頑張っていました花名さん。そうした頑張り、今度はひろえの番なのでしょうか。

花名と一緒にランニングしていたひろえ。花名と違って自分はダメだなあ、なんて思っているひろえにぴったりとついてくる女の子がいるというんですね。おお、栄依子の妹、光希ですね。ひろえのこと、きれいなフォーム、どこかの選手なのか? 勘違いしてその後を追い続ける光希と、注目されてる!? いやいや自信過剰だろうと葛藤しながら走り続けるひろえの、この気持ちのゆき違いが面白い。そして出会って話したそのはてに、ともに交換しあった頑張りましょうの言葉。それがひろえの胸に残ったというのですね。

光希からすれば憧れのかっこいい人になったひろえ。その憧れの眼差しに応えられる、そんな自分になれればいいですね、ひろえさん。卑下するばかりでなく、しっかり胸張って、これでいいって思える自分を取り戻せればいいですね、ひろえさん。

『しあわせ鳥見んぐ』

すっかり鳥見にはまってしまったすず。翼に教えてもらった動画を見ながら、鳥見にあると便利なもの、双眼鏡に図鑑を持って出動して、もういっぱしのバードウォッチャーといった風貌なのですが、残念ながらその振舞いはまだまだのようですよ。水辺で再会した翼に、大声で声掛けしながら近づいていくとかね、鳥が! 鳥が逃げちゃうよ! よっぽど嬉しかったんだなあ、ってのがわかってなんだか愛らしくも感じるのですが、双眼鏡構えているんだから鳥を見てるってことは気づきましょう! こうしたところも今後いろいろ知って、わかっていくことになるのでしょうね。

ということで、今回はその知る、わかっていくというお話でした。すずの双眼鏡を見て、倍率と明るさがちょっと足りないなって、そしていろいろ解説してくれる翼です。このいろいろ教えてくれるところ、読者にとってもためになる! ええ、鳥について、鳥にまつわるいろいろについて、すずとともにいろいろ知って学んでいけるというの、学習まんが!? いや、でもそんな楽しさありますよね。なんかわくわくしますよ。

今回の鳥はオシドリがピックアップされました。オスとメスの見た目の大きな違いとか、おしどり夫婦だなんて言葉があるけど、実際には全然夫婦の絆は深くないとか、そういうところは有名ですよね。でも繁殖期を過ぎると、オスの見た目、あんなにも変わるんだ! ええ、知って面白い、わかるともっと面白い! この漫画はいいですよ。学習まんが、好きだったんです。

鳥となると饒舌になる翼さん。それで思わず、動画でやってるトリさん、その口調がぽろりと出てしまって、おおう、バレたよ! 知られちゃったよ! ということで、今回のテーマは知る、わかるってわけですね! こうしてこっそりやってる活動が知られちゃった翼。今後、動画活動のさらなる拡大とかに繋がっていくのかなあ。楽しみですね。

『星屑テレパス』

おうちでパソコン使っていろいろ調べてる海果。その積極性に妹がちょっと興味もってるっぽいですね。いつかこの妹さんもロケット活動に加わってきたりするのかな? ちょっと似てない姉妹? 妹さんはしっかりものでハキハキした子のようですよ。

さてさて、同好会活動、いよいよ本格化ですよ。ロケットを作ります! 瞬の持ち込み機材でもって火薬エンジンを使ったロケットに挑戦するというのですが、一番小さなエンジンを使って、紙製の簡単なのを飛ばしましょう。そこでの解説、これ、ほんと、面白いな! 学習まんがですか!? もう大好き。モデルロケットに使う火薬エンジンの規格とか、まるで知らなかったもの。またノウハウみたいなのも出てくるでしょう? ほんと、これは楽しみ。知って学んで、理解して、できないことをできるようになっていく。この伸びゆく過程。見守るこちらの気持ちもぐーっと広がって、その気持ちのよさですよ。たまりませんね。

今回、ユウのおでこぱしーの洗礼を受ける瞬! うーん、ほぼ頭突きだなあ。遥乃の接近になにか意識してしまう瞬! そして、これまで誰にも興味持ってもらえなかった自分の話を、楽しそうに聞いてくれる仲間ができたことに嬉しさ実感している瞬! 今回は瞬の同好会の仲間になっていく過程が丁寧に描かれていたように思うんですね。

残念ながら、今日はロケットを飛ばすにはいたりませんでしたが、来月に開かれるモデルロケットのイベントを見にいくことが決定。この子たちの世界、活動範囲が広がっていきますね。

2020年8月7日金曜日

『まんがタイム』2020年9月号

 『まんがタイム』2020年9月号、発売されました。表紙は『おとぼけ部長代理』をメインに、トレーニング? エクササイズテーマのイラストが揃っていますよ。エキスパンダーをええいと引っぱる部長代理に、腹筋鍛えつつダンベル運動する『瀬戸際女優!白石さん』。いい腹筋してますな、白石さん。『花丸町の花むすび』はなこはグローブつけてボクササイズ? 『午前0次のおねだりごはん』牛喰はバランスボールで体幹鍛えていますよ。このそれぞれの取り組み方の違い。そこに求める結果の違いも見えるようで面白いです。

今月は新作が1本です。

『秘密のお姉さん養成ノート』

これ、めちゃくちゃ面白いな。作者はトフ子。さすがの手腕とうなります。

主人公紫山蛍の素敵お姉さんになるまでの試行錯誤が描かれる、のだと思います。きっかけはお隣に越してきたお家のお嬢さん、すずらんちゃん。初見一発こころ打ち抜かれて、この子に憧れられる素敵お姉さんになりたいと、職場の頼れるお姉さん、主任に範をとろうする、そのいろいろが本当に面白い。もうシンプルにすずらんちゃんは可愛いし、そのほのぼのさ、たまらんですよね。そして、厳しくも優しく、そして有能な主任の蛍を前にしての表情ですよ。この人も魅力的だな! 特にごみすてスタイルがいい! めちゃくちゃ可愛いじゃん!

というのはいいとして、身近な素敵お姉さんの参考第一号として選ばれた主任ですよ。憧れて、観察して、そして真似ていくというんですが、基本見た目なのかい!? でこ露出が素敵お姉さんへの第一歩なのですかい!?

でも、蛍の、いろいろいたらないながらも頑張ろうとするその姿はとてもいい。でもって、認めてもらいたいんやな、主任に! それが主任に通じて、私だなコレって! さらには、なんだこいつかわいいな! ですかーっ!

ほんと、キャラクターが生き生きしてる。これは面白くなりそうです。

『ローカル女子の遠吠え』

なんか静岡のお盆、すごいな。盆義理? おどまぼんぎりぼんぎり? と思ったら、違うね! ええーっ、初盆の家に近所やら仕事関係の人が挨拶にいくのん!? こいつぁめんどくせえな! ついてけねえな! と思ったら、遠州大念仏!? それも知らんな。念仏集団が初盆の家の庭先に!? パレード!? 知らんな! しかしすごいな静岡。京都、関西にもこんなのあるんかな。全然知らんな。ともあれ、静岡のこれら風習。地域の絆といいますか、地縁といいますか、その濃密さ感じさせてくれて、ああ、自分には無理かも知れん。ええ、私は穂垂主任タイプなのです。

しかし穂垂主任、私の真逆の人たちが頑張ってくれてるからって、そのへん全部ほうって水窪ダムにいっちゃっていいんですかい!? 角はたちませんのん?

ダムのくだりも面白かったですよ。りん子、ダム顔認定。意外や信仰心? 迷信家? 水辺を怖れるりん子とかめずらしいものも見られたようにも思われた今回。ちょっとしんみりした穂垂主任も素敵で、このしっとりして感傷的なニュアンス、多分勘違いなんですけど、お盆のなにか現実から離れた、そんな感覚を思わせてくれてよかったです。

『ハニトラなんか怖くない!』

うわ、綾小路、やってしまいよった! 幼馴染みと判明した山田さん。けれどどうしても昔の山田さんを思い出せず、どこか後ろめたい綾小路。いろいろ気を使って、そういうところはいいのだけれど、やっぱりその大本の覚えていないってところ、いずれほころびますって! と思ったら、ほころびました。このところ、昔の約束覚えてるとか、後ろめたさからの親切とか、そういうの素直に受けて山田さんすごく嬉しそうだったじゃん? そのプラス部分があっただけに大きくマイナスに落ち込んだ、そんな風にも思わされたあの瞬間。ええ、明らかに傷ついてましたよね。うん、ちょっとショック大きすぎたんだろうか。

資料室にふたり閉じ込められた午後。狭い部屋にふたりきり!? というシチュエーションに綾小路が追い詰められるのはいつものことっちゃあいつもどおりなんですが、子供のころにも同じようなことがあったって、しかもそこで、一緒にいたのは山田さんみたいな女の子じゃなかっただなんかいっちゃって、ああ、その一緒にいたのが山田さんなんじゃんよ!

綾小路、気づくのだろうか。これをきっかけに、山田さんのこと、約束もなにも思い出せるのでしょうか。思い出してほしいけど、そうなったら漫画が終わりそう。ああ、すごいジレンマですなこれ。

『良倉先生の承認欲求』

お、写真部の部員が増えますよ! 古岩部長に話しかける女子、水元。写真部に入りたいというのだけど先生が怖い。で、そのこと身近で聞かされて涙目になってる先生。でもそれはそれで怖いっすよ。

怖いといわれて第一印象が悪かったのか、ちょっと圧のあった良倉がですよ、水元の話に出てきたぶんちょー紳士とOLさんのアカウントについての評! そいつがとにかく好評だったもんだから、どんどん機嫌よくなっていって、この良倉がチョロい!

でも反面、この秘密、水元には絶対にバレるわけにはいかなくなってるのがおかしいんですよ。この人、自分で自分の首しめるタイプかな? うん、実際そうだと思います。

水元は星畑に憧れて、少しでも近づきたい一心で写真部にきたんですね。水元の星畑への憧れを聞いて、ちょっと不機嫌になる古岩。でも、それで古岩が星畑のこと好きなんだっていうの、気づいちゃうんだ水元! 素晴しいな。というか、これくらいで普通ですか? ともあれ、気持ちがバレバレなのがいいですね古岩部長。

そして星畑登場。いいなあ、この人。明るい。ほがらか。校則違反の反省文もなんら意に介さない系ですよね。でもって、水元の星畑へのお礼! 助けてくれたってこと、先月のこと、残念ながら星畑は全然覚えていないのだけど、それでも水元の憧れは消えない!

いやあ、これは面白くなってきましたね。古岩部長に対してとはまた違った理由で、アカバレできなくなった良倉。古岩から、水元からベクトル集める愛され星畑! 気持ちの、思いのゆきかう部室。ああ、ほんと、これはきっと面白くなりそうです。

2020年8月6日木曜日

『まんがタウン』2020年9月号

 『まんがタウン』2020年9月号、昨日の続きです。

『部長と2LDK』

雨の日の菜々の髪は、どんなに頑張っておさえてもすぐにもふんもふんになってしまう。菜々はすっかり諦観してしまってますよね。でも部長はどうにかしたい。というか、わしゃわしゃしたい気持ちを必死に抑えていて、自分は我慢してるのに他の皆は気軽に触って! イライラ? 嫉妬? ちょっとご機嫌よろしくないんですね。

でもこの人のこと、いろいろ見えてきましたよね。菜々のこと大好き。でも素直な感情を押し殺してるところがあって、だからそうした感情表してる人を見たら嫉妬にかられちゃう。今回もそんな感じでした。だから菜々から限定スイーツに誘われてニコニコ。でも水溜りの水をはねかけられちゃってまたも不機嫌。この感情が若干屈折しながらもわりと率直にあらわされる、これが部長なんだろうなあ。

菜々の髪を気軽にさわる男性から菜々をひきはがした部長、こういうところキリッとしてかっこいいんですよね。でもそこからちょっとこの人の不安が出る? 男性に触れないとか、そういうちょっとあかんたれなところが見えたり、そして余計なことしたんじゃないか、菜々に怒られるんじゃないか、もう動揺しちゃって、それがまさか菜々にぎゅっとされてあんなにご機嫌さんになるってね!

ほんと、この漫画、部長の可愛さ、それが最大の見どころになってる感がありますね。

『立ち呑み布袋でもう一杯』

待ち合わせをしているという白瀬。舘さんから、あと店長からもか、友達いたんだってえらいこといわれてますよ。とはいえ、リアルの友人とかではない。SNSで知りあった人で、使ってないタブレットをくれるという。実際にあうのはこれがはじめて、というので、えらいこと緊張しているんですな。うん、舘がいうとおり、ノミの心臓ですな!

ここからの舘のツッコミ、追求が実におかしかったです。少しだけ女性を期待してますな? って、まさかそんな、とは思うけど、やっぱりちょっと期待していたんかい!? というか、この後の練習、これが決め手になってましたよね。店長が待ちあわせ相手の代理になって練習につきあってくれるという。これがなかったら白瀬も女性を期待しなかったかもね。こんな人がきたらどうしよう、こんな美人が! って、淡い期待が徐々に形成されて育っていく過程を見せられているようでした。でもって、これをいい口実としてビールを飲みまくる店長! さすがですね。

そして今回の落ち。男でした! って、期待があったせいでがっかりって、失礼ですぜ兄さん! ほんと、これ、失礼だけど面白かった。この初対面の誰かとあう時にがっかりっていうの、実際、結構な失礼なので、白瀬氏、猛省ですよ。

『平日休みの堀出さん』

今回はなんとバイトを経験するんですか。生活が苦しいから!? ではなくて、もう遊びのネタが尽きてしまったから! でもそれでバイトしようだなんて発想が出るのがものすごい。しかも、日雇いバイトの派遣業やってる友人に、一時間刻みでバイトできるよう頼んだっていうからまたすごい。無茶するなあ。で、いきなりその友人の手伝いを一時間させられるというこの発想がすごいですよ。思いもしないもの、次々見せられるんですよ。

しかし一時間ごとのバイトとかって、迷惑なんじゃないのかね。そんな都合のいい仕事なんてあるもんかね。そう思っていたら、なるほどそういう手が! 休憩にはいったバイトの代わりかあ。それだと確かに一時間ずつ、いろんなバイトに参加できそうですね。とはいえ、実際のところ、まったく知らない仕事にぽいっと放り込まれて、一時間フルに体験して! みたなスムーズさは望めないよね。だから、これはちょっとした夢のような一日だったと思うんですね。大人のキッザニアみたいな感じで、知らない世界にちょっと触れるみたいな非日常感はきっと楽しいと思うんですね。

今回の落ちも冴えていました。まさか、パーッと打ち上げしようというのに、予算不足を埋めようと独自にバイトを追加するっていうのか。こういう徹底してテーマを追求するところ。見事ですよ。

2020年8月5日水曜日

『まんがタウン』2020年9月号

 『まんがタウン』2020年9月号、発売されました。表紙は『クレヨンしんちゃん』、しんのすけを中心に、登場人物がうわーっと勢揃いしたかのような賑わいを見せています。『クレヨンしんちゃん』が来月で30周年を迎えるのだそうですよ。ああ、すごいですよね。30周年ということは、平成の初期に誕生して、ほぼ平成を駆け抜け令和にまで至ったということですよ。あるいは前世紀から新世紀に突入して、もう21世紀の方が長くなっている。本当にすごい。ひとつの時代を作りあげていますよね。

今月は新規ゲストが1本です。

『ユイちゃんの恋結び』

笑顔が怖がられてしまう古賀虎太郎。なのにお隣の女の子は普通に話しかけてくれて、ユイちゃん、保育園児、やたら元気な逆八の字眉が可愛い子です。この子には年の離れた姉があって、高校生? どうも虎太郎のことが好きらしいんですね。妹もそれを知っていて、姉のこと後押ししてくれたり、うまいこと虎太郎との縁を取り持ってくれたり? はいいんだけど、たまには大チャンスを潰してくれちゃったりもして、このへんの恋愛の機微の疎さ? なんかは年相応なのかも知れません。

現時点で残されている謎は、なぜこのお姉ちゃんが虎太郎のことが好きなのか。これはおいおい語られることになるのでしょうね。そして虎太郎はというと、ユイの前で意図せず見せた自然な笑顔。いずれはそれが普段の笑顔になっていくのだろうな。と、その時まで起こるだろういろいろ、それがどういうものになるか楽しみです。

『新婚のいろはさん』

えらいもの見せられてる気がしますよ。暇潰しではじめたしりとりから発展して、ひとつの事物を異なる言い方で10種類表現できるかというゲームになっていく。やたら得意なはじめ。最初は乗り気でなかった颯斗も、面倒だといいながらそれっぽくできるなど、漫画家勢は皆得意だったりするんでしょうか。

今回、皆にこの10種の言葉で言い替える遊びをふっかけていって、その時々に見える皆の個性? そういうのを楽しむのが趣旨なのかななんて思っていたのですが、そんななまやさしいものじゃありませんでした。

おおう、夫婦の時間なのですか? 寝室、ベッドにて、10種のいい方で好きを語るいろはですよ。なかなか難しい、そういってはじめにもいわせるんですけど、ちょっと照れてしまってるっぽいはじめに対して、ぐいぐいいくいろはです。言葉や表現を超えていく気持ち、そんな感じの話です。それをばっちりいろはははじめに証明してみせて、いやあ、大変なことになりました。

とか思ってたら、今度はいろはが逆襲されるのね? ええ、ほんと、大変なもの見せられた感があります。

『私たち同じ人を好きになりました』

仕事を終えてから待ちあわせて観劇したあっちゃんとみっちゃん。舞台を見たあとは、その感想をふたり語りあうというのですが、楽しい時間はあっという間ってやつですか。気づけばラストオーダー。もう2時間以上たってたんだ! ええ、演劇を縁として知りあったふたり。年の離れた友人。互いに気負うこともなく、もうすっかりうちとけて、昔からの友人、あるいは年の差なんて感じさせない、そんな親しさ見せるようになっているのですね。

まだ語り足りない。場所を変えようか。そう思っていたら、みっちゃんの仕事の都合でここでお開きとなりました。この不完全燃焼感。でもそれで、今度お泊まり会をしてみないか。敦子が誘うわけですよ。ああ、また新たなイベント発足ですね。その約束の実現するまでの日々もまた楽しみになりますね。

なんて思っていたんですが、これってあれじゃないのか? バレフラグが立ったってことなんじゃないのか? だって今回のラスト付近であっちゃんいってるよ? 社の借り上げマンションだって。友達くらい呼んでもいいよねって。

これでもしみっちゃんが泊まりにいったら、このマンションは? ってバレちゃうよね? ということは、ふたりでどこかの御宿に一泊みたいな展開にしないといけなくなくない? などなど、ひとつのイベントが発生すれば、互いの身バレリスクがあがる。別にバレてもいいとは思うんだけど、だってそれはそれでひとつのハッピーエンドでしょう? でもおそらくはまだしばらくは今の、互いに互いの正体を知らない。同じ会社の社長と社員だって知らずにいるおいしい状況は温存されるでしょう。

ということで、社内でニアミスしてもそれとなく勘づきながら正解に辿り着かなかったふたり。この状況、まだしばらく続くと思うのですが、ほんと、お泊まりイベントはどう切り抜けられるんでしょう。どんどんリスクがあがっていく知らず秘密を抱えた友人関係。まさしく見物です。

2020年8月4日火曜日

2020年8月3日月曜日

『まんがタイムきららキャラット』2020年9月号

 『まんがタイムきららキャラット』2020年9月号、一昨日の続きです。

『おか研』

天井を見つめる部員がふたり。なにかあるのん? と同じ方向見たら、実験成功ときたよこれ。部誌を作るよ、それで記事を書くんだけど、そのテーマというのが同じ方角を凝視する人の群れに通行人はつられるかどうか実験。いや、これは見ちゃうよな。屋外に出て部員3人で空を見ている、このシュールな情景。なんかニヤニヤしちゃいますね。

しおりは小説書いてるんですね。気恥ずかしいシーンがあるけど深夜のテンションのせいにしよう! その割り切りからおかしな夢に落ちていたという意外な展開も、とりとめなくて、でもそれがいい味出してると思うんですね。

部誌ができるまでの過程も面白い。まさかのとうふマスターに助けを求める。できあがった部誌のアピールこれも面白くて、皆で凝視作戦がここに生きてくる! いやもう、圧がすごい。ほんと、この無垢な感じ。ニヤニヤしちゃいますね。

『魔王の娘からは逃れられない』

ショーコはほんと大変だな。プールの授業中、突如としてルルに召喚される。いつもとは違う格好にルルが興味を持って、そうなんだ、魔界では海水浴とかそういう文化はないのか。と思ってたら、なんと、魔界の海は毒の海! これは、これは、おちおち泳いでいられないですね。

時間によっては毒がひきます。それまでは浜でできる遊びをというのでスイカ割り提案するんだけど、スイカがないから変わりにニアが埋められるんか。ヤバい! ニアがヤバい! と思ったら、ルル配下の魔物たち、全員巻き添えやんけ! というか、この漫画はいつもこうだった気もする。うん、いつもどおり。で、いつもどおりなんだかんだで無事なのがいいところです。

毒潮がひいた海もすごいですよね。潤いの海とかいってますけど、入るとお肌ツルっツル! って、なにその効能!? そこからの海をエンジョイしてるところはすごくよくって、ああ、楽しそうでよかったねえ。そう思ってたらまさかのサメ襲来! しかも飛ぶの! そこからの展開、もう血みどろの大騒ぎなんだけど、うん、これもいつもどおりといえばどおりか。ほんと死屍累々。でも配下の皆はなんだかんだで無事なんだろうなあ。

魔界から戻ってきたショーコのトラブル、これ、ほんと、ショーコ、大変だなあ! そう思わざるを得ない。お、委員長が再登場ですよ。コマのすみっこで我が主っていってるの、なんだか嬉しくなりました。

『生徒会からは以上です。』

3号連続ゲスト第3話! 柔道場で重力操作の能力者、逆神と対峙する副会長。本気の戦いを望む逆神に、一気に逆転決めてきた副会長。まぐれか? いや、まぐれではないというこの展開。見せ方もろもろ、いい感じに盛り上げてきて、能力バトル系漫画としての面白みをしっかり提示してきたなあ! そんな感じで楽しく読みましたよ。

今回読んで、ああ、これはおさらいしよう、また第1話から読み返したい、そう思ったわけですよ。キャラクターについてもわかってきて、そうなると初見とは違う面白さが見えてくるだろう。これは続くことでまた見える面白さ、そういう期待にも通じることのように思うのです。

『より撮りみどり』

これ第2話で、もう1話を残してるのか。ゲスト最終回にもってきた盛り上がりかと思うくらいに面白かったですよ。

写真部にはいったみどり。それで今回は部のみんなとお出かけだっていうんですけど、わりとしっかりとした装備でもって山に登ってるんですね。普段から山に登ってるの? まさか、私たちワンゲル部じゃないし。そんなこと話してますけど、ワンゲル部の活動を知れば自分たちも参加したいという。その行動力! 気になるものがあればまず体が動くみたいなところね、こういう瞬発力、アグレッシブさは写真を撮る人には大切なんだろうなあ。基本動きたくない自分なんかはなおさらそう思います。とかいってたら、未来が200m先にカモシカの存在を察知して速攻行動開始する。ああ、この行動力! 立派です。

未来も美鈴も、ふたりともとにかくよく動く。道なき道を掻き分けて進もうとする美鈴とかね、ほんとアグレッシブ。このアグレッシブなふたりの動きと、初心者らしく、写真部のふたりとはまた違う感性を見せてくれるみどり。下山したところでの自撮りとか、この時のみどりの話したこともね、とてもよかったって思ったんですね。未来、美鈴にも響いていたのかな? そんなところもよかったんですね。

昔は未来も山とか苦手でしたという話がありましたね。これ、つまりはいずれみどりも登山へっちゃら! みたいになっちゃうってことなのかも知れませんね。今は翌日筋肉痛に苦しむみどりだけど、変わっていきそうな予感!? わくわくするのです。

2020年8月2日日曜日

『まんがホーム』2020年9月号

 『まんがホーム』2020年9月号、一昨日の続きです。

『座敷童子あんこ』

帰省する幸太にくっついて祖父母宅へと向かうあんこ。今回向かうのは父方の祖父母宅で、それ聞いてたら絶対こなかった、焦るあんこですよ。これ、実際ヤバいんだろうなあ、なんせあの父の親だものなあ。そう思っていたら、祖母はそこまででもない? いやいやそんなことなかった。めっちゃヤバい。なんせ、持って出てきたスイカがなんか変。さらには祖母のいうすっぽん。どう見てもカッパとしか思えないの、とっつかまえて鍋にして食ったのか……。

途中、墓場で化けて出てきた祖父の方がずっと無害に見えて、いやこの祖父も生前はどれほどのものだったのだろうか……。なんせあの祖母とずっと暮らしていたわけだろう? なんだかよくわからないもの食べていたのだろう? いやはや怖ろしい家系です。

座敷童子は活け造り。えらいこという祖母ですが、今祖母が持って出てきた目玉のついてるそれ、なに? ほんと、なに? なんか食べたら、人であることをやめねばならんのではないか、そんなおぞましさある食べ物ばっかりで、ちょっとしたホラーですよ。

『甘党映画看板絵師』

映画館の客引き、宣伝、様々な企画。花を配ってみたり菓子を配ってみたり。今もいろいろプロモーションに力を入れていますけど、昔も同様だったんですね。限定のマッチとか、ああこれは確かに収集家には嬉しいわ。

今回の看板、大きな看板から俳優の顔だけ切り抜いて再利用するというの、ああ、なるほどなあ、顔だけが並んでるとか、確かにそういうのあった気がする。文字も看板絵師それぞれのオリジナル、独自の書体を持っていたりしたというの、なるほどなあ、職人の個性が生きる、そんな仕事だというの、よくよく感じさせてくれました。

看板絵師についての漫画。実際、看板の仕事に関する話がメインになるわけですが、それだけではない。今回は映画の客引きに芝居をやってみたりと、こうしたエンターテイメントの追求。むしろ今よりもゆるくて、アイデア勝負でなんでもやれる世界だったのかもなんて思わされるフロンティアの情景。伸びゆく時代の手探り感、そういうのが面白さになってると感じます。

『歌詠みもみじ』

前回、山城家に加わった新しい家族。犬のマックが大活躍ですね。ほんとにこいつは犬なのか? どことなくあやしさ感じるやつではあるのですが、家族からはおおいに可愛がられて、そして散歩で大興奮。こういうところは普通の犬っぽいな! うん、やっぱり犬なのかも知れません。

散歩と聞いて興奮するマック。もみじでは抑えられないくらいの勢いなんですね。リードを引っぱる引っぱる。ついには引き摺られるまでなって、大丈夫なのかもみじ。帰りたくないとごねるマックの様子もね、引っぱっても引っぱってもビクともしないから、ついには抱いて帰るとかね、これ、もみじ、ずいぶん鍛えられそうではないですか。

途中、いろいろよこしまな考え見せてくれる父がいいですね。SNS映えですか!? さらには愛犬家の女性にお近付き!? ヤバいな父ちゃん、娘の前やで? この人のこうした行動、そして決して成功しないというのがね、なんだか安心? おかしいんですね。

『うちの秘書さま』

おお、今回はメイド回だ。扉絵からもう最高です。

夏休み。夏休みといったら宿題ですね。もちろんはじめはほぼ手付かずのままに放置していて、まだまだ遊ぶ気でいたところ、七瀬が帰省で帰ってしまいました。メイドたちには手伝わないようにといい残して帰っていく七瀬。ああ、でもこのメイドたちは手伝ってしまうんだろうなあ。

とか思ってたら、まったくの予想外だ。手伝う手伝わない以前に、むしろ妨げになっとるぞ!

山田を呼んだら宿題そっちのけで遊んでばっかり。自分ひとりでやるとなっても、メイドが甘やかす甘やかす。寝てしまってたら起こしてといわれてたのに、目覚めたらベッドの中、しかもちゃんとクマのぬいぐるみも置いてくれててね、おお、いたれりつくせり! でも宿題は全然進まないわけですよ。

メイド連。厳しい七瀬には抵抗見せていたわけですが、手伝わないようにという七瀬の言葉どおりになっているわけで、結果OKなんじゃないでしょうか。応援するのも、ファイトの人文字とか。とにかく間接的。とにかく無害な感じ。でも、はじめのこと大好きで、ものすごく世話は焼いてくれるというところ、ちょっと過剰なくらいね、それが決してはじめのためになってないというのも、なんかいいんですよね。

2020年8月1日土曜日

『まんがタイムきららキャラット』2020年9月号

 『まんがタイムきららキャラット』2020年9月号、一昨日の続きです。

『またぞろ。』

留年生が3人。今日は元同級生たちと集まって少し語らうというのですが、明らかにことがおどおどしているの、学校にこられなかった去年のこと、そして留年してしまった今のこと、気にしているのがすごくよくわかる。そのことを気に病まなくてもいいって、クラスの皆もことが学校にくるようになったこと、よかったと思っている。それに立派だっていってくれて……。

ずっと不安に思っていただろうことにとって、これはどんなにか心づよいことだったろう。そう思われて、ええ、こと、よかったですね。

そして今回知ることとなった、巴についてのいろいろ。なんと、プロの写真家やってなさってるの。学業よりも仕事優先、感性の赴くままにぼんぼん学校休んだり早引けしたりしたもんだから、結果こうして留年することになってしまった。

ああー、巴、自由というか豪胆というか、思い切りのある子なんだなあ。そう思っていたんだけど、そう簡単な人ではないのか。去年のクラスメイト、葉室と柴山の語ること、それを聞くかぎり、巴の留年には意図がある。もしかしたら、ことをひとりにしないため? わからない。わからないだけに、そのいろいろの明らかになるかも知れない先のこと、そこに気持ちが向かいます。

『かぐらまいまい!』

文化祭を翌日にひかえて、準備にいそしむ面々。こふくと美夜はクラスの買い出しいって、隣のクラスのミコトとカンナは、衣装着せられたりバリバリ作ったりと元気いっぱい。クラスに部活にと、やることいっぱいで忙しいけど、その忙しさがまた楽しいということでもあるのだろうなあ。

舞の衣装はもう少し。御朱印のデザインもまだ決めきれていなくて、そして部屋の飾り付けもまだだという。どれもこれも時間に追われていっぱいいっぱい。もう駄目かと思ったら宿泊に突入ですよ! 学校に泊まりで準備する、この非日常。こういうのは自分にはなかったことですから、なんだか夢や憧れのようなもの感じますよ。

夜食の準備して、たくさん作ったのを差し入れしにあちこち回ったり、手のすいた友達が手助けしにきてくれたりと、こうした交流の広がりもまた魅力的な回でした。というか、この期におよんでわいわいやっちゃうこふくたち。部外の子からちょっとあきれられてる? このくだり面白かったなあ。

準備完了して、あとは明日を待つばかり。なかなか寝つけなくて、もう寝た? もう寝た? って声かけちゃうもんだからなおさら眠れなくてという、このわくわく感? でも、まさかここで演出追加のアイデア! ほんと、気持ちが動いて動いて、おさまらないって感じがよくよく出ていて、ほんと楽しい時間であります。

『精霊さまの難儀な日常』

異変を感じひとり海へ向かおうとするサラ。そのサラの手をつかんだのは……、他ならぬルカ。シィルにノムも揃って、ひとりで抱え込んで思い詰めているサラの荷をおろさせようとする。というか、ルカ、めちゃくちゃ面白いな。感情、大暴走やん。好きだって気持ち、大暴発しとるやん。

現在の状況について、ひとしきり情報出しあって、そして現場へと向かうのですが、精霊たちの不在に気づいたともりたちもまたサラたちを追うことになる、このくだりが面白くって、いやあ、すごいよおばあちゃん。いや、ともりもすごいのよ? このところのサラの様子を見て、こっそりGPSをつけておきましたって、ほんとすごい。ただ身の無事を案じて祈るだけとか、そんな受け身じゃないんだよ。いつだってそうだったよな。ほんと、この子、やってくれる。

電車で移動しているらしい精霊たちに、今から追いつけるか? そこに声をかけてくれたおばあちゃんが、ほんと、柔和な笑みを浮かべてね、と思ったら、次ページで車爆走ですよ! すごいなおばあちゃん。なるほどな、ともり、おばあちゃん似だね? そしておばあちゃんの語る、かつての精霊との出会いのこと。そうか、おばあちゃんは知っているんだ。そしてともりに優しく語りかけるその言葉のあたたかみ。自分の気持ちをもっと出してもいいんだよ。それは、きっとこの子の、この子たちの今後にかかわってくる意味ある言葉なのだと思います。

いよいよクライマックスが見えてきているのだと思います。サラたち精霊の子の試練。関わりゆく人の子たち。その先に訪れるものはなにか。試練の代償? それらが明かされるの、少し怖く思えてきますね。