2020年2月17日月曜日

iA Writer

iMacが故障して、新iMacが到着するまでの数週間、何年かぶりのコンピュータなしの生活を送っていました。コンピュータがないことを理由にBlogの更新できなくなりました! といって、もう閉じちゃおうか。くらいのことは考えていたんですが、どうにも私はこういう踏ん切りをつけられない性格で、とりあえず手元に残っている環境でなんとか継続できないかなど考えてしまったんですね。ああ、失敗した、すっぱりBlogの更新をやめちゃえるチャンスだったのに! ええ、まだしばらくはBlogを続けることになりそうです。

私は普段、Blogの記事をCotEditorで書いています。iMacが届いた今もふたたびCotEditor上で書いていて、データは全部ローカルにプレーンテキストで保存。書きあげたものに正規表現でもってHTMLのタグ付けをしてblogspotにポストするという手順で更新しています。

ですが、iMacがなくなってしまって、そのいつものやりかたができなくなってしまった。さいわいGoogleへのログインはできたことから、Bloggerにアクセスして更新してというのは問題なくできる。となると、あとは文章を書くための環境だけということになりますね。

プラットフォームはいくつか候補があります。MacBook、DellのWindowsノート、そしてiPad。厳密にいえばiPhoneでも可能ですが、正直、PCのかわりにiPhone使うっていうのは無理だと思った。いや、だって、画面小さいし、そりゃもしiPhoneしかないとなったらこれで頑張るしかないわけですけど、実際iPadという選択肢はあるわけです。しかもPro。

今回はこれで押し切るか。

そう決めたのですね。

実はiPhone / iPadで文章を書くこともあるだろうと考えて、テキストエディタを導入していました。iPhoneがね、昔は特にですけど、カーソル移動がめちゃくちゃやりにくかった時代があったでしょう。なので、仮想カーソルキーのあるエディタを探して導入したことがあったんです。

その時、選んだエディタというのがiA Writer。シンプルなエディタで、多機能ではないけれど、マークダウン記法に対応して、HTMLとかWordに書き出しとかもできるんだっけ? 書き出しはしたことないからちょっとさだかではないのだけれど、まあとにかくいろいろできる。

iA Writerのどこがよかったかといいますと、それは作成された文書がiCloudに保存されるということです。たとえば出先でiPhoneで書いたものを、帰ってからiPadで開いて編集することができます。さらに、このエディタ、マルチプラットフォームです。当初はiOS用だったのが、後にMac版が出て、今はなんとWindowsでもAndroidでも使える。

iCloudに保存したものを開けるのはiOS / Mac版だけかも知れないけど、たとえばDropboxなんかを利用したら、プラットフォームを選ばず作業を継続することが可能です。

テキストエディタとしては、多機能でパワフルにバリバリ編集って方向性ではなく、必要最小限の機能にしぼったシンプルさを売りにしているソフトです。なので、プログラム書きます! とかいう人にはあまり向かないアプリではあるのですが、私みたくそんなに長くない文章をさっと書いてしまいたいって向きには充分というわけです。実際、iPadで書いていた時、このエディタで不足を感じることはありませんでした。むしろ、書くということに関しては、普段使っているCotEditorとの違いをさほど感じることもなく作業を継続できた。手持ちのテキスト作成環境の多様性と安定性をあらためて確認できたという意味では、いい経験になったと感じています。

というか、エディタ環境にはまったく不足がなかったのですが、MacOSにはあるDvorak-QWERTYがiOSにはないとか、日本語英語の切り替えがCmd-SpaceのMacOSとCtrl-SpaceのiOSとで違うとか、それからテキスト編集中のEmacsキーバインドの挙動がMacOSとiOSで違うとか、そっちの方が気になった。特にキーバインド。C-aで行頭、C-eで行末に移動する、その行の扱いが違うんですよ。MacOSでは論理行、iOSだと物理行。なにこの違い!? 論理行でいけよ!

あと、iOSのスマート句読点! --が—にされたり、あとクォートを変更されたりするの、iA Writerでも有効になってるって全然気づいてなくて、おかげでさっき全部修正させられてた! あー、これはぬかったなあ。Twitterでは気づいていたんだけど、これ、OSレベルで変更されてるんだから、当然iA Writerも影響されるって当たり前に気づけないといけない範囲のことだった。それに気づかずにいたの、なんでかBlogの記事、アクセス数が伸びないなあって思ってたけど、そりゃそうだよ、リンクが全部死んでたんだから!

HTMLでクォートをいじられるの、本当に困る。スマートっていうのなら、是非HTML入力中かも判断して、適切に修正してほしい。というわけで、遅ればせながら、スマート句読点、オフにしましたわ!

2020年2月16日日曜日

Apple iMac (Retina 5K, 27-inch, 2019)

 先月末にハードディスクが不調となってしまったiMac。起動はするもまるで動作しなくなってしまったので、もうこれは駄目だ、ということでApple Storeにて注文した新iMac。一度延期を食らったものの、本日無事到着しました。なんで延期かというと、キーボードをJISからUSに、マウスをMagic Mouse 2からMagic Trackpad 2に変更したから。これやると海外にてパッキングして発送という流れになりまして、折悪しく時は春節シーズン。ただでさえ2週間もの待ち時間が発生するところに、今話題のコロナウイルスですよ。こいつのせいで春節の休みが延長。よってパッキング作業も延期されてしまって、いやあ、まさか3週間待たされることになるとは思いませんでした。

iMacといってもグレードが3種類あるのですが、当初一番上のグレードを選ぶつもりはありませんでした。正直私の使用している範囲だと、やってることは主にテキスト編集。たまにDAWなんかも使いますが、今どきのコンピュータなら、それこそよほどのことでもないかぎりスペック的に足りないということはないでしょう。なので、一番下のグレードでいこうと思っていた。しかしそれが結局一番上のグレードを選ぶにいたったのは、ああ、それはひとえに溜めこまれたデータのせい。ハードディスクの容量、2TBはないと今後キツいと思ったからでした。

どうせキーボード、トラックパッドを選ぶんだから、ハードディスクの容量も標準1TBから2TBに変更するという選択もあったんです。実際、最初そうするつもりでした。けれど、Apple Storeでディスク容量増やすと高いんですよ。正直、こんだけお金かけて、上位機種との差額がどんどん小さくなって、それで性能的に劣ってるっていうのは微妙だなあと感じた。どうせなら、もう少し金額足して、最初から2TBハードディスクを搭載している上位機種を買った方が、コスト的に優れていないか? もうこうなったらディスクの増量するという考えはふっとびますよね。ええ、こうしてiMacの最上位グレードを選ぶこととなったのでした。

最上位といっても、この上にはiMac Proなんていうとんでもないやつがいるから、これでもましな方ではあるんですよ? さすがにProを買うという気にはなれません。

今回、iMacを買うにあたり、私の求めた要件は以下のとおり。

  • ディスプレイ 27inch
  • ハードディスク 2TB
  • USキーボード
  • Magic Trackpad 2
  • メモリ増量

このうち、メモリに関しては、ユーザー自身で追加できるとのことで、16GBを2枚追加しました。標準8GBに32GB追加の40GBですね。正直、ちょっと信じられないくらいのメモリ容量ですよね。一昔前なら、ハードディスクでもこんなに大きくなかった。とはいえ、最近ではこれくらいないといろいろ足りないとかいうんでしょう? というわけで、余裕もって作業できるよう、ここは少しがんばりました。

そうそう、到着したiMac。Retinaディスプレイの真価については正直よくわからないけど、キーボードについてはよくわかります。いやあ、これ、ちょっとよろしくないね! 過去一番にスタイリッシュだと思うけど、キーストロークも浅いし、品質としては大変疑問。なんか、こないだのアカデミー賞で脚本賞を受賞したタイカ・ワイティティ氏がAppleのキーボードが酷すぎるってスピーチして話題になったんでしょう? 氏の批判したのはラップトップ、つまりMacBookのキーボードなのでiMacのもの、Magic Keyboardとは違うんでしょうけど、それでもMagic Keyboardもなかなかのものだよ? タイプしているうちに慣れてきたけどさ、やっぱりわりかしよろしくない!

もしキータイプの頻度が今よりももっと高くて、キーボードの品質が本当に我慢できないほどに酷いと思うまでになったら、その時はなにか別の選択肢を考慮すべきなんでしょうね。例えばREALFORCE とか、あるいはHHKBとか。でも高いもんなあ!

というわけで、文句いいながらもAppleの標準に慣れていくのだろうと思います。

2020年2月15日土曜日

ドクターマリオ ワールド

ドクターマリオ ワールド』、どんどん難しくなっていってる! 私はこのゲームはあまり熱心にはプレイしてなくて、それこそイベントがあって気が向いたら遊ぶ、そんな不熱心なプレイヤーなのですが、それでもですね、診断イベント、3列目の星3埋めもしっかり達成できていたんです。ところが、前回イベントからどうにもこうにも難しくなってきて、なんとかクリアはできるけれど、星埋めなんて到底無理、みたいな状況になってきて、あれ、これ、キツいぞ? 自分の腕前では太刀打ちできなくなってきたぞ? ええ、難しいんです。

前回イベントだと、バブルに包まれたウイルスがたくさんいたから、ドクタークッパJr.を投入、こいつのスキルでバブルを一気に崩壊させて、あとは地道に消していくというので、クリアは楽勝、ギリギリ星3いけたりしたのですが、最終ステージだけはどうにも手が出なくて、これ、どうやったらいいのか。もう全然わからんでしたね。完全お手上げでした。

そして今回はそれ以上。一応ひととおりクリアはできました。でもまだひとつも星3とれていません。クリア後に最初のステージに戻って星3を目指すのですが、やってるうちにだんだんわからなくなってきてるんでしょうかね? クリアすらもおぼつかなくなってきて、これどうやってクリアしてたっけ? ほんとなんかハマってる、そんな状態にはいっちゃってるんですね。

母がね、いいサポートを持ってるんですよ。ドッスンのレベル2とボム兵のレベル2。これ、問答無用で800点かける2の1600点入ります。これがあると、全部とはいわないまでも、いくつかのステージは星3に到達したんじゃないかなあ、なんて思ってて、けれどないのはしかたがない。なので私はクリボーレベル2(スコア2%アップ)とノコノコだったかな(クリア時に残ったカプセルかける50点)で戦っています。

前回イベントは、ドクタークッパJr.がいるいないでクリアしやすさが段違い、というのでクッパJr.を持ってなかった母に出るまでスカウトを繰り返すようアドバイスして、実際それでクッパJr.を引いたのですが、これもチケットや資金を使わず貯めていたからこそできたこと。私には無理な手段なんですね。

てなわけで、できる範囲のことをがんばりましょう。

2020年2月14日金曜日

Pascal's Wager

今、巷ではコロナウイルスで大騒ぎです。当初、自分には影響らしい影響出ないだろうと高をくくっていたのですが、いやあ影響ありましたね。ひとつは、故障したiMac。先月末にAppleに注文を出していたのですが、まさかの遅延。発送地が上海だったので、間違いなくコロナウイルスのために延長された春節休みが影響しています。そしてもうひとつが先日から遊んでいるゲーム、『Pascal's Wager』。これ、当初2月16日にリリース予定だった日本語アップデートがウイルスの影響で2月28日に延期! うわー、マジかー。思いもしなかった方面からの影響に、正直侮っていたと驚くばかりです。

さて、進捗です。ステージ4クリアしました。ステージ5に突入する前に、取り忘れてるものないかとステージ4を散策しつつ、銃使いのヴィオラと鞭? 使いのベニータに習熟すべくいろいろ試しているところです。それでだんだんわかってきたのですが、このゲームは近接戦闘に持ち込んでゲージ稼いで、溜まり次第ゲージ消費の大技で大きく削るのが基本っぽい。後、技によっては確率で敵が昏倒状態に入るので、そこですかさず成敗をいれられるかも重要。大抵、勢いで攻撃しちゃって成敗チャンスをふいにしちゃうんですよね。冷静に、落ち着いて戦うのが肝要です。

攻略完了後にとりこぼしを集めたり、買い忘れた重要商品を買うべく骨集めしたりするのにヴィオラとベニータで遊ぶのはわりといい感じです。新規ステージに現れる未知の敵も、ボスを倒す頃にはほぼ攻撃パターンがわかるようになっているわけで、そうなればガードができず回避に頼るほかないヴィオラ、ベニータでも比較的安定して戦っていけます。でも、敵の攻撃パターンや配置がわからないうちはヴィオラやベニータじゃ危なくて、突然の攻撃にとっさに回避したら足場から転落! 残念、あなたは死亡しました! みたいなのがキツすぎる。そのあたり、回避よりもガードメインで戦うノーウッドは安定するように思います。強行偵察はノーウッド。もうちょっとヴィオラの銃が強ければ、クロスボウ持ち亡者兵に対抗できるのになあ。ええ、残念ながらガードしながら距離を詰めて殴る方が有効なんですよ。

ストーリーは、英語、ちゃんと目を通してはいるのですが、なにぶん得意ではないので、ぽつりぽつりわかるところだけで理解したつもりになって進めています。まあありていにいうとよくわからんまま進めてるってことでもあるんですが、まあそれでも特に問題はありません。とりあえず今のところは、細かいことは気にせずどんどん進めていって、細かいことは日本語リソースがついてからだな! というか、もう1周目は全部英語でいくよ。で、2周目を日本語で答えあわせ気分で進めるってことにしよう。

てな具合で考えています。

2020年2月13日木曜日

『まんがタイムきらら』2020年3月号

『まんがタイムきらら』2020年3月号、一昨日の続きです。

『ゆえに、アイドル革命!』

ここ異世界にCHU♥IN GAMを知るものが現れた! なにもの!? CHU♥IN GAMのファンだったという。見た目まだ未成年といった感じの女の子。トラックにひかれて気づいたら異世界にいたという、CHU♥IN GAMとは違う王道的異世界転生コースたどったんですね。

しかし面白かったの、このファンの子、ユメの正体をめぐるいろいろですよ。そんなにファンがいたわけでないCHU♥IN GAM。最後に見た現場、ショッピングモールでのステージには10人くらいしか観客がいなかった。その中にユメもいたというのなら、いかにも覚えがありそうなのに、誰もユメのこと知らないという。不思議!

とか思ってたら、ユメの正体、そういうこと! これは盲点でした。だって、転生前と転生後で姿、性別が同じとは限らない。そうだよ。普通に転生したら幼女になってて、みたいなのもあるじゃんよ。ユメも同様、最初は転生前は成人だったという情報。なるほど、見た目の年齢が違うのね? もともとOLだったのね? と、これもまたミスリード。おおう、幻のデビューライブを知っている、さらにキレキレのヲタ芸披露! というか、これでついにバレるのか。ああ、そういうこと! いやあ、すっかりやられましたね!

ユメの正体、もともと男で、おっさんで、トップオタのアイツっていわれてますね。ああ、ユメとはずいぶん雰囲気違いますね! もとの姿を見せられたら、こんなにも可憐な美少女でも、ちょっと微妙に距離とってしまう感? さらには一緒に温泉にみたいな話になりかかってたの、おおう、ユメは最初断ろうとしてたよね、ギリギリセーフ! いや、ギリギリアウトなんか!?

見た目美少女中身はおっさん。ちょっと複雑? けど、正体露呈してからのユメの雰囲気、これはよかったですよ。なんだろう、さばけた感じ。ぶりっこよりもずっと魅力的。いいキャラになりそうな予感です。

『海色マーチ』

皆で水族館、完結編ですよ。

なんだろう、あんまり大きなできごとはなかったんですけど、普通に水族館まわって、ちょっとしたできごといろいろ。それが楽しくて、ひなたと珊瑚の話してた水槽に身に覚えのない生物が! ってやつとか。ふたりの性格の違いっていうのがよく出てて面白かった。自分はどちらかというとひなた側の人間かも。これ、ぱっきり好みがわかれそうですよね。

ほかにもね、あまねのいたずらと思ってがつんといったら、見知らぬ迷子の女の子で、おびえさせちゃったりね。この時のさすがに慌てた珊瑚が可愛かった。ジンベイザメ水槽のくだりなんかもね、大きくてすごい! 興奮するんだけど、ご飯食べてるときにヌーってこられるとびっくりしちゃうっていうの、これもくすりとさせられましたね。

今回、全体に小ぶりでチャーミングな印象あって、こういうの好みです。最後の、一度はシュノーケリング部への誘いを断りながら、姫も部員と知って即てのひらを返すひなた。こういうのもいい感じ。ちょっと現金、ちょっと強引? いいキャラクターだと思います。

『プリンセスヒーロー』

いい感じ! 悪くない締めだったと思いますよ!

学内であやしいマスクかぶってヒーロー活動しているレイナお嬢様。この子の幼少期の夢。それが今回、ひろかとの出会いをきっかけにしてかなったという流れがね、普通? オーソドックス? といえるような展開なのに、ちょっと普通とは違う経緯たどったからでしょうか、不思議と新鮮で、そしてレイナの喜びがね伝わる、そんな感触がね、よかったなって思ったんですよ。

最後の、レイナとひろか、ふたり連れだっての帰り道、その様子が愛らしくて、ほのぼのとふたりの気持ち伝わるようではありませんか。このシーンのよさ、それは宇宙人マスクとかクママスク、ウサギマスクでの活動風景、そのシュールさとのギャップあってのものだったりするのかも? といいたいけれど、今回はあのシュールなヒーロー活動もふたりの協調、そして助けられた人の笑顔など、魅力的だった。

ちょっと不思議なヒーロー活動、そしてヒーローではない素顔の彼女らの様子、そのどちらもに魅力が感じられたゲスト最終回。その両活動が相互に彼女らの魅力を支えあっている、そんな感触ありまして、これ続きが読みたいな。そうしたらもっとたくさんの彼女らのよさが引き出されてくるんじゃないかな。そんなこと思わせてくれたんです。

My Private D☆V

『あやしびと』のGAGAGAです。

『あやしびと』の延長? MPD☆Vでも人外的お嬢さんを提示されましてね、肩出しミニ和装の鬼っ子さん。小柄な体で大振りな武器。不適な笑いを見せたり、かと思えばおすまし顔。ツリ目、黒い白目などなどD☆Vポイントも多様多彩にとりそろえ、といいたいところだけど、これはあれだね? 最後に大きくドカンと押し出してきた、「クールそうだけどポンコツ」。すべてここに集約させるための前提づくりだね!?

最後の最後に可愛げ見せてくるこの流れは、確かに見ていてとてもいい。おどろおどろしさなんかも匂わせた後だからなおさら。しかもこれが結構な破壊力。ああ、これはD☆Vですわ。まごうことなきD☆Vですわ。

2020年2月12日水曜日

『まんがタイム』2020年3月号

『まんがタイム』2020年3月号、一昨日の続きです。

『瀬戸際女優!白石さん』

ドッキリ番組に出ることになった白石さん。しかし、白石本人には詳細知らされず、すなわち騙される側だっていうんですね。偽のオーディションで白石を振り回そうという企画。しかしそれでマネージャー岩熊が心配するのが、ブチ切れられたら嫌だなって。まあそうだよね。白石の過去知ってたらちょっとビビるよね。

でも今回のエピソード。演技に意欲見せてストイックに仕上げていく白石のプロ意識が際立って、むしろ好感あがる系ではないですか。尼僧の役だからって、いきなり剃髪するとかいいだすし、基本この人のやるときゃとことんやるって性格、それがいい結果もたらすことになったのが面白くて、でも裸になれって要求にはちゃんと怒ってもよかったと思いますよ!

役づくりの果てに悟りを開くまでに!? みたいな話ですが、このがんばりがまたどこかで報われるといいですね。それと今回、終始白石を守ろうと思って行動していた岩隈。彼はいいやつですね。

『テレパス皆葉と読めない彼女』

皆葉の家にお呼ばれすることになった澄花。この人の、ちょっと服に気合いいれてみたり、皆葉家では緊張してみたりというところ、ああ、恋心でしょうか。このほのぼのとした澄花の、けれど内心ただならぬ思いが見え隠れするの、なんだか見守りたくなる、そんなよさがありますね。

しかし、気の回らない皆葉ですよ。そうした澄花の心の機微、まるでわからない。なんだけど、ああ、ここで妹たちがいい働きしてくれますね。兄の気づかぬ澄花の思い、妹たちが汲み取って、そして妹経由で皆葉もこの状況のいろいろ、察することになるっていうのね。ほんと、皆葉もいろいろドキドキしてみたり、そして妹とのドタバタの果てに澄花の手を握っちゃう!? いや、申し訳なく思ったのはわかるけど、土下座までするかい!? でもその後の言葉がね、澄花に届く嬉しい言葉だったっていうのがね、基本素直な皆葉です、澄花も心の底からほっとして、嬉しく受け取ったんじゃないでしょうか。

人の心が読めてしまう皆葉という少年の、けれども読めない澄花の気持ち。その読めないことがふたりの間のもどかしさ、そしてかわす気持ちのひたむきさ、その飾らぬ思いを光るものにしていると思うのです。

『茨城ってどこにあるんですか?』

茨城県は大洗! 今回はあんこう料理を楽しみます、というのでいきなり吊るし切りからのスタート。ダイナミック! 心底感心して、また楽しみにキラキラしている多恵に森戸。これが可愛くって最高でした。

さて本編。このあんこう鍋を食べる会、動画に協力してくれている多恵へのお礼だったはずなんだけど、まさかの撮影つき! しかも多恵ファンの加藤まで加わってきて、やべえ! ストーカーか!? と思ったら、なるほど、母からの差し金でしたか。

鍋の仕切り、横浜人の加藤がやるっていうの、あれー? お店の人がやってくれるもんじゃないの? というか、なんで加藤はあんこう鍋に詳しいの? と思ったら、なるほど、あんた、大洗常連だな? そんな落ちがくるのがおかしくって、いやね、だって大洗でしょう? あのアニメに触れないのは不自然だけど、まあそっちがメインの漫画じゃないもんね、しゃあないよね、とか思ってたら、うわー、触れられた! このやってくれた感。にやりとさせられたわけですよ。

今回も森戸がよかった。多恵をはさんで加藤と張り合ったりね、それだけでなく今回の食事会、森戸自身も楽しみにしているのが見えるの、多恵はわかりやすいじゃない? 今回は森戸についてもわかりやすいと思われて、多恵、森戸、ふたりの様子、見ていてほのぼの、嬉しくなりますよ。やっぱりなにかを楽しんでいる人を見るの、いいですね。ええ、キリッと大洗に消えていく加藤もまた輝いていましたよ。

2020年2月11日火曜日

『まんがタイムきらら』2020年3月号

『まんがタイムきらら』2020年3月号、一昨日の続きです。

『夢見るルネサンス』

リーチャに続いてルネサンスフィレンツェからやってきたエマ。この子にこの時代を、この街を知ってもらおうと、皆がそれぞれに思うところに連れていく今回。あらためてリーチャがこの街の人たちに受け入れられて、親しんでいるところ示されて、またレンや桃花の好きなものも示されて、このちょっとした再紹介っぽい流れ、登場人物の増えたこともあってよかったと思います。

意外だったのはひよりですよね。街に残る城跡に皆を連れていって、天守閣は残ってないんですけどね、エマの興味をぐうっと引いて、さらにこの街を展望することもできて、ああ桃花もいうようにひよりが優勝ですね。

リーチャもエマも異邦人。リーチャが時間をかけてこの街に溶け込んだように、エマもこれからこの街のことを知り、この街に受け入れられていくことになるのだろうなあ、そんなこと思わせてくれるエピソードでした。

そしてここでちょっとした新展開ですよ。リーチャもエマも学校に通うことになるんですか!? 桃花、めっちゃ軽くお願いして許可もらっちゃってる。この時の桃花、なんか可愛くてよいですね! そして次回からリーチャとエマの学園編! いやあ、ありそうでこれまでなかった展開、きちゃいましたね。

『下を向いて歩こう』

硝子、熱が出て学校お休み。それで母親から、学校ではさざれからも、串本いって興奮したからだっていわれてるのがおかしくって、硝子は違うっていってるけど実際どうなんでしょう。なんか嬉しすぎてハッスルしすぎて発熱。どういうメカニズムなのか、ありますよね。でも、硝子、串本いくその日に発熱じゃなくてよかった!

今回はお見舞い回ですね。シエルがお見舞いいく気満々で、そうか泣いて訴えるほどか。お見舞いだからなにか持っていこう。それがいでゆ反対タマゴっていうんですね。ほう、温泉卵。しかも温泉入ってからいこうって、この白浜満喫コース。これ、いいなあ。こんなスポットが普通に町内にあるっていうの、ちょっとうらやましい。でも、お風呂の用意がない。着替えは体操服でいいじゃないか。え? 下着は? って思ってたら、案の定やっぱり問題になった! ええ、この顛末も面白かったですよ。

硝子サイドでは、シエルの母が自分の好きな小説家だと判明するの巻。熱、めっちゃあがってるやん! ああ、やっぱり硝子、熱出したの串本いって興奮したからだよ。ほんと、このくだり、今後の展開も予感させて実によかったです。

しかし、今回、温泉のくだりも魅力的だったけど、卵ですよ、卵! そうか、この温泉、塩泉なんだ。なので卵にも自然と塩味がつく。ああ、これ、絶対おいしいやつだよ! ほんと、この漫画、白浜への興味、関心、ぐんぐん高まる。すごい魅力押し出してきたものですよ。

『むすんで、つないで。』

なんだろう、今回、いつもと違う可愛さ盛り沢山じゃないですか!? いつだって可愛いんですけどさ、表情のつけかた、目、口元の描き方とかでしょうか。ちょっと愛らしさ増しになってる気がする。これまでも同じだったらごめんなさい。でも、あのお土産をめぐる一連の苺とか、すごく可愛かったと思う。あるいは私の思い入れがゆえでしょうか。

さて、ゴールデンウィークが終わり学校も再開。苺がね、旅行先で買ってきたおまんじゅう、皆に小分けにして配っててね、普通こういうのやるの大学とかからだよね? この学校だと普通なのかな、みたいに思ってたら、ああ、やっぱり違ったよ! 職場の気遣い感あるおみやげの配り方。先生も当たり前に受け入れそうになってるじゃん。曰く、社会人感。いやあおかしかったなあ。これ、ばらまき用のおみやげっていうのか。勉強になりました。

そして今回大きな動き。ああ、花ノ子と白百合が姉妹喧嘩! 自分はお姉ちゃんだからって白百合の面倒いろいろ見ようと思ったら、白百合からお姉ちゃんって感じしないっていわれちゃった。

でもこれで喧嘩になっちゃうんですね。公園でギャンギャンやりあってる。それ見てる苺がおかしくって、年長者の余裕なのか? だってでものケンカ、かわいいって、うん確かに可愛い。そういってる苺も可愛い。そして苺、この喧嘩にポジティブな効果期待しているんですよ。

喧嘩を通じて、白百合の本音、出ましたね。これまで、いまいちよくわからなかったこの子だけど、ずっと寂しかったんだ。両親は行方不明の花ノ子のことで手一杯。自分のことかまってくれたのはじいじとつなぐだけだったって、これ聞かされた時の花ノ子の心中やいかに!? 私なんかはもう泣けてしかたなかった。

この漫画は、花ノ子行方不明の重みがしっかり感じられて、ご両親の心中、妹の気持ち、もうどれもが切なくて切なくてたまらない。ほんと、いつだって泣かされる。今回の白百合にもしっかり泣かされましたよ。

苺の思ったように、姉妹喧嘩を通じて、ふたりより以上に近しくなれた感じしますね。花ノ子持ち前のポジティブで、これからお姉ちゃんになるって、これまでのこと埋めあわせられるくらい、いやもっと盛っていくくらいの勢いで姉妹としての関係、思い出、築けていけたらいいですね! そして花ノ子のつなぐへの宣戦布告!? いやあ、かのちゃん、可愛いな。でも、速攻で負けを認めるつなぐ。いや、そこは白百合の姉がわりとしてつちかってきたもの、信じてがんばろうよ! ほんと、つなぐ、変なところに自信たっぷりです。

『星屑テレパス』

まさかの展開、見せてくれました。いえね、瞬に勝って仲間に迎えてって流れがくるものだと思ってたじゃないですか。でも違うんだ。ユウの瞬攻略の秘策、瞬の好きなロボット、ガンバリオンのペイントをしたロケット。これが有効打を与えるのか!? と思うも、これもそうじゃないじゃない? いやほんと、こちらが予想したことをことごとく外して、けれどばっちり爽快な見せ場があって、さらに加えてユウの瞬への働きかけ! ああ、この展開がよかった。予想した展開よりも、描かれたこと、その方がずっとよかった。

真摯にペットボトルロケットを仕上げて、これまで以上の記録を立て続けに更新していったチームユウのひたむきさ。これはひとえに胸を打つものでありましたし、定められたレギュレーションの穴を突いて、圧倒的な飛行高度を見せつけてきた瞬のロケット。あの打ち上げの場面ですよ。瞬の感じているものづくりの楽しさ、結果を出したことへの喜び、確かな技術に、彼女の自信。一度に多くを物語ってくる、雄弁な名シーンだったと思うのですね。ええ、見事だったと思います。

そしてその後の展開がいかしました。ユウの瞬に直接いいたかったこと、それ、ゴーグルかっこいいねだったのか! この意外性。ほんと、瞬にしても虚をつかれましたよね。ずっと思ってたって、伝えたかったけど学校にこなくなっちゃったから伝えようがなくって、また学校であえたら嬉しいって。今日の勝負も楽しかった、またやろうって。ああ、この裏のないユウの気持ちのすがすがしいこと。そしてこれを受けての瞬の選択、それがまたよいと思ったんですね。

勝負に負けたから従うんじゃないんだ。ただただユウの人となりにひかれて、それで一緒にやろうという気持ちになったんだ。その瞬の気持ち、この子の自発性が大切にされていたこと。それがただただ嬉しく思われたのでした。

2020年2月10日月曜日

『まんがタイム』2020年3月号

『まんがタイム』2020年3月号、一昨日の続きです。

『六畳一間の憑き物石』

こいしの祠を探しにきた瞬と亜依だけど、亜依がすっかり物見遊山気分になってるのがおもしろくて、まずはタピオカをふたりにすすめ、そのついで? いやこちらがメインなのかな、瞬とこいしの仲を後押ししようとしたりするの、完全にエンジョイしてますよね。その後も、見事にウィンドウショッピング。プリントシールまで撮影して、そうしたら見事な心霊写真ができあがるの。さすがじゃ。けど、これ、レアだな。

遊んでるようではあるけれど、それでも祠探しはちゃんとしていて、でもその肝心の祠が見つからない。瞬がこいしの石を持ち帰った時と条件を揃えるべくアルコールを投入してみたり、そうしたら見事に使いものにならなくなって、ほんと、今回、皆で交流を深めるばかりになってしまってました。

それでも探索は続くんですけどね。瞬の交通系ICカードの履歴を確認しようというところまでいきついて、ということはバスの乗り間違いの可能性もちゃんと潰していけますね。でも、こうやって可能性をひとつひとつ潰していった先には、祠への石の返却、瞬とこいしの別れが待っているのでしょうか。そう考えると、切ない探索行ではありますよね。

でも今はまだ、瞬とこいし、帰りつくのはふたりの部屋。互いにおかえりといいあう、その様子が本当に暖かみあって、素敵な瞬間でした。

ところで、どうでもいいことではあるんですが、亜依の服、コートかな? 襟の飾りが可愛かったです。いいですよね、こういうちょっとしたワンポイント。おしゃれです。

『良倉先生の承認欲求』

ほんと、この先生、いろいろ駄目だな! 美術準備室で活動している写真部。よく考えたら部室は? 星畑の問いにあからさまにあやしい態度を見せる良倉先生。どうしても教えようとしない、それでも食い下がる星畑。そこで上枝先生が教えてくれたのだけど、まさか、まさかの私物化ですよ! いや、正直、この展開予想してました!

やっぱりな! やっぱりか! 写真部部室、すっかり文鳥紳士の撮影スタジオと化しとるじゃんか! 一瞬当惑するもすぐさま文鳥紳士の背景と気づく。そこからの星畑のあきれがちのつっこみ。この冷たさが素晴しい。そしてさらにこの部屋が古岩部長にもバレて、いやもう面白かったのここから! あきれながらもすごいといってくれた星畑とは違い、もう心底辛辣。先生にダメージはいりまくり! あまりのしおれよう、しびれましたよ。

でも、この辛辣古岩部長、なんだかんだでツンデレで、もちろん先生にじゃなくて星畑に対してなんですけど、そこを先生にうまく転がされちゃうのね。このやりくち! 先生、悪いやつだなあ! みたいにも思うんだけど、この互いに弱みがある関係、それが不思議と対等で面白いよね。なんか嫌みがないんですよね。チャーミングなんですね。

『午前0時のおねだりごはん』

牛喰にもたらされた悲報。米沢先輩に交際している相手がいるって!? 取引先の若社長。社内で噂になっていて、ああ、牛喰にはショックですね。でも裏どりもできてない時点から、そんなに心乱すものではなくってよ? とは思うものの、実際当事者なら穏やかではおられないよなあ。

ここからの展開も牛喰にはビハインドの連続で、出張先からのリクエストが取引先の前社長が作ってくれていたマカロニ入りカレーの再現。さらにまさかのイレギュラー、米沢とのふたりの時間だったはずのおねだりごはんに若社長も同席させたいって!?

悩んで悩んで思いつめた牛喰。もうすっかり煮つまって、カレーもばっちり煮つまって、そして当日。ああ、よかったですね、若社長と米沢の関係はただの噂で、若社長、結婚を約束した相手がいるんですね。それを知ったときの牛喰の笑顔! ほんと、今回のおねだりは、米沢の新人時代の話が聞けたりね、でもって褒められて嬉しい牛喰のちょっと有頂天っぽい表情見られたりね、これよかったなあ。ちょっとしたイレギュラーで、話題も広がり、いつもとは違う表情も見られる。世界が広がった感じがしました。

でも最後にね、ちょっと米沢、バッドコミュニケーションでしたね。またふくれちゃった牛喰。でもこれもまたチャーミング。牛喰さん、いつか気持ちが米沢先輩に通じたらいいですね。

2020年2月9日日曜日

『まんがタイムきらら』2020年3月号

 『まんがタイムきらら』2020年3月号、発売されました。表紙は『けいおん!Shuffle』。ヒロイン紫のソロ表紙ですよ。両手にドラムスティック持ちまして、ぴょーんとジャンプ。その笑顔が底抜けに明るくて、この子、絶対いい子だよね! そんなこと思わせるような雰囲気あって、これ、すごくいいなあ! 制服のすそからお腹が見えてるんですが、ここ数日やけに寒いからさ、お腹冷えちゃうよ! 腹巻きして!? みたいに思っちゃうんですが、このあたり気にしないでも大丈夫なのかな。これが若さか……? いやしかし、縁、愛らしい、そういわねばならない気にさせる魅力ありますよ。

今月は新規ゲストが1本です。

『推しごとびより』

アイドルものではあるのだけど、主人公はアイドルを追う側。ファンサイドからの話なんですね。とか思ってたら、アイドル側に越境していく勢いだぞ! これは、これは予想外だぞ!

主人公は桃原心町。アイドル好きの高校2年生。ある日、姉と連れだって、推しのアイドルとのコラボ展開中のコスプレ喫茶にきてみれば、そこにはクラスの優等生、南野空の姿があって、なるほど、ずっと自分とは違う次元にいるクールな人と思っていた空が、実は自分と同次元だと判明したってわけですね。さらには、よりコアなのかな? 二次元三次元問わず推している心町とは違い、二次元メイン。アイドルとなれば饒舌になる心町と同様、好きなアニメとなると、吹き出しにおさまらない勢いで語り出す。この、好きなことには饒舌というの、オタクあるあるの描写ではあるけれど、こうして実際に絵にして見せられると、いいなあ! そう思わないではいられない。私、オタク女子が饒舌になってるところ見るの、大好きなんですよ。一種の変態かも知れません。

この漫画、タイトルからして推す側の話、それこそ饒舌に語りあうような話でいくのだろうなんて思っていたんですが、心町の姉が芸能事務所勤務。どうせなら受けてみないかといわれたアイドルオーディションに、心町、空で組んで応募する流れになりそうですよ。しかしその応募の動機が不純で、アイドルになりたいよりも、推しのアイドルに接近したい気持ちのほうがずっと強いときたもんだ! いやあ、自分みたいのがそんなこと思った日には軽いホラーですが、この子たちなら大丈夫ですね。

オーディションの応募条件は3人組。ということでこれからもうひとり探さないといけないのですが、桃色、空の青、ときたから、もうひとりは黄色かな? なんて予想しながらも、すべてアニメを軸に考えている空の様子、あれに完全に持っていかれてしまいましてね、ええ、空、いいですね。なんかすごくわかるんですよ。なるほど、これが推したい気持ちってやつですか?

『けいおん!Shuffle』

紫、姉へのリベンジを誓うの巻!

朝、耳に息を吹きかけるという気色の悪い方法で起こされてしまった紫。あの、なにするの、気持ち悪いと起き抜け一番にまくしたてる紫の様子が実によくってですね、基本穏やかであたりもいいこの子がですよ、姉相手となるとわりと口が悪い。その口の悪さがね、不思議とリアルな妹のそれらしさをかもしだしていましてね、とてもいい。なんか、妙にいい子ぶってる子より、こうして地が出てるみたいな方がね、魅力的に感じるんですね。生きてる感がある。

散々姉にからかわれて、それで復讐したい、リベンジだって息巻く紫なんですが、そうかあ、151敗でいまだ勝ちなしなのかあ。このあまりに実力差のある対決。その日の午後、居眠りしてる姉に対してここぞとやりかえした紫の精一杯の攻撃も、全然効いてないものなあ! でも、色気に欠ける紫のその様子、逆にこの子の素直さ感じさせて、いやはや、姉には効かなくとも読者には届いたのではないかと思うのです。

『さかさまロリポップ』

今回、不思議回だ!

詩月のマネージャーの中村さん。オフの日に詩月と一緒に遊んだりしないのかと、当の詩月から聞かれるも、芸能人とマネージャーは一線画すべき! 気持ちは揺らぎながらも、自身のポリシー曲げようとしないんですね。

そんな中村さんの精一杯が、詩月の家の観葉植物になりたい。なにごと!? ってな発想ですが、あれか、腐女子の方々がおっしゃる推しの家の壁になりたいってのと同様の発想か。で、今回面白かったのが、実際に観葉植物になるっていうんですよ。

最初、なにが起こってるのかと思いました。4段ぶちぬいて、詩月の様子に一喜一憂する中村さんが描かれる。一喜一憂? いや喜びしかない、憂いなんてかけらもなかった。そんな中村さんの描写があまりに非現実的なので、観葉植物になったらこんな感じっていう想像なのかな? みたいに思ったんです。

だけど、違った。実際に植物になったわけではないけれど、詩月の家、リビングの隅に座りこんで、観葉植物気分で詩月のこと見守ってるんだ! すごい!

しかもこの流れ、後にもあって、いやちょっと見守られる側、詩月の行動の提示される順が違う。この詩月の様子と中村さんの反応の前後が入れ替わることで、読み手の受け取る印象がまた違ってくるっていうから面白い。

詩月の行動が先にくると、なるほど中村さんはこれ見てこんな感じになってたんかー、普通の受け取り方になるわけですけど、これが逆になると、中村さんの反応だけ見て、このとき詩月はなにやってたんだろうって想像を巡らす余地ができてくる。続いて提示される詩月の行動、ここで答えあわせみたいになる面白さ。そして詩月の様子、中村さんの反応、詩月、中村さん、みたいに2本の四コマをひとコマずつ交互に読むみたいな破調の面白味も発生してきて、自由だ! 四コマはこんなにも自由だ!

すごく面白かったのでした。

『スロウスタート』

冠の悩みごと。飼い猫の健康状態、最近太ってきちゃってて、ちゃんと管理できていない自分は飼い主失格……。想像以上に凹んでいるんですね。

今回描かれた冠と飼い猫のこと。序盤の榎並先生との甘味巡りにてこれを提示し、その後栄依子にバトンタッチ。栄依子とは電話でのやりとりだったのだけど、その描写、直接対面しているのとは違う、けれどふたりの距離は離れてなんていないことを描き方の工夫でもって感じさせるのがねすごくうまくて、また自由で、これいいよなあ。四コマの破調がすごくいいアクセントになって、面と向かって話しているのとはまた違った時間の感覚、なにかゆったりとして気持ちを素直に伝えて受けとってといった感覚が出ていたと思うんですね。

そして終盤へ向けての流れ、学校でたまて相手にコメディ色強めて、そうか、たまては太ったりやせたりしてるのか。ちょっと攻め気のある冠もいいですね。その後に続いてエピローグ、猫に運動させるべく、髪もまとめてジャージ着て、いつにないやる気見せてる冠! わーお、今回はいろんな冠が見られて素晴しいな。しかもこの猫に運動させる動きが、マリンバの攻略に繋がるという、序盤で提示されてたことが見事にここで決着するんですね。

場面場面でメリハリ持たせて、緩急ある巧みな展開。これはいい構成でしたわ。ほれぼれします。

2020年2月8日土曜日

『まんがタイム』2020年3月号

 『まんがタイム』2020年3月号、発売されています。表紙は『おとぼけ部長代理』がカニ鍋食べてる様子ですよ。ああ、カニ、いいですよね! 他のカットもカニにまつわるもので、『花丸町の花むすび』花子はカニのかぶりもの!? これ、意外な方向に切り込んできたな。手にはカニスプーンにハサミ、なるほどこれからカニを食べようという喜びであるわけだな。『午前0時のおねだりごはん』牛喰はカニの甲羅にカニスプーンで、味噌食べようとしているところ? エプロンしているところから、これ味見? つまみ食い? そんな感じなのかも知れませんね。そしてここに『ふたりが家族になるまでに』、最終回告知のカットもありまして、あさひとジロー、ふたりの背を見送るようなそのイラスト。これ、いい絵だなあ。これまでと、これからと、いろいろ思わせるそんなよさある絵であります。

『ローカル女子の遠吠え』

名々伏が不調。それを気づかうのか、東京に出たついでにいろいろ話してアドバイスして。雲春、いい友達ですよね。

そんな雲春が東京でであった静岡物産展。あんた、静岡に暮らしとるのに、それでも顔出しちゃうんだ! なんだかんだで静岡愛が育まれているというのか。あるいは長いものには巻かれる? 流れには逆らわない? そんな性質がゆえ?

東京で見た静岡の物産展に足りなかった要素。富士山と家康がなかったって発見もおかしかった。家康に関しては東京も本番のひとつだものなあ。というか、物産展で家康グッズ売っててもそれはそれで困る。想像をくすぐる面白味あるトピックだったと思います。

今回の静岡情報、パン祖っていうの、面白くてタメになりました。たまたま静岡にパンをもたらしただけじゃないの? と思ったら、はじめてパンが焼かれた日がパンの日になってるとか、雲春じゃないけど予想を超えてきましたよ。その後の当時のパンをめぐるいろいろもまた面白く、こういうトピックを個性的な登場人物まじえて面白く膨らませていく手腕、見事でした。

『ご主人様!確保します♡』

元警察官で今はメイド喫茶でメイドをやっているマミ。まさかのかつての部下の来店! マミ、今の仕事がバレてしまう!? さらにはガッカリされるまである!? と、そんな予想を軽くとびこえていくそこからのやりとり、面白かったです。

後輩のモナカが頼んだのがオムライス。ケチャップでなにを描きますか、そのリクエストが似顔絵で、でもマミが描くと指名手配用の似顔絵になってしまうってんだ! というか、うまいな。可愛さはないけどうまく特徴つかんでいます。

一瞬戸惑ったモナカだけど、自分も似顔絵練習中といって出してきたスケッチ。それがまた怖い表情で、犯人の特徴を描くときの描き方か! これも職業病なんかな。さらにそれがマミの似顔絵で、上司で練習してたの、マミの渾身のつっこみ! いい勢いでしたね。

マミの、直接触れることはできないからとエアなでなでで後輩をいたわるところなんかもよかったですよ。また、モナカのかっこいいところや、先輩への憧れ語るところ描かれたのもよかった。そして落ち! しっかりとした見せ場、面白さもビジュアル的にも充実して、ぐっとくるものありました。

『ふたりが家族になるまでに』

おお、最終回。あさひも大学生になる、それで家を出てひとり暮らしをはじめる。その引越しの手伝いにジローが呼ばれて、大活躍、さすがの手際じゃないですか、ジローさん! でも場数だけは踏んできたってジローの言葉、酷い顔して聞いてるあさひとか、のっけから面白かったなあ。

でも、やっぱり最終回といいますか、これまで暮らしてきた家、自分の部屋に感慨感じているあさひとかね、しみじみ感じ入らせる描写などもあって、そしていよいよ家を出ようとドアを開けたあさひのあのまぶしさ。素敵でした。あさひも大人になった。その成長、確かに感じられる、そんな描写は確かで、そしてあさひはこれからもいくらでも変わっていくんだよ、そんな未来の展望を語るあさひ、ジローのふたりの様子。これ、感動的だったよなあ。これまでこの漫画で描かれてきたこと、丁寧に積み上げられてきたこと、それがここに実を結んで、ああいい漫画だったなって、このふたりのいろいろ、懐かしくも思う、胸にふわっと暖かみわくような感情、自分もまた覚えたというのですね。

そして最後のあさひ! あさひ! あーさーひー!!

あの唐突に投げ込む殺し文句からいたずらっぽい笑顔の流れ! もう最高だったと思う。最高だったと思います。

『ハニトラなんか怖くない!』

綾小路、いいやつだよなあ。だいたいこの人、女子社員人気、これまでも決して悪くなかった。そこにさらに、山田さんからいろいろ聞き出そうと、これまでいろいろされてきたこと真似して返してみれば、女子人気爆上がりした! でもそれで肝心の山田さん嫉妬かい! 難しいね、綾小路くん!

今回も山田さん、謎多かったですね。電車がとまってさあ大変。このままじゃ会議に遅れちゃう。綾小路のピンチに都合よく駆けつける山田さん! すぐ側で見てるかのようにっていう綾小路のつっこみがまたおかしくて、そしてそこからのバイクふたり乗りをめぐる攻防。綾小路、山田さんにつかまるとかできないのわかるけど、ネクタイで手綱はほんと危ないから! で、あまりに強情な綾小路に業を煮やした山田さんの暴挙! ロープでグルグル巻きか! 魂抜けてる綾小路からいのちだいじのくだり、ここも笑ったなあ。

基本、やっぱり振り回される、いや自分で気苦労増やしてるみたいな感じもするけど、そんな綾小路の様子が愉快な回でした。けれど、最後の最後で山田さんの謎に立ち返って、ああ山田さん、綾小路のひとつ下。綾小路の子供時分のエピソードを知っている。その不思議にちょっと探りいれようとする綾小路。ということは、次回、ちょっとでも山田さんの謎、明らかになるのかな? なりそうでならんような気もするんだよなあ!

2020年2月7日金曜日

Pascal's Wager

今日は『まんがタイム』3月号で書こうと思っていたのだけど、取り置きをお願いしている書店が早仕舞いしていて買えませんでしてね、しかたがないので『Pascal's Wager』です。iOSとAndroid向けにリリースされたゲーム。『ダークソウル』ライクのアクションRPG。みたいな基本情報はこれまでもずっと書いてきたのでもう今更いう必要はないと思うのですが、もう少し寝ると日本語リソースが配信されるので買うならほんと今ですよ! なんせ860円。めっちゃ安い。そんな安価でこんなに面白くっていいの!? ってくらいの完成度。この類のゲームが好きならマストバイであります。

とりあえず進捗だけ簡単に。ステージ3、クリアしました。カエルも5匹、探索中にしっかり見つけることができて、テレンスの操作にも習熟してきたところです。3人の仲間も無事全員解放し終えて、ちょっと高価な買い物するために骨を集めながら、ヴィオラとベニータのフィールに慣れるべくいろいろ試しながらステージ3を徘徊しています。

まだベニータは試せていないのですが、銃使いのベニータ、この人が面白いのか難しいのか。もうちょい銃の威力あってもいいんじゃない? 高火力の弾は弾数に制限があって、ほいほいバンバカ打てなくて、なのであまり強くない敵には弾数無限の通常弾を使うことになるのですが、一気に高ダメージを稼ぐっていうのが無理なので、距離を保ちながらチマチマと削るみたいな戦い方を余儀なくされています。

正直、このスタイルで正しいのかな? なんて思うんですが、いやね、パワータイプのノーウッドだと、防御しつつぐいっと前に出て攻撃を受け切ったら次はこちらのターン。剛腕に棺アタックでガンガン敵の体力削る、みたいな爽快さがあるんですが、ヴィオラはどうもそんな感じじゃないなあ。主役のテレンスも、受けてかわして、敵の後隙に攻撃重ねていくという、わりとチマチマ系ファイターだったのですが、カウンターのスキルを解放したら印象が変わりました。敵の攻撃にあわせて防御ボタンを押すのですが、リスクはあれど大きなリターン! うわー、これは気持ちいいな!

どんな敵、例えばボス相手にもカウンターが効くのかはわかりませんが、通常の人型の敵なら問題なく効果発揮するので、チャンスがあれば狙っていきたいところ。あと、テレンスとノーウッドは敵がノックダウン状態になったときにexecute、成敗することができて、これも気持ちがいい。ヴィオラはどうだったかなあ。狙撃スキルを解放したらまた状況も違ってくるかも知れません。

ヴィオラが難しいのは、この人はガードできないんですね。基本回避してアウトレンジで戦うキャラクターなんだと思う。でもゲージ溜まれば弱攻撃、銃剣からの接射とか射撃から斬り上げのコンビネーションとかに派生させていけるので、おそらくギリギリの間合いで戦って、隙あらばインファイトでダメージを稼ぐのが正解なのかと思っています。

スキルの解放にはトークンが必要になるのですが、数に限りがあるので4人全員をどんどん強化していくということができません。そのへん、難しいですよね。優先度決めて、少しずつ強化していくしかない。このままならないところ、それがまた面白さのひとつになっていると思います。

2020年2月6日木曜日

『まんがタウン』2020年3月号

『まんがタウン』2020年3月号、昨日の続きです。

『部長と2LDK』

生活の基盤をふたりで少しずつ整えていく。今回は食事編でありますね。ふたりでスーパーにいって、炊飯器買って、それから夕食の材料買って。食品売場を歩くふたりの様子。菜々がいろいろ目移りしちゃって子供みたいってのも面白いんですが、きっちりしっかりしてそうな部長、藤子がそうでもないっていうのも見えてくるの、いいですね。そうですか。お姉さんっていわれてちょっと嬉しかったんだ。まあ7歳差だもんな。さすがに親子はないですよ。

料理が苦手なふたり。菜々は論外も論外みたいですが、藤子もけっこう駄目そうで、いろいろボロが出てくるのね。いかにもできそうなのに、意外とそうじゃないっていうの、この人に関してはなにか可愛げというか、チャームポイントみたいに感じられますよね。

ふたりで料理に取り組もうというその様子が実にほほえましくて、ふたり色違い、おそろいのエプロン姿、まあ藤子の可愛らしいこと。挑戦するのはチャーハン。そもそもご飯が水多すぎてべちゃべちゃでっていうところから失敗ははじまってたようにも思うのですが、その後の調理でもいろいろ駄目そうなところ散見されて、でも楽しかったんですね。うっかり口すべらせて赤面する藤子。ほんと、この人、可愛い人だと思います。

藤子は、なんでもきっちりやらないといけない、そういう考えが先に立つタイプみたいですが、そのあたりを和らげてくれるのが菜々なんでしょうね。ふたり食後にごろり。これ、いい時間ではないですか。気を張らない。のんびり無理せずマイペース。楽しく生きるコツだと思います。

『珈琲と猫の隠れ家』

後木、お客さんのことが気になってるんですね。猫のむーちゃんにあいにきているお客さん。自分にあいにきてるわけじゃないって自分にいいきかせている後木ですよ。うん、どうもこうもなく意識しちゃってますね。

今回は、そのお客さんの過去のこと語られて、むーちゃんに似た猫を飼っていたこと。暮らしのもろもろが大変になる中で、猫の世話もままならなくなってしまったこと。それがずっと悔いになっていて、悲しい思いをさせてしまったんじゃないかって、ああ、本当にその猫のこと、大切に思っていたんですね。もしどうでもいいって思ってたら、こんなにも忘れられずにいるなんてことあるわけないじゃないですか。

ここで後木が話したむーちゃんのこと。それもまた悲しさのにじむエピソードなんだけれど、嬉しいこともちゃんと覚えておけるって。その言葉、お客さんにはどれほど救いになったろうと思う。ああ、そしてこれは猫と人の関係だけでなく、すべてのこと、人と人の関係でも同じかも知れない。お別れがつらいのはきっと……。後木のいったこと、それが心に残り続けています。

さて、このお客さん。むーちゃんを引き取ることを決意したみたいですが、そこで後木の心に兆した思い。ああ、後木、どうするのだろう。とりあえず今日のところは店長不在で先送りにできたけど、いずれ事態は動きます。その時にこの人はどういう動きを見せるのか。ここにまた見せ場がこようというの感じさせてくれる流れでありますね。

『あいたま』

暮巳あいに熱い視線を送る謎の女性。誰!? と思ったら、なんとアイドルの皆にかつて声をかけたスカウトマン。さらにいえば、ここの学園長。愛川玉緒、それであいたまなのか。今後とも末永くよろしくとあいに声をかけてきた、その真意やいかに!

これ、あいをアイドルとして見出したと捉えていいのでしょうか。とりあえず今回ざっと見てもね、あいにアイドルとしてのなにかを見出したうんぬん、みたいな話は出てきてないですよね。あいはアイドルになることは断固拒否の立場を変えず、そんなあいのことを学園長は絶対逃がさない、金の卵だっていっている。

アイドルとしての可能性なのか、あるいは自分の後継者!? いやいや、まだまだなにもわかりません。きたるホールのおひろめイベント。あいの顛末とイベントの成否、これを共通の山場として物語は推移していきそうです。

2020年2月5日水曜日

『まんがタウン』2020年3月号

 『まんがタウン』2020年3月号、発売されました。表紙は鍋がメイン!? 『野原ひろし昼メシの流儀』ですね、鍋の向こうに取り分けた鍋を食べようとしているひろしがいます。他に『かりあげクン』のカットがあって、連載40周年なんだそうですよ。すごいですね。確かに子供の頃から読んでたものなあ。さすがの長期連載です。そして今月からの新連載、新ゲストの『かのんとぱぱ』、『大越春太郎は黙れない!』、『あさひ大家族』のカットがございます。

今号は新規ゲストが1本、ゲストを経ていない新連載が1本です。

『大越春太郎は黙れない!』

ああ、そうだった、新入社員だった。というのも、やたら存在感あって堂々としてるものだから、新入社員だっていわれてるのに、なんでか先輩社員みたいな気持ちで読んでしまってました。

大越春太郎。新入社員。個性的というか、これ長所なのかな? よくいえば裏表がない性格で、ありていにいえば隠し事ができない。もっとあからさまにいうと、思ったことが即口から出てしまうという困った性格。嘘がつけない、隠し事ができない、いっちゃいけないことでも、口をついて出てしまう。

あかん! つうか、よく面接を通過してきたな! これ、ほんと、社外秘とかどうすんの?

この気持ちを言葉にしてしまわないではおられない春太郎。社長のハゲ頭を素晴しい輝きだとか大声でいっちゃって、しかも後に二度目もあるっていうのね、これを裏表のない性格と受け取ってもらえればよいけど、むしろデリカシーがない、かな? 同じく新入社員の仲市律子のスカートの中、見えてしまった時も、白だレースだいっちゃって、しかも大声で、これ好感度上がる余地なくない?

ともあれ、この個性の強い新人春太郎、この性格でもって騒ぎを作りながらも、同僚仲市の助けになったりしていく模様ですよ。少なくとも、仲市、好意的に受け入れられたの、春太郎の大声あってですよね。

『あさひ大家族』

兄弟姉妹たくさんの八雲家では三女あさひが家事ひととおりをとりしきっとるようですね。あさひ、12歳。誰よりもはやく起きて、朝食作って、家族も起こして。母ちゃんは多忙で家事まで手がまわらないのか。父ちゃんも同様かな? ともあれ両親ともに健在で、このあたり、しめっぽさがないのは好感でした。

長女は17歳、高校生なのか。長男は12歳。あさひと同い年だけど、家のことしっかりやってるあさひに比べたらずいぶんと子供っぽい。それは14歳次女も一緒か。

買い物もあさひの仕事。夕食もやな。父ちゃん、自分の飲むビールくらい娘に頼まず、自分でとってきなさいな。しかし、なぜ家のこと、あさひがほぼひとりで負担することになっとるのか。なんかの理由があって、この子が全部やるといったとかなのかな? このあたりの事情がクリアになると、ひっかかりなく読めそうかもなんて思いました。

『新婚のいろはさん』

雪の夜。昼からずっと降っているのを、今見るのではなくもっと積もるまで待とうっていうの、ためるっていう表現使うのが面白かった。このちょっと突飛な感性、いつも新鮮で、はっとさせられたり、妙にチャーミングと感じたり、この漫画の強みと感じます。

今回はどんな話になるんだろう。ずっと屋内? とか思ってたら、まさかの雪がふってるだけの漫画! 四コマ全部が夜に降る雪! やった、やりやがった! すごいというか、こんなの許されるのかーっ!? いや、でもこれをやってしまう勢い、しかもいろはと始のやりとりの流れに効果的なアクセントつけて、ああ、これもまた味ですね。

後半がよかったです。梅が好きといういろはが始を誘って公園の梅園にいく。雪で真っ白な公園。方向音痴のいろはに、地理不案内の始。現地到着後、すぐさまはぐれてしまって、雪の白さが突然ひとりぼっちになってしまったいろはの孤立感際立たせるところ、実にあざやかで、そしていろはを探しに向かう始。繋がらない電話、けれどそれでも見つけ出した始の颯爽として立つその姿の凛々しさ。わーお、いつになくかっこいい。しかもこの場所にたどりついた理由、梅の香にいざなわれてか! ほんと、この情景の美しさ、特筆もの。前半が緩めの印象でスタートした、そのぶんをしっかり引き締めて見事でした。

けどここからの帰り道、エピローグがね、やっぱりちょっと緩めの会話に立ち戻るの、うん、このゆったりなテンポ、これがふたりの時間なんだなって再確認して、ええメリハリ効いたエンディング。けど、緩いだけでなく、余韻がね、ふたりの関係の近さ、仲良さ、しみじみと残って、これがまた魅力的。味なのです。

2020年2月4日火曜日

Pascal's Wager

もう、みんな、これ遊ぶべきだよ。『Pascal's Wager』。iOSとAndroid向けにリリースされた『ダークソウル』ライクのアクションゲーム。日本語リソースはあと2週間ほどかかるらしいけど、大丈夫、英語でも充分遊べます。なんか、突然人が怪物化してしまうようになった世界で、騎士テレンスを操り、世界の謎を解くのかい? ともかく、各所各所にいる悪そうなやつをぶっ飛ばしていけばいい、そんな感じのゲーム。ストーリーはあるんだけど、フロムソフトウェアに鍛えられたものとしては、雰囲気、ほのめかしさえあればもう充分。なんとこれが860円。破格! もうこいつは遊ばないって選択はありませんよ!

『ダークソウル』ライクのアクションゲームといわれていますが、広大なマップが基本シームレスに繋がっていた『ダークソウル』とは異なり、各ステージは独立しているので、感覚としては『デモンズソウル』に近いかも知れません。

現在、ステージ3に突入、探索を開始したところです。おそらくはまだ序盤ですね。

少しずつ雰囲気を違えたステージに馬車で移動し、数カ所ある謎オブジェを補給ポイントとしながら、マップを探索。敵を倒し、アイテムを拾い、ショートカットを開通させつつ、時に日記の断片や正気を保っているNPCと対話、情報を収集しながら、ステージボスを目指すというのが基本です。

各ステージはそれほど広くはなく、しっかり取り組むとだいたい3時間くらいでクリアできるくらいのボリュームです。ただステージに落ちているアイテム、宝箱、そしてカエルを集めようとすると結構歩きまわる必要が出てきて、特にカエル。思いもしないところに隠れていたりするので、全部見つけようとするとそれなりに苦労します。

カエルは、喜ぶものをあげることでプレゼントを残していってくれるいいやつです。カエルの落としものを集めて、馬車で相棒のヴィオラから装備品を交換するという流れ。カエルはステージごとに5匹いるようで、移動先を選ぶ全体マップに何匹確保できたかも表示されるのが親切です。これ、『デモンズソウル』にいた結晶トカゲに似てます。ただカエルは結晶トカゲと違って逃げないし、こちらの贈り物がお気に召さなくて地面に潜ってしまっても、謎オブジェで回復、敵配置を初期化すると何度でも戻ってきてくれます。うん、すごく親切。こういうところ、素晴しいと思う。

このゲーム、難易度は『ダークソウル』、『デモンズソウル』ほどに高くはありません。不用意に敵に突っ込んでいくと、背後から隠れてた敵に襲われてパニック! みたいなところはありますが、それでもそこまでいやらしくありません。まだ序盤だからかな? 先に進んだら、どうしようもないくらいに熾烈になったりするかも知れませんが、今のところはなんとでも対処できる感じです。

このゲームの難度を下げているのは、4人いるプレイヤーキャラクターから選んだふたりを切り替えながら探索するシステムのおかげもあるでしょう。テレンスは固定。そして相棒をパワーキャラのノーウッドと連発銃を持ったヴィオラ、そしてまだ出会えていないベニータからひとり選んで出発。それぞれに違った個性が敵の対処に役立つし、手酷いダメージを負ってもキャラを切り替えたら体力も正気度も、そして回復ポーションも、補給した時点のままで探索を継続できます。

もし状況が厳しければ、無傷のキャラで補給地点まで戻ればいい。倒した敵は補給するまで復活しないので、基本安全に戻ることができるから比較的安心です。

このキャラ切り替えシステムの便利なところは、仮にひとり死亡しても、生存しているもうひとりでその場復活できるところです。戦闘不能になったキャラは補給地点で回復するまで使えませんが、戻りさえすればノーペナルティで完全回復させられますし、仮にふたりとも戦闘不能になっても、ちょっとのペナルティで最後に利用した補給地点まで戻ることができる。これ、ほぼノーペナルティみたいなもんですよ。いや、気持ちの問題で、できれば死に戻りは避けたいですけどね。

このゲームには正気度があって、だらだら戦っていると正気度が削られて状態がアブノーマル、さらにはルナティックにまで変化します。アブノーマルになると体力上限が下がるなどペナルティが発生。ルナティックになると自分の影のような敵が現れて襲ってくる。こいつを倒すと正気度が回復するのですが、なんせ強いので、できるだけ正気を保っておく方が望ましい。またボス戦でルナティックに陥ると特別な演出とともにボスが大幅にパワーアップするとかね、ただ戦っていればいいってわけじゃないバランスは好ましいと感じます。

各ステージにステージボス。カエルが5匹。商人も最低ひとりいるのかな? そしてさらにダークミストに覆われたエリアというのがあって、これ、敵がめちゃくちゃ強い、どうも上級エリアの模様です。ダークミストの先になにがあるのかはまだひとつも攻略できていないのでわからないのですが、おそらくこれがクリア後とかの上位コンテンツにあたるのだと思います。

これに加えて、今後も追加要素があると案内されているなど、長く遊べるようにできているのも大変好ましいところ。実際、買いのゲームです。

2020年2月3日月曜日

Xbox One ワイヤレス コントローラー

 結局購入しました、Xbox One ワイヤレス コントローラー。『Pascal's Wager』を買ってみて、遊んでみて、ああ、これは面白いな。けどタブレットの仮想コントローラーじゃいまいち遊びにくくて、なんせ使っているタブレットがiPad Pro。全体に大振りで、いくらなんでもハンドリングに優れているデバイスとはいえません。画面が大きくて、またスピーカーもしっかりしてるので、ゲームをするにはいいんですけどね、でもそれが扱いやすいかどうかはまた別の話。わりとシビアな操作を求められるゲームには、タブレットやスマートフォンといったタッチパネルデバイスは向いてないという前提があるところに、さらに大きくて扱いにくいときた。ああ、こりゃ駄目だな。コントローラー買おう! 決めてからははやかったですね。

先日も書いたように、iOS 13はXbox OneコントローラーとPS4のDualShock 4に対応しています。つまりPS4のコントローラーを買うという選択肢もあったのですが、ここであえてXboxにしたのは、今後iPad以外で使う可能性を考えてでした。

例えば、Steamでゲームを買うこともあるかも知れません。その場合、プラットフォームはWindowsでしょう。ということは、マイクロソフト製品の方が親和性が高いわけで、いろいろ設定しないでもそのまますんなり使えるほうが楽、トラブルも少なそう。

そんな単純な理由で選んだのでした。

iPadにコントローラーをペアリングさせるの、最初少し手間取りましたがわかってからは簡単でした。ペアリングボタンを押すのですが全然見つけてくれなくて、まいったな、なんでだろう、用意してた充電池が駄目なのかな? 悩んだすえに気づくわけですよ。あ、コントローラーの天にあるXboxロゴマーク、これ、電源スイッチだよ!

Xboxのコントローラーって、意外なことに単3電池2本で動くんですね。Switch ProコンやDualShockなんかはバッテリーが内蔵されてて、充電しながら使うという印象でしたから、当然Xboxコンも同様なのだと思っていました。ですが単3電池駆動。これ、なんか設計としては古いように思いますが、コントローラー内蔵のバッテリーが駄目になって買い替えみたいなことはないわけで、逆にユーザーフレンドリーなんじゃないか。さらにいえば、替えの電池さえ用意しておけば、電池が切れても即復帰できるわけです。うん、やっぱりユーザーフレンドリーだと思う。

『Pascal's Wager』のコントローラー設定見ると、ボタンの表記はどうもXbox準拠の模様です。ABXYの表記、PSだとまるばつ三角四角じゃないですか。その表記も悪くない、言語に左右されない優れたシンボルで、結構好きなんですけど、でもゲーム画面に出てくるのとコントローラーに印字されてるもの、マッチしてる方がやりやすいのも事実で、この点においてもXboxコンでよかったと思っています。

最初はわかりにくかった、LB、LT、RB、RTの表記も、左右ボタン、左右トリガーとわかってからはすんなり理解できるようになって、決定ボタンが手前にあるAというのは、日本のコントローラーの標準とはちょっと違うけど、このあたりももう慣れました。

コントローラーがあると遊びやすさが違います。このゲームをクリアするのがいつになるのかわかりませんが、できれば長く使っていけるといいなと思います。

それにしても、マイクロソフト、ソフトウェア会社のはずなのに、キーボードやマウス、コントローラーといったハードウェアに定評があるのが面白いです。このコントローラーも使いやすいと感じます。

2020年2月2日日曜日

『まんがホーム』2020年3月号

『まんがホーム』2020年3月号、昨日の続きです。

『うちの可愛い掃除機知りませんか?』

皆でのんびりくつろいだお正月を過ごしている、そんな情景。智枝にアプリ、そして宮原姉妹が一緒というの、もうすっかり互いになれた、そんな気やすさ感じさせる様子がいいんですよね。姉も妹も、ふたりすっかりリラックスして、こたつにすっぽり。目も細めちゃって、まるで家族みたいですよ。と、この漫画、新型の人工知能搭載掃除機のモニターをする、その過程で、皆の気持ちを結びつけて、私生活においても気の置けない、そんな間柄に変えてしまった。ああ、掃除機のアプリさん。ただ掃除機というにはあまりにあまりの活躍みせてくれたってわけですよ。

しかし、今回、この穏やかで気の休まる心地よい場所が描かれたこと。これ、まさかのモニター終了を前にした、いうならばアプリとのお別れを前提とした最後のひとときだったっていうんですか。

モニター終了とともに掃除機は返却。アプリの人格こそは残るけれど、量産を前に記憶は消去される。

嘘だといってよ宮原さん!

これ、なにかの伝え忘れでもあるのか。あるいは智枝の誤解があるのか。いや、今のところそんな様子はない。ええーっ、本当にアプリとお別れなの!? そりゃないよー!

ここからのまさかのハッピーエンドに向けての急転直下。期待しては駄目ですか。いや、ぜひそれを期待させて欲しいのです。

『河原課長とギャル部下ちゃん』

横浜支社からやってきた新入社員、日下部花。眼鏡もチャーミングな黒髪ショートのこの人を、まずは三崎が指導するっていうんですよ。大丈夫? 職場にそぐわない格好。時間があけばネイルの手入れ。見た目もその行動も到底真面目とは思えないこの人の指導。はたしていかなるものであるというのか!

いや、意外といったら申し訳ないんだけど、ミスも的確に指摘。指導も適切、わかりやすいときたもんだ! そうか、そうなのか、三崎氏、あんたできる子なのか。すまぬ、これまで誤解しておったよー。

なんかいつも河原課長に頼ってるみたいなイメージあったんだけど、そうか爪を隠すってやつなんだね。しかし三崎はいろいろ素直でいいですね。日下部から仕事できるっていわれて、そしたら気に入っちゃって、もうすっかり猫可愛がり。でもって河原課長が戻ってきたら、日下部を取られちゃう! かと思ったら、今度は課長にかまってもらいたがってさ、ほんと、この人は気に入った人にこうして懐いちゃうんですね。

『歌詠みもみじ』

まさかの展開キター!

びっくりしましたよ。委員長が調子悪そうにしている。生徒会の仕事が大変なのかな? 必要ならみんなで手伝うよっていったら、まさか頼まれたのが同人誌づくり!

しかも期限は明日!

ここからの展開、おかしかった。皆の技量をざっと確認しましてね、筆の扱いに長じるもみじはベタ担当。模写ばっちりのまりなは背景を頼まれて、そして千恵は買い出し要員だーっ!

めちゃくちゃ笑った。そうか、千恵は戦力外か。いや、でもね、こうしてマネジメントや雑事を処理してくれる人、すごく大切なのよ。千恵、必要とされてないだなんて思わないで?

今回、アメリのポリシーがおかしくて、そして委員長の百面相。普段のこの子らの見せない、そんな側面垣間見えたエピソード、とても楽しかったです。でもって最後の委員長のハードモード。この子にはこれが通常運転でも、もみじやまりなには無理ゲーすぎるっていうの、いやほんと、委員長タフすぎます。

『うちの秘書さま』

バレンタインの事件ですよ。はじめがなんと学校でチョコをもらってきた! えーっ、自分で買ったのかい!? と思ったのは私ですが、メイドたちからは、まずは七瀬のかと、続いて不審物ではないか。はじめ、散々ないわれようで、いやたまにはモテてもいいやんか、とは思いながら、なんかこっぴどいどんでん返しなどあるのではないか。信じ切れていなかったのもまた私です。

でも、メイドたちからひどいいわれようして、さすがに傷ついたんだね。結構、はじめ、皆のこと気を使ってるふしあるでしょう。だから意外で、あるいはそれだけ傷ついたんだってことですよね。つけてきたりしたらもう口をきかない。まさかの宣言にげっそりやせ細るメイドたち! いや、まあ、はじめの気持ちわかるよね。うん、はじめ様もひとり立ちを模索する年頃ってことですよ。

はじめ、この告白にきっちり好きな人がいるって断って、こうしたところ、ちゃんとしてるよなあ。いつもはいろいろだらしなかったり、頼りなかったりするわけですけど、人の気持ちをないがしろにはしないってところ、この素直に育っているところ、好感です。ええ、はじめ、いいやつなんだって思うんですよ。

そして最後に七瀬からのチョコレート。これ喜んでいいのか悪いのか。なんか怪しげなオーラ? 臭い? 放ってるよね! しかも今年はメイドたちのぶんもあるという! おお、このピンチよ。夜の東條家に響く断末魔! おお、バレンタインの事件ですよ。

2020年2月1日土曜日

『まんがホーム』2020年3月号

 『まんがホーム』2020年3月号、発売されました。表紙は『らいか・デイズ』、らいかが胸にチョコレートの包みを抱いて、なにやら不安げな表情。ああ、これは思いを伝えにいこうという、そんな情景であるわけですね。本編でこそ竹田と揺るぎない関係築けているらいかだけど、もしそうじゃなかったらこんな表情をみせることもあったのかも知れませんね。他に『河原課長とギャル部下ちゃん』三崎は渾身のチョコができたのかな? 早速スマホで撮影です。『キャバ嬢とヒモ猫』詩織はおそろしく豪華なボンちゃんあしらったチョコ作ったみたいだけど、残念ボンちゃんは食べられない。それでなのか、詩織さんがさっそく耳かじってます。『孔明のヨメ。』は、茶運び人形ならぬチョコ運び月英人形でしょうか。まさに届いた贈り物。嬉しそうにしている孔明がいいですね。

『孔明のヨメ。』

新野から樊城への引越し。まさか民までもがついてくるといいだして、さあ大変。加えて劉備が最後のひとりが避難するまでここに残るだなんていっちゃったから、輪をかけて大変なことになってしまって、ええ今こそ孔明の力の見せどころです。

的確に状況をみて、自軍のリソースを割り振っていく孔明。その卒のなさはさすがで、けれどこの確かな采配のかげにはかつての戦災の記憶がある。それを知る劉備たちの感慨、それはちょっと切なさを帯びて、今度の戦いではもうそんな悲しいことなど起こらなければいい、そんな叶いそうにない願いを思ってしまいます。

喫緊の状況で役割をはたすべく考えをめぐらす孔明ですが、取りこぼしていたこと、それがなにかというの、荊州の行方か! このタイミングで劉表が死去。息子劉琮に継がせるか、あるいは曹操に対抗すべく劉備に任せるか、ふたつの選択肢が託された蔡夫人。いやまさかこの人が劉備に荊州を与えるなんて選択するわけないよね! そう思ったら案の定、どころか、蔡瑁の発案受けて、曹操に降伏してしまうってのか。

これ、樊城に無事たどりつけても、もう荊州からのバックアップは望めない。どころか敵にまわる可能性まで出てきているわけで、ピンチもピンチ。ここからの顛末、どう描かれるか、そこが楽しみでありますね。

『天国のススメ!』

草間、ただでさえオカルトマニアという業を背負っているのに、これに加えて罵倒されて喜ぶまでにいたったというのか!? いや、ここは前向きに、罵倒してきたのが霊だったからという理解でいこう。というか、相手が霊ならなんでもいいのか。いろいろ心配になってしまうボーイです。

美しい歌声でいざない、そして罵倒する霊の噂。見事に草間がやられてしまっていたわけですが、この歌声の主、その思いというのが切々としてひたむきで、かなうべくもない、そんなことはわかっていながらも、一縷の望みにかけて届かないかも知れない歌を歌い続けていたというのだからいじらしい。

この漫画は、霊といえどもこうやって自分の思いを大切にただただ大切な誰かに届けようとしている、そんな姿が印象に残って、今回も、生前に応援してくれていた名も顔も声さえも知らぬ誰かに、感謝の気持ちを届けようとする思いが描かれて、切ない。この願いのかなうところがこの漫画の甘さであるのかも知れないのですが、それはすなわち優しさで、その優しさにこそ胸打たれる思いがするのです。

『恋はリベンジのあとで』

タイトルのとおりとすれば、今はまだリベンジのターンであるわけですね。

小学生のころの因縁が残る鬼久保花き園芸の娘、泉と、役所で働く石田。園芸好きの上司によく思われようとしてますよね、石田、鬼久保社長に挨拶にきたところ、まさかの泉と対面。この、よく思っちゃあいないが波風立たせたくない。穏便にすませるべく、せっかく石田が上辺ばっちりとりつくろってさらりと流そうとしたのに、相手にされないのが気に食わない泉、まさか煽ってくるんだ! 社会人としていろいろあかん人や! いや、あるいはそうであってこその辻灯子漫画の主人公って感じでもあるのだけど!

タイトルにいうリベンジというのは、便宜図るといってしまった泉を、上司の覚えめでたくすべく活用する石田のそれであるのか、あるいは泉にも、かつての職場での、得てそして失うこととなったいろいろ、人間関係のもろもろ、そこに向けるなにかが今後あろうというのか。

ともあれ前者、石田のリベンジでいうならば、その後に恋がくるというのでしょう? ということは、まさしく園芸好き上司こそが恋の架け橋になるってわけでありますね。上司、知ることがあったらびっくりですね。

『僕のパパになってください』

実は結構好きなんです。

一度は灰田と距離を作ってしまった春樹だけど、灰田からのクリスマスの呼び出しに応じてみれば、まさかのサンタクロース姿で現れる灰田ですよ! あまりに驚いたんでしょうね、思惑も疑念もなにも吹っ飛んでしまって逆に素直になれたようで、素直な笑顔と、それを受けてめてくれる灰田ですよ。ふたりの関係はなにか不思議な縁ではじまった、擬似的な親子関係であったわけだけれど、それをずっと大切にしてくれている灰田の思い。それがまたクリスマスのプレゼントにも現れていて、この心情、しっとりとして暖かで、これは美しかったな。

次回クライマックスということは、芳文社用語からすると最終回ってことですか? ともあれ、クリスマスを楽しく過ごしたその夜の、いつになくしみじみとした語らい、そっと気持ちも寄り添うかのようなふたりの距離。それが優しくて、やわらかな時間、ふたりのともに得られなかったり失ってしまったもの、それを取り戻すでもなく埋め合わせるでもなく、けれど新たに大切ななにかを育もうとする、そんな様子を思わせて、とてもよかった。

このふたりの今後がどうなるかはわからないけれど、それでもふたりがこの関係を、互いの存在を大切に、いつくしむように過ごしていくこと、それを願わせる情景でありました。

2020年1月31日金曜日

『まんがタイムきららキャラット』2020年3月号

『まんがタイムきららキャラット』2020年3月号、昨日の続きです。

『アニマエール』

夏合宿ですよ。自分も特別になりたいとやる気出してるこはね。けど、この子の場合は気負うほどに駄目になる、空回りタイプでありますね。

新入部員、兎和がいいですよね。日陰から出られない。ずっとスケッチしてただけなのに、疲労困憊、立てないほどに衰弱している。うん、この子、かなり好みですよ。実際この子が自分でもチアをやる日がくるのか、それはわからないのだけど、でもどちらであっても面白くなりそう。今は非チア部員でがんばってほしいところです。

さて、空回りのこはねが出会ったふたり、根古屋姉妹だ! この子たちいいよねえ。奇遇にも夏合宿なんだそうですけど、一緒にいた八木先輩、この人と話したこと、こはねには大きな意味ありましたね。しかし、この八木先輩、かつて特別を感じたひづめに対してネガティブな感情を抱いて、いうならばあの子がチームを抜けるきっかけを作ったひとりだったわけだけれど、その彼女が過去を悔いていること、よく伝わってきて、それだけにこはねと会って話して、そして救われているところ、しみじみ思うところありました。

思えばひづめがチアを続けているのも、こはねあってのことでしたね。ええ、特別じゃないなんて思ってるこはねだけど、いやいや間違いなく特別なひとりですよ。とりわけひづめの中では、みたいにも思わされることたびたびです。

『精霊さまの難儀な日常』

今回はルカのボーナス回だな!

このところルカが感じる謎の視線。しかし表現がアレだな! なめまわすような視線なんだ! 自分は超絶美少女だから云々いって納得してるっぽいところあるけど、いやいやまずいまずい。もっと危機感持っていただかないと!

まあ、その視線の主、サラだから問題ないんですけどね。

サラのことが大好きなルカ。学校でも、皆の注目集めてるサラにやきもち焼いたりして、もう大変なんですけど、今回はそんなサラが自分のこと大注目してくれているとわかったり、さらにはふたりで下校イベント! 半分人である今だからこそできること、手つなぎイベント!! さらに加えて水って綺麗なんだなって、まさしくルカを喜ばせるイベント盛り沢山!

いつもはなかなか素直になれないでいるルカだけど、ふと見せた素直な表情、その姿、大変に美しくて素敵でした。この人、いつもこうしていたらいいのにね。というか、まっすぐ素直に伝えないことには、サラにはいつまでたっても通じませんよ? そんな今回、ラストがね、惜しい! 惜しかった! もうひと息ってところが難しいんですね。でも、こうだからこそルカだ、って感じもするんですね。

『あやしびと』

みぞれ、可愛い……。

アヤ、勉強遅れてるのか。このままだと赤点だって校長から警告うけるんだけど、留年してもいずれもとの世界に戻るから大丈夫って! アヤ、心が強いな。いや違うか、ちょっとしたやぶれかぶれだな。寮からほっぽりだすぞっていわれてはじめてやる気出すアヤ。うん、でもちょっと気持ちはわかります。

勉強会、みぞれが勉強教えてくれるっていうの、目が悪いわけでもないっぽいのに賢そうにみえるからって眼鏡かけてきて、残念! っていいたいけど、いやいや、最高だと思う。

カバネとサカサも参加してくるの、サカサが性懲りもなくアヤの正体探ろうとしたり、ことあるごとにアヤのこと煽ってきたりするんだけど、そのたびにアヤ、渾身のセクハラで対抗するのがねもう完全にお約束になってる。でも、これ、かなり仲良くなってる感あるやりとりではありますよね。悪くない、悪くないですよ。

今回、この世界の常識みたいなことととか、それから彼女らの背景、関係性なんかもよく描かれて、読みごたえある楽しい話になっていました。命名のならわしとか、サカサの成績とか、でもってカバネとみぞれの仲にアヤのこと大好きすぎるみぞれ! あの、アヤがサカサに勉強教わろうとしたときの様子! 拗ねた姿がやたら可愛くて、今回はほんとみぞれ回でした。

『せんぷくボンバー!』

これ、面白いなあ。

敵の組織に潜入しているレッド。完全に組織の仲間にほだされちゃっていて、というか組織のメンバーがあまりに不甲斐ないせいといってもいいものか、役職としては下っぱ戦闘員なのに保護者みたいになってしまってますよね。

潜伏任務中だから戦いに参加できない。なので戦隊メンバーに代わりに出動してもらうよう頼むんですけど、これ、出勤なんだ! まあ仕事なんだろうな。だったら出勤だよな。でも、ブルー、バイト優先しちゃうんだ。

代わりに出勤してきたグリーン。この人もなんかいい人ですね! 戦闘中、猫耳つけてるレッドに当惑しながらも健気に戦って、それで敵幹部を攻撃したら手加減してやれってダメ出しされるの! そうか、帰ってから泣いてるのか。それは確かにつらいな、気の毒だ。そのいたわる気持ちがおかしくて、でもなんだろうなあ、敵幹部、可愛いんだよなあ。レッドがこうなるのわかるんですよ。

でもって極めつけ。なんとグリーンからお見舞いのおまんじゅうが届くのか! 住所ばれてる! しかも詫び状つきって、どいつもこいつもいいやつだな!

このどうにもゆるい戦隊もの。なんか目が離せない、そんな感じになっていて、ああ自分もこの組織のメンバーにほだされちゃってるのかも知れません。

2020年1月30日木曜日

『まんがタイムきららキャラット』2020年3月号

『まんがタイムきららキャラット』2020年3月号、一昨日の続きです。

『RPG不動産』

圧倒的なドラゴンの火力になすすべもなく蹂躙されて、なんとか防壁を張るも被害甚大。この漫画がファンタジー的世界観だってことわかってても、その被害というの、大量に死傷者が出てるとなるとゾッとさせられますね。肉体が滅んで魂が抜けると蘇生できなくなる。よほどのことがないかぎり蘇生可能だけど、今回こそはそのよほどの状況で、この一刻をあらそうシチュエーション、はらはらさせられます。

さて、我らがファーに琴音。出産場所を探しているだけというドラゴンを説得すべく、飛龍を駆ってドラゴンのもとに向かうも、荒れ狂うドラゴンにファーの言葉が届かない。さらにこの場にラキラとルフリアもこようとしている、ええ、このふたりがどういう役割を担うことになるのだろう、前のめりに読んでいたらですよ、ここでファーに異変。うわー、ドラゴンに変身するの!

次から次へと、危機的状況とその変化を描いてみせて、この緊張感。ほんと興奮させられます。またファーの変身をうながした謎のフードの人物。この人、最初は敵なのかと思ったんだけど、いや案外見知った人かもなんて思いはじめています。ともあれドラゴンに変化したファー、ここからの活躍? 大期待ですよ。

『まちカドまぞく』

番外編!

作者、体調不良とのこと。心配です。こうして漫画が読めるのは嬉しいけど、どうか無理なさらないでください。

さて、番外編ではちょっと本編のストーリーから離れて、短めの日常話をテンポよく見せてくれますよ。でもって私はこういうの大好き! おお、体調不良じゃなくても、年一くらいはこういうのやってくださっていいのよ? 本編に組み込めずボツになった小ネタ集みたいのでもいいから、他の漫画家さんもこういうのやってくださっていいのよ?

しかし本当に面白かった。思わず水没させてしまったスマートフォンの回復法。米と一緒に密封すると聞いてまさかのあつあつごはん! のっけから笑って、いいですよ、切れてますよ。

これ以降の、ボケか本気かわかりにくいリコとか、やっぱりやばい小倉とか、意外とホワイト白蛇との契約、そしてミカンママ! あの鬼電のくだり、最高だと思う。なんだこの切れ味。もうブルブル震えるほど面白い。ほんとなんなんだこれ。

さらにラストの桃の夢! おかしな夢は即シャミ子のしわざ認定なんだ! まったくの濡れ衣だったわけですが、いやしかし桃さん、シャミ子のこと大好きよね。ほんと、これ地味にきましたよ。

『かぐらまいまい!』

合同公演本番当日。気持ちが高揚、あるいは緊張のせいで、こふくがひとりで大騒ぎしちゃってるのが面白かったです。足袋忘れたかも! 着てくればよかった! と思ったらあった。ほんと、このひとりで慌てて、ひとりで決着しちゃってるの。でもなんだかんだ大変にならずにすんでよかったですよね。

この公演に、以前参考にした動画のグループ、荒魂高校の神楽部も参加していたりね、もしかしたらこの人たちの御神楽を見て、意識しすぎちゃったりするのかな? なんて思っていたら、思いもしなかった方向に展開して、ええ、こふくの前にたびたび現れたあのお姉さんですよ。その姿に気をとられてリハーサルでミスを出した美夜。再び現れたその人に、こふくを連れていかないで、問いつめるその様子、いかにも穏やかでない。まさしく鬼気迫るその姿に、かつてこの人と美夜のあいだになにかあったのかも知れない、いろいろ思ったりしたのですね。

美夜もいってましたけど、この人、神様なのか幽霊なのか。自分は神様だと思ってたんです。美夜の神社の神様で、自分の氏子に関わろうと、導こうとしてるとか? みたいに思ってたんですが、本当のところはどうなのか。いよいよわからない。

むしろかつてこの人と出会ってそのはてに、美夜の大切にしていた誰かが連れ去られた、亡くなるようなことがあった。それが本当かどうかは別としても、美夜がそう思うに充分ななにかがあった。そんなこと思わされて、それだけに美夜に安息が戻ること、望んでしまうというんですね。

Aチャンネル

今回は修学旅行にいっている上級生組がフォーカスされるのかな? 京都でのいろいろ描かれて、なるほど三十三間堂にいったんですね。千本も手があったら便利そうっていうの、わかる! めっちゃわかる! キーボード叩きながら、漫画を支えてページをめくりたい! というのは置いておいても、この旅行先で見せたやりとり、基本いつもと大きくかわるところのないるんたちと、対して意識しまくってる鬼頭先生と、この対照もよかったです。

そしてるんたちの帰りを待つトオルですよ。いつになくそわそわして、でもハグしようと迫ってくるるんたちの迫力に逃げちゃうとか、ほんとこのやりとり! 他愛もないものなんだけど、なんか見てるだけで笑みがこぼれる。そんなチャーミングさありました。

トオルを見守ってるユタカにミホもいいですよね。今は先輩たちと一緒にいたいだろうと、距離おいて眺めている。そこに、この子たちの優しい気持ち、よく表されていたと思うのです。優しさはるんたちも一緒ですね。ひとり離れていたトオルだけど、気持ちは一緒ってことなのかな。皆の写真にトオルも合成してくれていてね、ええ、次は一緒にって、写真こそは雑コラ気味ではあるけれど、その心意気、大変に感じいりました。

2020年1月29日水曜日

『まんがタイムオリジナル』2020年3月号

『まんがタイムオリジナル』2020年3月号、一昨日の続きです。

『ネコがOLに見えて困ります』

最近はやりの猫動画。兄貴さんもOLさんのこと撮影して動画サイトに公開、だなんて考えてるみたいですが、顔出しなんてしたら個人特定されるのではないか! いや、猫の顔で個人特定できるとか、それミコトくらいだから! と思ったんだけど、真の猫好きはできたりしそうな気がする……。

OLさんの可愛いところを撮ろうとしたら、どうしてもあられもないところが映ってしまって、いや普通だったらいいの撮れたってなりそうなところなのに、ミコトが気の毒がって公開するの許さないっていうのが面白いんですね。猫はじめ動物が人に見えるから、どうしても気を使っちゃう。加えていえば、OLさん、妙齢の女子だもんな。

いろいろに気を使いすぎたミコト編集の動画が、手とか耳とかしっぽとか、OLさんのはしっこばっかりになってるの、普通に考えたら失敗動画なんですけど、それが不思議と人気になってるっていうのが面白かったです。新しい切り口ってやつだ! 想像画まで出てるっていうの、これもまたおかしかったです。

『カントリー少女は都会をめざす!?』

有名スポーツ選手がやってくるというの、大河さんと八重のやりとりがべらぼうに面白くって、だってですよ、野球選手の!! ってのに、サッカーです。車のCMしてる人よな! には洗濯機です。冷静沈着、けっして礼を失わない八重のつっこみ。いやもう、あまりの展開にふきだすかと思いました。

ふたりで見物にいくんですね。いつもはどこにいくのも自転車だけど今回はバスでいきます。自転車をめぐる大河とみなの印象の違いとか、もう都会といなかでまるで前提が違ってること押し出してきて、さらに加えて八重の満員バスに乗れただけで満足してるところ。ほんと、普段人出のないこの地域、こうして人が集まるだけで大イベントで、たとえ目当の有名人は見られなくてももう満足っていうの、いやこれいなかあるあるじゃなく、八重だけなんじゃないのか? 一般化しちゃいけないケースだと思います。

今回、乗るバスを間違えると山にはいって大変って話をする八重のね、ほら、バスの中で酷い表情してるやつね、いつも大抵ご機嫌というかポジティブなこの子もこんなになっちゃうんだ! おかしかったですよ。そして今回、痛恨の乗り間違い。ほんと、いろいろままならないもんですね!

『通勤通学クエスト』

リコーダーが苦手なメイちゃん。クラスの子から合奏コンクールで負けたらお前のせいとかいわれちゃってね、さあどうする? と思ったら、練習がんばるんだ! いいねえ。こういうの大好き。

おうちでピープー吹いてたら寝られないから静かにしてって夜勤のお父さんからお願いされたメイちゃん。この子が公園にいってからが面白い。通りがかるご近所さんがいろいろ気にしてくれて、がんばれがんばれって応援したり、その人たちの日々の感想でメイちゃんの上達もちゃんとわかるってところも面白くって、ああこの皆で見守ってる感、すごくいい。

見守ってるっていうの、メイのこと、かわいい子だねって写真撮ってるあやしい男に、学生さんが怒りながら撮影してるやつ、最高だった。ちょっととらないでっていわれたら、かわいいおじさんなので! でしょう? こうして皆で近所の子供を大事にしてるっていうの、ほのぼので、けどそれ以上の暖かみ感じて、本当によかった。

最後の合奏コンクールの勝敗のゆくえ、これ、残念だったんですけどね、でもメイのこと下手だって怒ってた子とちゃんと仲なおりできたの、これはよかった。がんばったらちゃんと認めてくれる。ふたり、いい関係だと思いました。

『大奥より愛をこめて』

大崎様が去って、新たな御年寄が決まって、そうなると人事も刷新されるのか。これ、結構大変。蒔乃なんて降格させられたんだ。調理場にて下働きさせられてて、しかもいろいろ因縁つけられたりして、ああ、煙たがられてしまいましたね。わりと蒔乃が平気そうにしてるのがせめてもの救いでした。

この蒔乃のこと、手伝いにきてくれた菜々緒殿。この人、ほんといい人! って思ったけど、せっかくふたりの友情感じたというのに、ええーっ!? そうじゃないの? 私も友達いないから安心しなって、どうしてそんなにもハードタッチなんだ。

今回、蒔乃が気にしていたこと。自分の役目とかいってますけど、これなんなんだろう。間者ってわけじゃないんでしょう? そう思っていたら、結構無茶な手段でもって定信公に会いにいきましたよ! というか、お茶菓子にけえきって! しかも梅のせてるの? このすっとんきょうな会話のさなかにシベリアが誕生してるってのもおかしいんですが、ここから先の展開、これちょっとシリアス方面にむかってるって考えていいんでしょうか。

とめられない世の変化の流れ。蒔乃の身につけていた西洋由来の知識や技術の数々。否応なくはいりこんでくる西洋列強の事物、風俗、そして思惑。いずれは日本も開国に迫られるのではないか。蒔乃の進言に続いて、おや大崎様だ。知らず遭遇する外国船! ああ、時代が動いていく。

まさかこんなダイナミックな展開がくるだなんてまったく思っていませんでした。この思わぬところからガツンとこられる感覚。見事、してやられたと感服です。

2020年1月28日火曜日

『まんがタイムきららキャラット』2020年3月号

 『まんがタイムきららキャラット』2020年3月号、発売されました。表紙は『恋する小惑星』。みら、あお、すず、三人がチョコクッキーを作って、バレンタインの準備中? この服装、メイドのかっこうしてるのはスズヤベーカリーの差し金!? 手についたチョコ、ちょっとつまみ食いしてる風のみら、ちょこっと出した舌が可愛い、実にキュートな表情、素晴しいです。あおはなんだか緊張している様子で、これはがんばって作ったチョコレート、みらにどう渡そうかと思案している感じでありますね!

今月は新規ゲストが2本です。

『私の上司は中二病』

会社もので上司が中二病。なんかありそうでなかったみたいなところをさらってきた感がありますよ。

IT企業、企画開発部の部長が中二病。ウィステリアを名乗るも本名は結構普通で藤梅子。本名では呼ばれたくないっていってるの、梅子という名前が古風で嫌だったからとかなんでしょうか。同期で部下の、ええとこちらが主人公なのかな? 漆黒翼がその名前のせいでずっといじられてきて嫌だったというのと、方向性は違えど似た経験があるのかもなんて思いました。

しかしこの上司。ずっと騒いでる? 遊んでる? そんな風ではあるけれど、実際同期を置き去りに部長にまで昇格して、またその明るさ? 元気さ? ポジティブさで人気もあるってところ、これは実際読んでいてもなんだか愉快で、ついつい笑ってしまったりして、ええ実際わかる気がしたのですよ。

中二病ワールドなんていってるけど、自信たっぷりにみせてちょっと打たれよわい? そんなところがどことなく愛され系みたいに思えたところも好感でした。

『まちまちまぁち』

町のおもちゃ屋さん、そんな懐かしさみたいなの感じさせてくれますね。

おもちゃ屋まぁちの店長は、いろいろ駄目で、人気だからと際限なくプラモデル仕入れてしまったり、え? 人気だからいれたってことは、つまり発注ミスってわけではないんですね。ちょっと過剰で、これといれこんだら暴走しちゃう店長と、実質この店をしきっている店員、蒼咲のふたりが切り盛りするお店ライフ。最初はどうにも頼りなさそうな店長だったけど、お客がきて、これというおもちゃを出してきてから、がらりと変わったアクティブ感、ノリが出てきてよかったです。

今回のおもちゃはピンポンキャッチ。円錐型のラケットでピンポン球を打ち出してキャッチして遊ぶおもちゃなんですが、ああなんか昔やったことがあるような!

そういう、ちょっと懐かしさ感じたり、遊んで楽しかったこと思い出したり、ほのかに懐古的味わいあるところなど、昔こどもだった皆に通ずるそんなよさになりそうな感触がありました。

『mono』

おお、立山ダム。桜子の希望っていうんですが、ここで春乃のダムカレーリベンジがくるっていうのね、ああそうだよ、すっかり忘れてた! この執念、どんだけダムカレーを楽しみにしてたのかしのばれて、いきなりちょっと面白かったです。

しかし今回、なんだこのテンション。のっけからダム建設ドキュメンタリーにひっかかり、見事に感動。そこからはもうなに見ても泣く。というかずっと泣きっぱなし。おかしい! 記念写真も泣き笑いやんか君ら! ほんとおかしい。なんかおかしい。泣けば泣くほどこちらはおかしい。まったく不思議なテイストです。

とか思ってたらですよ、最後、ダムにひとしきり感情移入した果てに、泣き顔ばかりじゃもったいないっていって、みんな、笑顔の記念撮影するんですが、それがもう本当にいい笑顔で、あれ? おかしいな。なんでかここで泣けてきちゃった……。

不思議なノリを抜けたところに見えた、皆のすごく素直で自然な笑顔。そこになにかまっさらな気持ちのようなもの思ってしまいましてね、それがすごく胸にしみたんです。ええ、ほんと不思議な漫画。涙に笑わされて、そして笑顔に泣かされました。

『恋する小惑星』

あれ? なんかみらの様子が変です。あんなにやる気でいたのに、今日はどうにもぼーっとしていて、身がはいらない? いや、これ、違うな。あれだ、夜は星を見るから寝不足なのか!

いや、どうなんだろ。ただ単に座学が苦手なだけかも知れん……。

今回のクライマックス、夜の観測ですよ、あおが見つけた動く点に、小惑星かも知れない! そんな可能性見出して、一気に状況も緊迫。みら、あおたちもそうなら、読者である私もそう。一緒にドキドキしながら読み進めて、まさかここで念願の小惑星発見にこぎつけるのか!?

いやあ、ほんと、スリリングでした。可能性にかけて再撮影に臨み、しかしそれが既知天体と判明する瞬間。それまでの高揚した気持ちとあまりに静かで重い落着のコントラスト。自分の服を掴むみらの様子、表情こそは見えなくとも落胆しなかったわけがなく、けれどともに希望をも実感しているところ、これは感動的でした。

そしてきら星チャレンジも終了。発表にむけて資料をまとめる作業中、あおの活動が役立っていたこと、そしてチームの皆で記念撮影しようというときに、あおも一緒にと呼ばれて、皆で手をつないでジャンプ。ひとつの目標に取り組んで、ほんとに仲良くなって……。このくだりにも感動させられました。

ここに加えて、みらの気持ちのゆきついたところ。きら星チャレンジのみんなも地学部のみんなも、それぞれ好きなものが、得意なものが違っている。多様に存在する皆の世界がつながって広がる、そのダイナミズムに心が動いて、ああ、これこそがこの漫画の描こうとしていること、核になるものなのかも知れませんね。本当、素晴しい、そう思わせてくれる描写。みらの表情もまた素晴しかったのです。

2020年1月27日月曜日

『まんがタイムオリジナル』2020年3月号

 『まんがタイムオリジナル』2020年3月号、発売されました。表紙は『ラディカル・ホスピタル』山下さんがメインで、バレンタインの情景ですよ。チョコレート作ってる山下さん、隣にはマッキー。このふたりの並んで立つところ、おお、プレミアム感あっていいですね! ふたり楽しそうにしてるのがまた魅力的です。『らいか・デイズ』らいかは、チョコレートのラッピングですよ。不器用ながら一生懸命、チョコの包みにリボンかけようとしてるの、ええ、頑張ってます。応援したくなりますね。そして『ネコがOLに見えて困ります』からOLさんがパティシエール姿で登場。おお、めっちゃチャーミング! 手にした皿に乗っている、ネコ姿の自分とミコトのチョコ? これもまたチャーミングであります。

『おしかけツインテール』

引き続き進路の話。メインは由利なんですが、まだ進路が決まらない。どうにもこうにもちゃらんぽらん。それで美代におこられたりしてるんだけど、たびたびに花梨が思い浮かべる駄目な例、俊郎が浮かんでくるのがおかしくったんですね。あまりに達観したかのような花梨もまた面白くって、ええ、このやりとり、ちょっと花梨の経験値、高すぎるんでしょうか。いや、駄目な大人がまわりにいすぎてるだけかも知れないけどさ!

しかし今回なにが面白かったかって、瑠璃と杏夏の花梨争奪戦。さらにそこに美代が参戦してくるところ。でも三者ともに花梨に求めるもの、それがちょっとずつ違ってますよね。その差異がまた面白みになっていて、でもまさかの泥棒猫呼ばわり!? 情念が漏れ出てますよね、ここ。しびれました。

その後の先輩のアドバイス、はいいんだけど、なんで危険人物扱いなんですか元生徒会長! なんとなくわかりますけどさ。ともあれ、アドバイスで皆がそれぞれに方向性定めていくところ、そして変化をも楽しんでいる花梨。ああ、この子たちの成長ですね。それが実によく描かれていて魅力的でした。

しかし、花梨はこのまま俊郎と一緒になにかやっていくんですかね。それはきっと面白い! 俊郎の夢もかなっていくのだとしたら……、なんて考えると楽しさにわくわくさせられます。

『ローカル女子の遠吠え』

水馬さん、昔ダイダラボッチだったんですか。滋賀で掘った土を運んで富士山を作った。その途中、休憩した時に手をついたのが浜名湖になりました。って、そんな言い伝えがあるんだ。しかしダイダラボッチの伝説を、自分を参加させて語る水馬さん、この人のこの発想がのびのびしていていいですね。語る水馬さんのその楽しそうな姿もまた素敵です。

今回は浜名湖、浜松が舞台なんですが、小畑のあのエネルギー! どんだけ浜松を愛してるのか。以前の浜松祭の時もそうでしたけど、今回ももうみちみちに溢れ返る情熱。この、ただただ浜松が好き、あれもこれも浜松の風物が大好き、それを押し出してるだけなのに、なんでかこんなに面白くなってるというの、不思議な漫画だと思います。

最後の方にね、ふたたび披露していた水馬さんのダイダラボッチトーク。これで鎌木がアウト発言しちゃうの、もうめちゃくちゃ面白かった。えらいの放り込まれてきた、というよりも、鎌木の通常運転って感じではあるんですが、それが即アウトってのがまた面白かったです。

『となりのフィギュア原型師』

最高に面白かったです。

そわそわしているおこめ先生。これから社外の人間に会うっていうんだけど、そうか、納期に遅れたから、それ気にしてるのか。すまない気持ちより、怒られたらどうしようの方が大きそうなのが、この人らしくていいですね!

社外の人。フュギュア原型の発注元、倉田が連れてきたフィニッシャーなんですが、フィニッシャー? ああ、なるほど、フィギュアの彩色見本を作る人なんだ。いわゆるデコマス作るのね。なるほど、デコレーションマスター、略してデコマスなんか! めっちゃ勉強になる! これ、こういうフィギュアまわりのこといろいろ知ることができるのも、ほんと魅力的です。

フィニッシャー、鳩居旭。これまた個性的な兄さんだ! なにごとにもきっちりきっぱりはっきりといった印象の人。いろいろ厳しそうで、ちょっとえらそうで、で、この人がですよ、ジャージ姿、だらしない滝舘おこめのこと一度はダメ出ししたっていうのにね、原型見たら本性が漏れ出るのな。

すっげ塗りてぇ〜…!

って、あんたそんなキャラだったの!? さらに極めつけ、

バチピタかよ〜!!

笑いがとまらないよ!

そこからの打ち合わせの様子もおかしくって、って、待って? なんでせっちゃん、バイトほっぽりだして工房にきちゃってるの? マスター、たびたび怒りながらも、なんだかんだせっちゃんのこと店に置いてるのがね、これ優しさ? それともなんか諦めてるの? 謎だわ。謎です。マスター、人間が大きいな。

おこめ先生の彩色所管、これがことごとくせっちゃんにダメージ与えるってのもおかしくって、チャーハン、蛍光黄緑なの!? さらにはハンバーグが暗いグレー。わからん! いや、以前半藤が食わされてましたよね。ほんと、体に悪そう!

しかし、今回、本当に面白かった。最後の倉田のしたたかさもアレなんですけど、ほんと、よくいえば個性的、ありていにいえばろくでもないのが揃ってて、いや本当に最高です。

『僕は女心なんて知りたくない』

バレンタインデーが近づくと穏やかではいられなくなる浄見春喜。そうか、独身女性のアレな本音がドバドバ押し寄せきちゃうから、深くダメージ受けちゃって、心がもたないのか。大変だなあ春喜。でも寮のお姉さんがたは、そのへん大丈夫そうじゃない? ある意味、のほほんとマイペース、それでもってチャーミングです。

今回もっていった方がよいものか、姫谷の本音、これがいろいろ酷くって、さすがでしたよ。見た目はキュート、中身はわりと真っ黒。それが実にこの人らしくって、完全に佐藤をロックオンしているんだけど、それを誤解して自分に気があるのでは? そんなこと思ってる野尻、おお、彼もまた気の毒に。野尻はさっぱりわかってなかったけど、筒抜けの春喜、その心の迷いがまた大変そう。きっと春喜はこういう葛藤をずっとやってるんだなあ。大変そう。

大変だったの、佐藤ですよ! わけもわからず春喜から距離を置かれちゃってね、ショック受けちゃって、春喜のためにチョコレート買ってきてくれるの! 友チョコだって! 春喜に嫌われたら寂しいって、涙目でいうんですよ? もう最高だと思う。春喜よ、佐藤の気持ちに応えてやれよ! そんな気持ちで溢れ返ってしまいました。ほんと、このふたり、この関係、大好きです。佐藤のこと全力で応援してますよ。

2020年1月26日日曜日

『まんがタイムきららフォワード』2020年3月号

『まんがタイムきららフォワード』2020年3月号、昨日の続きです。

夢喰いメリー

まさしく消耗戦といった様相です。叩かれようと斬られようと、諦めもせず怯むこともなく、夢魔の力を借りて戦い続ける夢路。たとえ白儀が何度夢路を上回ってこようと、その都度自身を鼓舞し、ギリギリの線で踏み止まっていくその姿は、見るだに痛々しく、けれどそれでも絶対にくじけない。

なぜか。なにが夢路にそこまで踏み止まらせるというのか。

その答が導かれるあの展開、素晴しかったです。

白儀に対峙するは夢路。そして校内にあふれる銘無しに対抗する夢路の共闘者たち。夢路に頼まれて戻ったクリオネに助けられた仲間たち、クリオネから夢路の状況を聞いて、人であろうと、夢魔であろうと、ただただ夢路ならきっとやってくれると、厳しい状況は理解しつつ、それでも信じたい、そう思わせるのが夢路であり、それだけのことをずっと続けてきたのが夢路であるということ、もうひしひしと感じさせられた。

また、それに呼応する夢路の言葉、あの表情、それが素晴しく、さらにもうひとり、夢路の、仲間のいまだ捨てない希望に応えようというものがいるっていうんですから、これはたまらない。

ここからの展開、それがどうなるのか。まだまだ壁は何枚も、厚く、高く立ちはだかるのかも知れないけれど、それでも逆転に向けた転換点、いまここに迎えた、そんな気がするのです。

『桃ノ木家の四姉妹』

なにこの衝撃的な導入!

妹の授業参観にはりきって向かう長女。下調べもバッチリだ! っていうんだけど、なんでそれがこんなことになっちゃうの!? しかも思いっきり基本的なところから落としてしまってるし!

あんた、妹の通ってる学校、知らんかったんか! つうか、転校したこと気づいてないって!?

正直、度肝抜かれる思いでした。

ここからの展開、一葉がこないこと気にしてる四稀のこと、励ましてくれようという女の子がいたりね。マリアちゃん、なんかミッフィー的可愛さのある子。この子が、自分も両親こなかったって、貧しい家庭で云々って、自分のこと語ってくれて、でもそれ嘘なんかーっ! そもそも名前からしてマリアじゃないっていうの、すごいな。

この子、本当はお金持ちのお嬢さんなのか。専属の執事がいる。本当の名前は門脇千束。ちょっと嘘ついちゃう悪癖があって、そのせいで友達も少なくてっていうんだけど、執事さん、ララさんが心配しちゃってね、なんとか友達作れるようにって手助けしてくれる。でも、それがフリップなの!? 独特すぎるよ!

この千束をめぐるやりとり、それが面白くて、なんか可愛らしくて、今回は楽しいコメディ調だなあ。お姉さんのポンコツもなんだかんだ許してもらえるだろうし、楽しい嬉しいで終われるかなあ、とか思ってたら、ここからの急激な転換! おおう、お姉ちゃん、四稀の言葉、断片的に漏れ聞いて、それで誤解しちゃったーっ!

この落ち込むお姉さん。どうリカバリーされるのか。一悶着あるのか。いろいろこじれていくんだろうか。ほんと、ハラハラ。なんとか和やかに収束してくれること、そこに期待しちゃいますよ。

『ひまりのまわり』

あー、ひまり、自分の中の兄への気持ち。気づきかけているのか。しかも、それ、なんか恋愛的な感情っぽい? あー、これ、なかなか大変なことになったりしちゃわないか。単純に、素朴な独占欲みたいなのならオッケーだけどさ、兄貴はなんかこの手の展開すると、いろいろこじらせちゃいそうだぞ。

ナノちゃんセンパイ、眼鏡の可愛い小牧さんからお出かけ誘われたという兄。それでやたらそわそわしとったわけですが、最初はねひまりも面白がっちゃって、それでもって焚き付けるみたいなことしちゃって、ほら、買い物のシミュレーションとかね、ノリノリで、楽しそうに、しかもちょっと恋愛含みみたいな雰囲気でやってたのにさ、実際に兄が小牧とふたり、わりかし楽しそうに連れだって歩いている姿見たら、胸に兆す違和感に戸惑ってしまうっていうんです。

これ、はたして本当に恋心的なアレなのか。まあ、ひまりは別に兄に恋愛感情持っても、また兄がそれに応えても問題ないっちゃあないんですけどね。ただ、この漫画がそちら方面に向かうのか。当初の雰囲気、その後の流れからしても、そういった側面はあまり強く押し出してきてなかったですからさ、あれ、そっちいくのかな? いくならいくでオッケーよ? なんかそんな感じ。どちらに向かっても面白くなりそうかな、なんて思いでおりますよ。

2020年1月25日土曜日

『まんがタイムきららフォワード』2020年3月号

『まんがタイムきららフォワード』2020年3月号、昨日の続きです。

『球詠』

新越谷、いよいよ大ピンチですよ。一死満塁のチャンス、2点のアドバンテージを覆すことはできるのか!? けど、ここでまさかのダブルプレイ。 制球に優れるピッチャー相手に、そうそう打たせてもらえない。打てたとしても、守備がまた優れているというのですから、いよいよ格の違いが見せつけようというかのごとき展開。これ、ほんと、勝ち目ってあるんですか?

新越谷の守備も負けてないんですよね。ヨミの癖が読まれてしまっているハンデをチーム全員でカバーしようとするかのような好守備。ああ、チャンスこそは逃がしたけれど、これで再びのチャンスに繋げていけるかも知れない。

そう思わせたところで、敵方、柳大川越のあの守備でしょう。ピッチャー大野の投球が場を完全にコントロールしてしまっている。正攻法の野球にはこちらも正攻法で応えるしかない。だというのに相手の守備の厚さが破れない。この逆境!

さあどう切り抜ける? と思うも、本当に勝ち目が見えなくて、でもここで負けるわけにはいかないんでしょう? どこに逆転の目があるというの? ほんとまったく先の見えない状況、一種絶望的なヒキ。ほんと、これ、穏やかじゃありません。

『はるかなレシーブ』

勝負が決しましたね。ギリギリまで粘って粘って、追い付かれて、マッチポイントを制することができるのかという局面。ここでポーキーをずっと警戒させてきたかなたのスパイクが生きるところ。ああ、かつてかなたはこれを武器に戦ってきたんだった。それがここに再び勝ち目を作ったところに熱いもの感じました。

勝負が決してからが本番といってもいいのでしょうか。ただビーチバレーでの勝ち負けが描かれる漫画じゃないということ、しっかり実感させられて、夏希と沙都子の気持ちの通じたところ、それから夏希と姉の会話、じんとくるものありました。ああ、夏希、いろいろを乗り越えたのだということを見せてくれた。姉への宣戦布告、あの表情が実によかった。

そしてはるかなサイドでは、いよいよ次が決勝戦。約束の戦いに臨もうという状況。こちらのドラマも見逃せないですよね。と、ここでちょっと気になるのが、かなたが自分の右手を心配している素振り。あれ、手首を痛めてたりするのかい? 心配になりますよね。どうか満足に戦い抜いてほしい。悔いのない、かなうなら好勝負のすえに勝利を勝ち取ってほしい。そんな気持ちでいっぱいです。

『スローループ』

この漫画は表情がほんとにいいなあ。明るい笑顔の小春。ちょっとかしこまってるひより。そしてなんだこの色っぽさ! 恋がね、ほんと、たまらんよな。と、ここに新しい登場人物、一花の友人、宮野楓が登場ですよ。すっきりとした美人さん。かと思ったら、一花を前にした時のあの表情! いいよなあ。ちょっとぶっきらぼうで、でもってあの半目! ああー、半目が魅力的なのかも知れない。いや、半目といういいかたで正しいのかはわからんのだけど、恋もそうでしょう? すごく魅力的、色気がある。これ、実に強みだと思いますよ。

さて、小春の釣り上げたシイラの調理ですよ。メニューはカルパッチョに決まったのですが、若干一花に振り回されてる感のある楓。なるほど苦手というだけはある。というか、一花には地が出るところがね、なんかいいですよね。一連の会話。そして小春たちが帰った後の昔話も。

ここに、小春たちが友情育んでいるように、かつてともに育みあった一花と楓の物語を感じるようで、なんか嬉しい気持ちがした。思わず笑顔になる、そんな感じがあったのですね。

2020年1月24日金曜日

『まんがタイムきららフォワード』2020年3月号

 『まんがタイムきららフォワード』2020年3月号、発売されました。表紙は『SA07』。物思いの茉愛ですよ。勉強中? 机に肘ついて頭を支えたそのままに、眼差しをこちらにふっと向けてくる、その仕草、悔しいが可愛いな。まさかこの子があんなにヤバいキャラだとは! この絵だけではわかるまい。そんな雰囲気ではあるんですが、実際この子、いろいろ落ち着けばもっと魅力的になる、そんなポテンシャルある子だと思う。癖は強いけど決して悪い子じゃない。そんなこの子のよさ、もっと出てきたらきっともっと好きになる。そんな予感がある。その予感を下支えする、そんな表紙だと思います。

今月は新作ゲストが2本です。

『ココロフレーミング』

美術もの? なんだけど、額縁にフォーカスしてくるの、面白い目のつけどころだと思いました。

美高に通っているお嬢さん? その子がクラス展に用意した絵が、独特の雰囲気こそあるのだけど教師受けがとにかく悪くて、独創性のマネごとだ、独りよがりだといって、もう散々ないわれよう。しかし、ちょっと教師、悪辣すぎやしないか? 最後の校長の登場、そこでギャフンといわされるところまで含めてのこのキャラクターなのだと思うけれど、それにしても怖ろしい。

自分の表現したいものはあるけれど、いわれたことに面と向かって抗弁できずにいたこの子。けど、譲れない気持ちを絵にして仕上げて、そしてそこに画材店のお姉さんのサポート、一緒に額縁を見立てることで、気持ちも定まり、より強くなっていくっていうんですね。

絵に描いたもの。不安を優しく包んでくれる好きな人のイメージ。その人こそが画材店のお姉さん。一緒に選んだ額縁が、まさに絵を優しく包んでくれた。そのことがまた彼女の支えとなって、高圧的な教師にも、しっかり自分の言い分いえるようになった。

抱擁、額縁が、お姉さんが支えとなって、絵もヒロインも力をつけていく。テーマをしっかり重ねてきてましたね。

『彼女のスキは伝わらない』

学校に好きな人がいる。けれどその人の前では全然素直になれなくて、憎まれ口ばかりきいてしまって……。でも、それにしてもあんまりにあんまりな態度じゃない? 好きとはいえないまでも、あえてわざわざ大嫌いとかいわなくってもいいのでは?

みたいに思ってたら、まさかの呪い! かつて先祖が神の怒りを買ってしまって、かくしてあまのじゃくの呪いをかけられてしまうはめになった。この呪い、子々孫々にたたるのか! 呪いは常に発動するわけじゃなく、このヒロインで100年ぶり。それでそろそろ許してもよいだろう、神使がつかわされてきたというんですね。

この呪いを解くには、彼女の好きな女の子と両思いになる必要がある。というんですが、それができたら世話はない。この呪いがために、ただでさえハードモードなのがナイトメア級じゃないか。ここで手を貸す神使。神の使いってからにはさぞや有能なのではあるまいか、期待するもあんまり役にたってないんですけどね。

それでも不器用なあまのじゃくヒロインの気持ち、意地悪されてる女の子もちゃんとわかってたっていうの、それが示されるところに未来の明るい展望感じさせていい落着だったと思います。でもって、人情の機微をつかめない神使が言葉のまんまに受け取って、悪口いってましたよって伝えてくる。この落ち、なかなかに面白かったですよ。

『SA07』

まさかのガンプラ回! いやね、作者がTwitterでガンプラ描きたくて権利者から許可とってもらったっていってるの見ましてね、マジかーっ! ガンプラ回かーっ! ええーっ、それいったいどんなの。めちゃくちゃ楽しみにしちゃってましたよ。

でもなんでガンプラ? と思ったら、そうだった、そうだった、みんなで秋葉原いくって流れだった。秋葉原といったらガンダムカフェ。そうなの? よく知らんのだけど、ともあれ宮田がふらふらと吸い込まれていって、店内狭しと積み上げられたガンプラに大興奮。しかもここからのガンプラトークが濃い! 自分でもわからん! ええーっ、MGバルバトス、エイハブリアクターが回るん? って、エイハブリアクターって露出しとったっけ? さっぱりわからん! ガンダム見てて、オルフェンズも見てて、ガンプラも作ったことあって、それでもついていけないガンプラトーク。けど、このついてこれるやつだけついてこーい! ってなノリは面白い。むしろ、このわからなさにワクワク、ニヤニヤがとまりませんでした。

そしてここからの展開も面白い。まちかもガンプラ買います! どんなの買うのかな? いろいろ予想してたの思いっきり裏切ってくる展開な! R・ジャジャとバーザムからの二択。ここのテキストの圧! もう、めっちゃくちゃに面白かったんだけど、これ、ほんと、ついてこれるやつだけついてこーいだよなあ! そしてさらりと出てくる、俺はギャン子推しの男。笑いがとまらないよ!

しっかし、ほんと面白かった。なんだ、この熱量。でも、ただのガンプラマニアトークだけでなく、帰宅する途中のまちかと宮田の対話とか、なんかしみじみと心の伝わる、そんな雰囲気があって、なんだろうなあ熱狂を過ぎて静かに落ち着いた気持ちが優しく触れる。とかそこまでいっていいんかわからんけどさ、恋とかなんとか関係なしに、まちかと宮田の関係の、少しこれまでとは変わったのが確かさもって伝わったと思われて、それがとてもよかったと思うのですよ。

2020年1月23日木曜日

Pascal's Wager

結局買いましたよ。『Pascal's Wager』。『ダークソウル』ライクなアクションゲーム。プラットフォームはiOSとAndroidだけど、Android版のリリースにはもう少しかかるそうです。ファミ通の記事には日本語字幕に対応とあるけれど、これももう少しかかるようで、2月16日頃配信予定。それまでは英語でがんばるか、漢字頼りで中文字幕で乗り切るか。私は英語字幕でやってますが、よくわからない単語も多いので、調べず雰囲気でなんとなくやってます。あかんやんけ!

しかしこのゲーム、860円って破格ですよね。売り切り型ゲーム。アイテム課金とかないので、一度買えば最後までノンストップで遊べちゃう! また今後のアップデートも予告されていて、一度クリアしてもさらなる冒険に挑めるというのも嬉しい。ほんと、しかし、これほどのゲームが860円って、採算とれるん? 信じられない価格ですよ。

2月16日までに購入すると、主人公テレンスの別コスチューム、先駆者セットが貰えるというのもあって、気になってるんならくよくよ考えてる間に買って遊んじゃえ。860円なら、仮に駄目でもそうそう痛手ではない。

そう思って購入、さっそく遊んでみたところ、全然駄目じゃない! むしろ、こんなクオリティ、860円でいいの!? 信じられない! もう最高だと思う。大当たりも大当たり、リリース日にこのゲームの存在を伝えてくれたファミ通さんありがとう! すべてに感謝したくなるレベルの良ゲームです。

ダークソウルライクというの、これ、ちょっと笑っちゃいました。だって、タイトルで流れる音楽が月光蝶を彷彿させるもので、うおー、めっちゃダークソウルーっ! あまりのあまりにストレートなリスペクト、それだけでもう楽しくなってくるレベルでした。

ゲームは、まずは初期プレイヤーキャラ、テレンスでプレイすることになるのですが、この人は騎士でいいのかな? 両手に剣を持って、弱攻撃で左のレイピア、強攻撃で右のロングソードを繰り出していく、接近戦特化のキャラっぽいです。

ここで出てきた弱攻撃、強攻撃。隙が少なく連続攻撃できる弱攻撃と出は遅いけど一気にダメージ与えられる強攻撃をボタンで出しわけられる仕様になっています。

基本アクションは歩く、走る、弱攻撃、強攻撃、防御、回避、投げナイフやポーションなどのアイテム、そしてエスト瓶。

ええ、エスト瓶があるんですよ。これ、名前はなんてったかな。ちょっと覚えてないんだけど、『ダークソウル』でいうところの篝火に相当する奇妙な割れ卵オブジェで祈ると、体力全回復し体力回復ポーションも3つ回復する。これ、先に進むと持てる数も増えたりするのかも知れませんが、最初は3つ。それで足りない場合は、消費アイテムでも回復ポーションがあるので、それで補えるから大丈夫。最後に利用した割れ卵オブジェクトが、死亡時のリスポーン場所になるのも『ダークソウル』の篝火に同じ。ただ、『ダークソウル』みたく死亡場所に落としたソウルを回収にいく必要はありません。デスペナルティで、骨のかけら(『ダークソウル』でいうソウル。レベルアップやアイテム売買に必要)をある程度持っていかれるだけで、ごっそりやられるということはありません。

プレイアブルキャラクターは4人いるんだそうです。騎士のテレンス。あと、名前はわからんのだけど、銃を持ってる女性と、なんか金色の面をかぶってるパワー型っぽいの。もうひとりは、まだちょっとわからない。

武器はキャラクターごとに固定のようで、たとえばテレンスの場合、 上級の装備に持ち替えるみたいな仕様にはなってないようです。『ダークソウル』なんかは武器を持ち替えるとグラフィックとともにアクションまでがらりと変わるというのが売りになっていたわけですが、このゲームはそのあたりのバリエーションはないかわりに、スキルツリーみたいなものでアクションを増やしていくという方向でパワーアップさせていきます。あと、見た目には影響しない装備品で攻撃力や防御力など各種パラメータを強化させるという要素もあります。

テレンス以外のキャラは、先に進めば使えるようになり、プレイ中に切り替えていける模様です。おそらく魔法使いキャラとかもいるんでしょう。いろいろ戦い方の変化も楽しめるようになってそうで、おおいに期待しています。

このゲーム独特のギミックとして、正気度、Sanityがあります。行動していくとどんどん正気度が下がっていって、アブノーマルになると体力ゲージは一定割合(3割だったかな?)カットされてしまう。スタミナも減るのかな? いろいろ戦闘で不利になる。あと、視界がゆらゆらしだして、酔ったみたいな感じになる。正気度は割れ卵オブジェで全快できる他、正気度を保てるポーションがあるので、ポーションで正気を保ちながら割れ卵オブジェを目指すのがおそらく正しいプレイングです。

ゲームコントローラーがなくても遊べるようにできていて(当たり前だけど)、画面左、指を置いたところを中心にした操作用サークルが出てきて、それでもって移動できるようになっています。ただ、これ、指を置いた場所が仮想ジョイスティックの中心になるから、敵が出た! 急いで離れたいと思って、ぱっと指を離して置いたら、そこがジョイスティックの中心になる! これ、結構慌ててしまって、そこから走ろうと指をスライドさせたら、どんどん仮想ジョイスティックの位置が動いていっちゃって、しまいには指が届かなくなって、ちょっと不便。アズレンみたいに仮想ジョイスティックの位置は固定だったらよかったのに。

視点移動は画面右側に触れると可能。こちらはジョイスティックみたいなのは出ません。普通にフリック操作するだけでぐるぐる視点を動かせます。

画面右に、攻撃や防御、回避、アイテムのボタンが表示されていて、このボタンをタップすることで様々なアクションが可能です。敵が出てきたらロックオンボタンが表示されるので、ロックしちゃえば視点移動を考える必要はありません。とはいえ、視点が固定されてしまうので、背後から襲われてパニック! みたいなこともしょっちゅうあるので、このへんはむずかしいですよね。

と、まずはこんな感じの印象。快適に遊ぶにはゲームコントローラーがあるにこしたことはなさそう。というわけで、こないだ悩んでいたXbox One ワイヤレス コントローラー、買いました。これについてはまた後日、感想など書けたらよいなと思います。

2020年1月22日水曜日

『まんがタイムきららMAX』2020年3月号

『まんがタイムきららMAX』2020年3月号、昨日の続きです。

『ハルメタルドールズ』

眼鏡チズが可愛い。それはさておいても、マコト、ドラムがかたちになってる! まだシンプルなセットでしか叩けないっていうけど、基本ができてきてるっていうのなら、いずれは応用、バリエーションも可能になっていきそうですね。いい展開じゃないですか。

と、ライブの予定があって、練習も軌道にのってきて、じゃああとなにをしないといけないか。それで曲がないっていうの、結構致命的では? メンバー3人でいろいろ話しあうも、これというもの出てこなくって、でもここでハルの曲をやるって決定かあ。チズがやれば勝手にメタルになるだろう。それはいいけど、権利はクリアしとるのか? ともあれ、チズの目的にも合致してる。悪くはなさそう。ただどうも不安そうなチズが気になって……。

とか思ってたら、やっぱりコレだよ! チズに関しては心配するだけ無駄なのかな?

『初恋*れ〜るとりっぷ』

いきなりシリアスな展開? みかげから呼び出しを受けた琥珀。いったいなにごとか。不穏な空気ただようも、ああー、悩んでただけ! 姉、つまりまひろの誕生日になにを贈るか、それがどうにも決まらなくて、そこで琥珀に助けを求めたわけですか。

まひろは大人だから欲しいものがあったら自分で買えちゃう。そんな姉のまだ持ってないものといったらなにか。学生でも手が出せるものでなにかないか。との要望に、鉄道からはなれよう、そう提案できる琥珀、さすがですね。確かに、鉄道ファンだからといって、鉄道だけしか興味がないってわけない、のかな? 人によるよな、みたいに思ったけど、実際これは琥珀のいうとおりだと思う。興味はあって、でも鉄道優先で後回しにされてるもの、そういうのを攻めればいいわけか。うん、これはたいそう役にたつアドバイスですよ。

ここで前回の、同じような服ばかり着てる、これが効いてくるの見事でしたね。服に興味がないわけじゃない。けれどなにを着たらいいかよくわからないから、評判よかったの、それ一本槍で押し通してる。そんな先生に、似合う服を選んで贈ろう。それはいいんだけど、普段着に向かないのばっかり想像するのはなぜ!? でも車掌スタイル、あれは可愛かったな。

今回、服の話、買い物をメインにしながら、途中にかつて仙台に走っていた路面電車のトピック扱ったり、こういうところ、確かさありますよね。なにかあるごとに鉄道の話になる、ここにこの子たちの鉄道が好きという気持ちも感じられるわけで、これ実に好感触です。

そして買い物の情景を描きながら、肝心の先生に贈る服、それがどんななのかは描かない。ああ、これは憎い見せ方ですね。どんな服かはわからないけど、先生が喜んだってのははっきりわかって、それだけにどんなのだろうって気持ちが強くなる。次回、先生、着てきてくれますかね? ええ、興味が先へ、先へといざなわれる思いなんですね。

2020年1月21日火曜日

『まんがタイムきららMAX』2020年3月号

『まんがタイムきららMAX』2020年3月号、昨日の続きです。

『しょうこセンセイ!』

すごいな。しょうこ先生、いつもなんか動きが可愛いみたいな、小動物的愛され方しとるわけですけど、実際その知能となると尋常じゃないものあるんですね。それがしっかり描かれた今回、実に面白かったです。

生徒会の最上さん。この人もまた天才なのか。まさかのしょうこ先生に勝負挑んできて、中間テストだと自分は出題側だから勝負にならないと。なので互いに問題出しあって、それで勝負しましょう。

それはいいんだけど、その出題の傾向がですね、やっぱり違うんですね。しょうこ先生は相手のこと考えて、このくらいの問題なら解けそうと思ってテスト作ってる。対して最上さん、持てる知識総動員して、しょうこ先生を捻じ伏せにかかってる! でも、それをばっちり解いてくるってんだからしょうこ先生すごいな。なるほどなあ、面目躍如じゃん。

その後の勝負、かるたやったり将棋やったりも面白くって、そうか、こういうのだとしょうこ先生が勝てないのか。完全にムキになっちゃってるのがね、やっぱりこの人の愛される所以っての描き出してて、でもこうしてしっかりつきあってくれること、それは最上には嬉しかったんでしょうね。

あの、ぐるぐる眼鏡で表情の見えないこの人の、本音、喜びを見せた時のあの表情、素敵でした。ラストのしょうこ先生とのやりとり、これもまた魅力的でありました。

『エンとゆかり』

ゆかりたち新人で組んだパーティを狙って、凶悪な魔物が移動中。ここからの緊迫感、すごかったですよ。青ざめるかなえ。ゆかりを助けるべく、つてを頼って熟練者をゆかり救援に向かわせようとするくだりね。ああー、前回鍵の魔物にやられちゃった冒険者、それがかなえのつてだったんか! しかもこのくだりで、この人たちがかなりの熟練者だったことがわかる。

あかん! ゆかり、ピンチもピンチ、にっちもさっちもいかない大ピンチじゃん!

ここから、エンに助けを求めにいく流れは納得させられるもので、ゆかりの危機と聞いて飛び出していくエン。対しゆかりはというと、鍵の魔物と一緒にクッキーとか食べちゃって、でもなごやかな時間はあまりにも短くて、ああ、魔物が追ってきた魔術の使い手、アメが危ない! ゆかりとチリを逃がそうと、自ら名乗り出て、ああ駄目だ、自分を犠牲にする気でいる。

エンを雇っているロッソ。いまいち正体のわからんこの男の、けれどエンのこといろいろ気にかけているっていうのがわかるくだり、大変よかったです。そしてエンがゆかりたちのこと、大変に大切に思っているということ、それがはっきりするのもとてもいい。

それだけに、ラスト、アメのピンチにぎりぎりで間に合ったエン。その活躍。あまりに強い鍵の魔物にどう対しようというのか、その勝負の行方、気になります。

『のむラリアット!』

大変な人しかいない……。

今回登場した先輩ふたり。部長の美森恵に副部長の青井海音。とりわけ海音がたいがいで、一年生相手に先輩風吹かすの、楽しみにしとったのか! 用があるからと恵、翼は席を外して、なので一年ふたり、みるくと桃のことは海音に託されたわけだけれど、海音さん、いろいろ駄目な人だ!

威勢だけはいいけど実はけっこうビビりとか、でもそのわりに弱い者いじめがしてみたいんだよぉ!! って、そんな迫力いっぱいにいうようなことじゃないよ! かっこわるいよ! しかもそこからのダイブに対する偏愛? かたよってる……。かたよってるよ……。あの、棚橋選手とは何も関係ないポーズですってのは笑っちゃったけど、ここからの特訓? ほんとに海音、駄目すぎて、この人のこと、キャラとして愛していけるだろうか……、ちょっと不安に思ったら、桃のボディプレス炸裂ですよ!

桃、やったぜーっ! しかも最後に伝えようとした言葉、翼ちゃん、メガネもかわいいね。ここに及んでそれ!? でもわかるーっ! おかしくってですね、さらに海音、しっかり恵におしおき受けるの、うん、このバランス、大変よかったと思います。いけないことしたらちゃんと怒られる。ええ、因果応報。

この漫画、海音はヒールとしてのポジションにあるのかも知れませんね。となると恵や翼がベビーフェイスということになるのかな? こうした役割考えならが見るのも楽しむコツになりそうですね。

2020年1月20日月曜日

『まんがタイムきららMAX』2020年3月号

『まんがタイムきららMAX』2020年3月号、昨日の続きです。

『いのち短し善せよ乙女』

めちゃくちゃ面白い。天使よりも天使らしい優しく清らかな少女、神成夏芽。ただ欠点はあって、二重人格? びっくりすると凶暴性が出てしまうっていうのね、それを乙女が悪霊にでも憑かれてるんじゃないかって、そうしたら杏エリカが当たり前みたいに取り憑かれてますよって、ほんと、この展開、おお夏芽がただただ優しく清らかな天使を超える天使になってしまうというのですか!

ほんと、心底やられまくりました。神成夏芽親衛隊の出現にも度肝抜かれたんですが、夏芽に憑いた悪霊が髪を操りグサグサ突き刺していくあのシュールな様! そこに生き残った親衛隊と乙女が協力して立ち向かうっていうの、あの絵面! すごいよな! 普通転がるか!?

しかし今回一番面白かったの、悪霊の由来ですよ。憑かれたの、今回冒頭、あの瞬間か! 二重人格とはなんの関係もないやんけ! ほんと、この徒労感! 労多くして益まるでなし! いや、そうでもないか、乙女の一善が達成されたもんな。ともあれ、気をきかせてくれた悪霊。ええー!? 君、本当に悪霊か? むしろいいやつやんか! もう、めちゃくちゃ面白かったです。

『六条さんのアトリビュート』

ああー、六条さん、めちゃ好み。冒頭1ページ目、あのバアアンと振り返ってみせるあの姿、最高だったと思う。けどそんな六条さんの、なんもかっこよくないところがエピソード通して語られて、いや、そんなあかん子六条さんも魅力的でしたよ。

部屋いっぱいに積まれた本やらなんやら雑多なもの。いきなり崩れてさあ大変なんですが、本を打ちこみ継ぎの石垣みたいに扱うのはいかんよ! 痛むよ! 本棚は木彫りが占領? いろいろ面倒で手をつけられない子なのに、木彫り作ったら即、本をどけて木彫り陳列してって、そういうことはできるのか! なるほど、パッと着火した瞬間はエネルギー漲るタイプだね? わかる! わかる気がするわ。

どたばたのおかたづけ。細かくマメなこのみと六条さんの対比はいいし、途中途中出てくるヤバいもの!? そうした合間に、ちょっとシリアス味感じさせる六条さんの生前の記憶へのきっかけかもっていうの出てきたりね、こうしたコミカルとシリアスとのいったりきたり、ふいに現れてくる真摯な美術エピソード。これ、いい幅になっていると思いました。それに、ただ美術の知識や解説になるのではなく、加えて六条さんを知る可能性になるかも知れない、そんなこのみとの関係の進展思わせたりするところもいろいろ興味を引いたのですね。

『ぬるめた』

この漫画、すごいな。テンションがすごい。あと、見せ方が自由度高くて、こういうのも面白いな。読むテンポ、リズムが時々で変わってくるの、新鮮というかシンプルに面白かった。まさか、途中にナチュラルにワイド四コマ化してくるってね。コマの広さを活用した会話の広がり。さらに、ハンドレッドくるみのインパクト! これか、最終的にこれやりたかったから、大きなコマが必要だったんだな。わかった。素晴しいね。目的のために手段が選ばれているんだなって、ほんと関心しましたよ。

しかし、溢れるようなキャラクター性。ちあき、さきな、くるみにしゆき、4人ともに個性がよく伝わってきてチャーミング。しかも個性が強くて、それぞれに違う理由で友達いなさそうっていうのがおかしいんだけど、あ、くるみは除くよ? でも今回のくるみ増殖騒動でさ、なんか仲良くなっちゃってるのがさ、あれ、よかったよー。なんかほのぼのとした? 気持ちが暖かくなった。ほんと、ちあきはなにこれとかいってますけど、そのなしくずしのハグ。みんないろいろ寂しかったり悲しかったり、それをこうして友達同士で癒しあうのかい? ちあきだって、苦笑もあるかもだけど、そんなに悪い感じしてないっぽいじゃん? ああ、ほんと、よかったですよ。

くるみ増殖から減らしていくときなんかもね、皆の個性、よく出てました。しゆき、共感性が高いんだな。あるいは思い入れ。うん、この子の情の深さ、それにほだされましたよ。いい話。

2020年1月19日日曜日

『まんがタイムきららMAX』2020年3月号

『まんがタイムきららMAX』2020年3月号、昨日の続きです。

『ななどなどなど』

冒頭がすごいな。中間テスト終了直後の小町の様子描いて、本人有頂天だけどその後急降下する運命にあることを畳み掛けてくるーっ! ほんと、笑う。

今回、前回よりちょっと時間巻き戻して、テスト終了後の打ち上げの情景描こうってわけですね。打ち上げというと焼き肉、ネット情報で決めつけてくる小町と、そんな小町のために泣いてくれる高山萌。ああ、萌、いい子や。さらにここに優子も加わって、で、これで嫉妬の嵐があちこちで吹くのか。すごいよ。みんな小町のこと大好きだな。

カラオケに連れてこられて本気で嫌がる小町。でも、カラオケ自体はこれがはじめてなのか。

萌も不憫がってましたけど、小町は持ち前のネガティブでなんでもかんでも悪く決めつけてしまってるんだねえ。けど、今回の経験で少しでも小町にとって楽しい思い出が増えたらよかったなって、さらにはなんでもかんでも決めつけて拒否するんじゃなくて、こうして友達と一緒になにかしら楽しんでってやっていけるといいなって思ったんですね。

いやもう、小町、素晴しかったですよ。歌ってみたら、うまいって、ちやほやされて、すごくいい笑顔じゃん! ああ可愛い、小町が楽しそうでよかった。ほんと、最後のななどの見守る目。これきっと読者みながそうなってたと思う。ああ、小町、本当によかった。輝いていました。

『私を球場に連れてって!』

扉が、扉が素晴しい。猫子、可愛すぎるよな。

さて、今回の主役は猫子のお母さんですな。キャッツが好調、現在1位。なのに、自分が応援にいくとチームが負けるっていって、猫子の母、球場にいきたがらない。ああー、でもわかるよね、こういうの。自分が応援すると負ける、見たら負ける、興味持っただけでも負ける、みたいなの。とか思ったらレオナに酷いこといわれた……。まあしかたがない。自分はもうおっさんなんだ……。

猫子の母、応援にいかないといいつつ、本当はいきたいって気持ちがユニフォームや応援グッズにバリバリ現れてるのおかしくて、けどここまで思いは募るのにネガティブ、不安がために足が向かない。これ、不幸だよね。皆が説得するも気持ちを変えない母。ああ、この母をどうしたら球場に連れていけるというのだろう。

酒で一発だったの、面白かったけど、ダメなお母さんだな。体、悪くするよ?

球場いってからがもっと面白くってまいりました。実際母来場でチーム低迷しちゃうの? 見る見る顔色なくしていくのが笑えて、そこからの浮沈も母がスタンドにいるかどうかで決まるの!? 面白いんだけど、やっぱりちょっと気の毒でした。

終盤でね、キャッツが逆転するでしょう? お母さん嬉しくなっちゃって、お酒ガンガンいっちゃうじゃない? でも、まさかここから負けるなんて展開ないよね? ハラハラしちゃって、ほんと、ページめくるのがちょっと怖かった。

でも、これも取り越し苦労。作者の温情がありがたかったですよー。でもって、猫子母のジンクスの理由。ああーっ、そういうこと! これ、すごいな。ちょっとしたミステリー調。思わぬ真実にやられました。

『みわくの魔かぞく』

今回は試験の結果をめぐる人間模様。まいが赤点! 涼も赤点! ふたり追試が決まって、沙夜香とミラに教えてもらう展開なのかな? そう思ったら、ふたりともに補習!

今回、追試と補習で、ミラと沙夜香、まいと涼というように、いつもとは違うふたりが組み合わされるのがよかったんですね。ミラと沙夜香の間、わだかまりや申し訳なさといった感情が解消して、また沙夜香が涼について思っていること、そうしたものも見てとれて、ああ、ふたり気持ちが少しずつ近づいていきますね。また涼とまいふたりも、勉強はかどらないながらも、共通の趣味があったり、またいろいろ語りあったりね、そうしたことが仲を深めさせていく。

このプロセスがよかったなって思ったんですね。

追試が終わってからも皆のこの関係続いて、ミラと沙夜香は普通に仲良くなってるし、涼とまい、ふたり一緒にいると楽しそうってミラが焼きもち焼いちゃったりね、たまたまの組変えだったけど、それが新しい関係を開いて、より魅力的になった、そんな気がします。そしてなにより、嫉妬してるミラのこと沙夜香がかわいいですよねっていってるの、ええ、こういうの、気持ち開いてるって感じするじゃないですか。ほんと、いいなって思ったんですね。

2020年1月18日土曜日

『まんがタイムきららMAX』2020年3月号

 『まんがタイムきららMAX』2020年3月号、発売されました。表紙は『きんいろモザイク』。お正月だから? しの、アリス、カレンが着物姿で登場ですよ。みんな、ひざ丈のフリルつき着物。振り袖の華やかさ、上半身はオーソドックスに見えるのに、足元はがらりと違えてくるこの鮮烈さ。魅せてくれますね。アリスは大きな傘を持って、その下、しの、カレンが寄り添うかたちになってる。しのがなんかしっかりした感じに見えて、ええ、この子、成長しましたね。着物もよく似合って、もうこけしだなんて思わせない。そんなところもまた魅力になってます。

今月は新規ゲストが1本です。

『ひふみよワーキング』

通販会社の就職面接? けど距離感がおかしくて、面接官、真横に座ってぴったり寄り添ってくるの? セクハラかといえばさにあらず、こぢんまりとした女の子。服装もラフで、デボン紀と大書されたTシャツ着ていて、ええと、これ会社なの? 個人宅で細々とやってる家業なのかな? 作業は姉妹3人で分担してるっていってるし。

タイトルにいうひふみよっていうの、姉妹の名前なんですね。長女がひなみ。次女はふじか。三女がみゆり。そして今、面接受けているのが蒲生よもぎ。おお、ひふみよと揃いました。

しかし、これ、ひふみ姉妹、ちょっとした天才姉妹じゃないの? 三女みゆりは10歳にして高校卒業。しかも主席。そんだけ優秀ならそのまま大学いってとかならないの!? と思うも、そのまま労働。しかも姉ふたりも優秀で、皆高校卒業済み。長女は15、次女14。そのまま家業ってもったいなくない!?

初回は就職面接受けにきて、家政婦として雇われることになるよもぎの話。家事全般駄目な姉妹の実情知られて、そこからのとんとん拍子。よもぎの母がなかなかのダメな人っぽいのも含めて面白かったです。でも、よもぎ姉さん、母と同じ傾向、しっかり持ってますよね。いや、ただ単に姉に憧れた末っ子って解釈でいいのかな?

『ぼっち・ざ・ろっく!』

えらいことになってる。いや、主に大槻さんが。

ライブ当日、リハに臨む結束バンドのおかしさもおかしさなんですが、ダンボールアーマー装備してくるぼっちのインパクト! しかも、モニターの返し大きくしてくれって、ダンボール装備のまま進行してたんか。これ、もう面白さがすごかった。

面白いの、ここからもノンストップで、やさぐれクリスマスにはじまり、どんなライブしようがどうせ滅茶苦茶になるという諦観、シデロスのメンバーが安定しない理由にずっとにらみつけてくる大槻の秘密がバレるところ。そして大槻のマウントに喜多、ぼっちの逆襲が刺さるのがね、ほんとおかしくて。でも大槻、こんな局面で気弱になっちゃったけど大丈夫? あっちもこっちも心配がつきないの。おかしかった。

しかし、一連のやりとりで結束バンド、リラックスできた? 次回のステージシーン、これは大いに期待しちゃいますよ。

『こみっくがーるず』

はー、はらはらさせられました。かおすの誕生日を前にして、なにやら様子のおかしな翼ですよ。なになに? なんか心配ごと? みんなに話せないこと? え? もしかして退寮しちゃうとかそんなシリアス展開が待ってるの? もう本当に本当に心配させられて、これ、どうなるどうなる? あー! 悪い話じゃなかったーっ!

この一転しての安心感!

かおすが、自分のための誕生会開いてくれるの知ってからの挙動もろもろも不審でおかしかったんですけど、誕生会で自分のこと差し置いてもまず翼のこと心配するところ。決して譲らず、ぐっと踏み込んでいくのがね、この子、強くなったよねって思えて、その成長も友達を心配する気持ちも、両方がなんか嬉しく思えたんですね。

けど、最後にはやっぱりネガティブに落ちるのん!? あの急落! すごかった。あまりに唐突で対応しきれてない翼が読者の気持ち代弁してくれてるみたいで面白かったです。

2020年1月17日金曜日

Xbox One ワイヤレス コントローラー

 iOS搭載デバイスで使えるゲームコントローラーが欲しくなっています。先日リリースされたゲーム、Pascal's Wagerが気になっていまして、『ダークソウル』ライクな本格アクションアドベンチャーだっていうじゃありませんか。グラフィック良好、ゲームとしてもハードめなアクション? ゲームコントローラーにも対応して、かつ売り切り型。価格は860円。安っ! これは買いかも知れん。万が一ゲームとしていまいちだったとして、860円ならなんも痛くない。いやもう、すごいよなこの価格! と、ここでふと立ち止まって、コントローラーが高いんだよな……。そうなんですよ。コントローラー、高いんですよ。

AppleはApple Arcadeなんていうサービス開始して、iOS/MacOSでのゲーム展開に乗り気です。この施策の一貫なのでしょう。iOS 13はXbox OneコントローラーとPS4のDualShock 4にも対応して、ゲームパッドで快適に遊べる環境も整備されている。そう、つまりXbox OneかPS4のコントローラー持ってたら、それをそのままiOS搭載デバイスで使えるってわけですよ!

持ってない!

まいった。すごくまいった。なんでSwitch Proコンにも対応してくれなかった。iPhoneでSwitch Proコンが使えないか試したりもしたんですが、残念ながら無理。認識してくれません。そうかあ、iPhone / iPadでゲームしようと思ったら、なにかしら買わないと無理かあ。買うならXbox Oneコントローラーかなあ。

と、ここまで書いて8BitDoのアダプターを思い出しました。これ、Windowsに繋がるモードがあったな……。もしかしたら、Xbox Oneコントローラー準拠だったら、これでそのままiPhoneに繋がったりはしないものだろうか……。

後で試してみようと思います!

2020年1月16日木曜日

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL

 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』。追加ファイター5体目が発表されましたね。皆さん、予想は当たりましたか? あるいは期待どおりでしたか? 私は『スペースハンター』アルティアナ期待で、けれど一般向きには『ワルキューレの冒険』ワルキューレを本命にしていました。当てる気ないだろ、といわれたら、そうですねと答えざるを得ないのですが、いやまあ、願望ですから、願望。さて、本日16日に発表された新ファイター、まさかの『ファイアーエムブレム 風花雪月』から主人公のベレト/ベレスでした! いや、風花雪月は予想してた人、わりと多かったんじゃないかと思います。

風花雪月は未プレイなので、最初の映像で、ファイアーエムブレム? とは思ったんだけど、核心持てなくてですね、主人公の名前もわからないし、えらそうな緑髪の余は可愛いしで、え? これなに? これはなんなの? 頭の中に疑問符撒き散らかしながら見てたんですが、風花雪月と確定して、ああ、ファイアーエムブレムが増えた! 荒れたりしないかな? ちょっと心配したのはないしょです。

ファイアーエムブレムから参戦、ということはまたカウンター持ちなのかな? とか思ったら、なるほど、複数の武器を使い分けて戦うタイプのファイター。基本は剣だけど、横方向には槍、遠距離では弓矢、あと重くて遅いけど当たるとデカい斧とか、なかなかにテクニカルなキャラになるのかなあ。剣も蛇腹剣というの? ガリアンみたいなやつ。鞭みたいに伸びて、遠距離から上方向に掴みにいったり、またワイヤー復帰も可能など、これまでとはまた一風違うキャラクターになってて、このあたりはいい感じなんじゃなんでしょうか。少なくとも、これまでのファイターとは確実に差別化された独特なファイターになりそうに感じます。

うまい人だと、リーチの長さを活かして、近寄らせてくれないんだろうなあ。

最近はあまりスマブラで遊べてないのですが、もっとしっかり遊んでいきたいなって改めて思った次第。さらに追加されるという6体のファイターにも期待しつつ、ちょっとずつまた遊ぶ時間、工面していきたく思います。

2020年1月15日水曜日

ビリヤニについて調べてたら時間がなくなったので休みます

ビリヤニについて調べてたら時間がなくなったので休みます。

2020年1月14日火曜日

運び屋

 映画を見ました。夜、テレビがいい番組をやってなかったので、これなら映画見る方がずっといいな。Netflixのアプリ開いて、なにかいいのないかなあ、あまり長くなくて、親世代にも受け入れられそうなやつ。と、ありましたありました。主演、クリント・イーストウッド。タイトルは『運び屋』。うん、とてもわかりやすい。先日見ていたドキュメンタリー『密着!マドリード・バラハス空港警察』、普通の人が麻薬の密輸に手を染める。その裏側? 実情に迫るみたいな映画だったりするのかな? なんて思いながらこれに決めたのですね。

見終えてびっくりしましたよ。これ、実話ベースなんか! ざっとネットで確認してみると、退役軍人で園芸家で、ネットで職が立ち行かなくなり麻薬の運び屋はじめて、その呼び名がエル・タタ。名前こそは違うけれど、基本のところ、多くを映画に取り入れてるわけか。

侘しさ感じさせる映画でした。侘しい老人の話が苦手なんですよ。

昨年のことですけど、恥ずかしい話なんだけどおにぎりが欲しくてアプリいれたらね何十万ってとられちゃって、高いおにぎりになっちゃった……、自嘲ぎみに話してるお爺さんをテレビで見た時など胸がつぶれそうだった。

他にも映画でもドラマでもドキュメンタリーでも、昨年末、年明けと、退職したら妻と一緒に旅行でも、そう思っていたのに、妻が病気で死んじゃって……、みたいな話を聞かされて、お父さんね、仕事なんてどうだってよかった、妻のほうがもっとずっと大切だったって、亡くしてようやく気がつくの。気がついてももう遅いの。悔まれて悔まれて、それはそれは悲しそうに話すその様。つらい。もう取り戻せないというのが本当につらい。人生って悲しいなあ。そういう思いに支配されてしまうんですね。

この映画は、その点まだましだったのかも知れないなんて思います。主人公、アール・ストーンは仕事に、自分の属するコミュニティにうつつを抜かして、家族を二の次にしてきた。記念日もセレモニーもすっぽかして、その結果、妻とは離婚。娘は父を毛嫌いして口も利かない。

さらに加えてネット時代に対応できず、心血注いできた園芸の仕事も駄目になってしまうわけでしょう。もうなにもかもなくしてしまって、残されたのはボロいピックアップトラックだけで、みたいなみじめさ。けれど、ここからの起死回生が麻薬の運搬ってんだから尋常じゃない。というか、犯罪歴もない、交通違反さえしていない人間を、麻薬の輸送という重犯罪に引き込む、そんなきっかけが日常のすぐそばにあるアメリカってのもまあ酷いなって。いや、このあたりは映画のテーマではないんですが。

主人公もわりかしろくでなしなんですよね。だってね、最初はわからないままにやってた闇仕事だけど、途中で自分がなにをやってるか理解して、それでもやめられなくて仕事続けちゃうわけでしょう。最初は、なんかヤバそうだから1回だけ、これっきり、みたいな感じだったのに、2度3度と続けるうちに、なんだかすっかり慣れてきちゃって、また支払われる報酬もどんどん多くなる。そうなると、最初は家族のため、借金の返済など身近な支出に留まってたのが、再びコミュニティのために大金出したりね、ええ、見栄だよねえ、これ。失ったものを取り戻す過程ともいえるかも知れないけど、むしろ積極的にいい目を見ようとしてる。若い女と遊んじゃったりね、麻薬のボスの覚えもめでたくなって、豪勢なパーティに出ちゃったりね、ええ、この欲? 人間の堕落に向かう道、その描写、結構なリアリティあるもんなんじゃないかなあって思ったんですよ。

最初にいってました。この映画がまだましだったっていうところ。侘しい老人であった主人公が、本当に失う前に大切な人とふたたび心を通わせることができた。決定的には間に合わなかったのかも知れないけど、それでも完全に手遅れとはならなかったところ。それは救いだったと思います。家族が一番、仕事は二の次。そういって人に語って聞かせていたとおり、最後の最後に家族を一番にすることができた。それがこの人の悔いを雪いだんじゃないかな。

だからこそ、最後の最後、この人は抗わなかったんじゃないかなって、もうすべてあれでよいと受け入れられるまでになったのかなって、思ったんですね。そういう点では、これはハッピーエンドに近いんだと思う。不器用で利己的な男の、最後に果たしえた愛情のドラマと思っていいのかも知れないなあ、そんな感想いだきました。

2020年1月13日月曜日

悲劇のUSSインディアナポリスを探せ

 Huluに近々くるというので昨年末から楽しみに待っていたドキュメンタリー『悲劇のUSSインディアナポリスを探せ』。この連休中に見ることがかないました。海底に沈んだ戦艦武蔵を発見したことで知られるポール・アレンのチームがフィリピン海海底で発見したインディアナポリス。なるほど、これは深海に眠る艦体を発見するまでの奮闘努力を描く、海底探査ドキュメンタリーだな。そう当たりをつけて、重巡インディアナポリスの来歴なども解説されたら嬉しいなあなど思いながら見始めたら、いやあ、まったくの見当違いでしたよ。メインは重巡インディアナポリスの来歴。撃沈にいたるまで、そして撃沈されてからも続いた悲劇的な物語が語られたのでした。

インディアナポリスで有名なエピソードは、日本に投下された原子爆弾の部品を運搬したというもので、そのエピソードについてもドキュメンタリー中で語られていました。当時の乗組員の談話によると、この任務が極秘であったのは乗組員に対しても同様で、鉛よりも重い物体、あれはなんなのかと艦内でも話題になったとかそういう話は興味深かったです。

そしてもうひとつのインディアナポリスの有名エピソード、沈没にいたる経緯とその後について。あらためて知ると、そのあまりの悲愴なることに、思わず涙ぐむレベルでした。

終戦間際の撃沈となったインディアナポリスは、その沈没したことが知られないまま、生存者は油の浮かぶ海上にてくるかどうかもわからない救助を待ち続け、助けられた後も、戦勝の喜びに水をさした、この不名誉の責任をとらせるべく艦長が軍法会議にかけられ有罪を宣告されるなど、散々な目にあうこととなり、とりわけ艦長の行く末などはたまらなく悲しいものであったのでした。

正直、米軍は、あるいはアメリカという国はフェアで合理的という印象を持っていたのですが、そうではないのだなあ。責任を回避したい軍の姿勢は、ドキュメンタリーの語りようもあるのでしょうが、やはり異質で、だってインディアナポリスを撃沈した潜水艦伊58の艦長を軍法会議に招集して、いかにインディアナポリス艦長が不用意であったか証言させようとしているとかね、戦争はとうに終わっているのに、不毛な責任の押し付けをしている。

こういう体面を守るために末端に責任押し付けるとか、日本軍の話聞いてるとしょっちゅう出てきますけどね、基本それがどの国であろうと多かれ少なかれあるのかと暗澹たる気持ちになれるドキュメンタリーでした。その後の、艦長の名誉回復のくだりこそは多少の救いではあったけれど、それにしたって遅すぎる。艦長は死んじゃってるんだものなあ。悲しさが薄らぐことはなかったです。

そもそもだいたいがこのインディアナポリス撃沈で、800人超が亡くなってるわけでね、それだけでもう暗澹たる気分になれる。これもまた戦争の悲劇であるなあ。心底そう思わされたドキュメンタリーでした。

2020年1月12日日曜日

『まんがタイムきらら』2020年2月号

『まんがタイムきらら』2020年2月号、昨日の続きです。

『スノウ*ライフ』

実は雪女だったフミカ。熱くなると溶けて小さくなってしまうこの人。後輩のゆうきには雪女であるとバレちゃったけど、友人のサナには知られたくない。でも、サナのこと好きなんですねっていわれて照れて、溶けちゃったという小ピンチ。どう切りぬけるのかっていうのが面白かったです。

今日は文化祭。ゆうきのクラスがやっているお化け屋敷に助っ人として参加するんですが、ちんまり小柄、冷気でちょっとおどかしたりしながらも、見た目に可愛いその姿、お客さんには大好評で、リピーターが出るほどか! あの、わ! って飛び出してくるところとか、本当に可愛かったですよ。驚いてるお客さんも笑顔ですごく嬉しそうなの。なんというほのぼの。うん、こういうのでいいのだと思う。

そして、サナに自分の正体を伝えることになったフミカ。嫌われるんじゃないかって心配していたけれど、おお、取り越し苦労。雪女だから、人じゃないからって怖がらず、ちゃんとフミカ自身を見てくれていたんですね。そうしたところ、嬉しいじゃありませんか。いい友情の描かれたその情景、とてもよかったですよ。

『下を向いて歩こう』

オゴクダ浜、硝子にとっては本当に天国なんですね。それこそここに住みたいくらい。想像の中で家を建てようとしている? いやもう、よっぽどの熱中ぶりです。

ここでもかわらずシエルが強運を発揮するのがいいですね。死にたてほやほや、って表現がなんか問題ありありだけどさ、磨耗のないタカラガイを見つけ、そして極めつけ、まさかここで拾えるだなんて思っていなかったもの、イルカの耳骨を見つけちゃった! へー、こういう化石があるんですね。しかも激レア? 硝子とすさみんがふたり冷や汗浮かべて相談しはじめるレベル。いやもう、ほんとに面白かったです。

浜を離れるときの硝子の様子。よっぽど名残惜しいと見えますね。翌日、日常に帰りついても心ここにあらず。ああ、どれほどに串本が、オゴクダ浜が楽しかったのだろう。焦がれるほどに好きなもの、憧れる場所、そういうものがあるって素敵であるなと思わされる。そんな硝子の様子、羨ましく思えるほどでした。

My Private D☆V

『かぐらまいまい!』のあひるです。

D☆Vポイントは、和服×割烹着・エプロン×双子、ときましたよ。イラスト、さすがに魅せてくる、妖艶とさえ思わされるものでありまして、双子、なるほど基本は似ているふたりであるけれど、凛々しさとおっとり、個性が若干違っているというのがねその表情から伝わるようなところ、ああ、わかるー、これいいよねー。

和服も美しい。そしてそこにエプロン、割烹着がついてくる。エプロン、割烹着のすそまわりとかにフリルがついてるの、いいですね。さらに和服の襟元にもフリルがのぞく。こうしたささやかに加えられたデコレーション、それがプラスの可愛さ演出していると感じました。

華やかなふたりの美少女。背景に大輪の百合、そして周囲には蝶が舞って、この華麗さ。実に見応えのあるイラストであります。

2020年1月11日土曜日

『まんがタイムきらら』2020年2月号

『まんがタイムきらら』2020年2月号、一昨日の続きです。

『トールさんの通り道』

大量に荷運びしてるの、モンスター退治に必要な物資なのか。スライムの母娘は退避済み。ということはこの準備も無駄になるかな? とか思ったら、あれまあ、リモ、スライム娘が討伐隊と遭遇しちゃったよ。

スライムみたいな非定型、うまいこと逃げられたりせんもんなのかな。いや、なかなかそう簡単にはいかんみたいですね。このままだと100%やられるとの母の見立て。魔術で討伐隊を無力化してみたものの、不用意、無力、機転も利かない、そんなリモは逃げることもかなわず、そこに身をていしてかばおうと割ってはいったトール。モンスターと通じてたこと、バレちゃいましたねえ……。

しかしリモの母、ライム、人間に敵対的、容赦ないタイプなのに、使った魔法が非殺傷系というの、気を使ってくれてるのかも知れませんね。ここで人死にを出していないこと、これが後々効いてきたりするんかな。ともあれ、今はリモのピンチ、トールのピンチ。予断を許さない状況であります。

『絶滅危惧種桜子ちゃん』

物語が動き始めましたね。

純血の人間が少なくなった日本。純粋な日本人である桜子が絶滅危惧種となるかも知れない。その状況を受けて軟禁されるというの、これ厳しいよなあ。学校にいかなくていい。勉強もなにも、全部家でできるようにする。そして許婚との結婚。ただでさえ自由のなかった桜子の、数少ない自由が根こそぎ奪われてしまったっていうんですね。

これ、どうなるんだろう。そう思っていたら、忍び込んできてくれたミラ、この子とともに家を抜け出すんだ! いわば自立の時。ここで桜子という名さえ捨てたというのがすごく印象的で、ああ、そうだ、なにも決めず、選びもせずこれまできたこの子、自分の名前をなにも選ばずにきたことの象徴として見たのか。

からっぽだった自分。自らの意思を持たず、決められたことに身を委ねてきた自分。その自分から変わると決めた時の桜子、いやもうどう呼んだらいいかわからない、新しいこの子のあの表情、それまでとはガラリと違って、これも鮮烈な印象残しました。

いいですよ。ドラマチック。はじまった、そんな感覚でいっぱいです。

『夢見るルネサンス』

エマ、来訪! リーチャの姉妹弟子なんだけど、この時を超えてきた姿、ひよりとモモカに見られちゃって、これ結構な大騒ぎなのでは? と思ったら、モモカ、卒倒だよ。本番に弱いタイプって評価、あれおかしかったです。

一緒に倒れてたエマ、こちらは空腹だったんですね。その理由、頼る先もない日本でさまよってたの? とか思えば、違うのか、面倒で食事も忘れるタイプか。ローマでの仕事はパトロンが破産してご破算。その後は、神様に導かれるままにリーチャを追ってきた、いや導かれるままじゃないよな、しっかりものだよ、この子。こうしたディテールの積み上げは面白いよね。

ひよりとモモカへの説明パートもよかったですよ。ふたり、普通に受け入れてくれて、そしてエマの身を置く先も決定して、ええ、モモカの家。これ、モモカ、嬉しかったりするんだろうか。ちょっと張り切ってるように見えるの、なんかよかったなって思えて好感触。またモモカの家に飾られた彫刻に興奮するエマ。鼻息荒くしてるのもまたよかったです。

『海色マーチ』

朝、ベッドから出ようとした途端にすっころぶあまね。どうした、水族館が楽しみすぎてこけたのか? 捻挫か? 運悪いな。とか思ったら、そうか、フィン、足ヒレつけて泳いだ、その筋肉痛でえらいことになっとるんか。珊瑚との待ち合わせ場所に辿り着くのさえ大仕事。今日はもう無理じゃない!? と思うも、いや頑張るんだ。よかった。こんなとこでリタイアとかつまらない。珊瑚に肩かしてもらうんだけどさ、珊瑚から海の香りがするって、そうかやっぱりこういうの気持ち悪いのか。珊瑚、鳥肌たつほどでしたか。

姫との待ち合わせ場所。姫の後輩ってあまねが対決したあの子ですよ。変な先輩扱いされてるあまね、ちょっとひいてる後輩ちゃん、珊瑚の介入も面白くって、やっぱりいい個性が集まってるなあ。

水族館でのいろいろもよかったです。案の定あまねが大騒ぎで、そして珊瑚も結構釣り込まれてたのが意外、こうして日頃見ない雰囲気感じられるの、やっぱりいいですね。そして後輩ちゃんとも打ち解けてきて、ええ、今後の関係にも期待できそうですよ。

後輩ちゃん、古城ひなた。あまねと名で呼びあう関係になって、ちょっとドキドキしてるあまねがいいですね。踏み込み度合いで負けてるって、なんか珍しい。そして珊瑚とも名前で呼びあうようになって、なって? なった? え? キャンセル? どうなるんでしょうね。次回、名前で呼んでたらあまね大勝利ですね。その勝敗のゆくえ、超期待です。

2020年1月10日金曜日

『まんがタイム』2020年2月号

『まんがタイム』2020年2月号、先日の続きです。

『良倉先生の承認欲求』

ほんと面白い。今回初登場の美術教師。若くてイケてそうで、生徒からも人気ありそうな上枝先生。なんと、この人もぶんちょー紳士の秘密を知ってるのか。半年くらい前にバレてしまってましたか! しかも、この人、ひとりでかわいい店にいけない良倉先生にひっぱりまわされてるんだ。すごいな、こいつは面白くなってきたぞ。

上枝先生の良倉先生への対応も面白くって、嫉妬モンスターとか呼んでるし、しかもその理由、SNSのフォロワー数、上枝先生の方が多いからなのか! なるほど、上枝先生、兼業イラストレーターで、しかもイラストの人気、結構あるのか。星畑に上枝先生のアカウントを教えさせないのも、露出度高めイラストがあるから、じゃなくてひとりでもフォロワー増やしたくないから! すごい、すごいよ良倉先生。もうなにも隠そうとしていない。あらわすぎるよ!

でも、こんなでも良倉先生が嫌われないのがすごいですよね。なんというか、この人、可愛げがあるんだよなあ。散々わがままっぷり発揮したかと思ったら、自己嫌悪でヘコむじゃん。そんなところが可愛げなんだろうなあ。あと、度胸がないのね。かわいい店にひとりでいけないっていうの。星畑に頼れない時は上枝先生に頼ってたっていうの、ほんと、良倉先生、ツンデレなの? しかも店でも傍若無人。上枝先生とカップル並び。居心地悪そうな上枝先生とまるで気にしない良倉先生の対比もおかしくって、いやもう最高でした。

『テレパス皆葉と読めない彼女』

あんまりに皆葉が朴訥少年だったからなのか。最近投入された笹本がいい役割り演じてくれてますね。澄花のお弁当、なんでそこまで頑張ってくれるのか。皆葉はすまなそうにして、感謝してることも間違いなくて、それはいいんだけど、澄花の気持ちはまあ気づいてないよね。そうしたところにいい感じでつっこみ入れてくれてるの、それが笹本。でも積極的に介入しようとしない、そうした距離感は好感持てますよ。

今回のメインは澄花って感じしますね。家で料理作ってるの。お弁当の話題、お母さんは好意的に、対してお父さんは動揺してっていう、この関係。可愛い娘に彼氏だなんて!? まあお父さんは穏かじゃないわけですね。でもそんなお父さん、完全にお母さんに制御されてて、お母さん強いなあ。澄花もいつかはこんな風になるのかな。

お父さん、作曲して生活してるのね。あるいは歌手? その原動力が娘のこととかね、面白かった。そしてちょっと丸くなった澄花。大ピンチ。うん、このいろいろ、思い悩んで、いろんなことに喜んでといった様子、実に魅力的。よかったです。

『瀬戸際女優!白石さん』

SNSに振り回される白石さん。面白いな! それにいろいろと示唆的だ。

これまで気にしたことのなかったSNSでの評判。けれど知ってしまったら意識しないではいられない。劣化したとかね、好きなこと書かれてね、まあ面白くないわけで、好きだ、よいねといってくれる人があれば、嫌い、下手、悪くいう人もあって、意見はいろいろってことわかってても気になるもんは気になるんだ!

わかるー! いやほんと、白石さん、あんまり思いつめないで!

今回、白石さん、いろいろ裏目だったけど、真島監督と会って話して、艶っぽい話にはまったくならなかったけど、白石さん、気持ちが好転したのよかった。ああ、次回は白石さん、挽回の時ですか!? のびのび、楽しそうに仕事に取り組んでるとこ、それが気持ちいい人だから、活躍するの期待しちゃいますね。

『お天気おねえさんの晴れ舞台』

カメラがまわるといろいろ頑張れちゃう琴音。スケートリンクでくるくるスピンしながら天気予報をお伝えって見事だな、すごいよ。

気象予報士の試験を前にして勉強に打ち込む琴音。その原動力、おばーちゃんとの再会、そしてパフェなんですね。でも、そんな琴音に気になる電話。ええーっ、おばーちゃん、手術なの!? 死んじゃったらどうしようって気持ちが揺れちゃって、仕事にも身が入らなくてっていうの。

けれどそこで見せた琴音のプロ意識。意地ですね。ずっと下がり眉だった琴音が、きっと眉尻あげて、続けて仕事への決意を口にするその流れ。この子の頑張り、それがもう痛いほど伝わって、またそれを受けての牧の言葉。ああ、自分の後悔、過去のこと思い返して、そこに琴音の思いを自身にぐっと引き付けて、その上で発されたあの言葉ですよ。琴音もぴしっと気合いみなぎって、ああ、このくだり、素晴しかったです。

結局は取り越し苦労ではあったんですけどね、でも肩透かしだなんて思わない。なにごともなくってよかったなあ! ほんとにそう思いましたよ。それもこれも、琴音のおばーちゃんが好きという気持ち、それがしみじみ感じられるからでしょうね。ええ、いつまでもおばーちゃん元気でいて、琴音の頑張り見てくれたらいいなあって思います。

2020年1月9日木曜日

『まんがタイムきらら』2020年2月号

 『まんがタイムきらら』2020年2月号、発売されました。表紙は『奥さまは新妻ちゃん』。初詣の情景ですよ。おみくじで小吉、それを振り返りながら見せてくれるその姿。おお、見返りの美人ですよ。落ち着いた着物姿もシックで素敵。ボカされた背景に浮かびあがる新妻ちゃんの、しっかりピントがあっていながら、くっきりしすぎずやわらかに背景に調和するような描かれようも、やさしくて、大変きれいで結構でした。

『星屑テレパス』

遥乃の秘密基地、灯台の地下だったんだ。遥乃の祖父が灯台の管理をしていた。その関係で、この秘密の部屋のことも知っていて、鍵も預っていた。ああ、これからはここがユウや海果、遥乃の活動拠点になっていくってわけですね。

ここからは皆で買い出し。必要な資材買って、お店から廃棄ペットボトルも貰ってと、ここで遥乃が大活躍するんですね。コミュニケーションに長けた仲間がいるの、いいなあ。と、ここで出会ったペットボトル大量回収してるお姉さん。お、この人、ペットボトルロケット作ってたりするのかな? なんか今後かかわってきそうな雰囲気ですね。

そしてここからは皆で遊ぶっていうんですが、いやもう楽しそう。こうして遊ぶのはじめてっていってる海果がしみじみと楽しそうで、嬉しそうで、これは本当によいひとときでした。そして雷門攻略の糸口発見? ああ、海果がいい表情していて、ここからの展開楽しみになる。続く雷門の様子との対照も際だって、期待も高まります。

『スロウスタート』

花名のお母さん、本当に面白い人だなあ。娘を驚かそうと黙ってきちゃったっていうんですけど、まさか合鍵忘れてくるとは。さらには加えて、今日に限って花名の帰りが遅くって、学校で友達と一緒に王様ゲームやっている。ここでのやりとり面白かったですよ。冠女王様の命令でたまてと栄依子が卑屈に振る舞ってる、まさにそのときに電話かけてきちゃって、しかも花名ったらスピーカー通話でうけちゃったから、こちらのやりとりも筒抜け。そしたら娘がね、はなちゃん様、花名様って、様づけで呼ばれちゃってるわけですよ。

そしてこれが続く万年さんの会話に関係してきて、この界隈で花名はVIP待遇なの!? ほんと、この誤解、面白かったです。準備万端いきとどいて、見事に花咲いた感あります。

そこからのトレーナーママさんとかも素敵。そして驚く花名。いやあ、いい表情でした。楽しい。ええ、こうした面白さに、親と子の関係見せてくれて心暖まる、よい話でした。

『さかさまロリポップ』

カラーがきれいだなあ! ふんわりとやわらかな色合い。コマの枠線も色つきで、緑と赤が交互にくるの、こんなの見たことないよ! いつもの原稿に色がつきました、っていうんじゃなく、もう根本から違ってきている。工夫だなあ。ほんと、これ、カラーで見られる機会、本当に貴重だと思います。

さて本編。柚希たちの調理実習風景。ここでの柚希大活躍ですよ。そうでした、この人、料理やお菓子づくり、うまいんでした。妹、詩月に頼まれて作ったおやつ。不評だった時代があって、工夫と努力で克服してきたそのくだり。ああ、柚希の調べて試してついにたどりついたってとこ、あれ、すごくよかったなあ。回想なんだけど、詩月とのやりとりと柚希の努力パート、同じ回想でも表現手法違えてきて、それが流れている時間の違い、時間の質の変化ともいっていいかも、それをしっかり見せてくるんですね。こういう工夫、見せ方、いろいろ、うまいと思います。

今回は他にも、芽依が語る詩月のよさ。あのコマ! 面白い。ここもまたなんか時間の流れというか質というか、違うと感じられますね。照れてなかなか口を開かなかった芽依だけど、一旦口を開いたらこんなにも滔々と言葉が流れ出す! いやあ、圧倒的でした。面白かったです。

『むすんで、つないで。』

ああー、どうしても大人の視点で見てしまう。いや、それはこの漫画にそういう視座がすでにあるんだと思う。小学生の視座、高校生の視座、教員の視座、親の視座。それが多層をなして、けれど重なりあって一緒になって、その自在さに荒井チェリーのたくみさを思うのです。

ものぐさが極まってるつなぐのところにやってきた路歌。花ノ子と苺の担任の先生で、その人が花ノ子の友人、同級生で幼馴染みでお隣さんであるつなぐに悩みを吐露する。こういうところ、なんかぐっときますよね。大人だって悩んでいるんだ!

それだけに、小学4年生組の楽しそうにしてるところがもうほんと見るだに嬉しく思わされましてね、ああ、この子たち、こうして元気にしてくれるだけでもうなんか満足しちゃうよなあ。とか思ってたら、やっぱり苺だけちょっと違うぞ? お土産のチョイス、その気配りというのか気を使うところ、いろいろ細やかだよ? とはいえ、ちょっとつなぐについては見誤ってましたけど。いや、だって、つなぐ、ものぐさがすぎるんだものなあ。

小学4年生と一緒に遊ぶ高校生のつなぐ。大きくなった時のこと話す花ノ子を見て、その時、自分は何歳なのだろう。この描写に、ちょっと距離を感じたんですね。花ノ子が帰ってきて自分の時間も動き出した。その表情はやわらかで、ほっとさせられたのですが、けれどこの一連のモロノーグ、まるでつなぐがもう花ノ子と同じ時間にはいないということも感じさせるようなところあって、この一抹の寂しさよ!

なんて思っていたら、おお苺よ、みんな同じだって、それぞれちょっとずつ違いがあるけど、同じ小学4年生なんだっていってくれて、これ、もしかして一番の年長者であるこの子、つなぐの寂しさを感じとって助けてくれたのか?

みたいに思わせてくれるところ。異なる視座の重なりとそれがまじわり一緒になる……。素敵な瞬間だと思いました。なんだか胸がいっぱいになったのです。

2020年1月8日水曜日

『まんがタウン』2020年2月号

『まんがタウン』2020年2月号、先日の続きです。

『平日休みの堀出さん』

年末年始働きづめで、休みがとれても実家を巡って終了。そんなふたりの遅ればせながらのお正月。って、もう1月も中旬ですか。このマイペースさ、時節に追われないというのはむしろ魅力的ではあります。

とはいえ、正月らしいことはやるのか。初日の出見にいって初詣して、とわりと普通の正月のイベント、そう思ったら、おみくじで全運勢コンプリートするために神社めぐりって、また普通じゃないことやってるし! その発想がものすごい。すなわち作者の発想力でありますなあ。

今回は自宅シーン多いですね。駅伝見たりタブレットで書き初めしたりと、正月気分盛り上げるのに頑張ってますよ。そして宅配のお兄さんとのあのやりとり、これよかったですよ。大変ですね元旦から、この言葉の意味、そうかそうともとれるわけか。こうして頑張ってくれてる人が世界を回してる、誰かのお正月を支えてたっていう妻の言葉もいいじゃありませんか。ええ、この漫画はお休み満喫する話だけど、そこに働く人の頑張る姿なんかも見えるところ、それが厚みになっていましたよ。

『ママはパートマスター』

おお、久しぶりです。好きなんですよ、『ママはパートマスター』。シンプル、わかりやすい、コミカル、チャーミング。こういう漫画がしっかり掲載されるところ、それはこの雑誌の価値だと思う。頼りにしていますよ。

久しぶりの今回も、その面白さといいましょうか、漫画の見せ方は変わるところなく、ちょっとナンセンスで、おかしみがくすぐってくる、そういう楽しさを提供してくれて、ほんと嬉しかったです。このちょこっと読めて面白い。どこから読んでもわかりやすいという漫画も好きなんですよ。ええ、堪能いたしました。

『部長と2LDK』

部長、いい感じにふりまわされて、やわらかくなっていっていますね。買うものリスト作っている部長に、気分で欲しいもの申請する菜々ですよ。必要性をプレゼンせよといわれて、微妙なカタコトアピールするおかしさ。でも、ベッドのよさ説明したらちゃんとわかってもらえて、よかったじゃないですか。菜々さん、プレゼン成功ですよ。

その後のお風呂のくだりも面白い。菜々の持ち込みバスグッズ。アヒルやらカエルやらがあふれかえる空間になってしまってる風呂。部長はもう唖然って感じなんですが、けど実際入ってみればかたくなさも溶けたようで、水鉄砲を便利とかいっちゃってるところとか、打ち解けた感あって大変よかったです。

そして風呂あがりの部長。めちゃくちゃ可愛いじゃん! と思ったら菜々も同意見なのな! と思ったら、菜々の髪がすごい。ここ、風呂あがって、スッピンになって、普段は見せない姿見えてきて、これふたりの距離、一気に縮まった感ありますね。あるいは心の垣根がとっぱらわれた感。よいわ、楽しいわ、魅力的だわ。

この距離感、菜々の驚きの踏み込み力、それあってのことかも知れませんね。まさか隣りあって寝るとかね。さらには恋バナから昔のアニメの話になって、ああー、この会話の様子、上司と部下とかじゃなくて、まるで同級生じゃん、友達同士じゃん。いやもう、ぐっときました。たまりませんでしたよ。

2020年1月7日火曜日

『まんがタイム』2020年2月号

 『まんがタイム』2020年2月号、発売されました。表紙は『おとぼけ部長代理』をメインに、フィギュアスケートですね。ドーンと中央に部長代理がポーズをつけて、その周囲に『六畳一間の憑き物石』こいしが、『俺のベッドはヨーコのもの!?』陽子が、『花丸町の花むすび』花子が、華麗なフィギュア衣装でもって舞っているというのですね。ジャンプ中の陽子、スパイラルをしている花子。こいしは一番ニュートラルな感じ、けどこの人のこういう姿、ものすごくレアだな。とてもきれいで魅力的。ええ、いいイラスト、素敵な表紙です。

『ローカル女子の遠吠え』

秋津さんの奇行。これなにごとかと思ったら、女子から降りようとしてるのか。そうか、女子でいるっていうのは大変なんだな。でもこの人は、そういったものから解放された時が一番魅力的になると思う。無理におばさんになんてならなくても、女子であろうとしないでもいい、みたいなそんな感じ。

そして今回の秋津クッキング。新境地じゃない!? アップルパイ作るんだけど、りん子や江崎の前であの奇行、やっちゃってるんだ。りん子がひいてるのもすごいんだけど、自然体で受け入れてる江崎もまた怪物級じゃない? そして今回のはっちは必見。楽しそうにインテリア工夫して、ニコニコして、りん子に見事に伝わらなくてふくれて見せてっていうのね、おお情感が豊かだ。素晴しかったです。

しかし今回珍しかったの、狼狽したり雲春の指摘に大ダメージ受けたり、そんなりん子の姿見られたのも面白かった。いや、わりとこの人、狼狽したりダメージ受けたりしてますけど、今回はなんか特別なダメージ感ありましたよね。

『六畳一間の憑き物石』

新婚感に浮かれるこいし。この人、人? ともあれ、この人、瞬のこと大好きよねえ。同居して、浮かれて、けどあまり関心持ってもらえないことが面白くなくてっていうの、これ全部亜依に聞かれて、興味津々深掘りされて、その時々のこいしの変化、うろたえよう、これは本当にチャーミングでした。

そんな話題のさなかに、こいしの来歴がわかりそうな情報が差し込まれたりね、瞬がこいしの石を持って帰ってきてしまったあの日、あの夜、その飲み会に亜依も参加しとったのですか。なので、その時の会場、帰り道が推測できたら祠の場所もわかるかもしれない……。

と、そうした解決? の道筋示しながらも、今回一番のトピックはやっぱりこいしの恋心なのだと思う。けど、瞬にはまるで通じないよねー! よほどアクロバティックなことするとか、よほど衝撃的なことあるとかしないと、この関係の進展はなさそうで、こいし浮かばれませんな。

『ハニトラなんか怖くない!』

冒頭から山田さん、輝いてるなあ! 綾小路から興味を持ってもらえたことが嬉しい模様。でも、綾小路、小心者だからプライベートなこととかよう聞けない。まあ部長に釘刺されてる事情もあるからなあ。世間的にもこのへんいろいろ厳しいし。

そんな綾小路の次の展開。ああ、水木部長、いろいろ世話焼いてくれていい人ですねえ。単純に面白がってるようにも見えますけど。今回は折り紙手紙で気持ちを伝えます。いや、気持ちは伝わっちゃいないな。端的にいって質問事項だ。折られた手紙広げる過程で、山田さんが好きが出てくるのいかしますよね。それだけに絶望もまた深そうではあるのですが。

しかし今回、山田さん大失敗。折り紙手紙で凝りすぎて、尋常じゃない複雑なの作っちゃったかあ! 綾小路ちゃんと開けなくてビリビリにしちゃったんだ。その手紙に書かれていた好きな相手っていうの、綾小路のことなのかな。よもや違ったりはあるまいな! わからん、どんな展開くるかわかったもんじゃない! でも、このふたりはじわじわでもなんか進展してるところあるようで、水木部長も満足されるのではないでしょうか。あの手紙の折り方教えたい水木部長、めちゃくちゃ可愛かったですよね。

『茨城ってどこにあるんですか?』

ああー、多恵ちゃん、大ピンチなの? 筑波山からの夜景、鈴子を誘って見にいくことになったんだけど、なんと、森戸がいない。なぜか。森戸抜きで鈴子とふたりきりの状況作りたかったのか!? などなどいろいろ思ったら、あー、ケンカなんだ。と思ったら、多恵が一方的に決めつけて逃げてきちゃってるだけじゃないの!

一緒に筑波山スターダストクルージングにいこうと誘うつもりではいたんだ。でもクラス上位階層の子から原宿にと誘われてる森戸見ちゃって、森戸が答える前に原宿いくと決めつけちゃってるのね、これ多恵の価値観もあるんだろうなあ。この子の中に、原宿いきを誘われて断わるという選択肢はきっとないんだ。それで森戸もそうに違いないって思い込んじゃってるんだな。森戸の一番はいつだって多恵なのになあ!

そんな森戸の大逆転、あれはすごかったですよね。展望台で待ってるんだよ? これ、ストーカーかなんかかと思った。多恵の動向、調査把握とかしとるのかと思った。でも違うのか。これ、前からの約束やったんか! 多恵、ギリギリセーフだったんか。でもほんと今回、森戸がどれだけ多恵のこと大切に思ってるか、そしてまた多恵にとって森戸がどれだけ大切な友達であるか、それがよくよく見てとれて、充実のエピソードでした。

また、森戸が可愛い。というか美人よね。みんなチャーミング、魅力的なんだけど、今回はいつも以上に森戸の魅力が描かれて、大満足でありました。

2020年1月6日月曜日

『まんがホーム』2020年2月号

『まんがホーム』2020年2月号、一昨日の続きです。

『うちの可愛い掃除機知りませんか?』

やる気出してる透の逆八の字眉、いいですよね。やる気空回りしないかな? そんな心配もしたけれど、なんとかケーキも作り終えて、けど、妹十萌の求めているもの、そこにすれ違いはあったっていうんですね。

アプリが、役立ったり役立たなかったり、この微妙というか絶妙な立ち回り。以前聞いていた十萌の本当に求めてるもの、それを調理中の透に伝えようとするも掃除機としての自分の本分を前にしたら全部すっとんでしまったりね、けど透の作ったケーキを前に自分の気持ち押し止めた十萌には、はっきりきっぱり自分の気持ちをいうよう指摘するの。なんでそこでそれいっちゃったかな! でもこれがあったからこそ結果ふたりの思い、それがしっかり噛み合うことにもなったんですよね。

透に一瞬よぎった、アプリや智枝には気持ちを伝えられた十萌が、実の姉である自分にはなにもいってくれないという絶望に似た思い。ドキリとさせて、そうしたらすぐアプリが姉透の気持ちをあからさまに十萌に伝えてくれるでしょう? あれ、すごくほっとした。お互い一緒だったんじゃないかって、ふたりして相手のこと思いすぎて、考えすぎて、いえなくってという不器用? でもそれが嬉しかったって思うんですね。ええ、いい話でしたよ。アプリ、いい仕事しましたよ。

『恋はリベンジのあとで』

初回の鬼久保泉のやらかし? いろいろを受けて、今回はやらかされた石田側の状況語られて、ああー、荒れていますよ。ケツ出されたことあったって、しみじみ昔を思い出してふつふつ怒りの沸いてくるというところ。うん、ちょっとわかるように思う。

でも、この石田のフラストレーションは泉との再会や苦い思い出だけでなく、同僚との関係や、仕事上のモヤモヤ、さらには付き合ってる女性との気持ちのすりあわなさ、そのあたりにもあって、そうかあ、いろいろ大変なんだねえ。いろいろが不満で、気持ちの余裕もどんどんなくなるから、さらに次のいろいろも不満。悪い循環にはいってるのかもなあ。

そんな石田の逆転策? ガーデニング趣味の上司に泉の実家の鬼久保花き園芸、同級生の家だっていって売り込みの材料にしていくんですね。はたしてこれが石田の状況を好転させるきっかけとなってくれるかなあ。あるいは、苦手にしている泉との縁を深めちゃわない? とりあえず、人生の転換点になることは間違いなさそう。あの彼女とかどうなっちまうんですかね。

『うちの秘書さま』

届いた年賀状見ている七瀬、いつになく素敵ですね。

さて、七瀬に届いた年賀状。久しぶりに会いたいとの文言見つけて、差出人は男。誰なのか、元彼なのかと不安になってるはじめにですよ、それはきんがしんねんって読むんですよ、思いっきり失礼なこといっちゃう七瀬、最高でしたよ。めちゃくちゃ笑った。

七瀬は基本的にはじめのこと子供だと思ってるんですよね。それがいたるところから感じられて、はじめのこうありたいという気持ちとすごくくいちがっちゃうところ、その面白さ、よく出ててよかったです。

さらには、昔の男? 藤田大和と七瀬が会うというの、メイドから教えられて、山田もともなって見にいってというくだり。膝からくずおれるはじめ、気をきかしてバレバレの嘘をつくメイド、でもってまるで気持ちの伝わらない七瀬と、この次から次へとたたみかけてくるようなおかしみ、もう最高でした。

加えてそこに、あの大落ちでしょう。七瀬、まさかのBL的発想!? ニブいとかそういう次元を超えている。最高でした。ええ、もう、最高でしたよ。