2019年8月20日火曜日

『まんがタイムきららMAX』2019年10月号

『まんがタイムきららMAX』2019年10月号、昨日の続きです。

『初恋*れ〜るとりっぷ』。文化祭、はじまりました。鉄道喫茶は出だし順調? 遊びにきてくれたりんねとくるみ、再現駅弁も、それからそらのジオラマも好評で、この子たちが呼び水となって、他のお客さんにもアピールできたみたい。と、そこに現れた迷子の女の子。はたしてどうするべきか。どうしたらいいか迷っていたら、先生、動きがはやいなあ! 放送ジャックでもって迷子の案内しつつ鉄道喫茶のアピールだよ! この迷子の一件が、そらにかつての自分を思い出させて、そして眠る先生にとっておきの告白!? 聞こえた? 聞こえてない? このはっきりさせないところ、先生、やりますなあ! だけじゃなくて、この後のそらの行動にもいろいろ影響してきそうですよね。

『こみっくがーるず』。SNSを活用しましょう。新しい機材の写真アップしたらいいねが稼げる……。じゃなくて、かおすならぬにゃおす先生アカウントがひたすら猫画像をアップするようになってたり、というか、これ、きっと人気あるぞ……。しかし、あのかおすのネガティブさ、連載を獲得してさらに卑屈になってない? でも、これがかおすのよさだなあ。そして琉姫ですよ。えすえぬえすを担当からすすめられた。はいいとして、SNSを知らない、SNSマシーンを買うとかいっちゃう、知らずブックマークしてたSNS、そのタイトルが巨乳美人探し機……。しびれるわ、かっこいいわ、眼鏡が素敵だわ。今回はナチュラルピュアな琉姫の魅力大爆発で、迷走くりかえした先にしっかり一歩踏み出していくところとかはね、よかったじゃないかって目を細めて見る思い。そしてかおすですよ。ああ、娘大好きお父さん! ほんと、この子もこうして友達の影響でもって先へ進んでいけた。それがまたよかったなあって思ったんですね。

『いのち短し善せよ乙女』。ほんと、この漫画、テンポいいよなあ。ぽんぽんぽんっと話が進む。メインストーリーにからまなくとも、テンポいいのが気持ちいい、コメディタッチも面白い。素晴しいわ。そら連載になるわって思います。今回のアイテムがなにか、ぎりぎりまで明かされないの効いてましたよ。初体験だ一発だ、不穏な響き? 聞きつけた先生が、エッチな話ですか!? って、先生、それで大丈夫!? おかしい、ほんとにおかしい。先生、すごくヤバい……。転校生の神成夏芽。乙女と杏に目をつけられた? と思って警戒するんだけど、そうか、この子、人付き合いに苦手意識があるんだ。けれど、乙女が夏芽の苦手意識をふっとばしてくれましたね。この、ほんと、ちょっといいところね。ええ、一日一善、立派な善行だった、そう思わせてくれるところもね、この漫画のよいところですよ。夏芽、乙女たちと友達になる、つまりメインキャラとして今後も関わってくるのかな? だとしたら、この豹変しちゃうところ、これが鍵になりそう。よくもわるくも存在感あるキャラ、いい感じです。

『ななどなどなど』。ああ、これは前回の話、その小町サイドでありますね。ななどがメンテで呼び出されたために、ひとりで学校にいかなければならなくなった小町。けど、御目付け役がいないんだからサボっちまえばいいのでは? 悪い考えがよぎっても、ななどの気持ちを裏切れないのか。いい子だなあ、小町。今回はるるも高山萌も不在でまさしく逆境だったわけだけど、陰口たたかれても耐える。体育でペア作れなくともひとりで頑張る。この子、ほんとに真面目だわ、いい子だわ、頑張ってる、評価されてほしい。今回、小町に話しかけてきた高山萌の友人、嶺。小町とはテンポもペースも違うみたいだけど、小町にしては結構苦手そうなタイプっぽいけど、ちゃんとコミュニケーションできましたね。こうやって、頑張ってること自分自身にもはっきりわかるかたちで示せたこと、そしてななどに認めてもらえたこと。この子の大きな自信になっていきそう。こうした一歩一歩を確かなものとしていく小町を見ることができるの、これは喜びですねえ。

2019年8月19日月曜日

『まんがタイムきららMAX』2019年10月号

 『まんがタイムきららMAX』2019年10月号、発売されました。表紙は『社畜さんと家出少女』。ふたりで水着、ナルがぐいっとこちらに差し出しているビールジョッキ、このせいで、ビールの広告ポスター感が出てるよ! かたわらのユキはちょっと恥ずかしそうにしながら手にアイスキャンディー、と思ったら、これ、ナルさんの妄想か! 全然海にいけてないんじゃん! 疲れの果てに、海いきたいなあ、ビール飲みたいなあって、想像にハマりこんでるんじゃん! いやもう、なかなかにヤバめの表紙ですよ。

今月は新規ゲストが1本です。

『ほーぷす×ハウス』。高校進学を機に、実家を出てシェアハウスにて暮らすことになった女の子、小野ひまり。移動中の電車でもお絵描きに精を出すこの子、漫画家志望? あるいは趣味で絵を描いている人かな? ひまりの新居、ホープハウスは、アパート? それを一部屋ふたりで借りることになるというのだけど、同居人は見た目にちんまりとした可愛い女の子、ハクア。この人、見た目は幼ないけれど飛び級で大学も出ている社会人。お隣の大神ヨウによると16歳なのだそう。ハクア、ひまりの荷物にあった漫画の原稿、そいつを目にして激怒? キビしくひまりを追求する、その理由はこの人、漫画の編集者なんだ。思わぬ出会いで、まだまだ至らぬひまりがハクアの指導を受けて成長していくことになるのでしょうか。いやはや、まずは優しく指導してあげていただきたいところ。なんせ、まだ夢見てるだけのアマチュアやからね?

『ぼっち・ざ・ろっく!』。ぼっちちゃん、ほんまにヤバい子やな。新しいギターを買った。宅録してるところ見てみたいと虹夏にいわれて、立合いのもと実際に動画を収録してみせるぼっち。ああ、やっぱりうまいのか。で、ここまではいいんですよ。ここからがヤバいんですよ。動画以外はやらないのかって。SNSに機材写真載せたりしたらいいねがたくさんもらえるよって、ああ、ぼっちの承認モンスターが目覚めてしまった。しかも悪いことに、もっとも悪い方向にスタンピードしてしまって、ああー、やっとこさ貯めたバイト代、20万を機材自慢のためにパーッと使い果たしちゃったのかあ。というか、どうせなら必要なもん買おうよ! でも、この暴走のおかげで、バイト続ける必然性がぼっちの中に生じたのか。虹夏、グッジョブだな。承認欲求モンスターに朗報となるのか、音楽ライターがぼっちの演奏に着目? いや、以前から知ってはいたのか。これ、この人がぼっちに、ギターヒーローか結束バンドかわかりませんけど、アプローチしてくることになるんでしょうね。しかし、そのどっちに、どんなルートから関わってくるのか、さっぱり予想もつかない。いや、テキトー取材から? ほんと、ろくでもない初対面になりそうな予感しますよね。

『私を球場に連れてって!』。今回は年下組の話だ! ホルスタインズは弱いってクラスの男子からからかわれて泣いちゃったくれあ。しかしなにが酷いって、猫子ですよ、ホルスタインズの数少ない長所を突きつけて論破だって、そこでわざわざ数少ないっていっちゃう!? しかもくれあ、弱いのは事実だからとそこは素直に受け入れてるんだ。ホルスタインズ、ふんだりけったりじゃん。でもってくれあ、選手でもって妄想する系ファンなのか! 野球って、いろんな楽しみ方があるのだなあ。ここからの展開、猫子の家に皆で泊まってホルスタインズ対タイタンズの3連戦をテレビ観戦するというの、猫子の面倒見のよさ? いや、野球となると他チームでも放っておけない? どうもその両方っぽいのがいかしますね。テレビ観戦中の猫子がすごい。リモコン常に操作して、あらゆる試合をチェックするの? 飯能名物野球モナカ、こんなのあるのん!? めでたい時にしか出ないって猫子がいってますけど、これ、猫子が同年代の友達連れてきたこと、お母さん本当に喜んでるんだなあ。今回、まだ前半戦なんですね。続く2試合目、3試合目がどんな結果招くのか、試合結果という意味じゃなくてね? 楽しみなんですね。

2019年8月18日日曜日

2019年8月17日土曜日

天気の子

 話題の映画『天気の子』、見てきました。最初は見るつもりはなかった、というか、すっかり映画館にいく習慣がなくなってしまっていたので、気にはしつつ見にいかずに終わるパターンかと思っていたのですが、ちょうど公開前日ですね、NHKの朝の番組で新海監督のインタビューやってるの見て、こいつは見にいくかあってなった。翌日公開初日の朝一の回、いい席があいてるの確認して休みをとって予約完了。かくして期せず熱心な新海誠ファンのような行動とることとなってしまったのでした。

インタビューで監督が、前作『君の名は。』では怒られた、みたいなことおっしゃってたんです。それ聞いた時、ああ、あれか、揺らしたとか揉んだとか、あれか! と思ったのだけど、あれ? そうじゃないんだ。なるほど、『君の名は。』は災害の被害をなかったことにしてしまう映画だっていう批判があったんだ。いろんな批判があったのだなあと感心しさえしたのだけど、でも『君の名は。』という映画は、災害の被害をたとえ奇跡にすがってでもなくしてしまいたいという気持ちが視聴者の共感を呼んだところもあったのではないか? あたり前に思っていた平穏な日常を破る災厄に直面し、もし時を距離を超えることができるなら、災厄こそは避けえなくとも、救える命もあるだろう。かなわぬことと知りながら、被害をなかったことにしてしまうことを夢想することはあるじゃあないか。

私は『君の名は。』に、そうしたかなわぬ切望を、たとえ物語の中だけでもかなえたいという、祈りに似た思いをさえ感じた。そしてそれは『君の名は。』以外の同時期の映画にも感じることがあって、ああ、その深さこそは違っても、誰もが同じ傷を抱えている、そんな思いに涙したこと、しばしばであったのです。

監督はインタビューで、前作ではたくさん怒られたから、新作はもっと怒られるような映画にしようと思ったとおっしゃっていて、そうか、めちゃくちゃ揺れるのか! これでもかと揉みまくるのか! いやいや、そちらじゃないですよね。災害をなかったことにしたといって責められたことへのアンサーとして、今度はなにをどう描くのか。俄然興味が出てきて、これは見なければなるまい、その思いに背を押されたのです。

見終えて、いろいろ思うところはあったけれど、例えば盛り上がりやダイナミックさは前作が優るなあ、みたいな感じのこととかね? そして本題、より怒られるラストの展開、主人公の選択というべきかな? それについては、むしろいいじゃないの! というのが私の素直なところでした。それこそ、あの選択以外だったら、皆のために我が身を犠牲にするなんてラストだったら、私は憤慨して劇場を後にしたと思う。

これ、ちょっと前にテレビでやってたアニメ『どろろ』が似たような問を内包していて、多くの人の生活の安寧と百鬼丸個人のしあわせ、その相克を突き付けて、さあ主人公はどちらを選ぶべきなのか。『天気の子』も、多くの人の生活の安寧と個人のしあわせを天秤にかけさせて、どちらかを選ばせる。生活の安寧とはいってるけれど、あれ、結構な大災害だから、描かれてないところでとんでもない被害が生じているはずで、その被害を奇跡の力でもってないことにしてしまうべきか、奇跡に求められる代償を支払わず出るとわかっていた被害を甘んじて受け入れるべきなのか。

新海監督は意地悪だなあ、みたいにもちょっと思ったんですよ。この問は、おそらく前作で被害をなかったことにしたといって怒った人にこそ効く二者択一だと思ったんですね。これは私の想像ですが、国家や社会のために個が犠牲になるなんてもってのほか、なんて人が怒ったんじゃないかなって思う。なので今回は、その信念ゆえに、ほら今度は被害をないことにはしませんでしたよ? って結果を突きつけられるはめになって、お望みどおり? わからないけどさ、やっぱ意地悪だよなあって。

私が、このラストに満足したのは、まさに私自身が「国家や社会のために個が犠牲になるなんてもってのほか」と思う人間だからです。映画の途中、まさか新海監督、今回は皆のための犠牲を出して、その苦さ悲しさでお涙頂戴なんてやらんよな? そんなこと思ったりしたからね、それだけに、やったぜ、やっぱそうこなくっちゃな! でしたよ。また、この大災厄に対し、人がどうこうできる領域を超えた現象だと、大きな自然の理のうちなのだと、そういう話がされたのも嬉しかった。このあたりは監督の優しさなのかも知れないし、あるいは素直にそういう考えの人なのかも知れない。どちらかはわからんですね。

ともすれば、全体の利益のためには個の権利など尊重されるべきではない、そんな考えが幅をきかす感さえあるこの頃。ところが『天気の子』は軽々と、世の中なんて知ったものか、自分の大切なものを選択していこうぜと、見事なストレート球投げ込んできてくれて、実に痛快でした。

帆高と陽菜の選択に、それで正解、最高だったよ! といってあげたい、そんな気持ちが残る、すがすがしい映画でした。

  • 新海誠『小説 天気の子』(角川文庫) 角川書店,2019年。
  • 新海誠『小説 天気の子』ちーこイラスト (角川つばさ文庫) 角川書店,2019年。

2019年8月16日金曜日

本田鹿の子の本棚

 こんな漫画があるなんてまったく知らなかった。Twitterで流れてきてはじめて知った。僧兵の亡霊に復讐すべく立ち向かう耳なし芳一のバトルアクション漫画が流れてきて、これがまたべらぼうの面白さ! うわあ、これ、続きが読みたいなあと思ったんだけど、そもそもこれ商業漫画かアマチュアが趣味で描いた漫画か、どっちなん? 時期的にコミケの戦利品かも知れないじゃないですか。いやほんと、絵だけ見てもわからない。だって、アマチュアでもめちゃくちゃうまい人いるもんなあ。さいわいタイトルが付記されていたので、『本田鹿の子の本棚』、検索してみたらですよ、やった、これ、商業漫画だ。しかも電子で出てる。もう、速攻購入決定しましたね。

この漫画、えらくややこしい構造してるんですね。思春期の娘を持つ父が、娘を知りたいがために、日々こっそりと彼女の蔵書を盗み読む。その娘の蔵書というのが、たとえば冒頭にあげた耳なし芳一バトルアクション。毎回、娘の蔵書を父が読むという体で、短編読み切り漫画が展開されるのです。

ここで面白みが分岐します。第一の面白みは、娘の蔵書漫画の奇抜さでしょう。いやね、娘、鹿の子、めちゃくちゃな奇書マニア。ほんと、人を食ったような話ばっかりで、なんでそんな展開に!? いやいや捻りすぎじゃない!? コメディ寄りの短編漫画としてもキレッキレに面白い。だって、そもそも私がこの漫画読みたいと思ったの、紹介された耳なし芳一異聞、その単体の面白さに引き付けられたからですよね。ほんと、あっちにこっちに、ジャンル、雰囲気、タッチを多様多彩に違えながら飛び回るその軽妙さ。抜群ですよ。この作者、ものすごい地力がある人だと思う。

そしてもうひとつの面白さ。父が娘の蔵書にアクセスしているという、その構造が面白い。父が娘の蔵書を読み、その父が読んでいる本の内容が父フィルタを経由しての漫画となって提示される。そして父の感想、というか本を受けての娘への不器用なアプローチをもってエピローグにいたる。この基本構造。いうならば額縁構造が、短編としてもべらぼうに面白いこの漫画にさらなる面白さを重ねていくんですよ。

あまりにとりとめなく、脈絡もない、そんなどっちらかった短編集が、鹿の子の蔵書としてひとつの軸を持つ面白さ。あまりに奇矯な娘の蔵書に触れてしまった父の戸惑いや葛藤、いや、父、あんたもそうとうな変わりもんよな? その反応の多様なことにも驚かされるし、またどうにもこうにも下手くそすぎる父のリアクション。わざとらしかったり、あんまりにもはずしてしまってたり、もうお父さん、あかんすぎひんか!? みたいなつっこみどころ? もう、本当に面白い。

さらに、このどうしようもないコミュニケーションがあるからこそ、父に対する共感? 親しみもわこうというものだし、さらにはほぼ感情をあらわにしない娘、鹿の子に対する愛着なんかも生じてくるという。ほんと、おっかしいよなあ。このキャラクターの強さ、魅力、これがまたたまらないんですよ。鹿の子の蔵書を通じて我々読者もまた、ふたりを知っていく。それはつまり、漫画を読むという行為によって、ほかならぬ我々読者も、この漫画世界に対するさらなる大枠の額縁となっているのだなあ。そんな奇妙な感触をも得る、まさに一種の奇書であります。

2019年8月15日木曜日

2019年8月14日水曜日

『まんがタイムきらら』2019年9月号

『まんがタイムきらら』2019年9月号、昨日の続きです。

『佐藤さんはPJK』。のびのびとしたいい誌面だなあ。今回の舞台は海。先に着いているであろうPJK佐藤とめい、どこにいるんだろう、千春たちが探すその追体験を「佐藤さんをSGSさがせ!!」なる企画コマにて読者もできるというのね、面白いわあ。さらになにが面白いって、PJK佐藤、いるといえばいるけど、画面には見えてへんやん! あのサメか! サメで登場か! しかもパレオならぬ鎖かたびら。重さで沈まないの!? いや、PJKだから大丈夫なのか。でもって、めい。SGSコマで変なのいるなって思ってた、それがめい。さすがだ。ほんと、流石でした。今回、皆でビーチバレー。いきなり尻目掛けてボール打ち込まれてるめいが最高でした。ここからの描写ね、変形4コマでもって、動きあり、迫力あり、そしてヴィジュアル的にも魅力を増して、ああ、いい、とてもよかったです。そうそう、最後のね、負けた千春とめいの苦悩、それ、ふたりにかかる負担、ちゃんと軽減されるの、あれ、なによりでした。後味悪くならないようにしてくれている。いい漫画です。

城下町のダンデライオン』。アンジェリカ編、エピローグでした。父との約束を果たさんとするアンジェリカ。再度日本への留学を決めて、しかしアンジェの記憶にはもう茜は存在していないというのですね。父を助けるための対価、それが茜との記憶だった。彼女にとって重みのある、大切な大切な茜との記憶。それが失われて、また最初から積み上げることとなるのでしょうか。自分のことを忘れてしまっているアンジェを受け入れ、何度でも友達になるという茜の思い。温かみあって素晴しく、それだけに失われたものの大きさ、寂しくも思うのですね。と思ったら、まさかあのラスト。目に涙をこぼさんばかりに湛えたアンジェと茜のあらためての再会。おかえりの言葉。ああ、いいしめくくりではありませんか。これは、ちょっとした奇跡なのかも知れませんね。

My Private D☆V、『マギアレコード』の富士フジノです。D☆Vポイントは、ボーイッシュな子の『女のコ』な顔+セーラー服!! なのだそうですよ。イラストは、セーラー服の女の子、ショートカットで、快活そうな、そんな子が、ちょっと顔を赤らめまして、手でもって表情隠そうともしてるのかな。なるほど、これが『女のコ』な顔、であるわけですね。ふと見せる本心とでもいうのか、普段隠されているソレが垣間見えてドッキリ、そんな仕掛け、効果もあるのでしょうね。こういう爽やか系の女子、ハンサムガール? 好きですよ。

2019年8月13日火曜日

『まんがタイムきらら』2019年9月号

『まんがタイムきらら』2019年9月号、昨日の続きです。

『一畳間まんきつ暮らし!』。グアム旅行編ですよ。宮殿みたいな別荘に招かれたと思ったら、なんとこれ漫画喫茶なのか。一畳間なんてサイズじゃないよなあ。しかしこれ営業してるの? と思ったら、なるほど収納庫、書庫ですか。皆で黙々と漫画を読む図。ここからどうやって下の水着シーンに!? と思ったら、素直につっこみ入ってました。水着も、プライベートビーチだからと、けっこう際どい系? 見せ場をどかんと大きく見せるの、D☆Vを売りにするきららならではといっていいものか、よいアプローチでした。その後の、グアムにてオタク趣味満喫する皆の様子描きつつ、芽衣子の悩み、芽衣子の迷い、それが皆に受け入れられることでやわらいでいくプロセス、丁寧に取り上げて、ああ、グアム行、いきなりの展開だったけれど、いきなりだっただけにこうした普段とは違う様子、表情、気持ちなんかも素直に出せたのかも知れませんね。皆それぞれのマグカップ。いい話でした。

『初春が咲く』。姉の卒業、そして旅立ち。ナーバスになっている柚子、そして父の様子がしんみりとさせて、柚子なんかはねあんまり気持ちを感情をあらわにしていないというのに、こんなにも伝わる。とてもよかったですよ。しかし、ダンボールに入ってる柚子、さらにそれにつきあう姉、絵面的にも面白かったなあ。この、つきあってくれるというのがいいですよね。言葉にせずとも、ただ同じようにして、ただ隣りにいてくれる、それだけで気持ちのそっと落ち着いたり、安心したり、わかりあえたり、そういうこともあるよねって、そんな気分にさせられたのでした。そして最後の柚子ですよ。ああ、気持ち、切り替えていきましたね。最後のページ、あの写真、しんみりとさせられつつも、気持ちのいい笑顔。ああ、ここにも心情、溢れていますね。

『みゃーこせんせぇ』。最終回でした、はいいのだけど、また無茶な展開ですよ。時は令和百年、って、えらい長く続いたもんだなおい、夢オチ受け入れる準備はできたぞおい、そう思って身構えてたら、違うんか、不老不死の確立された世界なのか。でもってそれが美夜子の仕業。いやもう、とんでもないことになった。怪我も病も怖くない、不老不死どころか若返りだってある、それこそ夢のような時代の到来。あの時、学校で、保健室で一緒に過ごした皆も、あの時のまま再び集まって、この代わり映えのしない、けれど社会も時代も前提も、根本から引っくり返る勢いで全然違っているという最終回。人を食ってる、みたいにいってもいいのかな? でもこの感触こそがこの漫画のらしさとも思えるんですね。ええ、見事に完走してくれた、そんな風にも思えてくるくらいでしたよ。

2019年8月12日月曜日

『まんがタイムきらら』2019年9月号

『まんがタイムきらら』2019年9月号、一昨日の続きです。

『トールさんの通り道』。めちゃくちゃ面白い。そして、日本ではわりと下級扱い、最弱扱いされがちなスライム系モンスターがやたらめったら強くって、いやもうこのゾッとさせられる感覚。すさまじかった。だって、あのモンスターが跋扈する森に暮らす経験豊富にしてしたたかそのもののトールさんがですよ、油断した一瞬、自分の姿を模した異形に、すぐそば、手の届く距離にまで踏み込まれていて、なすすべもなく食われるっていうんだから、もうおそろしい。これ、相手が知性を持ってたから交渉でもってなんとかなったものの、状況次第では全滅エンドだった……。この一歩間違えば大惨事といった状況からの思いがけない打開、見どころいっぱい、大満足のエピソードでした。

『下を向いて歩こう』。前回仲間(?)に加わったすさみん。さっそく本格的に行動ですよ。臨海浦とやらにいきますよ。自分の提案にすさみんが見事な理解を示してくれるもんだから、硝子、嬉し涙に泣きくれる。臨海浦はちょっと遠いから、うちのレンタサイクルを出すという硝子、母に友達と出かけること電話で伝えたら、今度は母が涙ですよ。どんだけなのか。どんだけ硝子、友達がおらんかったんか。自転車を借りにいったら、もういたれりつくせりのサービスに、いつまでも見送る母の姿。本当に面白かった。今回はいろんな石を拾います。けどこの浜でメインとなるエピソードは次回なのかな? でもって、いずれすさみんの家、串本にいきそうな布石うってますね。いつか憧れの浜、オゴクダにてテンションあげる硝子、見てみたいものです。

『夢見るルネサンス』。扉で桃花がかかえてるツチノコぬいぐるみ、可愛いなあとか思ってたら、本編に出てきた自室はツチノコ枕に、モスマン、チュパカブラぬいぐるみとマニアックなものに溢れていて、さすがですよ桃花さん。リーチャとひよりが一緒にサンドイッチ作って、今日はピクニックですよ。桃花がリーチャのサンドイッチを気にいって、ずっともぐもぐしてるのが可愛いやら面白いやら。今回は、桃花がレンと仲を深めて、UMAが好きな桃花の、好きを貫く覚悟みたいのが語られたりね、キュンプリが好きなレンの背も押したりといったところ描かれて、ああ、桃花とレンの関係、それが知人から友人になる、好きを貫く同志になるステップだ。なかなか距離を縮められなかったふたり、それがこうして打ち解ける、その様子、とてもよかったです。

2019年8月11日日曜日

ガダルカナル、信濃のドキュメンタリーが充実していたので今日は休みです

ガダルカナル、信濃のドキュメンタリーが充実していたので今日は休みです。

2019年8月10日土曜日

『まんがタイムきらら』2019年9月号

『まんがタイムきらら』2019年9月号、昨日の続きです。

今月は新規ゲストが1本あります。昨日、とりあげるの忘れてました。

『ゆえに、アイドル革命』。地道にデパート? 屋上でライブ活動を続ける駆け出しアイドル3人組、CHU♥IN GAM。しかしあまりに売れないため、プロデューサーともに異動が申し渡される。しかし異動って? アイドル部門以外もある、大きなプロダクションなのかな? と思っていたら、まさかの異世界。って、島流しとどう違うん!? ともあれ、かくして異世界に旅立てば、そこは人里離れた山の中。眼下に城壁に守られた都市を見下ろして、そしてそこに現れたモンスター、まさかそれがプロデューサーだというのですね。モンスターのいる世界。また魔法を使う少女も現れて、いよいよ穏かじゃない状況に追い込まれていく。この子たち、この世界にてファン100万人を達成しないことには元の世界に戻れないそうなんですが、テレビやラジオに類するメディアはあるのかな? あの都市が100万都市ならともかく、そうでないなら一生無理じゃない? なんて思わされた第1回。いわゆる異世界ものみたく、彼女らにチート能力みたいなのがあるのかな? ないと、ほんと、帰れないよね。

『星屑テレパス』。海果、さらに友達増えましたね。以前から話しかけてくれていた宝木遥乃。けれど海果はちゃんと返事ができなくて、それを結構苦に思っていた。変わりたい気持ち、ユウの助けになりたい気持ち、でもそれができない海果の苦悩。わかると思うところあり、どんどん落ち込んでいく彼女の気持ちに、頑張って、なんとか盛り返してと、応援したく思うところもあり、だからこそでしょうね、言葉にならない説明で、必死にユウのことかばおうとする姿、これに心揺れ動かされるんですね。この海果の頑張りがきっかけになって遥乃が友達になるの。ああ、遥乃もちょっと変わった子だ! すごく感動屋、表現がとにかく詩的で、大げさで、キラキラと、うっとりと、夢を思いを語るその姿、なんとまあ魅力的! そんな子が、海果と、ユウと手をとりあって、もうね、素敵な出会い、素敵な情景でした。なんかね、前向きになれる、明るくなれる、そんなエネルギーがありますよね。

『スロウスタート』。なんだこの扉絵! ともあれ、ある朝、クラスに現れた美少女。皆が誰? とかいってるんだけど、たまてやん! 可愛く、そして愛らしい、我らがたまてやん! 髪をおろすと誰だかわからんレベルで印象変わる、みたいな話。そのあまりの変わりように栄依子までもが、解せんと感想を漏らす。しかし、今回の美少女たまて。髪形のバリエーションもあって、よかったなあ。いつもと違う髪形で生徒会に出向いたら、創から知らない人扱いされて、あの創が脳内で可能性を消していくくだり、面白かったなあ。創のいうこと、わかるんですよ。自分もちょっとのことで誰かわからなくなったりするからさあ。でも、この言い分がね綴を怒らせちゃうの。あの怒ってる綴、可愛いんだけど、創にとってはそれどころじゃなかったよなあ。ラストの、皆が同じ髪形、眼鏡で創を待ち構えてるところ、これがもう最高だった。でもって、知らぬところで評価があがる万年大会。思わぬ登場、これがまた面白かったんですね。

2019年8月9日金曜日

『まんがタイムきらら』2019年9月号

 『まんがタイムきらら』2019年9月号、発売されました。表紙は『けいおん!Shuffle』。ヒロイン3人、水着姿で揃い踏みですよ。中央に紫、左右を楓と真帆がかためまして、水鉄砲をかっこよく構えている。それぞれにかっこよく? ポーズをきめてね、いや、ほんと、可愛らしい表紙だと思います。しかし、紫、楓がそうなのはなんかわかるけど、真帆がノリノリなの、なんか面白いなあ。皆、眉尻をキリリとあげて、ちょっと凛々しい。それがまた素敵なんですね。

『けいおん!Shuffle』。試験結果が発表されて、紫、真帆からめちゃくちゃ熱視線受けてるのがいいよなあ。成績いいのにバカっぽく見られること気にしてる紫。でも、うどん落としたりコップひっくりかえしたり、そうしたおっちょこちょい、優等生の一般的イメージとはギャップあるよね。それゆえにいいともいえる。紫、最高ですよ! さて、今回は真帆がメインでしたか。眉間にしわをよせてしまう系女子。それが真帆。なにごとも思い詰めちゃうんだねえ。花梨がね、思い詰めの迷宮から真帆をうまく引っ張り出して、そのマイペースさ? でもって真帆を和らがせてというの、ああ、ここにまた時間をかけて理解してきた、そんな関係なんてものが見えたんですね。いいじゃないですか。和らいで、それで一山超えて。真帆のペース、真帆のスタイルなんてのも見えてきましたね。

『むすんで、つないで。』。ああ、よかった。花ノ子のご両親、行方不明だった娘が無事帰ってきて、そりゃもう嬉しかったろう。なぜか5年の月日を飛び越してしまっていた、そんな不思議はあれど、娘の無事に比べれば小事だよなあ。ほんとよかった。ご両親、よかったなあ。そしてつなぐも。まだまだ混乱している花ノ子ではあるけど、だんだんに日常に復帰していくことになるのだろう。学校にもまた通えることになって、あれ? そうしたらどっちに通うの? 戸籍上の年齢で高校? それとも失踪時点の年齢で小学校? ああ、小学校なんだ。でもって妹の白百合と同級生になるのか。この妹もまた個性的で、なに考えてるかようわからんというか、でも、ちゃんと花ノ子のことフォローしてくれるみたい。この子もこの子で利発系なのかもなあ。そして最後に登場した、同じく神隠しにあったという女の子。薗部苺。え? 薗部? なんか素敵な響きよ、薗部。ともあれ、この子がどう関わってくるのか。そしてつなぐと花ノ子の結びつき、それは今後描かれるのか。関係があっちにこっちに広がると、ちょっと収拾つかなくなりそうだもんなあ。つなぐ、好きなんで、この子もいっぱい出てきてくれると嬉しいんだけど、まずは薗部、いや、苺ですね。この子、なんか可憐だなあ。

『海色マーチ』。ああ、よかった。いや、ほんとですよ。海の事故なんてまっぴらですよ? 珊瑚とわかれてひとり海に出たあまねですよ。基本、ものごとを舐めてるよね? 今回も、危ないからと珊瑚に禁止されてること、よりによってひとりの時に、いや、ひとりだからこそか、やらかしちゃって、しかも注意力散漫で、一歩間違えたら海の藻屑になるところだった。これ助かったのは神さまのおかげ? いや、事前に離岸流の存在とその対処法を教えてくれていた珊瑚のおかげか。ほんと、結果オーライだけど、帰ってこられてよかった。この危なかった経験、一歩間違えたらマジ死んでた経験を経て、あまね、もうちょっとだけでも思慮を深めてくれるとよいなあと思う。ほんと、海の事故とかまっぴらなんで。安全確保して楽しく海遊び、あまねさんにはそんな女の子になっていただきたいところ。うん、あまねの成長うながす機会になってくれたら嬉しいです。

2019年8月8日木曜日

『まんがタイム』2019年9月号

『まんがタイム』2019年9月号、昨日の続きです。

『テレパス皆葉と読めない彼女』。皆葉が女子生徒から弁当を作ってもらっている! それで妹たち、兄貴がESPの実験台として狙われてるんだ、ってすごい発想だな。この妹たちの矢ケ崎へのコンタクト。こっそり物陰から観察して、そうしたら見失ったり熱中症寸前になってしまったり。そこに矢ケ崎から接近してくるの、あの向こうからきちゃった! という焦りや圧迫感と、その後の助けられて疑ってた気持ちもすっかり晴れる描写、たいへんよかったと思います。妹ふたり、矢ケ崎のこと気にいりましたね。そして矢ケ崎も助けたふたりが皆葉の妹と知って、ああ、あの納得して、ちょっと理解してという感じ。これもまたよかったですね。

『良倉先生の承認欲求』。ほんと面白い。今回はまさかの恋愛相談ですよ。古岩部長が星畑のこと好きなんじゃないかって良倉に相談してきて、しかし良倉、軽く認めちゃうんですね。このあたり、ちゃんとした大人なんだなあって感じる。古岩のこと、よーく見て、その気持ちの動きもしっかり受け止めた上で、好きと折り合いがついたならその気持ちを尊重した方がいいと、わりと強めに後押ししていくの、すごいなって思いました。自分の後悔? もう取り戻せない青春の輝き? それをもって嫉妬で古岩の足を引こうっていうのじゃなく、むしろ若い人の可能性を受け止めて見守って、導こうとする姿、ああ、立派じゃない! それに加えて、良倉のSNSでのふるまい。貪欲に承認を求めていく理由、この人がなにに満たされていないのかも見える良エピソードでしたね。

『抜けだせ!ぼっち!』。面白い。学童保育のボランティアをすることになった八重樫明子。子供たちからはガッシーって呼ばれてるんだ。そんな明子の子供たちから学ぶいろいろ。遊びにまざりたくてもどうしたらいいかわからない子の気持ちに共感。そこからのサポートは上級生のゆうりがうまいことやってくれて、なるほど、そっとうながして、自分からアクションおこさせるんだ。この一件で、ゆうりが明子から師匠認定されるのがおかしい。さらに明子の大学でのアクション。これうまくいくかな? そう思わせて、ああー、駄目だったかあ。そんな明子のゆうり師匠へのヘルプ。これ、ほんとに面白かった。これ、師匠にも重荷じゃない!? でもなんか、明子とゆうりの距離、いい感じに縮まった、そんな感じしますよね。

『午前0時のおねだりごはん』。米沢、結構厳しい先輩なんだ! と思ったら、失敗した後輩には内緒で、しっかり失敗のフォローすべく奔走していた。この一部始終を知った牛喰。米沢の願掛けのおねだりを受けて、なるほど、隠れてフォローするその行動を受けて、隠し味をテーマに夜食を作るっていうわけですか。仕事の情景を描いたうえで、そこにからめて食のテーマが設定される。無関係に仕事、夜食となるんじゃなくて、そこに繋がる一味があることで、立体感出てきますよね。食事しながらの牛喰と米沢の会話も気が利いてて魅力的でした。ところで、米沢からのお返しさせて発言。これはなにかさらなる動きが? 牛喰、大変に喜ばされることになったりしちゃう!? 実に気になる、そんな引きでしたよ。

2019年8月7日水曜日

『まんがタイム』2019年9月号

 『まんがタイム』2019年9月号、発売されました。表紙は『おとぼけ部長代理』。虫取りに興じる代理だけど、頬をクワガタにがっちり挟まれて、ああ、痛そうだあ。しかし代理、少年みたいな出で立ちですね。『花丸町の花むすび』、花子も虫取りですよ。捕虫網に虫カゴ持って、まあ、ほんと見事に元気はつらつで、この人も少年みたいな出で立ち。この人はこういうの似合うよなあ。『レーカン!』天海さんも虫、ではあるんですが、幽霊? 鬼火? の蝶がひらひらと舞っている。天海さんが笑顔見せてるから悪いものではないのだろうなあ。こういうのもまた夏らしい風物でありますね。

『茨城ってどこにあるんですか?』。今回は多恵の家に鈴子が訪れて、しかしこれ、予定された訪問とかじゃないのか。常磐線が止まった。そうなるともう東京には戻れないっていうの、あらまあ、複数の経路がないとこういう時、困るよね。復旧まで3時間と聞いてショック受ける鈴子の表情、その気持ちよくわかりますよ。鉄道止まった! ってなると、どうしよう、どうやって帰ろう、めちゃくちゃ焦りますもん。しかしこのトラブルが多恵の家、高橋家への訪問を実現させて、そこでの会話、おだやかに進むの、それがまたよかったです。森戸、いいよね。君、どんだけ多恵のこと好きなのか。そして多恵の母、登場! 多恵の東京への憧れは母への憧れなのか! そして東京への怖れも母の影響受けてるのか。そうした多恵のバックグラウンドが見えたところ面白く、そして多恵の母のオフモードが素晴しい! そしてここから鈴子、高橋家宿泊ですよ。今回、いつもより慌てたり焦ったりの鈴子、いろんな表情が見えたのもなかなかによかった。常磐線動いてます!? のくだり、かなり可愛かったです。

『瀬戸際女優!白石さん』。母とあって話をしている白石。似てないようで似ているふたり。これ、昼から酒? 朝から酒? の母の行動、白石はこういうのを見て自身を戒めてきたりしたんだろうなあ。なので、いろいろ違ってきている。でも心情とか人情、そういうところは似ているということ、少ないページ、少ないコマで一気に見せるの、効果的でした。そして母が倒れたとの一報。ああ、冒頭の対話はここに繋がるものだったのか。母のことはマネージャーに任せて、仕事を優先した白石。けれど内心、かなり迷っていた、心配していた、それがしっかり読み取れて、真島監督のはげましなのかなんなのかわからないくだりも、面白み添えながら白石の内心を垣間見せてくれるよい描写でした。そしてラスト。仕事を優先したことを母から褒めてもらえた白石だけど、全然そうじゃないっていう本音を押し出してきた、ああ、これはいい。すごくいい。ええ、この一コマで白石がどういう人であるのか、よりはっきりと見えた。いいエピソードでした。

『ハニトラなんか怖くない!』。綾小路、女子社員から大人気か! いや、以前から評価されてましたよね。さりげなく親切で、さりげなく距離をとったり視線をはずしたりしてくれる、そんな紳士な綾小路の振る舞い。見た目にも優しそうだし、根がよさそうだし、そんなやつがセクハラぎりぎりを攻めてくるようなやつから必死に守ってくれたんでしょう。そりゃ人気でるわ。でも、そのせいで山田さん、気が気でない? かなり警戒モード。しかしそれにしても、綾小路が紳士的(に見える)からって、着替え中の女子社員がいる更衣室に引き込もうっていうのはまずいよ! ここは山田さん、ナイスサポートでした。今回、ちょっと強引な女子社員たちと、彼女らから綾小路を引き離そうとする山田さんの攻防、それが面白かったり頼もしかったりで、そしてここに再び本社の佐藤さん! 山田さんを狙うとかいっちゃって、それをね、本当は誤解なんだけどね、山田さんはぜったいに譲らないって、綾小路のその言葉、山田さんにクリーンヒットじゃないの! 素晴しかった。そうか、やっぱり山田さんは綾小路のことを好きなのだね? 素直にそう思ってもいいんだね? そしてさらに綾小路にふりかかる受難、女難? 取引先の手強そうな女性の登場予告ですよ。ここでも山田さん、活躍するのかな。あるいは綾小路の勘違いが功を奏すのかな。もう、ほんと、楽しみにさせられっぱなしです。

2019年8月6日火曜日

『まんがタウン』2019年9月号

『まんがタウン』2019年9月号、昨日の続きです。

『3人よればっ!』。丁寧な展開、筆致で、この漫画、実にいいですよ。浴室掃除の当番、一緒に掃除していたのだけど、まさかそこで喧嘩が勃発、それぞれの性格の違い。気になるところがあっても直接指摘できるほどにまだ打ち解けておらず、かといって後で掃除をやりなおしたら嫌味みたいに受け取られて、そのすれ違いよ。サナとチカの仲違い。ミオ、とりあえずその場を収めはしたのだけど、それがふたりの謝るチャンスを潰してしまった!? このコミュニケーショの難しさな。サナもチカも失敗したって思ってる、仲直りしたいって思ってる。その仲直り、ミオがしっかりとりもったのね、怪我の巧妙なんだけどさ、これ、ほんとうまい展開、いい流れだと思いました。あの、ピンチがチャンスに!? っていうの、ほんと、どうとりなしたらいいかと思い悩んでたモヤモヤ、一気に吹き飛んだもんね。素晴しかったです。

『レトロゲーとかマジウケる!』。よしおじ、美咲と運命でつながってる!? 旅行? に出たら、そこで美咲たちと遭遇。修学旅行だっていうんだけど、狙ってなくてこれなら、ほんと運命だね。といっても、姪だからなんてこともないんだけど、とか思ってたら、美咲のこと好きっぽい男子がきた! 犬飼ケンゾー。こいつ、いつも美咲がよしおじのとこにいくもんだから遊べないっていって、逆恨み? いやシンプルに焼き餅だな。このギャル男? 最初どうなるの? とか思ったけど、ゲームで対決して、なんだかんだで楽しくなってるっぽいっていうの、面白かった。うん、これ運命だな。よしおじ、ケンゾーと運命で結ばれたんだよ。今後はケンゾーもよしおじに絡んできそうですね。どんな絡みかたしてくるのか、ちょっと楽しみですね。

『平日休みの堀出さん』。妻と夫、同じ日に休みがとれたらアグレッシブに遊びまくるのがならい、というんだけど、今回のテーマはショッピングモール。ほー、普通に買い物かあ、とか思ったら全然そうじゃないのがものすごい。というか、目的と手段が見事に入れ替わってるよね。一日かけてショッピングモールを目指すというの、その行程こそが目的になって、ショッピングモールは通過点みたいになってるやん。途中で目的変更、ショッピングモールめぐりになるのもおかしくて、あんまり普通の客と視点が違いすぎるから他店の視察と勘違いされたり、で、なに、入ってる店舗でビンゴやってるの! よくそんなの思いつくなあ! このなんでもない日常の風景の代表格とでもいえそうなショッピングモールでも、こんなに特別なイベントにしてしまうふたりの発想は鮮かで、そして日常のような非日常のような、特別なことをあえてしない楽しさとかね、やっぱりなんか違うんですね。なんだろう、異化ってやつなんだと思う。普通が普通でなくなって、けどそれがまた普通を際立たせてという視点の切り替わる面白さ。ああ、これもまたひとつのインスタレーションでありますね。