2020年4月30日木曜日

『まんがタイムきららキャラット』2020年6月号

 『まんがタイムきららキャラット』2020年6月号、一昨日の続きです。

『恋する小惑星』

イノ、イヴコンビ、ふたり受験勉強しつつも、受験一色ではない生活送っているんですね。イノは避暑地マップ作ったりイヴは学校新聞の記事を書いたりと、こうしたのびのびしたところ、この子たちらしくていいですよね。と思っていたら、まさに今回はそういう話でありましたか。イノの幼馴染みの女の子、和泉京子。生活を受験一色にしちゃってる!? イノともなんだか距離とっちゃってて、このふたり、いったいなにがあったのだろう。なんて思わされたのでした。

イヴがふたりを復縁させるべく策を講じてくれるっていうんですね。しかし、京子を呼び出すの、まさかの脅迫! 君、まだそんなことやってなさるのか! でも、実にイヴらしいと思います。そしてイノ、京子を伴って、ふたりの思い出の場所、三県境! こういうのあるんだ! そこでイノが楽しそうにしている様子。イヴが、こうしたイノの様子に加えて、部に趣味に受験にと、多面的に頑張っているということ伝えてくれているのがね、よかったと思ったんですね。イヴ、イノのことをよく見てくれている。もしかしたら今回の計画も、イノがただ子供っぽく好きなことばかりやってるみたいに思われるのが面白くなかったからなんじゃないかって思えたりもしてね、そしてこの策が京子のかたくなさ、少しやわらげていたというところもまたよかった。あのままじゃ京子、なんかつぶれちゃいそうなあやうさありましたものね。イヴ、いいことしたんだと思いますよ。

『ブレンドS』

ひでり、イメチェンするんだ。のっけからなんか不遜なこといってるわけですが、ただ可愛いだけじゃない、プラスアルファが欲しいというの。農業でいいじゃないかって美雨にすごい表情して返すひでりがすごかったです。君、可愛いがアイデンティティじゃなかったのか。

男の娘ではなく男の子として活動してみたら? その案をとりあえず採用してみたひでりですが、うーん、正直あんまり変わってない? ショートパンツもエプロンで隠れてる部分多いから、そんなにスカートと違わん感じがする。でも、読み進めてみれば、ああ、この子、ちゃんと表情いろいろ違えてるんだ。なんかいつもよりゴリッとした感じになってる。

とか思ってたら、本当にゴリッて感じにするのズルい。

ともあれ、なんか迷走とかいわれちゃってたひでり。結局迷走は続くみたいですけど、このいろいろ試してみるというの、それこそ周囲が許してくれるならなおさら、いいことなんじゃないかなって思ったのでした。なんなら、ひでり以外のキャストも新たな可能性にまたあらためてチャレンジしてみてもよいのでは? なんて思ったりなんかして。ええ、ホールスタッフとして演じているキャラクターと、本人の素のキャラクター。その違い、多面性は間違いなくこの漫画の魅力になってますからね。その多様性の幅をまたちょっと広げてみせたらどんな感じになるのかな? そんなこと思ったりしたんですね。

『紡ぐ乙女と大正の月』

先月いってました心配、当たってましたね。唯月に届いた父からの手紙。いかにもやばいのではないか。下手したら唯月の嫁入り話まで視野に入ってくる……。そう思っていたら、本当にそんなことになってしまって、ああ、紡がきてから唯月が変わったこと、父の耳にもはいっていたんだ。素性もわからぬ人間にたぶらかされた。唯月の自由に振る舞うことが家名に傷をつける。それで紡はこの家から追い出され、唯月の縁談も卒業まで待つ約束だったのが反故にされてしまって……。ああ、えらいことになった。でも、これ、どこに打開の目があるというんだろう。紡の未来人であるということが生きてくるのか。時は大正十年、大震災は2年後に迫るもまだまだ先のこと。震災が打開のきっかけとはなり得ない! ええ、この状況、絶望的でさえありますよね。

末延の屋敷から追い出されて、銀座をうろついている紡を助けてくれたのは旭でした。唯月が旭に連絡してくれてたのか。ここでね、あれだけ紡のことを煙たがっていた旭が、紡にエールを送ってくれたの、それがよかったなって思われて、紡、唯月のことを変えたわけだけれど、旭にも影響を与えて、皆をそれぞれに変化させていたのですね。唯月の父からしたら悪い変化であろうけれど、今の時を生きる彼女らには悪いなんてあろうはずがなかった。それがはっきりとさせられたの、感動的であるとさえ思いました。

そして紡、末延家に帰宅、というか侵入? 唯月の前に現れて、さあどうなるのでしょう。どう切り出すのでしょう。これ、紡にも唯月にも、そして旭や初野にも、いい結果となればいいですね。

『アニマエール!』

こはねのチア友達、小学生のありすちゃんから頼まれて、入院中のお友達にあいにいくことになりました。最初はこはねだけのつもりだったんだろうけど、皆に話したらチア部の全員でいくことになるというの。ああ、実にこの子たちらしいって思われたのですね。

しかし、こはね、ありすの友達、あこのお母さんから大きめの小学生? とか思われてたのおかしくって、でも花和を見てすぐさま認識改める、その切り替わりも実に面白かったです。

あことお菓子を食べたり皆で遊んだりして、この子を元気づけるというミッション、達成かな? と思ったけど、やっぱりチアは見せるんですね。ええ、こうでなければ、そう思わせる見せ場になっていたと思います。ちょっとひづめが躊躇見せてたりするのも面白い。躊躇せず思いっきりやってるこはねのくったくなさ、のびやかさがより一層にひきたてられていたと思います。

しかし、あこの追加のお願い。手術の日についていてほしい。これが大会の日とバッティングするというのですね。はたしてどう折り合いつけるのだろう。ベーブルースの逸話、伝説みたいになるんかな? 

2020年4月29日水曜日

『まんがタイムオリジナル』2020年6月号

 『まんがタイムオリジナル』2020年6月号、一昨日の続きです。

『ローカル女子の遠吠え』

今回は食器の話なのか。機能しか追わないりん子。めっちゃこの人らしい! でもって江崎さんはパンのシールを集めてもらえる皿。集めるのが好き? これもまた機能性? と思ったら、投げられても割れない……。闇が、闇が見える……。

いつもニコニコしている、包容力もある、そんな印象の江崎だけど、歩んできた道のりは結構な修羅場続きであるっていうのが微妙に笑いづらくなるこの人のチャームポイントですよね。独身、既婚、妊娠、子持ち、バツイツ、いつだって生きづらさがまつわりついてきた。ああ、生きるってことは苦しみなのですか!? と天を仰いで嘆きたくなるような話ですけど、でも、実際そうしたものなのかもなあ。結婚できないことが苦しみである秋津も、その苦しみがなくなればまた違った苦しみに直面する。人はいつだって苦しみとともにあるのだ、そんな人生観が通底している、そんな漫画なんですが、だからこそ時に描かれる今の楽しみ? 変わっていくなかで広がる視野のようなもの描かれると、しみじみ利いてくる。そんな風に思えるのかも知れません。

今回ちょっと面白かったの、静岡の家康に関わりない文化というの、登呂遺跡とりん子がいうの、あー、そら確かに関係ないわ。この目のつけどころ、さすがでした。

『カントリー少女は都会をめざす!?』

今回、八重とみなちゃんの友情? それがほんとよくってね、期間限定のシェイクを飲みにいったふたり。限定をいかにおいしく味わうか、そんな談義にふけるんですけど、一緒に誰と食べるかでも変わる。八重と一緒だといつも以上においしい! 私もっ!

素晴しいと思った……。

ともにシェイクを飲み、笑顔で向きあうふたり。

素晴しいと思った……。

今回、都会だと緊張して味がわからないといっていたみな。基本ネガティブさが目立つこの子だけど、自宅付近、自然の中だからいつもご飯がおいしいんだっていうの聞いた八重がいうのですよ。前向きみなちゃん。ええ、こういういつにない明るさ、ポジティブさ見せてくれたこと、大変に嬉しく思ったのでした。

今回、いろいろあったけど、都会愛にやたら早口になる八重とかね、それも可愛かったのだけど、最後に大河さん呼び出してというの、やっぱり気の置けない友達と一緒にいるのが一番楽しい、そんなこと思わせてくれる展開。とても魅力的なエピソードでありました。

『僕は女心なんて知りたくない』

最高だと思う。独身女性の心の声が聞こえる春喜。彼の周囲にいる女の子たちの、たくましさ? 容赦なさ? それらが実に面白いわけですが、今回登場してきた女の子、古寺。姫谷の後輩、可愛いと評判の1年生。この子がまた個性的というか癖があるというか、最高に面白くって、この漫画の魅力増さしめてるなあと思ったのです。

先生から頼まれた仕事、その助っ人として佐藤を呼んだら姫谷の作業効率があがる。高瀬もくる。野尻もくる。そして古寺がやってきて、ここからが本番。一気にエンジンかかった感があったのです。

古寺も佐藤狙いかと高瀬が牽制にかかるかと思ったら、肝心の佐藤はいつものとおり春喜にべったりで、そして明らかになる古寺の真意。姫谷狙い! 春喜のこと誤解してめっちゃ攻撃してくるところとか、もう最高で、でもって望美の店にいってからも、ほんと気持ち、思いのすれちがいが面白いといっていいのか気の毒といっていいのか。でもって、望美が古寺の姫谷に向けた思いに気づくというのね。春喜がいうじゃないですか、望美の妄想の的中率コワイって。ということは、やっぱり春喜×佐藤も的中してるんですよ! 春喜、もう観念しちまえよ! いやもう、このくだり最高ですよ。

最後にね、春喜がひとつ思い違いをしてるんですよ。片想い地獄。自分は蚊帳の外だなんて思ってるけど、違うよ? 違うからね? 佐藤の気持ちに君が応えないかぎり、片想い地獄の終点は君なんだからね? いやはや、面白くなってきました。ますます面白くなってきましたよ。

『とびだせT.O.Z』

兄貴の自虐的練習法。あれ、母の教育がもたらした帰結だったんか! 久しぶりに実家に帰ってきた兄。予選で一位をとったというのに、なかば追い出されるようにして寮に戻っていく兄。ああー、200mすっぽかし、バレてるのな。

でも、なんで母はこんなにも兄に厳しいんだろう。嫌いなの? と思ったら違うんだ。ちょっとほめると調子にのってしまう兄の性格見抜いて、つねに厳しく、つねに発破かけることで、努力させ才能を引き出そうっていうんだ。いや、厳しいお母さんだなあ。とか思ってたら、兄のトレーニングメニュー、母考案! 母が道筋をつけて兄が独自で開発とか思ったら違った。母が道筋をつけてメニューも母の発案。しかもトレーニング器具、母製作! 怖るべし母の愛とでもいうべきなのか。見放されてる? 突き放された? そう思った兄だけど、そうじゃなかった。常に母は兄の成功を思って、その努力に応え続けてたんだ。ああー、ほんと変な母だけど、その愛に間違いはないのかも知れないなあ。

そして娘に対しての言葉もね、またよかった。ちょっとコンプレックス持ってるマナ。でも、できないことを気にしすぎることないんだって、ただ努力するだけで、それで成長していけたらいいんだって。ちょっと涙ぐんでいるマナがね、安心したのかな、なんかよかったねって思ったんですね。ええ、ちゃんと見てくれてる人、いたんですよって思ったんですね。

2020年4月28日火曜日

『まんがタイムきららキャラット』2020年6月号

 『まんがタイムきららキャラット』2020年6月号、発売されました。表紙は『まちカドまぞく』。古きよきアメリカ思わせるポップでレトロなテイストがキュートなイラスト? ハンバーガーにホットドッグ、皆でそれぞれ思い思いに好みの食事を楽しみつつ、身を寄せ合うそこには気安い近しさ思わせて、その雰囲気がとてもいいんですね。ガーリーなスタイルのシャミ子の膝を枕に寝転がるご先祖が、ちょい悪風でいい感じ。かっこいい感じですよね。シャミ子とは背中合わせながらも、なにかと気にしてそうな桃もまたキュートでチャーミングです。

今月は新規ゲストが2本です。

『友達の攻略方法について』

リアル友人がいないという主人公。ゲーム実況中だけが素の自分をさらけだせる時間だっていうんですね。けれどそれはそれで悩みもあって、動画再生数が伸びない。固定ファンはいるんですけどね。っていう、そのファンの子が、なんと同じクラスの女の子だったっていうんですね。

実況者が主人公と気づいて近づいてきたその子。やたら熱を帯びた賞賛がこそばゆくて、いやもう大絶賛ではないですか。というか、ちょっと偏愛めいたもの感じさせて、ちょっとヤバ気ではありますね。

このふたり、友達になったのはいいんですよ。それに、再生数を伸ばすべくアドバイスまでくれるっていうのもいい。でもそこでおかしかったのが、あんだけ大好きだって熱弁してたこの子が、怒涛の批評をしてくるっていうのがすごくって、いやいやいや、君、好きだっていってたじゃないの!? いや、好きと良し悪しは別ってやつか。これ、理想的な批評家だな。ええ、あぶらみそさん、素晴しいスタンスだと思います。でもちょっと好きの度が過ぎるっぽいところ、これ、なかなかに厳しい距離感。とはいえ、はたから見てる分にはすごくいいと思いますよ。

『頭星フィールド』

偵察すべく地球に送り込まれたエージェント。人の姿に化けて、っていうんだけど、頭のまわりに輪っかがぐるぐる回ってる……。土星? なんか衛星みたいなのもあるよね。本人は完全に化けてるつもりだけど、輪っかのせいで即バレ。宇宙人好き? 未確認生物研究部なんてので部長やってるってヤバそうなのにつかまって、やたらめったら興味向けられるばかりか、いろいろビビらされて、振り回されて……。

これ、本人がバレた原因わかってないのがおかしいですよね。ジロジロ見られたの、秘密をバラされたからだって思ってるの、とんだ濡れ衣ってやつで、でもこれだけ抜けてるから、それからいろいろチョロいというのも、この宇宙人、なんだかんだで同居するのに向いてそうで、そのへん悪くないですよ。

『まちカドまぞく』

グシオン、生存!

それはそれとして、異世界が爆発して消えてしまうまえに脱出しないといけません。それでやたら桃が焦ったり、いろいろ計算あわなくて小倉もやたら動揺したりと、異世界からの脱出、なかなかにハードモードであるようです。

この計算違い。小倉の計算誤差とかなのかなと思ってたら、まさかのグシオン由来だったっていうのはびっくりしましたよ。シャミ子の携帯電話に、電子書籍版としてインストールされたグシオン! ああー、これ、欲しい! めっちゃ有能なAIアシスタントじゃん! というか、AIじゃないな。本物のインテリジェンスが搭載じゃんよ! こうやってグシオンがシャミ子についてくるってことは、今後もいろいろ関わってくること必至。これは嬉しいなあ。楽しいなあ。期待されるなあ。もう、わくわくですよ。

と、それはいいんです。命懸けのタイムアタックにどんどん冷静さ失っていく桃。また桃の小倉に対するイケメンムーブとかめちゃ面白くって、シャミ子さん、ちょっとジェラシー? これまで見せたことのないような表情してますよ、この子。でもって、異世界脱出の鍵、桃のセカンドハーヴェストフォームって、あれか! あれ、お蔵入りじゃなかったのか! ほんと、めちゃくちゃ笑わされました。なんかいろいろ酷いんだもん。あの歌とか、ほんと、歌詞が、セリフが駄目すぎる。ほんと、苦笑まじりの笑いっぱなしでした。

今回、桃と小倉の距離がぐーっと近づいて、ナイスですね。素敵です。きましたわ。小倉の桃に対する熱い、熱すぎる視線。情熱。いい香りするねって! さらには桃さま!? 最高だと思う。で、こうしてふたり和解したってことは、今後、より小倉の活躍も期待されるってことだな! ええ、いい感じに展開してきましたよ。というか、はいつくばる小倉、最高やなあ。めちゃくちゃ可愛いと思う。ほんと、小倉、超チャーミングです。

『RPG不動産』

ついに引っ越しですよ。新しい舞台、火山のある島! この山、例のドラゴンが巣を作ってるんだ。で、ファーがドラゴンの様子をサトナに報告する役割担ってたりもするんだ。なるほどなあ、ただ単に島流しみたいに引っ越しさせられたわけではないんですね。

ドラゴンとファーとの会話、結構重要なことが語られてましたね。ファーが、神龍ホワイトドラゴンの娘であること。ホワイトドラゴンこそが人から魔王と呼ばれた存在であること。そしてこの話は、事前にサトナからルフリアとラキラも聞かされていて、ああ、サトナからの依頼、魔王軍残党からファーを守ってほしいというの、なるほどあの謎のフードの人物、彼がその残党のひとりであるかも知れないっていうわけですね。

ファーを信じきれなかったことを詫びるルフリア、そのくだりもよかったです。この人の悔い、その深さがよくよく感じとれて、ともない情の深さもまたよくわかるこの場面。さらにラキラとともに、ファーに対する信頼のより一層に深まったこと感じさせたその様子。感動的であったと思います。人とともにあって喜びを感じているファーのしあわせを願うドラゴン、その見守るような優しい眼差しが印象的で、こうしたところに人とドラゴン、亜人たちとの共存、共和の可能性を思ったりしたのでした。

ところで、新居ですよ。部屋と荷物がひとり分多いというの。もうひとりの同居人? 誰だろう。知ってる人? 新人物? 最後の最後に気になる要素、どーんと放り込まれましたよ。

2020年4月27日月曜日

『まんがタイムオリジナル』2020年6月号

 『まんがタイムオリジナル』2020年6月号、発売されました。表紙は『ラディカル・ホスピタル』。お茶ですね。茶摘み娘の格好をした山下さん、お茶の新芽の香りにうっとりしているその表情が素敵です。『らいか・デイズ』らいかは、本領発揮? 座布団にちょこんと座って熱いお茶を飲んでるところ。このお婆ちゃんっぽさ、さすがですよ。『小森さんは断れない!』しゅりは、着物着まして抹茶をたてて、このいつにない艶やかな様子。すっかり大人の雰囲気です。『わさんぼん』草太はまんじゅうくわえながらお茶の用意。息抜きタイムですね。

『おしかけツインテール』

俊郎さん、マジか。デジタルデトックス、続けてたんだ。てっきり旅行中だけのことだと思ってたんですよ。それがまさかの継続。スマートフォンを木箱に封印してまで、さらには花梨にお仕置き棒を託してまで。むむむ、本気だ。と思いきや、やっぱりちょっと揺らぐところはあるんですね。

この俊郎のデトックスで、いろいろ気づかされる周囲が面白いですよね。花梨もわりとスマホに依存? 馴染んでしまっていたり、そして花梨の母はまるでスマホに頓着していなかったり、性格出てて面白いわー。そして花梨からのアドバイスがいかします。まさかの母を見本に諭すというの。ショック受けてる母がなんかいいですよ。

今回のエピソード、思ったよりも根深い俊郎の悩みにドキリとさせられたり、けれど花梨がいうように、俊郎もちゃんと変わってきているんだってのがなんか嬉しく思われて、ええ、いい話だったと思うのですよ。悩みを抱える俊郎と、そんな彼を優しく見守ってくれている花梨と、そのふたりの支えあい。時に俊郎が大人として花梨を支えることもあるじゃないですか。今回は、その役割、花梨が支える側を担っていたわけですね。

この子と出会えたこと、一緒に暮らせたこと、それは俊郎にとってかけがえのないことであったんだな、そう思える回でもありました。最後はちょっと残念な落ちだったかも知れないけど、いや、違うな、せっかく用意したお仕置き棒、ちゃんと活用してもらえてよかったですね、俊郎さん!

『となりのフィギュア原型師』

めちゃくちゃ面白い……。いつになく落ち着いた工房の面々。なるほど、原型を納品した、仕事が一段落ついたんですね。

せっちゃんのいうように、確かに半藤の雰囲気違う! なんかゆったりしてる。普段との落差、半藤の仕事ふりかえりに強烈に現れて、フィギュアについて語る時の鬼気迫る様子。おおう、まるで別人だ。というか、ヤベえ。君、入れ込むのはいいが、なにか大切なもの捨ててるぞ。

フィギュア制作の第一歩、資料収集の加減もまたすごい。もっと掘らないと! って、そこまでやるのかーっ! でもこの気持ち、ちょっとわかる気がします。気がすまないんですよね。不安な気持ちもよくわかる。でも、最終的にその不安を乗り越えて完成まで持っていけるんだから、半藤はすごいよね。自分はなかなかその不安に打ち勝てない。やっぱりモノづくりできる人は、それだけですごいよな。フィギュアに限りませんよ。ほんと、そう思います。

ポーズを参考にするくだりとかもおかしさ満載なんですけど、代表のいう原型師の腕の見せ所。これ。技巧、技術、工夫だけでなく、割り切りなんかも含まれるのかな。ごまかすとかとはちょっと違う。完全に再現できなくとも、イラストと立体という異なる表現手法で折り合えるポイントを探るという、そんな感じなのかな。こういうせめぎあいこそが作るということなのかも知れませんね。

半藤たちは地味な作業の連続とかいっていましたけれど、そこにこそそのせめぎあいがあるのだと思う。せっちゃんがいう、卑下する必要なんてないって言葉、そのとおりだわーって思ったのでした。

『ネコがOLに見えて困ります』

このところ見かけないギャルネコ。どうしてるのかと思ったら、ご近所のお婆さん家のお世話になってたんですね。まだ半野良って感じではあるけど、捕まえられて、シャンプーされて、魂抜けたみたいになってからのご飯。名前は大福なんだ。ギャルの見た目からはなんで大福なのかわからないけど、なんかそれっぽい特徴あるのかな?

食べて遊んで、その様子はしあわせそう。この子、身を落ち着けられる場所ができてよかったですね。お婆さんにお尻のあたり叩いてもらって気持ちよさそうなのもね悪くなくって、で、これOLさんにもできるかな? なんて思ってたミコトだけど、そうかあ、やっぱりできなかったか! だよねえ。

今回ラストのOLさんの匂いつけ。この行動、あの表情、すごくよかったです。OLさん、ミコトのこと好きなんですね。いいですね。

『コスプレ地味子とカメコ課長』

ついに紫ノ井ちゃん、コスプレ趣味のことカムアウトしましたね。泉谷にうちあけようとするものの、なかなか踏み切れないでいろいろ不自然になってしまってる! そんな紫ノ井のこと、課長がサポートしてくれたり、そして喜藤も策めぐらせてくれたりと、周囲の助けあって、見事うちあけられたんですね。

しかし、その様子面白かった。ものかげに隠れての告白。コスプレしてるといったら、おお、布屋での遭遇やらいろいろで、そうだろうなって察していたのか。でも、まさかの憧れの人だとまでは思ってなかったか! 昨日の写真見せられて、腰抜かす泉谷。ここでの鮮やかな転換、最高に面白かったですよ。

喜藤にも告白。写真見せたらえらいこと驚かれるのもまたいいですよね。で、課長のことも明かして、ええ、これまでふたりだけの秘密だったことが、こうして4人に広がって、それでまた活動も変わっていきそうな予感ですね。やたらやる気の喜藤がこわい。君、コスプレじゃなくて、紫ノ井、課長の関係にノリノリだね? ともあれ、この後、作戦会議とかいってますけど、なんとなく喜藤の思ったとおりにことは運ばない気がします。ええ、なんか思いもよらぬことあるんじゃないかって、そっちの期待がふくらむんですね。

2020年4月26日日曜日

『まんがタイムきららフォワード』2020年6月号

 『まんがタイムきららフォワード』2020年6月号、昨日の続きです。

夢喰いメリー

ついに最終決戦の幕が開くのでしょうか。

これまで、夢路を試すように挑発しては退けてを繰り返していた白儀。彼の目的が今回ついにはっきりとして、ああ、叩いても叩いても食い下がり続けた夢路のその精神、情熱、意思の力に期待していたのは、白儀、彼にしても同じだったというのですね。ずっと夢路を上回ってきた白儀の策略。戦いにおいてもなお凌駕し続けた白儀に追いついた夢路を前に、彼の語ったこと、それは切なささえ感じさせるもので、これもまた友情であるのでしょうか。ここにいる白儀は、幻界にいまだ留まるもうひとつの白儀とは違い、自身を倒しうる存在としての夢路に期待し、憎まれ役を演じながら、ひたすらその成長を望んでいたというのですね。

現界を食い尽くそうとするのは幻界の本能としてのキョウ。対し今夢路の前に倒れた白儀は理性として、本能に逆らい、いずれ本能にとってかわられる自分もろともに、夢路に倒されることを望んでいるという。その悲しさ。ここにこうして夢路に真意を語り、すなわち彼の敵ではないことを示しながらも、友として存えることは叶わず、いずれ自身の本能とともに夢路に討ち果たされるのがさだめとあらば、彼の覚悟もまた切実というほかないでしょう。果たして、夢路は白儀の本当を知って、なお彼を破ることができるのか。いや、夢路はやるのでしょう。でも、そこに幾許かの奇跡を願いたい気持ちもあるのです。

『ひまりのまわり』

漫画のタイトル、『ひまりのまわり』、その意味するところが明確になってきましたね。

ナノと一緒に歩いていた兄の姿に、胸中もやもやしたものを覚えたひまり。はたしてその気持ちの正体は? ケイは、ひまりの兄に対する恋心ではないか、嫉妬心が芽生えていたのではないか、その怖れにさいなまれ、いっそ自身のひまりに対する気持ちを打ち明けてしまおうか。ここにまた迷うというのですね。

けれど今回、ひまりのいう女子会の延長、そこでふたりで話したことで、自分の心配がまったくの杞憂と知ったケイ。自分のことばかり考えていると自分を責めながらも、人のしあわせを望むというひまりの気持ちに触れて、ひまりのまわりはみんなしあわせ、自分がそうだと告げることで、ああ、ケイ、ひまりをしあわせにしましたね。ひまりに、そして自分にも笑顔を与えて、ケイ、一山越えたのだと思います。これまで、どこかトゲトゲしたところ見せていたこの人の、屈託なく和らいだ表情。それはケイのひとつの成長で、心のどこかが自由になったということなんだろうと思われたのでした。

『桃ノ木家の四姉妹』

二番目、三番目のお姉ちゃん、本当にどうしようもない……。シキの自分たちに対する評価を知って、姉失格なのだろうかと悩むのはいいとして、実際、ちゃんとしていないのはそのとおり。シキに尊敬される姉になるといいながら、宿題はいいかげんだし、家事、料理も作るまでにいたらないしで、ほんと、なにやるにも不足感ただよって……。うん、残念なのだと思う。

今回、その残念が見事に発揮されるわけですよ。テレビでやってた情報商材詐欺。セールスなんて門前でおひきとりいただいたらいいのに、わざわざ招き入れるし、話もしっかり聞いちゃうし、さらにはあやうく売りつけられそうになって、いや、ミツ、ナイスアシストじゃん、ニノに詐欺じゃないかってアドバイスして、ようし、ここでふたりのお手柄ですか!? と思ったら、あかん! うかうかとミツも引き込まれそうになってるよ!

ふたりとも、まだ未成年だから、仮に売りつけられたとしても契約を解除できるだろうけど、それにしてもあやうい。ほんと、ふたりの失地回復か! と思わせて、全然そうじゃない、むしろさらに失地を広げたようなエピソード。シキの尊敬を勝ち取る日は、まだまだ先になりそうで、いやはや見事ながっかりっぷり見せてくれました。

『限界ゲーム飯』

これってゲーマーあるあるだと思うんですよ。やってるゲーム、熱中しているゲームに現実を侵食されるといったらいいのかな。FPSとかやってたら、向こうに見える建物からスナイパーが狙っている! みたいなことどうしても思ってしまうし、インク塗りまくるゲームやってたら、この壁にインク塗ったら昇れそうとか思ってしまう。いろんなモノをくっつけて塊にするゲームだと、わりと危険というか、乗り物乗ってる時にうかっと、道端のオブジェクトをくっつけられそう、みたいなこと思ってしまうんだそうですね。うん、ゲーマーあるあるなんだと思います。そして今回のテーマとなるゲーム、クラフト系のゲームにハマったら思うこと! そうですか、ビルを採掘しちゃいたくなっちゃいますか!

この漫画の主題はゲーム飯ですよ。ということで、クラフト系ゲームとマッチする食べ物、サンドイッチが登場です! 真四角に作ることのできる食べ物。いかにもブロックっぽい。ドットで再現しやすそうな見た目。それで実際にクラフト系サンドイッチ、名づけてサンドボックスサンドイッチを作るっていうんですよ。なにそれ、楽しそう。

サンドイッチ自体は普通なんだけど、見た目にバリエーションつけるために何種類もパンを買ってきたりするところね、凝り性だなあ! でも、この凝ってしまうところ、クラフト系にハマる素質だよなあ! ほんと、やたら凝って作って、やりとげた感出して、食べるところもすごく楽しそう! って思ってたのに、突然素に戻るんか! この唐突さ。いや、でも、これこそがやりとげたってことなんでしょうな。

2020年4月25日土曜日

『まんがタイムきららフォワード』2020年6月号

 『まんがタイムきららフォワード』2020年6月号、昨日の続きです。

『ねことちよ』

カラーですよ。暖かみのある色合い。ちょっとセピア色。なんか懐かしい、そんな雰囲気もよいですね。

そして本編。誰かがくるのを待ってそわそわしているねこですよ。いったい誰を待ってるのかな? お、新しいお隣さん? と思ったら、それは予期せぬ来訪者でありましたか。待ってたのはピザ屋さん。お隣さんの赤金ふみさんは、なんかおっとりしたお姉さんで、でもそんな人でも人見知りしてしまうのがねこって子なんですね。

ねこがでかいの頼んじゃったもんだから、ねことちよふたりで食べきれそうにない。というので、さっそくお隣さんをおまねきして、一緒にピザを食べることになるんですが、お隣さんとちょっとずつ距離を縮めていくねこがですね、いいんですね。にゃんころもちってキャラクターが好きそうと気づいたら、自分の特大ぬいぐるみクッション持ってきて、あ、シャツも着替えたんか。自分からは話かけにくいから、お隣さんから声かけてもらえるようにしたんだ。こうしたねこの意図が可愛くて、そして髪ゴムのくだり、ねこ、お隣さんに焼き餅やいちゃったか! ほんと、ねこのこうした気持ちの動き? いろいろ? 可愛くてよかった。最後にちょっと反省するところ、それもよかったって思ったんですね。

『球詠』

野球部はお休み? そう思ったらヨミが息吹とバレーボールやってて、あれ? 転部なのかい? いやいや、そんなことないよね。なんと、一年生の紅白戦に助っ人で入ってるんだ。こうした他部との交流も面白い。ずっと駆けてきたこの子たちにとっての、しばしの休息期間。そんな趣もありますね。

今回のメインイベント、どーんときましたね! 柳大川越の決勝敗退に、思うところ複雑に揺れる希や相手校の強さなど、いろいろトピックありながらも、やっぱり一番に注目するのは新入部員でしょう。いや、違うか? いや、新入部員でいいのか。二年生! 経験者! 芳乃が手を見て興奮してるんですが、それだけでもう有望株だってうかがわせる。

この人、川原光、ポジションはピッチャー! ああ、投手層が厚くなりますね! サウスポー。その実力はいかなるものか。いよいよ投げようとするところで次回に続いて、この人の傾向、実力、これ、わくわくさせられますね。

『ちょっといっぱい!』

皆でお花見。公園に繰り出して、さあ目的地へ! って時に凪がワンコに懐かれちゃって、最初犬怖かったりしたのかな? みたいに思ったけど、全然違うね! めちゃめちゃ嬉しがってるね! ハートとか山ほど飛ばして、ああ、このいつも内気に、なにか感情を抑えがちの子が、こんなにも喜びあらわにするの、すごくいいなあ。そう思ったんですよ。

けれど、これが原因で迷子に。というか、店長たちもなんかハイになっちゃってたから、後続を確認せずどんどん先にいっちゃったんだな。でも今は携帯電話があるから、ちゃんと連絡とりあえて、迎えにきてもらえることにもなって、よかったよかった一件落着と思いきや、凪、小学生時分のつらかったこと思い出しちゃったのか……。

でも、今はもうひとりぼっちじゃなくて、隣にもみじもいて、ふたりなら迷子も寂しくない、そうした言葉に救われて、ああ、これまでのつらかったこと、これからもあるだろうつらいこと、それらもこうして誰かが一緒にいてくれれば、この子はきっと乗り越えられるんだろうって、そんなこと思わされて、ああ、この暖かな人たちの輪。それはどれほどに凪の、そして他の皆にとっても、大切な場所、自分を強くしてくれる支えとなってくれるものだろうか。

決して大仰にはいいたてないけれど、静かにそれぞれの気持ちに触れ、支えあっていることの伝わるような、いいエピソードでした。

『スローループ』

釣ったイワナを汁にするひより。慣れない料理、小春のためにといろいろ気を配ったり、煮えるまでコンロの前で待ちぼうけしていたり、そうしたところにこの子の一途さ、現れているようにも思えていいですね。

熱に浮かされる小春は、小さかった頃の入院の日を思い出したりして、ああ、こういうことありますね。母との思い出。何日もあえずにいたことちょっと不満に思っていた小春の、けれどあの時の気持ち、今はどうなのだろう。寂しさをともに目覚めた小春。今は、ひよりの存在がこの子にそっと寄り添って、母とは違うかも知れないけれど、安らぎや暖かさ、安心できる今を与えてくれるのでしょうね。

小春の発熱。これがためにいろいろ知ることのできた気持ちがあった。その穏やかに落ち着いて、いつもならちょっと気恥ずかしくて口にできないようなこともいえちゃってという、いつにない特別な時間。それが育む気持ちもあればこそ、どんな時間もしんしんと降り積もって、大切な思い出となっていくのだろう。だなんて思わされるのです。

2020年4月24日金曜日

『まんがタイムきららフォワード』2020年6月号

 『まんがタイムきららフォワード』2020年6月号、発売されました。表紙は『球詠』、一球入魂、マウンドにて投球モーションにはいろうとしている詠深? なんか不思議とさっぱりした表情してるのが印象的。すごくニュートラルな表情なんですよね。若干の微笑み。けれどそこになんらかの意図や向かう先はないといったナチュラルさで、ええ、不思議な感触。これ、無心というか、ただ投げるという行為に対して向かいあおうとしている、そんな到達した感じさえあるんですね。

今月は新作ゲストが3本です。

『異世界ヒロインも大変です』

これわりと酷い漫画だ! 異世界転生もの? 召喚もの? けれど主役は転生してきた勇者ではなく、転生者を受け入れる側の人たち。人間19歳、人間24歳、エルフ200歳。その職業はヒーラー、剣士、そしてキャバ嬢、って待って? このファンタジー世界、キャバクラみたいな場所があるってわけね? いや、そらあるか。女性給仕がメインの酒場とか、そらあるわなあ。

あまりに場違いなエルフ200歳キャバ嬢。けれどむしろこの人が勇者召喚ミッションにおいての鍵みたいな扱いされていて、なんでかって、いやもうとんでもない偏見だ! 異世界からくる勇者の大半はカス! えらい前提からはじまって、そのカス、いやさ勇者を気持ちよく褒め称えて、気持ちよく戦いにおもむいてもらおうというその褒め称え要員てして期待されてるの!? さらに他にはお色気要員やらくっ殺要員やら、うん、ろくな期待されてないな、君ら……。

これ、もうすっかりポピュラーになっている異世界ものの視点を逆転させて、都合よすぎるといわれる設定、描写もろもろを、ちょっと皮肉まじりで茶化したコメディって理解でいいですね? 召喚勇者という存在そのものに私怨抱いている指揮官とか、もうわりと酷い。でもって作者があどべんちゃらときたら、これは期待できるのではないか。そう思っています。

フォーマットはワイド四コマ風。けど、あんまり四コマ読んでる感じはしないですね。でもこれ悪くないフォーマットだと思います。見せたいもの、表現したいものにマッチしている感じがします。

『先斗町舞妓夢小路』

京都先斗町を舞台にした、一夜の人間模様。舞妓になった幼馴染みとの縁を軸に、道ならぬ恋に迷う自身の思いと、その根っこにあった彼女に対する引け目。よろめくようにしてすがってしまった恋のような気持ちと、けれどそれが逃げであったと自身気づかされた思い出の香り。ふとすれ違った舞妓、幼馴染みの彼女の存在が鮮烈に立ち上がり、ありたかった自分に立ち返ることができたというのですね。

主人公と舞妓になった友人の、互いに支えになっていたことの明かされるくだりも、そして香りが象徴的な要素となって大切だった世界と、そして自分らしくあれない世界の違和感、その対照を印象づけていたところも、よかったのではないかと思います。対比を見せる構成、しっかりしたものだったと思います。

『月海ちゃんは流されない』

びっくりしました。絵のタッチですよ。茜新社の雑誌みたいだ! さっきの先斗町もでしたけど、このところのフォワードは、いろんなテイスト、いろんな方向性の漫画を掲載して、いろいろチャレンジしているなって思わされます。

さて、学校ではお嬢様、優等生と思われている月海。けれどその実態は、女性、とりわけ美少女に目のない変態的嗜好の持ち主。家業のプールを職場体験の場として選んだその目的は、プールに訪れる美少女たち。監視台から監視するのはプールの安全ではないというのもお約束。というか、この月海の危険嗜好、ちゃんと家族も把握していて、心配した姉が監視しにくるっていうくらい。ああ、月海の監視ね。

月海の目をつけた小学4年生美少女に対する狼藉が結構ガチ目にヤバくって、人によっては引くレベルかも知れません。でも、このヤバい主人公に対し、小4女子もわりと辛辣に対応する、その負けてなさのあるところ。月海のそこはかとなくヤバいところをきちんと察知し、盗撮されたらちゃんとSDカードを回収。そうして無抵抗じゃない、チョロくないキャラクターに仕上げてきているところはバランスとれていていいと思いました。しかし小4でこの対応力。結構な実力者でありますね。

2020年4月23日木曜日

イベントに打ち込みすぎたので今日は休みます

イベントに打ち込みすぎたので今日は休みます。

2020年4月22日水曜日

2020年4月21日火曜日

『まんがタイムきららMAX』2020年6月号

 『まんがタイムきららMAX』2020年6月号、昨日の続きです。

『委員長のノゾミ』

追試を食らってしまったという委員長。これ、はじめてなんだろうな。あまりのことにショック受けて、落ち込むやら、恥じ入るやら、しまいには退学まで覚悟? しかし成績優秀のこの人がいったいまたなんで? と思ったら音楽の実技でしたか。歌うのが苦手。それで今回は歌の特訓やりますっていうんだけど、カラオケ店で練習しながら優斗の勉強も見て、間違い指摘してくる。これ、地味に面白かった。

のぞみの歌の特訓に、ちゃんと優斗が役立つ指摘して、いい方向に向かわせてるの、それがよかったですよ。そしてついには童謡歌いだすのぞみ。優斗が可愛いとかいってますが、いや、それよ、ほんと、可愛いじゃないですか。

この特訓がふたりともに身について無事追試をクリア。この頑張りがちゃんと生きたところも素晴しい。でも、ふたりこうしてともに一山越えたことで、深まるなにかあったようで、そうしたところもよかったですよ。

『みわくの魔かぞく』

バレンタインのイベントですよ。それぞれ異なる熱の入り方。案の定、沙夜香は妙に冷めてたりね、そして肝心のミラですよ。ああ、情報源が昔の少女漫画! そのせいで若干時代がかったバレンタイン観になってるの、面白可愛かったです。

さて、手作りのプレゼントを用意したい。まいはミラと同居してるけど、活動時間をズラすことでバレずに用意できるというこの策略がですよ、まいにとってもミラにとっても、同じく効果発揮するのがよかったですよね。ミラに内緒でお菓子を作っていたまいだけど、ミラも同様にまいのためにお菓子を作っていた。バレンタイン当日、その帰り道。先回りしてまいを待っていたミラからのサプライズ。ちょっと思い切ったようなミラの表情、紅潮する頬が、このプレゼントがミラにとっても簡単なものじゃないことを物語っていて、このふたりの気持ちの交流! ああ、互いに相手を思いあって、ちょっとずつ勇気を出しあって、ほんと素晴しいと思いました。

沙夜香と涼の関係もまたいいですね。沙夜香、冷めてるんじゃなくて素直になれないんだなって、そんな不器用さが悪くない。涼が沙夜香のそうしたところ、ちゃんとわかってるのもまたいいんですよね。素敵でした。

そして今回登場したミラのおばあちゃん。おおう、驚き。めちゃくちゃ若々しい! 純吸血鬼なんだ。歳とらないんだ。ほんと、この常識を軽く超えてくる血族。父魔王とのツーショットもまたドキドキなビジュアルでした。

『私を球場に連れてって!』

山中でガス欠! ここで原付旅行はあえなく終了!? そんなファル子の危機を救ったのが、福岡県民のトラックドライバーのお姉さん。脇道にはいっていくファル子を見て、心配してくれたのか。かくして無謀な原付行はここで終了、トラックに同乗させてくれたっていうんですね。

福岡でレオナたちと合流したファル子がおかしかったですよ。いきなり知らされるファルコンズ8連勝。さらにキャッツにも2連勝。移動がつらすぎて試合をチェックできてなかったっていうんですが、いったい何日くらい原付走らせていたのか。そしてホームにて応援するファル子の熱量が尋常じゃないのも面白くて、まわりのお客さんからカタギじゃないと思われたりね、ほんと、どれほどのものだったんだろう。ほんと、今回はファル子に全部もっていかれたように思います。

ファルコンズも無事勝ててファル子も上機嫌。しかし、5ゲーム差で首位につけているキャッツ。リードしてるから大丈夫だろうとはいうものの、わりと危うくなってきたりしないものなの? ファル子は面白くなってきたっていってますけど、レオナたちにとってはちょっとハラハラなのかもなあ。

原付旅行というやらなくていい苦労をしてくたびれていたファル子だけど、しっかり元気取り戻して、この浮き沈み、アップダウン。面白かったのだけど、帰りはどうなる!? とりあえず次回は海水浴にいくらしい。それはいいんだけど、ファル子、原付は送るなりなんとかして、夜行バスあたりで帰るのがいいんじゃないかと思います。

2020年4月20日月曜日

『まんがタイムきららMAX』2020年6月号

 『まんがタイムきららMAX』2020年6月号、昨日の続きです。

『六条さんのアトリビュート』

あまりに幽霊っぽくない六条さんを幽霊っぽくしよう。ののの発案で皆でそれっぽい衣装を持ち寄ることになったのですが、それがあんまり幽霊っぽくないのね。むしろファッショナブル? いや、ゆづのは幽霊って感じじゃないけど、ぐっとオカルトに寄ってきましたね。って、それバンドグッズなの? どういうバンドなんだろう。ともあれいずれにしても、六条さんが着せ替え人形扱いされる今回。なんだかんだ、いろいろ突飛なの着せられてこんだけ似合ってるっていうのは、そんだけ六条さんが可愛いからだよな。魅力を再確認させる、そんな回でもあったと思うんですね。

しかし、その幽霊の装束云々から、日本の幽霊のスタイルについての解説がはじまったり、さらには幽霊の足についての講義! 日本の幽霊画の様式に関する説明は実に面白くて、こういう服飾、民俗、美術についてのいろいろは、まさしく面白くってためになる。ほんと、こういうところも魅力であると思います。

『のむラリアット!』

新入部員の身体能力を知るためにゲーム形式で体力測定します。それはいいんですが、海音が一年生3人から見事に信頼失ってるのがものすごい。うん、初対面から偉そばったり、ネガティブな印象を育ててきたものなあ。自業自得の側面があるとはいえ、ちょっと悲しい状況ではあります。

今回の面白かったところ、桃の身体能力、いろいろが残念だったりするのは予想どおりだったのですが、海音、この人が思ったほど伸びなかったりするところですよ! というか、翼とみるくがすごいのか? トップロープからの飛び降り、翼の着地がかっこいいんですよ。こういうところに翼の能力の高さ、余裕なんてのもうかがえるように思います。

いろんな種目をこなしていく中で、それぞれの持ち味が可視化されていったのもよかったです。翼、みるくは身体能力全般に優れ、海音は柔軟、そして桃は耐久力に秀でている。この結果をもとに部長が向いてるルールとか考えてくれてるんですが、そうか、桃はデスマッチに放り込まれるのか……。大変そう。

この漫画、キャラクターの描かれ方、手足の末端が大きめにしっかり描かれてるのが、動きを見せたり、ポーズに迫力感じさせたりするのに、すごく役立ってますよね。またマスコットっぽい愛らしさもあって、このチャーミングさ、とてもいいと思っています。

『ホレンテ島の魔法使い』

島の魔法について知るため、都橋書店に立ち読みにいきます。かるての発案なんですが、あむ、最初は買えばいいんじゃないなんていってたのが、専門書は高いと聞いて考えを変える。うん、まあ、専門書ってのはそうだよなあ。

専門書とか資料とか、図書館には置いてないのかな。あむ、結構常識的なこというんだけど、そうか、かるて、魔法について知りたいのもそうだけど、他にも目的があるのか。都橋書店の詠。絶対に立ち読みを許さないというこの子についても知りたい。なるほど、今回の作戦は魔法と詠、両方を知る一石二鳥作戦なわけですね。

しかし店にいってからがおかしかった。囮になるというかるて。まさか自分の受け持ちポイントがエロ本コーナー! いや、待って? 店内の配置とかリサーチしていなかったの? おかげで詠に凝視されてる中、黙々とエロ本を読むことになるっていうんですね。いったいこれ、どういう状況なのか。刻々と変化するかるてと詠の攻防、それがRPG形式で展開していくのが面白く、で、この作戦、残念まるで空振りじゃん! あむが魔術書を読み解けない! ほんと、これ、作戦の根本から間違っています。

エロ本に向き合うかるての鬼気迫る様子に怖れを抱く詠とかも面白かったですよね。でもって、あむが去り際に残した言葉! かっこいいんだけど! かっこいいんだけどさ! でもそれ、詠に誤解されて、エロ本に向き合う覚悟の表明みたいになってるじゃん! ほんと、翌日の学校でのやりとり。めちゃくちゃ面白かったです。ほんと、かるて、あむもか、どんな人だと思われてるんだろう。でもこれで詠との仲も深まったといっていいんでしょうか。この誤解、いつか解ける日がくるんでしょうか。

2020年4月19日日曜日

『まんがタイムきららMAX』2020年6月号

 『まんがタイムきららMAX』2020年6月号、昨日の続きです。

『ななどなどなど』

冒頭からばあやのテンションがすごい! お嬢様の球技大会参加がそんなに嬉しかったのか、次から次から次から次に繰り出してくる勝つにちなんだ料理の数々! あまりの量に小町蒼白、ななどは変な音たててるし! 壊れる? 壊れちゃうの!?

今回、バレーボールチームは髪形おそろいにするんですね。ポニーテール。ちょっといつもと違う小町の雰囲気。他の皆も一緒ですね。それが新鮮で、小町も可愛い、萌もちょっとボーイッシュさ出て、悪くない雰囲気です。

小町、試合が始まるとガチガチに緊張しちゃって、もうまったく活躍できないんだけど、萌がすごいの。相手チームからバレーボール兵器とかいわれちゃってて、頼もしいのか怖いのか。でもこれも萌の優しさなのかな。こうして勝ち進むことでちょっとでも小町の評価があがれば嬉しいけど、今のところはいまいち。あの顔面でボール受けちゃうところとか、昔のギャグ漫画みたいになってるよ!

今回、かつての小町のことを知っている子が出てきましたね。小町の性格をものすごく批判的に見てる子。小町は覚えがないみたいだけど、この子、今後もなにか関わってきそう。でも、今の小町は昔の小町とはちょっと違うっていうの、まだまだ変わっていけるっていうの、それを認めてくれるようなことがあればいいなあ!

さて、準決勝にまで勝ち進んだバレーチーム。悪いことにクラスの皆が応援しにきちゃって、大量のギャラリー前にした小町がピンチ! お腹壊しちゃった? でもなんか無理して我慢してますけど、これが悪い方向に向かわないといいなあ! 間違ってもクラスの皆の前でもらしちゃうとかね、小町もう完全に学校これなくなっちゃうよ! ほんと、どんな手を使ってもいいから、小町ちゃん、ピンチを回避して欲しいですよ。

『いのち短し善せよ乙女』

えらいことになった。神が生き長らえさせている乙女の存在を知った悪魔サタンが、デモニカなるとんちきな悪魔少女を派遣してきた。狙うは乙女の命! っていうんだけど、それ違う人! それ、ただのおまわりさん! ほんと、この誤解、どんな誤解やねんってくらい無理筋な間違いだけどさ、乙女の美形イラスト見て勘違いしたって知って喜んでるおまわりさんがおかしい。オレ、こんなイケメンに見られてるんだって、えらいこと自信持っちゃってて、ああ、これ善行にカウントしてもいいんじゃない? って、あれか、おおきづちから出た道具に絡んでないから駄目か。残念でした。

この悪魔の子の使えなさ、誤解だっていっても全然その誤解がとけないヤバさ、なかなかのものでした。どんどこどんどこおかしな方に突き進んじゃって、でもピンチを肝心の乙女に助けられてしまうという体たらく。今回はデモニカの顔見せがメインって感じでしたね。善行もデモニカ助けたことでクリア。デモニカはアンズェリカの知りあいで、これで誤解もとけて、後は殺すだけ! という局面でそんなまさかの展開に!? 唐突に鼻血を吹いている先生が最高でした。

今後、デモニカが乙女の善行を阻止しにくるんですかね。でも、今のところあんまり脅威になりそうじゃない。むしろ、なんか楽しい仲間が増えたみたいな感じがあって楽しくなりそうです。

『エンとゆかり』

鍵の魔物の討伐に成功。これだけの強敵を相手取って離脱者ゼロは大快挙ではないでしょうか。危機を脱することができたゆかりたち。この事件を通してさらに互いを知ることになって嬉しいゆかりもまた素敵。ロッソはロッソで、大量のドロップ品でウハウハ。万事がうまく解決したってところでしょうか。

しかし、鍵の魔物が落としたものの中にあった鍵。これが名前の由来ですね。でもってそれ、魔王の封印を解くための鍵!? ロッソが魔王の封印を解こうとしているわけですが、その目的はなんなのか。いつになくシリアスな表情見せるゆかりがなんかヤバい。世界の平穏を揺らがせようとしているのかな? なんか、そんな悪い人っぽくは見えない、せいぜい小悪党くらいの人だと思うんだけど、ほんと、いろいろ気になる情報ちりばめられて、一山越えてもまだまだいろいろ不穏は続きそうですよ。雰囲気はなんだかほのぼのしてるんですけど、この表と裏のギャップ、結構なんか深いものありそうですよね。

『ぬるめた』

べらぼうに可愛いよな。でも、なんかシュールというかおかしいというか。クラスにて割り当てられた係、掃除係の仕事をサボりたいちあきがですよ、まさかのロボット掃除機、ルムバを持ってきた。しかもこれ、わざわざ買ってきたのか! ここで明かされるちあきの家の秘密、特殊なお金持ち。父親が人工知能の研究者なのか。くるみもその研究の産物だと語られて、でもその話聞いてるちあきはなんか面白くなさそうですね。

しかしこのちあきが本当に奔放。せっかく買ってきたロボット掃除機、あっという間にお蔵入りにしてしまう。でもってここからがちょと酷い。くるみの新機能と称してその腕をもぐ! 手をちぎってもすぐに再生するっていうけど、ちょっとした阿鼻叫喚やん! この紙面をワイドに使って、ガヤガヤワアワアと騒ぎを広げていく見せ方のうまさ、これはもう毎回の見せ場でありますね。今回も見事な混迷見せてましたよ。

さて、ちぎったくるみの手はスマホから信号送って、ゴミを食べて喜ぶ小型ロボットに変形させるっていうんですね。え? いや? ルムバでよかったのでは? もしやルムバよりももっと進んだ高性能ロボなのかな? と思ったら、いや、そんなに知性感じたりはしないよ? むしろその見た目から、行動から、ルムバよりもあやしくて信用おけない感じがするよ?

でも毎回のこのちょい混乱してなんかそれっぽく落ち着く流れ。見事ですね。他にない独特さ、個性持って、魅力的と感じます。

2020年4月18日土曜日

『まんがタイムきららMAX』2020年6月号

 『まんがタイムきららMAX』2020年6月号、昨日の続きです。

『こみっくがーるず』

めちゃくちゃ面白かったです。3年生を担任することになっていっぱいいっぱいになってる虹野先生と、アニメのキャラデザのチェックをするにあたって客観的になれず迷いを振り切れない翼と。このふたりが、まさかこうして見事に交差するだなんて! この互いが互いの助けになって、力になってという展開は、見ていて素晴しく気持ちがよくって、なんだか泣けてきちゃうほどでしたよ。ええ、莉々香さん、いい仕事しましたね!

毎号を楽しみに待ち、アニメ化待望している先生をファン代表として抜擢する着眼点。アニメキャラデザとわからないよう、木の葉を森に隠すみたいにして、ナチュラル、ニュートラルな感性で評価してもらうというのも本当に見事で、山盛りのブラックきゅんイラスト前にして喜びまみれになってる先生の愛らしさもさることながら、キャラデザに対する的確な批評がこの人の本当に翼の漫画が好きでよくよく見ているということびしばし伝えてきて素晴しい。またデザインのよさに触れてキラキラ飛ばしてるそのテンションも最高で、もう、どっちを見ても、どこを見ても素敵なものいっぱいでたまりませんでした。

最後の翼の行動もね、ああ、先生の反応がどれほどにこの子の力になったんだろう。そして翼のその行動が先生にどれだけの力を与えたんだろう。もうこれは泣けますね。泣けましたよ。

『ぼっち・ざ・ろっく!』

新曲が完成し次はMVだというの。そうかあ、最近はそうなんだ。で、ここで地味に役立ってる大槻がおかしくって、この人、なんだかんだでぼっちたちのこと好きよね? そして美大の映像専攻、結束バンドファンが参加してのMV作成。ほんと、この期に及んで迷走に迷走を極める結束バンドの面々が最高におかしかったです。というか、結束バンドの悪いところ、酷いところ、駄目なところが全開で、こんなの見せられて、ファンが離れちゃったりしないの!? しまいにはぼっちが吐いちゃうしな……。いやもう、人に見せられなさすぎる舞台裏ですよ。

あまりの酷さに業を煮やしたファン1号の所業も面白かった。全員公園に放り出して勝手に動かすっていうの、そうしたらぼっちが酷くて酷くて。でも、ぼっちの美少女な側面、ばっちり出てきて、ああー、この子、こういうのが安定したらなあ。でもそうできないのがぼっちで、ぼっちの個性で、またよさなのかも知れませんね。でも、それで演奏以外は全カットとか! いやもう、ぼっち、自然体は表に出せないんか……。悲しい! けど、これがぼっちだよな。

『しょうこセンセイ!』

生徒と距離を感じる? もっといろいろ頼られる先生でありたい? そんな翔子の悩みの突破口、開かれましたね!

7歳、奈央と小夜に相談したことがきっかけになって、生徒たちに相談、気持ちを伝えようってことになるんですよ。翔子の気づいたこと、生徒がではなくむしろ遠慮していたのは自分ではないかというの。ああ、この子は教師であろうとして、そのあるべき像にこだわりすぎてしまっていたのかも知れませんね。でも、ありたい理想の教師ではなく、素直で自然な自分であろうと決めて踏み出した。それが本当に素敵だったと思ったのでした。

山をひとつ、越えました。生徒たちともこれまでとは違う、でもこれまでどおりとも思える、そんな関係に踏み出すことができて、そして自分のことを応援し支え、助けてくれていた人、ローゼスの存在にも気づいてという、人の変化していくその瞬間。それがねとても気持ちを揺さぶってくれました。

そしてラストに出てきたグレン・リベット。おおう、また個性的な人が。翔子のもとにやってくるみたいですけど、これ、またちょっとした一波乱ありそうですね。

『初恋*れ〜るとりっぷ』

そらを賭けての先生とプリシオンの勝負! おお、そらさん、まさしくヒロインではないですか! 先生からそらのことどれだけ大切かなんていわれて、ああー、そら、嬉しかろうなあ! そう思ったら、おおう、あくまで部員としてですかい!? 先生、罪つくり罪つくり!

しかし今回、そらをめぐる対決となれば鉄道ネタは少なめかな? とか思ってたら、全然そんなことなくってびっくりしましたよ。プリシオン提供のお題、理想の嫁というやつでね、まさかの定刻起床装置ですよ。あの意味不明さ、シュールさ、見るからにおかしくって、しかもそれ見る皆の苦虫潰したようだったりあるいは呆けるようだったり、その表情の物語るいろいろ! 笑いがとまらない。しかも対決2戦目、先生提供のお題、卓上旅行。おお、やっぱり鉄道ネタだ! でもこれで先生が負けるのな! いや、大回りはマニア向けですって! 鉄道部というホームにおいてさえ負けてしまうって、先生、ちょっとコアすぎるんだな。ほんと、今回は先生、残念賞でした。

先生が勝負に負けてプリシオンに連れていかれそうになったそらが、もうはっきりと先生のこと好きだっていっちゃって、おおー、今回のこの対決、まさにこの告白を引き出すためかーっ! 先生との関係も変化していったりするのかな? そう思ったら、先生、まさかそういう解釈しちゃうの!? いやもう度肝抜かれる思いしました。でもおかしかったな。そしてプリシオンですよ、プリシオン。現在、仙台在住! 一緒の電車で帰るっていうの、ああ、これは嬉しい展開。この子、これからも積極的に関わってきそうで楽しみです。

2020年4月17日金曜日

『まんがタイムきららMAX』2020年6月号

 『まんがタイムきららMAX』2020年6月号、発売されました。表紙は『こみっくがーるず』。まさかといっていいものでしょうか。ふんわりスカート、肩出しのトップス。夜桜に浮かぶその姿は、かおすちゃん! なんとまあ、大人っぽくなられましたな! いつものちんまりあばあばしているイメージとまるで違ったその姿。ああ、目を離すと人とはすぐにこうして大人になってしまうのですね。散りゆく桜と過ぎゆく時と、儚げなかおす、いやさ萌田薫子の美しげなる一瞬。美しい表紙であります。

今月は新規ゲストが3本です。

『裏表バケ⇔ション』

面白いです。人前では明るい優等生を演じている宇良きゆりの、人の目がなくなるとスイッチが切れたように暗くなるというその性格。あまりのギャップ、あまりの違いぶりに、化けてるのではないかと化け狐に弟子入り志願されるほどだっていうんですね。

あくまでもオフではひとりでいたい、疲れ果てた心身を孤独とともに癒したい、そんなきゆりであるのに、ずけずけぐいぐい押し込んでくる化け狐のココネがウザい! いやもう、すごいよね。相手は人の常識を持ちあわせていないから、また人の理屈や制度にかかずらう必要もない存在だから、押し掛けてこられても警察につきだして排除ってのができない。また、君は人に知られちゃならない存在とかじゃないのかい? つっこみ入れたくなるほどに奔放というか、人に見られること、関わることに躊躇がなくて、きゆりの家にやってきた委員長の前にも当たり前のように出てきて、さらには自分が妖狐であると臆面もなくバラしちゃう。おおう、ちょっと新しいのか? いやもうこの手のつけられなさ! 今後もきゆり、苦労しそうだなあとちょっと気の毒になるほどでした。

今回はウザさ最前面に押し出してきたココネ。次回はどんな側面を見せてくれるのか。その展開に期待しています。

『JKだって落語がしたいっ!』

タイトルがすべてを語っていますね。主人公天神みかは落語で人を楽しませたいという夢を持って高校に入学。落語研究会に入って、というからには当然落研はあるもんだと思っていたのに、ないんだ! いや、だって、のっけからのその勢い見せられて、そりゃ当然有名だとか実績あるとか、そういう落研目当てで進路を決めたもんだと思うじゃありませんか! ほんと、いきなりの肩すかし。見事にしてやられました。

なるほど、これは部員集めからやるパターンだな。でも落語に興味ある女子とか、今そんなにおるかなあ? みたいなところから、一話で部設立に必要な3人を確保! このスピーディさ悪くないです。部員は幼馴染みのクラスメイトに掲示板前でたまたま出会ったひとつ上のお姉さん。クールキャラとダジャレキャラ揃えてきて、このダジャレ先輩、いい感じですね。オッサン臭いとかスベリ芸とか、わりと酷いこといわれてますけど、印象的な人、なかなかにいい味添えてくれそうで、空気読めない主人公とともに、いろいろ状況を引っ張ってくれそうで好感でありました。

クールキャラの入部決定のくだりが感動的に描かれていたのも効果的。直後のダジャレ先輩のいろいろできれいに生じる落差よ! そういうメリハリもまたよかったです。

『ミライカラー』

ちょっと不思議な雰囲気ある漫画ですね。朝が弱いチカ。友人のミオが起こしにきてくれるというので、すっかり頼りきってるこの子。一緒にいるまっちゃというの、これなんだろう? 帽子みたいにかぶってる。でも、部屋にいる時はぬいぐるみ? みたいな感じでおとなしくしてる。チカの言葉に反応するところ見るに、AI搭載のアシスタントみたいな感じなのかな? 加えて、工具搭載? というか、これ、内部電源から引っぱって電撃食らわせられるのか。

機械いじり大好き、冒険大好きのチカ。この子が放課後に訪れた森で起こった爆発。そこに倒れていた女の子!? 冒頭に人生の転機がといっていた子ですね。この出会いのもたらすもの。そしてタイトルからすれば、未来からやってきた!? チカたちともなにか関係があるのかも知れない。いろいろ予感させる、そんな導入でありました。

2020年4月16日木曜日

2020年4月15日水曜日

Plague Inc.

世界が感染症で大変なこの時世に、感染症を使い人類根絶を目指すゲームを取り上げるというのも悪趣味なものですが、簡単にでも感染症というものを知るにはいいのではないか、そんな評価もあるゲームです。私がこのゲームに手を出すと決めたのは、リリース元であるNdemic Creationsが感染症対策に多額の寄付をしたというニュースを知って。感染症のゲームが感染症との戦いに助力するというのなら、ちょっと購入して応援しようじゃないか、そんな気持ちから購入を決めたのでした。

実際遊んでみていろいろ思うところがありました。

最初はどうしたら人類を根絶できるかわからず、いろいろ試して、無駄なことも沢山して、それでなおクリアできないという有り様だったのですが、何度か試していくうちにやり方もわかってなんとかクリアできるようになりました。まずはバクテリア、続いてウイルス。そして問題となったのが真菌。こいつがですね、めったやたらと難しい。感染が広がりにくい、どうしてももたもたしてしまって、せっかく感染の拡大に成功しても、強化に必要なポイントが足りなくなってしまって致死率を上げられず、終盤での逆転を許してしまう。

駄目だこりゃ。そう思って嘆いていたら、親切な人が攻略のヒントを教えてくれました。ひとつ、エジプトから始めよ。エジプトはユーラシアとアフリカの二大陸を繋ぐ要所で、空港と港湾があるから感染拡大させやすい。そして伝染手段は空気感染、水からの感染を伸ばしエアロゾル感染を獲得せよ。感染手段はこれだけでまずはオッケーなんだそうです。

このアドバイスに従い、何度かアタックを繰り返すことで真菌をクリア。その勢いでノーマルを全部クリアして、今はハードに取り組んでいるところです。基本病原体は生物兵器を残すだけとなっています。

このゲーム、よくできていると評判ではありますが、それでもやはりゲームであって、現実よりも簡素にデフォルメされており、実際の感染症のふるまいがそのまま再現されているとまではいえません。自然治癒からの免疫獲得がされないとか、病原体を変異させたら世界にばらまかれたすべてが一斉にその能力を獲得するとかね。グリセリンの都市伝説かよ! みたいなつっこみ入れたくなりますが、こういうゲームならではのギミック、抽象化がされてるからこそ遊べるものになっているともいえますよね。逆にいえば、これだけプレイヤー有利になってるからこそ、伝染病で人類根絶も可能になるといった感想を持っています。

ええ、そうなんですよ。これだけ病原体有利な設定になってるからこそ、感染の爆発から致死性持たせて一気に根絶も可能になる。現実では、たとえ変異し、特効薬の発見もおぼつかない、そんな厄介な性質を持った病原体が出現したとしても、一気に世界を滅ぼすまでの飛躍は起こり得ないだろう。たとえ一時的に感染の拡大を許し、大きな混乱がひきおこされたとしても、きっと収束させられる。そうした、ある種の楽観を得られたように思います。

そして反面、悲観なのですが、このゲーム、病原体に人心を不安定にさせる症状を付与することができるのですが、そっち方面に進化させると、暴動が発生したり、ついには感染者が処刑! されるに至ったりと、尋常じゃない末法の世が出現してしまうっていうんです。感染者の処刑がはじまると、感染が広がる前に感染者が減ってしまいクリアから遠くなってしまうのでとりわけ中盤では避けたいこの局面、さすがにゲーム的なデフォルメだよねー、みたいに思っていたのが数週間前。でも今は、これ、ありえる展開だな……。飛び込んでくる世界のニュース、日本においても噂、体験談のレベルですが、いろいろ見聞きするにつれ、感染者への攻撃という過激な行動もあながち飛躍した非現実的展開ではないんだな。人類の理性に対する信頼が揺らいで、ちょっとしんどくもなりますね。

このゲーム。私達をとりまく今の状況かんがみましても、ちょっと広くおすすめしていいものではないだろうとも思っています。ですが、ある程度状況を冷静にとらえられている人、精神的な余裕を充分に残している人なら遊んでみてもいいかも知れません。

けれど、もう毎日がしんどくてたまらないとか、不安に押し潰されそうとか、そういう人は絶対に触れちゃいけない。そんなゲームかもですね。それこそ数年前なら、ちょっと悪趣味、ぐらいですまされたろうけれど、なんとも難しい状況に陥ってしまって、遊んでいること公言するのも、ましてや人にすすめるのも、なにかひっかかり覚えるようになってしまって、だからこそ世界の状況、はやく正常化して、このゲームについても、ちょっと悪趣味、ちょっと悪ふざけがすぎるよね、それくらいの評価に戻ってほしいものだと願っています。

2020年4月14日火曜日

Leatherman Style PS

 Leatherman Style PS、実績解除しました。Style PSはLeathermanの中でもかなり機能の絞られたツールで、その数たったの8機能。だというのに、意外や使わないんですよね。購入前の予想では、一番よく使うと思われたハサミが実際にはそんなでもなく、ニードルノーズプライヤーそれからピンセットが一番出番が多かった。でもって一生使うことないだろうと思っていた栓抜き。この実績は昨年解除してまして、最後に残ったのはなにかといいますと、なんとワイヤーカッター。あ、レギュラープライヤーもそうか。今回の実績解除はワイヤーカッターだったので、残すはレギュラープライヤーだけですね! これ、ナットを外すとかいうシチュエーションでもない限り、使われることなさそうだな。

長いLANケーブル取り回していた時に、必要あって切断しなければならなくなったんですよ。工具箱も持ってきていたからニッパーなりを取りに戻るという選択もあったのですが、正直戻るのが面倒くさい。と、ここでキーチェーンがわりに鍵につけているStyle PSをポケットから取り出して、ツールを展開、ワイヤーカッターでケーブルを切断。LANケーブルなんて簡単なものですから、ほとんど力入れなくてもスパッと切れるんですね。正直、こんなに切れ味いいとは思っていませんでした。工具箱のニッパーよりもずっと切れますね。

Style PSみたいなミニサイズ、キーチェーンサイズのツールは、本格的な作業には圧倒的に不向きで、ちゃんと作業するなら専用の工具を使った方が絶対に便利ではあるのですが、こういうちょっとした用に役立つという点では抜群です。

突然貰ったビン入り飲料。最近はそうそう栓抜きなんてもの置いてなくってですね、困った、どうしよう。みたいな時がStyle PSの出番。栓抜きにしても簡易なもんだけど、ちゃんとしたものをわざわざ探すよりも手早く用をすませることができる。この困った時、必要となった時に、それなりのものが、それなりの数、手元にあるという便利。これが本当に最高だなって思うんですね。

Style PSの機能は以下のとおり。

  • スプリングアクション・ニードルノーズプライヤー
  • スプリングアクション・レギュラープライヤー
  • スプリングアクション・ワイヤーカッター
  • ハサミ
  • フラットプラスドライバー
  • 爪ヤスリ
  • ピンセット
  • カラビナ/栓抜き

爪ヤスリも、ちょっと爪が気になる時とか、あるいは引っ掛けて割っちゃった、みたいな時に出番があります。フラットプラスドライバーも、あ、こんなとこのネジ、緩んでるじゃん! みたいな時が出番です。なかったらないで見過ごしにしたり放置したり、あるいは後回しにすればいいみたいな用に、その場その場で対処できる。さらに時には、道具がなければどうにもこうにも手が出ないみたいな時に当たり前みたいに対応できる。この便利! アドバンテージ! 素晴しいと思います。

というか、日常におこるこういう状況こそがマルチツールの面目躍如。持っててよかったStyle PSでした。

2020年4月13日月曜日

『まんがタイムきらら』2020年5月号

 『まんがタイムきらら』2020年5月号、昨日の続きです。

『なないろコラボレイト』

面白くなってきましたよ。

互いにリスペクトしあっていて、けれど互いにそう思ってるとは知らずにいた同人サークル主同士の交流を描くんですけど、まさかちょっとしたすれ違いの果てにあんな酷い噂が立つだなんて! まったく予想もしない展開に驚くふたりですが、でもこれもいいきっかけになるんじゃないかって思われまして、といいますのも、今回のいろいろで、もうふたりともに、互いに相手のファンだってことわかったわけで、この噂を否定するには、ふたり一緒に合同誌でも作れば万全じゃん!

というか、そのための策略だよな、これ。ブルースロープ、深青の友人がですよ、なにか後押しでもとかいって、悪い笑みを浮べてたじゃん。これ、悪い噂を立てて、後にはひけない状況に追いやって、それでヴァーミル、朱莉と交流せざるを得ないようにしたってわけじゃん。うひー、劇薬だ! これで仲違いとかになったらどうするん!?

ともあれ、ふたりともに知ったこの噂。次回、なんらかの動きは期待できそう。いい方向に向かうといいですね。

『みらいちゃんねる』

ミライとユキ、ふたりのユニットの初ライブが決まったんですね。ユニット名はユキミライ。わりとストレート。いや、まあ、こんな感じの方がいいのかな? ゆいかおりってユニットもあったもんな。

ユニット名に納得いってないユキの抵抗がおかしかったです。抵抗するのはいいんだけど、トリ成分への過剰なこだわり。いや、はたしてその成分、誰が求めているというのか。ほんと、ある意味独創的。そして今回後半の心を鍛えるトレーニング、それでホラー鑑賞しようっていうのもまた独創的アイデア。うん、しかも自滅行為っていうのがおかしい。だって、好きなんかなって思うじゃん。ミライから好きなのか聞かれた時のあの表情、絶望が透けて見えるような目じゃないですか。

このふたりのやりとりも面白かったです。地獄のくだりとかさ、あとユキのツッコミ。変に勢いあって、それで表情豊かといったらいいのかな、あのリアクションのバラエティ。面白いし可愛いし、ほんといいキャラクターしていたと思います。でもって、最後の落ちね、あれがまたよかったじゃないですか。今回、ユキミライはふたり負け。勝者は姉と叔母かも知れませんね。

My Private D☆V

『ハルメタルドールズ』のカコベンです。

いや、なに、これ、素晴しい。ポイント端的に拾いますと「スカートの下にジャージを履いている女の子」。そして描かれているのが、ブレザー制服、首にはマフラー。そしてスカート下にジャージ! 素晴しいと思う。マフラーに巻かれた長い髪が上にはみ出して膨らんでるの、あれも可愛いよね、とか思ったら、それもちゃんと計算の上。「マフラーしまい髪」っていうのか!

イラストの女の子、上がり眉、若干のつり目、なんかきっぱりしゃっきりしてる、そんな印象のある女の子なんですが、この子が寒さ防止という実用一点張りでジャージ投入してくるという、そのかまわなさ、揺るぎなさ、求める結果に向けての躊躇しなさを評価したい。ええ、いいD☆Vポイント、そしてその描写であると心底思わされたのです。

『ハルメタルドールズ』にもジャージ娘がいますよって宣伝もあって、こんなのって描かれてるそのイラスト、ちょっと簡易で、けどその雰囲気、性格、いろいろよく押し出してて、これもまた可愛かったです。ええ同じジャージ履いてる娘でもいろんなバリエーションが出てきます。その可能性の幅見せてくださったMPD☆V。大変よいものでした。

2020年4月12日日曜日

『まんがタイムきらら』2020年5月

 『まんがタイムきらら』2020年5月号、昨日の続きです。

『夢見る!ルネサンス』

皆で海ですよ。モエ絵によく見られるモチーフである水着、その練習にレンにモデルを頼んだら、さすがに恥ずかしい。ただ海とかにいくのなら……。これで一気に海への興味が高まったリーチャ。そのあまりの憧れように皆で海にいくことになるんですが、その海っていうのが桃花の家のプライベートビーチ。すごいな芽出知家。

皆でのびのび楽しむ海の情景、ひよりがまさかの海女スタイルで登場とか、なぜそんなの持っているのか。けれどこれはこれでまた珍しい日本のスタイル。リーチャには刺激になったり、興味ひいたりしなかったのかな? でもって、リーチャの知るはじめての海。砂浜で足が焼けたり、そして首長竜のフロート見て驚いたり。桃花が力持ちって驚いてる、その発想が面白かった。中身が空気で軽いっていうの、確かに知らなかったらこんなこと思ったりしそうですよね。

海での楽しみ、砂でなにか作ろうとしてるエマが波に崩されてしょぼんとするところ。ああー、この子ならものすごいの作ってくれそうって期待しますよね。そしてここからのエマとレンの会話、それがよくって、エマ、リーチャのこと心配してたんでしょうね。そうした思いが感じられるやりとり。今もふたりにとってリーチャがどれほど大切であるかもよくよく感じられる素敵な会話でした。

『下を向いて歩こう』

嵐の翌日はビーチコーミングのボーナスデイなのか。シエルがすごいハイテンションで、きっとゴミだらけだよー! 直後おとずれた空白の瞬間、あれが本当に面白かった。確かに、ビーチコーミング、海のゴミ拾いだよな。その現実にうちのめされているビーチコーミングガチ勢も面白かったです。

そして今回の収穫。のっけからレアものゲット。石けり。ああー、こんなのあったような気がする。そうか、これ、石けりに使うものだったのかあ。さらにレアものは続いて、ガラスの浮き玉、レトロびん。100年前のビンテージもの拾ったさざれの反応、あれすごいよね。驚いて、事態を飲み込むまでのタイムラグみたいなの、すごく絶妙に表現されていたと思います。

それからの反応も妙にリアルというか、商品価値を確認しちゃったりね、そういう反応に抵抗示したシエルも、どうも高値っぽいって思ったら気になっちゃうの、それもまたリアル。ほんと、こういう人の気持ちの揺らぎ描いて見事でした。

他のヤバそうな漂着物とかね、人の頭と見紛う物体! ヤシの実でした! っていうんだけど、これはビーチコーミングの対象物にはならないのかな。そして最後のシエルの拾ったもの。これもまた激レアだったりするんでしょうか。次回にその正体が明かされるということ。強運シエルの拾いものとなると実に楽しみです。

『海色マーチ』

夜中、浜にうごめく謎の光。それ目撃して、怖くなって眠れなくなっちゃったあまねが可愛いですね。これ、イザリっていうんだ。夜の潮干狩り。タコとかエビとかとれるっていうんだけど、珊瑚に誘われても微妙に嫌がるあまねがまたいい。怖いの苦手なんだなあ。うん、でも、ちょっとわかります。

今回、あまね、扉もそうだし、夜のイザリでもそうだけど、髪を結ってないんですね。それだけで結構印象が変わるもんだなあ! なんか、ちょっと大人びて見える、ように思います。行動は変わらずいつもどおりなので、すぐに印象も元通りなのですが。そんなあまねのいたずらと珊瑚の反撃。いやいや、ロメロスペシャルとかテクニシャンだな。

夜の海の様子も面白かったですよ。海を照らすと魚が驚いて跳ねるんだ! タコにスミかけられるとかも実際にあったりするのかな? エビにアオリイカ、いろいろ見つけて楽しくなっちゃってるふたりの表情がほんとよかったですね。

さらに見上げれば満天の星! ああ、これも素晴しい。ふたり、いい思い出になったんじゃないの? とか思ってたら、今度は海に謎の光か! 突如ここにきて再びの怪談話? いやいや、漁船の灯りでしょう? と思っても、だったら珊瑚がそれとわかるか……。

一応漫画としては船の灯りの解説しながらも、定番の怪談調で終えるの、これがいい味出していました。間違いなくふたりの特別な思い出になった夜のできごと。あの窓辺で語りあう様子、こういうの好きです。たまらんものあります。

2020年4月11日土曜日

『まんがタイムきらら』2020年5月号

 『まんがタイムきらら』2020年5月号、昨日の続きです。

『推しごとびより』

アイドルユニットとしてのデビューを目指してオーディションを受けようと頑張ってる様子。それぞれの強み、ダンスがうまいとか、嗜好、志向ともにアイドルに向いてそうとか描かれていく中、ひとりアイドル向けの能力、資質が見えてこない柚葉が泣けますね。これ、オーディション直前とか、あるいはオーディションの最中とか、とにかくどこかで柚葉の強みがどーんと生きてきて! みたいな展開がくるのかな? って思わされるじゃないですか。なのにその肝心のオーディションがあんなことに! ほんと、この意外性。まさかの展開。驚かされたというか、あまりの肩すかしに逆に面白くなってきました。

告知忘れでオーディション参加者が心町、空、柚葉の3人だけだったっていうんですね。でも、3人なりに頑張ってきたこと、それが評価されたのだと信じたい。と、まずはオーディション合格。となると次はデビュー? 初ステージ? そこでこそ語られる、汗と涙の熱い物語があるものだと期待して、8月号を待ちたいと思います。で、またものすごい肩すかしとかきても、それはそれで面白いな。

『そらコミュニケーション』

たびたび語られたせんりのおばあちゃん要素。ポイントカードに大幅値引き? スーパー大好きせんりのその様子をさして、いわくおばあちゃん。でもそんなにいうほどなのかな? スーパーでは、奔放なソラを押し止める圧を発してみたり、いつになくてきぱきキビキビ動いてみたりと、あんまりおばあちゃんって感じしないよね? とか思ってたら、本番はこれからか! スマートフォンならぬフィーチャーフォンを愛用するせんりの見せた機械系苦手っぷり。流行りにうとい、年寄りみたい。それであだ名がおばあちゃん。ここに加えて方向オンチ要素まで! いや、てっきり神社に寄りたかったのかと思ったじゃないですか、ねえ。この真実を黙して語ろうとしないせんりの様子、表情が実によかったです。

今回、ソラのいたいけさ、スーパーの売り場で甘えて見せたり、神社でもアニメやおもちゃ大好きなお願いしてたりね、そういうのもチャーミングでよかったです。そして、こういうのほほんとした愛らしさ、やわらかさに、父、母の無事を願うせんりがね、ちょっと一味添えてこの漫画の多面的な魅力を彩る。それがまたよいのだと思います。

『トールさんの通り道』

ケイトの部屋でメイドをやっているトール。ねぼすけふたりを鏡の反射でおこそうとする時のしれっとした表情、あれいいですね!

異世界日本から流れついたリセのこと。いろいろ確認していこうというくだり。いろいろ資料を調べても、ニホンなんて国の情報は出てこない。世界地図を借りてきても、そこに広がる世界はリセにとってはゲームの地図としか見えなくて、ここに日本が!? と思えばミルクの染みって! このがっかり感。というか、地図は、借り物は大切に扱おう!

自分の服に高値がついたと知って一気に人間不信に陥るところも面白い。と、ここまではむしろ異邦人編の導入って感じですよね。核心はこれから、リセをこの世界につれてきた魔方陣の解析。頼りになるのは魔術使い。まずはアーティ。そしてもうひとりの心当たり。それは誰か? 勇者の仲間の魔法使いサラなのか、あるいはライム? なんか後者の予感。だとしたら一波乱あったりしそうですね。

『ゆえに、アイドル革命!』

夜の屋敷に現れた怪異。廊下に鳴り響く不穏な鳴動。幽霊なのか? なんせこの異世界、幽霊だって当たり前にいそう。というかいるらしい。その幽霊の謎をユメが探ります。このユメという人、いい感じにフットワーク軽くていいですね。見た目美少女、中身は男。そのチグハグさあれど、なんか中身男っていうの、あんまり感じなくなってきて、いい感じにサバけた女の子みたいな付き合いやすさが魅力になってきてますよ。

そんなユメの遭遇した人物。背に羽を背負った妙齢の美女。誰かと思えば、これがリリノアなのか。ユメがいい感じの質問投げてくれましたね。そうか、普段の姿が本物で、こちらは魔力の放出が必要になった時に現れる別人格なのか。ということは、リリノアが大人になったら消えちゃうの? それはそれでなんか寂しいなあ。

この別人格リリノアがユメに語ったこと。リリノアにとってのユメがどういう存在であるか、それがユメにとってもなにか救いのようではないかって思わされて、異世界日本から移動してきたチューインガムの面々と違い、ひとり転生しているユメにとっては、もうここが自分の唯一の世界。そこで友人を得たというのは大きな意味があると思うのですね。またリリノアにとっても、こうして近しくあれる、しかも結構気安く話せる相手がいるというの、嬉しいことなのだろうなあ。

今回はユメの魅力がいや増す、そんな回でありましたね。それだけに最後のあの台無しな落ち! いやあ、なかなかに簡単にユメのバリュー、上がりはしないのだなあ。頑張れユメ! 未来はまだまだこれからやぞ。

2020年4月10日金曜日

『まんがタイムきらら』2020年5月号

 『まんがタイムきらら』2020年5月号、昨日の続きです。

『スロウスタート』

のっけから全力疾走する花名ですよ。ただいま逃走中。ということは、前回ラストに現れた一之瀬花名を知る生徒、あの子の関係か? いやいや、そう思わせて全然違う話だったりするんじゃないの? と思いきや、ああー、やっぱりあの子がらみか。そうか、一之瀬花名と名乗っている、それを聞いて声をかけてきたんだ。中学三年の時、同じクラスだった。花名は覚えていない模様。転校してきた、花名とは一度しか話したことがなかった。そこからのやりとり、それは本当に神経を磨り減らすもので、だって皆はその子のこと、自分たちと同い年、同じ学年と思っている。でも違う、その子は2年生で、このままにしていると、いずれはその学年が違うということ、皆に知られてしまう。

どうしよう、どうしよう。この花名の焦り。どうしたらいいかわからない、そんな思いが痛いほど伝わってきて、ああ、自分もそんな悪夢を未だに見ることがある。今はもうなんでもないことなのに、昔の記憶が、怖れが、今も夢に立ち現れて、しなくていい焦りに、不安にさいなまれるように目覚めることがある。

その感覚を知っていればこそなのか、いや、こんなの誰にだってあるだろうよ。それだけに、花名のこのいたたまれなさ、ひしひしと胸に迫って、つらい、苦しい。ああ、花名、なにをどうにもできなくて、その場から逃げ出すしかなかったのか。

でも、きっと大丈夫だろう。それは信じているんです。逃げる花名に追いついた冠、たまて。そして遅れて花名を追うのだろう栄依子と花名を知る子、億さん。皆が花名に追いついた時、どのようなことになるのだろう。どのような会話がなされるのだろう。それが怖くもあり、でも長く花名を苦しめてきた重荷が取り除かれることにもなるのかも知れない。

不安と期待がいりまじっているのですね。

『星屑テレパス』

宿泊体験学習! 研修施設にて宿泊、そして班にわかれてのワークショップですよ。ああ、遥乃と瞬は別の班なのか。でも海果とユウ、同じ班でちょっと安心です。

海果の班、班長さんが元気でなんか可愛いですね。鏡さん! いい子や! けれどその勢いに押されちゃったか、海果、身動きとれなくなって……、と思ったら、ああ、ユウがそっと手を握ってくれて、不安な気持ちもおさまって……。これ、ほんと、素晴しいなと思った。海果を見るユウの表情もこれまた素敵じゃないですか。隣の班から海果を見守ってた遥乃、瞬も本当にいい友達です。

不安だった班活動もどうにかこなせたし、仲のいい友達もいるしで、この宿泊、海果にとっても楽しいものとなって、本当によかったです。そしてより一層に深まる海果とユウの関係ですよ。

夜、森の中、空を見上げているユウのその表情。憂いがあって、いつものこの子とは違っていて、でも海果を見たら表情ぱっと明るくなるんですね。満天の星に故郷を思うユウ。そして、ユウの願いを叶えると、その手をとって伝える海果。そのふたりの様子、実に美しくって、細やかで、素晴しかった。というか、おでこぱしーに繋がるくだり、あれドキドキするよな。そら、瞬も狼狽するわ。

ずっとどこかおどおどしていた海果が、友達のためならこんなにも強くなれる。それが本当に心に沁みてたまりませんでした。本当、この思いのやりとり、言葉を超えて伝わるもの、確かにあったと思うのですよ。

『むすんで、つないで。』

びっくりした。ほんと、心底びっくりした。

つなぐですよ。どっかぽやんとして、地に足がついてなくて、なにをやっても粗忽でポンコツで、小学4年生の幼馴染み、花ノ子のこと大好きで、しっかりものの花ノ子に比べて自分は駄目だなって、なんかそんなことばかり思っている引っ込み思案な女の子。それがつなぐ! と思っていた! 今日まで! 今まで! それが違った! って、マジかーっ!

高校でのつなぐが描かれたんですよ。体育の時間ですよ。合図の笛にだっと駆け出すその姿。凛々しくも美しいその姿に、あれ? 新登場人物? そう思って、いや、でも、これがつなぐ? ほんとに? 皆が噂してるね? え? 憧れの的? つなぐは皆の熱視線に気づかないどころか、まるっきりその意図を誤解しちゃってるわけですが、ほんと、これが、これがつなぐ!

びびりたおしました。これまでつなぐがあかんたれに描かれてきたの、この日の、この瞬間のためだったかーっ! すっかりばっちりしてやられて、うわー、えらいことになった。つなぐさん、めちゃくちゃかっこいいやん。運動だけじゃない、勉強だってしっかりこなして、完全無欠? 完璧キャラだなんて同級生にいわれてるけど、つなぐがいってやってること、自分の範囲内で頑張るということ、それができないんだって! すごいよ、つなぐさん! かっこいいよ! 凛々しいよ! 一気に見る目が変わってしまった。

これまで見せてきたつなぐの緩んでいた姿。それは学校でフルパワー出しきったゆえの弛緩タイムだったわけかあ。めりはりある人生送ってるな! ほんと、今回はつなぐの魅力、どしどしばりばり浴びせかけられるように堪能させられました。もっともっときてほしい。

2020年4月9日木曜日

『まんがタイムきらら』2020年5月号

 『まんがタイムきらら』2020年5月号、発売されました。表紙は『一畳間まんきつ暮らし!』。単行本第1巻発売を受けての表紙登場かと思いきや、なんと重版御礼! さらに巻頭カラー、扉ページを見れば、再重版って! すごいな、売れてるのか。素晴しい! 表紙のイラストは、メインの4人が揃いましてね、仕事中? 雑誌を抱えた芽衣子に業務用みそ汁の箱持った梨絵。と思ったら、手前でゲームしている音緒に、奥では動画撮ってる万里花。ええ、これ仕事中の情景というより、いつもの皆って感じなんでしょうね。皆の様子に表情、これがそれぞれの個性表現して、いろどり華やか、いい表紙です。

今月は新連載が1本、新規ゲストが1本です。

『ぎんしお少女』

これ、面白いですね。冒頭、唐突に写真撮っていいですかといわれて戸惑う主人公。満開の桜を撮るのに邪魔なのだろう、どこうとしたら、目当てが自分だったっていうね。ああー、こりゃ確かに勘違いするな。カメラ少女も口下手というか、人付き合いが苦手なようで、話す言葉が微妙にあやしくなってる。勇気振り絞って声をかけたんだろうな。そうは思うんだけど、被写体になってほしいという説明が不足してて、意思疎通に多大な問題が生じてるよ! ほんと、この冒頭の見せ方、そして終盤の再会。面白かった。またその途中のいろいろも面白かったです。

このカメラ少女、使ってるカメラはなんだろう、オリンパスペンみたいな昔のカメラですよね。いや、ホルガみたいトイカメラ系っぽい感じがするな。最近のデジタルとは違い、フィルムを入れて、撮影して、都度巻き上げて、現像して焼き付けて、やっと写真になるやつですね。でもこれ、巻き上げなくてもシャッター切れるって、結構ちゃんとしてないカメラやぞ? だいぶ昔のカメラでも、巻き上げないとシャッター切れないようになってたものなあ。と、まあ、そんな話はどうでもいいねん。

カメラ初心者の女の子が、写真をきっかけに出会い、交流を深めていこうという話。ふたりの主人公、双方が遠くに離れた大切な誰かのことを気にかけているというのがちょっと一味添えていていいですね。今はまだ主人公ふたり、意思の疎通もうまくいかずにいますけれど、これからどんな風に知り合っていこうというのか、それを思うとちょっとわくわくします。被写体になった子の、ちょっとカメラに興味を持ちかけてたところなど、その関心の芽生えるところにも興味かきたてられるんですね。

『ふれんどシープ!』

これも面白かったですよ。学生アパートに住む主人公の部屋にたびたび訪ねてくるお隣さん。そのやってくる用事というのがいかにも微妙に独特で、料理作りすぎちゃったか? と思ったら、そうじゃないんだ! わけてもらいにきてるんだ! で違う日には、カレー持ってきて、今度こそわけてくれるのかな? と思ったら、福神漬けわけてもらいにきたんだ! この独特さ。主人公、一宮ひとよにいわせれば、大分イカれてる内容だそうです。

このお隣さん、日辻楓の奇行。これはいったいなんなのか。ただただおかしな人なのか? と思ったら、実はそうではなく、友達になりたい一心での行動なんだ。ただ、あまりの人見知り。どう声をかければいいかわからず、雑誌で得た知識を頼りに慣れないコミュニケーションに挑戦している。そんな彼女の友達づくりチャレンジ。妙に空回って、けど自室でのひとりごと、ひとよに漏れ聞こえてるとか、ちょっと手の内バレかけてるのがいい感じ。ひとよも楓のこと、つかみどころはないけれど、結構嫌いではない? この距離感が面白い。悪くないと思いました。

2020年4月8日水曜日

『まんがタイム』2020年5月号

 『まんがタイム』2020年5月号、昨日の続きです。

『ご主人様!確保します♡』

新たな登場人物、ヒメ。クール? かっこいい系のお嬢さん? かと思ったら、またなにか独特ですね。元キャバ嬢というのですが、あのコール、あれ、キャバクラの文化なんでしょうか。

このヒメ含め、接客の中で皆の強み? 個性を見せていくところ、面白かったですよ。コトコの人気を支えている気配り、人懐こさ。お客からだけでなく同僚のメイドたちからも可愛がられている心子。心子の愛される所以みたいなのもしっかり描かれてましたよね。こういう面白さのベースになるキャラクターの掘り下げがされてるの、この積み重ねが強みになってきてますよね。回を重ねるほどに面白くなってると感じる理由がこれだと思うのです。

そして今回、ヒメの遭遇したトラブル。酔ったお客に絡まれて、あわや暴力沙汰!? になりそうなところに、元警官のマミが割って入って、ばっちり確保! ヒメからも尊敬の眼差しうけましてね、この一連の展開、シンプルなんですけど、気持ちよさありました。キャラクターそれぞれが持つ、愛される理由、慕われる理由。マミにとっては包容力であったり、いざという時の頼もしさだったりするんだなあ。ええ、そうしたことがよくよくわかる活躍が、マミをいっそう魅力的にしてくれますね。

『六畳一間の憑き物石』

瞬のこと意識しまくってるこいしと、なんらそういう意識もなさそうな瞬。この対比、見事ですよね。体に触れられない、突き抜けるからといって、躊躇せず胸元貫通させていく瞬に、恥ずかしがるこいし。もうまったく気持ちを察することのない瞬、この人がいろいろ心配でありますよ。

その後の相合傘も。本当、意識しまくっているこいしが可愛くて、でもってこうしたくだりがあったからこそ、手が触れあったあの瞬間の驚き、それが際立ったと思うんですね。

雨の日はこいしに触れることができる。新事実の発覚と、このことにこいしが照れるのは予想どおりとしても、瞬もまた若干の動揺を見せるのですね。ああ、これまでリアルに感じることのできなかったこいしの存在感。柔らかな手、自分の手に収まる小ささ。あの手を握った瞬間、瞬に一気に押し寄せたこいしという存在の確かさ。その意識の転換。これはちょっとした事件で、そして進展でありましたね。こいしの恋心? それが叶うかもしれない、そんな可能性感じさせる一大事でした。

『午前0時のおねだりごはん』

牛喰を怒らせてしまったこと気にしている米沢です。なぜだったのだろう、いろいろ考えめぐらせてみたり、そして許してはもらえた、和解こそはしたけれど、謝りたいと思ってみたり。なかなか思うようにことは運ばないんですけどね、牛喰に謝るタイミングなかなか作れないんですね。それで結局、おねだりの日にまで持ち越しちゃったりしてね、でもこうやって自分のことずっと考えてくれてたこと、牛喰が知ったらさぞや喜ぶことだろうなあ。

おねだりの夜も、なんとか謝りたい。でもって牛喰のわがままもきいてあげたい、いろいろ心配りしようとしてる米沢なんですけど、ペコペコお腹が場の雰囲気緩めちゃってね、この素直さ? おいしさを前にしての米沢の本音の隠せなさがこの人の魅力というか、可愛げを際立たせていました。でもって牛喰には、これが嬉しいんだと思うんですよね。牛喰についても、米沢からわがまま聞かせて、甘えてみせてっていわれただけで満足しちゃいそうな欲のなさ描かれて、これが牛喰の素朴な魅力をよく表現していたと思います。

とはいうけど、牛喰さんはもうちょっと甘えたり無理いったりしてもいいと思うんだ。それはそれで可愛いんじゃないかって思うんですよ。

『お天気おねえさんの晴れ舞台』

琴音の頑張り。それが知らないうちに認められていたという話。

憧れの気象予報士さんの講演会に参加するのに、おめかしして、気合いいれて、会場でも多くを学ぼうとメモとりながら、けどしっかりと楽しんでいるのがわかるその表情。その前向きさ、それが本当に気持ちいいと感じられる。ええ、琴音のよさはこうしたポジティブさ、明るさにあるのだなあ。この子を応援してる人たちは、きっと琴音のこうしたところから元気をもらっているのでしょうね。

そして憧れの気象予報士、沖友昭人。この人が天気予報で見たというかぶりものしていた女性、その人に感化されて雲のかぶりもの作ったりしちゃったっていうの、それ聞いてさぞや琴音は喜んだ? と思ったら、自分のことだと思っていない! 牧からそうと指摘されて赤面、一気にやる気ゲージをあげていくくだり、これが面白かったです。琴音の鈍感というか自分のこと二の次みたいなところがいいし、そしてなによりこの子の元気さですよ。実に魅力的でした。

『テレパス皆葉と読めない彼女』

ひんぱんに遅刻してくる皆葉をしかる先生。キツくいいたいわけじゃない、生徒のこと心配してのことだっていうんだけど、どうしても怖がられてしまうって悩んでる先生がちょっと可愛かったです。でもって、皆葉、心が読めるから、先生の生徒思いなところ、全部ちゃんとわかってるっていうんですね。皆葉の能力、このために遅刻しちゃってるわけだけど、このおかげで先生のこともよくわかる。ほんと、一長一短。いや、ばっちり人助けしちゃってるわけだから、彼の場合は長所も長所だよなあ。

遅刻の理由が超能力がらみというので、先生にいえないのが皆葉の悩み? かと思ったら、もうそのあたりのことはすっぱり割り切ってるんですね。自分のことは澄花が知っていてくれている。それだけでもう満足なんだっていう皆葉がね、なんか大人だよなあって。そしてそんな皆葉に澄花のいったこと、自分のことも大事にしてほしい、心配してるのは先生だけじゃないっていうの、ああ、自分も心配してるんだよって皆葉に念押しするところとか、ものすごく魅力的でしあ。この子、ちょっと押しの強いところあって、そういうところいいんですよね。

そして先生ですよ。生徒から嫌われてると思ってたけどそうじゃなかったって知るのね。ああ、頑張ってる人が報われる、誰かのために行動できる人が、ちゃんとそのこと知ってもらえて、誤解もとけてっていうことのありがたみ、それ、本当に感動的。ええ、先生の目に浮かんだ涙。さらには澄花も手伝っての感謝大ラッシュ! ほんと、先生、よかった。ええ、やっぱり澄花、このやる時にはやるっていうところ、とてもいいんですよね。

2020年4月7日火曜日

『まんがタイム』2020年5月号

 『まんがタイム』2020年5月号、発売されました。表紙は『おとぼけ部長代理』がメイン、ボウリングをしているところ描いたイラストでありますよ。ボールを投げる部長代理、その姿、堂に入っていますね。きっと青春の頃、ブームだったボウリングに打ち込んでいたとかなんだろうなあって思わせる見事な投げっぷりでした。『花丸町の花むすび』花子は、ピンのかぶりものして右手にボール、って、これプレイヤーなの? それとも店員? 謎がある。『軍神ちゃんとよばないで』虎は着物姿でたすきがけ、手には毘の文字あしらったボールでありますよ。考えてみれば時代を超えた娯楽です。でも、この子だと、なんかそれも普通に思えるのが面白いところだと思います。

『ローカル女子の遠吠え』

雲春くん、見事に有野家に入り浸ってますね。職場で出たとろろ汁の話題を受けて、今夜は有野家でとろろ汁をつくって食べるっていうんですね。あの、耳鼻科から帰ってきたりん子のあまりの反応。でもって怒涛のつっこみ。これ、りん子は盛大に拒絶してるわけですが、それはそれで感情表現が豊かになったり、なんか気が置けない感じ? ほのかに感じさせたりね悪くないなって思ったんですね。

とは別に、これ、りん子と雲春の恋愛的距離が縮まるイベント!? と思うより前に、雲春くん、りん子のお義父さんになるのかな? なんて思ったりもして、この先行きのわからなさ? それがまた面白かったです。

『瀬戸際女優!白石さん』

白石さん、戦隊ヒーローものに出演決定ですよ。しかも悪の女ボス。悪役と聞いて心底喜ぶ白石。でもって現場での様子も面白くって、手下役の若いのと一緒に筋トレしてるとかね、この人のこういう気さくというか飾らないところ、ほんと、最高だと思いましたよ。

ちょっと生意気な若手俳優にわくわくしちゃうっていうのもすごくいい。ええ、今回は白石の魅力、これでもかと発揮されていて、しかも女ボス、昔とった杵柄か! 白石の過去を知るマネージャーのあの表情。もう、笑いがノンストップでした。

そして白石に生意気な口を利いた彼、実は病弱な弟がいて、その子のためにヒーローとしての活躍を見せたいという話。ああ、こういうの白石、好きよね! ええ、ほんとよかった。でもって、なんか恋愛方面にも展開していきそう!? ほんと、この現場、いろいろ面白そうな可能性見せてくれています。

『茨城ってどこにあるんですか?』

今回は鹿島神宮ですよ。電車移動の長さにくたびれてる森戸が可愛いですね。眠そうにしてて、あくびしてて、でもそんなにも大変なの? と思ったら、遠回り、千葉を経由していくみたいなルートになってるんだ。

エピソードのメインは鹿島神宮の紹介、由緒とか名所とかだったんですが、そうした果てに多恵と森戸が歴史のロマンみたいなものに目覚めているの、それが素敵でした。

そして面白かったの。あの駅名のくだり! 日本一長い駅名。そういってたのに、まさかラストで覆されてしまうとは! ほんと、思いもしない展開。これはおかしかったです。

『良倉先生の承認欲求』

もうめちゃくちゃ面白い。SNS用の写真を撮りにいきたいからと上枝を鎌倉に誘う良倉。上枝は、自分のイラストのネタ探しにもなるからとその誘いを受けるんですけど、まさかそのネタっていうのがあんなだなんて! いや、ほんと、面白かった。まさかの良倉擬人化。間違えた、もともと人だった。女性化っていうんだから、もうたまりません。

わりとわがまま? わりと極端な良倉の言動を、彼の演じるOLさんの設定に寄せて、可愛い女性の可愛いわがままに変えてしまおうっていうんですよ。コレだ!! って、それでいいのん!? しかも、これでいくと決めてからの上枝。もう見るからに楽しそうで、ええーっ、良倉とのデートを楽しんでるみたいになってるよ! 素晴しい、たまらん、最高でした。

で、このイラストがやたらいいねを集めるっていうんですね。ああー、これ、良倉が嫉妬する流れじゃ!? と思ったら、自分の設定が評価されたからって嬉しそうなのね。ほんと、この人、なんだかんだ単純で素直でわかりやすくて、それが可愛いのだと思う。いやもう、見事なヒロイン力を見せつけてくれた良倉でした。

『ハニトラなんか怖くない!』

取引先の水木部長。この人の可愛さが見事に発揮された回でしたね。綾小路にふたりきりでのビジネスランチの申し出。これってもしや自分が狙われているのでは!? 不遜なこと考えているな、綾小路! でも水木部長のお目当ては山田さんだっ! って、予想外のこの流れ。でもどうやって山田さんを誘うのかなと思ったら、綾小路が水木部長と会うと勘違いした山田さん、ノータイムで自分もいくと宣言。さらには綾小路の上司からの覚えもめでたいという、この勘違いの連鎖? テンポがいい、面白い、まさに最高でした。

でもってビジネスランチ。ああー、水木部長の可愛さ、これでもかと押し出されてくるな。可愛いカフェを所望したのは水木部長でしたっていうのね、焦る様子が可愛いんだけど、いやいいじゃん、可愛いもの好きでもさあ。さらにアフタヌーンティーに搦め捕られるあの姿。めちゃくちゃ可愛いな! ほんと、あの喜びようなども見事、超チャーミングでした。

そして水木部長からの質問。ああー、綾小路と山田さんの関係ね。明確になりましたね。山田さん、幼馴染みと明言。でも、綾小路、わかってないね!? じいさん家に帰ってたこと、そこで自分のこと確認したんでしょう? という山田さんに、知らない、わからないといえない綾小路。ああーっ、なんか君、ドツボにはまった感があるぞ! でもって、山田さんのちょっと意味深な言葉? 表情? 実に魅力的なんですが、え? それってどういう含み? なんかいろいろ考えちゃうんだけど、だってね、過去の自分のこと思い出したら態度も変わって当然なのにっていうことなんでしょう? いやはや、ちょっとスリリング。山田さんの秘密? 真実? それが気になるわけなのですね。

2020年4月6日月曜日

ima+ ウォーキング・グローブ

 Fit Boxing』をより効果的に楽しむためにウエイト入りのグローブを取り入れてる人がいる、なんて話をしていましたね。実は私も導入していたのですよ。ぶらりと寄った100円均一の店で見つけた手首に巻いて使うウエイト。250グラムのをふたつ買いまして、負荷をかけて運動してみたら、これがまあいい感じにくたびれる。腕の振り出し、そして戻しにより一層の筋力が要求されるようになり、細くなったといっていた二の腕もふたたび太くなってきてご機嫌です。でもこのウエイトに問題発生。中に詰められている砂が漏れるようになってきましてね、ああ、これは困りました。とりあえずこのウエイトはもう使えません。

ということで、新しいウエイトどうしようかと迷っていたんですよ。手首に巻くやつは、ベルトをしっかり締めないとグラグラ動いちゃうからね、キツめキツめに巻くでしょう。そうすると布地が引っ張られてどうしても傷みやすくなってしまいます。それに、250グラムと軽めのウエイトとはいえ、それなりの重さのものがブンブン振り回されるわけでして、そのたんびに、あっちにこっちに重りが引っ張られることになる。こういうのも布地に負荷をかけて破れ目を作ってしまう要因だったのかもなあ。

なので次はグローブタイプがいいのではないか。けれどそれがどんなものかよくわからない。それに商品の名称がわからんことには検索さえもできないわけで、とりあえずグローブ ウエイトで探してみたらば、ウエイトトレーニング用のグローブ、手がすべらないように使うやつですね、そういうのばっかり出てきてもう駄目かと思った。ようやく見つけたウエイト入りグローブはなんと500グラム。これはちょっと重すぎるな……。

友人が教えてくれました。自分が使ってるのはこれだって。300グラムのウエイトが入ったウォーキンググローブ。広くネットを探してみれば値段も手頃で試しやすいときています。ちょっと迷いはしたんですけどね、ウエイトなしの運動に物足りなさを感じていたものですから、思いきって買ってみました。送料込みで1200円ちょっとという安さもありがたい。また、実際に『Fit Boxing』での使用実績があるのも安心感ありました。

使ってみての感想です。

Joy-Conが持ちにくくなるというのは事前に聞いて知っていました。実際、ちょっと落としてしまわないかと心配するくらいに持ちにくさを感じて、それからしばらくは安定する持ち方を模索していました。運動の途中で誤ってホームボタンを押してしまったりするハプニングもありながら、とりあえず今はそれなりに安定して持てるようになっています。

使ってみて意外だったのは、手首に巻くウエイトだとどうにも安定しなかったフックが、これだと気持ちよくキマるところでした。これは振りの影響でウエイトが揺れにくいからなのかも知れません。反対にアッパーが、振り方の違いのせいでしょうね、遠心力でグローブが浮く感じになるので、若干打ちにくいと感じます。ただ、これは打ち方の工夫でなんとか克服できそうな感じ。もう少し模索が必要です。

250グラムから300グラムに増量することになったけれど、そこまで負荷に差は感じません。むしろ手に無理なく装着できるからか、こちらの方が楽に感じるようなことも多い。以前のウエイトと違って、しっかり巻くために締めすぎて痛くなったりしないのも良好です。ただ、まだやっぱりコントローラーの持ちにくさは感じるから、これはグローブが手に馴染むの待ちかも知れません。

2020年4月5日日曜日

『まんがタウン』2020年5月号

 『まんがタウン』2020年5月号、昨日の続きです。

『立ち呑み布袋でもう一杯』

誕生日イベントをやるんだそうですよ! 店員と勝負して勝ったらドリンク半額。それで白瀬クン、指相撲を熱烈希望するわけですが、ああー、店長さんの手を握りたい一心だな君。でも、それはきっと店長じゃなくて舘さんと手を繋ぐフラグだよー、とか思ってたら、ああー、誕生日の方が舘さん!? 店長にといろいろ迷いながらも気合いいれて選んだプレゼントが舘さんに渡って、ああ、舘さんの感動の涙が美しいですね!

イベントの主役は舘さんだから、やっぱ指相撲も舘さんとだよね? そう思っていたら、こちらはちゃんと店長さんと! 念願叶いましたね。場も盛り上がって、お客さん皆も楽しそうで、白瀬クンもいい笑顔見せてね、ほんといい時間だったんだろうなあって心底思わせてくれる今回。ラストで現実に引き戻されてますけど、こうしたいろいろ忘れてしまうほどに楽しかったんでしょうね。ええ、読んでいる私もすごく楽しい時間を過ごしましたよ。

『部長と2LDK』

この漫画、最高だな。仕事を終えた部長の腕に待ってた菜々が抱きつくの。ぎゃーっ! つきあってるのかよーっ! もう、ほんと、どんだけ菜々さん、部長のこと好きなのよー。とか思ったら、ああ、鍵をお忘れでしたか。

でも、ふたり仲いいですよね。どんどん距離も縮まって、さらに加えて、なんかお互いに地を出せている感じするじゃありませんか。って、菜々は最初から全開だった気がしますが。

今回、溜めてしまった洗濯物を一気にコインランドリーでやっつけるっていうんですが、それもまた楽しそうなの。洗濯が終わるまで待ってる時の会話。いきとどかない掃除、見て見ぬふりしてるのか、部長! めちゃくちゃ可愛いな。自分のことガッカリしてないかって菜々に聞く、いつになく弱気な様もまた美しい。ほんと、今回も部長可愛い月間だなあ。そう思っていたら、いや、違いました。違いましたよ。今月は部長かっこいい月間でしたーっ!

女ふたりでの帰り道。暗い夜道、ふたりの背後に不審な影! 脳裏によぎる部長の後悔。けれど菜々だけは守るというその決意を見せたあの表情! 凛々しさがもうたまらない。これ、まったくの杞憂だったんですけどね。でも、それがわかるまでの緊張感ったらたまりませんでした。また、こんだけ緊迫したからこその、あの落差ですよね。ほんと、決して酷いことにはなるまい。そうは思いましたけど、ハラハラしましたもん。それだけに、ああ、やっぱり大丈夫だったーっ! ワンコの表情ともに広がる安堵感。見事でしたね。

そして帰宅後のふたりの様子もとてもいい。ああ、部長、赤面してる。いやいや、かっこ悪くなんかないよ。ほんと、ふたり、どんどん特別な感じになっていきますね。この関係が変化し深まっていく様子もね、ほんと、大ご馳走だと思います。

『珈琲と猫の隠れ家』

最終回でした。むーちゃんの卒業の日。あのお客さんに引き渡すためにキャリーにいれようとするんですが、むーちゃんが嫌がっちゃって、もうふたりとも傷だらけになっちゃってというんですが、この困った状況を後木が、むーちゃんがこの場所を気にいってくれてるんだっていって喜んでるの。ああ、この人のこういうものの見方、本当に素敵だと思う。この人の気持ちの根っこにあるもの、それがいいんだろうなあ。そしてそれがお客さんの胸に火花を引き起こした瞬間! ああ、動き出しましたね。ええ、ふたりの関係、動きますね。

閉店後の後木と店長の会話、これもとても素敵でした。店長の、後木の気持ちを見通すように語りだすところ。それが後木の心に響いているところ、それが見てわかるように思うんですね。ちょっと無愛想? ちょと怖い? そんな店長だけど、その胸中に守っているもの、確かなもの。その揺るぎなさに、ちょっと涙が出そうでした。

さて、むーちゃんの飼い主さん。その後、この店にはこなくなったのかな? それに後木の恋。それは語られないままなのかな? なんて思っていたら、ああ、ちゃんと描かれてますね! このあからさまにではないけれど、ちゃんとわかるようにしてくれている。そして店長もちゃんとわかってる。ああ、いいラストでした。けどもうちょっと長く見ていたかったな。そう思ったら、来月に特別編ですか。ああ、これはまた楽しみです。

2020年4月4日土曜日

『まんがタウン』2020年5月号

 『まんがタウン』2020年5月号、発売されていました。表紙は『映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキキングダムとほぼ四人の勇者』。今号で漫画が最終回を迎えることもあって表紙でもメイン。クレヨン手に絵を描くしんのすけと、その様子を見守っている? ぶりぶりざえもん。そしてなんか冷や汗かいてるブリーフ。メインのキャラが勢揃い? ええ、ニセななこもいますよ。しかし、これ、いくらニセモノとはいえ、いわれないとななこおねえさんとは気づけないな。他に連載陣、主役もぞろりと描かれて、今月からの新連載『あさひ大家族』あさひも気張って出張っています。

『新婚のいろはさん』

はじめが漫画で描いているキツネどん。キャラクターとしての動物をさらっといくつか描いて見せてみて、先人が作ってくれていたらしさの記号、それがあるから楽に描けるという話。これ、逆にいえば見る側にとっても同様で、目のまわりが黒かったらタヌキみたいなね、その記号のおかげでそれがなんであるかわかる。この共通の了解ごとがあるというの、これはなかなかすごいことなんだと思ったりしましたよ。

そしてそこから動物園にいくことになるの。それも大きな動物園じゃなくて、手頃な自然動物公園。このこぢんまり感、いいですね。日本にもともといるような動物が展示されている。と思ったら、終盤フェネックとかミーアキャットとかカピバラ、ユーラシアカワウソ。ちょっと国内飛び出していますね。でも、こういう小動物いいですね。

リスを見にいったくだりでのいろいろ。埋めたクルミが速攻で横取りされたりしてるの、これ実体験だったりするんでしょうか。そう考えると、今回のもろもろ、それ自体が取材の結果なのかも知れないって思えてきて、そういう漫画内の漫画家と実際の漫画家のリンクしてるかも知れないという感覚。不思議と面白かったです。

『平日休みの堀出さん』

今月の堀出夫妻。ふたりで花見をしようっていうんですが、残念、桜はとうに散ってしまっていて、公園いってもすっかり葉桜。東北にはまだ残ってるみたい、つくしが提案するも夫、満吉、もう飲んでしまってたかあ! これ、うまいこと東北遠征の可能性潰して、近場で桜なしの花見を成立させるべく試行錯誤する流れに放り込みましたね。でもまさかこの流れの先に、花がない中、花が見たいつくしが自分だけ努力が要求されるって不満もらすなんて展開がくるとは予想外でした。

今回の面白さ、ラストに一番のピークがきて、そのまま終幕するの、それがすごかった。実はつくし、すでに花見してたって。しかもその時に夫の写真を飾ってたから勘違いされてたかもっていうの、ほんと、もしかしたら満吉が二度見されてたところ描かれたりしてたんじゃないかって最初まで戻って読みなおしましたよ。この、今まで見てきたものさえなにか変容させるような落ち、これはなかなかに効いていました。いい切れ味でした。

『私たち同じ人を好きになりました』

舞台を見にいったのをきっかけに仲良くなったあっちゃんとみっちゃん。これ、どうもみっちゃんはあっちゃんの働く会社の社長っぽいと匂わされているんですが、もちろんあっちゃん、敦子はその事実に気づいていない。実際今回、みっちゃんが自分が社長であること話しましてね、敦子に自分の会社にきてほしい。そういいながらも、これがまあうまいこと会社名とか出さない流れになってるの。みっちゃんが名刺忘れてたり、あと今の会社が気にいってるという敦子の言葉聞いて、あえて会社名を聞かないとみっちゃんにいわせるあたり。不自然さとか感じない。むしろ、芝居、役者のケンさんをつながりにした友達であることを大切にしようとしてる。そんな風にも思われて、むしろふたりの仲をより魅力的にさせるところあったと思ったりしたんです。

そしてみっちゃんの社長モード、描かれましたね。おおう、社長モードだと眼鏡なしで、結構険しい感じだ! 雰囲気、全然違うんですね。なるほど、敦子が気づかないわけだ! 納得させられて、ええ、このふたりが互いに相手の会社のこと知るの、きっとこりゃ最終回だな。それまでの、バレそうでバレない、距離はどんどん縮まるのに、それでもうまくバレ回避される!? そんなギリギリ感? 楽しんでいくことになりそうでわくわくさせられますね。

2020年4月3日金曜日

『まんがホーム』2020年5月号

 『まんがホーム』2020年5月号、昨日の続きです。

『2年B組オネェ先生』

のっけからえらいことになってますよ。落としたスマートフォンを囲んで、教頭、宗次郎、浩介が立ちつくしている。いったいなにごとかと思ったら、その画面に映るファンタジー衣装の美青年。それが教頭だというんですよ。教頭、顔面蒼白。なんとかうやむやにしようとするも、宗次郎の目はごまかせない。骨格が一緒だって。かくしてコスプレが趣味とバレた教頭! ということは、あのコスプレ美青年。実はコスプレ美中年だというのですか!

厳しく生徒の風紀を取り締っている教頭自らがこれというのは、それこそメイクばっちりで写真にどうだと写り込んでるというの、示しがつかないってやつなんでしょうね。でも宗次郎は追求を緩めない! ノリノリでぐいぐいいくのがもう最高で、逃げる教頭をとっつかまえてのしかかりだーっ! そして花咲くメイク談義! いいんじゃありません? これ、大変いいんじゃありません? しかしなにがいいといっても、コスプレについて熱く語る教頭ですよ。いやー、これ最高じゃんよ。

で、これ、秘密は秘密にしたまま、教頭と生徒の距離を縮める試みを打つ宗次郎がまたいいじゃありませんか。教頭による就活メイク講座。これ、生徒にも、そして教頭にもいい案だったと思うんですね。そしてラスト、コスメめぐりに興じる教頭、宗次郎ペアですよ。おおお、これ、なんかいい情景ではありませんか。ほんと、いいですよ。つうか、教頭、普段と全然違って、なにこの艶姿! でもこれがまたいい感じなんです。

『座敷童子あんこ』

もう、めちゃくちゃ面白い。人を喰いたくてたまらない山姥のもとにたどりついてしまった幸太郎とあんこ。やった向こうからご馳走がやってきた! 最初は喜んだ山姥がですよ、あんこの正体がわかって一瞬絶望する。というか、あんこ、昔から妖怪たちの間でもやりたい放題だったのか。すごいな。あの恐ろしい仕返しっていうの、ほんと、おかしい。っていうか、天狗もひとつ目小僧も純真じゃないか! たまらんな、この一コマ。

なにをやるにもうまくいかない山姥の焦り。ただの人だと思っていた幸太郎が、人骨見てもまるで動じない予想外の胆力の持ち主で、そしてここから幸太郎の父の話題に。山姥探しをしているボーンコレクター。やべえ。ここにきて山姥、逆転大ピンチじゃん。見つかったら解剖からのホルマリン漬けコースが確定する。

やばいふたりにおひきとり願う時の山姥のいいわけ、パッチワーク教室とかもうめちゃくちゃ面白く、そして危機が去ったと思った矢先のパパ上到来でしょう。なんだこのホラー展開。しかも被害者側が山姥やぞ。ほんと、最高におかしかったです。

『歌詠みもみじ』

長野と盛ちゃん、まさかの破局!? 平気そうに見せて恨み骨髄。まさかの藁人形持ち歩きですか!? そこからの情緒不安定。若干のストーカー気質。ああ、そりゃあ好きだったっていうんだから、そうそう簡単に切り替えはできませんわなあ。でも、この盛に振り回される周囲が大変。一撃で撃沈判定の先生を皮切りに、夜な夜な電話に突き合わされる友人たち。電話受ける側は疲労困憊なのに、盛は見事に生き生きしていて、まるで生命力を吸われているがごとしだ……。

今回は盛ちゃんの執念深さ、そして現金さが見事に発揮されて、いやイメージ壊れたりとかはなかったかな? むしろ、この子のらしさがより一層に強く押し出されて面白さもひとしおでした。

そしてラストの急転直下。まさかのまりながもみじの川柳セット手にしちゃってますよ。どんだけ衝撃だったのか。でもって、最初はもみじ、まりなだけだったついてけねえ組が、しまいには千恵まで加わってるっていうね。あの表情の三者三様。見事だったと思います。というか、まりなさん、ちょっと怖いですよ。

『うちの秘書さま』

はじめ様、七瀬に誘われて一緒に映画ですってよ! そこからのもろもろ、めちゃくちゃ面白い。メイドたちに大げさにされるの嫌がったはじめの書き置き! 家出か! そして出先で出会った山田を撃沈せしめるはじめの言葉。転げまわらん勢いで面白かったです。というか、これ、嘘じゃないっていうのがつらいよね、山田くん!

七瀬と合流してからも面白い。って、やっぱりメイドさんたち、ついてきてるんだ! 七瀬がセールにひかれてふらふらと買い物してしまった大荷物、それをたまたま通りがかったとかいって屋敷に運んでくれるメイドの頼もしさ。そしてさらに、喫茶での支払い、先にすませてくれているって! めちゃくちゃ面白い。どんだけ有能なの。もうたまらん面白さでした。

七瀬と見た映画というの、はじめの苦手なホラーだったっていうんですけど、そのタイトルが『ずっと見てる』。で、そんなふたりをずっと見てる影ですよ! メイドさんたちーっ! こういう小ネタもいいですね! ほんと、はじめ、七瀬ふたりの様子もよければ、ふたりを見守る周囲もまたいい。はじめがメイドさんたちのことちゃんと気づかうのも素晴しかった。とはいえ、そのおみやげの代金、先に支払っといてくれてるって! この落ちもまた見事、最高だったと思います。

2020年4月2日木曜日

『まんがホーム』2020年5月号

 『まんがホーム』2020年5月号、発売されました。表紙は『らいか・デイズ』、アジの干物のくわえてるらいかですよ。これ、朝ご飯ですね。ご飯、味噌汁、アジの干物。ちょっとレトロ? 懐かしさ感じたりもする、そんな朝ご飯ですね。この他には、『孔明のヨメ。』孔明、月英のふたりが、これは朝の屋台ご飯? お粥に饅頭に麺? ドリンク? いろいろあって、これはにぎやかな朝食です。『2年B組オネェ先生』は、姉崎宗次郎、華麗にハムエッグ? この慣れた感じが見せますね。

『天国のススメ!』

驚かしてはいけないと、人の姿を装ってやってきたあやかし。けど、その怖ろしげな様よ! 気遣いが逆に仇になってるーっ! あの、心底こわがる太一と母がおかしくて、でこの母よ、怖ろしげな変装といたら出てきた可愛い猫耳少女に、完璧心持っていかれてるじゃないですか。そうか、人形のモデルにしちゃいたいくらいか。わかる、わかります。

この小さなあやかしの恩人探し。亡くなってしまったと人の噂に聞いて町におりてきたというのだけど、この恩人もまたあやかしだったっていうんですね。しかも、このおチビさんを怯えさせないために、ちんまりと無害そうなお婆さんに身をやつしていたという。これもまた気配り! で、その変化をといてからの展開。またも太一、心底ビビる!

変装姿にビビり、変装をとかれてビビりと、驚きのタイミングにバリエーション持たせてるの素晴しい。で、このおチビさんの素直な心。なんかあやかしに太一、ふたりの心を浄化したといいますか、なんかすっかり虚心坦懐って感じになってるの、これがまた面白かったです。

『孔明のヨメ。』

曹操軍を迎え撃たんと動き出す孔明に月英。なにか足止めに使えそうなものを探してほしいと頼まれて、城内を駆け回る月英です。ああ、この人の着眼点。どこを探すべきか必死に考え、そして気づいたもの。しかもそれ、ただありあわせの資材というんじゃなくて、孔明なら打つだろう策を見越してのサポートになるっていうんだから素晴しい。ああ、この理解の交差しあう瞬間、見事に気持ち持っていかれました。

そして孔明の策ですよ。各将軍に作戦を伝えて動いてもらうんですが、趙雲の役割が面白い。曹操が放った密偵が罠にかかっているはずだから、それぞれに違った偽情報を吹き込んで逃がしてやりなさいっていうのね。嘘にバリエーション持たせるのに苦心してる趙雲がなんだか可愛かったです。

で、これね、一貫した偽情報じゃなくていいのかと思ったら、むしろバラバラで統一性のない方がいいわけですか。相手方に混乱を引き起こし、思ったように動かす。この欺瞞工作の成功にまたも驚く趙雲、これもまたよかった。ほんと、この趙雲の素直なところ、すごく面白かったです。

『恋はリベンジのあとで』

泉の植物鑑定連敗のくだり。めちゃくちゃ面白かったです。一緒に作業している梅原さん。ベテランさんかな? って思ったら、泉と同い年なんですか。ふたりの気の置けない感じ、ざっくばらんなしゃべり口。それがとてもよくって、梅原、この人の存在におおいに興味、期待をかきたてられました。

泉がかつて石田亘にやらかしたいろいろ、しっかりばっちり覚えているところも面白い。ああ、泉と石田、双方の過去を知る重要人物といった風になっていくのでしょうか。しかし、この人の泉とのやりとり、本当に魅力的。泉が植物の判定を間違うたびにズバッズバッと指摘していく、その切れ味や見事。そしてワレモコウのくだりもね。泉のポンコツ? そこにしっかりとりついてエッジ利かせてくる。そんなシャープさが素敵な人だと思いました。

『うちの可愛い掃除機知りませんか?』

ああ、次回最終回なのかあ。いや、だよなあ。なんとなく予感はしてたし覚悟もしてましたーっ!

智枝のもとにやってきた新しい掃除機のアプリ。かつてのアプリの記憶はなく、姿こそは同じでもそれは違うアプリさん。でも智枝はそのアプリにも、かつてのアプリに通底するものを見つけて……、というところで、アプリ覚醒!? 記憶取り戻したってよ!? 混乱するアプリに、その行動が読めず戸惑う智枝。そして、まっすぐ自分を見つめるアプリのその表情、言葉に、かつてのアプリがそこにいると気づく智枝。ああ、よかったです。きっとこうなるのだろう、そう思っていたことがかなって、本当によかった。

そして、イヤという感情、それを語るアプリの言葉に表情、ぐっと胸つかまれる思いして、そして智枝の笑顔。ああ、素敵な再会だ、そう思わないではおられなかったんですね。

しかし、これ、きっと透の仕込みだろうな。前回、ひとり余裕見せてたところからしてもそうだろうなあ、そう思っていたら、智枝もアプリもやっぱりそこに思いいたった? ふたりしておとなりに突撃ですよ。ああ、なんか面白くなりそう。次回は最終回、終わるのはやっぱり残念だけれど、この皆がどんな状況に放り込まれるか、それが本当に楽しみで、十萌との再会なんかもね! いやもう、楽しみで、けどちょっとでも先延ばしにしたいみたいな気持ちもあって、この落ち着かなさ! なんともいえないアンビバレンスです。

2020年4月1日水曜日

キャプテンスタッグ CAPTAIN STAG UG-3035 [ココット 10cm]

 以前、愛用の小鍋の取っ手がとれてしまったっていってましたね。結局その後、一年間、取っ手のないままに使い続けて今にいたるのですが、先月くらいにちょっと縁を欠けさせてしまいまして、そこから蒸気が抜けるようになってしまったのでした。さあ、困った。最初はなんとか欠けた部分を補修しようと思ったのですが、やっぱり直火にかけるもの、また口に入れるものを調理する道具だから、知識もないのにおいそれといじれない。金継ぎだよってアドバイスもあったんだけど、いやいや、そんなの価格面で折りあわないよ! そうして考えて、考えて、以前チェックしていたキャプテンスタッグの鉄製ココット、こいつをもう買っちまおう。買ってしまったのでした。

このココット、シーズニング(カラ焼き)不要とありまして、食器用洗剤で洗って植物油を塗ればもう調理可能になるという、その手軽さがありがたい。最初は、休みの日に届くようにして、一日かけて焼いて油塗ってをやらんといかんかなって思っていたのが、一気にハードル下がったおかげで、到着したその日に使いはじめることができたのですね。

さっそく洗って軽く火にかけて、そしてオリーブ油を塗ります。熱がさめる間に運動をすませて、そして試してみましたよ。

初日は以前使っていた陶器のものと同じ火加減で焼いてみました。中火で3分。火をとめてからまた3分ほど蒸らすのですが、これ、火にかけて2分くらいからちょっと焦げてるみたいな匂いしてきて、あ、これはいかんかも知らん! ちょっと焦りながらも、まずは試しと我慢して待ってみました。

思ったほど焦げてない! というか、パリッとした感じ、目玉焼きの白身のはじっこの焦げたところみたいな感じでしたよ。白身はきれいに鍋肌からはずれて、こびりついたりはまったくありません。ただ、やっぱりちょっとしっかり火が通っていて、もう少し火は弱くていいのかも。焦げた白身も、スプーンではちょっと切りにくいときています。

ということで、二日目は若干弱めの中火で調理してみました。

ふっくらもっちり、おいしくできました!

もうちょっと黄身が半熟でもいいんですけど、これは蒸らし時間で調整可能でしょう。ともあれ、鉄製のココットでちゃんとおいしく卵が調理できることが判明。これはいいですよ。白身もほぼ焦げておらず、鍋肌からきれいにはがれるのは前日に同じです。

このココットは鉄の鋳物なので、油断すると錆びるそうです。なので使用後は水いれて軽くわかして、きれいにしてから、軽く焼いて水分をとばし、オリーブ油を塗って乾燥させる。

めんどくさい!

けれどこれできれいに使えて長持ちするのなら、少々面倒でもちゃんと手入れしていこうと思います。しかし、これが千円ちょっと。コストパフォーマンスいいよね!