2017年10月17日火曜日

『まんがタイムファミリー』2017年12月号

『まんがタイムファミリー』2017年12月号、発売されました。表紙は、ハロウィンですね、『大家さんは思春期』チエちゃんが可愛く魔女っぽい格好していますよ。『この恋は深見くんのプランにはない。』深見は、ええと猫耳、猫しっぽ? かっこいい黒の正装に可愛いオブジェクトのギャップがいい感じです。『ちっちゃい先輩が可愛すぎる。』駒井先輩はカボチャのランタンづくし。かたわらに立つ高瀬の適当幽霊? おばけ? もなんかいい味出してますね。

『マイ・ベスト・腐レンズ』、ゲストです。隠れ腐女子、九条が主人公。知られたら友達づくりも恋人づくりも絶望的、必死で隠しているというのに、クラスの男子、飯塚は教室で堂々BL漫画を読んでいる。何者!? なんと作者だというんですん。ペンネーム、ヅカ子。なんだかやたらとマイペースで、九条にBL漫画の感想求めてきて、ちょっと常識はズレてるっぽい彼だけど、わかりあえるっぽい展開は正直なかったのだけど、同業者であることは見事に露呈しましたよね、九条さん。なぜ飯塚が九条に声をかけたのか。本当にただの勘違いないし思い込みゆえ、女子なら誰でもよかったのか。それとも声をかけるにいたる特別な理由などあったのか。この、飯塚にとって九条がベスト腐レンズたるに充分な理由が見えたら、きっともっときそうな感じがしますよね。ところで、BL本見てゴロゴロしてる九条さん、いいと思いますよ。

『役職名はお嫁さん』。鹿沼が病欠。無理して出勤する必要はないといいかけた獅子本にかぶせるように、そんな気毛頭ないという鹿沼がすがすがしいですね。しかし、ちゃんとした会社だ。獅子本も、プライベートこそああだけれど、上司としてはとてもいい感じですよね。帰りに見舞いにいきましょう。美如の提案をうけて、獅子本と美如ふたりで見舞いにいくことになるんだけど、ほんと今回珍しいくらいに美如がうちのめされてて、寝込んでるときに仕事のことは考えたくないんじゃないかなぁ。でも、それ、座りこむほどにショックだったの!? 陽大の差し入れ、これが酷い! 健康の神様って、これ、自分のところに置いとくの嫌だから押し付けられたって思われても知らないよ!? でもって微妙にカオスなお見舞い風景あり、それをね、職場の人たちに恵まれてるって思ってた鹿沼がですよ、残されたもの見て正気に戻るっていうのがね、ほんとおかしいの。いや、でも、恵まれてると思いますよ。最後のレポートね、というか、ゆっくり休んで! 最後のお礼の言葉ね、よかったなあって素直に思わされるもので、ええ、鹿沼、いいメンバーになってますよね。

『牧場OL』、うお、一気に話が動きすぎだよ! 野花、本社に戻れる可能性を糸魚沢から打診されて、おお、どう答えるんだろう! と思ったら、その前に会社の状況説明されましてね、ああ、状況は変わりゆくものなのだなあ。と思ってたら、うおお、鶴沼が酒の勢いで虎杖浜に告白だぁ! 涙の告白、めっちゃ可愛い! うおお、なんでだ、なんで虎杖浜なんだ。ああー、鶴沼ようーっ! かと思えば、鹿谷、鷲巣のふたりも一歩前進ですよ。いあうおおうえいああおおあうああおおぉ! 恋の進展あらば、なんかやさぐれてる野花のあの顔! まったくそういった話のない人もあるって感じで、この対比が実におかしい。そして野花の選択ですよ。牧場に残ります。ああ、この選択がどんな結果を生むのでしょうね。次回、最終回! ええ、最終回、なにが描かれるのか、楽しみです。

『ウチが古武道宗家』、ゲストです。のっけから、やけにオープンな痴漢だな! ひえっへっへっへっへ、って、まあどうやっても変質者なんだけれども、あんまりにもオープンすぎるよ! そんな痴漢をぶっとばしたのがヒロイン、万堂薫。古武道道場の娘で、父はこの娘に後を継がせたいと思っているのだけど、薫はその気がない。理由の一番は、武道の構えがダサいからなのか。でも真面目に稽古してきたために、構えがすっかり身についてしまっていて、とっさのはずみで出てしまうんですね。町で遭遇したひったくりも見事に制圧して、感謝されて、でもやっぱり武道は恥ずかしいんですね。武道の構え、しっかり描かれてたように感じるんですが、この武道ががっつり描かれたりしたらいい感じかも。結構、武道系、好きなんですよ。とはいえ、四コマでそういうのやるのは大変すぎるだろうなあ。

  • 『まんがタイムファミリー』第35巻第12号(2017年12月号)

2017年10月16日月曜日

『まんがタイムきららミラク』2017年12月号

『まんがタイムきららミラク』2017年12月号、発売されました。表紙は『うらら迷路帖』。メインの5人が、いや6人が、ああ、これは正装ですね、勢揃いして手を振ってくれていて、ええ、これには意味がある。『まんがタイムきららミラク』、今号にて休刊であります。ああ! 最後の表紙に、こうして華やかな表紙を彩ってくれて、また寂しい別れもある休刊を、ほがらかに、笑顔をもって告げてくれて、ええ、せめてもの慰め、さみしさの中にはなやぎもある、卒業式に似た感触を得ましたよ。それでもちょっと切ないですね。好きな雑誌だったからこそ、なおさらでありますよ。

思えばミラク Vol. 1は、2011年の3月に創刊されたのでした。大変な時期でしたね。色々と不安に心が揺れる中、職場の昼休み、誰もいない会議室で目を落としたミラクの誌面、その印象は今もなお心の中に残っています。その独特の誌面、いかにもこれまでなかった四コマを切り開こうという意気が感じられて、新鮮で、ああこれは好みだって思ったものでした。そうだ、ドキドキ☆ヴィジュアル進化型、FreeStyle 4komagazineとかいうキャッチフレーズでしたね。なんか懐かしい。スタート当時の印象は、かたちを変えながらも今も確かに残っている。長期掲載があった。新しく現れる漫画たちがあった。そうしていろいろが変わりながらも、変わらぬチャーミングな雑誌、他では生まれなかったものに出会える、それがミラクだったと思っています。

今月は4回に分けて感想を書いていくつもりでいます。他の雑誌の感想もあるので、飛び飛びで、長くかかる、下手したら月をまたぐかも知れない、そんな気の長い感想になると思いますが、途中で力つきないよう、最後までじっくり読んでいけたらと思います。

うらら迷路帖』、八番占試験、決着しましたね。ひとり戻ってこない千矢。果たして彼女は今どこにいるのか!? ええ、やはりりらのことを追っていて、自分の望みを占わせる少女、しかしそれはうらら達への嫌がらせ? ずっと怖れられていたこの子のこと、放っておけなくて食い下がる千矢の粘り勝ちでしたね。いや、勝ち負けなんかじゃないね。むしろ、りら自身、自分も思わぬかたちで、ずっと助けを求めてたんだと思う。そんなりらの迷いを引き受け、見事解決への道筋を見出した千矢、ほんと、りらのこと親身になって考えていたんだなあ。見どころはくろう占いですよ。どうやってもできなかったくろう占いを、この土壇場で成功させて、そして自身蓋をしていたりらの本心を引き出して、この大逆転劇。ただ逆転した、最後のギリギリで試験に合格しただけではない、もっと豊かなものを描いて見事でしたよ。欲をいえば、りらのその後も今後語られたりしたら嬉しいですね。ええ、りらが千矢たちの仲間になってたりしたら、それはそれは素敵じゃないですか。

『mono』、ちょっとメタな感じではじまりましたよ!? 撮影だけじゃなくそろそろなにか展開が欲しいというの、まさかここでハルの側に動きがあるとは予想もしませんでしたよ。ハルのところに現れた謎の人物。高校時分の友人、カコがハルを攫ってバイクに乗せて、疾走! ああ、これ、モトブログっていうんだ。車載カメラですよね。オンメットのカメラでもって撮影した景色やらなんやらを公開しとるのね。ああ、こういうのも面白いなあ。しかも、ちゃんとこの漫画のテーマに沿ってるっていうね! ハルの来歴、その奔放さが語られた今回ですが、カコのモトブログはじめるにいたった理由なんていうのも、なんというのだろう、ちょっとわかる。新しい風を求めたのかい? マジメな話は柄じゃないってタイプみたいですけど、その感触、理解できる人多いと思うんですよ。でも、それを実際にはじめられる人は決して多くない。だから憧れるのだと思うんですね。ピンチを機転で解決したりという本編の展開もとてもよかったですよ。アップダウンの展開におだやかさ、心情に踏み込んで語る描写が加わり、胸に迫るものありました。

城下町のダンデライオン』。扉の茜様、お美しい! ああ、茜様! 茜様! かと思えば、本編はすごく重苦しいよ! ああ、アンジェの父は、威圧し屈服させる父であるのですね。子供時分の抑圧、それを今も夢に見るんだ。ああ、そうか。この抑圧から解き放ってくれる人、それが茜様でありましたね。アンジェにとっての茜様、その大切さが思い返されます。でも今回のメインの展開は、もうちょっと軽やかですよ。茜様の不在に落ち込むアンジェです。そんなアンジェについての気になる話題。遥のことが気になってるですって!? 葵さん、それは誤解ですよ! でも岬には充分な揺さぶりになったようで、ああ、冷静さ失っちゃった。というか、その顔! しかも奏もいい加減で、岬の情報に振り回されて、私は気づいてたわよ? って、ほんといい加減! 一番ちゃんとアンジェのこと見てたのが光だったのがおかしかった。でも、光らしいですよね。岬、奏のブラコン押し付けあいもおかしかった。あんな奏の顔、はじめてじゃない!? さて、本編を楽しく見ていたら、エピローグにアンジェの父が再登場して、この櫻田父との対面がなにか変化をもたらすのだろうか。そうであればいい、アンジェ編の鍵となるポイントになればいいって思いましたよ。

『がんくつ荘の不夜城さん』。白仙あかりのクラスメイト、羊ケ丘めざめ、この子もなんか面白いですね。あかりのこと、自分のこれまで思っていた印象と違うところに触れて、ちょっと狼狽。これ、足で興奮したから? いや、まさかねと思ったら、いやいや、本当に足が好きなの? めざめの風貌それから名字から、不夜城さんの担当編集に当たりをつけたんですね。それですぐさま家に遊びにいくというあかりの行動力。すごいな。でもって実際、眠はめざめの姉で、あのふたりが顔を見合わせた時の描写、おお、そんなに驚くものなんだ! そこまで気になってたんですね。めざめの姉であることを強調する眠、なんかよかったですね。ふたりの交流も盛り上がって、自然めざめとの仲も深まったようで、というか、めざめのあかり理解が促進された感がある。ええ、こうやって人間関係が混み合っていくの、面白いですね。ちょっと不穏な展開も匂わされていますが、不夜城さん、打ち切り? ともあれ、そうなった時のあかりの役割など。眠と繋がりをもったことが重要になったりするのかも知れませんね。

『星守様におねがいっ!』。きれいに終わりましたね! 蛇遣い座の星守になるべく頑張っている青。でも、ほんとネガティブだな! 最終試験をすると聞かされて、お腹が痛くなるっていうだけでなく、もう落ちる気でいるっていうね。ああ、これ、ずっと落ち続けてきたこと、その不成功体験とでもいうべきものが、この子の心に澱のように溜まってしまってるんだろうなあ。しかもね、最終試験の課題、患畜に噛まれて以来、動物が怖くなってしまったという獣医さんを治そうというのですが、共感こそはこの上もなく、でも治療となると相性最悪じゃないですか! 動物が怖い。ということは当然、蛇遣い座のシンボルのヘビ、白のことも怖いってことだよ! リラックスなんてできないよ! この課題に取り組む中で、青の口から星守に憧れるその理由が語られて、そして自分が不合格になってもクライアントを助けようとする、その思い切り。ああ、この姿勢こそは青の星守になろうとしたきっかけ、そこにあるんだって思わされるものでしたよ。そして最後にハッピーエンド。これまでの要素が最後に見事に縒り合わされて、ええ、とてもきれいな終わり方だったと思います。最も自分の合格した姿を見せたかったろう憧れの相手からかけられた祝福の言葉。それを受ける、一歩先に進んだ青と白の姿、本当にきれいなラストだったと思います。

  • 『まんがタイムきららミラク』第6巻第12号(2017年12月号)

2017年10月15日日曜日

パイロット万年筆用カートリッジインキ ブラック

 ペン字の稽古と清書に万年筆を使っています。普段使いのインクはブルーブラックなのですが、ペン字の清書には黒を使っていて、30mlのボトルインキ。ですが、次からはカートリッジにしようかなと思っているところです。というのはですね、万年筆、それなりにインキが空になるのはいいのだけど、消費量としてはたいしたことないみたいでしてね、数年前に買ったボトルがまだ空になりません。で、この消費しきれないというのが問題なのですね。長年使って変質しないのなら万々歳なのですが、水分が蒸発してきてるのだと思います、だんだんインキが濃くなってるようで、乾きにくい、手でこすれて汚す、なんてことが増えてきているのです。

インキは大きなボトルで買うほどにコストパフォーマンスはよくなるんです。なので、めちゃくちゃ大量に使う人は350mlのボトルで買ったりするらしいですね。これボトルの見た目からポン酢と呼ばれたりしてるらしいですけど、これが1500円。量を減らして30mlだと400円。インキの量は10倍以上なのに、価格はせいぜい4倍。すごいコストパフォーマンス! といいたいけど、使いきれればの話ですよね。ええ、350mlとか、自分の使い方だと何年かかるだろう。もしかしたら一生使い切れないかも知れません。

カートリッジは5本入りと12本入りがあって5本入りだと200円。12本入りで400円。カートリッジはだいたい1mlあるかないかくらいなので、12本入りだと12mlで400円。そうか。だとしたら30mlボトルの3倍程度の価格でカートリッジの使いやすさを享受できるわけか。これはカートリッジの方がずっと便利かも知れんなあ。

今は空になったカートリッジをとっておいて、そこにストローをスポイトのようにしてボトルからインキを移しています。これ、それなりに面倒ですが慣れるというほどの手間ではありません。ですが、空カートリッジを抜いて新しいものに差し替えるだけですむ方がずっと楽なのは間違いないので、普段使いする、持ち歩くことを考えるとカートリッジが一番いいのは考えるまでもないことですね。

というわけで、次のインキ入れ替え時からカートリッジに切り替えます。といいながら、買い忘れるとボトル継続になります。ええ、近々に買ってきます。

2017年10月14日土曜日

Mugig ウクレレ

 しばらく前に話題になってたんです。最近の中国製ウクレレはやけに手がかかってる。ほら、このウクレレなんて、カッタウェイにコンター加工。なのにこんなに安い! 話題になってた当初は、安いなあ、面白そうだなあ、どうしよっかなあ、でも安いからってポンポン楽器を買ってたら、家の中、楽器だらけになっちまうしなあ。見送っていたんです。ですが、ひと月前くらいですかね、タイムセールがありまして、問題のウクレレがなんと4,500円。これはもう買っとこう! ええ、買いました。勢いってやつですね。

届いた時に最初に驚いたのは箱でした。ダンボールでできた箱に入ってるのですが、これが適当な箱ではなく専用品。しかもボコボコ、ベコベコなんてものじゃなく、すごくきれいなものでして、おお、すごいな、こうした外装にも手がまわるようになってるんだ。楽器の状態も当座問題なし。見本の写真だけきれいで実際に届いたものはわりとガタガタとかだったら嫌じゃありませんか。ですが、仕上げもきれいですし、接着剤が見えるところではみ出てて、みたいなこともありませんし、まあサウンドホールからのぞきこんだら、内側には接着剤のはみ出しもあるんですけど、これは普通にそれなりの楽器でもあったりするからなあ。

うちにはウクレレが一本あります。フェルナンデスのZO-3シリーズ。昔、ウクレレがやたらはやったことがありましてね、その時に象のかたちのウクレレも出してたんですよ。ZOLELEってやつで、ボディはマホガニー、けれど合板。でもって、これが悲しくなるほど鳴らない。見た目は可愛いんだけどねえ!

Zolele

新しいウクレレ。値段からして期待してもしかたがないとはわかっています。ですが、ZOLELEより鳴らないっていうのだけはご勘弁だなあ。もうハラハラでしたね。楽器を出してチューニングして、ちょっと鳴らしてみたら、まあそれなりに鳴ります。ここでZOLELEも出してきて、比較してみたら、あれー、あんまり違いがわからないよ!? 駄目かー! まあ値段なりだものなあ!

弦を替えるといいよって教えてもらいました。中華ウクレレはとにかく付属の弦がよくないって。なので、ZOLELEに張ってるのと同じ弦に替えてみました。ghsのブラックナイロン。安さが魅力。うちの弦はZOLELEを買った時に一緒に買っておいたストック品なので旧パッケージ。でもまあ、大丈夫でしょう。張ってしばらくは弦が伸びるので安定しない。なので、チューニングして弾いて、またチューニングして弾いてを繰り返して、安定するのを待ってました。

かくして改めての弾き比べ。最初のうちはそんなに違いがない? とか思ってましたが、いや、違い、ありますね。ZOLELEよりも音が軽く、そして響きもともなっています。ああ、やっぱり違うな。これ、表板が単板ってだけでも違いがありそうだな。音の軽さは胴の容積の影響もありそうです。音の軽さはウクレレにとっては悪いことじゃないですよね。軽快にコロンコロンと鳴る、音がダマにならずよく分離するのは悪くない感触です。

あと、このウクレレのいいところは、ペグがロトマチックってとこでしょう。チューニングがすごく安定する! ちょっとギアに遊びがある感だけど、チューニングが狂いにくいっていうのは本当に助かります。これ、オープンバックに替えたりしたらもっと響きが出るようになるかな?

Mugig, Ukulele

2017年10月13日金曜日

『まんがタイムジャンボ』2017年11月号

『まんがタイムジャンボ』2017年11月号、昨日の続きです。

『ペンタブと戦車』、まさに情報戦の様相を呈してきましたね。うみねこ先輩をスピーカーに使い、ノモンハンの戦いがあとひと月で停戦を迎えること。さらには、いずれ来る太平洋戦争にて日本が負けること。今後の歴史が明かされてしまった。ということは、ニコ中尉はこのあたりのこと、全部聞き取って、全部来るべきこととして受け入れているわけか。まあだよなあ。未来からきたことがある程度確からしいと確認された人物から、最終的に自国が大勝利するんだっていわれちゃあ、なあ。では逆の立場だとどうか。ああ、武田大尉、だよなあ、信じようなんて思えないよなあ。けれど武田大尉はちょっと事情が違う。里見のことを知っている。里見のもたらした情報のことも知っている。ああ、揺れる、揺れるなあ! そんな大尉を引き止めた里見、渾身の語りかけ。これは本当に里見の本心なんだろうな。大尉との未来を楽しみにしてるんだよ。そして里見の明日はどうなる。ええ、もういろいろがわからなくなってきましたよ。もう、どうしたらいいかわかりません。

『大正みつば歌劇団』。扉のふたり、とても麗しくいらっしゃる……。ええと、演劇部に苦情がきました。うるさいって。お隣の器楽部からだっていうんですが、その手紙の文面、角を立てず、互いの利益考えた歩み寄る姿勢に溢れていて、うおお、素晴しいな。こうあらねばならない。感銘しました。で、マリがお隣に乗り込んでいくんですが、器楽部が手紙ですまそうとしたの、角が立つからかと思ったら違った! そうかマリのファンなんだ。さらには幽子のファンなんだ。美しく凛々しいふたりを前に、こんなにも赤面、ドキドキ、フィーバーしてしまって、なんだろうこの百合の園。かくしてマリは器楽部に歌劇の伴奏をしてくれるよう約束をとりつけて、ああ、みんな友達だ……。演劇部の活動も具体的に動いてきてますね。10月の文化祭にて発表しよう。演目はどうする? で、サロメ!? 物騒なのもってきたな。妖艶な踊りとかあるよね、あれ? 無理じゃない? マリ提案のハムレットも、ほぼ全滅エンド。オフィーリアも瀕死で川に流れるよ? 幽子も、それから歌子も、これというプランはないのだけど希望はある。ほんと、まとまるの? これがまとまるような演目あるのかな?

『みんなで給食!』、ゲストです。中学校の給食の光景でしょうか。ちょっと太めの線が暖かみや懐かしさを感じさせて、悪くない感触ですね。今回とりあげられた給食はクラムチャウダー。そうか、主役の優ちゃん、アサリが嫌いなんだ。というか、アサリが嫌いなら、しかもその理由で嫌いなら、あらゆる貝類が駄目なのかな? その理由っていうのは、アサリって全部内臓じゃん。クラスの男子はそうじゃないといって図解してくれるんですが、極端化すれば生物とはどれも全部内臓みたいなものなのかも知れん……。内臓を効率よく活動させるために手足その他が用意されているだけなのかも知れん……。アサリの栄養についてとか、校内放送で説明されたりするんですね。身長を伸ばしたい人にはオススメというので、俄然食べる気になる優ですが、それでも駄目なものは駄目か。で、隣のクラスのケンジローが、アサリ嫌いだろっていって買わりに食べにきてくれた。これ、男前なのか? 愛なのか? ただ給食を少しでも余計に食べたかっただけじゃ!? と思ったらプリン持っていっちゃったのか。このドタバタした感覚、若さでありますね。

『あの日の海と16歳の夏休み』。いろいろな人との交流の輪が広がっていきますね。今回はサーフィンで町おこしを考えているお姉さん、立野あおい。サーフィンで町おこしの会の会長にして唯一の会員、孤独な活動っぽいのだけど、お姉さんはアクティブでさわやかね! せっかくなのでヘアカットもというのだけど、ああ、さすがサーファーというべきか、髪は傷みますよね。普段のお手入れは石鹸シャンプーにお酢。石鹸のアルカリを酢で中和するのだけど、そうか海もアルカリなんだ。あおいさん、サーフィンしない季節がないっていうのはおかしかったですね。そうか冬は波がいいんだ。トリートメントしてヘアオイルでしっとりさせて、そうしたらきれいにまとまって、エレガントさが増しました。この人がここに残ってサーフィンを続けている理由。この町や海が好きなんですね。こうした声を聞いて複雑な表情を見せたさき。違った価値、異なる文化との衝突が生じていますね。ええ、こうした衝突が、自分の立ち位置を明確にさせ、自身と向き合う機会を生み出す。今回のさきの見せた表情からは、そうしたショックが感じられたんですね。

  • 『まんがタイムジャンボ』第23巻第11号(2017年11月号)

2017年10月12日木曜日

『まんがタイムジャンボ』2017年11月号

『まんがタイムジャンボ』2017年11月号、発売されました。表紙は巫女でしょうか、お守りでしょうか。メインに『レーカン!』天海さんが巫女の装束、白衣に緋袴つけまして、手にはえんむすびのお守り。大変に似合って美しいですね! 『人気マンガ家になるための15の法則』相沢、喜多村も同様に巫女の格好しましてね、大願成就のお守り背景に、喜多村に追い回されている相沢? ふたりともによく似合っています。『おにいちゃんと呼ばないで』心もちんまりとして愛らしく、手にしたお守りは、なんだろう? 学業みたいですね。それぞれに雰囲気違えて、大変に華やか。素敵な表紙です。

『人気マンガ家になるための15の法則』。喜多村の相沢愛が炸裂してますね。今回は温泉。ひきこもりだからリラックスとか、読者アンケートが最悪だったから温泉でリセットとか、いろいろ理由つけてるけど、これ単純に相沢のメンテナンスですよね。自分の好きな先輩が型崩れしたりしたらさあ大変と、なんとか理由つけてリフレッシュさせようとしてますよね。というか、むしろ一緒に温泉にいきたかっただけ? でもって案の定ついてくる綺羅星。というかこの人極端すぎておかしいんですが、今回湯中りしてしまったところ、相沢にガバッと抱えられて、ねえ、意識さえあればもう最高だったであろうのに、人事不省だったがために残念なことしましたね? しかも側にいたのは喜多村だし、場所は風呂場だしで、写真撮って後からどうこうっていうこともなしですよ。今回、少し相沢の漫画に対する状況、描かれた感じですね。そうか、受賞するまではよかったんだ。なにか気を張ってしまってるんだろうか。無理に力んでしまったりしてるんだろうか。そういう気持ちもリセットが必要なのかも知れませんね。

『偏食女子は恋でおなかを満たしたい』。アキと玲、ふたりが食堂にいるところを今野が目撃してしまって、というんですが、ふたりのやり取り、おかしいですね。偏食の改善につきあってほしい、そういうアキに対し頑として断わってみせるも、今野先輩の写真見せてあげるといわれたら抗えない。複雑すぎる玲の感情、ほんとおかしい。自分の写真が取引材料に使われてるのをすごい表情して見てる今野もおかしかったですね。さて、先輩は苦手なものを食べてくれるけど玲はそうではないでしょう。これがアキが玲に助けを求めた理由。厳しさ求めてるんだな。これもまたひとつの覚悟なんだって思わされて、そしてそうしたアキを遠くから応援する今野ですよ。ああ、今野からしたらアキが可愛くってしかたないんだな。って、知られたら玲がまたすごい顔しちゃう! 三人がそれぞれ、自分のポジションについた、そんな感じがありました。

『おにいちゃんと呼ばないで』。心も悟も堅実派。調理実習で使うエプロン。新しいものを買われては? 静乃さんはそういってくれるんですが、無駄遣いはいけないって普段使いのものを持っていこうとする心ですよ。なんとかおしゃれをさせてあげたいんですね静乃さんは。新品の割烹着をといったんは出してくれたんですが、おばあちゃんっぽいっていわれちゃうかも。いやいや、割烹着も可愛いじゃないですか。悟は悟でクリーニング済みの白衣を出してきて、いやあ、これもまたいいですね。しかもちょっとダブダブなのか。いや、白衣は袖まわりとかダブダブなものだよな。袖でものを掴んだりするからさ、ほら。悟に連れられていったエプロン売り場。静乃さんの心遣い知らされて、いざ買うとなったら楽しくなっちゃう心、ほんとこれよかったですね。しかも嬉しい、くるくる回っちゃう。とてもいい。心も静乃もとても嬉しそうなのが大変によかったです。

『雀娘。』。アキラのイカサマ、周にばっちり見抜かれて、してないって言い張るものの、ゆいに調子を狂わされましたね。そんなの目の前でされたら気づくよ! って、能天気で節穴なこの子の言動がいい感じに煽りになっちゃったんでしょうなあ。自分から認めちゃった。ゆいがいいですよね。カズヤに勝ったのもまぐれだろといわれて、え、そうだけど? この素直さ! これ、いい感じに煽りになっている。アキラにしたら相当に入れ込んでる麻雀だけど、ゆいにとっては全然そこまでいたってないものなあ。それでアキラですよ。最初女の子かと思ったっていってましたけど、ほんとにそうだったんだ! しかもカズヤの妹か。しかし癖の強い子が加わりましたね。

  • 『まんがタイムジャンボ』第23巻第11号(2017年11月号)

2017年10月11日水曜日

『まんがタイムきらら』2017年11月号

『まんがタイムきらら』2017年11月号、昨日の続きです。

『おかわりシンデレラ』。前世がシンデレラの関係者が揃ってしまってさあ大変。魔法使いだった魔子がもこを美しい姿にしますよってやってきたのだけれど、当然魔法なんて使えない。だから化粧もろもろで、というんだけど、全然腕が伴っていないっていうね! これ、結局は元継母にして姉だった美衣が肝ですよね。いじわるするつもりできたっていうのに、結局もこのこと綺麗にしちゃったのは美衣だし、さらにはドレスに靴、いろいろ勘違いの産物みたいなものをざあっと退けて、ぴったりの衣装探し出してくれたのも美衣。この子の、優しくするつもりなんてないみたいにいいながら優しくしちゃったり、さらには今回は可愛いって写真とろうとしていたり、どんどん前世の因縁から解き放たれていくところ。これがいいって思ってますよ。

『泣きむしストラテジー』、最終回でした。ああ、魔界に帰るよういわれたクレア。牡丹に自分の秘密、目的も含めすべて明かして、さあどうする、どうなる? 天使のアメリアがクレアをかばう。これ、牡丹とつくしのためだっていってるけど、詭弁だよね! でも、これで決定的に対立するということもなく、むしろ、悪魔の側、迎えにきた先生の側にも、クレアを大切に思っている者たちがいるんだよって、ああ、クレア、これをいわれるとつらいよなあ。実はずっと思ってたんですよ。この漫画は、クレアがいよいよ帰ろうという時、いや、帰されようという時というべきでしょうか。別れの場面で牡丹が涙を流し、課題がクリアされる。違いました。違いましたね。静かな別れ。夜のうちにクレアはひっそりと帰ってしまって、ええ、私の予想を遙かに超えてきましたね。ええ、牡丹の涙。それが悲しみのものではないというそのラストがとてもよかったと思っています。

『オリーブ! — Believe, “Olive”?』。コニーとスズの進展に目を丸くするあおばとちゑの顔がすごい! ずるいずるいって、ふたりもスズのこと呼び捨てにするようになって、青春なのかなんなのか! 甘酸っぱいとか、そういうの飛び越えてますよね。さて、ちゑの新術式。すごいな、好感度を可視化するんだ! 恋愛ゲーみたいだ! 結構真面目な目的あるいは強かな代物みたいですけど、これを名づけてラブリーチェーン。ええと、ブロックチェーンみたいな感じ? 一定の世代においては、ラブリーチェーンというとヴィーナスが連想されてしまうのですががが。さてさて、ともあれ、オリーブにリリィも正式に合流です。とここで窓の外に巨大なクジラが飛んでいるというハプニング。スズの還送魔法も通じない! ああ、魔法の世界とこちらの世界の間の子だから、帰る場所が向こうじゃないのか。新展開ですね。オリーブ、腕の見せどころでありますか!?

My Private D☆V、『すわっぷ⇔すわっぷ』のとめきちです。いや、これ、いいんじゃないでしょうか。一瞬春子かと思ったのだけど、いや違うな、春子と決定的に違ってるのがその高揚した表情ですよ。で、なにに高揚しているの? と思ったら、なるほど、恋か、愛か、その手にしているぬいぐるみの子。周囲にはその子と一緒に写った写真があって、スマートフォンに表示されたメッセンジャーアプリのやり取りも大変にキナ臭い! ねえ、どうしちゃったの!? 「あの子」って、上の写真から取り除かれた子だよね? 下の写真、ハサミがぶっすりといっちゃてる子だよね!? 今回のD☆Vポイント、ずばり「愛の深すぎる娘が好きです」。うおお、わかる、わかるよ! すごくいいと思うよ! でも、ヤバいよ! 怖いよ! このドキドキは恋のトキメキではないっぽい! でも、こういう子に人気が出るのもわかるんですよね。ええ、イラストのお嬢さん、大変可愛い。とてもいいと思っちゃうんですよ。

  • 『まんがタイムきらら』第15巻第11号(2017年11月号)

2017年10月10日火曜日

『まんがタイムきらら』2017年11月号

『まんがタイムきらら』2017年11月号、一昨日の続きです。

『みゃーこせんせぇ』。みゃーこ先生の常識と非常識に極端にふれる言動、実にいいですよ。お腹が痛いという会長のために薬をもらいにきたフクを諭すんです。患者を見ずに薬だけ渡せない。病院で処方される薬も他人に渡すなって、そうした常識をちゃんと伝えたかと思えば、変な格好、コスプレに固執する。制服でという妥協案が出たら、23歳で中学の制服は駄目だろうと今度は常識的判断が出てきて、ほんとちゃんとした人なのかそうでないのか、いや、見た目にはちゃんとしてないですよね。なんとか格好をちゃんとさせようとするフクの気迫、素晴しかった。というか、みゃーこ先生、ノリノリじゃん。でもって、会長と先生、再会。これ、会長のピンチなんですかね? やっぱバレるんですかね。バレてもいいと思うんだけどな。

『ほぼほぼ。』、いい感じではないですか。こひなの男性嫌いをなんとか克服させようと画策する葉月だけど、どうにもうまくない、というか、自身その効果を信じてないってんだからなあ。ボーイッシュな先輩、近衛先輩に接することで、徐々に慣れていこう。そんなアイデア出るも、まったくもってうまくはいかず、というか、行列できるのか。整理券が配布されるのか。でもって、目の前で打ち切られる。この漫画、こひなが男性をまるで苦手にしているわけでなく、むしろ憧れはある。少女漫画や文学に描かれる恋愛には興味があって、けれど実際の男性となると勝手が違うという、そのギャップを埋められれば問題解決ですよね。ということは、この学校にいると噂の男子生徒。それが鍵を握るのかな!? いや、関係ないかも……。ともあれ、そうしたギミックなしにしても楽しいやりとりでした。

『ぽんこつヒーローアイリーン』。素晴しいですね。夏祭りですよ。浴衣ですよ。メロンも浴衣。アイリーンも浴衣。とても美しい。さて、自分の汚点をそ知らぬふりしてあいまいにしようとしたメロンに対し、本当は嬉しかったと、なかったことにされるのは悲しいというアイリーンのド直球。ほんと、このふたりの関係、すごくいいわ。いろいろあってなかなか素直になれないメロンと、なんら疑いもなくありのままに受けて答えるアイリーンの関係。とてもいい。さて、ちょっとびっくりしたんですが、最近の盆踊りってバイト雇ってるんですか? 自分が子供の頃は、私も含めて普通に踊りにいったりしてましたよ? とはいえ、最近はそういうのやってないものなあ。人が集まらないのかもね。さて、純に名前を隠そうとするメロンの危機管理、これもまた見事でした。どんだけ警戒してるのか。バイトの後もね、不埒な輩にナンパされてたマリーヌとツーシャを助けたりね、アイリーン、ヒーローだよ! アイリーンを王子様だっていって興奮したツーシャがおかしかったですね。もしかしたらツーシャはメロンと意気投合したりするかもって思いましたよ。メロンとアイリーン、ふたりいい感じだなって思ったら、花火を爆撃と思って伏せるアイリーンとか、面白いポイント盛り沢山。散々笑わせてもらって、けどやっぱりそれだけじゃないんですね。このふたりが確実に育んでいるもの、友情、それがとても豊かな漫画であるのです。

『おとめサキュバス』。課題の進捗が評価されますよ。これ、一種の最後通牒か!? だって、成果がないと見られると精霊にされてしまうんでしょう? と、この危機、彼女らはどう乗り越えるのだろう。キュリアはもとより、キュリアにつきあってるルナもそうなら、どうもぱっとした活動してるように見えないヴェロルもそうでしょう。そう思っていたら、ああ、ルナは平気なんだ。そうか、楽勝でクリアできるんだ。すごいな。じゃあヴェロルはと思ったら、なるほど、実技ではなく調査でもって成果とするという。ちゃんと考えてるんだなあ。逆にいうと、キュリアのピンチがより以上に際立ったともいえますね。キュリアのピンチにみちる、涼香も手を貸してくれて、ああ、こうした交流が成果と認められたらいいのに! キュリアが違う種族のサキュバスといっていたのが雪女だったりしたのも面白かったですね。ちょっとしたことから、この漫画の世界観がうかがえる。こうしたところも確かな魅力であります。

  • 『まんがタイムきらら』第15巻第11号(2017年11月号)

2017年10月9日月曜日

『まんがタイム』2017年11月号

『まんがタイム』2017年11月号、一昨日の続きです。

『おませさんと憂いの31』。面白かったです。清高涼二31歳。各種身分を証明できる書類を揃えて、いったいなにをしようとしているのか。そうか、姪のおむかえか。不審者と勘違いされたりしたら大変だもんな。ちょっとわかるよ。幼稚園の前、電柱に半ば隠れるようにして待ってたら刑事ではないかなんて思われてしまったり、でもって誰ちゃんパパですかって聞かれて、ダレ・チャンパパ、南米の打楽器的ななにかか? この飛躍、めちゃくちゃおかしかったです。叔父さん、つぐみからやたら心配されてるのがおかしいですよね。だいじょうぶ? あいさつできる? しかもお手本まで示されて、このくだり、最高だったと思います。そして涼二にあだ名がついた。悪霊刑事。酷い! 酷すぎるよ!

『瀬戸際女優!白石さん』。白石さん、新境地! 次の仕事は脱がないか。え? ヌード写真集? と思ったら、違った。映画でのラブシーンか。ちょっと太ってしまったこと気にしながらも、たまたま耳にした年上の魅力に心揺れたり、ちょっとしたことにも傷ついてみたり、変化には不安が伴うものなのだなあ。共演の役者について、最初は18歳、ついこの間生まれたばっかじゃないとかいってたのが、その真摯な様、しっかりした演技に見方がどんどん変わっていく、このくだりが実によかったです。女優としての白石さんにスイッチが入った感がある。だからこそ、役にあわせていつもと全然違う格好で現れたこと、この人の覚悟、凄みが感じられました。これ、オーディション合格するのかな。ここまできて不合格はないよなあとは思うんだけど、なにがおこるかわからんから、次回が楽しみですね。

『おかわり自転車』はしまなみ海道ですよ。これ、サイクリストに人気のコースですよね。レースしたりしてる。ここをいつもの3人で走るんですが、ミトのスケッチ、これはどこでしょうっていうの、クイズにするの、面白いですね。ひとつ注意するポイントが提示されただけで、橋と島を巡る行程に一味加わる。ただ景色を楽しむってだけじゃなくなるんですね。そしてミトにとってのスケッチの意味。スケッチをした場所も示されて、ああ、ロードバイクへの憧れがほのかに芽生えたのもここだったのか。それが今では自分でロードバイクを駆っていろんなところにいってる。そうした変化が、今日のスケッチ、感情の記録にどうした意味を与えてくれるのか。レイとコトコの気遣いもやさしくて、とてもいいシーンでありました。でもって、最後ですよ。沢山食べんさい。方言だ! ミトにまたひとつ魅力ポイントが増えましたよ。

『友ちゃん!』。乙女ですよ。憂鬱な体育だけど、優のおかげで修のジャージを借りられることになって、というか、優から修のジャージを奪っちゃうところがね、ほんと、この子の可愛いところだと思います。匂いかいでみてドキドキ。意図を誤解してショック受けてる修がいいですね。授業終わってからも、もったいないからとずっと体操服で過ごしたりね、自宅でも部屋着みたいにしちゃうとかね、それでいざ洗濯するとなると慌てちゃって、自分のパンツと一緒に洗うの!? って。いや、ほんと、友ちゃん、夢見る頃でありますね。

  • 『まんがタイム』第37巻第11号(2017年11月号)

2017年10月8日日曜日

『まんがタイムきらら』2017年11月号

『まんがタイムきらら』2017年11月号、発売されました。表紙は『こはる日和。』。クールさおりとキュートこはる、ふたりでハロウィンの仮装でありますね。魔女でしょうか、胸の下でカボチャのランタン抱えてるお姉さんの破壊力がこれまたものすごい。対しさおりは、吸血鬼? すっきりとして、かっこよさ感じさせますね。あのマントを広げて姉を包み込もうとするかのようなポーズ。おお、姉を独り占めしたいのですか。ええ、しおりったらシスコンですからね。

『スロウスタート』、扉が猫です。花名、可愛いね。本編がおかしかったですね。やたらテンションの高い冠。なにがあったのかと思ったら、おお、身長伸びたのか。2センチも。これ、うっかりとかがっかりじゃないなあ。身長伸びたことを喜ぶ姿と、花名をからかって遊んでる姿と、見事に素敵な冠の両面性でした。そしてたまて。こちらは増えた。2キロ増えた。って、いや、別にいいんじゃないの? よくない? 2キロってそんなに変わるものなの!? スクワットで絞れというアドバイスが花名に飛び火するところとかおかしかった。冠と栄依子の即席漫才とか、なんでやねん、面白かったですよ。これ、メインの話題があって、それにともなってふくらみ花咲く他愛もない会話があって、そのぱっと広がるやり取りがいいなあって思うんですね。ええ、今回も光ってましたよ。

三者三葉』、扉が猫です。葉山ちゃん、可愛いわ。最高だと思う。もう、額装したいくらい。文化祭でカフェをやることになったっていうんですが、にゃんだふるカフェ。猫モチーフのカフェと力説する葉山が、もうほんと生き生きとしていて、あの拳! 最高だな。輝いてるよ、輝いてるよ、葉山ちゃん。猫モチーフの衣装、想像に出てくる派手なの、これ現実的な質素のと対比されて見事ですね。ええ、現実ったらそんなもんだよな。この漫画、こうしたところに現実、常識の枠がしれっと入り込むところ、おかしくって好きですよ。今回他にも、褒められてついには恥ずかしがる西山。最高。衣装づくりのアドバイスを本職に求めて、まったくついていけない葉子様、葉山ちゃん、最高。というか、薗部、てきぱきしてかっこいい! ほんと今回、皆いきいきとして、楽しそうで、また仲良さそうで、それがなにより。ええ、みな、仲良くなりました。

『佐藤さんはPJK』。鈴木千春は転校生。隣の席の佐藤さんは、見た目も涼しい大人びたお嬢さん。けどなんか変わってる。名刺にはPJKとあって、ええと、ポリスじゃないし、あ、パーフェクト? と思ったら、プロフェッショナルでした。全てを完璧にこなすとかいってますけど、見た感じ、完璧というよりいろいろ過剰で、反面それが足りないものを強調しちゃう感じでしょうか。クラスメイトからも距離を置かれているようで、ええと、年齢? ええと、留年とかそういうデリケートな話題? と思ったら、なんと、それどころじゃないよ! 愛されて10周年!? しかも昼からビール飲みたい。未成年なのに? って、あれ、成人してるんだ! 千春が夜のコンビニで出会った佐藤さん、ラフな格好、眼鏡をかけて、そしてビール。不良!? っていうか、いや、可愛くていいんじゃありませんか!? ともあれ、成人してるこの人が学校に通っている、しかも10年も? その秘密、なんなのだろう。完璧を極めるまでは卒業しない、そうした決まりなど課してるのでしょうか。

『されど蜜月』。面白い仕掛けでありますね。ヒロイン樫実ケイは力の加減ができない人なのか。子供の頃など、バット折るからといって遊びに加えてもらえなかったり、また人助けのつもりがやりすぎてジェノサイド。いや、そら、お嬢さん、加減を覚えませんと……。この子が高校デビューにすべてを賭ける。眼鏡をかけ優等生ぶることで、今までのように怖れられることがないようにしよう。でも、同じ日に転校してきた戸森愛。この人のインパクトありすぎる風貌に持っていかれて、混乱きたして、愛の鋭い眼光、あやしいマスク。不良か? 不良なのか? あるいはもっと物騒ななにかなのか!? なに考えてるかまったく見えない愛のことをやたら怖れてるケイ。対して愛の真実。うおお、まったくもって逆コース。なのに同じような選択しちゃって、ほんとこの不器用ふたりの友情の行方。そもそも友情が育まれるのかさえ現状は不明ですが、うまくわかりあえればいい友達になれそうですね。

  • 『まんがタイムきらら』第15巻第11号(2017年11月号)

2017年10月7日土曜日

『まんがタイム』2017年11月号

『まんがタイム』2017年11月号、発売されました。おお、これは食欲の秋? 『おとぼけ部長代理』が、これまたぶ厚いステージを食べていて、豪勢だなあ! そう思ったら、『まりあ17』まりあはものすごい白ご飯だよ! これもまた秋の味覚かも知れませんね。『見晴らし良子さま』はバーベキューですね。ごちそう、嬉しそう。『瀬戸際女優!白石さん』は焼き芋ですよ。この、ゴージャスに見えて実は庶民派な彼女にはよく似合ったチョイスかと思われます。

『さわらせてっ!あみかさん』、今回、素晴しいな。一緒に温泉いけなかったからというので、まひろと一緒に食事にいきますよっていうんですが、そのまひろが嬉しそうで嬉しそうで、もうニコニコ! 見てるだけでこちらも嬉しくなる、そんな表情。先輩のこと独り占めしたいとかね、そんなこと思っちゃうところもすごくいい。ええ、まひろのことすごく気にいってるので、こうやってちやほやされてるところ見るの、すごく嬉しい。しかももう成人したんだ。それでお祝いに好きなの編んでもらえるってなって、あの喜びのあまりへろへろになっているまひろよ。素晴しい。もう最高だと思う。あみかと沙織のやりとり、あれは勉強になりました。親しくて、当然自分もいくもんだ、そう思ってるっていうのね、こういう時、都合聞くんじゃなくて、当然頭数には入ってるんだけど大丈夫だった? みたいに聞いたらいいんだ。そうだよ、勉強になりました。さて、今回は食事にいく前段で終わり。じゃあ次回はこの続き!? だったらいいなあ。だったら嬉しいなあ。

『秘書の仕事じゃありません』。ハロウィンだ。社長の思いつきでやばい行事を企画されちゃあかなわない。中田さん、ナイスアシストでしたね。ハロウィンの仮装、それを社内でやりましょう。補助金も出しますよって、社員の皆、現金! 補助金使ってちょっといい服買うつもりだ! でもまあ、そうはうまくいかないんですけどね。と思ったら、中田さん、うまいことやってるな。社長の仮装、いかしましたね。これ、ほぼ拘束衣だ。博士に助手に、皆の仮装面白いんですが、営業部の彼女の仮装、あれはわからんわ。というか、ゾンビみたいよ!? スリット連盟のスリット警察、これもおかしい。ほんと、アグレッシブです。今回は、中田さん、結構イニシアチブをとって、生き生き、伸び伸びしてましたね。さらには仮装も可愛くて、これはいいイベントでした。

『ボンジュール!仲居さん』。これ、ほんと、いいですよ。梅の間のお客さん。家族がこれなくなったというのだけど、不服だったんだろうなあ、高校生のお嬢さん、ひとりで泊まりにきちゃって、ああ、ここにサラが関わっていくのかなと思ったら、朋香に釘刺されてるのね。たしかに、ひとりの時間を大切したいお客さんもいるでしょう。でも、向こうからきてくれる場合はしかたないよね! というので、そのお客さんとサラ、関わり持って、ああ、いいコミュニケーションだ! 親身に話して、でもって悩みも聞いて、ああ、栄養士になりたい! それで宮原さんの仕事を紹介して、この流れ、展開、いいなあ。ほんと、この旅館ならではとも感じる暖かさ、近しさがいい。宮原さんが料理人になった理由、それがお客さんの理由とも重なって、ああ、いいですね。宮原さんのデザート、これもよかった。そして最後はハッピーエンドになる。いいですよ。ほんと、すごくいいですよ。お客さんの笑顔も、サラの笑顔も、またとてもいいんですよ。

『とり男子』、いい感じですね。ゲストですよ。鳥が大好き鴨川新一郎。大学進学を期にひとり暮らしすることになったアパートからのスタートですね。ベランダにやってきたハクセキレイにテンションあげて、写真を撮って。そうかあ、東京にもハクセキレイとかいるんだな。人見知りのこの彼が、お隣の烏丸さんと出会って、ああ、最初はうまく話せなかったのが、なんの鳥を撮ってたのかってところからスラスラ言葉が出て、また烏丸さんがうまいこと受けてくれて、このふたりいい感じじゃないかしら。ええ、いつかふたり仲良くなって、一緒に鳥の話などできるようになればよい。鴨川の親友、諏訪からのプレゼントもいいですね。ちょっと落ち着いたトーンの漫画。人と人のやりとり、その描かれかたがしっとりとして丁寧で、好感あるスタートだったと思います。

  • 『まんがタイム』第37巻第11号(2017年11月号)

2017年10月6日金曜日

『まんがタウン』2017年11月号

『まんがタウン』2017年11月号、昨日の続きです。

『恋するヤンキーガール』。アヤメちゃん、まさかの応援団長ですよ。体育祭での役割ね、応援合戦の花形ではないですか。今回は二本立て。アヤメちゃんの見せ場は後半ですね。前半では競技に臨む皆の姿が描かれて、なんだよ、ぼたんさん、ただただ普通に素敵さわやか美少女じゃん! でもってユズキと斉木の愛の力! この誤解、おかしかったなあ。お幸せに。そして後半、ああ、アヤメちゃんも緊張する。ナデシコもだ。って、マスクなしのナデシコ、普通に可愛いお嬢さんだ! そして、ついにきた見せ場。うおお、これはかっこいい! サラシ、袴、圧倒的な存在感を見せつけて、まさに見せ場、クラスの皆からも大人気。そして、優勝の行方はどうなるのか。リレーの結果いかんで決まるというところで、ナギの見せ場ですよ。おお、これはナギの愛の力。いい話でしたよ。

『俺の生徒は神メイド』。ちょこるん、夏川にバレてしまいましたね。これ、同時に九鬼先生の評価の下がること下がること。九鬼先生は自分のこと、知世子とは気づかなかった。だからいけるかもと強引にしらばっくれようとするも、もうね、バレバレ、そらそうだよなあ。というか、九鬼先生、評価がさがるさがる。夏川のことすごいとか先生いってますけど、いや、多分、それ、そうじゃないよ! しかしこれで決定的にバレてしまって、でも知世子の心配していたようなことはなくって、ああ、よかったじゃないですか。これで夏川との関係、これまでよりも確かなものになったんじゃないでしょうか。あるいは、夏川もりとる・ば〜どで働くのん? ともあれ今回は夏川があがり、くっきーがさがる。最後まで徹底してさがってましたね。よかった!

『中年マンガ家ですが介護ヘルパー続けてます』。これ、ほんと、ハラハラする。病院での仕事。男性病棟は多少楽というからちょっと気持ち緩めていたら、抑制帯、抑制帯、でもって拘束、拘束。うおお、現実がうわーっとやってくる。仕事の苦労もろもろ。あわない同僚とかね、うん、わかるわ。なんでも自分が自分がみたいな人、自分も苦手ですよ。仕事上の大変さ、実害とかね、これはハードだなあ。自分の経験じゃ推し量れないものあります。で、今回のラスト! うわあ、こわい。これね、この患者さんが怖いっていうんじゃなくて、なにが患者さんの心のスイッチを押してしまうのか、あるいは傷に触れてしまうのか、それがわからないってのが本当に怖い。でもこれ、一度触れてしまえばもう戻れないよなあ。いやもうハラハラさせられっぱなしですよ。

『あいたま』は皆のイメージカラーを考えてみようみたいな話で、それだけだったら罪のない、むしろほのぼのと楽しい話になろうものが、さすがといいますか、あいの扱いがすごい。イメージカラー、赤! リーダーカラーだ! っていうんだけど、まさかの鼻血の赤……。しかも全員一致だよ。同様に酷い扱いなの、とまちゃんもそうなんですが、ほんと、お笑いDVD、どんななんだ。恐慌に陥るお嬢。とにもかくにも、とまには冷たいあい。徹底しています。はみとバニラの和解、和解? もよかった。当初はクラスに馴染めてなかったバニラも、だんだんにこうして仲良くなって、これは大変にいい流れ。なのだけれど、久米様……。バニラとの間になにがあったというのか。次へ次へと興味をひっぱる要素、しっかり盛り込んで、見事に先を知りたいという気持ちを途切れさせません。

  • 『まんがタウン』第18巻第11号(2017年11月号)

2017年10月5日木曜日

『まんがタウン』2017年11月号

『まんがタウン』2017年11月号、発売されました。表紙は『新婚のいろはさん』。ああ、いいイラストですね。買い物からの帰りでしょうか。ふたり、それぞれに買い物袋を手にさげて、空いた手は繋ぎあっているっていうんですね。先に立って、始を振り返るいろはの笑顔。それに応える始の笑顔。まぶしいくらいですよ! そして『ようこそ!スマイリーバーガーへ』、振り向きたまこ。『新クレヨンしんちゃん』はしんのすけ画伯。『妄想しがちなすみれさん』、『ひらたの総務メイト』のカットもございます。

『新婚のいろはさん』。あれれ、始君に女友達が!? と思ったら、なんと同業者。花飾颯斗。男の子か! いや、子供ではない。最初に気になるところはキッチン。お祝いはタオル。それからお茶に手作りのクッキー。女子力すごいといろはさんも喝采ですが、ほんと、いたれりつくせり、みごといろはさんの心つかんじゃってますね。これね、いろは、颯斗、ふたりともに、生活適当なんじゃないかとか、友達ちゃんといるんだろうかとか、始のこと心配してたのがおかしかったですよ。どちらからも今後を頼まれてる始の、ちょっとバツの悪そうなところがいい感じでした。でもってお隣の早倉さん。そうか、始のこと通りすぎちゃったか。颯斗のこと大ファンだっていってて、それで始がちょっと面白くなさそう! 今回は颯斗の漫画ものってるんですが、もうね、この人もこんなにシュールな作風なの!? 本編もムキムキ童話もどちらもべらぼうに面白かった。二種の面白さがマッチして、絶妙でした。

『ようこそ!スマイリーバーガーへ』。お店を離れての活動なんかもあるんですね。お祭りの子供の引く山車。その休憩所を手伝うっていうんですが、梅ちゃん、大活躍や! 見事な笑顔で、ばりばりあちこちにお茶を配りまくって、できる人だ。しかもゴミ回収したり、マナー違反をいさめたりと、この有能さ。対してたまこはたまこで、慣れないながら頑張ってる姿に加え、細かなところにも気持ちの届く様子とかね、それぞれに違った持ち味、違ったよさがあるのですよっていうのが伝わる描かれ方、魅力的でした。でもってたまこ、可愛がられてますね! あまったお菓子、どんどん渡されちゃって、ああ、愛されてるなあ。今回の店を出ての活動、これもまたたまこには新鮮で、いい経験になったみたいですね。でもって南町田さん、この人の変わりたいという気持ち、これ、かなうといいなあ。

『ちこはゲーセン一番星!』。うわあ、可愛いお嬢さんが登場だ! 制服、眼鏡の女の子。店内でひとり泣いてて、いったいなにごと!? ああー、クレーンゲーム、欲しいぬいぐるみがとれないんだ。甘めの設定というけど、それでも取れなくて泣いてる。あまりに不憫だからか、両替にいっている間に取りやすいところに動かしておいてくれたり、店長、いやさチーフ、いい人ー! でも、取れない! もうガチ泣きやんか。チーフ、コツを教えてあげたりね、でもって景品入れ替え後にも、ちゃんと取り置いてくれて、ほんと、お客さんのことよく考えてくれてるんだ。この、いつも怖がられてるチーフのよさ、今回はしっかり伝わって、ええ、よかったじゃないですか。この子、準レギュラーになってくれたらいいなあ。いいキャラクターだったと思います。

  • 『まんがタウン』第18巻第11号(2017年11月号)

2017年10月4日水曜日

テスラ ランニングシューズ X700

 夏前のことですが、靴を買いまして、ランニングシューズ。ソールが分割されていて、ぐにゃぐにゃとよく曲がるやつですよ。私は足裏がかたくてですね、ソールのしっかりした靴をはいていると、すぐにカチカチになってしまうんです。なので足裏に負荷のかかるシューズ、NikeのFreeを愛用していました。ですがですね、愛用のFree 5.0がいよいよ駄目になってきましてね、買い替えないといけない。それでスポーツ用品店にいって聞いてみたら、あれー、今はFreeのシリーズ、縮小しちゃってるの!? これは困ったなあ。Nike以外にも同じコンセプトのシューズとか作ってないかな。そう思って調べていたら、見つけたんですね。それがテスラのランニングシューズでした。

しかし、これ、まんまFreeに同じですよ。ソールが格子状に分割されていて、よく曲がる。足裏によく負荷を与える構造になっていて、しかしここまでまんまで大丈夫なのか? いや、これだけおおっぴらに売られてるんだから、問題はないのだろう。

特筆すべきはその価格でした。安い! めちゃくちゃ安い! 定価2980円。マジか! 想定予算の1/3とか1/4とかやぞ! しかも期間限定クーポンなんてのが発行されてて、さらに15%引き! これ、ちょっと買ってみよう。もしすごくチャチな作りですぐ壊れてしまうようなのだったとしても、これだけ安いなら別にいいや。使い捨て感覚でぽいぽい買って履き潰してもいいんじゃない? なんて思って試してみることにしたんですね。

レビューに、テスラのシューズはちょっときつめ、心持ちサイズ大きめの方がいいかもというアドバイスがあって、また反面、このモデルはサイズ問題を改善したとの説明もあって、さあ、どうしようか。こういう時、通販は困りますよね。試して買うというのができない。レビューの説明読んでいくと、サイズがきつめというのは、甲の高さが低い、つまり甲高の人だときつくなりますよ、ということのようです。でも、自分の足が甲高なのかどうかって、人の足と比べたことがないからよくわからん。

以前はいていたFree 5.0は少し大きめの27.5cmでした。その後買ったFree 3.0はちゃんとフィッティングしてもらって26.5cm。26.5cmでちょうどいい感じです。というわけで、27.5cmを選択してみました。もしきついならこれでちょうどくらいになるだろうし、もしジャストサイズだったとしても、ずっとはいてたFree 5.0程度にとどまる。かくして届いたシューズを試してみれば、あ、大きい! ええ、自分は甲高ではない模様ですよ。自分の足のサイズどおりのものを選べばいいということがわかりました。

少し大きめではありますが特に支障はなく、また心配していた強度についても大丈夫そうです。期待していた足裏への負荷も問題なし。かといってソールがペラペラで膝に負担がかかるというような感じもなく、充分実用に足る、というか、ものすごいコストパフォーマンス。数日試してみて、クーポンの有効期間が残ってるうちにもう一足と思って、色違いを買い足してしまいました。今度は27cm。

それから3ヶ月ほど、基本雨の日以外はこのシューズをはいていますが快調であります。いいシューズに出会えたものだと喜んでいます。

2017年10月3日火曜日

『まんがホーム』2017年11月号

『まんがホーム』2017年11月号、昨日の続きです。

『スナックあけみでしかられて』。もうハロウィンはすっかり定着しちゃったみたいですね。スナックあけみでもハロウィンメニュー出しますよ、っていうんですが、微妙に和食で雰囲気違ったりがおかしくって、けどこのメニュー、冬瓜と挽肉とチーズのスープとか、よさそうだなあ。乃里ちゃんの仮装の相談にのったら小悪魔やることになったくだりがいいですね。あのやけくそあけみさん、可愛くてよかったと思います。でもって鈴木医院の跡継ぎ、ずっとカボチャ頭だったトシさん。今後、スナックあけみの常連になりそうですね。

『マチ姉さんの妄想アワー』。こっちもハロウィンオープニング、といいたいけれど、さすがマチ姉さんだ、さすがの酷さです。さて本編。桃太郎のお供の扱いから乙姫様のリベンジ。のっけから面白くって、というか、ちょっと待って? イルカが攻めてきてるよ!? 今回とりわけ気にいったのは耳なし芳一の2本で、ほんと前半の天才も後半の悪魔も、めちゃくちゃ面白いよ。というか平家の霊が妙に愛らしくって、ほんと、なんか逆に可哀そうになってきちゃったよ! このシリーズ、続くかどうかわからないけど、この怨霊の再登場には期待したいところであります。

『うちの秘書さま』。おお、メイドさんに新人が。おお、だんだん慣れてくるにしたがいメイド連に似てくるのかと思ったら、最初からおんなじ雰囲気だ。でも初々しさ感じさせて、こういうところ、いいですね。同じに見えて同じじゃないだっていうね。でもって、はじめ様について、のっけから期待のハードルあげられちゃったりね、それではじめ様まわりのいろいろ見て学ぶわけですが、いろいろ微妙に間違ったインプットしちゃったりね。いやむしろ正しいのか? ともあれ、最初ははじめのこと、そこまでピンとこなかったこの子が、はじめの意外や普通の男の子であったり、さらには失敗を怒らず、むしろいろいろ心配してくれることに、すっかり心打ち抜かれちゃって、そうかあ、メイドの立場からしたら格別なのかあ。しかしこの子の、はじめのよさ知ってから異動しちゃうまでね、どれくらいの期間があったのかわからないけど、涙なみだの別れだったっていうの、ほんとおかしかった。共感して泣き暮れるメイドたちがよかったですね。

『歌詠みもみじ』。修学旅行で奈良・京都だというのですが、他に海外班もあって、そちらは台湾なのか。すごい違いだな。というか、もみじが飛行機駄目なんか。宇賀神がおかしかったですね。中学でも奈良・京都。すっかりしおれちゃって、皆と一緒がよかったからって、それもまた健気なんですけど、ほんと、すごい落ち込み。目が死んでる。ほんとおかしかったです。夜の恋バナ、これも全然ふるわないのね。ああ、この子ら、そんな感じなのか! いや、そんな感じだよな。しかも先生まで乱入してきて、おかしいなあ、先生。折角の男子告白チャンスも、門番になってしまった先生のせいで不発に終わって、この見事になんということもない感じが、この子たちらしさなんですね! というか、もみじはじめメインの三人は、まったく恋もなんも絡みなし。この子らのこういうところ、ちょっと好きですよ。

  • 『まんがホーム』第31巻第11号(2017年11月号)

2017年10月2日月曜日

『まんがホーム』2017年11月号

『まんがホーム』2017年11月号、発売されました。表紙は『らいか・デイズ』でハロウィンでありますね。魔女に仮装? というか、これ、魔女っ子ですよね。ホウキにまたがったらいか。ちょっといつもより今風の少女っぽい? この子、普段は地味というか質素だもんなあ。髪形もちょっと可愛くしていて、悪くないですよ。『週末親子』ユカは悪魔っ娘に変身。『王子様育成計画』あいらは、本編に同じく魔女の仮装ですね。『孔明のヨメ。』月英は、カボチャのランタン抱いてる猫耳メイドですよ。これ、巻末漫画に解説があって、この漫画も面白かったです。

『孔明のヨメ。』、これ、結構危機的といっていいシチュエーションだったりするんでしょうか。引き継ぎのミスで新野にいっちゃった孔明夫妻。せっかくだからと町を見にいくんですが、人が多い、物価安い、治安もいい、すっかり感心したところで徐兄と出会うんですね。農業に関して孔明に相談がある。それで孔明、月英を役所に引き入れて、いろいろ手伝ってもらおうというところで、曹操側で動きが出てくるっていうのだから穏やかじゃない。そうか、劉備の動きに不信感持たれてしまったか。さらにそれを、曹操不在の中、夏侯惇が動いてしまった。これ、どうなるんだ、って、博望坡の戦い? うーん、いや、でもこの平和状況が崩れるの嫌だなあ。ほんと、これ、孔明巻き込まれること必至ですよね。

『スズちゃんでしょ!』。おお、たしかに梨乃ちゃん、ちょっと大きなった感じがします。最初のスズちゃんの仕事部屋を覗きこむその表情ね。そう思ってたら、実際大きくなっていて、パジャマが小さくなりました。スズちゃんのボタン入れ。うちにもこういうのありますよ。大きな缶にボタンがいっぱい入ってる。必要に応じて、それっぽいのピックアップしてつけるのね。で、これ、結構見てて楽しいんですよね。梨乃ちゃんの気持ちわかるわ。新しく買ってもらうパジャマにボタンをつけて欲しい。それでずらっと並べてね、ああ、こういうところはまだまだ子供だなあ。そうした梨乃ちゃんの子供らしさに振り回されつつも、うつろいに寂しさ感じたりと、大人の感情というのは忙しいものです。

天国のススメ!』。太一がめっちゃ動揺しとる。常恋神社の噂。背が伸びるご利益もある。そう聞いたらもうじっとしてられない。翌日始発で出発だ! っていうんですが、駅で待ち構えてる草間ですよ。ああ、理解されてるなあ。身長伸ばすという噂、これ流したの、神様自身なんだ! 蛇の神様。少年が大好き。だから少年を呼び込むご利益を新設しました、って、なんかカジュアルだな! この神様が草間にメロメロになるのね、ものすごい乙女っぽくて可愛かったですよ。しかし、草間からも見える、コミュニケーションできる、そして神様は美少年が大好き。これがwin-winってやつか! 太一の背を伸ばす、いや、伸びるのは胴か、ともあれ、葛藤の末見送るとか、それから誤解とか、今回はほのぼのとおかしくてよかったですね。

『マツ係長は女ヲタ』。なんと、ウメ君に友達が。トヨ。彼女は元気にしてるか。そう問われて、前の前の彼女のこと? その前のこと? ウメ君、とっかえひっかえでポイなの!? と思ったら、そうじゃないのか。恋とかよくわからないながらも、断るのが面倒だからと付き合っては飽きられて、そんな生活してたのか。でもこのウメ君が今やマツ係長のこと気になってるというのだなあ。ウメ君とトヨとの喫茶店の会話。ウメ君の恋だなんだの話をしつつ、遠くの店に見えるマツ係長が問題の中心になって、ああ、トヨ、誤解に直行だ。ウメの上司、ドルハラをする上司、ウメが金をたかられてる? 上司は女の子に貢いでる。ボタンの掛け違いではあるんですが、よくもまあ見事に誤解が広がって、これはもう見事王道の展開でした。マツ係長の話してる相手は、以前にもちょろっと出てきてた人ですね。街中で出会って、おお、同志よ! のくだりは最高におかしかったです。でもって、ずっと気にしてたウメ君が、マツ係長のヲタ顔に安心するところね、これもいかしましたよね。

  • 『まんがホーム』第31巻第11号(2017年11月号)

2017年10月1日日曜日

アクションヒロイン チアフルーツ

 10月に入り、夏アニメも次々と最終回を迎えています。皆さんは、なにかお気に入りのアニメありましたか。ロボもの、飯もの、スパイもの。原作付きにもオリジナルにもそれぞれいいもの、面白いものがあって、こうしてひととおり見終えてみると、今期も大変に充実していたのではないかと思います。そうした中で私の気に入って見ていたもののひとつが、この『アクションヒロイン チアフルーツ』。まったく前情報のない状態で見始めたら、予想と全然違っていてびっくり。アクションヒロインっていうから、変身して悪と戦うアニメだと思うじゃありませんか。だけど違った。まさかのこれ、町おこしものですよ。カテゴリとしては『ろこどる』に近い。しかも第一回の手作り感。あれ、逆に感動させられるんですよね。

最初はたったふたりからはじまるんです。大好きなヒロインがやってくるはずが、諸般の事情でショーが中止。ショック受けてる妹を元気づけたい一心で、アクションできる友達にお願いして、自分たちでヒロインショーを上演する。これが妙にリアルでしてね、ショボい衣装、ショボい仕掛け、けど妹を喜ばせたい一心で、体を張ってアクションシーンを演じるお姉ちゃんを見てると、これが実に健気で、最初、共感的羞恥っていうんですか? 若干のいたたまれなさも感じないではなかったんですが、もうそんなのふっとびましたよ。

これ、第一話としては抜群の出来なんじゃないかと思えるんですよ。以前、なんだったかで聞いたことがあるんですが、ロボットものの第一話の話。その物語における社会状況を説明しつつ、主人公をロボットに乗せる。これだけといえばこれだけなんですけど、たったこれだけのことが実は難しいんだって。だからこそ、ガンダムの第一話のすごさがわかる。情勢をそれとなく伝えつつ、アムロをガンダムに乗せた上に、ザクの撃退までさせてしまう。あの第一話は完璧なんだっていう話。

だとしたら『チアフルーツ』の第一話もものすごいんじゃないかって思うんです。

物語の舞台となる陽菜野市の状況や、劇中でのご当地ヒロインショーの位置付けを提示した上で、それぞれに個性を違える女の子ふたりがなぜヒロインショーを手作りするに至ったのか。その動機を描くだけにとどまらず、ショーを作り上げる過程を充分に見せ、そして実際に上演する様子までをしっかり描いてみせるんですよ。第一話だけで導入からクライマックスまで、ひとつの物語として成立させている。その上で、この一話を全12話の導入として次に繋げていくという構成の確かさ。これ実はすごいんじゃないのって、ほんと予想もしないもの見せられて、すっかり目が離せなくなってしまったんですね。

このアニメの特色はいくつもあるんですが、そのひとつがパロディあるいはオマージュの多さでしょう。最初っからね、あ、このセリフ、それっぽいな! と感じるものあったりしたのですが、特撮に詳しい人からしたら、もう、あれもこれもそれも、みたいなレベルで出てくるんですよ。いやもう、元ネタまとめてくれてるサイトとか後から見たら、ほんとすごい。こんなん知らんわ、そんなんもあったの!? みたいに驚かされるばかりで、もうほんとに驚くの。そういうパロディ盛り込む方もそうなんだけど、気づく方も気づく方で、ものすごいなって。だって、ショーのカット割りがウルトラマンのシーボーズ回とか、気づく? すごいよ、ほんと。どんだけ好きなんだろう。作り手も受け手もレベル高すぎるよ!

パロディ盛り沢山なのは第一話でもうわかってた、というか、サブタイトルとか次回予告とか、ほんとすごいんだもの。で、これね、途中回でローカルCMのパロディが出てきて、あ、これ無理だ、ひとりで全部わかるやつなんていないと思ったら、名鉄の発車メロディ出てましたよとか教えてもらって、もう無理だ! 全部わかるやつなんていない!

パロディないしオマージュは、わかれば面白い。気づけばニヤリとできる。そうしたくすぐりや盛り上げのフレーバーであって、このアニメのエッセンスである、女の子9人がアクションヒロインのショーを作り上げていくというストーリーは実に真摯なものであったと思っています。町づくりものとして、陽菜野を盛り上げていく。そうした状況をベースとしながら、ひとりひとりが持っている動機も大切にしているところもよかったのですね。9人それぞれが違う個性を、違う問題意識を持っている。またそれぞれに違う課題を乗り越えていく成長、変化の要素も見ごたえあって素晴しかった。ええ、素晴しかった。皆で困難を乗り越えていく、そのことが結束を強め、チームとなっていく過程が素晴しかった。ほんと、ひとりひとりが、またこの9人のチームのことが大好きになってしまうんですね。

いやもうほんとに大好きで、それだけに話題になりにくいのが残念でなりません。放送してた局が少ないものなあ。好き嫌いとかは当然あるだろうけど、もし少しでも興味を持たれたらぜひご覧いただきたいところ。今なら動画配信サービスもあるし、月額見放題サービスでも配信されてるので、もし視聴可能なら見てもらえると嬉しいなって思います。

アクションヒロイン チアフルーツ、見てくれよな!

2017年9月30日土曜日

『まんがタイムきららキャラット』2017年11月号

『まんがタイムきららキャラット』2017年11月号、一昨日の続きです。

『アニマエール』。ついに牛久さん加入ですよ。二本立て前半では、負傷した宇希の代わりに牛久さんが急遽参加することになって、ああ、やっぱり経験者だけあって安定した演技が頼もしい。そしてこの子の見る今のひづめ。以前とは違っている。それは演技中の表情もそうだし、またその視野の狭かったことを反省するひづめの言動からもわかる。このひづめの変化が、牛久にまた違ったチアとの関わり方を教えるんだ。ほんと、皆、それぞれに課題を持って、その課題をクリアしていく。成長していく。そうした姿がとてもいいと思います。そして二本立て後半。入部した牛久のお披露目といった感じでしたね。名前を教えるのを躊躇する牛久の様子見て、仲間ではないかと期待してる虎徹が最高でした。牛久花和。可愛い名前に落胆を隠せないあの様子。ほんと、虎徹の名前に対するコンプレックス、大きいのだなあ。部員が5人になりました。部に昇格できますよ! 部長は誰にするかというところ、皆がこはねを推す、その理由がぐっときたなあ。実際犬養先生に顧問をお願いする時も、こはねが大きな役割果たして、ええ、ほんと、こはね、この子のまっすぐさ、魅力的だと思いました。

『ふじょ子とユリ子』。二本立てですよ。前半は岡本さんに誘われて皆でカフェにいく話。後半はユリ子がふじょ子の家にお邪魔する話。いやあ、前半は岡本さんが飛ばしてましたね。ユリ子、ふじょ子のカップリングに悶えていたこと思えば、ユリ子のこと好きになりますよって、面白がって冗談でいってるのかと思えば、実は本気になりつつあるっぽいっていうのね、いやもうユリ子さん、罪作りです。で、あの店長、ガチ勢かよ! っていうのもおかしかったなあ。でもって後半。ユリ子の思い、一向に通じないところもいかすのですが、ふじょ子がユリ子に本格的に亀ピエの布教をするつもりでいるっていうのがまたいかします。買った本が届くのを心待ちにしてたふじょ子が受け取った荷物が、野菜だー!!! っていうの、これ素直におかしかった。大量のBL本を持ち帰ることになってしまったユリ子が、はたしてこれをどう隠そうか、悩んじゃって、家族にもなんだか不審な弁解しちゃってね、いやもう、やっぱりバレたらまずいですか。こういうの、普通にそのへんに放っておくくらいがいいんだと思いますよ。

『疾風ういんどみる!』、ああ、レースの結果が出たんですね。蘭、つむじ組は6位! ふうこ、はやて組は? ああー、5位だったのかあ。勝てなかった、全国にはいけなかった。でも、その健闘はふうこに悔しさだけでなく、レースの気持ちよさを残してくれていて、そしていさなもまたはげましにきてくれて、最終レースで見せた走り。これ、本当にもったいないって思ってくれてるんだろうなあ。一緒に予選を戦って、競いあって、そしてわかりあって、その仲を深める。青春じゃないか。ふうこ発案で集合写真を撮ることになってからがとてもいい。どんどん一緒に写っていいかって集まってきて、ナナもミミもふうこに呼び込まれてね、ああ、このさわやかでまたさいわいなる様子。じんときますね。

『トモダチヅクリ』。麻乃の誤解を解きたいという話。進んでいきますよ。チャンスは文化祭。けれど、文化祭の出し物をなににするかの決定権なんてないしなあ。そんな相談に先輩たちがアドバイスくれるんですが、ほんと、頼りになる! 流れを作りプレッシャーをかけるといい。さらにクラスにいる後輩にそれとなく働きかけてくれるという。その上、秋に依頼して脚本用意してもらうわ、体育館の使用許可得るために生徒会にまで話を通してくれるわって! メイ先輩、ほんとにすごい。こうして自分のことをちゃんと知ってくれてる人が、親身になって助けてくれることに感謝している。そんな麻乃の姿、表情を見ると、本当に胸が一杯になる思いするんですね。そして演劇の練習中、ああ、相変わらず怖れられている麻乃だけど、ああ、誤解の解ける、そのきっかけを掴みましたね! でも同時に足を痛めちゃった? このピンチがまたチャンスになればいいのだけど、ええ、麻乃、この子のトモダチヅクリ、成功すること心から望みますよ。

  • 『まんがタイムきららキャラット』第13巻第11号(2017年11月号)

2017年9月29日金曜日

『まんがタイムオリジナル』2017年11月号

『まんがタイムオリジナル』2017年11月号、一昨日の続きです。

『ゆとりの町長』。前回ちょっとシリアスでしたでしょう。だから今回、どうなるんだろう。男性ふたりを連れてきたかなめ、これからなにをしようというのだろう。そう思ってたら麻雀か! いったいどうして!? と思ったら、なんとー、こういう選挙活動もあるのかあ。いや、でもこれ、本当に!? しかしゆとりの成長著しい。白板のことオールマイティ牌とか思ってたこの子が2週間したらこんなにも立派に! いや、ただ麻雀にはまったけだこれ。ゆとりに麻雀を仕込んだの、健康麻雀に興じるお年寄りに覚えてもらうための策だったんですね。しかしこれ、勝った方がいいのか負けた方がいいのか。わからんながらも、愚直に打つ、その姿、評価してもらえたんですね。しかし今回、ゆとりにかなめ、ふたりのパートナーシップ、それが評価された回だったわけすね。でもって落ち! ほんと、これ、ちゃんと記憶に定着する日、くるのかなあ。

『部屋にマッチョの霊がいます』。木葉、ついに動き出しましたね。というか、神奈子が優秀ですよ。成仏したリサの情報を探すにあたり、痛サーフボードのキャラクターから時期を特定し、また痛ボード情報をSNSで探していく。ここで木葉の出番がきたのがいいですよね。アニメキャラの見分けがつかないからと、アニメに詳しい木葉の出番。でも、これ、うまいわ。木葉の活躍の場を用意しつつ、木葉の問題点も描き出す。ここでの失敗がちゃんと後で振り返られるんですね。さてですよ、木葉、この人本当に大丈夫なのか。痛ボードが当たりをつけた店に木葉が赴くんだけど、その対話できなさ! 大丈夫? 本当にちゃんと社会生活送れてる? でも、木葉、勇気を振り絞って、そうしたらしっかり結果に繋がって、苦手を小克服しつつ、ミッションもクリアに近付いてという、ええ、ひとつの出来事でいくつも語る。うまいと思います。今回よかったの、ボードのお店の人がね、ほいほいお客さんの情報を渡さなかったところ。おお、ちゃんとしてるわ。こういうところも好感度高いですよ。

『歌詠みもみじ』。皆で水族館にいくのですが、アメリア・ベネット、この子の魅力がこれでもかと描かれましたね。いろいろ物知り。小学生は半額ですよ。背丈が皇帝ペンギンとおんなじくらい。というか、のっけからペンギンづくしなのか。さすがだな、もみじさん。アメリアの解説、これ面白かったです。水族館の暗さの理由、これはじめて知りましたよ。でもって擬態する魚の発見勝負とか、いいですね、こういう楽しみも。イルカショーのくだりも面白い。不人気の最前列とか、そしてSNSでの拡散を期待する水族館のお姉さん。ほんと、細かいところでの意図、人情が光ります。ラストの寿司屋のくだりも、先にそうと匂わされたとおりに、なんら意に介さぬ寿司大好き組と、水族館からの流れに戸惑う組の対比が面白かったです。そうかあ、もみじは気にしちゃう方なんですね。

  • 『まんがタイムオリジナル』第36巻第11号(2017年11月号)

2017年9月28日木曜日

『まんがタイムきららキャラット』2017年11月号

『まんがタイムきららキャラット』2017年11月号、発売されました。表紙は『ブレンド・S』であります。苺香とひでりが可愛く着ぐるみパジャマ。苺香はピンクのうさぎで、髪をまとめるニンジンの髪留めも可愛いですね。そしてどーんと手前にかえるのひでりですよ。うおお、可愛いって、待って、待って、この子、男の子やん。ともあれ、手にしてるそれはホットコーヒー? 夜に寒さも感じる秋。夜中のアニメ目当てにしっかり待機中、そんな具合の表紙でしょうか。周囲に飛び交うマカロンも可愛い表紙です。

すわっぷ⇔すわっぷ』。春子の誕生日を祝いますよ。それでプレゼント買いにきたっていうんですが、夏子、当たり前みたいに入れ替わり済み! そうか、なるほどなあ、服のサイズとかばっちり完璧にあわせられるわけだ。これ、いいアイデアだな、とは思ったけど、夏子、入れ替わり当たり前になってますよね。もうキスとかなんとか、抵抗なくなっちゃってますよね。ちょっと戸惑ってる五月がよかったですよ。夏子の着たかった服。五月が見立てた服。この買い物風景、悪くないわあ。でもって夏子、春子宅に帰宅して、誕生日プレゼントだよ。あのキスが誤解されるところ、おかしいですよね。というか、あのタイミング、そらそう思われるよ。今日は春子のバースデーイブ。泊まりで誕生日を祝おうという、この特別感。春子も喜んでますよね。ええ、春子のこうした表情、とてもキュートでいいですね。

『恋する小惑星』。今回は化石か! しかも話題の発端はみら。河原で拾った石、それを割っちゃったって。そうした中から不思議な模様が。もしかして化石? というので、図書館で本借りてきて、ちょっといろいろ調べてみてという、その広がりが実にいい。天文班のみらとあおが、だんだんと地質寄りの興味も持つようになって、そうなったら桜も出てきて、いやあ、こいつはいい展開ですよ。わくわくする。そして今回、さらなるわくわくですよ。夏休み、合宿にいきますよ。いろいろ条件出しあうんですが、そこで先生の提案してくれた場所。先生の祖母の家というのですが、うおお、これはすごい。いろんなところ回ろうというその行き先が、JAXAの宇宙センター! 地質標本館! そうか先生の田舎は茨城県か! 筑波なんだね! もう、ほんと、これは見事にわくわくもの。たとえ描かれるのが施設案内だけになったとしても面白そう。もう夏合宿、楽しみでなりませんね。

まちカドまぞく』。おお、日常話だ。夏休みの宿題だ。シャミ子が数学の教科書前に苦しんでて、対照的に涼しい顔してるのが桃。ああー、桃は宿題とか余裕で終わらせてるんだね。そう思ったら、待って、1ミリも進めてないって!? というか、宿題のプリントもろもろ、持ち帰ってさえいないのかい!? すごいな、この子。ほんと、真面目できっちりしてそうなのに、全然そうじゃない。しかも屁理屈で宿題回避しようとするし、って、シャミ子、屁理屈に誤魔化されかけとるぞ! ちょっと重い話なんかもあって、そうか、桃と桜って血の繋がりとかはなかったんだ。ともあれ、お姉さんぶろうというのか、桃に宿題させようといろいろ頑張るシャミ子が健気でよかったですよ。夜食とか作ってくれるってさ。ほんと、このふたり、いいペアになっていますよね。いい友達になってる、そう思いましたよ。ところで、動物園のVIPチケットをちらつかされてやる気になった桃。中途半端変身とか面白いな。で、シャミ子! ずっと数学のドリルに取り組んでたんだ! しかも終わってないんだ! ほんと、これ、悲しい現実だ。ここでフル変身、本気を出す桃がよかったですね。手伝ってくれるんですよ。いい友達じゃありませんか。

『ぷにむにコンプレクス』、ゲストです。おお、これはダイエットものですね。やせたいという遊子と絵理栖。朝からなにも食べてない、ってことは、朝昼抜きか! 体に悪いよ! って思ったら、ちゃんとハルカがそのあたり指摘してくれるんですね。間違ったダイエットに突き進んじゃう残念少女ふたりと、常識寄りのハルカ。そこに登場してきたしほ、この子は見た感じ知識担当かなと思ったら、いや、違った、まさかの駄洒落担当だ! 知識担当は、遅れてやってきた麻沙美ですね。今回はりんごダイエットを提案してくれて、というのですが、この子たち、結局やっぱり駄目なんじゃん! ラストで見事にリバウンド。これ、つまりは毎回新たな気持ちでもって新たなダイエット方法に臨めるってことですね! これ、ちょっと教育的になってもいいから、結構真面目なダイエット漫画になってもいいかなって思いましたよ。ちょっときらら系では異色になるかも知れませんけどね。

  • 『まんがタイムきららキャラット』第13巻第11号(2017年11月号)

2017年9月27日水曜日

『まんがタイムオリジナル』2017年11月号

『まんがタイムオリジナル』2017年11月号、発売されました。表紙は『ラディカル・ホスピタル』山下さんが、これは車掌、いや運転士かな? 出発進行、指差し確認する姿が本当にかっこよくて、これはほんと素晴しいなあ。今回のテーマは鉄道みたいですね。師長がなんかどこかで見たような格好してますよ……!? 『らいか・デイズ』らいかは段ボールで作った電車を装備して、なんだろう、妙に楽しそう。『小森さんは断れない!』小森さんは鉄道旅ですね。駅弁、釜飯、これまた旅の楽しみでありますね。

『カントリー少女は都会をめざす!?』。意外といっちゃいけないのかも知れないけど、なんと、八重ちゃん、勉強できるのか! というか、ものすごい努力家。自分でまとめたノートの量がものすごく、しかも中身もきっちりまとめられてるのか。有能だなあ。でも、そのノート、授業ノートじゃないのね。東京観光スポットまとめ! 八重が妄想日記みたいなもんだって自虐するところ、ちょっと好きです。もちろん大阪編もありますよ、っていうんだけど、大河さんに突然ふりかかるプレッシャー! ほんとおかしい。勉強会を開くとなって、大河さんの家にいく? でも、八重、駄目なんか。ほんと、この子にとって大河さんってどんな存在なんだろう。弟はきてるよっていうの聞いてさ、なにするかと思ったら、弟日向にお姉ちゃん自慢するよう要請するんだ。ほんと、八重さん、素晴しいわ。わけわからんけど、素晴しいわ。でも弟は大変やな。

『北斎のむすめ。』、あ、これこないだNHKでやってたドラマにかぶる展開だ! オランダ人商人が江戸一の画工を求めて北斎家にやってきた。それで北斎が仕事を受けることになるんですが、ああ、ここで栄がはずされちゃうんだ。これはドラマと違うところで、もしかしたら史実とも違うところなのでしょうが、逆にこの漫画で表現しようというお栄像が明確にされたように感じます。父親にあるいは師匠なのか、未熟さを指摘されて家を出ちゃう栄。けれどそこに栄の父に対する思慕や憧れが見える、それがこの漫画のタイトルである、北斎のむすめであるというところを浮き立たせたと思ったのですね。しかし、栄、物持ちいいなあ。子供時分に父から買い与えられた筆。それ、宝物だったのかもなあ。いつもほったらかしにされてる、それだからこそ父に対する気持ちは屈折し、なお強くあったのかも知れないですね。

『きっと愛され女子になる!』、手料理デーって定期的にやってるんだ。しかし志摩ちゃんは料理が得意でない。そんな彼女に、伊勢崎がアドバイスくれましたね。カレーを作れ! これ、親身のアドバイスかと思ったら、個人的な好物だからなんだ。けど、変にアレンジしようとせず、レシピどおりに作れというの、これ、ほんと、重要な指摘ですよ。さゆりの店でもね、カレーならひととおりの調理方法に慣れることができる。市販のルーを使えばまず失敗はない。ええ、志摩ちゃん、これステップアップのチャンスだ! さゆりの母による、料理と恋愛の類似点とかおかしくて、でも志摩ちゃんもさゆりも、どうもピンときていないのがらしいです。うまくできたカレーをカレーパンにアレンジしてみたり、大好評だったカレーパン、これにさゆりの惣菜店の案内つけてくれてたり、このふたりの一緒に歩いているという感触、とてもよかった。ふたり、ほんと、いい相棒になったと思います。

『スズちゃんでしょ!』。スズちゃんが浮かれてますね。ピンチを脱したこともそうなら、完成させた留袖も褒められてと、これ本当に快挙なのだろうなあ。でも、恋愛話振られて即冷めた。いや、冷めた方がいいですよ。浮かれてるとろくなことになりません。今回は祭との会話が主ですね。祭おすすめのツアーとかね。どこかと思えばまさかの南極。スズちゃんが温泉希望すれば温泉あるよって、いや、あるけどさ。水温2℃はつらいな……。他にもグルメあり、出会いあり、最初は乗り気でなかったスズちゃん、現状に焦りを感じていってみようかと決心したものの、現実を前にその決心がくじけるくだり。面白かったです。南極は高いって聞いてましたけど、そこまで! スズちゃんの行き先は国内になりそうですが、ということは旅行の情景など見られるのかな?

  • 『まんがタイムオリジナル』第36巻第11号(2017年11月号)

2017年9月26日火曜日

『まんがタイムきららフォワード』2017年11月号

『まんがタイムきららフォワード』2017年11月号、先日の続きです。

『江波くんは生きるのがつらい』。いい展開だ。江波くんがヒロインですよ。自分の小説のためのヒロインを探し求めている江波だけど、今回は逆に取材対象になってしまうっていうんですが、その取材ってのがまあすごい。パンツは何色にはじまり、お尻に毛は生えてますかに終わる、とんでもない聞き取り。その聞き取りした相手、文芸部で小説を書いてるって女の子で、江波からしたらヒロイン候補だったというのに、あっという間にイニシアチブとられて、しかも書き上がった小説っていうのが耽美系。というか有り体にいってBL。その文章のはしばしに、唐突に江波からの聞き取りが反映されてるのがおかしくっておかしくって、江波くん、いつもは勝手にダメージ受けて退いていく感じなのに、今回は明確に振り回されてるぞ。いい感じだ! しかも今回は江波逃げきれてないんですね。これ次回も振り回されるんでしょうか。うん、いい感じだ!

夢喰いメリー』は白儀と夢路の因縁、そしてメリーが迷子になった経緯が明確になりました。夢路とメリー、そして白儀の手に残った傷、この認識がまず間違いで、傷はメリーと夢路の腕に残っていて、そしてその夢路の腕は、幻界でのトラブルがもとで、白儀の腕と入れ替わってしまっている。ややこしい! これ、描かれ方を再読してみたら、なるほど! ってなるのかも知れませんね。ともあれ、夢路と白儀の手の呼応、痛みを共有していると見えた描写も、傷がではなく腕そのものが問題であったというわけなんですね。しかし、夢路と混ざり完全性を失った幻界そのものが白儀というのなら、幻界をもとに戻すというのは可能なのか? その道筋はいかなるものになるのか。そのための布石はもう打たれていたりするんだろうなあ。

『巴マミの平凡な日常』。日常に現れる選択肢。選択ひとつひとつが運命に影響するのです。なんて大仰な話からスタートするんですが、これがおかしくて、会社に遅刻しそうなのに今日は燃えるゴミの日。ゴミ出しするか諦めるか、そんな些細な選択を強いられるんですね。その選択の結果が、上下に分割された画面でもってそれぞれ描かれるのがいいですね。こういうの好きですよ。ゴミ捨て選択は下ルートが正解か。でもって次のルートはと……、イケメンとのコミュニケーションをゲットするチャンス! で、ここからが微妙になってくる。あれれ、上でも下でもたいした違いがないな……。しかも最後の選択に至っては本当に選択肢の意味ないし! なんかエロゲの共通ルートみたいやな……。これね、元ネタといっていいのか、スピンオフ元の『まどか☆マギカ』が、まさにこの運命を変えるための選択肢総当たりをやってみたみたいな話だったでしょう。残酷な運命に抗おうと何度となく時間を遡行し、まどかの運命に介入し続ける暁美ほむらの物語。しかしその試みも虚しく、どうしてもまどかを助けることができなかった。そうか、マミさんも同じだ! って、ほんまか、一緒にしていいんか! いやほんと、このスピンオフコメディの構造が、時間こそ遡りはしないけれど、本編にちょっと重なるものであったのも面白かったと思います。

『こじらせ BOY meets GIRL! 』。タコのすべり台に願い事を書くと叶う。そんな都市伝説にわくわくしたりドキドキしたりしてる子供時分の亨と柚貴ですね。そうかあ、男の子だと思われてた頃の柚貴だ。実際、さわやか美少年にしか見えなくて、むしろ亨の方が女の子みたいだよ。しかしこの都市伝説、このふたりに関してはまったくもって悪い方向にしか働いてない。亨と一緒に花火大会にいきたいという柚貴の願いは雨に阻まれてしまってるし、柚宇といい関係になりたいと亨については、もうこれまで描かれてきたとおり! これ、亨と柚貴、ふたりの子供次代の思い出を振り返り、その時の心残り、できなかったことを今改めてやりましょう、いわばあの時に一旦分かたれてしまったふたりの関係の道筋をここにもう一度つなごうという試みと思えたのですね。これ、とりわけ亨に関しては、転換点かも知れませんね。

2017年9月25日月曜日

『まんがタイムスペシャル』2017年11月号

『まんがタイムスペシャル』2017年11月号、先日の続きです。

『君のパンツに一目惚れ』、絹森の刺繍ができないという秘密、あっさりとバレちゃってますね。いや、そりゃそうなんですけど、まったくといっていいほど知識がない、経験もない、そんなのバレないわけないですよね。今回は刺繍糸の話。五十嵐先輩に、せっかくだから刺繍をしようと誘われてはみたものの、図案見てもわからん。刺繍糸見せられてもわからん。そして極めつけは2本どり。ああ、そうだ、懐かしい。刺繍糸って、1本、というかあれ6本が組になってるのか、それをバラして、1本どり、2本どりっていって糸ぬいて使うんでしたね。何年ぶりに聞いたろう。しかし絹森、刺繍ができないこと小桜に知られたくないの、本心からなんだなあ。焦ってはいるけれど、とりあえず針を前にして大変なことになってる小桜の耳には入らなかった模様。これ、絹森、五十嵐先輩から特訓受けたりする流れになるのかな? いや、そうでなくパンツの刺繍は母の手によるものだって、小桜に教えてやる方が絹森のためだと思うよ? でもそうならない方が面白くなりそうなので、先輩、どうかうまいこと面白くお願いします!

『まちがいだらけの恋愛道場』、今回は芝のやらかしか。いや、本当に面白い。芝ちゃん、夢女子と腐女子の二足のわらじはいてるんだ。でもって、夢女子やってる時はその見た目振る舞いまで変貌させちゃうんだ。というか、素の芝と違いすぎてびっくりするんだけど。夢女子芝が見初められた。印刷屋の兄さんからさりげなく食事に誘われたというのだけど、圭介の危機管理能力がすごい。いや、これすごく大事だと思いますよ! 野性味ある行動の迅速さ。見習うべきか。芝の打算とかね、この人の夢女子的側面から伺えないドロドロさがあっていかしますね。で、それが見事にバレる。そうか、腐女子タイムだと見た目もろもろいろいろが荒れちゃうんだ! というか、これこそがいつもの芝ちゃんって感じがする。ほんと、ここからの流れ、転げまわりそうなくらいおかしかったです。というか、予想してたことが予想以上にけたたましく展開して、ほんと、素晴しく楽しませていただきましたよ。

『お役所忍務のススメ』。面白いですよ。秋だ忍者だっていってますけど、メインはそうじゃない。忍者の隠れ方。木の葉隠れから展開して、夜に暗い色ってだけでも目立たなくなりますよ。そこからまさかの交通安全! 夜道をしのばない運動。これ、面白いわ、いい展開だわ。これまでずっと忍者中心でやってきたわけですが、忍者をからめながら、交通安全アピールに広げていく。中学校での講習ですね。楽しく、面白く、わかりやすく、しのぶの経験からの実感ともなう説明とかね、すごく親しみもてる近しさあって、これほんとよかったなあ。忍者なのにしのばない運動というのも、ひねりがきいていて、とてもよかったです。

メェ〜探偵フワロ』。ミスレモンが太りました。その太ってしまった理由っていうのを友達と話してる様子がおかしくて、そうかメイドって太るんだ。残り物は捨てにくい心理と既婚者の工夫とか、太りやすい人は実際結構食べてることもあるってのにレモンさん当てはまってるとかね、ほんと、この妙にリアルさ感じさせるやり取りが実に面白かったです。空気イスやってるレモンさん。ドレスを着て涙を流すレモンさん。フワロ邸に帰ってからもおかしくて、あの鬼気迫る仕事ぶり! というか、極端すぎるよレモンさん! トレーニングにニコニコ付き合ってくれてるアーサーが素敵でした。そしてドレスの件聞かされて、おお、フワロ氏、アホらしいって、オーダーメイドすりゃいいだけって、なるほどなあ、フワロ氏はやせろとかいわないんだ。ほんと、こういうところ、フワロ氏もアーサーもよいよね。そしてアーサーの言葉にスイッチのはいるミスレモン! ほんと、極端すぎるよレモンさん!

  • 『まんがタイムスペシャル』第26巻第11号(2017年11月号)

2017年9月24日日曜日

『まんがタイムきららMAX』2017年11月号

『まんがタイムきららMAX』2017年11月号、先日の続きです。

『すくりぞ!』。着々とホテル運営についての経験を積んでいきますね、と思ったら、違うのか、冬休みの宿題を片付けるための缶詰合宿なんだ。ビジネスホテルに一泊。けれど寝子、宿題よりも先にやることがあるというんですが、ほうほう部活やる気だねえと思ったら、違った! まずは開放感を楽しむって、いやいや、そんな開放感はいらん! その後もコンビニいっておやつを買い出し。すっかりパーティになっちゃって、いやもう低きに流れるったらないですね。まだ時間があるからといって、思い思いに遊んじゃって、それでもって寝ちゃって、いやもう、ただ楽しくビジネスホテルで遊んだだけって感じです。でもそんな中、ツバキヤマとにゅうの語らい、部のブログ見てね、ああ、このふたりの雰囲気とてもよかった。部を通して経験したきたこと、過ごした時間をふたり懐かしむようで、ほんとこれだけでもこのビジホ会、意義があったんじゃないかって思えるくらいでしたよ。

『ななかさんの印税生活』。生徒会長いやさkanadeさんとななかが小説で対決することに、っていうんですが、これ、見るべきところは対決だなんだというよりも、ななかの言葉に、もしかしたらななか自身も気づいていない上昇志向を感じとったり、突然巻き込まれて慌てたり頭抱えたりする永山先生の様子とかね、皆の心の機微がうかがえるところだったと思ったのですね。表立って語られること、描かれること、出来事の表層にではなく、向こう側に大切なことはある。そんな感じで、実際生徒会長自身がそうだったでしょう。ずっと孤独に戦ってきた、そんな気持ちでいたところに、同じく戦う同志を見出した、そんな思いが溢れるっていうのがぐっときますよね。これ、会長自身もそれと意識してなかったのかもなあ。泣いているとみゆきに指摘されて、はじめてそうと理解した。そんな感触が、ほんと、人は自分のそうと気づかないうちに、自分の気持ちを露にしてしまう。そんな機微がよかったですね。

『夢見るプリマ・ガール!』。部室の床が抜けました。練習場所が他にはないかと探した結果、あかね先生に頼ることになるんですが、いや、これね、あかね先生、れいか先生の学生時代の回想を見られて、これがまた実にいい感じだったんですね。今のふたりとはちょっと違う、そんな様子が見えた。バレエが好きすぎるあまりに、ひとり突っ走ってしまい、他の部員を振り落としてしまっていたあかね先生。厳しさを通り越して、喧嘩までいっちゃってたりしたの? そんなひとりよがりだったあかねをいさめる、当時生徒会長だったれいか。今以上に寡黙で、けれどいうべきことをいい、伝えるべきことを伝えたんだなあ。ふたりのなにか特別な関係、それはこれまでにも語られてはきたけれど、その大本となるきっかけが見えて、ええ、時に弱気に見えるれいかの芯の強さ、それがあかねを変え、ふたりの関係を支えたのだと思わされました。今回は、抜けた床にはまる、そんなビジュアルの面白さが先にくるのだけど、その向こうにある確かな関係が魅力的。ふたりともに大人になっても、変わらず持ちつづけているものがあるのですね。

いちごの入ったソーダ水』、先生が、先生が色気づいてるですって!? いや、ほんと、先生いいですよ。今なお変わろうとしている。小説にもまた挑戦したいって、文芸部の顧問になって、皆から影響受けてるのでしょうね。でもって、うたたの相談です。ほう、小説の賞に応募したいという。それで書いてみたものを先生に添削をお願いできないか。ほんと、この気持ちの健やかなこと。まっすぐに、夢に向けて伸びようとする瑞々しさ感じられて、そしてその行動力に先生が引け目を感じてしまう。うん、これ、すごくわかるんですね。どうしても先生の側で読んでしまうんですよ。前に進むことに懸命な人がいる。対し自分はどうなのか。いろいろ理由をつけてですよ、ただ今を過去へと流してしまっている。そんな自分にとって、先生の焦りや自戒は他人事ではないですね。すごく共感できるものあって、だからこそですよ、先生のうたたに対して感じた安堵、ちょっとわかってね、いや、うたたには悪いんだけどもさ、でも先生のその感情の動き、ほんとリアルで人間らしいって思ったんです。しかし本当、先生魅力的になりましたね。最初からそうだっていわれたらそのとおりかも知れませんけど、ほんと、先生、魅力的になりました。

  • 『まんがタイムきららMAX』第14巻第11号(2017年11月号)

2017年9月23日土曜日

『まんがタイムきららフォワード』2017年11月号

 『まんがタイムきららフォワード』2017年11月号、発売されました。表紙は『ゆるキャン△』、リンとなでしこ、ふたりで秋の味覚ですね。グルリにて焼かれるサンマにホタテ。皿にはカボチャやナス、キノコにエビが待機していて、いやこれ、ほんと、豪勢でありますよ。リンの調理してる様子を見守るなでしこが、お芋いっぱい胸に抱えてるのがいいですね。おいしいものたくさん。贅沢な時間です。

ゆるキャン△』、相も変わらず面白いなあ。正月明けて、冬休みも明けて、皆でそれぞれの活動語りあう。これが楽しかった、あれが面白かった。そうした土産話に成果発表なんてのもあって、タープ買いました! あきがすごい勢いで報告入れてくるんですが、もうほんと、なんだ、この子、やたらめったらポンコツだな。冒頭からお土産ガツガツ。でもってタープ、タープポールを家に忘れてきて、終。なんだこのミニ番組風の演出! バイトしてお金貯めて、それでなにを買おうか、なにが欲しいという話をしているのもまた楽しい。ああ、なでしこのランプ。そうか、お店でもちゃんと気づいてもらえてるんだ。いやね、なでしこがさ、ランプをついに買うんだ、こないだも眺めてきたんだっていったの見てね、やべえ、フラグだ。いざ買おうと思って店にいったら売れちゃってるパターンだ! って思ってたから、ほっと安心しました。今回は和気あいあいとした語り合い、それがメインと思わせて、なでしこのひとりの帰り道、ここでひとりいろいろ思うところから、ソロキャンプへ思いを至らせるまでの描写。あれ、はっとさせられましたね。ああ、なんでもない日常の語りかと思わせてそうじゃない。いろいろと動いているところがあるんだ。ほんと、不思議なテイスト。そう思って油断してたら、胸元にふっと届いているものがある。ほんと、不思議な漫画です。

『はるかなレシーブ』。エクレアにリードされるはるかな。この状況をいかに打破しようというのか。楽しみに待っていましたよ。そしてはるかな、まさしくここで試合を動かしにかかるのですね。そうか、クレアとエミリ、対策するならどちらか。これ、まさしくふたりの性格、傾向を知っているからこその作戦だ。事前に提案していたかなた。その提案を受け、どうすべきかを理解しているはるか。ああ、ふたり、チームとしてしっかりできてきています。クレアを崩して、エクレアに食らいついていくはるかな。猛攻とはいかず、ひとつひとつ丁寧にとって、ポイント差を埋めていくような戦い方は、それだけエクレアの強さを意識させて、だからこそだったのか、かなたの作戦、これも知ってる相手だからこそなんでしょうね。ビーチバレーで大切なのは不意をつくこと。かなた、この瞬間のために、ジャンプサーブをこれまで相手に見せてこなかった、まさかないものと思わせてきてたんだ。いや、ほんと、このかなた、とても美しかったと思う。で、ここから逆転かと思わせたら、まさかのエミリ! ほんと、これ、前衛でがんがん打ち込むプレイヤーだけでなく、むしろサポート寄りのプレイヤーに光を当てて、ほんと、意外性だ。この見せるべきものを違えて違えて、その変化で見せてくるの、実にいいじゃありませんか。ほんと、エミリがかっこいいですよ。

『なでしこドレミソラ』、美弥と恵真のステージですよ。浴衣姿で三味線の音をあわせる美弥、不思議と冷静に会場見回して、集まっている人がどういう行動をとっているか、また応援してくれる友達や家族もいるって、ほんと、すごく落ち着いてる。視野も広い。そして、この中の一人でも振り向いてくれたらという、その気持ちの真っ直ぐさ。いや、もう、この子すごいと思いますよ。見た目に凛々しく、美しく、チューニング時のちょっとリラックスした表情から、本番では一気に緊張走る、その変化。素晴しいわ。ただただ演奏する、その演奏を耳にする、演者、観客の様子を絵にして、描いて、こんなにも雄弁だ。そしてそこに演者の思いがモノローグとなって乗ってきて、恵真から、そして美弥に繋がっていく。ほんと、この鮮烈さ。素晴しい。演奏の続く中、過去、これまでのことが今にこうして繋がっているのだと語られて、音楽の、その場で鳴っている音の向こうには、多くの時間が、稽古が、経験が、こうして畳み込まれて、ひとつになっているんだって、まさに物事の本質に肉薄しようとするかのような熱に圧倒される思いでしたよ。この演奏がどのように響いたのか、客の感想は様々だけれど、美弥のはたまた不思議と冷静に受け取るフィードバックに、ああ、この子にとって今日のこのステージは大切な経験、大きなステップアップであったのだなと思わされて、ほんと、それからの描写、皆とのやりとりも素晴しく見事、見事であると、溜息つくのでした。素晴しかった。美しかった。豊かでした。飛び込んでくる陽夜から三味線かばう美弥ちゃん、可愛かった。美弥が、皆が素敵でした。

『超常リビドー』、またなんかすごいのが! 待望のあどべんちゃらが読み切りで復活。で、これ、とんでもない。可愛いもの好きの妹、奏が姉の下着を漁っていたところ、なんとその姿が姉のものに変わってしまっていた。なるほど、またなんともいえず微妙に変態的な前提を用意して、しかもこれ姉に母に常識的な感性が備わってるものだから、姉の下着を漁る妹とかね、姉は気持ち悪いって怒るし、母は母で当惑するし、というか、妹、その姉の下着を漁ってること、家族にバレバレなんだ。すごいな。さてここで、この世界では中学生の女の子に超常能力が発生することがあるなんてことが語られて、そしてその能力の根幹にその者の持つリビドーが関係している云々。えらいフレーバーが投入されたわけですよ。妹のリビドー、姉の下着、顔を埋める……。このギリギリというか、変態っぽい行動をこれでもかとステップアップさせながら畳み込んでくるこの威力よ。そしてしまいには姉が、姉もか! いやいや、途中まで妹を心配する姉かと思ってたじゃん。それで、妹、姉や母、家族にそのもろもろアレななんたらかんたらを受け入れられて落ち着いて、みたいな話になるのかと思ったら、全然違った! えらいこっちゃですよ。ほんと、すごい展開見せました。ほんと、相手の性癖を受け入れられない姉妹のガチ喧嘩、いいもの見せてもらいましたね。

『アイ・ラリー・ユー』。これ、よかったですよ。女の子ふたりが温泉卓球で白熱。なんでこのふたり、こんなにもはげしく対戦するのか、その経緯、由来を戦いの流れとめず、スムーズに差し込んで読者に理解させていく。構成がうまいのか、その見せ方がうまいのか、ふたりの心情、性格もこれでしっかり伝わって、だからこそですよね、氷室の涙と、高岡も一緒に泣き崩れるあの瞬間、すんなりと胸に届いて、ほんと、すごくいい。ふたりとも、負けず嫌いで、ちょっと素直じゃないのね。でも友達なのね。そうした関係がいきいきと描かれて瑞々しい。ほんと、これが12ページ。すごくコンパクト。語るべきことをその少ない誌面にきっちり収めて、シンプル。そしてチャーミング。実にうまかったと思います。

2017年9月22日金曜日

『まんがタイムスペシャル』2017年11月号

『まんがタイムスペシャル』2017年11月号、発売されました。表紙は『恋愛ラボ』、マキがメインでありますよ。頬を染める彼女の手をとる詰襟の手。はたしてこれは誰なのか。ええ、恋のときめき、寄り添う思いを感じさせる、そんな表紙であります。『難関女子の恋愛参考書』のカットは、オトメちゃんと手を繋ぎたい男子だち。互いに牽制しながら、邪魔しあいながら、その思いはちょっと叶いそうにないですね。『できれば俺が膝枕』は、公園のベンチでしょうか、肩にもたれかかって眠る彼女と、その彼女に寄り添う猫と。小春日和の暖かみ感じさせるイラストです。

『ざしきわらしと僕』。みうがきましたよ。この子、にぎやかで、明るくて、すごくチャーミング。可愛いですよね。気にいってますよ。この子、理緒の家に泊まるというのですが、裕貴との距離がとても近い。理緒も思わず間に割って入って、いやもう、なかなか素直になれないこの子もとてもいい。しかし、理緒のお母さん、娘の気持ちまるまるお見通しっていうのがいいですね。そうか、パパ似なのか。みうと理緒のふたり女子会も面白かったです。この子たち、恋のなんのって、まだ意識してないんだ。あんだけ露骨に裕貴のこと気にしておいて! というのだけど、ちょっと気づきの萌芽が見えてきた? そうかと思えば、理緒、みうの距離がぐっと縮まって、なかよしの女の子たちっていいですねえ。ええ、いいですよ。そうそう、みうにモフモフされてるヤイバさん、よかったですね。というか、ヤイバさん、チョロすぎるよ。メロメロやんか。

『穂積くんは猫に勝てない』。穂積君、猫に慣れようと頑張ってますよ。子猫の突進にひっくりかえってみたりね、ええ、猫は柵の向こうなのにね! 子猫なら大丈夫かと思った、そういう穂積君だけど、そうか、子猫はじっとしないから難しいか。そんな穂積君と彩千華、芙未、三人で買い物にいって、ペット売り場でハイになる彩千華。いやもう、ヤバいレベルだ! 穂積君は穂積君で、書店で猫と仲良くなるための本探したりね、やる気見せてますよ、っと、後ろから監視されてるぞ!? やる気はあるけど、猫には負けっぱなしの穂積君。最後のね、顔面蹴られてみたり、おやつまみれでむらがられてみたり、この穂積君の下り坂! それを見守るふたり、いや面白がってるよね、芙未さん、その様子もいい感じでした。

『ごにんばやし』。歌詞を考えるため図書室にいった面々ですよ。そこで亜子だけ補習とか思われてるの、おかしかったです。そんな亜子の中学からの友人でいいのかな? この子が教えてくれた皆のあだ名が面白かったです。姫に王子、そしてギャル。皆、それぞれに直球あだ名だなあ! しかし、ミッチーがお嬢だっていうのはこれまでも散々描かれてきてましたけど、今回描かれたような雰囲気、これはちょっと意外な感じで、そうか、普通はこんな風に見えるんだ。つまり、亜子たちと一緒にいる時は、飾らない、気を張らない、自然体だったりするのかも知れませんね。自然体といえば、ギャルのね、見た目とのギャップ、意外性が語られてるの、うん、確かによい感じではないですか。正座して三味線弾いてるところ、なんかちんまりして可愛いよね。そして亜子ですよ。まさかのサイクロン! V3だ……。そうか、嫉妬、悪意を受けても気にしないマイペースさゆえのサイクロンなんだ。でもただただ遠くから見て憧れるばかりではなく、自分から歩み寄っていく、そうしたところ、亜子の長所だよなあ。そうですよ、皆、見習わないといけませんよ。うん、自分も見習うべきひとりかも知れません。

『年上の物理女子は可愛いと思いませんか?』、ゲストです。新入生の朝永佑太。可愛い女子のいる部活に入りたい、なんて不埒なこと思っていた彼の前に現れたのが、お下げも可愛い白衣女子。その手にするのは……、RPG-7だよ、おい。ロケットランチャー。朝永君、君、ものの見方が的確やな! ともあれこの出会いがきっかけとなって、ロケラン女子と知り合いになりました。物理部部長の湯川のぞみ。ペットボトルロケットランチャーを今から飛ばすのでぜひ見学をっていうんですが、やべえ、ペットボトルテロリズムだ、これ。いろいろトラブル振り撒く、そんなお嬢さんみたいですね。肝の太そうなお嬢さんに、ちょっと危険なもの感じつつも、その愛らしさ、その訴えかける目ぢからに見事負けて入部することになった朝永。しかし、湯川先輩。物理というの、物理学云々というより、物理特効みたいな匂い感じさせますね。ミニマム、パワフル、いいと思います。

『宇市さんは魔女』、ゲストです。我が家に居候する魔女、宇市セエラのプロフィール。300年以上生きていて、英国生まれ、明治のころに来日して帰化。苦労しながらも今までたくましく生きてきたのだけど、そうか、仕事ないんだ……。プロフィール、真面目に書いても信じてもらえない、って、そりゃそうよねえ……。魔女としてのなりわいも、法律の整備、技術の進歩のためにパッとしなくなって、いやでも、咲ちゃん、穀潰しというのは酷いよ! うん、でもまあ、収入がないので家賃がわりにアク抜きした山菜をそっと出すほどだものなあ。そんなセエラがこの家に暮らしている理由。ああ、そうか、恩人なんだ。その恩は大人だけが知っていて、咲は知らない。ああ、奥行かしいといえばいいのか、恩売ってまで尊敬を勝ち取りたくないというのか、これもまたセエラの人柄なんでしょうね。あの猫との会話にもそうしたところよく出ていて、ええ、いい加減というよりも、軽やかさ感じさせられます。

  • 『まんがタイムスペシャル』第26巻第11号(2017年11月号)

2017年9月21日木曜日

『まんがタイムきららMAX』2017年11月号

『まんがタイムきららMAX』2017年11月号、一昨日の続きです。

はんどすたんど!』、跳馬の踏み切りにはじまり、春の市民大会にかけての話題。これで皆の成長をしっかり感じさせてくれるの、とてもいいなって思いましたよ。ななみがいうんですね、踏み切りの音が違うって。自分たちのはぎっちょんで、ゆかちーやあやだとバコーン。なぜそんなに違うのか、あやの演技を観察して、それを自分たちの跳躍と比較してみてという試行錯誤の情景に、ただいわれるままやるのではなく、主体性もって体操に取り組んでいることが感じとれて、ほんと、これ、すごい、眩しいくらいのモチベーションでした。こうしたななみたちの意識、次からは一部に挑戦したいとうゆかに対する態度からも見てとれて、ゆかがいないと自分たちは駄目だ、そういいながらもね、ちゃんとゆかの背を押すし、さらにはゆかやあやの演技、見たいっていってる、そうしたよりよいものを求める気持ち。とてもいいなって思ったんですね。ほんと、だばだばしてたりする、そんな中にしっかりした気持ちの背骨があるよね。それが本当に気持ちいいんですね。

『のけもの少女同盟』。ニカにストーカーがついてるんだ! 誰かの視線を感じる、そういって怯えてるニカだけど、いや、下駄箱に手紙が入ってたんだ、これ気のせいじゃないよ。確実じゃん。そのストーカーと疑われた相手、ニカの可愛さのあまり、鑑賞するのを趣味にしてしまったクラスメイト……。松里まこ。その鑑賞がニカを怖がらせてると知らせたら、バレないように慎重にしないと……。基本いい子なんだけど、どこかに闇を感じさせる。うん、この漫画らしいですよ。この子の気持ちがニカには通じてなくて、しかもいろいろ報われなくて、そうした不憫さ感じさせながらも、最後にはこの子の頑張りがニカとのコミュニケーションを成功させてという、ここによさがありました。ええ、ささやかながらも、ふたりの間、距離は縮まっているのですね。

『私を球場に連れてって!』。今回はまた面白いペア成立で。レオナとファル子、ふたりいろいろやりあうことはこれまでもありましたけど、まさか一緒になってファルコンズ、キャッツ戦を観戦することになるとは。キャッツ側の内野席なんですね。だからユニフォームとか着られなくて、ええ、ファル子も遠慮してるわけですが、そんなファル子の背にファルコンズファンですって張り紙するとか、レオナ、怖ろしいことしてくれますね。でも、観戦してるうちに、ちょっとずつでも親しくなっていってるの、よかったですよ。選手のデータ教えてもらったりね、それでふたり名前で呼びあうように!? って、ファル子、春子と呼んでもらえてないこと、根に持ってるんだ。基本、敵対するチームのファン同士、なかなか表立っては仲良くは振舞えないけれども、その根っこには親しくできる芽があるのですね。そんなふたりの距離感、難しいけど、悪くない。ちょっとの緊張感がいいスパイスになっていますね。

『どうして私が美術科に!?』。課題の環境保護ポスター。これ、おかしいなあ。紫苑のポスターがどう見ても映画のポスターで、今にも上映されそう感がすごいとかね、その表現がまたおかしかったですよ。ポスターに表れる皆の個性、っていったらいいのかな。どんどん絵が小さくなる桃音とか、センスはいいんだけど添えられた文章が微妙な黄奈子とか、こういうの面白くっていいですよ。すいにゃん先輩のポスターの完成度に舌を巻く紫苑は見どころでしたね。なるほど、ポスターに求められるもの、その機能を満たすためになされる工夫もろもろ、その説明に感心しながらも、理解してることすなわちできるということでないというのを体現してるのがまた紫苑って話で、いやあ、面白いというか、他人事とは思えなかった! そうだよなあ。わかってるからってできるわけじゃないんだよなあ。ポスターのアイデア探しにいった蒼も面白かったですね。くろえちゃん、岡本玄恵先生とのやりとりも、また先生の学生時代の作品めぐるいろいろもね、ほんと、先生のちょっと先生らしくない表情垣間見られた、そんな感じでしたね。思いがけない蒼と先生の共通点もね、ちょっと先生を近しく感じさせてくれました。

  • 『まんがタイムきららMAX』第14巻第11号(2017年11月号)

2017年9月20日水曜日

『まんがタイムファミリー』2017年11月号

『まんがタイムファミリー』2017年11月号、先日の続きです。

『感染!ウイちゃん』。これ、あつしのお人好しが極まっててもうおかしいんですね。偽装を覚えたウイルスがセキュリティソフトのコスプレしてくるっていうんですが、服装はともかく背丈、見た目はもとのまんまで、一目瞭然、どう見ても別人なのに、あつし、まんまと騙されて……。いや、もちろん見分けはついているのか。毎夜、苦労してセキュリティーソフトなりきり衣装作ってるウイを見てたから、その努力を無に帰するに忍びない。それであえて騙された振りしてやってるのか。なんていいやつなんだーっ! 事情わからなくてやきもきしてるセキュリティーソフトがね、このコメディの肝でもあるんですけど、ちょっと不憫で、それであつしやっぱりこっちにも気を使ってね、ほんと、いいやつだと思います。そして最後の落ち! うおお、ウイ、めっちゃくちゃ可愛いじゃん! はいいとして、この全部あつしに返ってくるっていうの、おかしかった。いい展開でしたよ。

『役職名はお嫁さん』。ほんとおかしい。今回は陽大がおかしい。美如との思い出コレクション、それが美如にバレてしまった。って待って待って、段ボール箱に4箱。しかもそれ、床下収納に仕舞い込んでたんだ、って、板一枚! それ、美如さんもはやいこと気づこうよ! その箱には陽大と美如が結婚する前の思い出がしまわれている。って、いいじゃん! と思ったのは最初だけで、まさか美如からもらったアメの包み紙とかが入ってるんだ! すごいな、陽大。君、チャンピオンやな! これ、美如もまたよかったですよ。ドライ、ドライ。陽大が美如との思い出語るのを聞いてテレながらも手にはゴミ袋。いかす! でも最後にはちゃんと残す方向、提案してくれるんですね。それがあるから、陽大もここまでは残したい、ここからは処分していいって割り切れたんだろうなあ。今回はこの夫婦の、ちょっといつもとは違う甘い関係が見えてよかったですね。ほんと、素敵な夫婦だなって思ったら、ふたりでの食事の思い出ね、あれで笑っちゃって、いやもう、ほんと、美如さんは美如さんだわ。しかし、ここで包み紙全部見せたりしたら、普通はダメになりますよ、陽大さん!

『パパとあそぼう!』。たこ焼きというと関西ってイメージありますけど、最近は全国区だったりするんですか? テレビで見て食べたいといいだしたさくら。そのリクエストに応えるんですが、お母さん、いいなあ。むすめの要望に柔軟に応え、そしていざ焼くとなると、すごい、いつにない本気を見た! たこ焼き、オーソドックスにたこ入れてもおいしいし、チーズとかソーセージとかね、そういうのもおいしいって聞きますね。ちょっとやってみたい。で、この漫画面白いの、お父さんがほんといつも間が悪くって、まざって中身がわからなくなったたこ焼きから、さくらの食べたいのばかり引いちゃって嫌いっていわれるの、ほんと、おかしくって、いやあ期待を裏切りません。最後のお弁当もいかします。お母さん、いいですよね。デザート付♥って! ほんと、これちょっとチャーミングでしたよ。

『かしこみかしこみ』。今回はお昼寝。お昼寝友の会とかあるんだ。主婦三人でやってる活動? ほんと、これ、なんか面白い、ちょっとやってみたいですよね。山椒を寝かしつける橘、これよかったですね。いいお姉さんだわ。山椒の眠りにつくまでのくだり、しっとりとして素敵。そしてムクの規則的な寝相! コロコロ転がっていくんだ。しかも布団で寝てると時計がわりになるんだ。こういうところもおかしかったんですが、お昼寝友の会の活動、それがね、すごくマイペースで、そのゆったりした楽しみ、すごく素敵でした。おめざまでがお昼寝。昼寝して、おやつ食べて、そこでコミュニケーション。悪くないなあ。ちょっとした非日常で楽しいっていうのもわかるんですが、家での昼寝は寝すぎちゃうっていうのがおかしい。ええ、これ、すごくよくわかります。しかし、いくら気持ちいいからって、公園の芝生で三人横になって寝てるっていうのは、非日常というか、シュールというか、さすがにびっくりですよね。ええ、すごく平和でのどかな情景です。

  • 『まんがタイムファミリー』第35巻第11号(2017年11月号)

2017年9月19日火曜日

『まんがタイムきららMAX』2017年11月号

『まんがタイムきららMAX』2017年11月号、発売されました。表紙は『こみっくがーるず』、あたたかな印象のある表紙であります。ここは図書館? それとも書斎? 書棚に囲まれた部屋の中、ソファにふたり並んで座る琉姫とかおすのそのたたずまい。まるで姉妹のようですね。すっと背をのばして本を読む琉姫は美しくて、対してちょっと落着きなさげにちょこんと座ってこちらを見やるかおすの愛らしさがよい対比になっています。ふたり揃いに見えてちょっと違うシックな服装、なにかハイソサエティな女学校的なよさありまして、かぶっているベレー帽もまた可愛い。テーブルに積まれた本の中に、きららMAX8月号があるの、ちょっと面白いアクセントでありますね。

『ももいろジャンキー』、これ、めっちゃくちゃ面白い。ちょっと荒れ気味の高校で、目立たず静かに暮らしてきたはなが、なんと不良に呼び出されてしまった。ここからが本当に予想外の連続で、友達になって欲しい、妹と会わせて欲しい。なんで? おお、保育士志望! そこからの妹、ももの活躍ですよ。いきなりおかえりなさいおどり。姉が不良と怖れる由比ヶ浜美耶のことも、みゃーちゃんみゃーちゃんと懐いちゃって、でもって思ったこといっちゃうからね、子供! みゃーちゃんが思いっきり振り回されるの。それからはなも。家でももにやってること、どんどんバラされちゃうくだりが最高。で、みゃーちゃんにぶーッ。これ、すごいよ。笑いをこらえられる自信がない。初見でやられて、読み返してやられて、これ絶対笑う。何度見ても笑う。ほんと、ものすごかった。ももの描かれ方ですよね。3歳児の突拍子もない行動、それがいかにもそれっぽくって、でその唐突な行動に対応できないみゃーちゃんのリアクション、これがまたすごいの。でもって、まさか最後にみゃーちゃん、泣くところまでいっちゃうとかね。いや、ほんと、これすごく面白かった。いやもう、すごかったです。

『退職活動最前線!』。会社を辞めたい同盟? 嫌んなったら即辞表出してイインダヨー。というか、自分も仕事辞めたい。まあ次がないから辞めないんだけどさ。主人公? 赤間めい、のっけからズル休みなんですね。仮病で休むとメールを送って、そうか最近はメールで欠勤受け付けてくれるのかあ。時代は進んでいる。そして行く先はカフェ「ねむみ」。そこでSNSで知り合った面々と仕事辞めたい談話。これ、なんとなく嫌になった期なのかな? 3ヶ月目。4月からなら、連休が終わって、なんとなく最初の緊張感がなくなって、仕事にも慣れかけてきて、すなわちいらんことを考えはじめる頃合い? 会社を辞めたい人の集うコミュニティ? ねみゅにてぃで仕事辞めたい気分を話しあったりするのかな? でも仕事って、辞めるつもりになったらすぐよ? 考えるより先に動いてみたらイインダヨ?

『しのびます!』。15歳の誕生日を迎えた西園寺いちこ。彼女のもとに現れたのが忍者を自称する萩原もみじ。なんと十五代目。ちんまりとしたくノ一で、いちこをいち様と慕い、守るという。なんだかどんくさい? いろいろ勘違い? いちこの友人白鳥りんこに面白がられて遊ばれてとか、なかなかいろいろ頼りなさそうなんだけど、あの車が跳ね上げた水飛沫から守った手腕、あのクールな表情、見事ですね。ギャップがプラス方向に働きかけて、いやもうかっこいい、いちこも一瞬ドキッとしてますよね。幼ない頃のもみじといちこの出会いから、最後には泣き落とし。いや、これそういう手管かなと思ったら、そうじゃないっぽい。純情忍者と純情お館様。扉はじめ、ところどころで咲く百合が意味深でありますね。

『デザイナーさん、限界です。』。「わりとノンフィクション」っていうアオリが笑えないですよ! デザイナーの筑紫さん。見るからに出来る女といった風貌、社内にもファンが多いって感じのお姉さんなんですが、昨日も徹夜、激務で1週間の会社泊。あかん、あかんで。手持ちの業務を確認して、きっちりスケジュールたてても、これ今日中といって仕事が割り込んできてグチャグチャ。クライアントからは修正、依頼、割と好き勝手に投げてこられて、ついつい仕事も深夜にまで及ぶことに……。って、これ、カローシ案件だ! ともあれマネジメントが欠如してるとか、コンプライアンスどうなってるのとか、これ筑紫の受ける仕事の単価をあげて受注を減らすべき局面じゃない? というのは需給もろもろが真っ当な場合にいえることで、それこそ人の価値も仕事の価値も目減りする一方だったデフレ下ではこういう状況が蔓延してたんだろうなあ、みたいなこと思わされる漫画でした。ちょっと生っぽいですよね。生々しいってことでもあるし、わりとノンフィクションな素材がどーんときてる感じでもありました。

  • 『まんがタイムきららMAX』第14巻第11号(2017年11月号)

2017年9月18日月曜日

『まんがタイムきららミラク』2017年11月号

『まんがタイムきららミラク』2017年11月号、一昨日の続きです。

しましまライオン』。最終回ですよ。皆の卒業式。皆、人の世界で頑張って、学校通って、友達作って、そしてひとつの節目を迎えた。凛奈が保護者席にいるの、おかしかったですね。しかもお母さんと思われてて、ほんとノリよくお母さんとして振る舞っちゃうっていうのね、あれおかしかった。学校のクラスの皆と別れてからのまこ。人間の友達作りすごくすごく難しかったって、あの熱弁も、妙に刺さりますよね。ええ、まこちゃん、頑張ったんだね。神様からのねぎらいも、そして皆の卒業後の進路も、ひとつひとつが感慨深い。そして再会ですよ。おお、いおんが帰ってきた。サバンナの問題を片付けたら戻ってくるって約束してたんだ。そんないおんとまこの再会に、相変らずのいおんと、そして成長したまこの姿、ああ、ふたり、本当の友達になれたのかもなあ。ほんと、ふたりともいい笑顔! もう、ぐわーって胸にきましたよ。

『魔王城のお姫様』。これはちょっと面白いことになってきましたね。というか、大変なことになることがわかりきっている、そんな展開が着々と積み上がっていくのが面白くてですね、メルルを探す妹マールですよ。聞き込みの結果、姉の居場所がわかった。でもって相棒のシャンドラに連れられて魔王城に向かうんですが、まさかそこでメルルがやりたい放題やってるとかマールも思わないし、しかもそのやりたい放題が自分に牙をむくとかね、ほんと、思わんよね。前回の墓地での脅かしへのリベンジですよ。罠だらけですよ。で、そこにマールが踏み込む……。絶対、ろくなことにならない……。もうワクワクがとまらないですよ。

広がる地図とホウキ星』、いい調子ですよ。いつもの3人娘。クエストに自分の趣味、グルメ旅を求めるんですが、そんなところに現れた限定クエスト。限定に弱い限定同盟が突然結成されたぞ! 私も入れてくれ。苗を研究所に届ける、それがクエストの内容なのですが、向かう先がオコメの産地なんだ。買い出しもついでに頼まれたり、研究資金も出してもらえたり、リンは下宿先に恵まれてる! 翌日もまた面白い。ゼルダが寝坊して遅れてきたかと思ったら、リンも忘れものしてたりして、どんどん予定が狂う。でもこの子たちの様子見てると、そのいきあたりばったり、出先でのアドリブ行程がまた楽しくていいんですよね。ご飯食べるところもとてもいい。田んぼの中を牛バスで移動してる時に、突然判明したリンの苦手。ああ、でもちょっと可愛かったな。意外性っていうのもあるかも。これね、やっぱり面白い。到着した研究所。研究者のシバさんの、やっぱりというかすごく個性的なところね。そしてひとたびトラブル、問題があらば、魔法と工夫で解決していく。雷魔法で窒素固定するとかね、すごい展開! で、ヴェリがおさきまっくらやとかいってるの。ほんと、おかしい。魔法と工夫と実験と、実験結果の幻のオコメ。それをお土産に持ち帰ってからもまた面白くって、ええ、このほのぼのでワンダー。この漫画のよさ、今回もバリバリに出ていましたよ。

『お願い!ロイヤルニート』。前回のほたるの舞踏会に出るという話、その続きでありますよ。皆でほたるの品格を審査する。素敵なレディーに仕上げるっていうんですが、いやいや、金剛さんたちもわりかし大概でしてよ!? と思ったら、ほたるが自ら瑠璃子につっこみいれてました。ほたるの中のお嬢様を解放するとか、錆びついたロボットみたいなワルツとか、こうしたくだりたいそう面白かったのだけれど、まさかこの後に急展開が待ってるとはまったくもって予想外。ああー、ほたる、退学の危機、忘れてたよー! 落ち込んだほたるから退学の件聞き出してからの金剛さんがよかったですよ。ほたるを退学になんかさせない、そんな気持ちがもう真っ直ぐで、けど大金は受け取れない。お金のために友達になったわけじゃないっていうほたる、その言葉にはぐっときたし、またほたるの言葉をお金より自分がいいと理解した金剛さんのあの嬉しそうな顔! ほんと、この子たち、素晴しかったです。これ、文化祭のワルツ、そこに山場がくるんじゃないか、なんて期待させられるのですが、ほんと、今回のくだりだけでも実に魅力的でありましたよ。

  • 『まんがタイムきららミラク』第6巻第11号(2017年11月号)

2017年9月17日日曜日

『まんがタイムファミリー』2017年11月号

『まんがタイムファミリー』2017年11月号、発売されました。見事な秋晴れ。『大家さんは思春期!』チエちゃんも洗濯にせいが出ますね。晴天下、洗濯ものを干していく。見事な笑顔。てきぱきと家事が片付くのが気持ちいいのかも知れませんね。今回のテーマは家事でしょうか。『うちの可愛い掃除機知りませんか?』は掃除機、アプリが元気に和彦を吸っていて、『おしかけツインテール』花梨はホットケーキ焼いている。花梨もいい笑顔でありますね。

『軍神ちゃんとよばないで』。これは史実にあったりする裁定なのかな? 土地について争う豪族。なんとか丸く収めようとした結果、虎千代の裁可に委ねられることになったのですが、いやもう、たまったもんじゃないなあ、こんな役目。でも領主ってのはそういうことなんだろうなあ。あまりにも埒があかないから、一旦時間をもうけて考えるというのですが、家臣に求めたアドバイス、その答えが本当におかしくって、武闘派はとことん武闘派。宇佐美などは謀略そのものといった答を出してきて、いやでも、これ、この時代だとこういう考え方、特に酷いものでもないのだろうなあ。おそらくは一般的。領地は取れる時に切り取る。きっと当たり前だったんだ。けど、こんな生き馬の目を抜くみたいな時代において、見事情に訴え丸く収めた虎千代。ああ、こういうことなんだろうな。謙信の存在感には、きっとこういう背景があったりするんだろうなあ。

『牧場OL』。糸魚沢がすごい顔! お勤めご苦労様ですって、いやいやいやいや、懲役開けじゃないんですから。今回はメインに七夕まつり持ってきまして、いやあどーんと浴衣で登場、野花、可愛いなあ。スアンさんも最高だなあ。鷲巣さんも美しい。で、鶴沼さん! 期待してたのに! もっと、もっと大きく描いてさしあげて! これ、七夕まつり、皆を呼び出して、現地でそれとなくカップル成立させようって腹だったんですね、野花ったら。で、虎杖浜とスアンさん。めちゃくちゃ面白い。スアンさん、言葉選んでそれなんだ。直球どころか死球コースよ? 本当に死んでしまって出塁できない系の。でもって野花と糸魚沢。ふたりきりで残されて、ああ、なんだかラブい話!? と思ったら、全然違った! いや、どうなのか。いずれにしても野花の選択でありますね。北海道に残るのかなあ。そうであって欲しいなあ。

『広島さん、友達になってください』。おお、お父さんが帰ってきた。一時的だけど広島にやってきた。娘から手紙もらって、ほだされちゃって、でもってそこで妻からのとどめの一撃。酒まつりあるよ! へー、広島の酒どころ、西条のイベントなんだ。広島は鯉城あったりする城下町だから、酒どころもあるってわけなんだろうなあ。いきなりのウコンスタートから、試飲、購入の好サイクル。でもって、ああ、タミちゃん、ソフトクリームをまつりに来てたお姉さんのスカートにつけちゃった! でも、この人、明るくって、陽気で、お母さんとも意気投合。お酒のせいもあるのかな? いや違うな、これはそういう素敵な人なんだな。この出会い、そしてこの人の来歴をからめてキミの将来に思いを飛躍させる。父の思い、娘の思い。いろんな思いが交錯する。とてもいい話でしたよ。

『妹のおシゴトは時給2000円』。すっかり妹になったな、ミエ子よ! 只野のもとにあらわれた、親しげな女子。何者? 只野のことをおにいと呼ぶこの人は、ミエ子以外の妹契約者!? いえ、いとこでした。自称、只野の婚約者。いや、これ、金目当てだろう! 遊子、実際ミエ子の目の前で5万の指輪をねだってて、これにミエ子、怒っちゃうのか! 妹を…ナメるな。ほんと、ミエ子、変わったなあ。よくなった。擬似的なものとはいえ、家族に対する気持ちがしっかりとして、只野に対する気持ちはなんかバタバタしてるみたいですけどね、本心で心配してることがしっかりわかる。なんせ、これからは私があいつから守ってやるですよ。ミエ子、かっこいい! 只野も感動。衣々子もそばで気持ち揺らしっぱなし! ああ、ミエ子さん、かっこいいよ。ヒーローみたいだよ。

  • 『まんがタイムファミリー』第35巻第11号(2017年11月号)

2017年9月16日土曜日

『まんがタイムきららミラク』2017年11月号

『まんがタイムきららミラク』2017年11月号、発売されました。表紙は『うらら迷路帖』。千矢、神秘的! 森の中、木の枝に座り鳥と戯れる千矢の姿はいつもとはずいぶん違って、裾に、胸元にあしらわれた格子状の意匠も印象的な白いワンピース。髪の白さとあいまって、この世のものではないのではと思わせる、そんな雰囲気。目の色の赤がはっとさせます。目、マニキュア、そしてインナー? 赤が極めて印象的です。しかしほんと美しい表紙。千矢の千矢らしくない千矢らしさが光ります。

城下町のダンデライオン』、お久しぶりです。扉の茜様も麗しく、ほんと、素晴しいな。夏の装い。華奢な身体が大変に魅惑しますね。困ったな。いや、困るこたないんだけど。そんな茜がいなくなるというんですよ。アンジェがまいっちゃってね、いやあ、大学の研修で一週間家を空けるっていうんです。そんなこったろうと思ったよ! アンジェの茜依存ゆえのドタバタ。それが桜田家の子たちそれぞれに波及して、それぞれに対応はしてくれるんだけど、そこまでシリアスにならんのが、まあそりゃ一週間だものなあ。ぞんざいだったり当惑だったり投げ遣りだったり、そんな対応が皆のらしさを感じさせてくれていい感じでした。最後に茜様。あー、クールに拒否! 茜様、かっこいいなあ。そしてハグ。なんだかんだいってアンジェに甘いのがいいですよね、茜様。

以下、初登場の特別読切です。

『ローファス姉妹と吾輩と旅』。なるほど、ファンタジー世界を旅する娘3人組。ふたりは姉妹、そして吾輩、主人公がトラブルメーカー。というかネガティブすぎてすごい! ドーラ・ヴァイオレット。エルフだっていうんですが、それじゃあさぞ優秀かというとそうでなく、魔法とか使えちゃったりするの!? と思ったらそうでなく、気位とか高かったりして!? いやいや、そうでなく。背丈もちんまりして、こういうところ、パターンを外してきていいですね。シャン・ローファス、ニル・ローファス、人間の姉妹に助けられて以来、一緒に行動しているのだけど、あまりに役立たず、むしろ迷惑ばかりかけていて、いつか捨てられるんじゃないかとネガティブな想像ばかりしている……。初回からローファス姉妹の活躍見せてくれるんですが、その有能さを見せるの、ドーラの駄目っぷり協調させるためだよね!? 自分を駄目と卑下するドーラと、ちゃんと見守ってくれるローファス姉妹。むしろ可愛がってくれている? ちょっと距離の近い3人の関係。ほのぼのだけでないもの感じさせてくれますね。

『酒場ユートピアへようこそ!』。ゲーム的世界観ですね。RPGっぽいのね。酒場が舞台。ということは、冒険者がやってきて仲間を探したりしているのかい? と思ったら、あかんがな、全然お客さんこないんだ。店主のエレナがドジでバタバタやってるからじゃ? なんて思ってる昔馴染みのリィザ。この子が子供の頃からの夢を叶えて? 魔法使いの格好して来店してくれたのだけど、こういう知人友人からお客にしていこうというの、現実路線でいいですね! 自信がないから諦めたといってるリィザだけど、魔法、暴走とはいえ教会の塔、ぶっとばすんだ! その流れで、教会の僧侶が店にくるようになったり、しかしこれでこの酒場の経営、なんとかなるんでしょうか。でもとりあえずこの3人は仲良くなりそうですよね。

『深海の少女達』、深海に暮らす女の子たち。人の姿をとっているけれど人ではないんでしょうね。ニンゲンについては、その存在くらいは知っている。そんな彼女らの街にニンゲンの生活の痕跡が流れついたりするんですね。掃除機を見つけだしての会話、新種の生物!? って、確かにそんな感じかも知れん! フライパンを盾かと思えば、容赦なく攻撃して試してみる。シィナの髪は凶器……。皆、それぞれに強力な攻撃手段を持ってたりするのかな。穏やかでおっとりとした彼女らの、浮き沈みない、いや深海だから沈みっぱなし? ローテンション気味のやり取りはちょっと癖になりますね。そんな子らのニンゲンに対する興味? 先生はニンゲンのこと知ってるみたいだけど、知らない方がいい? なにかニンゲンとの間で確執が? なにかここに物語の芽、この漫画の核があったりするのかも知れませんね。

  • 『まんがタイムきららミラク』第6巻第11号(2017年11月号)

2017年9月15日金曜日

きよしもおやつ

Twitterで流れてくる美しいもの。誰かが見つけて、あるいは日々チェックして、こちらへと流してきてくれる美しいもの。美しいものに出会えると嬉しい。そしてそれがあまりに美しかったりすると、それを作った、描いた人のホームへと赴いて、もっと美しいものはないだろうか、過去へ過去へとさかのぼり、そのうち自分からチェックしにいくことになってと、お定まりのサイクルへと落着きます。さて、今回はそんな美しいもののひとつ。まあ、このtweetをご覧あそばせよ! 『きよしもおやつ』、うおー、なんだこれー、やっぱり素晴しいよ! って思いますよね?

『きよしもおやつ』がきっかけになって知ったわけではないのです。結構以前から存じあげてはいて、やっぱりね、目を引くではありませんか。

美しいもの華やいだものにぎやかなもの愛らしいもの楽しいものほほえましいものいたいけなるもの健気なるもの。そしてほのぼのはっとさせられる

漫画だって面白い。七夕のお願い戦艦の威厳。素晴しくない? いや、素晴しいですよ。

美しいものが流れてくるたびに訪れていたホーム。そこでトップに固定されている『きよしもおやつ』の案内の、表紙それから各エピソードの導入ページを見ましたら、どうしても先が気になって入手しないではおられなかったのですね。美しい絵。チャーミングに表現されたキャラクターたちも表情豊かに生き生きと。ほんと、そんな子たちが楽しそう、嬉しそうにおやつを食べたりするのでしょう? そんなの読むしかないじゃない!

物語としては他愛もない話です。小さな子たちの細やかな日常のエピソード。遠く離れた故郷を思う友達をはげましたり、自分の失敗を悔やんでみたり。笑顔、笑顔の合間にちらりと見せる切なさ、憂いの表情に引き込まれますね。心配そうにうかがう表情もまた。お姉さんたちは余裕の表情見せてくれちゃったりして、ああ、足柄さんの美しさ、エレガンス、これもまた魅力だよー。大きなお姉さん、小さなお姉さん、あこがれ、我慢、ちょっとの努力に、最後は魅力的な笑顔がほころんで、花咲くみたい! 普通のことが、誰しも経験したことのあるようなよくある出来事が、ひとつひとつ特別なことと感じられるのはどうしてなのだろう。それは多分ね、清霜はじめ小さな人たちが、起こることひとつひとつに、その気持ちを一生懸命に駆動して、その全身で、表情で感じたことを、思ったことを表してくれるからだと思うのですね。もう慣れてしまった、そんな風にすれてしまった自分も、清霜たちを通じて、すべてのことをフレッシュな気持ちで受け取ることになる。それが、すなわち、特別ってことなんです。

しかし、この人の描く清霜。おそろしくチャーミング。これは、愛なんだろうな。ほんと、同人活動の同人活動たる根本にして、面目躍如ってやつですよ。

2017年9月14日木曜日

YAMAHA ヴェノーヴァ カジュアル管楽器 YVS-100

 もともとの製造数が少なかったのかも知れませんが、まさかこんなにあちこちで品薄になるとは予想もしない展開でした。YAMAHAのVenova。ヨーロッパで先行発売されていた新しい管楽器です。樹脂製のボディ。軽量で、持ち運びも楽。丸ごと水洗いもできるくらいに手入れしやすいというのは、ちょっと思い付いた時に吹いて、ぽいっと片付ける、みたいな運用も可能ってことですよね。よいかもなあ。面白そうだなあ。そう思ってたので発売日に買いました、といいたいところだけど、ちょっと出遅れたために入手は発売から数日後になってしまいました。

まだ試しに吹いた程度です。なのでほぼファーストインプレッションです。

管を曲げることで、ある程度の管長を確保しながら、コンパクトなボディと無理のない指孔配置を実現していることが売りのひとつになっている楽器です。この管長が確保されているということ、たくさんあるカジュアルサックスの中でもアドバンテージになるのではないかと思っていました。カジュアルサックスっていうのは、JsaxとかXaphoonですね。どちらも楽器店で試奏させてもらったことがあるのですが、安定しなくってですね、面白いんだけど吹きにくい。でもなんだかこういうの、一本欲しいんだよな、そう思っていたところにVenovaが発表されて、いやあ待ちましたよ。でもって到着して、休日を待って吹いてみて、あれー、やっぱり安定しないのねー! びっくりしましたよ。

この楽器は右手中指のアタッチメントを付け外しすることで運指を選ぶことが可能です。ジャーマン式とバロック式ですが、どちらがいいのだろう、手元にくる前はいろいろ考えていたのですが、思った以上に抜けの悪い音にバロック式を選択しました。音程の傾向を確認して決めるつもりでいたのですけどね、もともとあんまり安定しない、ということは口元と指で調整すること前提となるわけでして、だったらジャーマンでもバロックでも好きなの適当に選んで、あとは自力で微調整すればいい。音程が選択の理由にならないのなら、右中指ひとつではありますが音孔を大きく開けることのできる、つまり多少は音抜けに有利になる? バロック式を選んだ方がいいんじゃないかな。といった理由でバロック式に決めたわけです。でも、ある程度吹いてたら、ジャーマンでもバロックでも、そうそう違いはないなって感じです。

マウスピースとリードを使う楽器です。マウスピースはソプラノサックスのものがそのまま使える。とはいうものの、径の太いマウスピースはとりつけることができず、また付属のマウスピースより音程が低くなるものも向かない。このへんはいろいろ試してみるしかないところですね。付属のリードは樹脂製で、マニュアルにもあるとおり柔らかめのもの。より硬めのものに変えることで高音など出しやすくなりますよ、みたいな説明もあったので、たまたま手元にあったLegereのリード、3 1/4を試してみたところ、確かにこちらの方がずっとよくなります。

マウスピースはソプラノサックスのものが使えるということは、マウスピース、リガチャー、リードに工夫の余地があるということです。なので、付属のものから手持ちのものにひとつずつ変えていったところ、リードを適切な硬さのものにすること、それからリガチャーを変えることが重要かなあと思いました。もちろんマウスピースの変更は大きいんですよ? でも、この楽器はこういうものみたいに割り切れる範囲かなと。対してリード、それからリガチャーの変更は、マイナスになってるものを0に戻すような感じがします。それはつまり、付属のものがそれだけよくないってことかも知れませんけどね。

Venovaは思ったよりもスラスラと吹けない楽器ではありますが、吹いているうちに慣れる、うまい鳴らしかたがわかってくる、そんな感触もあります。なので長い目で練習していくのがいいかなあ。でもそれだけしっかり取り組むならサックス吹いた方がよくない? みたいなところもあって、いろいろ難しい。この楽器自体をオプションのひとつみたいに割り切るとよさそうですね。

2017年9月13日水曜日

『まんがタイムジャンボ』2017年10月号

『まんがタイムジャンボ』2017年10月号、昨日の続きです。

『雀娘。』。ゆいとあまね、他の雀荘に赴いてのアウェイ戦。黒川のホームだっていうんですが、ニコニコして勝負を持ち掛けてきたアキラなる人物。見たところ女の子かと思ったのだけど、あれれ、男なのかな? あ、完全に男か。雀荘に出入りする女、とりわけ弱いのが嫌いっていって、心の狭いやつだな! その上、黒川がゆいに振り込んで負けたことを根に持ってる? あまねにゆいの腕前うかがいながら、初心者のゆいに汚ない手で勝ちにいく。いやあ、まさかイカサマでくるとは予想外。これは、イカサマ相手に気づかずゆいが勝ってしまうパターンでくるのか、と思ったら、ああ、いきなりバレてるよ。これ、あまねのこと舐めすぎたんだろうなあ。ともあれ、これ、力強く最悪な顔見せなんですけど、この後、イカサマを水に流して仲良しね、となるのさすがに困難すぎない!? ほんと、黒川の反応見るに、わりとこれ、常習的にやってたりする? いやあ、好感度最低からのスタート。今後、どう取り戻してくんだろう、これ。

『人気マンガ家になるための15の法則』。今回は宅飲みですね。人と話さないからキャラのセリフも出てこない。痛いところ突かれる相沢ですが、あえて宅飲み。さらに綺羅星もやってきてというんですけど、これ、相沢、被害者やん。一気にビールをジョッキであおって、というか、そのジョッキ、家から持ってきたの? それで一気に酔う喜多村。相沢、置いてきぼり。しかも飲むとテンションが下がる。って、どんなやねん、喜多村。途中参加の綺羅星は泣き上戸で面倒臭い。と思ったら、あ、いいじゃん、相沢ならぬ愛澤のファンだって激白。これで相沢が自信持ったりするといいなあ。それに喜多村もちらっと本音を漏らしそうになって……。しかし、この喜多村ね、こんだけあやしくなってたのに記憶はしっかりしてるんですね。ほんと、この漫画は綺羅星がいいですね。

『大正みつば歌劇団』。先生のお姉さん、演劇なさってるんだ。でもって手伝ってくれるんだ。馬場操さん。卒業生にして演劇部の先輩! で、廃部になった理由、あなたですか……。本物の馬導入! 講堂を改造! いいなあ、操さん。女学生の頃の操さんも素敵です! さて、今回は幽子、歌子の話でしたね。なぜ歌子は演劇をすることにしたのか。それを幽子に聞かれて、答えるうちに本心に辿り着く。ああ、歌子、自分が地味で目立たないだなんて思わないでほしい。しかしそんな歌子の手をとって、自分と同じだ、幽子のかけた言葉に素直な笑顔が実に素敵で、ああ、ふたりともにこの演劇部での活動を通して、新しい自分、自分さえも知らなかった自分を見つけていってくれたらどんなにかよいか。そう思わされて、ほんと俄然応援したくなりますよ。ところでマリさん、するどい! ちょっととぼける歌子と幽子可愛くってですね、ほんと、皆本当に魅力的な子だと思います。

『あの日の海と16歳の夏休み』。お店を探る怪しい影! 建物、設備を調査して、あとは店長のことを調べて……、というその人物を押さえてみれば、噂の美々ちゃんだそうです。菜乃の話、6月号ですね。髪形変えるといじわるなこといわれちゃう。そのいじわるいってたのが美々というの、観察から目の前にいる女の子だって見抜いたさき、なかなかにすごいですよ。で、菜乃にいじわるしてるっていうので、ああ、許せないんだ、許してないね。かと思えば、美々によると、いじわるされてるのは自分らしい。その理由も勝手と思うのだけど、そうかあ、簡単に真似されるの嫌なんだ。おしゃれについて切実に思っている、その気持ちはよくよくわかりました。自分を守り支える自信そのものなんだね。でも、こんな美々と菜乃を和解させた店長ね、きっと仲良くなれるといわれた美々の表情がすごくよくって、ちょっと素直じゃないんだけどね、このちょっとむずがゆいような感触がね、とてもいいなと思ったのでした。

  • 『まんがタイムジャンボ』第23巻第10号(2017年10月号)

2017年9月12日火曜日

『まんがタイムジャンボ』2017年10月号

『まんがタイムジャンボ』2017年10月号、発売されました。表紙は『レーカン!』、天海さんったら見事なドレス姿。これ、おめかしして素敵なディナーなんでありますか? 『人気マンガ家になるための15の法則』、相沢と喜多村もおめかし。なんですが、相沢、お高いメニューにひるんでますね。『ペンタブと戦車』は、おお、武田大尉、ばっちり正装だ。かたわらには、おめかしした98式ハクが寄り添って、でもこれ、里見青年の描いた板看板だーっ! この他に『モンスターだってうまい飯がたべたい!』のゲスト掲載告知カットもございます。

『でっかいんちょ』。このところ相見君と育の周辺、いろいろ動いてるなあって思ってたら、これ、最終回に向けての布石だったんですね。今回は悩める相見と育、それぞれを見守る周囲の視線ですよ。おお、相見だと恋愛関係だろう、対し育だと食欲の秋関係なんだ! この対比が延々描かれるくだり、めちゃくちゃ面白かったです。それで同時に、ふたりの恋愛、相手に対する気持ちなんかも整理されていくの、うまかったと思います。そして相見と鳳、ふたりの交際疑惑が明確に否定されて、ああ、相見ったらまったく意識してなかった。で、この会話、鳳、聞いちゃってたのかあ。鳳の育への宣戦布告。これ、本当に勝負なのか、育の背を押そうとしているのか。わからないけれど、次号最終回! ああー、終わっちゃうかあ。

『偏食女子は恋でおなかを満たしたい』。会社のイベントで焼き肉だというのですが、様子のおかしいアキ。ああ、この子、変わろうとしてるのだなあ。今野を避けている? これで今野がショック受けてるのがおかしいですよね。平岡いわく、今野さんは変わった、それを実感させられるところが、まさにこれなんでしょうね。しかし平岡、今野への愛が重い。食事を持ってきたという、それがほんとにヘルシー志向。さらにビールもノンアル持ってきちゃって、長生きして欲しいです。いい子だなあ! この子と今野の対話。そこにうかがえる、アキへの視線。ああ、アキは今野の扉を開いたのか。アキもですよ、おお、偏食を克服しようとしてる! すごいなこれ、ほんとすごい決死の覚悟。ああ、これ、アキに対する平岡の視線、それも変わっていきそうですね。いいな、この頑張るアキ。

『ペンタブと戦車』、カラー、素晴しいなあ。里見のいう本当に書きたい絵、それがあの絵なのだろうなあ。スケッチブックに描かれた戦後の風景。しかしこれはどういう状況で描かれたのか。あの散った桜の花びら、とてつもなく意味深で、ちょっと! ちょっとやめてくれよー。泣きそうだ。これは里見が、戦後亡き武田大尉を偲んで描いた一枚とか、そんなんじゃないだろうなあ! もうー! しかし、ノモンハンの戦場、いよいよ歴史に抗おうとする意思漲って、ああ、里見参謀、貨車の導入を果たして、歩兵の展開を迅速にする。これ、里見の持ち込んだ電撃戦に関する資料を見ての工夫であるか。ほんと、これ、勝てるのか、歴史は変わるのか。戦いの火蓋が切られるまでの武田と里見の会話。そしていよいよ戦端が開いてからの里見の武田に向けた語り。平和への強い願いが切実で、その思いを受けた武田の言葉、これも本心なのだろうけれど、果たしてそうなるものなのか。うつむいた里見の読めない表情に不安ばかりがつのるのですが!

『モンスターだってうまい飯がたベたい!』、ゲストです。バイトを探す高校1年生、成瀬葵。これ、家計簿つけながら今月も赤字と唸ってるわけですけど、おおう、えええ、つまり君、家系を担うのか。悲しい現実すぎる……。しかしこれで見つけたバイトがなんだかあやしい。しかもろくに面接もせず手をとって採用!! これに抵抗する葵、いいですね。やばい人だっ、やばい人だっ! この子に常識的な感性があるというのきっちり示されていますね。で、この店がタイトルにいうようにモンスター向けの食堂で、最近アニメにもなってますけど『異世界食堂』っていうやつ、そういう感じかと思いきや、あちらは広い意味での人類がお客であるのに対し、こちらは見事にモンスター。しかも人を弄ぶよ! タコなの? クラーケンなの? よくわからないのにうにょうにょされたと覚えば、吸血鬼のお姉さんにも散々からかわれて、けどちゃんとそういうのよくないって助けてくれるやつもいるんですね。あの狼男の兄さんかな? 葵と仲良くなったりするのかな? この漫画、モンスターの出入りする食堂っていうだけでなく、料理のレシピなんかも載せるんですね。なるほど、これもまたこの漫画の柱であるのですね。架空の料理ではなく現実に作って食べられるレシピ。今回はビーフシチュー。これ、いいのあったら試してみるのもよさそうですね。

  • 『まんがタイムジャンボ』第23巻第10号(2017年10月号)

2017年9月11日月曜日

『まんがタイムきらら』2017年10月号

『まんがタイムきらら』2017年10月号、昨日の続きです。

『ハッピーセピア』。みなみの様子がおかしい。ボランティア活動でゴミ拾いしてた時は元気だったのに、なぜか突然よそよそしくなって、いったいなにがどうしたのだろう。これ、戸惑いだったんですね。特に縁があったわけでない、なにかのきっかけがあったわけでもない、なのに気にかけてくれる人がいる。なぜか。それがわからないから、どうしたらいいかわからない。うん、これ、みなみの感情もわかります。でもここで、かえで、しくじっちゃいましたね。未来からきてることは話せない。だからと、中途半端に誤魔化してしまったせいで、みなみ、自分こと、誰かの代替と思っちゃったんだ。このすれちがい。みなみにとっては、かえでの特別なのではないかという思いがあったのかもなあ。実際にそのとおりなんだけど、このかえでのとりつくろいで、誰かのかわりと思っちゃった。みなみの傷ついてしまったこと、かえでもはっきり理解して、ほんと、この状況、なんとも切ないなあ。けれど、みなみにしてもどこか心残りのようなものあるようで、これ、状況の解決の手掛かりになってくれそうですね。というか、なってくれんと困る。

『オリーブ! — Believe, “Olive”?』、スズとコニーの関係が、いよいよいきつくところまでいきつこうというのでしょうか、いやもう、その場に立ち会うことになってしまったリリィがなんともいわれん表情しとるのね。よろしくヤルだコニーはロリコンだ、さらにはできてるダロ…これ。三人でいるのに、微妙に蚊帳の外といいますか、コニー、スズの間に入り込めないリリィが微妙にささくれてるのがおかしかったです。極めつけは最後のふたりの様子。もう完全にそこにいるリリィ置いてきぼりですからね。ええ、ほんと、立ち合ったリリィ、災難でした。

『はれーしょん!』、動画の完成まで辿り着きましたね。そして、この漫画のタイトル、はれーしょんの由来もきっちり語られて、ああ、丁寧だなあって思いました。丁寧なの、動画作りの最中、その過程の描写にも見てとれて、まさか著作権についてのレクチャーを聞けるとは思わなかった。著作権フリーのBGM使うとかかなって思ったら、まさか教育における例外が出てくるとは。そしてハレーション。白とびした背景、露出の失敗を、綺麗だからこのままでいいと晴が目を輝かせて、この失敗ともいえるものに価値を見出すことができる感性。それが大変よいなと。またそれをもって、皆のそれぞれの個性の発揮できる、そんな可能性に気持ちを向けていくというところ、実に青春の輝き感じさせてくれるもので、ああ、よいなあと思わされたのですね。

My Private D☆V、『疾風ういんどみる!』の晴野しゅーであります。さて今回のD☆Vポイントはといいますと、「黒髪×褐色」。って、あれー!? なんか意外! というのはですね、『疾風ういんどみる!』に黒髪×褐色の要素なくない!? って思っちゃったからで、実際今回のイラスト見ても、いつもと雰囲気違うと感じさせられて、いやあ、引き出しの多さというべきか、幅の広さというべきか、さすがでありますね。さてイラストです。褐色にもいろいろありまして、日焼けの魅力あらば、もとよりの褐色の肌もあって、その2種類、違う魅力持って描かれていました。おとなしそうに見える女子の、日焼けの褐色が際立たせるもともとの肌の白さあれば、エキゾチックな魅力溢れる美女、って、待って、この人、こないだやたら話題になってたあの人じゃん!?

  • 『まんがタイムきらら』第15巻第10号(2017年10月号)

2017年9月10日日曜日

『まんがタイムきらら』2017年10月号

『まんがタイムきらら』2017年10月号、一昨日の続きです。

『にーにといっしょ!』、状況進んでいきますね。兄がまいを狙っている。ともの誤解がどんどん進行して、いや、こやつ、誤解なのか? わかっててやってるんじゃないのか? まいを自分のものにしたい、その一心で、兄にあらぬ欲望があることそれとなく周知しようとしているのではないか。いろいろ不穏な子であるわけですが、すごいよね、どんどん自分の影響範囲を広げていく。まいからは、兄のこと気になってると勘違いされてるともですが、その嗅覚ゆえか、兄の身近にいる重要な存在にいきあたる。みくも。その行動もろもろから、兄のこと気になってるんじゃないか、まいに知らせて動揺させる。さらにそのままみくもに突撃して、兄のこと好きですよね。すごいよね。直接聞いちゃうんだよ。しかも協定持ち掛けるとかね。いやあ、兄と妹、そしてみくもだけだったら絶対状況動くことなかったよね。きっと膠着していたよね。そんな中にともが放り込まれたら、ここまで動くかという。いやもう、これからしばらくの動向、注視せざるを得ませんね。でも、ともが勝利することもないような気がするんですよね。

『ぽんこつヒーローアイリーン』。これ、めちゃくちゃ面白いな。バイトをやめたアイリーンとメロンに会いにきたジュンですよ。人見知りを治したい、ちゃんとふたりのことを知りたいっていうんだけど、メロン、アイリーンふたりともにまるで信用していないっていうのがあからさまで、名前聞かれてバレバレの偽名で答えるとかね、すごいなこの危機管理。しかも持ってきてくれたケーキ。部屋に招いて一緒に食べようというメロンの本心、毒が入ってるんじゃないかとか思ってたのか! すごいな、この危機管理。これ、最後の最後まで危機管理の徹底してるメロンがおかしいのと、そんなメロンがたこ焼きパーティーやりたがったり、お酒入ったらやたら弱気になったりと、ほんと、今回はジュンを通じてのメロン回でしたね。この人の警戒心と実はいろいろ弱いところ、可愛らしさ、そうしたもろもろよくよく描かれて、ほんとなんか放っておけない感じですよね。たまらんわあ。ジュンには放って帰られてしまいましたけどね!

『おとめサキュバス』。ヴェロルと接近していきますね。こちらの世界では偽名を使ってるのに、キュリアから、そしてみちるから、ばんばん本名呼ばれてしまう。ああ、セキュリティの穴だ……。でもこのヴェロル、いろいろ寂しかったりしたのかな。涼香から話しかけられて、ちょっと気持ちやわらいでますよね。いい表情でしたよ。最初は敵対してたように見えたヴェロルですが、だんだん距離が近づいてるのわかる描写、よかったです。技術もろもろを褒められても素直に受けとらなかったのがね、メロンパンもらって、そのおいしさに心もほころんだか。ええ、いい友達になりそうな感じがしてきましたよね。そしてここで新展開。ああ、サキュバスとしての課題、その進捗が評価されるというんですね。ああ、キュリア、ピンチじゃないですか。キュリアとともに女子校にいるルナもピンチじゃないですか。あ、ヴェロルもきっとそうですよね。いや、夢を使っていろいろやってるから、この子は大丈夫? ともあれ三人、どうやってこの課題を乗り切るのか、ちょっと楽しみですね。

『ボディーガードのいる生活』。ボディーガードの柊氏。この人、ただのボディーガードじゃないのか。剣術は3歳から。他にも武道の心得なみなみならぬものがあって、しかも実家は忍者の家系なの!? というか、なんか仙人みたいな話出てきてるな。いやもう、海月が戸惑うのもわかる。しかもその後の子供時分の話がおかしい。クラスの男子から目をつけられてるのはいいとして、名前、全然覚えてないとか、ほんと興味がないのか。ヌメ田とか呼ばれてる沼田がおしいっていってるの、いや、沼田君、いいやつだよ。しかも高校生のヤンキーにも目をつけられてるって、ないから! どんな小学生なんだ。海月の聞く、殺してないですよねがすごく効果的なアクセントになってましたね。そしてこの話、海月に信じてもらえてない。ほんと、これくらいぶっとんだナンセンス見せられて、見事、笑わせられました。

  • 『まんがタイムきらら』第15巻第10号(2017年10月号)

2017年9月9日土曜日

『まんがタイム』2017年10月号

『まんがタイム』2017年10月号、一昨日の続きです。

『パパは心配ご無用♥』。懐かしい人出てきましたよ。柴野高校野球部。おお、もいんだ、もいんだよ。『もいんの高校野球日誌』の最終回は、予選決勝のプレイボールで終わったのでした。それがこうして初出場決定となって、ああ、報われたねえ、報われたよ。およそ2年越しの悲願達成ですね。さて、娘大好きのパパさんですよ。ああ、お母さんすなわち妻の仏壇に話しかけている。ゾゾゾってありますけど、思いがあるっていうのはこういうものよ。声に出す出さないはあるかも知れないけれど、こうして死者とも語らうことができるのが人間というものだと思うのですね。って、パパさんはちょっと激しすぎるかも知れませんけれど。そして今回、山根に対する鈴原の剣幕。ああ、娘にいいよる男があらばこうしてリサーチするの間違いなしだよな! ほんと、この子、これまでこうしていろいろ聞かれてきたんだろうなあ。ということは、エリカ、モテるのか。

『おかわり自転車』。おお、自転車の整備ですよ。ミトとレイはお店に見てもらってるのだけど、コトコとなると自分でメンテナンスをするんですね。もっと愛着がわくといわれて、ミトもレイも一緒になって自分の自転車の手入れするんだけど、そうそう、錆びとか見つけるとショックだよね! わかる! 自分は自転車じゃなくて楽器だけどさ、いやあ、ショックなものですよ。マジかーっ!? ってなる。レイは自転車のフレームに傷を見つけてしまって、ああ、ショックだよね。この悲しそうな顔。うん、でもわかるよ。楽器に傷がいってる!? 理由のわかるものもわからないものも等しくショック。なんであの時、ちゃんと注意しなかったんだろうとクヨクヨするか、いったいなんでいつのまに……とクヨクヨするか。いずれにしてもクヨクヨばかりです。でもね、この子たち、前向きでいいですよね。傷も歴史だって、思い出のひとつだって。レイも傷の理由がわかって、その思い出こみで傷を受け入れたんだなあ。ああ、なんだろう、いい話。ええ、これはいい話だと思いますよ。

『友ちゃん!』。友ちゃん、太りぎみだ。まるまるしてる。でも、この子、ちんまりまるまるも可愛いよね。理由は食欲の秋だからっていうんですが、そうか、ご飯がいっぱい出るんだ。しかも全部食べる。うん、健康でいいんじゃない? 修一にデブと思われたくない。まったくもっての乙女心ですけど、修一はそのへん、ちっとも気にしてないんだなあ。友ちゃんは友ちゃんだからって感じでしょうか。ええ、修一のこういうところ、美点なんじゃないでしょうか。というか、見慣れてるから少しずつの変化に気づかないだけ? 修一が気づかず、父も気づかずの気づかず攻勢。それで高カロリー、メニューもたくさんとなると、そりゃあ太るわけか。ダイエット頑張った友ちゃん、スッキリしたの、あれ、なんかきれいだったな。可愛いというイメージの強いこの子ですが、自信もってしゃきっと笑顔見せると、こんなにもきれいになるんだな。そんなこと思わされたエピソードでありました。

『そとバンド!』、おお久しぶりですね。ストリートでギターの弾き語りしていた美多村ミイ。同じく路上で活動してた砂原と組んで、ふたりの演奏、結構好評なのか。ファンもできてきた感じ? 難度か見にきてくれている男の子。野呂田ニロ君。ファンじゃないっていうんだけど、ミイのこと好きだよね。シンガーになるっていってるこの子が、一緒にストリートに出ることになるんだけど、ミイに緊張ほぐしてもらったりね、いい距離感じゃないですか。ニロにとってミイはちょっと気になるお姉さんみたいですね。だけどミイからしたらニロは可愛い弟分どまり? 恋人つなぎとかさ、あとなにかあるたびに抱き付いちゃったりして、ミイはいいよ? でもニロ君は赤面しちゃって、いやあ、少年がまどっちゃうよ! しかしミイ。ニロにデュオを誘われ、砂原からも他のヤツと組んだら承知しねーとかいわれちゃって、おお、おお、モテモテだ! なんだろう、それですごくいい笑顔見せるミイ。これ、愛嬌ってやつだ! ほんとなんか愛らしくっていいですよね。

  • 『まんがタイム』第37巻第10号(2017年10月号)

2017年9月8日金曜日

『まんがタイムきらら』2017年10月号

『まんがタイムきらら』2017年10月号、発売されました。表紙は『スロウスタート』。なんだか躍動感に溢れたイラスト。皆がチアの格好していましてね、おお、凛々しい冠! ほんとなんだか意外でレアで、それでもって実に可愛い。いいですよ、いいですよ。冠が凛々し可愛いのもよければ、ふにゃっと緩んだようなたまての表情もキュートです。その後ろでジャンプする花名の顔に浮かぶ若干の戸惑いなど、この子らしさが見られますね。栄依子がなんだかおとなしいですね。ええ、これもちょっと意外? いや、なんか可愛くっていいですよ。

三者三葉』、おお、新展開。山路が見た。メイドと教師の和気あいあいと談笑しているところを! 薗部さんと里見先生、どことなく雰囲気が似ている。見た目も似ている。はたしていかなる関係なのか。これまでたびたび語られながら明らかにされていなかったこと、それがはっきりとなりました。ふたり、親戚! 遠い親戚! そうかあ、普通に育つと先生に、普通でない育ち方すると薗部さんになるという、ああ、けどその普通じゃない育ち方ってどんななの!? 自作の制服着て学校に出入りしてる薗部とその調子に乗ってる様子、最高でしたね。だははって。そして先生に遭遇しても、しれっと妹を装ってしのごうとする。いや、待って待って、名前とか決めてないのか。いきなりネタばらしする葉山ちゃん、さすがですよ。でも先生、冗談と思ってくれて、いや、それ冗談と思われてもダメージ食らうの、薗部さん。ともあれ薗部なのと決定。ああ、なのちゃん。可愛いなあ。薗部さん、素晴しいわ。というか、焦ってる薗部というのもなかなか珍しいんじゃないでしょうか。

『グラスのマーメイド』。ゲストです。ワイン売り場? あるいは専門店? 新人の井澤らんぷと面接に訪れた音羽ルミ。まだまだ仕事に慣れてないらんぷがルミを連れてお店を案内。主にワインを売るのが仕事。以上。って! あまりにも簡単すぎる! そう思ったら、らんぷ、先週入ったところなのか。そらわからんわなあ。店長春日彩芽がムチャな人っぽいといわれてたの、なるほど納得です。らんぷの案内で響と桜木姫香、お店のスタッフ紹介もとどこおりなくすんで、そして皆で少しワインを嗜む。確認というのですが、これ、らんぷとルミにとっては初の飲酒。あのお酒に酔って緩くなってるルミ、いい感じですね。

『おかわりシンデレラ』、ゲストです。三ヶ月ぶりに学校にいった灰河もこ。彼女を見てシンデレラと叫んだふたり。前世が魔法使いという三日月魔子と同じく王子という皇新奈。これ、前世云々というぶっとんだふたりに振り回されるもこの話なのかと思ったら、おおっと、途中からちょっと状況が違ってきましたよ。花沢美衣、この子がいいですね。前世が継母で、その上ふたりの姉も丸ごと引き継いでるっていう、継母姉全部のハイブリッドだっていう子なんですが、前世の因縁からシンデレラすなわちもこにキツくあたろうとしながらも、なんとも可愛いもこにすっかりやられちゃって、どうしてもいじわるできない。ええ、この子の葛藤、それからつきまとい? それに加えて、シンデレラの王子なのにキスを迫って嫌がられる王子とか、原作いや前世か、本来のありようとはちょっと違ってちぐはぐなやりとりになってるのがおかしくてよかったです。

『放課後すとりっぷ』、ゲストです。ストリップ!? ああ、絵のモデルなんですね。でも学校の活動だというのに、ヌードとまではいかずとも、下着のみになってのモデルとは、ちょっと気合いが違いますよね。描かれる人、白石さん。描く人は林檎。部活動とかじゃなく趣味なのか。どこかに出展するでもなく、ただただ絵を描くのが好きという。そんな林檎に白石が付き合う理由、それが語られるくだり、よかったですよ。半裸を、肌を見られるのが好きというわけじゃない。求めているのは意外性。じゃあ、その意外性とはなんなのか。そのサプライズの理由、これが私にとっても意外性あるもので、自分の事、自分の見た目が好きでなかった白石。けれど林檎の描いてくれた自分の姿は好きになれたという、ああ、このしみじみと静かに語る白石の、その面持ち、言葉の調子、それがとても素敵だと。また白石の言葉が林檎に引き起こしたもの、ええ、ここに転機がありますね。物語の動き出そうという、そんな予兆でありますね。

  • 『まんがタイムきらら』第15巻第10号(2017年10月号)

2017年9月7日木曜日

『まんがタイム』2017年10月号

『まんがタイム』2017年10月号、発売されました。表紙は『おとぼけ部長代理』、金魚すくいをする部長代理が勢いあまって金魚をすっとばしてるところ。いや、これ、金魚が逃げようとして思いっきり跳ねたのかな? 驚く部長代理の表情がいいですね。テーマは秋祭り、縁日の様子です。『まりあ17』まりあは法被着て、そして焼きイカをワイルドに食べる。『さわらせてっ!あみかさん』あみかさんは、ものすごい山積みになったたこ焼だよ! ほんと、ふたりとも、食べることに一生懸命すぎるよ。そして『両手に花村さん!』花村さん姉妹がひとつの綿菓子わけあって、ああ、仲良い姉妹。美しく花咲いてますね。

『瀬戸際女優!白石さん』。こないだ出てきたポスト白石、若木綾がいいですね。白石さんと共演ですよ。若手の若木をいじめる女上司役というんだけど、悪役をしたかったのか、白石さん。しかし、悪に徹しきれない白石さんとか、本気出すとタダではすまない白石さんとか、ナイス人のよさ、好感度あがりますよね。また態度の悪い若木綾も、なんだかんだで怖がりで、白石さん頼ったり、あと妙に可愛げあったりして、ええ、このふたりが仲良くなるのはどうも必然っぽいなあ。身の上話しあって、なんだかわかりあって、そして飲みに誘って受ける仕草の完璧さ。ああ、ふたりよいよ。いいコンビになりますね、このふたり。

『見上げればいつも妹が。』。模試の成績に悩む遥。ツブテが勉強見てやるっていうんですが、高校の勉強たって卒業して長く触れてないと、なかなか手が出なかったりするよね。そう思ったら、ああ、やっぱり駄目だったかー。妹の勉強に付き合って、職場でも勉強してるツブテ、いい兄よねえ。それ見て不穏なこといってる大杉、ブレないなあ。そしてこのツブテの勉強がね、ちゃんと遥の役に立つというのがまたいいじゃありませんか。おそらくは不本意な状況でしょうけど、でも頭使って疲れて、花マルに喜んだりして、ああ、兄の威厳やどこに。最後にね、兄の威厳を素直に受けてくれる遥、これがよかったですね。このふたりもいいコンビでありますよ。

『おませさんと憂いの31』。面白いですね。4歳の姪っ子に服を検分される叔父31歳。可愛くないとかね、ばんばんダメ出しされるんだけど、いや、そら、31歳男は着る服に可愛さは求めないよ……。あるものでなんとかシンデレラになってみせようとする姪ね、あの着こなしなかなかじゃんと思ったら、少しの間違いで新橋の姫に……。さらに間違い重なって、新橋の上司と部下に変貌していくところとかね、本当に面白かったです。これ、叔父31歳の、なにに対しても真面目で不器用、朴訥でといったところが面白みに繋ってますよね。最後のチャレンジとその結果もね、いやあ、おかしかったですよ。キャラクターが生きてますね。

『ボンジュール!仲居さん』。サラの成長と失敗描いて、そしてそこに働く仲間の助け合いとかね、実にいい話だったと思います。この助け合い、康弘のお客様に対する気配り、それと同種のものがサラに対してもあったのかも知れませんね。そしてそれは朋香においても同様で、この三人がこれまで少しずつ積み上げてきたもの、それがここにきて花開かせたものがあるといった風。読んでいて感慨深く感じるものありましたよ。サラの失敗に対してきちんとサポートし、はげます康弘がよかった。ああ、いいお兄さん、いい主人になりましたね。そして朋香がそっと差し延べてくれていた手! サラにもよかった。お客様にもよかった! ええ、これもまたこれまでの積み重ねあってのことだ。そう思わされて、ええ、皆のこれまでの歩みとそれが育ててきたもの、しみじみ感じいりました。

  • 『まんがタイム』第37巻第10号(2017年10月号)

2017年9月6日水曜日

『まんがタウン』2017年10月号

『まんがタウン』2017年10月号、昨日の続きです。

『俺の生徒は神メイド』。先生が先生っぽくなってきてる? きてない? 夏川から相談をうけて、教師になってはじめて頼られた、泣くほどだっていうんですが、いやいや、それはどうでしょう……。人望のない先生に友達のいない夏川。その夏川の相談は、ようやく親しくなった小鳥遊が水曜金曜にかぎっては一緒に帰ってくれない、避けられてるというもの。ああ、バイトか……。メイド喫茶でのバイトに対する偏見、軽く見られている実態に触れて、バレること警戒してるんだなあ。夏川に知られて引かれたら嫌だ。これすなわち、夏川に嫌われたりしたくないってことよね。知世子も夏川のこと大切に思ってるってことなのだなあ。さて、しかし、先生と夏川のあからさまな尾行。おかしい! おかしいよ! そして先生の夏川に話して聞かせる友達のこと。ああ、これが夏川にとっての転機になればいい。そしてこれがちょこるんにとっての転機になればいいと思いました。

『新婚のいろはさん』。始の結婚観、これ面白いなあ。これね、結構なところ、いい線いってると思いますよ。僕一人なら絶対行かない店。これってね、つまるところ相手の文化を受け入れて変化するってことですもん。ああ、いいこというわ、始さん。始といろは、ふたりで探索する街の様子も、ふたりの生活圏を広げていく試みに他ならず、ああ素晴しいなと、面白いなと思わされたのですね。知らないことは沢山ある。住んでる街のこともそうなら、結婚した相手のことにしてもそう。始、いろはは幼なじみだというけれども、それでもまだわからないことだらけ。それをふたり共に少しずつ知っていこうとする様子、ああ、これも結婚なのだろうなあ。この漫画、深いよ。ちょっとすごいですよ。

『中年マンガ家ですが介護ヘルパー続けてます』。おむつ交換、苦手だといってたの、克服なさったんですね! 皆が嫌がる、そんなおむつ交換も生き生き前向きに取り組んで、そうした姿勢が評価されたのでしょうね。鍵が渡された! いや、びっくりしたよ、まさかここでまた鍵を落とされるとは……。鍵のトラブル、二回目。以前はかけ忘れ、今回は落としてしまって、いや、でもこれまだ鍵を持ってるという認識、それが定着してないからこそ起こったんだろうなあ。でもほんと、仕事仲間、皆が親身に対処してくれるの、ありがたいですよね。リーダーも盾になってくれて、ほんと、これ、自分も失敗する方だから、自分のことのようにありがたさ感じましたよ。あのキーチェーンくれた人もね、ああー、いい人だー。これね、多分ね、誰もがそうした失敗を多かれ少なかれ経験してきて、だから今回の失敗も自分のことのように受け取ってるんだと思う。だから責めないし、はげましてくれるし、助けてだってくれる。ああ、本当にほっとさせられる展開でありましたよ。

『あいたま』。今回は秋沢先生がメインです。教師、アナウンサー、他、様々な仕事に従事する先生の、仕事に対する姿勢をかいま見ることができる。芸能記者やってる先輩にね、生徒のことは守りますよってはっきりいうところ、ああ、いい先生だなって思うじゃないですか。まだまだいたらないところはあるけれど、それでもしっかり取り組もうという姿勢がある。そうしたところを認めてくれている、はげましてくれるプロデューサーの言葉、これも実によかったです。そうだよ、やりたいこと、やらないと損だよ。これは自分にも届く、そんな言葉でした。そうだよ、遠慮してもしかたないものなあ。そして最後の秋沢先生もとてもいい。プライベートより仕事を優先せよというと酷な話、それはよくないよとなりそうなところではあるけれど、この時の先生においては、仕事とかそういう話じゃなかったんだろうなあ。ただただバニラのことが心配だった。これ、ひよこのライブにいった時の話ですね。ええ、あの夜のことをまた違うところから見守ってくれている人がいたのですね。

  • 『まんがタウン』第18巻第10号(2017年10月号)

2017年9月5日火曜日

『まんがタウン』2017年10月号

『まんがタウン』2017年10月号、発売されました。表紙は『ひなたの総務メイト』。どーんと中央にひなたさん。頼りになる、そんな雰囲気漂わせまして、おお、見事にヒロインでありますよ。単行本出るんですね。新連載の『みんな猫に恋してる』の告知カットもございます。『野原ひろし昼メシの流儀』、『新クレヨンしんちゃん』、『妄想しがちなすみれさん』のカットもありますよ。

『みんな猫に恋してる』。新連載です。転職してきた四方木。オフィスにいって驚いたのが、そこに猫が寝ている。最近はやりのオフィス猫ってやつかい!? そう思ったら、なんと役職ついてるんだ。課長。名前は島田。ネットでテレビでCMに大活躍。社の顔だというんですね。案内してくれた権田さん。この人は課長代理なんだ。けど実質的に課のトップはこの人ですよね。課のメンバーは、島田課長をかまいたくて仕方ない感じ。そんな中、一際クールさ発揮させてるのが鹿目さん。年上の女性。素敵じゃん。素気なくて、けど実は島田課長のこと気になってる……。なつかれない鹿目と、やたら好かれてしまう四方木。このままならなさに鹿目からの嫉妬も加わって、四方木いろいろ大変なことになりそうですよ。というか、鹿目の変化に期待をしたい感じですね。

『ほぼほぼ商店』、終わっちゃいましたよ。本保商店の若夫婦に子供ができました。それで商店街の皆も喜んでくれてっていうんだけど、ベービー用品の在庫が裁けるって、ほんと、みんな見事に世知辛いな。でもそれがこの漫画のよさだよなあ。頑張る気持ちを新たにする太郎さん。それを支える黒瀬くんというんだけど、炎上商法はやめよう! しかし子供ができたというので、太郎、ずいぶん意識が変化してしまいました。丸くなったんだ! いや、物理的にもね! そして最後に数年後。ああ、常連のふたり、すっかり育っちゃって、でも黒瀬の内面はあんまり変わってなさそうだな。そして新たな本保商店。ああ、みんな仲良さそうだなあ。いいラストだったと思いますよ。

『ちこはゲーセン一番星!』。今回も面白いなあ。ちこが店についたら着ぐるみがチラシ配ってて、それでいきなりかわいくないっていうんだものなあ、ちこさん、危険予知ができてませんことよ? 着ぐるみは頭も大きいから、大人の男性が入るとでっかくなりすぎて、威圧感が出ちゃうんだそうですね。だから多分ちこが入った方がよくなるはず。一度入ってみたかったというちこの希望もマッチして、ちこ in 着ぐるみが実現するんだけど、あー、そりゃそうなるよなあ、これ、つらいわ。でもここからのちこの頑張りがすごいの。めちゃくちゃおかしい。子供にいじめられても、店に引き込んで金をむしり取ってやろう! うおお、途中までいい話っぽかったのに。さらには休憩も早々に切り上げてビラ配り。これも店の売り上げのため! いやもうほんと。このモチベーションの高さ、見事でした。最後に特別ボーナスからのるん太くんはクマです。思いもしないところから落ちがついて、これはやられました。

『恋するヤンキーガール』。アヤメちゃんが浮かれておる。お祭りもとうに過ぎたのに、浴衣を手に踊り浮かれておる。そうか、よっぽど嬉しかったのだなあ。でもこれでギンジョーのこと構ってやれなくて、結果的にギンジョーが逃亡。アヤメちゃんはものすごく心配してるけど、ギンジョー、たくましいなあ。とりあえず鳥を襲って食ってるぞ。さらに野良猫たちも追い払って、こんなギンジョーを探索する途上、いろいろギンジョーのことを思い返したりしてるアヤメちゃん、ちょっとしんみりして、こういう雰囲気も悪くないですね。またギンジョー、子猫と出会ったりして、ちょっと面倒見てやってとかね、こいつもまた親分肌? いや一方的に懐かれてるだけ? ともあれ、頼りになる兄貴分。こういうところ、飼い主であるアヤメちゃんに似てるところなのかも知れませんね。

  • 『まんがタウン』第18巻第10号(2017年10月号)

2017年9月4日月曜日

世界のかわいいけもの!

 サーバルパーク』の時も話題になってましたけど、この写真集『世界のかわいいけもの!』もちょっと話題になってたみたいですね。アニメ『けものフレンズ』の人気を受けて企画されたと思しき動物写真集。便乗か! といわれれば、まあ便乗でしょうなあとしかいいようがないのですが、これね、はやってるから乗っかってやろうぜっていう商魂よりも、ずっと動物写真集出したかったんだけど、採算とれるか心配で踏み切れなかった。けれど今ならいける! 必ずいける! 作りたかったものを作ろうぜというノリがどこかしらから感じられて、ええ、こういう便乗ならありだよなあなんて思わされるのです。

しかしこの本はすごいよ! さすがにやりすぎじゃない!? そう思わせる構成になっていて、なんてったって書誌情報にある掲載動物一覧にツチノコまでいるという。ええー、どこで撮ってきた!? というのですが、なるほどこういう仕掛けかと思わせる作りになっていて、ええ、これは面白かったです。

この写真集、写真をうまくピックアップして、アニメ『けものフレンズ』視聴者が見たがるようなものを選んで配置してくれてますよね。例えばオグロプレーリードッグとかが顕著。たっけてー! っぽい格好の写真があり、そしてプレーリー式あいさつの写真があり、みたいになってる。コツメカワウソは石を持って遊んでる写真がちゃんと選ばれてるし、雪原での狩りでダイブするキタキツネも、温泉につかるカピバラも、そして疾駆するシロサイの躍動感! こんなシロサイの写真、はじめて見たよ! めちゃくちゃかっこいい!

個人的に気にいってるのはヤギですね。木の高いところにくる習性。アミメキリンがサーバルをヤギと誤認したネタですが、ちゃんとヤギが木の高いところに登っていて、ほらこいつら登るんですよーって、いや、やつら登りますけどさ、ほんとなんであんな登り方するんだろうなあ、で、その隣りのページがアミメキリン。いかすわ。アニメでやってた動物ネタ、それって実際ってこういう感じなんですよと教えてくれてる。あるいはピックアップされた動物の習性を紹介したくってたまらないみたいな、そんなウキウキ感があった。ほんと、これ、作ってる人、アニメも動物もどっちも好きだな。他のアニメへの言及もあったりするもんな。ええ、解説、結構いい感じなんですよ。

各動物の解説も、実際に対面した動物についての感想とかもあって、ああ、調べて書いてるだけじゃないんだ。その動物の雰囲気を実感もって伝えてくれるのは正直嬉しく思いました。巻末近くのコラムにおいて、サブカル→自然への振り返り、アニメを入り口にして実際の動物、自然を知って欲しいという監修者の望みが語られていたことも印象的でした。実際この本はその一助となるんじゃないか、そういう感想を持ったのですね。収録された動物写真、それが野生における本来の姿であるのか、もしかしたらキャッチーな姿を抜き出しすぎてしまっているんじゃないか、そうしたことを思いはしたのだけど、動物が魅力的に表現されているのは事実。自身、いろいろな動物のありかた、自然における姿を追って、収録された写真に感じたことが当たっているかどうかの確認含めて、彼らへの理解を深めていくのがよさそうでありますよ。

  • パイインターナショナル編集,大渕希郷監修・執筆『世界のかわいいけもの!』東京:パイインターナショナル,2017年。

2017年9月3日日曜日

カンムス・ア・ゴーゴー

いやあ、好きなんですよ。『カンムス・ア・ゴーゴー』がというよりも、この作者さんの作風がっていった方がいいですよね。ポンさん。『艦これ』とか『東方Project』とかでいろいろ描かれている人。Pixivにアカウントお持ちなので、実際に読んでみることできますよ。もともとはtwitterで流れてくるの見てたんですけど、今もtwitterアカウントはフォローしてないんですけど、それでも新作あるかなってたまに見にいきますよね。エロくない、ラブくない、おっさん提督のおっさんらしさがよくよく出ている。このかっこつけてない等身大のおっさん感が本当に味があって面白いんですね。というわけで、『カンムス・ア・ゴーゴー』、総集編が出てますよって、しかも2集ですよって、ということは1集もあるよね、あ、在庫あるじゃん、といった流れで買いました。買っちゃいましたね。

さっきいってましたおっさん提督のおっさん感、これら見るとわかってもらえるんじゃないかと思います。クリスマスの情景描いた『一二二四作戦』。ちょっとした日常コメディ『続・日替わり居酒屋』。おっさんの俺に年頃の娘の欲しがるものなんてわかるわけないだろ、とか、潜水艦最高かよとかね、あまりに最高でニヤニヤしちゃうんですよ。すごいよね、このバランス感。女子職場にひとり配属されたおっさん上司が直面する当惑みたいなものも感じさせて、職場における保身とか気遣いとか、すごくよくわかる感じがある。多少の哀愁。若干の距離感。かと思えば艦娘とのほどよい相棒感がたまらなくよくって、本当いい味出してますよ。

着任待ち娘』みたいなナンセンスなのもありますよ。これ、ほんとにおかしくって、そうか、そうだよな、任務娘とアイテム屋は最初からいたもんな。大淀、明石として加わっても、変わらず任務娘とアイテム屋兼任し続けてるもんな。でもほんと、よくこんな発想出ましたよ。もうほんと大好きで、そうか、まだうちに着任してない、つまりドロップしない艦娘もよくわからないどこかでなんらかの任を帯びてなんらかの雑用やってんだな。そう思うとドロップしなくとも、迎えられなくっても、まあいることはいるのさ、どこかでなにかしてるのさ、気持ちが楽になったんですね。まあ現実は、ドロップするまで機械のように反復出撃繰り返してるわけですけど……。

この方の漫画のいいの、バランス感だっていってましたけど、ナンセンスばかりでもない、コミカルばかりでもない。おっさんの悲哀っていうのもそればかりではないし、そして時に差し込まれる叙情、情緒なんかね、うまいわ、いいわって思うのね。ほら、あれ、どれだっけ、ええとネットでも読めると思うんだけど、ちょっと見つけられんかった。置きっぱなしのダンボール箱片付けてくださいねって漣に怒られるやつ。あれ好きなんだけどなあ。ええ、あの雰囲気、感触、互いにわかってる感じ。すごいと思うんですよ。ええ、この人の描く漣、すごくいいですよ。

とらのあな

メロンブックス

2017年9月2日土曜日

『まんがホーム』2017年10月号

『まんがホーム』2017年10月号、昨日の続きです。

『マツ係長は女ヲタ』。マツ係長、揺れ幅大きすぎて、なんか壊れてる感が出てきてますね。しろたんセンターがそれくらい係長にとっての大ゴトだっていうことなんですが、そのしろたんセンタージャケ。なんだかしろたんがしろたんじゃないみたいよ! しかしこの漫画の面白いの、マツ係長の怖れっぷり、ネットのいろいろね、これが妙にリアルで、いつものしろたんポジションにだいちゃん。こうなればきっとだいちゃんファンが黙っちゃいねえだろう。ネットが荒れてもすべて受け止める、そういったマツ係長だけど、そうそう、渋部長、絶対出ると思ってたよ。だいちゃん推しの人。泣き暮れてるんだ! 落ち込む部長をなぐさめるマツ係長だけど、部長の発言ひとつひとつに大ダメージ食らってるのね、これ面白いんだけどちょっといたたまれない! ああ、きついよな、わかるよ。これ、相手が取引先の偉いさんだから黙ってるけど、対等な立場だったら殴り合いの末に喧嘩別れもありえるパターンや。ここにツルさん介入させるんだけど、そうだよなあ、ツルさん、ビジネス関係ないし、そもそも学生だしで、いわばアンタッチャブル、無敵のポジション。ツルさん介入させて解決はかったマツ係長、有能ですよ。しかしこの人間関係、濃すぎて、ほんと、ウメ君、存在感がなくなりそうで笑えます。

『歌詠みもみじ』。父ちゃん、太りすぎや! パンパンになってるやん。この家の父ちゃんの太りやすい、あるいは太っても気づきにくい理由、納得でしたよ。普段から和服。ベルトに穴とかないから、体形変わってもそうそう気づかないっていうのね。そうやわ、そのとおりやわ。ものすごくよくわかりました。そしてこの家、父ちゃんに厳しい! まあこれはいつものことではあるんですけど、父ちゃんは自分に甘いからこれでトントンなのかな? 運動したらビール。母ちゃん怖い顔! ほんと、どんな目だったのでしょう。父に形から入らせない。お金がかかるから。けれど自分はダイエット器具、大量にストックしてしまってた母ちゃんとかね、ちょっとバツが悪そうですね。ダイエット食に巻き込まれてるもみじの顔とかよかった。これ、母も便乗してるんじゃないのかな。そして娘が入れるスイッチ。そして父の迷走。おお、マッチョパパ! そうか、娘はマッチョ、嫌でしたか。

『うちの秘書さま』。で、このマッチョがまさかのコラボレーション。自分の非力さにショックを受けるはじめ様。筋トレを決意するんですけど、メイドの皆、ムキムキはじめ様想像して嫌だって、あれー、マッチョは好かれないのん!? 意図されぬこのマッチョ2連発はなんか面白かったなあ。偶然のコラボレーションでありますねえ。女性よりもか弱いことが気になってたくましさに憧れるはじめの純情に、友人にほいほい便利に使われてしまうはじめの人のよさに、やる気になって本気の顔見せてくれたと思ったら最後にはやっぱりいつもどおりと思わせてくれる、そんなはじめの多様な有り様、それが見事に面白い。ええ、期待を裏切らないのがはじめ様です。

『マチ姉さんの妄想アワー』。「白昼夢のような」、もうのっけからおかしいなあ。愚か者には見えない服、その流行に一抹の期待を乗せるとかね、あのテンションアップと直後の無常、そのギャップが見事ですよ。もうシリーズものになってるやつ、泉の女神とか白雪姫の鏡とか、それら本当に面白くって、女王、プロデューサー業はじめるのん!? さらには女王の密かな楽しみ。めちゃくちゃ面白い。ほんと、すごい発想ですよ。そしてこうした中に、家事労働のネタはさまって、泣き出すお婆さんに、その正論に目が開くお爺さん、すごい、これ。そして人魚姫の話。ほんま、これ、すごいよ。めぐるパーツって、そうかおっさん由来だったのか。しかも人魚姫の声、次に託されるの、そういう目的か! これ、人魚姫としては困るわなあ。ほんと、姫の焦りもおかしければ、なんかいいことしてるみたいなこと思ってる魔女もおかしくって、ほんとたまりませんよ。で、「新手の村焼き」。泉の女神さーん! ほんと、この描ききらないおかしさ。もう最高でした。

  • 『まんがホーム』第31巻第10号(2017年10月号)

2017年9月1日金曜日

『まんがホーム』2017年10月号

『まんがホーム』2017年10月号、発売されました。表紙は『らいか・デイズ』がメイン、お祭り、夜店ですね。スーパーボールすくい、そのすくった戦果の入った小袋、それをちょいっとかかげて下から覗いているらいかが印象的。ちんと座って、その表情に去来する思いはなんなのか。過ぎゆく夏に思いをいたしているのでしょうか。ええ、ちょっと哀愁ある表紙ですよね。他にはお祭りの装束『孔明のヨメ。』孔明と月英のふたりです。なにかいつもと違う印象、ちょっと元気な感じがいいですね。そして『マツ係長は女ヲタ』。カラワン通信手にした係長とウメくん。ああ、係長、やっぱりいいですね。この人好きですよ。

敗者復活戦!』、最終回でした。榎本と月穂サマとの会話からはじまるんだけど、ああ、もう榎本、なんだかんだで思うようにいってないなあ。業種がちがうわって、榎本の紹介やなかったんですか。人により変化があったり特になかったり、これからの変化を予感させたりさせなかったり。ほんと、なんともいえない後味、独特ですよ。大きな変化はなかった。かと思えば、桑原先生のお父さん、お母さん、離婚しちゃったとか、さらにその父がゆかし堂の新人とか! ほんと、これひとつの大きな帰着ではあるんだろうなあ。「分かっているのは道半ばということ」。この漫画はつまるところそれだったのかも知れませんね。ええ、進歩ありなし、それは本人がひとり思うことなのかも知れませんね。気づけば進んでるかも、あるいは思ったよりも進んでなかったり。人生ってのはこういうものなのかなあ。そんな感触、やっぱり独特です。

『転生したら蘭丸でした』。おお、転生ものだ。森蘭丸12歳。中身はアラフォーのおじさんだなんていうんですが、そうか、アラフォー元リーマンが信長の小姓となって、あんなことやこんなこと! わくわくしてきましたよ!? 21世紀に生きていたサラリーマンが戦国時代に生まれ変わって、それからの立身出世でありますね。信長とともに、もう少しで天下統一というところで命を落とす。その未来を回避すべく奮闘するってわけだな。STOP本能寺! 今回は蘭丸の上司である信長の人となり描かれ、そして問題の男、光秀と出会う。ネガティブでなのにプライドだけは高い、そんな光秀の面倒くさい人となり。それを実感させた上で、いざ攻略! ああ、中身おっさんの蘭丸、うまいこと生き残れますかね。目論見が成功したら歴史変わっちゃうけど、戦国の世を今と生きてる蘭丸には後のことなど知ったこっちゃないわなあ。ええ、レッツ歴史改変。はたしてうまくいきますかどうか。

『男女の魔法少女は成立しますか?』、めちゃくちゃ面白かった。ちょっと感動した。藤森葵と財前隆文。ふたりが向かうのは映画館。「魔法少女マロングラッセ」の応援上映っていうんですが、美男美女ふたり組みで映画とかね、デート? と思いそうなところが、まるでそんな風じゃない。むしろ果たし合いじゃん。隣の席の親子連れ、お母さんがちょっとひいてるのがおかしくって、で、これ、上映がはじまったらもっとひくっていうのね。おかしいわあ。お嬢ちゃんはね、高校生のお兄さんお姉さんが、必死の形相本心から全力投球でまろーん!! まろんちゃーん!! 喜んじゃってね、一緒になって応援して、すっごく楽しそうななけど、お母さんはすっかりひいちゃって、娘からちゃんと応援してっていわれても、ちょっと恥ずかしいからって遠慮がちで、でも、隆文ですよ、いいこというじゃん! 誰かを応援するのは恥ずかしいことじゃない! それからのお母さん、おお、なにかふっきれたみたいに声出しちゃって、その表情もすごくいいじゃない。もう泣けたね、このお母さんのために泣けたねえ。いい話やったわ。そしてラストのシーケンス、藤森葵…、やるじゃないか。あたぼうよ! うおお、いいなあ、このふたり。相棒じゃんよ。ほんと、この流れ、全部がよかったよ。

『天国のススメ!』。こども神輿にイタズラされるというので太一にお声がかかった。捕物班。はつみみでした、はいいんだけど、これ霊的なお友達呼んで、イタズラの犯人を心底震えあがらせちゃってって依頼なの!? と思ったら違いました。ああ、心霊案件なんだ。しかも太一を名指しなんだ。証拠写真に写ったんだ。たいちのせいだもん。すげえ! ほんとに名指しだ。これ発端が太一だったんですね。かつて太一の作った神輿の鳳凰。それが心を宿して、ずっと太一を待っていた。毎年遊ぼう、そういってくれたのに翌年からもうこなかったって、そうか、太一、卒園してこども神輿担がなくなったのか。それからずっと寂しい思いしてたんだなあ。で、それで太一を呼んだってわけなんですねえ。しかしなにがおかしかったって、太一のつれてきた友達、草間のあまりのハイテンションぶりに、太一の鳳凰が怖れてるっていうのね、どんななんだ草間。不思議も怪奇も草間のテンションにはかなわないのか。そしてこの決着ね。おおう、太一まで担がれちゃったよ! でも、太一こそはあんなでしたけど、鳳凰は楽しそうで嬉しそうで、いい味わいでしたねえ。鳳凰のゆるさ、これがまたよかったんですね。

  • 『まんがホーム』第31巻第10号(2017年10月号)

2017年8月31日木曜日

『まんがタイムきららミラク』2017年10月号

『まんがタイムきららミラク』2017年10月号、先日の続きです。

『ななつ神オンリー!』、テコ入れ回だ! いや、劇中でそういってただけで普通に水着回でありますよ。福禄寿、寿老人、恵比寿に大黒天の4人ならぬ4柱。漢字で書くとなんかすごいけど、今ではみんな美少女だからなあ。すごいギャップ。黒がやたら不審だったりね、福がやたら心配性だったりね、そうしたところ面白く、基本どたばたしつつ可愛さ押しといった中に、恵比寿の海に流された思い出とか、黒と蛇の関係とか、そういうの挟まるのがいいと思います。そしてこのプールにいったこと、福と黒、ふたりのアイドルについての気持ち、それを整理させて、前向きにさせて、よかったと思います。黒が内心を語るところ、これがよかったですね。

『また教室で』、えらい転校生きましたね。斉藤るなさん。皆と仲良くなる気ないといきなり明言する。休み時間もずっとひとり。そんな人付き合いの悪そうな子にも躊躇なく踏み込んでいくひなこ、すごいですね。さすがだ。るなが転校してきたの、天羽きさらのためだったんですね。きさらファン。同じクラスになれてラッキーだよね。いや、そうじゃないのか。転校もクラス決めも、すべてるなの意図どおり。ゆーみストーカー初めてみたね。このセリフ、すごいと思った。るな、ひよこがきさらのいってた学校の友達でないか、そう思いはじめて、少し気持ちが揺れる。ほだされるとかじゃなく、なんというか動揺? 狼狽に近い。そんなるなの、きさらに知られたくないこと、きさらを追ってることね、それが秘密になっちゃったものだから、さいごにきさらがちょっと疎外感感じてしまうっていうのね、なんというのか、悪い巡りだなあ! あの微妙な表情浮かべるきさらに妙に魅かれましたよ。

『鬼の寮母さん』。ほのぼの面白いなあ。寮母さんの作ってくれるお弁当がやたら可愛くって、そうか高校生くらいだとちょっと恥ずかしい? これ、凛子の影響だったんですね。今回はバイトで不在のいつきの話題でした。柱の紹介にはぼんやり系とあって、皆の印象はなにを思ってるかなかなかわからない不思議系? そんないつきが実は可愛いもの大好きで、寮母さんのことも琴葉のことも可愛いっていってたり、ええ、凛子のおかげで距離が縮まりそうですよ。この知りたい、親しくなりたいっていう気持ちが描かれて、そのもろもろがまた魅力的で、皆の愛らしさ、ほのぼのをよくよく伝えてくれる。楽しかったです。みんないい子、それが本当にいいですね。

『魔王城のお姫様』。メルル、すごいな。人間にして魔族にここまで迷惑かけまくれるんだ。大物だなあ。ハルベルの怒り。でも怒ったからといって、軽いおどかしですませてくれるんだ! いい人たちだなあ、ほんと。幽霊話を仕立てあげて怖がらせる。地下の墓所に向かわせて、それで城のもの総出でおどかすっていうんですが、沼まで作って、いやもともとからあったのかな? でもこれ、その沼の底にドリィが潜り込んでたんだと思うと、ほんとおかしくなってくるなあ。慌てまくるメルルもそうなら、底で必死にメルルの足つかんでるドリィ想像するとね、もうおかしくっておかしくって。それにしても、どんだけメルル、パワフルなのか。今回、ちょっと趣向を変えた肝試しですよね。普通に肝試しをするんじゃなく、メルルへのおしおき。そこに、最後にみんなでゾッとしてみるという定番落ちも、そのゾッとしてるのが魔族だというところ、これが一味違えてましたよ。

  • 『まんがタイムきららミラク』第6巻第10号(2017年10月号)

2017年8月30日水曜日

『まんがタイムきららキャラット』2017年10月号

『まんがタイムきららキャラット』2017年10月号、昨日の続きです。

『はやしたてまつり♪』。自分の学校でお囃子を演奏することになったるな。けどなぜか足取り重く。その理由、ああ、やっぱり過去にネガティブな評価されたことがひっかかってるんだ。この子が自分でいってたように、お囃子なんて古臭いとかいわれたのかな? そう思ったら、おおう、違った。もっともっとシンプルだった! そうだよね。篠笛でなんでもかんでもは吹けんわね! 今回の活躍、るなの背を押したふうもそうなら、終始ポジティブに励ましてくれたさなみもそうだし、そして学校の皆に参加するよう促してくれていたクラスメイトの陽下さんもだよ! いいじゃん、みんな好意的。聴衆もこっち向いてくれている中、るなの見せたあの熱演。実際の音は聞こえなくとも、そこに描かれたるな子の表情、その体の動きに、お囃子の響き、かんと高く鳴って届くような思い、させられましたよ。

『黒髪巫女とマリアウィッチ』。マリア、夏休みの宿題を終えました。ようやく遊べる! というのでプールにいくことになりました。参加者は頼子、マリア、クロエ。マリアが誘いにいった時、コミフェで買い込んだ同人誌読んでたクロエが面白かったです。ドッキリ! って、どうもマリアが戸を大きく開けた音のせいじゃないような気がしますね。どんなの読んでたんだろ。七統先生の本ですかい? 泳げるようになったというクロエの泳ぎ、あれよかったなあ。一コマ目と二コマ目の違い、クロエのこうありたい姿と実際の差なのかな。面白かったです。うん、クロエよく頑張りました。浅いプールでの悪い遊び。ああー、昔やったことある気がする! やりすぎてしまったマリアの顛末とか、一瞬鼻まで水没してるのかと思って、危ない! 危ない! マリアが死んじゃう! 焦りましたよ。プールで遊んで、お昼を食べて、その情景、とてもほのぼので、実によかった。みんな一緒というマリア、高貴さ感じさせる美しさでした。

『疾風ういんどみる!』。決着しましたね。ミミを救出したふーこ、はやて組。皆それぞれにボートを立て直しレースを再開する、その時にナナからのアドバイスがあったりしましてね、ええ、助けてくれたことに対するお礼なんでしょうね。ほんと素直じゃない、けどいい子たちだなあ。しかし、これ、まさかの蘭、つむじ組ですよ。トップ! うそー、すごいじゃん! そのふたりを追うのはいさな艇。さらにそこにはやて、ふーこ組が食い下がってくる。この熱い戦い。2位をかけてぐいぐい伸びる風鳴108番の船足。はたしてこの勝負、どちらがとったのか!? その結果は今回描かれなくて、けれどふーこはレースに満足したみたいですね。そしてその結果やいかに!? 3位と3点差の5位。最終レースで2位ならその点差を超えられるのかな。ええ、結果出して欲しいですね。

『トモダチヅクリ』。二学期はじまりましたね。そうしたら、新学期早々巴とアカリが怒ってる。なぜかと思ったら、麻乃と静のこと。ふたりの誤解とこうとして、クラスの皆に話してくれたんだ! でも、皆理解してくれない。巴、アカリまでも悪くいわれる始末。この誤解、どれほどなのか。と、結構ピンチ、シリアスな話の合間に、麻乃の顔かわいいとか、麻乃のこと大好きなんですよとか、静の言葉の大インパクト! 攻める、攻める、踏み込む、踏み込む、おお、静も巴もアカリも最高だ! 皆に迷惑かけるといってね、自分から引こうとする麻乃をねしかるんですね。ほんと、静も強い子になりました。いい友達ですよ。もう泣ける泣ける。そして、文化祭で皆に麻乃のこと知ってもらおう、誤解を解こうって話になって、もうほんと頼もしい。これだけ親身になってくれる友達ができた、それだけでももう麻乃にとっては大きなことですよね。ほんと、麻乃、よかったなあ。それでまた泣けるんですよ。

  • 『まんがタイムきららキャラット』第13巻第10号(2017年10月号)