2011年1月15日土曜日

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト オリジナル・サウンドトラック

 やっとこさといってもいいでしょう。『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト オリジナル・サウンドトラック』を買いました。って、買ってなかったのかい!? と思われそうですが、いえね、音楽が非常に素晴しかったことから、このサントラは買わねばなるまい。そういう気持ちはずっとあったんです。でも買ってなかった。何度もチャンスはあったのに買わなかった。理由は簡単です。これを買うと、連鎖的にBlu-ray Discも買ってしまいそうだったから。同じ理由でもって、ゲームを買うのも我慢した。でも、BDを揃えてしまった今や、なにも怖いものはないのです。ゲームだって、サントラだって買えるのです。買えるのです!

かくして買ったのです。しかし、本当にいい曲ばかり。作者は大島ミチル。そういえば、『四畳半神話体系』の劇伴もこの人だった。どちらも見事な音楽。片や大きく世界の広がる様を感じさせる音楽。少し切なく、また祝祭的雰囲気も素晴しい。そんな音楽。そして片や、ちょっとユーモラスで、猥雑な、けれど人間臭さ感じさせる、そんな風合いがある。しかしね、ここぞという場面で音楽がしっかりと盛り上げていく、そうした力は双方に満ち満ちていて、私は心の根っこを掴まれたみたいになって、ただ音楽の向かっていく先に、導かれるままついていくしかない。ああ、素晴しいな、大島ミチル。本当に力のある作家であると思います。

『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』サントラを聴いてみて、楽しみにしてたのは « Servante du feu » ですよ。第1話、それから第12話、炎の乙女の伝説が語られる、その背後で流れていた歌です。フランス語の歌、爪弾かれる弦のさざめき、弓奏される弦の響き、そしてソプラノサクソフォン。鳴っている音のひとつひとつが美しく、重なりあいひとつの曲のかたちを成して美しい。このシーンには初見から心打ち抜かれて、歌詞を聴きとろうと何度も見返したけれど、根性、気合いが足りなくてそれは叶わなかった。けど、サントラ、ブックレットには歌詞が書かれてるから、その上、訳もついてくるから、いやもう、すごくありがたかった。そして、その詞に歌われている内容は、ああ、このアニメの伝えようとしているテーマ、まさにそれであったのだ。ええ、すごく嬉しく思ったのでした。そして、この内容は『光の旋律』にも重なっているんだって、それもまた素敵であるなと思ったのでした。

サントラの印象は、思ったよりもサックスが使われてたなというものでした。 « Au coin du feu » は劇中で使われていた時、ジャコットさんとお別れする回ですね、その時から、サックスが使われてるな、それもクラシカルなサックスが — 、気付いてたのですが、この他にはあまり印象になかったんですね。印象にあったといえば、トランペットはさすがにメイン、主役の楽器なのでおいておいて、そう、クラリネットでありますよ。この人は、クラリネット使いがうまい。曲名をあげると « Flânerie » ですね。BD/DVDのCMのBGMで、またBD/DVDのメニューのBGMにも使われた曲で、これ、一種『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』の世界における日常的なもの、それを表現してたのかな。タイトルを訳すと散歩とかぶらつくとか、そういう意味なんです。カナタが、そしてセーズにやってきた頃のリオも、迷路のような町を歩き回った、そんなことをいっていましたよね。迷いながら進んでいく。その時々に、いろいろなもの、人と出会っていく。そうしたこともまたこのアニメのテーマであったのでしょう。だとしたら、そうしたぶらぶらと歩いている様 « Flânerie » とは、このアニメのらしさ、それであるのかも知れませんね。

あ、そうそう。このCD、初回版にはステッカーがついてくる、っていうんですが、そんなに必死になってステッカー欲しがる必要もないかな、と思ってたのだけど、実際見てみれば、ああ、入手できてよかった。そんなこと思ってしまったりして、いえね、オープニング冒頭の祭の衣装着て立っている5人の全身のイラストなんですけど、こうして見るとすごくよかった。ああ、こうしたのもっと見たいな、そう思ったのですが、よく考えると、いかにも出てそうなファンブックの類い、出てないんですね。驚きました。それこそ、セーズの町の背景集とか、それだけでも欲しいんですが。あと、タケミカヅチ集が欲しい。

と、余談でした。でもって、欲しいといえばトランペット。それに加えてリュートがちょっと欲しい。いえね、このアニメの音楽、リュートが効果的に使われてて、その表現、雰囲気が素晴しいなって思ったんですね。いや、ほんと、素晴しいなって思ったのです。

参考

BD(完全生産限定版)

DVD

DVD(完全生産限定版)

CD

漫画

  • Paradores原作,神馬耶樹作画『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』第1巻 (電撃コミックス) 東京:アスキー・メディアワークス,2010年。
  • 以下続刊

ゲーム

0 件のコメント: